日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪  

祭式シリーズ⑤♪

2017 - 10/10 [Tue] - 06:21

「祭式」とは
立ったり座ったり歩いたり曲がったり
持ったり置いたり渡したり…と
お祭を行うときの作法のことです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

立つ作法・座る作法「祭式①♪」
歩く作法・座って歩く作法「祭式②♪」
曲がる作法「祭式③♪」
座った状態で曲がる作法「祭式④♪」

最後に、持ったり置いたり渡したりする作法ですが
お祭の中で持つ物…普段から持っている笏(しゃく)は省き
祭典の順序にそって大麻(おおぬさ・お祓いをするヌサ)・
御本殿の扉の御鍵(みかぎ)・御錠(みじょう)・
お供え物を載せる三方(さんぼう)・案(あん・机)・
薦(こも・案の下に敷くゴザのようなもの)・軾(ひざつき)
宮司が奏上する祝詞(のりと)・
大角(だいかく・本庁幣をのせるもの)
玉串(たまぐし)といったところでしょうか?

本来「祭式」とは
これらのものそれぞれの意味や意義などのことも言いますが
キリがないので…またの機会に(苦笑。
祭式⑤
「物(もの)」に対して基本として礼はしないのですが
御神前に置いた(御神前の物を持つ)場合は御神前に対しての礼
人に渡したときは人に対する礼として行い
例外?として「本庁幣(幣帛)」に対しては
時代が時代でしたら
天皇陛下からの授かりものですから礼をします。

置く物は祝詞以外の物で
渡す物は三方と祝詞と玉串です。

持ち方・置き方・渡し方につきましては
写真で説明しないとさすがに分かりにくいと思いますので(汗
また改めて何かの機会に…とさせていただきますね♪

祭式講習会では型に則ったカチカチの講習をしますが
こればかりに囚われていると肝心なことを忘れてしまがいち…
場の雰囲気や人や場の求めに応えて
柔軟な考えと滑らかで厳かな動きが重要です。

しか~し、基本が頭に入っていなくて上記のことをしようとすると
どこかぎこちない変な作法になりますので
基本はしっかり頭と体に覚えさせておくようお気を付け下さいね♪

たぶん同業者の方も(笑)
多くの方が見て下さっていることと思いますので
お叱りをいただく前に
当シリーズは終わりとさせていただきます(苦笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祭式シリーズ④♪

2017 - 10/06 [Fri] - 06:32

「祭式」とは
立ったり座ったり歩いたり
曲がったり持ったり置いたり開いたり…と
お祭を行うときの作法のことです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

立つ作法・座る作法「祭式①♪」
歩く作法・座って歩く作法「祭式②♪」
曲がる作法「祭式③♪」

次は座った状態で曲がる作法ですが…
進下退上起下座上(しんげたいじょうきげざじょう)
進左退右起右座左(しんさたいゆうきゆうざさ)
いずれにもこの呪文のようなものが基本となります。

自座(自分が座っている場所)で向きを変えるときなどを除き
つま先を立てた「起居(ききょ)」の状態で曲がる作法を説明します。
祭式④
立った状態に同じく
「進行の折(せつ)」と「逆行(げきこう)の折」があり
右前に曲がることを「進行の右折」と言いますが
「進行の右折」をする場合は
左足を右膝の膝頭に少しかぶせるように進行方向に向け
つま先を揃えてから下位の足より進みます。(左折はこの反対)

「逆行の右折」をする場合は
右足のつま先を左足のつま先のすぐ後ろに移動して
その右足の膝を90度(向かう方向に向け)開き
左足の膝を右足の膝に揃え下位の足から進みます。

立った状態と同じで
90度以上向きを変える場合は「折」ではなく「回転」となり
「進行の右回転」をする場合は
左足を半歩(つま先をスネの真ん中くらいまで)進め
両足のつま先を軸にして右へ180度(向かう方向へ)向きを変え
今度は右膝が上がっていると思いますので
その足から立つなり進むなりします。

「逆行の右回転」をする場合は
右足をスネの真ん中くらいまで後ろへひくと
左足が床と並行になるくらいに上がり
両足のつま先を軸にして右へ180度(向かう方向へ)向きを変え
今度は右膝が上がっていると思いますので
その足から立つなり進むなりします。

股を開いた状態が宜しくないということで
いずれ作法が変わりそうです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祭式シリーズ③♪

2017 - 10/05 [Thu] - 06:32

「祭式」とは
立ったり座ったり歩いたり
曲がったり持ったり置いたり開いたり…と
お祭を行うときの作法のことです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

立つ作法・座る作法「祭式①♪」
歩く作法・座って歩く作法「祭式②♪」

次は曲がる作法ですが…
進下退上起下座上(しんげたいじょうきげざじょう)
進左退右起右座左(しんさたいゆうきゆうざさ)
いずれにもこの呪文のようなものが基本となります。

曲がる(方向を変える)作法を「折(せつ)」と言い
右に曲がることを「右折」
左に曲がることを「左折」と言います。

神様の方を向いて曲がる場合は「逆行(げきこう)の折」
神様にお尻を向けて曲がる場合は「進行の折」と言います。

「逆行の折」は、
曲がる方向の足を曲がる方向へ90度
(曲がる場所に向けて…90度以内)踵(かかと)を離さずに開き
反対の足から歩きます。

「進行の折」は、
曲がる方向と反対の足を
曲がる方向の足のつま先にかけ
(曲がる方向と反対の足の土踏まずを
曲がる方向の足のつま先につけTの字を作った状態)
反対の足から歩きます。
祭式③
90度以上曲がるときは「回転」となります。

「逆行の回転」は
曲がる方向の足を足1つ分後ろにひき(踵とつま先を離さずに)
反対の足をひいた足の外側に180度向きを変えてくっつけ
(右足の踵と左足のつま先
右足のつま先と左足の踵がくっついた状態)
ひいた足の踵を向きを変えた足の踵にくっつけ回転終了
必ず両足揃えた状態になって
神様から遠い方の足から進みます。

「進行の回転」は
「逆行の回転」の最初の動作がないと考えていただき
曲がる方向と反対の足を180度向きを変えて
曲がる方向の足の外側にくっつけ
曲がる方向の足の踵を向きを変えた足の踵にくっつけ回転終了
神様から遠い方の足から進みます。

男性と女性では多少作法が違ってきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祭式シリーズ②♪

2017 - 10/04 [Wed] - 11:31

「祭式」とは
立ったり座ったり歩いたり
曲がったり持ったり置いたり開いたり…と
お祭を行うときの作法のことです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

進下退上起下座上(しんげたいじょうきげざじょう)
進左退右起右座左(しんさたいゆうきゆうざさ)
この呪文のようなものが基本となるわけで
立つ場合と座る場合を「祭式①」で書きましたが
立つときも座るときも神様からの位置を考えて
神様の方(または正中…中心)を向いている場合は
立つときも座るときも退きながら行います。

立つことを起座、座ることを着座と言いますが
起座と着座にはそれぞれ「進む」場合と「退く」場合があります。
(だんだんややこしくなってきましたよ…苦笑)

進む起座・退く起座・進む着座・退く着座
それぞれに立つ足は神様より遠い方の足から立ち
座る場合は神様から近い方の足から膝をつきます。

立ったまま歩く場合
最初に出す足は神様から遠い方の足となり
バック(後ろ向きで歩く)場合は神様に近い方の足から下がり
座って歩く(進む)こともありますが
進むことを膝進(しっしん)
退くことを膝退(しったい)と言います。
祭式②
この膝進膝退が難しく…
いまではそんなに足がもちませんが(苦笑)大学の頃
教室の端から端まで何往復もさせられ足がパンパンになったという
苦い思い出もあります。

正座の状態からつま先を立て(起居…「ききょ」と言います)
神様から遠い方の足を腿が床と並行になるくらいまで進め(立て)
その足の膝をつくのと同時に遅れている足の膝を揃え
その繰り返しが「膝進」です。

こんなブログを始めてしまいましたが
何の参考になるのでしょうか(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祭式シリーズ①♪

2017 - 10/03 [Tue] - 11:29

一年の中でも、一番退屈なシリーズです(苦笑

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

祭式シリーズ、一般の方には関係の無いものです…

「祭式」とは、
お祭を行うときの作法のことです。

立ったり座ったり歩いたり曲がったり持ったり置いたり開いたり…

進下退上起下座上(しんげたいじょうきげざじょう)
進左退右起右座左(しんさたいゆうきゆうざさ)

これは私たち神職が
神職に成り立ての頃(勉強中)に呪文のように覚えた言葉です。

上下に大変厳しい世界?で
神様に近い方が「上」
神様から遠い方が「下」…となるわけですが
神様から中心に真っ直ぐ引いた線が「正中(せいちゅう」と言い
正中に近い方が「上」
正中から遠い方が「下」…となります。

上の呪文(笑)のように
神様の方に向かって進むときは「下」の足から(進下)
退くときは「上」の足から(退上)…
同じように正中に向かって進むときは「下」の足から
退くときは「上」の足から…となります。

あまりこういうことを書くと、
「あ!あの神主さん、出る足を間違えてる」
な~んて言われても困りますが(笑
ただ歩いているわけではありませんので書きました。

その「立ったり座ったり歩いたり曲がったり…
持ったり置いたり開いたり」
を練習するのが「祭式講習会」で
私たちは毎年、こんな講習会で勉強しています。
祭式講習会
立つときは「下」の足から(起下)
正中(神様に向かって真ん中)にいるときは
「右」の足(起右)から上げ
座るときは「上」の足から(座上)
正中にいるときは「左」の足から(座左)膝をつきます。(続く)

こんな単純なこともお祭で緊張をしていると難しいものなんです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード