日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2007年07月  

土用の丑の日♪

2007 - 07/31 [Tue] - 08:44

30日は、土用の丑の日でした。土用の丑の日にには、昔から「鰻」を食べる風習がありますが、なぜなのでしょうか?

そもそも土用の丑の日って?
「土用の丑の日」は、夏だけだと思っている方が多いと思いますが、それぞれの季節ごとに、土用の丑の日があります。「土用」とは立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間のことをいい、その中の丑の日(十二支の中の丑)を「土用の丑の日」と呼んでいます。「丑の日」は、十二支を1日ごとに割り当てていくので12日毎に1度回ってきます。年・季節によっては、土用の期間に丑の日が2回あることもあります。

夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が出来たのは、幕末の学者「平賀源内」氏が、「夏場に鰻が売れないので何とかしたい」と近所の鰻屋さんに相談されて「本日土用丑の日」という看板を店先に出し、大繁盛したのがきっかけだと言われていますが、万葉集には「大伴家持」氏が、夏痩せの友人に鰻を食べるように勧めている和歌が収められています。鰻にはビタミンB類が豊富に含まれていて、夏バテ、食欲減退防止にはとても効果的であり、夏のこの時期に鰻を食べるのは、実に理に適った習慣ですね。
20070731081521.jpg
というわけで…(笑、今年は少し足を伸ばして熱田神宮をお参りがてら、熱田神宮のすぐ隣にあります『蓬莱軒』さんで、かの有名な「ひつまぶし」を食べて来ました。
20070731081533.jpg
熱田神宮へお参りをした際は、決まって蓬莱軒のひつまぶし。有名ですのでご存知の方が多いと思いますが、ご飯の上に細かくした鰻のジューシーな蒲焼きが乗っており、それを4度に分けて茶碗に盛って食べます。1杯目はそのまま食べ、2杯目は薬味(万能葱・山葵・海苔)を添えて食べ、3杯目は薬味と特製のだし汁をかけて茶漬け風に食べ、4杯目は好みで食べます。何度食べても最高に美味しいです♪

今年の土用には(20日~でした)、20日に神社大会準備のあと辰野の「小坂」で鰻丼を、21日はご来賓の接待で鰻重を食べ、鰻三昧の土用でした (*^_^*)v。長野県岡谷市では「冬の土用にも鰻を食べよう!」といったキャンペーンを行っているそうです。鰻を食べて、元気に夏を過ごしましょう♪

参議院選挙終わる♪

2007 - 07/30 [Mon] - 09:16

昨日の選挙、皆さんは行かれましたか?って、行くのが当然な訳ではありますが。結果は、ご存知のように自民党の惨敗。ここで私が、今回の選挙を解説しようなどとは思っていませんが(笑、昨夜も各局特別番組を組んで、放送していましたね。きっと、ついつい見入ってしまって寝不足の方も多いのではないでしょうか?

局により片寄りはあるものの、どの局も、今回の選挙は民主党が良いから民主党が勝ったのではなく、自民党が転けたから勝たせてもらったのであって、民主党の真価がこれから問われる選挙であった…と言っていましたね。阿部内閣もこれからどういった動きを見せるのか分かりませんが、名誉挽回、頑張っていただきたいと思います。

さて、我々神社界も、ある候補者を推していました。前回の選挙同様に、厳しい選挙戦となり朝方になって?当確が出ましたが、自民党にとって苦しい選挙戦、逆風の中、よく当選していただけました。心からお祝いを申し上げます。

今回の選挙は、選挙区と比例区とありました。選挙区は、地元から出ている方ですので、多少なりとも政策などにより心の中に決められた人が居たと思いますが、比例区はいかがだったでしょうか?前述の候補者は比例区ですが、昨年の皇室典範の問題等、神社界に関係のある問題が起こったときなどに、神社界の声を直接国会に響かせるための擁立候補ということで、広く神社関係者に呼びかけがあり、神社関係者から更に一般の方に声をかけて欲しいとのことでした。

終わってしまったから言いますが(笑、実際に難しかったです。勉強不足もあり、どこまでが選挙違反でどこまでがやって良いことなのかもハッキリしませんし、我々が相手をさせていただく一般の方々も、それぞれに所属している団体があったり考えがあったりして、推している候補者が居たり…。はたまた、神社が神主さんが何で選挙に?など言われ、前述の理由を言ったところで相手にはされず、関係がギクシャクしたり…。やはり、我々の本望は、神社祭典奉仕であり神様との仲取り持ちで、確かに神社界にとって擁立候補が必要なのかも知れませんが、人と人の関係の見える田舎では特に、難しかったと感じざるおえませんでした。もちろん、署名を票の獲得を幾つ以上…と言われれば動かなければいけないのが組織の人間ですので動きましたが、このことで日々の神社運営や祭典奉仕に支障をきたしては元も子もありません。是非、今後の選挙の在り方とらえ方取り組み方、政治との付き合い方の、もっと良い方法を考えていただければと思います。

かく言う私も、当組織県本部の役員になっていますので、こんなこと大きな声では言えませんが(遅w、まずは神道政治連盟という名前から変えましょうかね~(笑。なんてこと言ってると、本当に怒られちゃいますね(汗。しかし、現実は現実、組織を使った票集めとしか思えない人もいる現状、1人の候補を擁立するのではなく、もっと良い方法があるはずです。頭のいい方、良い方法を考えて下さい…(願。

厄年会という名の同窓会♪

2007 - 07/29 [Sun] - 13:42

当地には、「厄年会」なるものがあります。これは、我が母校、赤穂中学校の卒業生で組織され、本厄を迎える来年の年初に厄除けをします。しかしながら、本厄を迎えるのは男性だけですが、厄年会は女性も合同です。そうです!「厄年会」とはきっかけ作り、大同窓会のようなものを組織し、ここからクラスごとの同級会などに発展していくのでしょう。

我々は、赤穂中学校の桜学年(昭和42年4月~43年3月生まれ)。振り返ってみると、私のクラスは成人式以来同級会らしい同級会はしていません。大学卒業、就職、会社等のお付き合い、結婚、出産、子育て、働き盛り…等々で一番忙しい時期を過ごしてきて、ここで一段落、昔の仲間と酒を酌み交わしたり、昔話に花を咲かせよう、というところだと思います。

もともと厄除けとは、昔の人の考えは良くしたもので、別に統計を取ったわけでもないでしょうけれども、厄年には何かしら災難が降り掛かりやすい不思議な年回りであり、その厄を祓うための儀式でして、男性も女性も結婚・出産・子育てが一段落…など人生の節目に当たり、行われてきたものなのだと思います。

いよいよ「(仮称)57桜会」始動です。中学を卒業してから、早いもので25年が経とうとしています。懐かしい面々と顔を合わせる日が待ち遠しく感じられます♪

話は変わりますが、昨晩駒ヶ根市では「KOMA夏」というイベントが開催され、賑やかな夜でした。
20070729133751.jpg
心配されたお天気も、夕立も降ることなく、浴衣を着た若者に溢れた駒ヶ根の街。
久しぶりに遅くまで活気に溢れた街を見た気がします。。。

近現代史のすすめ♪

2007 - 07/28 [Sat] - 12:24

27日、松本市で第10回近現代史教育実践委員会が開催されました。これは、私が出向させていただいている(社)日本青年会議所長野ブロック協議会の委員会で、先月まで「エイズ出前講座」活動を活発に行ってきた委員会ですが、いよいよ9月の会員大会に向け本格的に委員会の最大事業に向けて活動が始まりました。

国会でも議論されておりましたが、昨年(社)日本青年会議所が作成したDVD『誇り』、これを中学生向けにディスカッションするプログラムを作成し、実際に行う…というのが我々「近現代史教育実践委員会」のメイン事業なのです。これがまた面白い!
20070728112746.jpg
近現代史につきましては、9月の会員大会終了後に書かせていただきたいと思っておりますが、近現代史について語り始めると尽きないですね。シリーズ化になりそうです。。。

なぜ国会で当DVD『誇り』が問題視されているか…。
『誇り』をご覧になったことがある方は解ると思いますが、そもそも『誇り』は、これまでの数年間を通じ日本JCが史実に基づいて近現代史を研究して作成したものですので、間違ったことを言っているわけではありません。しかしながら、靖国問題然り、教科書問題然り、過去の戦争を肯定するものでも、軍国主義を賛美するものでも無いわけではありますが、共産系の方にしてみれば「戦争を美化している!!」と、格好の材料になってしまいがちなのだと思います。

でも、事実は事実。このことを子供たちに教育することが出来たら、それはそれは素晴らしいことだと思いますし、自分の国に誇りを持つということから、広い意味で人づくりまちづくりにも繋がることでしょう。残念ながら、国会でも取り上げられてしまい、子供たちへの教育プログラムに組み込むことは無理のようですが、しかしながらのしかしながら、これを勉強してみて面白いことに(内容的には面白いなんて言ってはいけないことなのですが…汗)、当然ながら私達の世代は近現代史について、既に歪んだ教育がなされていましたので、このことを勉強するにつけ委員会メンバーでさえ初めて知ることばかりで、教える側のメンバーも目から鱗状態なのです。

私は神主ですので…というわけでもないでしょうけれども、少なからず本で読んだり勉強していましたので、ある程度の知識というか認識はありましたが、確かに一般の方々に伝えようとする努力はしていませんでした。そういった意味でとても勉強をさせていただいています(さすがJC!)。今回中学生向けに…、というのは出来ないわけではありますが、中学生に解っていただけるプログラムを作っていますので、かなり分かりやすいものになること間違い無しです。今すぐにでもシリーズを始めたいところですが、9月のネタバレになってしまいますので、それまでとっておきます。

明日の選挙の具になってしまった感が否めないDVD『誇り』ですが、機会がありましたら是非、公平な目でご覧いただければと思います。

進下退上起下座上♪

2007 - 07/27 [Fri] - 08:00

24~26日まで、長野県神社庁上伊那支部祭式講習会が行われました。
20070727074711.jpg
祭式とは、お祭の次第や動作の作法のことをいいます。基本的に、お祭の次第は同じですが、大祭といって1年の中で決まった大きなお祭り(祈年祭・例祭・新嘗祭など)になると、御神前の扉を開けたり、数人の神職で奉仕したりと、普段の奉仕と違うところも出てきます。この大祭の祭式が本来の作法であり、普段のご奉仕の中では便宜上略されていることが多く、この本来の作法を繰り返し勉強しているのが「祭式講習会」です。

自動車免許の更新の如く、解りきったことではあるけれども、定期的に基本を勉強することは至極重要なことでもあります。先日のブログや、表題にも書きました「進下退上起下座上」、これは忘れることなく頭に入っていることですが、忘れてしまいがちなのは普段行うことがほとんど無い御鍵後取(御扉を開けるときに使うとされている御ヒ御鍵御錠の扱い方)や本殿内での禰宜の所作(本殿の中に入れるほど大きな神社がこの辺には無いことから)でしょうか?いずれにしても、一般の方には関係のないことでしたね^^;。

今日はこれから、長野にあります神社庁へ「協議員会」に行ってきます。さて、着替え着替え…。。。

とんちんかん♪

2007 - 07/24 [Tue] - 07:56

先日、名古屋から友人が来ました。ご主人はお酒が好きということで、駒ヶ根の街へ出ようと思いましたが、なにせ子供連れ…。どこにしようかな?と思いましたが、「とんちんかん」へ行ってきました。

「とんちんかん」はお好み焼きやさんです。神戸出身チャキチャキの関西人のママが焼いてくれるお好み焼きは最高です。何種類もありますので、後はお好みで♪

私のおすすめは、もちろんお好み焼きの中でも好きなものはありますが、今回の美味しんブログでは「ちぢみ」です。ポン酢に七味をかけていただくちぢみは最高です。
20070724074858.jpg
こちらも、私が予約させていただくと、日本酒を冷やしてくれて待っていてくれます♪嬉しいですね♪もちろん「信濃鶴」。帰ってからも鶴で一献、かなりやっちゃいました(汗

今日から2泊3日で、研修会に行って来ます。何の研修?
今度は「祭式」の研修です。祭式とは、お祭の作法・行法です。我々は神主のプロではありますが、この「祭式」は解っているつもりでも、一年に一回は繰り返し頭で学習しないと、結構忘れていることもあったりします。
「進下退上起下座上、進左退右起右座左」
何だと思いますか?
これは、進む時に先出す足、立つときに先立てる足などを指しています。これが、神様に対して真ん中の時、左の時、右の時、横向いているとき、すべて違ってくるんです。何気なく行っているようでも、結構複雑なんですよ (*^_^*)

この間、更新は出来ないと思いますが、何かあったら携帯からアップしてみます♪

中越沖地震ボランティア速報!

2007 - 07/23 [Mon] - 09:57

「とにかく人手が足りません!」
こんなタイトルのブログを拝見しました。タッキー先輩ブロ友(バードさん)が過日の中越沖地震の復興支援ボランティアにいっているのですが、その彼のブログです。コピペOKということですので、こちらで概略を紹介させていただきます。

現在新潟県では、県外からのボランティアを募集していません。しかしながら、とても県内の人員で修められるような状況ではないようです。全国防災支援ネットワーク会議からなら、現地社会福祉協議会の指揮下へボランティアを派遣することができます。
(中略)
繰り返しになりますが、人手が足りません。全防災では引き続き、ボランティア参加希望者を募集しております。希望される方は bird@ten-ryu.net までメールにてお知らせください。ボランティア申込書をメールに添付して送らせていただきますので、必要事項を記入後、ご返信願います。あなたの志、熱意を現地の方々のために役立たせてください。全防災では、現地での宿泊場所も確保しております。独自の義援金や支援物資によって、安心して現地で活動していただけるように勤めています。われこそはと思われる方、ぜひ全防災の許でボランティアにご参加ください。

また、一般の義援金では現地で活動するボランティアメンバーを支えることができません。また、緊急に必要な物を調達するための費用に充当することもできません。そこで全防災では、独自の災害支援義援金を受け付けております。

振込先はこちらから確認ください。http://www.ten-ryu.net/zbn1.htm


ということです。
個人はもちろん、所属団体などに働きかけていただける方は、積極的なる御支援をお願いできればと思います。なかなか体が空かない方、各方面で義援金のお願いがあると思いますが、こちらは現地からの声で間違いありません。ご協力をお願い致します。勝手に動くと現地にかえって混乱を招いてしまうのでは?と思いがちですが、現地は本当に急を要しているようです。私もなかなか行くことは出来ませんが、バードさんのご活躍と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

上伊那神社大会♪

2007 - 07/22 [Sun] - 18:12

21日、辰野町町民会館におきまして、「第62回 上伊那神社大会」が開催されました。
20070722175029.jpg
上伊那神社大会は、上伊那の神主と神社総代合同の総会で、上伊那4ブロック交替制で毎年開催されています。今年は北部の当番、前回箕輪で開催したため、今年は辰野で8年ぶりの開催となり、400名を超える上伊那の神社関係者が一堂に会し、大会が行われました。

当大会では、各地の神社に対し清掃奉仕やご寄付をいただいた方を表彰し、5年以上勤続いただいた総代様に感謝状を贈呈、大会宣言の朗読にご来賓各位からのご挨拶を頂戴する式典を行い、引き続いて地元に縁のある講演をいただき、また地元から清興(アトラクション)を行っていただきます。

今年は、先日のブログで「広島県呉市の大和ミュージアム」に行ってきたお話しをしましたが、戦艦大和の艦長を務められた有賀幸作氏が辰野町出身ということから、「戦艦大和の知られざる碑」と題し、長田先生にご講演をいただきました。辰野町法性神社に大和の描かれている記念碑が建っているそうです。恥ずかしながら私も、つい最近まで戦艦大和の艦長さんが辰野町出身だということを知らなかったわけですが、長田先生のご講演により、より身近な隣の家のお爺ちゃんが英雄であったかのような錯覚を覚えるほど親しくご講演いただきました。

清興には、宝生流師範の大森先生によります「能楽舞囃子『三輪』」を見させていただきました。能を見たのは初めてで、訳も解らないままではありますが、20分間大森先生の能に見入ってしまいました。

朝、当日の挨拶を考えているうちに携帯を忘れていってしまったため(汗、写真がありませんが、挨拶も無事(たぶん…笑)終わり、大成功の内に盛大に神社大会を行うことが出来ました。関係の皆様、ありがとうございました♪

長野諏訪会総会行われる♪

2007 - 07/21 [Sat] - 15:45

20日、諏訪大社下社におきまして、全国諏訪神社連合会長野県支部(通称「長野諏訪会」)「第8回総会」が行われました。長野諏訪会は、長野県内にある諏訪大神様(建御名方大神様)を御祭神とした神社の連合会です。
20070721152153.jpg
大宮五十鈴神社にも、諏訪の大神様がお祀りされています。私の受持神社の内、8つのお社が、諏訪の大神様を御祭神としお祀りしています。

では、日本全国、諏訪の大神様をお祀りされている神社は何社くらい有るかご存知でしょうか?
全国の8,000社以上のお宮に、諏訪の大神様がお祀りされているそうです。長野県内には、約1,000社、諏訪の大神様をお祀りされている神社があります。
1,000社!!!(@@;…との驚きもありますが、もっと驚くことに、長野県外に7,000社余り諏訪の大神様がお祀りされている神社があることが驚きでした。

今総会にあわせ、下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館の宮坂館長様によります「信玄のイメージと伝説」と題した講演をいただきました。今、諏訪の地は元より、長野県内、NHK大河ドラマ『武田信玄』の影響を受けて大いに賑わっております。ご講演の中では、南北に長い長野県、南と北とでは「信玄」に対するイメージが違うというお話しがありました。
20070721154026.jpg
諏訪の地は、武田信玄に侵略されたといった過去があります。しかしながら、諏訪の民は信玄に好意的なイメージを持っています。でも、信玄と(上杉)謙信が合戦を行った北信へ行くと、信玄のイメージはとても悪く、信玄を嫌う人が多いのです。

昔の話しですので、何が正しいかは解りませんが、土地を鎮め国を治めることを信条に諏訪へ攻め入り、また神仏を非常に大切にして過去を調べ神事を復興させたりした信玄に対し、謙信は信玄の悪口を言って歩いたのが原因の一つではないかといったお話しでした。(子供の喧嘩みたいですが…笑)また、江戸時代、歌舞伎等で英雄としてかなりの数上演された信玄、その人気が今でも続いているのでは…といったお話しがありました。

残念ながら、私はNHK大河ドラマを見ていないので(は言い訳ですね…汗。信玄のことを勉強していませんので)信玄のイメージ!と言われてもスッとは出てきませんが、県外の方、是非今が旬の長野県へお出掛けの際は、諏訪大社へご参拝下さい♪

カー用品店とピザ屋さん♪

2007 - 07/20 [Fri] - 09:32

19日のお祭を紹介します。
伊南バイパス、EIDENの南側で、「オートアールズ駒ヶ根バイパス店」の地鎮祭がありました。
20070720091625.jpg
㈱オートアールズさんは、カー用品販売店。ここら辺で言えば、伊那市にあります「イエローハットさん」や「オートバックスさん」のようなお店です。全国で45店舗、県内に6店舗目ということだそうでして、ベイシアグループの会社です。ベイシアグループといえば、「カインズホームさん」や「ワークマンさん」が同じグループですね。

そしてもう一つ、広域農道パチンコチャンピオンとヤマト運輸の間の道を東へ降りたところで、「ピッツェリア・ホリウチ」の地鎮祭がありました。
20070720092140.jpg
店主の堀内さんは、最近まで山口県でピザ屋さんにお務めされており、この度、奥さんのご実家がある駒ヶ根市に移転、住居兼店舗を新築されます。

両店とも、当市内では競合することなく、市民また近隣住民の皆様に喜んでもらえる店舗だと思います。今まで私も、カー用品店さんがこの町にあったらなと思っていました。伊那まで行くには、ちょっと遠いですもんね。そして、チーズ好きの私はピザも大好きです。(但し、オニオン抜きで…笑)両店共に、10~11月の完成、開店を目指してこれから建設が進んでいくと思います。先日のトヨセットさんなど企業誘致が進んでいる我が町ですが、両店のご繁栄と、駒ヶ根市の発展を心よりご祈念申し上げます♪

映画『氷雪の門』

2007 - 07/19 [Thu] - 09:40

先日のブログでお話ししました、今靖国神社にて期間限定で上映中の映画『氷雪の門』についてお話しさせていただきます。

「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」
これは、北海道稚内市にあります稚内公園内に、「氷雪の門」と呼ばれる女人像の傍らに書かれている言葉です。
20070719092128.jpg
(稚内市役所ホームページより)
映画『氷雪の門』は、1974年に、大東亜戦争(第二次世界大戦)末の樺太(サハリン)を舞台に、ソ連の進攻作戦の真只中で、最後まで通信連絡を取り続けて若い生命を投げうった、真岡郵便局電話交換手の九人の乙女を通して、戦争への怒りを描いたものです。
20070719092134.jpg
(著作権を靖国神社が取得される前に撮影したものです…だから良いというわけではないでしょうけれど…苦笑)

1945年夏、樺太西海岸にあります真岡町。大東亜戦争は既に終末を迎えようとし、報道機関は刻々と迫る終焉を報じていた状況の中で、戦禍を浴びない樺太の人々、また本土から疎開した日本人は、緊張の中にも平和な日々を送っていました。そんな中、真岡郵便局の交換嬢(電話交換嬢)たちは、交替で任務についていました。

8月6日、広島に原爆が投下された数日後、ソ連は日ソ中立条約を無視し突如参戦、日本への進撃を開始しました(当時の樺太は、北がソ連領、南が日本領となっていました)。怒涛の如く戦車を先頭に南下するソ連軍は、次々と町を占領し、戦禍に追われた日本人は、長蛇の列をなして真岡の町をめざしました。交換嬢たちは、刻々と迫るソ連軍の進撃と、急を告げる人々、軍司令部からの電話における緊迫した会話を、胸の張り裂ける思いで繋いでいました。

8月15日、全く突然に終戦の報が知らせられました。やがて、樺太全土に婦女子の強制疎開命令が出されました。しかし、9人の交換嬢たちは引揚げもせず、交換手として職務を遂行しようと互いに励ましあい、責任を果たそうと心に誓ったのでした。

島のあちらこちらには降参を示す白い布が掲げられ、軍司令部からはソ連の攻撃に対し反撃をしてはならないと指令が出ているにもかかわらず、ソ連の進攻はやみませんでした。むしろ、その攻撃は激しさが加わり、8月20日、突如、真岡の町の沿岸にソ連艦隊が現われ、艦砲射撃が開始されました。

やがてソ連軍は上陸を開始、ソ連兵は容赦なく一般人へ銃口を向け、町は銃の乱射によって様相を変えました。この時、交換嬢たちはまだ局にいました。未だ鳴りやまない緊急を告げる電話の回線に、避難を続ける町の人々へ避難経路を告げていました。じりじりと迫るソ連兵。

町は艦砲射撃により大破、爆撃に途切れゆく電話回線の中に、最後に残った一本の電話回戦から、隣村局長の「職場を捨てるように!」との声が聞こえました。その局長への答え、それが「氷雪の門」に書かれている碑文「みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら」です。交換嬢達は、ポケットに潜め持っていた青酸カリの瓶を出し、最後まで電話交換嬢としてプレスを耳にかけたまま、ソ連兵に殺されるくらいなら…と服毒しました。

この映画は、昭和48年頃に製作されたのですが、上映直前にソ連から横槍が入り、上映中止に追い込まれ、一般国民にとっては「幻の映画」となってしまっていたものでした。心ある人々の手で細々と上映されて(以前、2回ほど見たことがあります)いましたが、この度靖国神社で期間限定により放映されています。

なぜソ連から横槍が入ったか。上映中止になってしまったのか…。映画を見ていただければ分かりますが、東京裁判に同じく、「敗戦国に国際法など関係ない」とばかりに国際法を無視し、戦争終結にも関わらず日本領土を侵略したソ連の様が鮮明に映し出されているからでしょう。

靖国神社を参拝し遊就館を拝観、こういった映画を鑑賞するにつけ、今の平和な日本があるのは、過去の戦争で「国のため、家族のため、子孫のため」にと散華された英霊のお陰であり、その御霊に手を併せることは極々自然であり、一国の総理大臣が現在を生きる国民の代表として、感謝の誠を捧げることに寸分の間違いもないと思います。しかし、こういうことを言うと「過去の歴史を賛美し、戦争を美化しているに過ぎない」などといった意見が横行する現代。戦争がいけないことは当たり前のこと。まずは事実を知ることをしないと、戦後の洗脳教育は解かれないままだと思います。(ちょっと難しくなってしまいましたでしょうか?)

メールと龍笛に関して♪(お尋ね)

2007 - 07/18 [Wed] - 11:02

昨日まで、東京へ出掛けていました。(靖国神社のご報告は又改めて)
パソコンを開き、早速メールチェック。456件の受信メール。@@;
たったの2日間でこの件数は異常としか言えません。
皆さんにもきっと、迷惑メールが来ることがあると思います。
どういった対策をされているかお聞きしたいと思い、書かせていただいております。ご意見、対策をコメントまたはメールいただければ幸いに存じます。

私は、アウトルックを使っています。「ツール」「メッセージルール」「メール」で、件名や本文に、迷惑メールにありがちな言葉を指定し、削除フォルダに移動するという対策をしていますが、きりがありません。また、大事なメールもそちらへ移動してしまうこともあったりします。(>_<)

迷惑メールが増えたのはいつの頃からでしょうか。たぶん、迷惑メールの宛先が「isuzu@jinja.jp」になっていることが多いことから、ある団体名簿にメールアドレスを載せているからではないかと推測しています。yahooなどのメーリングリストかなとも思ったこともありますが、jinja.jpは転送アドレスですので、メーリングリストでは私からも投稿できるように通常のアドレスで登録しています。

パソコンでは、この対策で456件より46件に絞ってくれますのでまだ良いのですが、私はパソコンの前にいないことが多いので、来たメールすべてを携帯に転送する設定にしています。年がら年中私の携帯は、「Eメールだよ!」(←私のメール着信音です…笑)が鳴っています。どうにかならないものでしょうか?それでも携帯ではyahooメールを受信拒否しただけでかなり少なくなりましたけれど…。

ついでといってはなんですが、先々月「龍笛」(雅楽で吹く笛)を新しく購入しました。その吹く口元に漆が塗られているのですが、吹く度に痒くなってしまいます(泣。皮膚が弱いせいもあるとは思いますが、同じ悩みを持っている人、悩みを解決された人、教えて下さい・・・かなり深刻です。今も、一昨日吹いたために、口の周りが痒くて痒くてたまりません。

今日は、2つのお尋ね記事でした。。。

靖国神社「みたままつり」参拝♪

2007 - 07/16 [Mon] - 18:53

200707161853002
20070716185300
東京からの携帯投稿です♪
長野県神道青年会では、毎年の靖国神社「みたままつり」(7月13~16日)に合わせ、靖国神社に参拝しています。

毎年、初日に参拝しているのですが、今年は初日が週末でしたので、最終日に参拝しています。
台風一過で東京の空も綺麗に青空に覆われていました。こんな綺麗な東京の空を見たのは初めてです。

遊就館(戦史博物館とでもいいましょうか)で、期間限定放映中の『氷雪の門』を観てからの参拝は、また一段と感慨深いものがありました。
携帯からはお伝えできることが限られてしまいますので、また改めてお話しさせていただきます。

今朝、新潟と長野にかけて、大きな地震がありました。私はすでにその時は県外にいたのですが、駒ヶ根市は長野県でも南の方に位置しておりますので、幸いにも地震の影響はなかったようです。ご心配メール、ご心配コメントいただきました皆様ありがとうございました。
また、地震災害に逢われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。m(_ _)m

イカの沖漬けを…♪

2007 - 07/15 [Sun] - 17:52

今日は久しぶりに青空を見ました。久しぶりだったせいか、空ってこんなに青くて綺麗だったかな~?って思うほどに青く澄んだ空でした。台風4号が太平洋側にそれ、お陰様に当地では大きな被害もなくホッとしております。伊那谷っていうところは、南アルプスと中央アルプスに挟まれ、台風の被害にあまり遭わないところです。ひとたびその山間を通過する事があると、被害は大きなものになってしまいますが、大抵は山に添って逸れていくか、山にぶつかって威力を弱めるかしてくれます。これまた大自然に感謝ですね。

さて、昨晩は、久々に町で飲みました。駒ヶ根JCの会員拡大(メンバーの勧誘)が愈々本格的に始まりました。昨年は委員長を仰せつかっておりましたので、毎晩のように飲み歩いて…いや、拡大に歩いていたことを思い出します。昨晩は某店の店長I君を招いて、拡大委員会のO君と「桂」で酒席を設けました。ここで拡大の話しはやめておきます。なんてったってカテゴリーが「美味しんブログ」ですから(笑。

駒ヶ根市銀座通りにある「桂」さんへ行くと、私は必ず頼むものがあります。
それは、イカの沖漬けです。
ただの沖漬けでなく、いつもこの沖漬けを焼いていただきます。
生が駄目っていうわけではありませんが、少し焼いていただくとイカ独特の旨味が出て日本酒に良く合うんです。
以前の美味しんブログもイカでしたね^^;。鶴にはイカが合うのでしょうか?鶴には亀?いかん…どっかのブログみたいになってきたぞ(笑
一度試してみてください♪
20070715172829.jpg
いつも私の無理なお願いを聞いてくれる女将さん、ありがとうございます♪
ん~…、写真を見ただけでもよだれが出てきます。。。v

絵心(絵手紙より)♪

2007 - 07/14 [Sat] - 09:18

12日、長野県神社庁上伊那支部第8回祭祀研修会(全9回)が開催されました。今回は「絵手紙」を習いましょう!ということで、さすがに支部内には講師を出来る方が居ませんでしたので、外部より講師(有賀先生)をお招きし、開催致しました。

最近、「絵手紙」って結構流行っていますね~。ネットで絵手紙を検索すると、かなりの数が出てきます。絵手紙とは、そのままですが、絵のある手紙です。手紙ですから、切手を貼って出さなければ意味がありません。絵手紙は、下書きはしません。見たままを書いて、色を塗って、言葉を添えて出す。だから、失敗はないのです。ない…といっても、失敗が許されない、と言うわけではなく、失敗がまた味のある作品に仕上がるのです。

用意するものは、墨(墨汁可)・絵の具・パレット・水・筆・割り箸・爪楊枝・画仙紙(葉書)・拭い紙(ティッシュ)です。墨を薄めたもので、輪郭を書きます。輪郭は、割り箸で書くと味が出ます。細かい絵は爪楊枝で書きます。そこに、今度は絵の具で色を付けます。薄い色からつけていき、だんだん濃い色を重ねていきます。色をつけるのは、絵の6割が良いと言われました。色をつけ終わったら、言葉を添えます。どんな言葉でも良いのです。絵に関係したもの、全く関係しないもの、手紙を出す相手へのメッセージ…etc。綺麗な字より、歪なモノで書いて、いびつな方が味が出たりします。

絵の下手な人は字で、字の下手な人は言葉で、3つの内どれかくらいは得意なものがあるはず…とは講師先生の言葉でした。私も2枚書いてみました。
20070714090837.jpg
書いてみると楽しいですね。
20070714090844.jpg
あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。

今回の研修は「絵手紙」と言うことで、祭祀研修会という名前にふさわしくなかったかも知れません。ですが、なぜ「絵手紙」をと思ったかというと、蔵を整理していたときに、亡くなったお爺さんの本と一緒に、昔の神主さん等が書いた絵が出てきました。昔の方達は、神社のお祭の前の日はその神社に泊まって参籠をしました。昔のことですから、今のように娯楽はありません。きっと、集まっては絵を描いて句を詠んで、それを記していたのでしょう。今は、時代に追われ、そんな風流な趣味を持っている神主さんが少ない中、このくらいの余裕を持って、毎日ご奉仕できたら…ということでの開催でした。今回限りの「絵手紙」ではなく、是非続けていきたいと思いました♪

梅雨真っ盛り♪

2007 - 07/13 [Fri] - 02:05

いや~、今日も雨がよく降りましたねぇ。

朝10:30、駒ヶ根建設産業㈱さま新社屋の完成に伴い、開所清祓式が執り行われました。
20070713015303.jpg
駒ヶ根市内の建設会社さん方が役員で名前を列ねていました。大きな災害が起きたときの対処や、災害が起きそうな箇所の点検結果を報告したり、建設関係の資格講習などで使われるそうです。
20070713015316.jpg
引き続いて行われた地鎮祭。朝家を出るときは降っていなかった雨でしたが、降りが本格的になってしまいました。迂闊にも雨の仕度はしておらず、長靴も傘もありません。お陰様に施工業者さんがテントを張ってくれてあったので助かったのですが、袴も装束もビショビショです(泣
20070713020040.jpg
地鎮祭には、雨は縁起が良いとされています。「雨降って地固まる」。昨年、当上伊那でも雨による大きな土砂災害が起きてしまいました。幸いにも、当駒ヶ根地方では死傷者が出るほどの大きな被害は無かったわけではありますが、大雨が降ると天竜川の氾濫や、鉄砲水、土砂崩れを心配してしまいます。お目出度い雨ならいくらでも良いのですが…。

今年の梅雨明けは、平年並と昼間のニュースで言っていました。若干入りが遅かったのですが、例年並みに明けて暮れるそうです。いよいよ夏がやってきますね♪

神道のお葬式

2007 - 07/12 [Thu] - 17:30

昨日、無事広島への3日間の旅行(下見)より帰って参りました。
その間、ちょこちょこと携帯から報告させていただきましたが、お付き合いをいただきました皆様、ありがとうございました。また、途中でもお詫び申し上げましたが、RSS登録していただいている方、うるさくて申し訳ありませんでした。ペコリ(o_ _)o))

さて、早速にこの3日間の詳細をまとめてご報告をしたかったわけではありますが、最終日(昨日)の帰り道、電話が入り…「○○さんのお爺さんがお亡くなりになり、葬儀の打ち合わせをさせていただきたいのですが…」。お葬式が入ってしまいました。…と言いますと、神道(神社)でもお葬式をされるのですか?と言われる方がいますが、神道でもお葬式をします。神葬祭といいます。

無理もないですね。当地駒ヶ根では9割9分がお寺さんでのご葬儀です。しかし、仏教が日本に伝わる前はどうしていたのでしょうか?よくお話しさせていただくように、昔ながらの日本人の心が神道です。仏教が伝わる前の日本人の心に則って行われているのが、神葬祭です。神葬祭につきましても、書かなければいけないですね…。でも、申し訳ありませんがここでは書いていられません(汗。

これから通夜祭にお邪魔して、明日は御葬儀です。通夜祭の席で故人のことをいろいろお聞きして、それから祝詞を作ります。墨をすって祝詞を書きます。墓標や霊璽(仏教でいう位牌になるのでしょうか)も書きます。紙垂(紙飾り)も沢山切ります。寝られないかもしれません…。駒ヶ根では9割9分が仏式だけに、私も慣れない神葬祭が入ると必要以上に緊張します。(慣れたくはありませんが…)
全身全霊を籠めて、故人の御事をひたすらに想いお務めをさせていただきます。今日のお祖父様は数えの100歳です。ご家族はオヒネリをも準備しているそうです。100歳まで天寿を全うすればお祝いだそうです。しかしながら、50歳でも100歳でも、ご家族にとってみると、1日でも1時間でも長生きしてもらいたいものです。御霊安かれと、お祈り申し上げます。

落ち着いたら、広島の報告とお葬式についても書かせていただきますので、お詫びまで。。。

岡山後楽園♪

2007 - 07/11 [Wed] - 11:34

200707111134312
20070711113431
20070711113430
最終日は、お土産を買って後楽園を見学して一路伊那谷へ帰ります。
後楽園は特別名勝、日本三名園のひとつ。能舞台や茶室・祠には、歴代藩主の思いが込められています。

雨が上がった直後ということもあって、緑がとても綺麗でした♪

お昼を食べて、帰ります♪

鷲羽山展望台♪

2007 - 07/11 [Wed] - 09:39

20070711093944
おはようございます♪
旅行最終日です。
旅館を出て、真っ先に行くのがお土産屋さんです。でも、バス8台が一度に押し寄せたらパニックになってしまいますので、バラケさせるために半分を「展望台」に行ってもらおうと下見です。
瀬戸大橋が綺麗に見えますが、階段をかなり歩きますから、お年寄りにはキツイでしょうか?(>_<)

倉敷 鷲羽山♪

2007 - 07/10 [Tue] - 18:41

200707101841282
20070710184128
20070710184127
2泊目は分宿です。総員300人ですが、バスごとの宴会を希望していますので宴会場所の確保のための分宿です。
鷲羽山下電ホテルと備前屋甲子の2ホテルを下見しました。宴会場所が確保できるか、お風呂は狭くないか、部屋は定員にみあった広さか…などなど。

海沿いですから景色は抜群♪全室オーシャンビュー、瀬戸大橋が目の前で晴れていれば綺麗な夕陽が望めます♪

今日は1日雨降り。長野と違って湿気が多くジメジメ…。汗ビッチョ。温泉入って明日に備えます♪

広島平和記念資料館

2007 - 07/10 [Tue] - 14:44

200707101444592
20070710144459
厳島神社も世界遺産に登録されていますが、こちらはあまり誇れないというか嬉しくないというか…の世界遺産、原爆ドームです。

当資料館は、戦争・被爆の史実を展示、紹介しています。携帯からは多くは語れませんが、沢山の修学旅行生が訪れていました。戦争や原爆投下が繰り返されてはいけないことはもちろんですが、正しい教育がなされることを切に願いながら、一路2日目の宿 鷲羽山へ車を走らせます♪

厳島神社♪

2007 - 07/10 [Tue] - 11:46

200707101146214
200707101146212
20070710114621
宮島初上陸~♪
って喜んでばかりいられません。打ち合わせ打ち合わせ…

権宮司さんが終始対応してくれました。なにせこれから募集するのですから参加人数が分かりません。約300名…が目標…という曖昧な中にもご丁寧に快くご対応いただき感謝♪

詳しくは帰ってからの報告になりますが、本番では叶わない大鳥居脇まで行くことができました。
本番での舞楽の奉納、参拝順路等の打ち合わせを終え、本土に帰ります♪

宮島に向けて♪

2007 - 07/10 [Tue] - 08:41

200707100841072
20070710084107
おはようございます♪
今日はいよいよ宮島、厳島神社にお参りです。
私も宮島初上陸ですので、とても楽しみです♪

大和ミュージアム♪

2007 - 07/09 [Mon] - 17:31

200707091731344
200707091731342
20070709173134
当時、史上最強と言われ、日本の持てる技術全てを注ぎ込んで造られたといわれる戦艦「大和」。
第5代鑑長は長野県辰野町出身の有賀幸作氏。
就任時「大和鑑長拝命す。死に場所を得て男子の本懐これに勝るものなし」と書き送り、沖縄特効作戦で大和と運命をともにされました。
帰ったら映画『男たちの大和』見てみたいです。

広島には、原爆を投下された忘れがたい事実があります。しかしながら、その後の経済再建、造船などによる科学・技術の発展、素晴らしい力を持っています。

てつのくじら館♪

2007 - 07/09 [Mon] - 16:51

20070709165103
200707091651024
200707091651022
20070709165102
岡山から更に車を走らせ、広島の呉に寄り、海上自衛隊呉資料館「てつのくじら館」を拝観しました。退役潜水艦「あきしお」の展示、圧巻です♪

1日目昼食~♪

2007 - 07/09 [Mon] - 13:19

20070709131918
RSS登録いただいてる皆さん、ごめんなさい…。新着10件、私のブログ…になっちゃったりして(>_<)
この3日間はお許しください。m(_ _)m
明日は二日酔いで送れないかも?(爆)

1日目の昼食は、最上稲荷の参道にあります「ときわや」さん。
最上稲荷は日本三大稲荷のひとつ。ですけど、こちらは調べていただければ解るようにお寺さん。お寺さんへもお参りする当旅行ですが、今旅行はせっかく中国地方まで来ますので他を見学させていただく計画をたてています。
吉備団子買ってこ♪

吉備津神社♪

2007 - 07/09 [Mon] - 12:11

200707091211366
200707091211364
200707091211362
20070709121136
吉備津神社にお参りさせていただいています♪
残念!20年まで国宝の本殿と拝殿が修復工事中でした。でも長い長い立派な回廊、その途中に紫陽花園があり、とても綺麗でしたよ~♪

御釜殿鳴動神事のご説明もいただきました。
職員さん皆とても親切にご対応いただき、当日は一般参拝にもかかわらず、ご案内を付けていただけるそうです。感謝感謝♪

吉備津彦神社♪

2007 - 07/09 [Mon] - 11:19

200707091119384
200707091119382
20070709111938
朝5時半駒ヶ根出発。5時間で岡山到着。バスだったらもっとかかるんだろうな~(>_<)

吉備津神社の前に本番のコースにない吉備津彦神社に参拝。日本一の燈籠がありましたよ~。高さ11メートルですって♪

吉備津彦神社さんは備前国一の宮、吉備津神社さんは備中国一の宮、こんなに近いのに国が違うんですね…。一度に二社一の宮をお参りさせてもらいました(^_^)v

インターネットの可能性♪

2007 - 07/08 [Sun] - 19:23

なんていう仰々しいタイトルを付けましたが、大したことはありません…笑。ようやくではありますが、ちょこちょことホームページの更新に取り掛かっています。ホームページを開設したのが平成12年ですから、今から7年前になります。三国煙火や獅子練りなどの例祭ページを充実することで、全国から煙火ファンが来てくれたり、掲示板に即対応することで、地元を始め遠くからも神道についての質問が来たりと結構活発でした。
しかしながら、パソコンを新しくすることで上手くプロバイダ?サーバー?と接続が出来なくなり、データもどこかに入り込んでしまったりとドタバタしている内に、やれ神青会やれJCやれ支部事務局だと追われ、更新がストップしていました。(我ながら、凄い言い訳の数々ですね…汗)

ある人にブログを勧められて2ヶ月間、なんとか続けることが出来ました。新しい交流によって、新しいお友達も出来ました。その方々からのアドバイスで、ネットを通じた新しい可能性も見えてきました。とは言え、相変わらずの機械(ネット?)音痴ですのでどこまで出来るかわかりませんが、神社界の活性化のため、神道への理解を深めるため、いろいろと取り組むだけやってみようと思っています。

でも、ブログだけでは知れています。そのためには何とかホームページを…、とちょこちょこまずはトップページをいじり始めました。始めました…ですから、まだまだこれからです。こんなページを作りたいな~ということでボタンだけ作りましたが、内容は無いよう~(え?サブ!スンマセン。

とりあえず、ホームページへ来てくれた人がブログに飛んでくれるような仕組みを作りました。これから情報満載のページにすれば、ブログを読んでくれる方も増えるかも知れません。ブログから、知りたい情報を見るためにホームページへ飛びたくなるような内容にすれば一石二鳥です。そのためには、どちらも充実していかなければならないのですけどね。広島への道中、考えながらも事故しないようにイメージトレーニングしてきます♪

それと、メインロゴから、神社を見ていただくように設定しました。本当は、写真1枚1枚に解説文を入れたかったのですが、まだ思うようにはいきません…(苦笑。新旧拝殿、拝殿がなかった年の貴重な二年詣り本殿写真。最後に明治に撮った写真…なんとか解説を~。
動画もテストとして入れてみました。五十鈴神社の名物『三国煙火』とは何ぞや!という方、ポチッと見てみて下さい♪

これから頑張ります!!こうご期待♪(あぁ…、そうは言っても素人がゆっくりやることですから、その都度更新状況は報告させていただきます。。。

氏子参拝旅行のご案内♪

2007 - 07/08 [Sun] - 11:16

長野県神社総代会上伊那支会では、毎年「氏子参拝旅行」を行っています。この「氏子参拝旅行」は、上伊那支会が企画し、総代さんだけでなく氏子の皆さんを対象として募集をし、全国各地の神社参拝をしています。

過去6年の旅行は、
平成13年10月「立山黒部アルペンルートと白山比神社参拝の旅」と題して白山比神社・兼六園他を、
平成14年10月「相模國一之宮『寒川神社』参拝と鎌倉散策の旅」と題して寒川神社・鶴ヶ岡八幡宮他
平成15年9月「出雲大社・玉造温泉から瀬戸内、倉敷・鷲羽山の旅」と題して出雲大社・姫路城他
平成16年10月「三峯神社から日光東照宮・秋の鬼怒川温泉の旅」三峯・秩父・日光・いろは坂他
平成17年10月「世界遺産・聖地の旅、熊野三山・高野山めぐりの旅」熊野本宮・那智・速玉大社他
平成18年10月・11月の2行程で「秋の京都御所参観と下鴨神社・北野天満宮散策の旅」と題して京都御所・下鴨神社・北野天満宮・平安神宮他
を旅しております。

6年前くらいより、順調に人が集まるようになり、240人・バス6台。出雲大社参拝より300人・バス8台がほぼ定着してきたことから、1年おきに2泊・1泊の旅行を繰り返すようになりました。

当旅行の目玉というか、多くの皆さんが参加してくれる理由の1つは、神社の普段のお参りでは入れないところまで入れていただいてのお参りや、宮司さんや神社の方の説明があり、舞を必ず奉納していることでしょうか?参加した氏子の皆さんは大変喜んでいただき、また次回も!と言って参加していただけます。

バス8台?!というと、バスが連なって移動するというイメージがあるかも知れませんが、我々は極力休憩場所(サービスエリア)をばらけさせ、ルートを変えたりと、同じ旅行同士で混み合わせるようなことはしませんし、そのバス内のお客さん達で話し合いが出来れば、独自の神社参拝や見学を出来るようにしています。
究極なのは、泊まるホテルも分宿。もちろん小さな温泉地では叶わないこともありますが、ホテルを分けて、バス毎の宴会が可能なように設営しています。昔は240人の宴会もしたことがありますが、カラオケは回ってこないし(私だけの意見じゃないですよ…笑)、トイレが混んだり、料理が遅かったり…。と、反省を生かしながらより良い旅行を企画しています。

そして今年は「安芸の宮島」厳島神社参拝旅行を企画しました。
期日は、平成19年10月15日~17日(月~水)です。
旅行金額は、お一人43,000円(宮島と岡山2泊7食付き、玉串料込)
20070708093101.jpg
(どこかのホームページから…謝)
国宝厳島神社と吉備津神社を参拝し、厳島神社では舞楽の奉納を致します。神社関係者だけでなく、氏子の皆様対象ですので、どなたでも参加可能です。ご家族ご親戚お友達お誘い合わせの上、ご参加下さい。

というわけで、明日から下見に行ってきます。先方神社さんとの打ち合わせ、旅館や食事場所との詳細打ち合わせです。対象は氏子さん全員ですが、(大きい声では言えませんが、そうは言っても)参加者は平均年齢70歳近いです…(汗。バス8台がスムーズに行き交いできるよう、細部にわたっての下見が必要になります。(もちろん実費自己負担です…泣)お友達のブログが見られないのは淋しいですが、帰ってきてドバ!っと見ます。3日間は現地よりのレポートです(前にも言いましたが車に酔うため、短文で失礼します)が、宜しかったらご覧下さい♪

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード