日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 兼務社♪  

祇園祭@三和社津島神社♪

2017 - 07/12 [Wed] - 06:38

8日、駒ヶ根市上穂栄町鎮座の「三和(みわ)社」境内社
「津島(つしま)神社」で「祇園祭」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「祇園祭」とは通称で
「津島神社」の例祭のことをいいます。
三峯津島鳥居
朝10時から「御神札(お札)」のお祓いをし
午後1時に「宵祭」、午後3時に「御神輿(みこし)」のお祓い
1
遠くから聞こえる笛や太鼓の音も
2時半頃には最初の御神輿が境内に入ってきます。
2
毎年心配なのが雨…梅雨の真っ最中の神事ですが
今年は、空梅雨…終日雨に降られることなく
夜も、町中賑やかでした♪
3
写真は以前のものですが…
4
今年も、多くの御輿達が集まり
5
お祓いを受け、祭典委員長さんの手締めと花火を合図に
各地区の災厄を祓いに元気良く境内を出発していきました。
6
「三和社」の総代組織であります町部自治会が神事を担当
街中を練る御神輿の渡御や商店街の賑わいは市商工会議所
これからいよいよ夏祭り(横文字のフェスティバル)シーズン
駒ヶ根の街が少しでも賑わうことを願ってやみません。

盛大に町を盛り上げて下さいました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祇園祭@小町屋津島神社♪

2017 - 07/11 [Tue] - 06:35

駒ヶ根には、「祇園祭(ぎおんさい)」を行う津島神社が
3社あります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その1つが小町屋の津島神社。
小町屋津島1
今年は、雨の心配なく迎えた祇園祭当日
祇園祭にはもってこいの素晴らしいお天気

小町屋津島2

暑ければ暑いで心配なのが熱中症
神事後、威勢良くお練りに出て行かれました。
小町屋津島4
津島神社の御本社は愛知県
津島神社の御祭神は「素盞鳴(すさのお)大神」
疫病・厄難消除の神様として有名な津島様
その昔、疫病が流行った場所に祀られています。
小町屋津島3
以降、「祇園祭」で御輿が街中を練り
街中の疫病・厄難を消し去るということで
賑やかな祭典として知られています。

今年も多くの皆さんが参加されました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祈年祭@高山神社♪

2017 - 05/07 [Sun] - 06:55

5月3日、駒ヶ根市東伊那の「高山神社」で
「祈年祭(きねんさい・としごいのみまつり)」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私の受持神社の中では一番遅い「祈年祭」
それでも境内の桜は少しだけ花が残っていました。
高山鳥居
そうはいっても、いつものように「桜と祈年祭」
のお話をするには季節がずれていましたので
これまたいつものお話ですが
祈年祭の「年」という字のお話をしました。
高山神社
日本で稲作が始まった千数百年前より
毎年毎年春先に行われている「祈年祭」
その昔は時計もなければカレンダーもない
暦が分からなかったわけですので
季節の移り変わりから大体の月日を見出し
種をまく、苗床を作る、苗を植える…苗や草の伸び方などから春
稲の成り具合、稲穂の垂れ具合、稲刈り、脱穀等から秋と
稲作と共に1年の周期が分かるということから
「年」という字を広辞苑等でひいてみると
「稲作・稲」という意味があり
つまり「祈年祭」は稲作の豊作を祈る祭である
高山本殿2
といったお話しをさせていただきました。

今年も豊作でありますように♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@四徳神社♪

2017 - 05/06 [Sat] - 06:38

祝日が続きましたので、その間の祭典のお話を♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

中川村の「四徳神社」
昭和36年の、いわゆる「三六災害」で郷が崩壊
現在は駒ヶ根市に御神体を遷しお祭が行われています。

こちらは中川村の四徳神社

四徳神社(中川)

神社自体は奇跡的に被災を逃れましたが
氏子の皆さんが被災され村内外へ移住されたことにより
四徳1
駒ヶ根市赤穂「駒ヶ根高原」の
「天山」さんの向かいの山の上に御鎮座しています。
四徳2
ちょうど例祭の行われる5月3日は
「高尾山駒ヶ根分霊院」のお祭でもあり
四徳神社2
この山の麓?は露店と人が大勢出て賑わっていました。
四徳神社1
参道の両側に立てられた賑やかな幟も高尾山の賑わいです。
四徳3
その高尾山の上に「御神体」をお遷しし
四徳4
毎年「高尾山」の祭典?にあわせて例祭を行っています。
四徳神社3
今年は、当日は最高に良いお天気に恵まれ
四徳神社4
高尾山のお祭もいつも通りの賑わいをみせ
同じく「四徳神社」の例祭も多くの皆様の参列の元
賑々しく斎行されました。
四徳6
「三六災害」の昭和36年から50年以上が経っています。

四徳の地を覚えている人は若くて60歳近く
「四徳神社」の存続について真剣に考えなければならない…
と言われてきましたが、
世代交代して若い皆様が祭典に参列されており
大変心強く思いました。

「こまつ家」のマスターのお爺さんは、四徳神社の宮司さんでした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@三和社♪

2017 - 04/18 [Tue] - 06:10

私の受持神社の内、
春に「例祭(れいさい)」を行うところは2社。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

「三和社(みわしゃ)」は駒ヶ根市上穂栄町にに鎮座します。
今年も、桜が満開の中「例祭」が行われました。
三和社
以前は、満開の桜の上に雪が積もった珍しい天候のときもありましたが
三和社1
この日は春らしい天候のもと「例祭」が行われました。
三和社2
「三和社」は、いわゆる二重氏子
氏子は、上穂町(大宮五十鈴神社氏子)
町1区~4区(大御食神社「美女が森」氏子)の5区
総代さんも2つの神社を兼ねてお務めいただいています。
三和社3
「三和社」の神事は、
境内社の「津島神社」「三峯神社」「恵比寿神社」もあり
それぞれの神事で「献饌(けんせん…お供え物を献奉ること)」
を新区長さんが行いますが、「三和社」最初の神事ですので
祭典に先立ちまして練習を致しました。

普通の方には必要のないことではありますが(苦笑、
今度「献饌」の作法をブログにしたいと思います♪

結構難しい(ややこしい)んですよ…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード