日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 映画のすすめ♪  

ほかいびと♪

2011 - 10/17 [Mon] - 06:40

映画「ほかいびと~伊那の井月~」
俳人「井上井月(いのうえせいげつ)」を描いた映画です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

昨年の「高鳥谷(たかずや)神社」例祭での撮影の様子を
ブログ♪にも書きましたが
その映画が完成し、全国に先がけて
伊那市「旭座」で公演することとなり公開日が決まりました。

ほかいびと

期間 平成23年11月20日(日)~27日(日)
会場 伊那旭座
時間 10:30から2時間15分おきに1日4公演
料金 一般1,400円 中学生以下1,000円

23日は、特別舞台公演だそうです。

前売り券は、それぞれ200円安く
発売所は以下の通りだそうです。

伊那市
*伊那旭座(Tel.0265-72-2188)
*ニシザワBOOKS&CAFEいなっせ店(tel.0265-77-2255)
*小林書店(tel.0265-72-2685)
*あ・びえんと(tel.0265-78-0899)
*ベルシャイン伊那店(tel.0265-76-2111)
*タウンステーション伊那まち(tel 0265-78-7001)
*伊那市観光(株)(tel 0265-71-5577)
*井上井月顕彰会(tel.0265-98-0117)

駒ヶ根市
*割烹食堂 水車(tel.0265-83-3635)
*精美堂(tel0265-83-5556)小町屋駅前
*そば処柏屋(tel0265-83-3860)中沢
*下島大輔宅(tel0265-83-6393)東伊那

是非、全国公開に先立ち、地元から
「ほかいびと」ブームを巻き起こしましょう♪

大鹿村に負けるな(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

太平洋の奇跡♪

2011 - 02/20 [Sun] - 06:37

2月11日公開の映画、
長野県内では長野市・松本市・山形村・佐久市・岡谷市と
5つの映画館でしか上映していません…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

『太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男』
太平洋戦争末期のサイパン島で、
たった47人の兵を率いて
4万5000人ものアメリカ軍に立ち向かい、
アメリカ兵から“フォックス”と呼ばれて恐れられた
陸軍大尉の大場栄。

その史実を題材にしたドン・ジョーンズの実録小説
「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」
を原作に、絶望的な状況のなか
最後まで生き抜いた日本兵たちの真実の物語を、
竹野内豊主演で映画化した戦争ドラマ。

日本の歴史の教科書では語られることのなかった
真実の物語のメガホンをとるのは、平山秀幸監督。
(「映画.com」より)


サイパンへ行く前に是非観たいと思いながらも
残念ながら飯田市では上映されていませんでして…

19日、長野市にある長野県神社庁で祭事があり
その帰りにちょっと無理をして相棒Mと観てきました!

サイパン・テニアンでの戦いのことは知っていながらも
こうして映画になることで
もっと多くの日本人がその史実を知り興味を持ち
先人達への感謝の誠心を抱いていただければと思います。

戦時下の兵士達、民間人達が何を考えていたのかがよく解り
今年の慰霊は更に心のこもったものになりそうです。

映画館で買ったパンフレットの中に
「実際の我々の洞窟抗戦の生活は、
もっと暗く、不衛生極まりなく、陰惨で…」と
大場大尉の言葉も載っていましたが
そんな中を祖国のために家族のためにと戦い抜かれた先人の思い
しっかりと胸に納め慰霊の誠心を捧げて参りたいと思います。

今晩、いよいよ日本を出発します♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

注目映画「太平洋の奇跡」♪

2011 - 02/06 [Sun] - 11:52

2月11日「建国記念の日」に
映画「太平洋の奇跡~フォックスと呼ばれた男」が公開されます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

私もまだ見ていないので
詳しいことははっきり言えませんが、
ストーリーを「映画.com」からお借りしますと…

太平洋戦争末期のサイパン島で、
たった47人の兵を率いて
4万5000人ものアメリカ軍に立ち向かい、
アメリカ兵から“フォックス”と呼ばれて恐れられた
陸軍大尉の大場栄。

その史実を題材にしたドン・ジョーンズの実録小説
「タッポーチョ『敵ながら天晴』大場隊の勇戦512日」
を原作に、絶望的な状況のなか
最後まで生き抜いた日本兵たちの真実の物語を、
竹野内豊主演で映画化した戦争ドラマ。

「OUT」の平山秀幸監督がメガホンをとる。


原作は、元米海兵隊員ドン・ジョーンズが発表した
「タッポーチョ 『敵ながら天晴』 大場隊の勇戦512日」。

“大場隊”の戦いぶりに感動したジョーンズが戦後来日し、
取材をして書き上げたもの。

その際、戦後生まれの日本人の多くが
大尉の存在を知らないという事実に驚いたそうで、
同書のあとがきに
「多くの人たちが、自分たちの父や祖父や叔父たちが
国を守るために戦った精神について何も知りませんでした。
もっと驚いたことは、
その人たちがしたことに何の尊敬の念も払っていないことです。
私は、このことをとても残念に思います」
と記している。

日本の歴史の教科書では語られることのなかった
真実の物語のメガホンをとるのは、
平山秀幸監督。

サイパンほか海外での2カ月前後に及ぶ大規模なロケを敢行し、
米軍側の描写についてはアメリカ人監督を立て、
日米が協力して製作する。

配給の東宝は、
「戦争そのものを称賛するのではなく、
生きて戦後日本の礎を築いた
『誇り高き日本人』の姿を描くことで、
多くの現代の日本人に勇気と誇りを取り戻させる作品にしたい」
と意気込んでいる。(同じく「映画.com」より)


今月20日から慰霊祭にテニアン島へ行ってきますが
是非、その前に見たいと思います!

そろそろ渡航の準備を始めなくては…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

本気村塾♪

2008 - 08/29 [Fri] - 13:14

昨夜は、中川村へお邪魔してきました♪

「本気村塾」とは、中川村商工会青年部の勉強会…とでも言ったらよいのでしょうか?
今年で10年目を迎えた会で、中川村の勢いのある青年衆の集まりです。

今年7月、「本気村塾」では、沖縄へ研修旅行に行きました。
ただ沖縄へ遊びに行ったのではありません。
そこが「本気村塾」、3回の事前勉強会を踏んで、万を期しての沖縄研修旅行です。

昨夜は、その報告会を兼ねた事後勉強会でした。

なぜ、私がその会に出席させていただいたかというと、今年の4月30日(昭和の日ブログ♪で少しだけ触れましたが)に、第1回事前勉強会に講師として呼んでいただいていたからです。

私は、今回の沖縄旅行の取っかかりの部分、正しい近現代史に触れ、史実に対し各々が思いを巡らせてもらうためのほんの触りに携わらせていただきました。

第2回は、中川村のM宮司さんと一緒に、靖國(やすくに)神社・遊就館・市ヶ谷記念館(極東国際軍事裁判法廷)へ研修に行かれました。

第3回は、沖縄へ行ったことのある地元の先輩を招いて、沖縄について勉強されたそうです。

本気村塾1

そして今回は、沖縄で撮った写真を見ながら、思い出話を聞く報告会ですが、これまた「本気村塾」、ただの報告会ではありません。

本気村塾2

『沖縄決戦』という映画を見ました。

本気村塾3

今から37年前の映画ですが、史実を元に赤裸々にというかそのまんまを映画にしたもので、どこも飾ることなく、生々しいものでした。

映画鑑賞は、飲みながら食べながら…ということでしたが、無理でした(汗。

特攻隊員の出撃の様子、野戦病院の内部の様子、集団自決する場面、子供を殺してから自決する場面、ひめゆり学徒隊の服毒自決…
映画では、なにも思想的なことは言っていませんでしたが、そこから個人個人様々考えさせられたことと思います。

けして戦争は美化するものでも、肯定するものでもありませんが、事実を伝えていくことの大切さを感じ、また現在を生きる私たちは、ただひたすらにその当時を生き、戦い、そして亡くなっていった方々の御霊に対し、慰霊の誠を捧げる使命を改めて感じました。

ペリカンのつけ麺

そして場所をペリカンに移し、沖縄ソーキそばの美味しかった話しを沢山聞いたので麺類が食べたくなり、つけ麺を食べて解散しました。

私自身、まだ沖縄へは行ったことがありません♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


来年にはまた北マリアナ諸島」へ行く予定でいます。

沖縄と同じく、サイパン島やテニアン島も今では観光地となって、当時そんなことがあったとは思えないような綺麗な景色が広がっていますが、現地へ赴き、慰霊の誠を捧げて参りたいと思います。

gremz(グリムス)で木を育てています♪
★エコにも繋がる、応援ポチをお願いします!!★
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

南京の真実♪

2008 - 07/05 [Sat] - 07:12

いつだったでしょうか…映画『靖国(YASUKUNI)』をテレビで取り上げて騒がれた時期がありました。
その時にもお話ししましたが、その映画を見てどう思うかが重要ですが、それを見るなら、この『南京の真実』も見ていただきたい。
そして、自分でしっかり史実を勉強していただきたい。
その上で、自分なりに判断していただきたい…そう思います。

この映画『南京の真実』、4月と8月に、靖國(やすくに)神社で上映があると聞いていたのですが、なかなか都合がつかないと思っていた矢先、長野県で上映されるといったご案内をいただきました。

南京の真実チラシ

期日 平成20年7月19日(土曜日)
時間 午後1:20~4:30
会場 松本市中央公民館「Mウィング」6階ホール
費用 鑑賞無料

鑑賞希望者は、7月12日までにご連絡をいただければ、私の方で申込手続きをさせていただきます。
折り返し、入場整理券を送っていただけるそうです。

「Mウィング」わかりますか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

松本の市内も変わりました。
私がいた頃とは全然違います。
「Mウィング」は、インターを降りて市内に向かい、国道・JRを越えて、駅の方に曲がるところをまだ真っ直ぐ進んだ道の左側にあります。
私がいた頃は確か、この道…一通でした。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード