日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 今日のニュースから♪  

松本の地震

2011 - 07/05 [Tue] - 06:19

6月30日に松本市を震源とした地震が起き
国宝の松本城を始め多くの家屋が被害を受け
また死傷者も確認されています。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

東日本大震災でも
各地の神社が被災されておりますが
松本市の神社でも石灯籠や玉垣が倒れ
また参集殿の天井が落ちた…などの被害も出ています。
沙田神社1
こちらは、信濃国三之宮「沙田(いさごだ)神社」

沙田神社2

そして次は「多賀神社」の被害の一部です。
多賀神社1
神社といえば、境内に石の建造物がつきもの…
石灯籠に石垣・玉垣ことごとく倒れています。

同じ松本市でも被害の出たところ出なかったところと
場所によって大きな違いがあったようですが

多賀神社2

民家では屋根の瓦が落ちるなど
多くの建物に被害が出ていましたが
松本市での地震を聞き
多賀神社の宮司さまのところへ
宮司さまと交流のある他県の方から数百枚のブルーシートが届き
県神道青年会員たちが近隣の家に配ったそうです。

こういうとき昔の交友関係というか
広く友人との深い信頼関係が生きるんだなと
つくづく実感させられました。

先の大震災の反省もままならず
私なんかは「何が出来るのだろう」
と手をこまねいているだけしかできませんでしたが(汗
震災の対応だけでなく考えさせられました。

今回は、大きな地震に慣れていないというか
これまでにあまり地震が起きなかった地「松本」での大きな地震
当地も大きな自然災害が幸いにも起こらない地域ですが
他人事ではなく考えなければならないと実感させられました。

(写真提供「まぁ。さん」)

あれから5日、大きな地震につながりませんように♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
東北花火
「LIGHT UP NIPPON」ホームページから花火募金を♪
(締め切り~7月31日)

高速道路♪

2011 - 06/24 [Fri] - 06:49

中央道・駒ヶ根インターチェンジが出来たのが1975年
その当時私は8才…じぇんじぇん覚えていません(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

もう、当たり前と成ってしまった高速道路、
神社庁のある長野市へ行くにも
神社本庁のある代々木へ行くにも
1人であろうと仲間と行こうと
どんなときも車で高速道路を通っていきます。

私が社会人になった頃でしょうか…
長野道が開通し長野市へも高速道路で行かれるようになり
それでも最初の頃は下道を行った覚えがあります。

今では当たり前になってしまいましたが、
ちょっと昔は山を越え谷を越えて車で行くか
乗り換えながら電車で行くかしかなく
時間でいったら今の倍も3倍もかけて行ったようですから
便利な世の中になりました。

一昨年の3月から始まった「高速道路・休日上限千円」
私はその恩恵をいただいたのは3~4回でしょうか…
だいたい土日は仕事していますし
そんなときに会議や研修会もなく
駒ヶ根から長野、普通で高速代が約4千円ですから
どれだけ土日に会議があれば…と思ったことか(苦笑

そんな中、この6月19日をもって当制度が終了
17日、長野市で会議、そして泊まり…
18日、なんの気無しに駒ヶ根へ帰ってくる途中
ラジオから「明日が最終日」との声が聞こえてきました。
1000円
最後の最後にいただいた恩恵をパチリ♪

それにしても長野から駒ヶ根まで、混んでること混んでること
やはり最後だからと駆け込み利用者?の方々なのでしょうか
震災復興財源捻出のため…と言われると何も言えませんが
その前から「高速休日千円」廃止の話はありましたから
それに変わる対策はあるのでしょうか?

当制度が導入されたときの経済効果以上に
当制度が廃止になってからの動向が不安ですね…

土日休みの人にとっては、大きな大きな違いになりそうです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ
東北花火
「LIGHT UP NIPPON」ホームページから花火募金を♪
(締め切り~7月31日)

東北に花火♪

2011 - 06/10 [Fri] - 16:39

兵庫県の八幡神社宮司さまのブログの紹介です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

日本の夏といったら、そう「花火」
その「花火」が日本全国で自粛傾向にあります。

そんな中、被災地東北が立ち上がりました。

東北花火

山田町 / 岩手県
大槌町 / 岩手県
釡石市 / 岩手県
大船渡市三陸町 / 岩手県
陸前高田市 / 岩手県
いわき市 / 福島県(その他、調査中)

上記の、まさしく被災地太平洋沿岸の各地で
一斉に花火を打ち上げよう!という企画だそうで
「LIGHT UP NIPPON」←こちらのページで
花火の寄付を募っていますので
是非ご寄付をいただける方はクリックしてみてください。

募金ページでは、自分で花火を描くことが出来
その花火がウェブページでランダムに打ち上がりますよ♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

義援金♪

2011 - 05/23 [Mon] - 06:29

3月11日、東日本太平洋沖大震災
翌12日、長野県北部大震災に伴います義援金
皆様も、各地区・学校・企業を通じて
何かしら協力されていることと思います。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その多くは、日赤(日本赤十字社)を通じ
被災地に送られています。
義援金2
これは、先日お話しさせていただきましたが
ツマの美容室にて
ヘアトリートメントとブリザーブドフラワーを購入いただくと
その全額を義援金に充てさせていただく…としましたところ
お客様方にご協力いただき、日赤を通じ送らせていただきました。

しかしながら、
全国から集められた義援金は
基本的には人、または人が住んでいる居住地(建物)
にしか配分されず、
神社には配分されることは現在の制度ではありません。

そこで、全国の神社で「神社復興義捐金」なるものを募り
直接被災地の神社へ一日も早い復興を願い
義援金1
当社では、総代様より3千円ずつ
また、ささやかながら先月の「祈年祭」のお弁当代を
義援金に充てさせていただきました。

上伊那管内、神社・神職から
現在200万円集まっているとのこと
上伊那には197社あり200万円
日本全国8万神社として
同じように集まったとして○○円
被災地の神社は、一日も早い復興の足しになります。

被災地では、神社より自分の家でしょう…
それはもちろんのことだとは思いますが
その土地の神様、神社が復興すれば
心の拠りどころですから郷人の力、勇気となります。

祈ること、願うことしかできませんが
一日も早い復興を心よりご祈念申し上げます。

こんなときは、海外への援助が手薄になると
同額を海外へも募金した先輩もおられます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

諸外国のメディア2♪

2011 - 03/28 [Mon] - 09:18

昨日、韓国の中央日報の社説を紹介いたしました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

今日は、中国の新華社通信が報じたものを紹介いたします。

【中央日報・社説】大災難より強い日本人

全世界が日本の大地震に2度の衝撃を受けている。

まずマグニチュード9.0の
超強力地震がもたらした残酷な被害だ。

巨大な津波で約2000人が死亡し、
1万人以上が行方不明となった。

宮城県のある村は住民の半分が行方不明になったという。

原発も心配だ。

日本政府は福島原発周辺の住民21万人を疎開させ、
海水で原子炉を冷却する非常措置に入った。

不純物の混入で原子炉を事実上廃棄する劇薬処方だ。

日本列島が連日、地震、津波、原発危機に呻吟しているのだ。

もっと驚くのは不思議なほど冷静な日本人だ。

死の恐怖の中でも動揺しない。

避難要員に従って次々と被害現場を抜け出し、
小学生も教師の引率で列を乱さず安全な場所に移動した。

地下鉄・バスの運行が中断すると、
会社員は会社から支給された緊急救護物品をかついだまま
静かに家に帰った。

みんな走ることもなく3-4時間ほど歩いた。

翌日はいつも通り会社に出勤した。

想像を超越した大災難と
日本人の沈着な対応に全世界が衝撃を受けている。

私たちは大規模な自然災害が過ぎた後に発生する
数多くの無秩序と混乱を目撃してきた。

昨年22万人が犠牲になったハイチ地震がその代表例だ。

「地震よりも無法天地の略奪と暴力がもっと怖い」
という声が出てきたほどだ。

ハイチが開発途上国だからというわけではない。

05年にハリケーン「カトリーナ」が襲った
米国のニューオーリンズでも暴力と腐敗が相次いだ。

こうした記憶のため、日本人の冷静さが
よりいっそう引き立って見えるのかもしれない。

惨状を前に泣き叫ぶ日本人はほとんど見られない。

地震の混乱に紛れて
強盗や殺人事件が起きたという話も聞こえてこない。

テレビの画面は、列に並んで救護食品を受け取ったり、
売店の前で静かに待った後、
必要な分だけ購入していく風景ばかりだ。

ただ地震が頻発する日本の地理的特殊性だけでは、
こうした現象をすべて説明することはできない。

徹底した耐震設計と
速い警報システムが被害を減らしたのは事実だ。

徹底した事前教育と避難訓練も間違いなく力になっている。

一つの国の真面目も大事件を迎えてこそ表れる。

それがまさに国民性だ。

全身が凍りつくような恐怖の前で、
日本人は落ち着いた国民性を遺憾なく発揮している。

1995年の阪神・淡路大地震当時、
意外にも20%ほど円高が進んだ。

日本の国民性を誤って判断した海外投資家は痛い目にあった。

最近の円高も国際金融市場が
災難の前で団結する独特の国民性を看破したためだ。

日本人は沈着な対処で
阪神・淡路大地震を乗り越えて自ら立ち上がった。

今回の大地震の傷もいつか治癒されるものと信じる。

むしろ私たちは日本を見て、韓国社会の自画像を頭に浮かべる。

災難現場でテレビカメラが向けられれば、
表情を変えて激しく泣き叫ぶことはなかったか。

天災地変のため飛行機が少し延着しただけで、
一斉に大声で文句を言うことはなかったか。

すべての責任を無条件に政府のせいにして
大騒ぎしたことはなかったか。

隣国の痛みは考えず、
韓国に生じる反射利益を計算したことはなかったか…。

私たちは自らに厳しく問う必要がある。

また災難と危機の際、韓国社会の節制できない思考と
対応方式を見直す契機にしなければならない。

私たちは依然として日本から学ぶべきことが多く、
先進国へと進む道のりも遠い。(中央日報)


そして、今日紹介させていただくのは…
【北京=吉岡桂子】
東日本大震災の発生直後、
中国・大連から宮城県女川町へ働きに来ていた研修生20人に
「津波が来るぞ」と警告し、高台の神社に避難させたあと、
自らは津波にのまれた――。

ある日本人男性の自己犠牲が中国メディアで報じられ、
静かな感動を呼んでいる。

国営新華社通信が18日までに伝えたところによると、
その男性は、女川町にある水産加工会社、
「佐藤水産」専務の「佐藤充」さんだという。

同社は、生ウニを東京・築地市場などに出荷しており、
中国人研修生たちは加工や出荷に携わってきた。

地震発生時、
津波の知識を持たず宿舎近くに逃れた研修生たちを、
佐藤さんは「もっと高いところへ」と神社へ誘導した。

そして再び宿舎に戻ったところを津波が襲った。

ある研修生は「彼が津波にのまれていくのを見た」と、
新華社の取材に対し嗚咽(おえつ)しながら語った。

大雪となった震災当日の晩、佐藤さんの兄にあたる社長は、
研修生の寝泊まり先を探して奔走、知人の家を見つけてくれた。

研修生たちは「現地の人々の助けがなければ今の私はない」
などと話しているという。

記事を「感動」というタイトルで掲載した北京の新聞、
新京報には「愛には国境はない」
などとコメントが寄せられているという。

中国のインターネットサイトには、
以前からの厳しい対日感情を反映して、
東日本大震災で「日本に天罰が下った」
などというコメントがみられる一方で、
佐藤さんのような日本人の振る舞いに
敬意を表す人々も増えている。

宮城県牡鹿郡女川町の「佐藤充さん」。
この名前を中国人は感謝して永遠に忘れないであろう。

http://uranai.blog.bbiq.jp/blog/2011/03/post-a3ad.html
神社オンラインネットワーク連盟のメーリングリストで
紹介いただいたものですが、これからも情報がありましたら
こちらで広く紹介させていただこうと思います。

頑張れ!日本♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード