日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 兼務社♪  

大御食神社♪

2017 - 10/28 [Sat] - 06:35

駒ヶ根に住んでいる方でも
大御食(おおみけ)神社というより
「美女ヶ森」といった方がピンとくる方が多いでしょうね…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

地元の方にも「美女ヶ森」「美女ヶ森」と親しまれているのが
大御食神社です。
大御食1
創立は景行天皇40年とありますから西暦で128年
約1900年の歴史のある古いお社
上伊那はもちろん、全国でも古い歴史をもつ有数のお社です。
大御食2
御祭神は日本武尊(やまとたけるのみこと)
誉田別尊(ほむだわけのみこと)
五郎姫尊(いついらつひめのみこと)の3柱の神様。

創立は、御祭神であります日本武尊が
当地、駒ヶ根をを通られたことに由来します。

日本武尊はとても賢く、文武に優れていたことは周知の事実
父親であります景行天皇は、修行の旅として
九州征伐の命を与えますが、日本武尊はあっさりとこなし
続いて与えられた命が東征(東方の征伐)
一説には、あまりにも優れている日本武尊だったので
その力を恐れたのでは、といったほどに優れていたそうです。

東征を終え都へ帰る途中、諏訪には強い神様がいるので…と
諏訪を避けて赤石山脈を越えて駒ヶ根の地に立ち寄ったのが
景行天皇41年、今の大御食神社

IMG_1216.jpg

その際に憩われてお手を掛けられたといわれる
お手掛け石があるのがこの杉の木の下
IMG_1221.jpg
駒ヶ根の4つの小中学校で今でも歌われている校歌
その2番にも歌われています。
IMG_1225.jpg
この時、日本武尊をご接待申し上げたのが
里の首長であった赤須彦、尊は大いに喜ばれ
赤須彦に御食津彦(みけつひこ)の称号を授けられたことから
御食津彦が、この杉の下に神殿を建て
日本武尊をお祀りしたのが
大御食神社の始まりと伝えられています。

この大御食神社に伝えられています神代文字といわれる
古文書が、神社はもちろん、この里の歴史書であります。

小碓の皇子の木の元に~
赤穂学校を出た方なら皆歌える校歌です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

四徳神社♪

2017 - 10/27 [Fri] - 06:34

「四徳神社(しとくじんじゃ)」は中川のお宮です。

四徳神社1

現在は、駒ヶ根市の菅の台(駒ヶ根高原)に鎮座しています。

「現在」は…といいますのは
「四徳神社」はもともと
中川村の四徳の郷の鎮守の神様でありましたが
ご存知、三六災害(昭和36年に伊那谷を襲った悲劇)で
四徳から駒ヶ根・飯島などを中心に
引っ越しをやむなくされた氏子の皆様は
「四徳神社」を、この駒ヶ根高原にある
「高尾山薬王院駒ヶ根分霊院」の裏山に四徳から遷座しました。

といいましても
この「高尾山薬王院駒ヶ根分霊院」も
旧四徳村の信者さんが本山から分祀して迎えたものを
三六災害で現地にお移ししたといわれています。

四徳神社21

「高尾山薬王院」に続く参道

四徳神社22 四徳神社23 四徳神社24

その先にお鎮まりになる
(仏教もお鎮まりでよいのでしょうか?)「高尾山薬王院」。

その高台に鎮座する「四徳神社」です。

四徳神社30 四徳神社31 四徳神社32

今では住まいがバラバラになってしまった旧四徳の皆様が
一堂に会して5月3日に例祭を行います。

四徳神社41 四徳神社42 四徳神社43

四徳神社51

御本殿は、この駒ヶ根高原にお遷しされていますが
四徳の神社もまだ残っています。

四徳神社(中川)

が、氏子さんが皆引っ越されてしまったのでは
神社だけ無事でも心配ですからと駒ヶ根に遷し
奇跡的に残ったこの神社も
今も氏子の皆様によって綺麗に管理されています。

四徳の御先祖様にも感謝申し上げながら
駒ヶ根の地で粛々と祭事を挙行しております♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

前にもお話ししましたが
当「四徳神社」の元の宮司さんは
こまつ家の恭二さんのお祖父さん
勤められていました♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

三和社♪

2017 - 10/26 [Thu] - 06:33

「三和社」みわしゃ…とお読み致します。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根市上穂栄町に鎮座していますが
「上穂町区」「町一区」「町二区」「町三区」「町四区」
いわゆる町部自治会が氏子区域となります。
三和社1
御祭神は「大山祇(おおやまづみ)大神」
「豊受姫(とようけひめ)大神」
「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」
「大己貴(おおなむち)大神」
「香具土(かぐつち)大神」
「少彦名(すくなひこな)大神」
「保食(うけもち)大神」
「国常立(くにのとこたち)大神」
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)大神」
「栲幡千々姫(たくはたちぢひめ)大神」
「稚日女(わかひるめ)大神」
「稚産霊(わくむすび)大神」
「天三津姫(あめのみつひめ)大神」
「三炊屋姫(みかしやひめ)大神」の14柱
三和社2
創立は正安2年(1300年)3月1日
愛媛県(当時の伊予国)大山祇神社より
大山祇大神の御分霊をお迎えしたのが始まり。
三和社3
明治44年、「蚕霊稲荷社」「伊勢社」「金刀比羅社」
「秋葉社」「御嶽山社」「市神社」の5社を合祀しました。
三和社4
「三和社」の名前の由来は
その昔、当地が「庶民」「町民」「百姓」の三者の間で
大小の紛争、討議が絶えず
この三者の協和を願って奉られたことから
三者の協和「三和社」と名付けられたと伝えられています。
三和社5
例祭は4月17日に毎年行われており
私の受持の中では、春に例祭を行う2社の内の1つです。
三和社6
その例祭の頃にはちょうど境内の桜が満開
見頃を迎えます。
三和社7
御本殿の向かって右側に末社(境内社)がありますが
3社、左から「三峯神社」
三和社8
真ん中が「津島神社」
三和社9
「津島神社」の例祭は「祇園祭」
各町内から御輿が担ぎ込まれ境内は賑わいます。
三和社10
そして右側が「恵比寿神社」
11月には例祭が賑々しく斎行されます。

駒ヶ根で一番街中にある神社です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

永見山諏訪社♪

2017 - 10/25 [Wed] - 06:32

駒ヶ根市中沢永見山地籍に鎮座する「永見山諏訪社」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

富山県の「氷見(ひみ)」を連想される方が多いようですが
「永見山(ながみやま)」とお読みします。
永見山1
「永見山」の里を一望できるような高台に鎮座
永見山2
「永見山諏訪社」というのは通称で
「諏訪社」というのが正式な神社名です。
永見山3
御祭神は「建御名方(たけみなかた)大神」
永見山3
創立年月日は不詳
永見山4
例祭には神楽殿で、氏子の皆さんによる余興が催されます。
永見山天神様蚕玉様
こちらは、御本殿の脇にあります末社殿「天神様」です。

祈年祭には、桜が満開となります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

吉瀬諏訪社♪

2017 - 10/24 [Tue] - 06:31

駒ヶ根市中沢吉瀬(きせ)地籍に鎮座する神社「諏訪社」
正式名称は「諏訪社」ですが
他と区別するために「吉瀬諏訪社」と呼ばれています。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

中沢にも8つの神社がありますが
私が受け持っているのは「吉瀬」と「永見山」の2社です。
吉瀬1
「吉瀬諏訪社」の御祭神は
「建御名方(たけみなかた)大神」
「誉田別(ほむだわけ)大神」
「木花咲耶姫(こにはなさくやひめ)大神」
「伊弉冉(いざなみ)大神」
「久久理姫(くくりひめ)大神」
ご社殿1
由緒、創立年月日は不詳
ご本殿2
明治末期の神社合祀政策により
明治41年「諏訪社」「白山社」「富士浅間社」「八幡社」を合祀
今の「諏訪社」となり御祭神となりました。
富士嶽神社4
こちらは、境内にある末社「富士嶽神社」です。

吉瀬からは、飯島町田切「日方磐神社」の花火が良く見えます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード