FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2007年09月03日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地を鎮めるお祭り「地鎮祭」♪

2007 - 09/03 [Mon] - 14:47

それでは地鎮祭のお話しです。1日、朝早くから地鎮祭がありました。
20070903144352.jpg
信州は、8月の末に数日雨が続き、久方ぶりの晴れ間といった感じでした。お盆過ぎに一気に涼しくなり、吹く風は早くも秋、日陰に入れば容易に暑さをしのげる気候になったと思いきや、一雨毎に寒ささえ感じる秋模様となりました。しかし、今日はまた暑いですね(汗。28(にっぱち)とは、水商売の方がよく言う暇な時期ですが、神主も負けじとこの月は暇ですねぇ(苦笑。いよいよ8月も明け、気候的にもお祭に最適な時期となりました。

大抵のお家では、家を建てるときに「地鎮祭」をされたかと思います。産土大神(うぶすなのおおかみ)様、大地主(おおとこぬし)大神様、工事・工匠をお守りいただいている神様をお迎えし、土地に感謝、またこれから住むについてお守りいただくお願い、そして工事の安全をお祈りします。

ある地鎮祭で、お婆さんが言いました。
「昔から、土地の中で、庭をいじったり、家を建てたりするときは、神様の頭の上をいじるのだから、お祓いをしなければいけないと親からよく言われたものです。」…と。

日本の国は、どんなところに行っても、その土地はどこかの神社の氏子区域になります。その土地の神社を「産土大神」様と言いますが、その土地はその産土神社の神様によってお守りいただいています。また、土地・土・国土の神様であります大地主大神様をお招きするのは、その土地が以前どのように使われていたのか分かりませんが、池だったかも知れないし、畑だったかも知れないし、田んぼだったかも知れない。以前は、それぞれの用途に使われ、そこにはそれぞれの神様がお宿りいただいていました。それぞれの神様にも感謝申し上げ、これからの用途をお告げ申し上げ、今後もお守りいただくようお願いをするのです。工事の神様として、手置帆負(たおきほおい)大神様・彦狭知(ひこさしり)大神様は、工事工作作業の神様、屋船二柱(やふねふたはしら)大神様は建物・箱物の神様、をお招きし工事の安全と、家の安全、家族の安全をお祈り致します。

これから、いろんなお祭りを紹介していきたいと思いますが、長い人生の中で、1度は経験されるお祭の1つが「地鎮祭」でしょうか♪

今日の夜、五十鈴神社の年番耕地であります上穂町の祭典青年団より、「子供部の練習に先立って子供たちに、神社のことお祭りのことをお話ししていただきたい。」ということで、お話しをしに行って参ります。ここ数日のブログに書かせていただきましたことをお話しするようになろうかと思いますが、私から発信することがブログくらいしかないですから、こういった機会は嬉しいですね(緊張しますが)。質疑応答の時間はあるのでしょうか?子供さん達の質問は怖いですよ~(汗。夏休みの自由研究や、学級新聞の取材等々でよくお子さんが来られますけれど、突拍子のない質問が来ますからね。例えば…
お坊さんと神主さんはどう違うんですか?。。。(ウッ

スポンサーサイト

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。