日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪  

玉串奉奠(たまぐしほうてん)♪

2017 - 05/20 [Sat] - 06:26

「大祭式」のお話シリーズ♪
第7回目は「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

先ずは、玉串(たまぐし)って聞いたことありますでしょうか?

神社にお参りするときは
「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」でお参りをしますが
ご祈祷(きとう)を受けたりお祭に参列した際
正式なお参りの時は「玉串」を捧(ささ)げてお参りをします。

正式な作法の前に、玉串についてお話し致します。

20080214180937.jpg

玉串とは、「榊(さかき)」の小枝に
「紙垂(しで)」という紙飾り?を
「麻(あさ)」で縛り付けたモノのことを言います。

20080214181828.jpg

画像が小さくて、見にくいと思いますが
本当の「榊」はツバキ科ですので
ツバキのように葉っぱの表面がツルツルしています。

20080214182836.jpg
(熱田神宮境内に自生している榊)

ですが、この辺で一般的に
榊」と呼ばれている植物の正式名称は
最初の玉串の画像のように「そよご」という木を使っています。
(「そよご」もしくは「そよぎ」)

本当の「榊」は、暖かいところでしか育たず
切った枝を水につけておくと、直ぐに根を張り始め
それを土に植えて育てるというのですが
この辺ではちょっと微妙でして…
ひとたび根が付いて冬を越してしまえば大丈夫とも言いますが
我が家では根が付いた例しがありません(涙。

この辺では
「そよご」を榊の代用品として玉串に使っていますが
この「そよご」も生息地は本州中部以南とされていますので
北の方へ行くと「竹」であったり
「ヒバ」などを代用品として使っています。

「榊」は、木偏に神と書く尊い木であり
その語源は栄える木にありますので
一年を通して青々としている木(常緑樹)
が代用品として使われるのだと思います。

さてそれでは、玉串の捧げ方についてお話し致しますが
「玉串」を御神前(ごしんぜん)に捧(ささ)げ
お参りをすることを「玉串奉奠(ほうてん)」と言います。

玉串を受け取りましたら
元(切り口)が御神前に向くように
時計回りに回して机の上にお供えします。

正式な作法ですが、玉串を神主さんからいただきます。

その時、向かって右に切り口が向くように渡されますので
右手は上から、左手は下から玉串を持ちます。

20080216085809.jpg

玉串を受け取りましたら、御神前にお進みいただきます。

20080215171930.jpg

この状態から、時計回りに玉串を回しますが
どの状態でも穂先が下を向かないように
気をつけながら行って下さい。

では、右手を体に引きつけるようにして、玉串を立てます。

20080215172223.jpg

次に、左手を右手のところまで持ってきて
玉串を掴みます。

20080215172345.jpg

ここからが難しいですよ~(苦笑
左手のスナップを利かせて
一気に玉串の切り口を御神前に向けるように

20080215173315.jpg

時計回りに、玉串を回します。

右手で、玉串の中程をとり

20080215173556.jpg

左手を、その右手に重ねるように添えます。

20080215173700.jpg

そして、少し机ににじり寄って
机の上にお供えします。

20080215173843.jpg

この時、気を付けなければいけないのは
必ず両手・両足を添えることです。

よく、片手でお供えする人を見かけますが
やはり神様にお供えするのですから
両手でお供えするのが良いと思います。

また、にじり寄るとき、片足を少し出したら
もう片方の足も揃えるように少し出した方が
片足でお供えされるより綺麗に見えます。

20080215174151.jpg

複数人が玉串をお供えするときは
最初の人は(最初は神主の場合が多いですが…)机の真ん中へ
次の人は右側へ、次の人は左側へお供えし
この順序でだんだん重ねていきます。

もちろん、スペースのない場合は
前の人に重ねていってください。

玉串を捧げましたら、にじり寄った分だけ下がります。
(にじり寄ってない場合は、下がる必要はありません)

続いて、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」をします。

まず、「拝(はい)」とは
「宮司一拝」の時にお話をしましたが
90度の「礼(れい)・お辞儀」のことを言います。

20080215190335.jpg

背中と床が並行になった状態をいいます。

この時、気を付けなければいけないのは
アゴを引いて頭が出ないように
または頭が下がりすぎないようにします。

次に起きあがりますが、手は両膝の両側で止めます。

この状態を、「小揖(しょうゆう)」
または「指建礼(しけんれい)」と言いまして
15度のお辞儀の状態を言います。

20080215190413.jpg

止めた状態から、再び拝をします。

20080215190335.jpg

起きあがってから、2回拍手をします。

拍手は、胸の高さで一旦手を併せた状態を作ってから行います。

20080215190715.jpg

手を併せた状態から、少し右手を引きます。

20080215190813.jpg

その状態から、肩幅に手を広げて、2回手を叩きます。

20080215191315.jpg

叩いた後は、少しずらしてある手を、今度は元に戻します。

20080215191142.jpg

そして、最後に1拝をします。

20080215191303.jpg

これ以上言うと、こんがらがってしまうかも知れませんが
正式には「2拝2拍手1拝」の前後に「深揖(しんゆう)」
といって、45度の礼をします。

20080215191544.jpg

以上が、玉串奉奠です。

玉串奉奠の方法は、殆どの祭典では一緒ですが
神葬祭(しんそうさい)といって神道のお葬式の場合は
「2拝2拍手1拝」の拍手を
「偲び手(しのびて)」といって、音が出ないように
手を2回併せるだけの拍手で致します。

今すぐは必要ないかとは思いますが
これから地域の役員として神社の祭典に参列されるとき
または赤ちゃんがお生まれになったり、結婚式をしたり
はたまた仲人を頼まれたり、家を建てたり
また前記のようにお葬式への参列であったり
必要なときに改めて検索していただければ嬉しく思います♪

せっかくですから、もっと正式には…(余計、こんがらがる?)
「2拝2拍手1拝」の、前後の「深揖」の前後
座る前と立った後に「小揖」」をします♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

地鎮祭の熨斗袋♪

2017 - 05/18 [Thu] - 06:24

地鎮祭の質問シリーズ(14)
地鎮祭の熨斗袋♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

(ご質問)
来週地鎮祭を行うのですが
初穂料の熨斗袋には「祝い」と書くのでしょうか?
地鎮祭14
(お返事)
そのまま「初穂料」で結構です。

地鎮祭では、お施主様がお祝いされる側ですので
お施主さまへお渡しする場合が「お祝い」となります。

「初穂料」の他には
「玉串料」「奉納」「御礼」「奉献」等を書いても
間違いではありませんが
「初穂料」もしくは「玉串料」「御礼」が一般的です。

詳しくは…「熨斗のお話し♪」をご覧下さい♪

読めても書けない…「熨斗」(苦笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

猿田彦(さるたひこ)大神♪

2017 - 05/17 [Wed] - 06:23

大宮五十鈴神社の神様の「御本社」シリーズです♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑨猿田彦(さるたひこ)大神

「猿田彦大神」は「天孫降臨(てんそんこうりん)」で
天津神(あまつかみ)が天降りする際に
道案内をされた神様です。

日本書紀にある「鼻長七咫、背長七尺」という記述から
天狗の元、原型であるとされ
当社にも伝わる獅子練りで
獅子の道案内、先導を務めることから広く知られています。

道案内をしたことから
道の神様、旅人の神様と親しまれ
また「サル」ということから「庚申」信仰も相まって
道祖神と同一視され祀られ
奥さんは芸能の神様で知られる
「天宇受売(あめのうずめ)大神」です。

道案内の際、高天原から葦原中國まで照らしていたことから
天地を照らす神…「太陽神」とする説もあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆
大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

地鎮祭にタブーな日♪

2017 - 05/16 [Tue] - 06:22

地鎮祭の質問シリーズ(13)
地鎮祭にタブーな日♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

(ご質問)
家を新築するにあたり、地鎮祭をすることになりましたが
たまたま見た本に、夏の7月20日~8月6日までは
土地を触らないように…とありました。

ちょうど、7月20日過ぎに地鎮祭をし着工となりそうで
なんだかブルーです。
地鎮祭13
(お返事)
その本に、なぜ駄目なのか理由は書かれていましたでしょうか?

「土用」だからなのだと思いますが
「土用」の間は、土の気が盛んになるから
昔は土を動かしたりする作業は行わないとしていましたが
「土用」に入る前に着工してさえいれば
工事を続けても良い…とありますので
まったく良くないわけでもなさそうです。

つまり、なぜ地鎮祭を行うか
地鎮祭では必ず「修祓(しゅばつ・お祓い」を行いますが
様々な障りをお祓いするわけですので
地鎮祭をせずに着工してはいけない…
という意味に捉えていただければと思います。

「土用」が関係ないとしたら
ちょうどその時期は、旧暦のお盆と新暦のお盆の間になるので
その関係かも知れませんね。

良く言われる風習の中に
○○の年は普請は避けるように…
などといったことがありますが
それを守っていたら大工さん達は商売上がったりです(苦笑。

また、全国のそういった謂われを集めたら
お祭りをしてはいけない日だらけになって
私も困ってしまうでしょうね…(汗。

そういう謂われや風習も含め
いろいろな禍事や悪しきことをお祓いし
お守りしていただくのが地鎮祭です。

何かあるからやってはいけない…
ということをお祓いもせずに無視したら
あとあと後悔することにつながるでしょうけれど
そのための地鎮祭なのですから
ブルーな気持ちになる必要などありません。

地鎮祭をして、しっかりお参りして
新しい生活に向けての第一歩を進んで下さいね♪

一度気になったら、ブルーになってしまうものですが
そんな時は、是非ご一報を♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祝詞奏上のお話♪

2017 - 05/15 [Mon] - 06:18

「大祭式」のお話シリーズ♪
第6回目は「祝詞奏上(のりとそうじょう)」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「祝詞(のりと)」、祝う詞(ことば)と書いて「のりと」と読みます。

単純に読むと「祝詞」は「のりと」とは読めませんが
「のり」は「宣り」…「言う」ことで、「と」は言葉の意味です。

いのりことば…のりこと…のりと
他にも、いろんな説があると思います。

お祝いやご祈願で奏上するのが「祝詞」
葬儀や年祭などで奏上するのは「祭詞」といいます。

宮司が祝詞を奏上しますが
その間、正座している方は「深い平伏(へいふく)」
椅子に座っている方は起立いただき深い馨折をしています。

祝詞が終わりましたら上位の方より頭を上げ
椅子の方は座ります。

祝詞奏上は、宮司さん、神主さんによって十人十色
様々なといいますか、独特な節回し、クセが違いますが
本来の祝詞奏上は、一定の音で奏上するものとされています。

どうしてもクセが出てしまいますので
一定の音での奏上が一番難しいと感じるのは
私だけでしょうか?(苦笑

祝詞には言霊が宿ります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード