日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神様のお話し♪  

稲荷(いなり)大神♪

2017 - 06/23 [Fri] - 06:09

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(16)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑯稲荷(いなり)大神

家の敷地の中に祠がある…という方も多いと思いますが
当地方では「祝殿(いわいでん)」と呼んでいて
私も良くお祭に伺いますが
その「祝殿」に祀られている神様で
一番多いのがこの神様です。

「稲荷大神」は
「宇迦之御魂 (うかのみたま)大神」「佐田彦(さたひこ)大神」
「大宮能売(おおみやのめ)大神」「田中(たなか)大神」
「四(し)大神」の5柱の神様の総称といわれていますが
「豊宇気毘売(とようけびめ)大神」「保食(うけもち)大神」
「大宣都比売(おおげつひめ)大神」「御饌津(みけつ)大神」
などの穀物・食物の神とされています。

「お稲荷様」…というと
狐(きつね)を思い浮かべる方が多いと思いますが
「お稲荷様」は「御饌津神」「みけつ」
「きつね」は「けつね」…「けつ」が相まって「三狐神」
やがて「狐」は「お稲荷さん」の使いであるといわれ
「お稲荷様」には、いなり寿司で使う油揚げがお供えされる
といった信仰が広まっていったようであります。

言うまでもありませんが狐は肉食
けして油揚げが好物ということは無いようであります(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

大山祇(おおやまづみ)大神♪

2017 - 06/18 [Sun] - 06:09

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(15)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑮大山祇(おおやまづみ)大神

大「山」祗…と、書いて字の如く「山の神」さまで
先回の「素盞鳴(すさのお)大神」同様に
「イザナギ」「イザナミ」の子供です。

「山の神」というと奥様を想像される方もお多いと思いますが
それは「山の神は、山を守り支配する」というところから
家を守り支配する(支配とは言葉が悪いですけど
一般的に奥様のことを山の神というのは
結婚してから何年も経ってからだそうです…笑)
ところからだそうです。

「山の神」=偉い、という意味があるのでしょう
山の神様は、農耕の神様とされており
春になると山の神様が里に降りてきて田の神となり
秋になると山へお帰りになるといった信仰があります。

このお話しは、春になって「祈年祭(きねんさい)」のお話しの
時にお話させていただいています。
「山の神」だから、海には関係ないかと思うと、そうでもないようですよ。
漁師さんは、山を見て漁をする…なんて言う話しを聞いたことがあります。
山が綺麗なところの海は、海に注ぎ込む水が綺麗で、美味しい海産物が捕れるんだとか。


人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

素盞鳴(すさのお)大神♪

2017 - 06/14 [Wed] - 06:41

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(14)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑭素盞鳴(すさのお)大神

体を清めた「イザナギ」は
続いて左目を濯(すす)ぎました。

すると、
それはそれは美しい女神様がお生まれになりました。

「イザナギ」はその女神に
「アマテラス(天照大御神…あまてらすおおみかみ)」
という名前を付けました。

続いて右目を洗った時にお生まれになった神様に
「ツクヨミ(月讀…つくよみ)」と名付け、
次に鼻を洗ったときにお生まれになった神様には
「スサノオ(建速須佐之男…たけはやすさのを)」と名付けました。

この3柱の神様を見た「イザナギ」は
大変喜びました。

イザナギ「ああ…
私は次々と子供を生んできたけれども
禊(みそ)ぎの最後の最後で
世にも尊い3神を生むことが出来た!
なんて嬉しいことであろう!!」

そう言うと「イザナギ」は、
首にかけてあった玉飾りを外し
玉飾りをそよ風にゆらゆらと揺らしながら
陽射しに綺麗にきらめいた玉飾りを
「アマテラス」に差し出しながら言いました。

イザナギ「『アマテラス』よ!、
お前は私に変わって
『高天原(たかまのはら)』を治めよ!」

次に「ツクヨミ」に向かって
イザナギ「『ツクヨミ』よ!
お前は私に変わって『夜の国』を治めよ!」

そして「スサノオ」には
イザナギ「『スサノオ』よ!
お前は私に変わって大海
『大海原(おおうなばら)』を治めよ!」
と言い渡し、仕事を分担しました。

こうして「高天原」「夜の国」「海」とが
3貴神の手にゆだねられました。

「アマテラス」は大空「高天原」を
「ツクヨミ」は「夜の世界」をそれぞれにお治めになりましたが、
末っ子の「スサノオ」だけは
父「イザナギ」の言いつけに従わず
いつまで経っても
「大海原(おおうなばら)」を治めようとしませんでした…


これは、過去のブログ「古事記(三貴神の誕生)18話
その前後の古事記に出てきますが
この神様はいろんなところで登場されます。

「素盞鳴大神」「建速須佐之男大神」などと表記され
上記の通り、イザナギとイザナミの間に生まれた子で
「天照大御神」の兄弟
「天照大御神」を怒らせてしまい
有名な「天の岩戸開き」神話の原因となった神様
出雲では、荒ぶる「ヤマタノオロチ」を退治し
尾から出てきた三種の神器「アメノムラクモノツルギ」を
「天照大御神」に献上したことでも有名
夏越大祓式「茅の輪神事」の備後国風土記に伝わる
話しでも有名です。

「ヤマタノオロチ」退治のお話が一番有名ですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

豊受姫(とようけひめ)大神♪

2017 - 06/10 [Sat] - 06:47

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(13)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑬豊受姫(とようけひめ)大神

「豊宇気毘売神」「豊受大神」「豊由宇気大神」
「等由気大神」などの別称を持ちます。

雄略天皇の夢枕に「天照御大神」が現れて
「自分1人では食事もままならない…
丹波の国の比沼真奈井にいる御饌の神を
近くに呼び寄せて欲しい」と言われ
現在の神宮「外宮」にお鎮まりになったというお話が有名ですが
そういったことからも
私たちの生活の元となります
衣・食・住の神様と言われています。

中でも食物・穀物を司る神様であります。

伊弉冉(いざなみ)尊の子、稚産霊(わくむすび)の子供です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

大国主(おおくにぬし)大神♪

2017 - 06/03 [Sat] - 06:00

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(12)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑫大国主(おおくにぬし)大神

「大国主大神」は別名をたくさんお持ちで
「大己貴(大穴牟遅…おおなむち)大神」
「葦原色許男(あしはらしこを)大神」
「矢千矛(やちほこ)大神」
「宇都志国玉(うちしくにたま)大神」
「大物主(おおものぬし)大神」などなど

日本神話にもよく出てこられる神様で
有名なお話では「因幡の白兎」のお話しを紹介します。

大黒様の歌は、皆さんご存知ですよね?

1.大きな袋を肩にかけ 大黒様が来(き)かかると
  ここに因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)
  皮をむかれて赤裸

2.大黒様は哀(あわ)れがり 綺麗な水に身を洗い
  蒲(がま)の布綿(ほわた)にくるまれと
  よくよく教えてやりました

3.大黒様の言う通り 綺麗な水に身を洗い
  蒲(がま)の布綿(ほわた)にくるまれば
  兎はもとの白兎

4.大黒様は誰だろう 大國主命(おおくにぬしのみこと)とて
  国を開きて世の人を 助けなされた神様よ

大国主大神には、たくさんの兄弟がいました。

大国主大神はある時、お兄さん達のお供で旅に出ました。

すると、海岸で皮をむかれた兎が泣いていました。

そこで、大国主大神が優しく声をかけると
兎はその理由を話しました。

その兎は、海の向こう側に住んでいましたが
いつもこちら側に来てみたいと思っており
でも海は広くてとても兎には泳いで渡ることが出来ません。

そこで兎は考え
海に住んでいるサメに
「兎とサメと、どちらの数が多いか比べっこしよう」
と声をかけました。

サメは仲間を集め、兎はサメの上を踏んで数えながら
もう少しで向こう岸に着く!というときに
「お前たちはうまくだまされたね」
と口を滑らせてしまったから大変
最後のサメが怒って
兎の毛をすっかりむしり取ってしまったのです。

痛くて痛くて泣いているところへ
通りかかった大国主大神のお兄さんたちが
「海水を浴びて風に吹かれて寝ると治る」と教えたので
兎はその通りにしたら前よりも
もっと痛くなってしまったというのです。

この話を聞いた大国主大神は
「それは大変だ、今すぐ川に行って、真水で体を洗い
蒲の穂を取って敷きつめ、その上に寝ていれば元のように治る」
と教えました。

兎は、その通りにすると
たちまち元の白兎に戻ったので大喜びしました。


これが良く皆さんが知っている「因幡の白兎」です。

他にもいろいろな神話がありますが
「大国主大神」は国内平定・国土経営修理・天下巡業・農業
国土の保護・医薬温泉の神などなどといわれています。

国ゆずりが最も有名でしょうか♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たぎり)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード