日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 季節♪  

バレンタインデー♪

2018 - 02/14 [Wed] - 18:51

今日2月14日は「バレンタインデー」♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

バレンタインデーの由来は、
3世紀にローマで殉教したキリスト教徒の英語名だそうで、
イタリア語で「ヴァレンティーノ」英語名で「バレンタイン」
その物語は…

3世紀当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、
兵士達の戦意に支障をきたすとして若者の結婚を禁じていましたが
バレンタインは若者たちを哀れに思い、
密かに結婚させていました。

皇帝がそれを知り、
バレンタインにローマ国教への改宗を迫りましたが、
結局バレンタインはそれを承諾しなかったため
バレンタインは投獄され処刑されてしまいました。

そのバレンタインが処刑された日が、
2月14日だということです。

日本では、
今から75年ほど前
神戸モロゾフ洋菓子店が
英字雑誌に「バレンタインチョコ」の広告を出し、
その後、新宿の伊勢丹で
「バレンタイン・セール」と称したキャンペーンが行われ、
チョコレートの消費量増加に伴ない、
徐々にそのチョコレートを贈る習慣が広まり今に至ります。

チョコレートにはテオブロミンという
カフェインと同類の興奮作用のある物質が含まれていて
元気が出るのには根拠があるそうですよ♪

今年も、たくさんの本命チョコを有り難うございます。
毎日少しずついただきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

2月「如月(きさらぎ)」♪

2018 - 02/01 [Thu] - 09:27

早いもので平成30年も1ヶ月が過ぎ、
今日から2月…すっかりブログをさぼってしまい
気がつけば1月をすっ飛ばしてしまいました(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

さて、2月のことを、
昔の呼び方で「如月(きさらぎ)」といいます。

「如月」の語源ですが、
寒い2月、
着物を重ねて着ることから「着更着(きさらぎ)」
といったことからきた…という説が一番有力です。

他には、
雪の下から草や木が芽生えてくる月と言うことで
「生更木(きさらぎ)」「草木張り月(くさきはり月)」
という説。

徐々に気候が穏やかになると言うことから
「気更来(きさらぎ)」「息更来(きさらぎ)」という説。

「如月」は「じょげつ」と読み、
始まりという意味の「序月(じょげつ)」
(2月3日が旧暦のお正月、始まりの意味です)
が転じたという説もあります。

「如月」の他にも2月の古い呼び方で、
「梅見月(むめみつき)」や
「木目月(このめつき)」などがあります。

信州では、
この時期が一年を通して一番寒い時期となりますが、
「木の芽」であったり、「梅の花」であったり、
暖かい春が近づいてくる…
待ち遠しいといったプラス思考の月にしたいですね♪

2月11日は、
一年の中でももっとも寒いお祭(汗
「建国祭」があります。

他の神社では「紀元祭」というところが多いでしょうか
当社では「建国祭」として祭典を行っていますが同じです。

今月はじめが一番寒いですから
お体ご自愛ください♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ


大晦日(おおみそか)♪

2017 - 12/31 [Sun] - 06:42

いよいよやってきました!
年末大晦日!
もう~いくつ寝ると~お正月~♪
え?大晦日は寝ちゃいけない??

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お陰様で、当地は晴天も晴天
素晴らしいお天気に恵まれています。

今日12月31日を「大晦日(おおみそか)」と呼びます。

12月31日は、1年の最後の日
一説には、大晦日の「晦」は「暗い」という意味で、
この日は月の出ない闇夜で
月の満ち欠けを基準にする旧暦では
毎月の最後の日が闇夜だったので、
その日を「晦日(みそか)」と言ったそうです。

晦日(みそか)の別の書き方として三十日(みそか)
そんなことからも月の最後の日をミソカといいます。

そして一年の最後の「晦日」を、
「大晦日」と呼んだわけですが
「晦」という字は「つごもり」とも読み
大晦日を「おおつごもり」とも言います。

「つごもり」は、「月籠もり」が転じたものでありまして
この夜は月が籠もって姿を現さず
翌晩に出てくるのは新月であり
それが徐々に半月になり満月へと成長していく…
それからまた次第に細くなっていき
「月籠もり」を迎えるわけでありまして
昔々のご先祖様は、月の満ち欠けに
人間の生死と同じサイクルを見て感じていたと思われます。

その昔は、一日の終わりは日没と考えられていましたので
一年の終わりは大晦日の日没時とされており
日没とともに新年が始まる…
そして大晦日の晩は身を清め
寝ないで翌朝の年神様のご来臨を待つ…とされていたのです。

大晦日の晩に「除夜(じょや)の鐘」が鳴り響きますが
神社では「除夜祭」というお祭が斎行されます。

「除夜」の「除」は「除く」「押しのける」という意味で
「古い年を除く」
「古い年を押しのけて新年を迎える夜」という意味で
夜を通して(徹夜して)年神様を迎えるということが本来で
「寝ないで朝まで起きているので、夜が除かれるから」
という説もあります。

今では、大晦日に徹夜する人も少ないと思いますが
言い伝えで「大晦日に早寝すると白髪になる」とか
「しわが増える」というようなことが言われますので
いつもは美容のために早寝する人も
この日だけは夜更かしした方が良いのかも知れませんね♪(笑

除夜の鐘は108つ、人間の煩悩の数と言われます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

天皇誕生日♪

2017 - 12/23 [Sat] - 06:07

今日12月23日は「天皇誕生日」祝日です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

戦前は、今上陛下の誕生日は
「天長節」と呼ばれ
「新年」「紀元節」「明治節」と共に四大節の1つとして
盛大に奉祝されていましたが
現在は「天皇誕生日」という祝日になっています。

ご存じのように11月3日「文化の日」は明治天皇の誕生日
4月29日「昭和の日」は昭和天皇の誕生日として
今でも御威徳を偲ぶ祝日とされています。

今ではあまり?ほとんど?知られていませんが
天長節の歌(歌詞)をご紹介致します。

『天長節』(黒川真頼 作詞、奥 好義 作曲)

今日の吉(よ)き日は 大君(おほきみ)の
生まれたまひし 吉(よ)き日なり
今日の吉き日は 御光(みひかり)の
さし出(で)たまひし 吉き日なり
ひかり遍(あまね)き 君が代を
祝へ諸人(もろびと) もろともに
めぐみ遍(あまね)き 君が代を
いはへ諸人(もろびと) もろともに

今上天皇のお誕生日をお祝いすると共に
天の如く長く今の平和な世の中が続きますようにと
お祈りしましょう♪

大正天皇の誕生日は祝日になっていませんが
戦前は崩御日(12月25日)が祝日になっていました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

冬至♪

2017 - 12/22 [Fri] - 12:07

「日が短くて…ヤダヤダ」と思うか、
「今日を境に、これから日が長くなる一方だ」
と思うかによって、
考え方物事の捉え方も変わりますよね♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私の好きな言葉は、「人生は心ひとつの置きどころ」です♪

さて、今日12月22日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、
「冬至(とうじ)」です。

「暦便覧」には、
「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあります。

先に言いましたように、
この日が一年中で一番夜の長い(日の短い)日ということです。

今日を境に日が長くなることから、
昔は冬至の日を年の始めと考えたこともあったそうです。

「冬至」には、
南瓜(かぼちゃ)や柚子(ゆず)を用いる習慣がありますよね。

せっかくですから、
その辺を少しだけ掘り下げてみましょう。

「南瓜」は、栄養のある健康によい食品として有名です。

ビタミン源である「南瓜」を食べ、
風邪やしもやけにならないように…
と言った昔の人の思いが込められています。

また、「栄養がある」「健康によい」といったところから
「長生き」の食べ物とも言われ、
「厄除け」の食べ物ともされています。

かぼちゃ

それは日本だけではなく、
外国の行事「ハロウィン」や
「南瓜の馬車」として物語に出てきたりするのは
その辺の意味もあるのかも知れません。

「柚子」は柑橘類、
ビタミンCが多く含まれていますから、
お風呂に入れ「ゆず湯」にして入ると血行が促進され
この寒い時期に最適で「冷え性緩和」などの効果があります。

特に、皮にはビタミンCの他にクエン酸も多く含まれ、
美肌効果もあります。

そして、柚子の香りによるリラックス効果、
そこから疲労回復や神経痛にも効果があるようですよ♪

柚子(ゆず)=「融通(ゆうずう)」がきく、
こんな語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、
もともとは南瓜と同じように
「厄除け」のための「禊(みそぎ)」
という意味があったようです。

強い香で邪気を吹き飛ばす、
そんなところから「お正月」を迎えるに当たり、
「良い年が迎えられますように」
といった意味も込められているのだと思います。

ある地方では、
冬至の日にレンコンやミカンなど
「ん」のつく食べ物を7種類食べると幸福になれる…
ともいわれています。

「運」をつけるという意味で、流行るかも知れませんね(笑♪

「ゆず湯」に浸かって疲労回復、
元気にお正月を迎えましょう♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード