日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 五十鈴神社の建造物♪  

御本殿♪

2017 - 02/28 [Tue] - 06:41

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(最終話)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「御本殿(ごほんでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があり
その左横、神社の中心に「拝殿」が建っていて
その奥に「御本殿」が建っています。
御本殿
「拝殿」の奥に建っていますので
通常は入れない場所にあり
なかなか目にした方は少ないのではないかと思います。

上の写真も、
平成17年に「拝殿」を立て替えた際
旧「拝殿」を取り壊した時に撮った写真です。

「御本殿」とは、
神様がお鎮まりになっているところ、その建物のことです。

大宮五十鈴神社建造物シリーズも最後になります。

当神社の創立は、応神天皇39年といわれていますが
応神天皇39年とは、西暦に直しますと308年、
今から1700年以上も昔になります。

そして明治の御代、
神社合祀(ごうし)政策の元に当地でも合祀がすすめられ、
明治40年41年の2年にわたり
旧上穂村の8つの神社(いわゆる上穂八社…うわぶはっしゃ)が
当大宮五十鈴神社(当時の伊鈴社)に合祀されました。

明治41年、西暦に直しますと1908年、
西暦と合祀が同じ08年ですので、2008年には
創立1700年と合祀100年の祭典を行いました。

合祀にあわせ、
明治44年本殿建築工事の地鎮祭(じちんさい)が行われ、
翌年大正元年に竣工したとありますから、
現在の「御本殿」は100年以上が経っていることになります。

本殿彫刻

この「御本殿」は、大隅流の大工さんが建築され
龍や獏の立派な彫刻が施されています。

合祀された際に、8つの神社を合祀しましたので
13柱(神様の数え方)の神様がお祀りされています。

①伊鈴社 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
     熱田(あつた)大神
     建御名方(たけみなかた)大神
②白山社 伊弉冉(いざなみ)大神
     菊理姫(くくりひめ)大神
③春日社 天之児屋根(あめのこやね)大神
     建御名方大神
     誉田別(ほむだわけ)大神
④八幡社 誉田別大神
     大鷦鷯(おおささぎ)大神
⑤伊勢宮 天照大御神
⑥八剱社 草薙剣(くさなぎのつるぎ)
⑦白髭社 猿田彦(さるたひこ)大神
     迦具土(かぐつち)大神
⑧日枝社 天照大御神
     大山咋(おおやまくい)大神
     大物主(おおものぬし)大神

合祀された後に分祀された十日稲荷神社の
豊受姫(とようけひめ)大神もお祀りしています。

神様につきましては、
「末社殿」にお祀りされている神様とあわせ、
改めてシリーズにして引き続きお話しさせていただきますが、
合祀された神社の中で
「伊鈴社」の次に古いのが「春日社」です。

創立は767年、
奈良の春日大社の1年前といわれており、
鹿島神宮から春日大社に神様をお遷しする際に
その御分霊が駒ヶ根のこの地を通られた…という社伝があり、
こちらも興味深い史実が伝えられています。

御本殿2

こちらは、拝殿を新築した平成17年のお正月
旧拝殿が取り壊され「御本殿」がポッコリと浮かび上がり
数百年に1度の幻想的なお正月でした。
御本殿3
「御本殿」の前のシャベルカーやテントと比べてみてください。

「御本殿」の大きさがよく分かりますよね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

拝殿♪

2017 - 02/26 [Sun] - 06:33

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(14)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「拝殿(はいでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があり
その左横、神社の中心に「拝殿」が建っています。
新拝殿
「拝殿」とは、お祭り又は拝礼を行う建物のことをいいます。

拝殿

一般のお参りは、
御社殿の御賽銭箱の前で手をたたいてお参りされますが、
その御賽銭箱の奥にある建物を「拝殿」といい、
ご祈祷などお祓いを受けるときは、この拝殿の中で行います。
拝殿
こちらは↓平成16年に取り壊されました
以前の大宮五十鈴神社の「拝殿」です。

旧拝殿

靴を脱いで中に入っていました。

旧拝殿玄関

拝殿の中は、座っていただく形で
神社の中ですので「あぐら」というわけにはいかず
正座をしてご祈祷を受けていただいていました。

旧拝殿中1

↓の写真にあるように、
建物の真ん中に立っていた2本大きな柱がとても邪魔でした。

旧拝殿中2

大宮五十鈴神社の旧拝殿は、
大正元年に竣工(完成)したとありますが、
その後昭和42年に増築したとあります。

旧拝殿中3

柱がちょうど全体の3分の1くらいのところに立っていましたが
写真で見ても、何でそれっぽっちを増築したの?と思いますが、
それは逆で、それっぽっちの部分が昔ながらの拝殿で、
増築したことにより拝殿はそれまでの3倍の広さになりました。

旧拝殿屋根

度重なる修繕、
又増築による複雑な屋根の構造となってしまい、
ついには屋根の継ぎ足し部分から水が漏り
最終的には屋根全体が腐ってしまったことにより
改築に踏み切らざるおえなかったということです。

平成17年9月、新拝殿が完成いたしました。
栞(拝殿外観)
広さは旧拝殿の約倍となり、
祭祀を行う「幣殿(へいでん)」と、
一般の方が参列する「拝殿」と分かれており、
「幣殿」は板張りで座って御奉仕し、
「拝殿」は石張りで土足のまま入れて椅子に腰掛けます。

新拝殿竣工式

↑こちらは、平成17年9月の竣工式の模様ですが、
上は座礼、下は(見にくいですが)椅子に座っています。

他の神社へ行きますと
だんだんと正座の出来ない(正座が辛い)という人が出てきて
畳の上に胡床(こしょう…祭儀で使う椅子のこと)を置いて座る
なんていう神社も出て来る現状
当社では、総代さんは神職と向かい合った場所に正座
ですが、他社では向かい合った場所に胡床をおいて
座礼と立礼がゴッチャになっている神社もありますから
時代に適った形なのだと思います♪
浦安の舞
例祭に舞われる「浦安の舞」
舞姫さんが8人で舞うことの出来る幅の確保
これも重要視したことの一つです。

これから100年200年と長持ちさせなければなりません♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

末社殿♪

2017 - 02/23 [Thu] - 06:36

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(13)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「末社殿(まっしゃでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があります。
末社殿2
「末社殿」は、拝殿の右側にあります。
末社殿1
この「末社殿」は、昭和3年に造られ、
12社のお社が祀られ、
それぞれの神様がお鎮まりになっています。

末社殿1末社殿2末社殿3末社殿4

末社殿5末社殿6末社殿7末社殿8

末社殿9末社殿91末社殿92末社殿93

御社殿、向かって左側から…

①元白山社境内稲荷社(いなりしゃ)
   「豊受姫(とようけひめ)大神」
②津島社(つしましゃ)
   「素盞鳴(すさのお)大神」
③金刀比羅社(ことひらしゃ)
   「大巳貴(おおなむち)大神」
④山神社(やまのかみしゃ)
   「大山祇(おおやまづみ)大神」
⑤秋葉社(あきはしゃ)
   「迦具土(かぐつち)大神」
⑥諏訪社(すわしゃ)
   「建御名方(たけみなかた)大神」
⑦稲荷社(いなりしゃ)
   「稲荷(いなり)大神」
⑧三嶋社(みしましゃ)
   「田心(たぎり)姫大神」
   「市杵島(いちきしま)姫大神」
   「瑞津(たぎつ)姫大神」
⑨松尾社(まつおしゃ)
   「大山咋(おおやまくい)大神」
   「迦具土大神」
⑩伊雑社(いざはやしゃ)
   「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」
⑪天神社(てんじんしゃ)
   「菅原道真公(すがわらみちざねこう)」
⑫青麻社(あおそしゃ)
   「大巳貴大神」

それぞれのお社にお祀りされています神様については、
また改めて書かせていただきますが、
その昔は駒ヶ根市にあったお社が、
または駒ヶ根市の親戚や同業者などでお祀りされたお社が
いつしか大宮五十鈴神社の境内に遷され
神殿は分かれていますが一緒にお祀りされたのが
この「末社殿」です。

それぞれに、由緒や創立年月日は分かりませんが、
御祭神や御社名を見て分かるように
「学問の神様」や「お酒の神様」をはじめ、
様々な御神徳の神様がお祀りされていて、
いつかはお祭を復興させていきたいと考えています。

末社殿灯籠

「末社殿」の前にある灯籠も、良く見ていただくと「月」と「太陽」を象っているように見えます。

昔の信仰に、興味がわきますね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

古神符納め所♪

2017 - 02/20 [Mon] - 06:28

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(12)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「古神符(こしんぷ)納め所」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側(末社殿の北隣)に「古神符納め所」があります。
古神符納め所4
「古神符納め所」は
古い神符、つまり一年間(これまで)お世話になりました神符
御札や御守を納める場所です。
古神符納め所3
御札を新しくしたので古い御札を処分したい…
だからといって他のゴミと一緒にゴミ箱へなんてとんでもない
では、どこへ持っていけばいいの?
なんて思ったことがある方は多いと思います。
古神符納め所2
御札や御守だけでなく
神棚や神棚の上にのせてあった縁起物(破魔矢や熊手やダルマ)
なども納めていただいて構いません。
古神符納め所1
基本、御札や御守などは
その御札や御守を受けられた神社やお寺へ
お返しするのが本来ではありますが
その神社やお寺が遠方であったりと
お返しするのがかなわない場合は
当社に納めていただいても構いません。

古くなってしまったお人形さんなども納められる方がいますが
ガラスケースからガラスを外していただき
また燃えないものは取り除いていただいてお納め下さい。
お焚き上げ
納められたものは
1月4日・6月末・12月29日に
お祓いの上お焚き上げをしておりますが
「古神符納め所」が一杯になり次第お焚き上げしますので
いつでもお持ちいただいて構いません。

お焚き上げ料として
お気持ちを正面の御賽銭箱へお納め下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

奉納書画掲示板♪

2017 - 02/15 [Wed] - 06:07

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(11)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「奉納書画掲示板」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があります。
奉納書画1
これは昭和40年に「御神木」の東側に建てられてものを
昭和61年に現在の場所に移転しました。
奉納書画2
毎年、9月に行われます例祭に先立ちまして
世話人の方々が書画を募集し張り替えをしてくれます。
奉納書画3
そもそも当奉納書画は
絵を描くのが好きだった祖父(先代宮司)が
地元出身の著名な画家「佐藤雪洞先生」と始めたのがきっかけ
地元の書画を趣味としている皆さんに声を掛け
書画を集めて年に1回張り替えをするようになったそうです。
奉納書画4
70枚の書画を掲示できるスペースがありますが
年々減少傾向にあるとのこと…
「我こそ!」と手を挙げていただける方
氏子外からでも結構ですのでお申し出下さい♪

習字・水彩画・水墨画・油絵なんでも結構です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード