日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年02月  

閏年(うるうどし)♪

2008 - 02/29 [Fri] - 12:13

閏年(うるうどし)って、こんな字を書くのですね(汗。
「うるうどし」(平仮名にします…笑)は、ご存知のように4年に一度、2月が29日ある年のことを言います。
2月29日が誕生日の人って、どんな気持ちなんだろう?なんて言う、素朴な疑問を持ったことのある方もいるのではないでしょうか?

オリンピックの年は「うるうどし」と覚えている方も多いのでは?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日は2月29日、ということで本年は「うるうどし」、オリンピック開催の年です。
なんで、通常の2月は28日しかないの?不思議ですよね。。。

いろんなサイトで、「うるうどし」の説明を書いていますが、如何せん難しくて引用もままなりません。
ですので、わかりやすく書きますと…

西暦の年を、4で割り切れる年が「うるうどし」なんだそうです。
ですから、今年は2008年、4で割り切れるから「うるうどし」なんだそうです。

なんでも、4で割り切れる年でも100で割り切れる年は「うるうどし」じゃないんだそうです。

でもでも、4で割り切れて100で割り切れる年でも、400で割り切れる年は「うるうどし」とするんだそうです。

これだけで、ややこしくて嫌になっちゃいますよね(笑。
これからお話しをすることは、なんとも原点のお話しです。
私も、久しぶりにこんな勉強をしましたよ(笑。

一年、それは、地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数でしたよね。
でも、こんなこと普通に生きている限りは、考えもしませんでした(汗。
なんで、一年に一周なのに朝と夜があるの?
ああ…、そういえば自転と公転なんていう勉強したな~…くらいなもんです(大汗。

本題に戻ります。
地球が太陽の周りを一周する日数、正確には365日ではなく、365.2422日なんだそうです。
1年で、0.2422日の誤差が出ることになりますので、それを修正するために4年に一回だけ、1年が366日の年があるということだそうです。

1年に0.2422日の誤差、4年にすると0.2422×4で0.9688日、4年で1日増やしても0.9688ですから1日には0.0312足りません…
そこで、4年で0.0312日、400年で3.12日、よって前記のように400年の間に3回だけ「うるうどし」じゃない年を作るというのが根拠だそうです。
2日酔いの頭には、この計算はキツイですね(汗。

しかし、昔の人は凄いですよね。
地球の自転や公転なんていうことなんて分からなかったでしょうし、太陽の周りを回っていることすら知らなかったでしょうし、ましてや0.0312なんていう計算すら出来たのかどうか…
以前もお話ししましたが、太陽の暖かさや、夜は暗く昼間明るく、暗いときは火をたいて灯りをとり…と、そんな自然の不思議な力を神様として祀(まつ)られた尊さを改めて感じます。

お気付きの方もおいでかと思いますが、前述の細かい計算でも、400年に0.12日の誤差が出ます。
1年に直すと0.0003日ですよね。
この誤差はどうなってしまうのでしょうか?
でも、今一般的に使われている西暦もたかだか2000年ですから、この周期が5回転。
400年たって同じ暦が使われているかどうかなんて分かりませんし、地球が同じ速度で太陽の周りを回転し続けているかなんていうことも分かりません。
もしかしたら、地球の温暖化や自然破壊などで地球自体が弱り…
怖い怖い…、怖いことは考えず、自然の有難味に感謝しましょう(強引?…笑

これでも分かり易く書いたつもりです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


山の神さま♪

2008 - 02/28 [Thu] - 10:25

今日は、山の神さまのお話しです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆



先日、中央アルプスロープウェイのお話しをしました。
本当は、それに続けて書こうと思っていたのですが、ずいぶんと間があいてしまいました。

20080209115957.jpg
「駒ヶ岳神社♪」

中央アルプス宝剣岳ロープウェイ終着駅「しらび平」に鎮座(ちんざ)されています「駒ヶ岳神社」の御祭神(ございじん)は、山の神様であります「大山祇(おおやまづみ)大神」様です。

「山の神」というと奥様を想像される方もおいでかと思いますが、それは「山の神は、山を守り支配する」というところから、家を守り支配する(支配とは言葉が悪いですけど、一般的に奥様のことを山の神というのは、結婚してから何年も経ってからだそうです…笑)ところからだそうです。
「山の神」=偉い、という意味があるのでしょうね。
山の神様は、農耕の神様とされており、春になると山の神様が里に降りてきて田の神となり、秋になると山へお帰りになるといった信仰があります。
このお話しは、春になって「祈年祭(きねんさい)」のお話しの時にでもさせていただきますね。
「山の神」だから、海には関係ないかと思うと、そうでもないようですよ。
漁師さんは、山を見て漁をする…なんて言う話しを聞いたことがあります。
山が綺麗なところの海は、海に注ぎ込む水が綺麗で、美味しい海産物が捕れるんだとか。
本当に、大自然に生かされていることを実感しますね。

20080227171812.jpg

こちら↑は、2月始めに行われた、駒ヶ根市赤穂K様邸の祝殿(いわいでん)様鎮座(ちんざ)祭の写真です。
御祭神は「大山祗大神」様と「春日大神様」。
祝殿の老朽化に伴い、上穂の上野建設の施工により、祝殿を新しくされての祭典でした。
ちょうど、駒ヶ岳ロープウェイの祭典の次の日でしたので、続けて…と思いながら、今になってしまいまして申し訳ありませんでした。

さて、先日、当ブログは「気合いを入れてからでないと、最後まで読めない」といったご意見をいただきました(汗。
ですので、今まで最後にあった「ブログランキング応援ポチ」を、ブログの頭に持ってきました(せこい?…笑。引き続き、応援をよろしくお願い致します♪

木の神さま♪

2008 - 02/27 [Wed] - 09:04

先日、木を伐る際のお祓い「伐木(ばつぼく)清祓(きよはらい)式」を致しました。

20080226113009.jpg
(逆光で見にくくてすみません)

良くあるのは、庭の木が大きくなりすぎて伐るとか、家の建て替えや増築に伴い木が邪魔になるので伐るとかいう際のお祓いですが、今回は自宅より離れたところにある小高い丘の上にある木でした。
この木があることにより、多くの土地が日陰になってしまうため、止むおえなく伐採されるとのことです。

20080226113319.jpg

昔、この木の元に祝殿(いわいでん)様があって、何軒かでお祭をされていたそうで、いつの日にかどこかの祝殿様に合祀(ごうし・合わせ祀ること)され、今はここにお祀りはされていないけれども、この木は御神木とされていたから、伐る前にお祓いをしていただきたいとお電話をいただきました。
始めは、神社でお祓いをしておいていただければそれで良いから…というお話しでしたが、それでは私も現地の状況も分かりませんし、直接伺ってお祓いさせていただきたいということで現地へ伺いました。

20080226113952.jpg

樹齢何年くらいになるのでしょうか?
木のことはよく分かりませんが、大きな杉の木でした。

20080226114103.jpg

この写真で分かるように、里が一望できる山の上、そして更に小高い丘の上に立つ杉の大木。
きっと、ここから里を見渡し、里人を守っていていただいたのだと思います。
お家にあるものを御神前にお供えしていただき、里の産土(うぶすな)大神様と、木の神様であります「久々能智(くくのち)大神」様、お祓いの神様にこの木の御霊様をお迎えし、木に、そしてこれまでお守りいただいたことに感謝申し上げ、伐木作業の安全と今後新しきところに芽生えお栄えいただきますことをお祈りいたしました。

久々能智(くくのち)大神様の、「久々」は「茎(くき)」のことで、「智」は男性を表す接尾語だそうです。

おじさん、おばさん、一生懸命用意していただきありがとうございました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

4連葉書♪

2008 - 02/26 [Tue] - 11:02

ちょいとマイナーなブログになってしまうかも知れませんが…皆さんは、こんなのご存知でしたでしょうか?

20080224142152.jpg

かくいう私も、「一文字さんのブログ」で教えてもらったのですが、早速100枚買ってきました。

一文字さんは、年賀状の4連を買ってきて使用されていましたが、私は通常の神社での祭典や会議案内で使おうと思い、官製葉書を買ってきました。
一見、A4サイズと同じかと思いきや、微妙に違いますので印刷用紙の設定をされてから使用するよう、ご注意下さい♪
って、私のプリンターが古いだけで(汗)今のプリンターには、常用サイズとして登録があるかも知れませんね…。

神道青年会の事務局も、長野県神社庁上伊那支部の事務局も、長野県総代会上伊那支会の事務局も終わってしまった今、もっと早くに知っていれば~…と悔やみますが、それでもこれから重宝しそうです♪
一文字さん、ありがとうございました。

今までは、切手が貼ってない4連葉書を使用していました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆



23日、上伊那郡中川村にあります「別館いさわ」で、中川村の酒蔵「今錦」の新酒試飲会が行われ、参加して参りました。
昨年から2回目の試みでしたが、2回連続引き続きの参加です♪

20080224145300.jpg

別館いさわの社長?さんのご挨拶に始まりましたが、興味はすでに机の上(笑。

20080224145437.jpg

3種類出てきましたが、どれもアルコール度数は18~19度。
おつまみは、海老の小鉢、湯豆腐、巻き寿司、そして↓蕎麦掻き(そばがき)♪

20080224145614.jpg

杜氏さんのお酒の説明、また新人杜氏さんでしょうか?若い方の紹介をされました。

20080224145802.jpg

日本酒を作る細やかさ、古き良き伝統などは、信濃鶴さんのブログを通じてよく分かっているつもりですが、当今錦さんも若い方に杜氏を移行され、今錦の伝統を守り伝えていっていただきたいと思います。
なぜか、余所者の私が中締めの挨拶をさせていただき(苦笑、夜は更けていきました♪

ひつまぶし♪

2008 - 02/25 [Mon] - 09:15

サイパン・テニアン慰霊祭の旅から帰ってきて、中部国際空港(セントレア)発着でしたので、帰国後そのまま名古屋市は「熱田神宮(あつたじんぐう)」に無事帰国の報告とお礼のお参りに行きました。(ホームページでの報告参照…まだですが…汗)

3泊、機内食を入れて8食、現地料理であったり、中華や洋食ばかりでしたので、日本に着いたらなにか和食を食べよう!と言うことで、せっかく熱田神宮に来たのだからと「蓬莱軒(ほうらいけん)」によりました。

20080224140600.jpg

知る人ぞ知る、蓬莱軒と言えば、「ひつまぶし」。
今では、愛知県の人でなくても知ってる人は多いようです。

20080224140709.jpg

せっかくですので、もっと大きな画像にしましょうか?(笑)

20080224140811.jpg

昨年の7月にもいただきましたが、いつ食べても美味しいですね♪

「ひつまぶし」は、明治末期蒲焼にした鰻をのせたご飯を大きなお櫃に入れて、お座敷にて女中さんが小分けしてお客様に召し上がっていただいていたのが始まりです。
「蓬莱軒」公式ホームページより♪)

是非、熱田神宮へお参りの際は、お立ち寄りいただき食べてみて下さい。
予習をしておきましょう(笑)。

1杯目…ご飯と鰻、そのまま食べます。
2杯目…ご飯と鰻に、きざみネギ・おろしワサビ・きざみノリと3種の薬味を載せて食べます。
3杯目…薬味を載せた上に、だし汁をかけて、お茶漬け風にして食べます。
4杯目…これまでの中で、一番好みだった食べ方で食べます♪

もちろん、こうしなくても好みで食べて良いんですよ!
私も、かれこれ10回以上お邪魔していますが、それでも毎回マニュアル通りに4杯食べてます(笑)。

「ひつまぶし」は、蓬莱軒さんの登録商標です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆



鰻つながりで、こちらは飯島町の「和泉屋」さんの鰻です。
この辺では、私は一番好きですね~♪

20080225092040.jpg

先日は、大将と息子さんのラグビー話をしながら、日本酒と鰻の白焼きという絶妙のコンビで美味しく頂戴してきました♪
お刺身もお通しも美味しかったです♪
ご馳走様でした (*^_^*)

神様の数え方♪

2008 - 02/24 [Sun] - 08:12

「数え方」なんていったら失礼っぽいですが、分かり易く言うためにこんな題名にしました。

以前私が奉職(ほうしょく・お勤め)していた、松本の「四柱神社(よはしらじんじゃ)」という、松本城へ行く途中の縄手通り(なわてどおり)脇にあります神社、こちらには「天之御中主(あめのみなかぬし)神」「 高皇産霊(たかみむすひ)神」「神皇産霊(かみむすひ)神」「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が祀られておりました。

20080223102728.jpg
(松本市「四柱神社」)


神様は、1柱(ひとはしら)・2(ふた)柱・3(み)柱・・・と数えますので、4(よ)柱の神様が祀(まつ)られていると言うことで、当神社は「四柱・よはしら」神社と言います。

では、なぜ神様は「柱」で数えられるのでしょうか?
やはりこれも、「これが答えだ!」のような答えではなく、いくつも説(というか考え方)があります。

神様、または亡くなった方の御霊を数える時にそう数えるのは、尊いものを数えるという意味で、古くは石器の時代に神様を招くために柱を立てたからいう説があります。

日本の、昔の家の中心の柱は、大黒柱(だいこくばしら)と呼ばれ、神様がいるとされていましたし、伊勢神宮正殿の心御柱(しんのみはしら)は、神様のよりしろ、神宮の聖なる中心と考えられています。

また、神事に柱を立てる習慣も日本各地にみられます。
その代表とされているのが、我が信濃国(しなののくに)一之宮(いちのみや)「諏訪大社(すわたいしゃ)」で行われます「御柱(おんばしら)」ですよね。

20080223102828.jpg
(諏訪大社「御柱」木落)


20080223103104.jpg
(諏訪大社「御柱」立て御柱)


単純に、神様は神社の境内などにある由緒ある木に宿っていると信じられているところから、1柱、2柱と数えるという説もあります。
どれが正しいとか、間違いとかはありませんが、尊いものを数えるといったことに間違いありませんね♪

各地を探すと、二柱神社・三柱神社などあります。
三十八柱神社という神社もありましたが、なんて読むのでしょうか(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


「今日の斎場(ゆにわ)から♪」東伊那Y様邸地鎮祭♪
20080224080800.jpg
東伊那でも、少し小高いところにあるY様邸。
いつもの風景より、かなり東から駒ヶ根市を一望すると共に見た駒ヶ岳は、又絶景でした♪


イメージ♪

2008 - 02/23 [Sat] - 15:11

面白いものを教えてもらいました♪

あなたの変わりに、街角で1000人にインタビューしてきました…というものです。

「ザ・恋愛インタビュアー」

早速、「isuzu(私)」さんについて、1000人にインタビューしてきました。


総合的なイメージ

1位 ジタバタしない  540票
2位 余裕がある    108票
3位 女性に優しい    99票
4位 おじいちゃんみたい 86票
5位 言動が意味不明   75票


こんな恋愛をしていそうBEST3

1位 教育に良さそうなほんわかした恋愛 474票
2位 ナイトのように守ってあげる恋愛  223票
3位 冷え気味で落ち着いた大人の恋愛  111票


こんな理由で別れそうBEST3

1位 自分にもっと好きな人ができて別れる  335票
2位 なんとなく二人とも飽きて円満に別れる 316票
3位 男として見られなくなって別れる    158票


こんな人がお似合い

SかMか

1位 ノーマルの人 598票
2位 ややMの人 137票
3位 ドMの人    73票

性格など
1位 賢くて余裕のある人      553票
2位 弱っている人         138票
3位 振り回すような少しおかしい人 117票


街角の声

東京都在住17歳 高校生 あいりさん
isuzuさん?うん、なかなかイイと思いまっす!親しみやすいし。
あーでも真面目に告白されたら、なんか、そういうのじゃないかも。

福井県在住13歳 中学生 まきさん
isuzuにーさんは、同級生みたいで優しいです(笑)。
気さくだけど、危険な感じがしないから女のコは中学生すらドキドキしないかも?(笑)

群馬県在住21歳 大学生 かおりさん
あぁ!isuzuさん!うんうん、あんな感じの人が最高だと思う!
しっかりしてるのに偉そうな感じが全然しないし!

宮城県在住51歳 会社経営 きょうこさん
isuzuのことを聞きたいんだ?
んーまぁ私みたいなおばちゃんの意見が参考になるか分からないけど、若いのにバランスとりすぎっていうか、小さくまとまりすぎっていうの?
同年代から見たら大人びてるんだろうけど、私の世代から見たら、つまらない男よね~。

新潟県在住28歳 販売員 しょうこさん
あーはいはい。isuzuさんね。
うん、ああいう性格、大好き(笑)。性格はね。

http://nashimoto.hanihoh.com/

良かったら、皆さんもやってみてください(笑。
ほんの数問の質問に答えただけなのに、なんとなく当たっている気がしますが…。
え?どの部分が?(内緒w)
教えてくれたaSaちゃん、ありがとうございました♪

皆さんもやってみたら、報告して下さいね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


20080223150615.jpg
マクドナルド、シャカシャカチキンです。
コマーシャルを見て、どうしても食べたくて食べました♪
想像通りの美味しさ!
味は「チーズ」「ホットチリ」「レモンペッパー」とあります。
なかなか食べさせてもらえませんが…(苦笑。


神楽殿♪

2008 - 02/23 [Sat] - 08:00

大宮五十鈴神社参拝シリーズ♪
鳥居をくぐって、手水で心身を清め、敬神生活の綱領掲示板を片目に参道を歩くと、正面に社務所が見えます。
参道に沿って左に曲がると、両脇に狛犬があり、階段を上ると前庭があります。
左の突き当たりに、宝蔵庫がありました。

鳥居のお話し♪
手水のお話し♪
敬神生活の綱領のお話し♪
社務所のお話し♪
狛犬のお話し♪
土蔵のお話し♪
今度は右側、突き当たりに見えるのが「神楽殿(かぐらでん)」です。

20080222143600.jpg

神楽殿は、昭和42年1月に完成しました。
現在は、祭典に使う道具や、受付用の机などが所狭しと置かれており、本来の使用目的とは違った用いられ方をしていますが、本来は「お神楽(かぐら)」を奉納する建物です。
「お神楽」とは、雅楽を奏で、舞を舞うことです。
拝殿が新しくなる数年前までは、宵祭(よいさい)に先立ちまして「浦安の舞(うらやすのまい)」が舞われていました。

20080222144419.jpg

数年前、旧拝殿を取り壊すときの荷物仮置場にしたり、また老朽化も伴い、現在では物置となってしまっています。

それでも以前は、8月1日に行われます「敬老祭」で、催し物を行ったこともありました。

20080222155808.jpg
(平成16年「大正琴演奏♪」)
20080222160055.jpg
(平成13年「三味線演奏♪」)
20080222160111.jpg
(平成15年「舞踊披露♪」)
20080222160103.jpg
(平成13年「太極拳披露♪」)


元来、神楽殿で舞われる舞は、参拝者に見せるためではなく、神様に奉納するためですので、五十鈴神社のような場所ではなく、本殿や拝殿の正面にある神社が多いです。

20080222162105.jpg
(諏訪大社下社秋宮の神楽殿♪)
20080222162140.jpg
(穂高神社の神楽殿♪)



8月1日、神楽殿を開放します。
我こそは、神楽殿で何か芸を披露したい!という方いませんか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆



「今日の斎場(ゆにわ)から♪」から…辰野町M様邸地鎮祭♪
20080222162738.jpg

お参りの作法♪

2008 - 02/22 [Fri] - 10:09

慰霊祭に出発する前のお話しに戻ります。

「玉串(たまぐし)のお話し♪」
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(1)♪」
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(2)♪」

と、3日連続で、玉串(たまぐし)拝礼についてお話しいたしました。
玉串は、祭典の中で用いることが殆どですので、普段、神社にお参りする際は玉串無しで普通にお参りします。
普通のお参りとは、神社御神前に額(ぬか)ずき、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」でお参りをすることです。
先日のTV番組「ヘキサゴン」を見ていましたら、お寺で手を叩いてお参りをしていたシーンがありましたが、通常お寺では手を併せる合掌のみ、神社では手を叩いて「2拝2拍手1拝」でお参りをします。

以前、なんで頭を下げるのですか?どうして手を叩くのですか?といった質問をいただいたことがあります。
目上の方や尊敬する人にはその方以上に頭を下げると思いますが、それは礼儀だと思います。
手を叩く作法は、喜びを表している、または尊敬している人に会ったとき手を併せる昔の習慣からきています。
「喜び」ですので、神葬祭(しんそうさい・神道でのお葬式)では「偲び手(しのびて・音をたてない柏手)」でお参りをし、日が経つにつれ御先祖様となられ神様のお位に近づかれていくことを「敬い」音をたてて手を叩いてお参りをするのだと思います。

もう一つ、鈴はいつ鳴らせばよいのですか?といった質問もいただいたことがあります。
前もお話ししたことがありますが、「2拝2拍手1拝」のお参りも、鈴を鳴らすタイミングも、こうしなければいけない!などということはありません。
1つの例として聞いていただければと思いますが、神社御神前に額ずき、感謝の真心を込めて御賽銭をお納めし、「これからお参りをさせていただきます」といった意を込めて鈴を鳴らし、「2拝2拍手1拝」でお参りを致します。

手を叩かなかったから…、鈴を最後に振ったから…、礼を多くしちゃったから…などといって、神様はお叱りになることはありません。
心を込めてお参りをしていただくことが一番ですので、作法にとらわれないでお参りいただければ結構です♪

鳥居をくぐるときは、一礼をしましょう。
鳥居は、各ご家庭の玄関と一緒ですからね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


「今日の斎場(ゆにわ)から♪」から…東町木あそび工房「こまくさ」様ギャラリー地鎮祭♪
20080221174639.jpg
この写真で分かりますでしょうか?JA上伊那Aコープの南側道路沿いです。
20080221174811.jpg
是非、上記「こまくさ」さんのホームページも覗いてみて下さいね♪

帰国♪

2008 - 02/21 [Thu] - 12:36

ただいま!!
無事、サイパン・テニアン慰霊旅行3泊2日の旅より帰って参りました。
本年も、とても素晴らしい旅が出来ましたこと、一緒に旅行された皆様を始め、参加者を送り出し留守を守っていただきましたご家族の皆様に、心より感謝を申し上げます。

当旅行記を、ここでつらつら書いておりましてもキリがありませんので、ホームページにまとめ次第報告をさせていただこうかな?と思っておりますが、ほぼ4日間も留守をしておりますと仕事がたまっており、こんな私でも事務仕事に追われています(汗)。

通常のブログに戻るには、まだかかりそうですがお許し下さい。
今日は、何枚か写真を載せさせていただき、報告と致します♪

20080221122810.jpg
(サイパン港より…いざテニアン島へ♪)


20080221122913.jpg
(テニアン神社にて、慰霊奉告祭斎行♪)


20080221123008.jpg
(テニアン島スーサイドクリフにて集合写真♪)


20080221123101.jpg
(サイパン島島内観光「ラストコマンドポスト」♪)


20080221123148.jpg
(サイパン島島内観光「バードアイランド」♪)

詳細の報告は、今しばらくお待ち下さい♪

かなり順位を落としてしまいました(涙♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

テニアン(4)♪

2008 - 02/20 [Wed] - 11:28

めちゃめちゃハードな3泊4日のサイパン・テニアン島慰霊旅行。
実際は、3泊2日のようなものです(汗。

サイパンに着いて寝て、中2日、4日目は朝6:30ホテル出発です(大汗。
お昼前には、もう名古屋にいますので、もったいないと言えばもったいない旅行ではありますかね(苦笑)。
でも、出発日の午前中はしっかりお仕事させていただけますし、最終日も午後には家に帰れますので、合理的と言えば合理的でもありますし、目的が「慰霊祭」でありますので、極端なことを言えば2泊3日(実質2泊1日)でも良いわけです。
これから先、そんな旅行日程になることもあるかも知れませんが、個人的には毎年行こうと思っている慰霊祭です。
日本人を代表して…なんて言ったら烏滸がましいですけれど、毎年現地へ赴いて、慰霊の真心を捧げることが出来たらいいなぁと思っています。

今年は、大人子供併せて22名の慰霊団でした。
これから毎年行われますので、ご都合があいましたら参加していただきたいですし、別の日程でサイパン島へ行く機会がありましたら、少し足を伸ばして「テニアン島」スーサイドクリフにあります慰霊施設に手を併せてくだされば幸いに存じます。

20080217090742.jpg


慰霊施設は、スーサイドクリフに行けばすぐ分かります。

毎日、覗いてクリックしていただけたら嬉しいです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

テニアン(3)♪

2008 - 02/19 [Tue] - 11:26

3日目は、終日フリータイムです。
1年目は、サイパン島バンザイクリフで、ビニール袋片手にゴミ拾いをしました。
2年目以降は、テニアン島に泊まった年もありましたし、マニャガハ島に渡った年もありました。

20080216184143.jpg

サイパン島で、レンタカーを借りて島内を巡ったこともありました。

荒波の中、トローリングに出かけた仲間もいましたよ♪

20080216183912.jpg

今年は、何をして貴重な自由時間を過ごしましょうかねぇ~♪

無事を祈っていて下さいね。
毎日のクリックを忘れないでね♪(くどい?笑)
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

テニアン(2)♪

2008 - 02/18 [Mon] - 11:25

2日目は、サイパン島よりテニアン島にフェリーで渡り、「慰霊祭(いれいさい)」を行います。

20080216174254.jpg

先ずは、慰霊祭の前に、テニアン神社の御神前で「奉告祭(ほうこくさい)」を行います。

20080216174608.jpg

その後に、スーサイドクリフへ移動して「慰霊祭」を行います。

20080216175212.jpg

テニアン島の戦跡など、島内観光をした後、帰りはフェリーの時間の都合もありセスナ機でサイパン島・サイパン空港へ帰ってきます。

20080216175750.jpg

4人乗りの小さなセスナで、結構ヒヤヒヤもんなんです…(汗。
サイパン島で、慰霊祭の直会(なおらい)をします♪

一気に読んでいただいても良いですけど、
毎日のクリックを忘れないでね♪(笑)
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

テニアン(1)♪

2008 - 02/17 [Sun] - 11:25

今日から3泊4日で、海外へ行って参ります♪
「北マリアナ諸島戦歿者慰霊顕彰旅行♪」です。
詳細は、こちらをご覧下さい。

今日は、中部国際空港(セントレア)に午後6:00集合、8:20出発です。

20080216105333.jpg

ノースウェストの飛行機で行って参ります。
サイパンへ着くのが、現地時間で夜中の1:10、時差が1時間ありますので約3時間半の空の旅です。

あちらへついたら、早速にミーティング。
明日は朝から、先発隊・後発隊(本隊)に別れて、テニアン島へ移動し慰霊祭を行いますので、その綿密な打ち合わせです。

4日間、順位が下がらないよう、毎日押して下さいね(願。
1日ワンクリックしか有効じゃないみたいです…♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(2)♪

2008 - 02/17 [Sun] - 08:36

玉串のお話し♪
玉串奉奠のお話し(1)♪
で、玉串(たまぐし)の捧げ方までお話しを致しました。
今日は、玉串を捧げた後の「拝礼(はいれい)」のお話しを致します。

20080215174151.jpg

玉串を捧げましたら、にじり寄った分だけ下がります。
(にじり寄ってない場合は、下がる必要はありません。)
続いて、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」です。
まず、「拝(はい)」とは、90度の「礼(れい)・お辞儀」のことを言います。

20080215190335.jpg

背中と床が並行になった状態をいいます。
この時、気を付けなければいけないのは、アゴを引いて頭が出ないように、または頭が下がりすぎないようにします。
次に起きあがりますが、手は両膝の両側で止めます。
この状態を、「小揖(しょうゆう)」または「指建礼(しけんれい)」と言いまして、また改めて「礼・お辞儀」についてもブログにしたいと思いますが、5度のお辞儀の状態を言います。

20080215190413.jpg

止めた状態から、再び拝をします。

20080215190335.jpg

起きあがってから、2回拍手をします。
拍手は、胸の高さで一旦手を併せた状態を作ってから行います。

20080215190715.jpg

手を併せた状態から、少し右手を引いきます。

20080215190813.jpg

その状態から、肩幅に手を広げて、2回手を叩きます。

20080215191315.jpg


叩いた後は、少しずらしてある手を、今度は元に戻します。

20080215191142.jpg

そして、最後に1拝をします。

20080215191303.jpg

これ以上言うと、こんがらがってしまうかも知れませんが、正式には「2拝2拍手1拝」の前後に「深揖(しんゆう)」といって、45度の礼をします。

20080215191544.jpg

以上が、玉串奉奠です。

当ブログのコメンテーターであります、ようこさんのご要望にお応えして…、玉串奉奠の方法は、殆どの祭典では一緒ですが、神葬祭(しんそうさい)といって神道のお葬式の場合は、「2拝2拍手1拝」の拍手を「偲び手(しのびて)」といって、音が出ないように手を2回併せるだけの拍手で致します。

今すぐは必要ないかとは思いますが、これから地域の役員として神社の祭典に参列されるとき、または赤ちゃんがお生まれになったり、結婚式をしたり、仲人を頼まれたり、家を建てたり、また前記のようにお葬式への参列であったり、必要なときに改めて検索していただければ嬉しく思います。

せっかくですから、もっと正式には…(余計、こんがらがる?)
「2拝2拍手1拝」の、前後の「深揖」の前後、座る前と立った後に「小揖」」をします♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(1)♪

2008 - 02/16 [Sat] - 09:00

玉串(たまぐし)を御神前(ごしんぜん)に捧(ささ)げてお参りをすることを、「玉串奉奠(ほうてん)」と言います。
玉串を受け取りましたら、元(切り口)が御神前に向くように、時計回りに回して机の上にお供えします。

今日は、玉串を御神前にお供えするまでをお話しします。

玉串を、神主さんからいただきます。
その時、向かって右に切り口が向くように渡されますので、右手は上から、左手は下から玉串を持ちます。

20080216085809.jpg

玉串を受け取りましたら、御神前にお進みいただきます。

20080215171930.jpg

この状態から、時計回りに玉串を回しますが、どの状態でも穂先が下を向かないように気をつけながら行って下さい。

では、右手を体に引きつけるようにして、玉串を立てます。

20080215172223.jpg

次に、左手を右手のところまで持ってきて、玉串を掴みます。

20080215172345.jpg

ここからが難しいですよ~。
左手のスナップを利かせて、一気に玉串の切り口を御神前に向けるように、

20080215173315.jpg

時計回りに、玉串を回します。
右手で、玉串の中程をとり、

20080215173556.jpg

左手を、その右手に重ねるように添えます。

20080215173700.jpg

そして、少し机ににじり寄って、机の上にお供えします。

20080215173843.jpg

この時、気を付けなければいけないのは、必ず両手・両足を添えることです。
よく、片手でお供えする人を見かけますが、やはり神様にお供えするのですから、両手でお供えするのが良いと思います。
また、にじり寄るとき、片足を少し出したら、もう片方の足も揃えるように少し出した方が、片足でお供えされるより綺麗に見えます。

20080215174151.jpg

複数人が玉串をお供えするときは、最初の人は(最初は神主の場合が多いですが…)机の真ん中へ、次の人は右側へ、次の人は左側へお供えし、この順序でだんだん重ねていきます。
もちろん、スペースのない場合は、前の人に重ねていってください。

明日は、玉串を捧げた後の、お参りの仕方です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

聖バレンタインデー♪

2008 - 02/15 [Fri] - 23:55

チョコレート年間消費量の4分の1がこの日に消費されるという2月14日、それにしても、いつから日本でこんな習慣が始まったのでしょうか?
Wikipedeiaによりますと、1936年にモロゾフ洋菓子店が雑誌で紹介したのに始まり、1958年に伊勢丹でキャンペーンが行われ、1960年に森永製菓が本格的に新聞でキャンペーンを打ったとか…。
ということは、どうやら私が生まれる前よりあった習慣のようですね~。
でも、その割には学生時代はチョコとは無縁だったような気がします(笑。

でも、今年は、これまでの人生の中で、一番たくさんいただきましたね~(イエイ。
せっかくですので(笑)今年、頂戴しましたものを紹介させていただきます♪

20080215161020.jpg

20080215161123.jpg

20080215164148.jpg

20080215161405.jpg

20080215164318.jpg

20080215164423.jpg

20080215164508.jpg

20080215160401.jpg

20080215164451.jpg

20080215164554.jpg
手作りあり、高級洋菓子あり、ケーキあり、もろ義理チョコあり(笑)。
極めつけは、可愛い後輩の、更に可愛いお子ちゃま達から、お手紙入りの手作りチョコ♪
20080215164759.jpg
Rなちゃん、Aらちゃん、Yあちゃん、ありがとうございました。
おじさん、勘違いしちゃうかも~(爆♪
20080215165021.jpg



本場アメリカには、
男性がお返しをする「ホワイトデー」というしきたりはないそうで…(笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

20080215165509.jpg
早速、講演の礼状を頂戴しました。
私も、名刺をいただいたりしたら、なるべく手紙を出すようにしていますが、
早いお手紙は、気持ちがいいですね。
見習いたいと思います。
ありがとうございました♪
20080216181616.jpg
追加、いただいちゃいました♪(16日)
まだまだ追加、受付中(オイオイw


玉串(たまぐし)のお話し♪

2008 - 02/15 [Fri] - 09:23

玉串(たまぐし)って、聞いたことありますでしょうか?
神社にお参りするときは、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」でお参りをしますが、ご祈祷(きとう)を受けたりお祭に参列した際、正式なお参りの時は玉串を捧(ささ)げてお参りをします。

今日は、正式な作法の前に、玉串についてお話し致します。

20080214180937.jpg

玉串とは、「榊(さかき)」の小枝に「紙垂(しで)」という紙飾り?を「麻(あさ)」で縛り付けたモノのことを言います。
20080214181828.jpg
画像が小さくて、見にくいと思いますが、本当の「榊」はツバキ科ですので、ツバキのように葉っぱの表面がツルツルしています。

20080214182836.jpg
(熱田神宮境内に自生している榊)

ですが、この辺で一般的に「榊」と呼ばれている植物の正式名称は、最初の玉串の画像のように「そよご」という木を使っています。

本当の「榊」は、暖かいところでしか育たず、この辺ではちょっと微妙でして…ひとたび根が付いて冬を越してしまえば大丈夫とも言いますが、我が家では根が付いた例しがありません(涙。
この辺では、「そよご」を榊の代用品として玉串に使っていますが、この「そよご」も生息地は本州中部以南とされていますので、北の方へ行くと「竹」であったり「ヒバ」などを代用品として使っています。

「榊」は、木偏に神と書く尊い木であり、その語源は栄える木にありますので、一年を通して青々としている木(常緑樹)が代用品として使われるのだと思います。

20080215092222.jpg

明日は、玉串の捧げ方を書く…予定…です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

以降のブログ…
玉串奉奠(ほうてん)
玉串拝礼(はいれい)

初講演(夢?!)♪

2008 - 02/14 [Thu] - 11:40

伊南倫理法人会さんより、講演の依頼をいただいたのは先月の中旬だったでしょうか、講演は聴いたことがあっても講師をするなんていうことは初めてのこと、ずっとこの日のことは頭の片隅にあり、どこかで緊張していました。
正直、考えたく無い…というのもありまして(汗)講演のことを考えるのは後回しになっていましたが、11日の建国祭が終わってようやく本格的に考え始めました。
私が講演をするということを聞き、親からはこの本を読みなさいなどと色々な本を渡されましたが(苦笑)、付け焼き刃で勉強したことを話すなんていうことは到底私には出来ず、やはりブログで書いた自分の知識や言葉の中から話すのが一番と、組み立てをさせていただきました。

演題は「神道について」。
内容は、神道(神様・神社・祭典)のお話しから、大宮五十鈴神社創立1700年合祀100年のお話し、駒ヶ根のお話しから、お宮参りやお正月などの人生儀礼や、建国祭や祈年祭などの恒例祭典のお話しなど。
毎日ブログを読んでいただいている方は、あのときの話しだ!と分かるようなお話しです。

挨拶は、祭典毎にさせていただきますので、慣れているとまでは言いませんが場数だけは踏んではいます。
しかしながら、40分間という長い時間話をすることは人生初めての経験です。
挨拶は短時間で内容のあるお話しをする方が効果的ですので練習も出来ますが、長時間の講演となると、皆さんはどのように練習をするのでしょうかね…。
慣れてくると、練習なんていらないのでしょうけれど、箇条書きの組み立てを元に堂々巡りを繰り返していました(汗。

実は、昨年も講師のお話しをいただきましたが、別の方を紹介させていただいたことがありました。
今回、講師をお引き受けしたきっかけは、やはりJC(青年会議所)ですね。
昨年の夏だったでしょうか、JC関係でとある講演をお聞きし非常に感銘したことがありました。
とても話が上手な方で、会場全体を引きつけていました。
それでも若い頃は「自分が話をするなんて…」と思っていたそうですが、「頼まれたことは断ってはいけない」という信念(これは、答えは「イエス」か「ハイ」しかないといったJCと同じですね)で一度講演依頼を引き受けたことから、今では年間数百の講演をこなすようになったというお話しです。
でも、やはりその人には、元から素質があったんだと、今日分かりました(笑)私には無理です(笑笑。

朝6時からの講演ですから、それまでに体も頭も喉もしっかり起こしておかなければいけませんから、いつもよりかなり早くに目覚ましをかけました。
夜中の1時半、講演の夢を見て目が覚めました。
次は2時20分、同じように講演の夢で目が覚めました。
どちらも、夢らしくない夢でして…というのも、講演が終わったところで「これは夢だ!」と気付くのです(笑)そして目が覚めて、現実に戻り、講演はこれからだ~と、以降20分おきに目が覚めたという恥ずかしいお話しです(苦笑)。

目覚ましで起き、妻に夢のことを話すと、「じゃ、夢で2回も講演したなら、3度目だから大丈夫!」と、変な励ましを受け、いざモーニングセミナーへ。
終わって帰ってきて、頬をつねってもらったのは言うまでもありません。

久しぶりに、こんな緊張感を与えていただいたことに感謝です。
「又お願いします」と言われたのはとても嬉しかったのですが、これが私の限界です(笑。
でも、これだけは忘れませんでしたよ~。
講演を受けるときに、格好良いな~といつも思っていた講師の先生の仕草、話しながら時計を外して演台の上に置く仕草です(笑笑笑。

ちょっと手抜きの記事が続きましたか?
明日からは通常ブログです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆



「今日の斎場(ゆにわ)から♪」から…赤穂O様邸取壊清祓式♪
20080214113046.jpg
長年、家人を風雨また暑さ寒さから守っていただき、
誕生から、お子様方の成長を見守り続けてくれた家居に感謝しながら、
取壊工事の安全を祈念します。


初講演♪

2008 - 02/14 [Thu] - 09:17

今朝、朝6時から伊南倫理法人会さんの「モーニングセミナー」にお邪魔して、講演をさせていただきました。
もうドッキドキの初講演…。
なんとか無事?終えることが出来ました。
お祭から帰りましたら、加筆させていただきます。

伊南倫理法人会の皆様、大変お世話になりありがとうございました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


おいかけっこ♪

2008 - 02/13 [Wed] - 16:31

「おいかけっこ」と言えば、子供同士の可愛いものを想像されると思いますが、今日はそんな可愛いものとはかけ離れた「おいかけっこ」のお話しです(苦笑)。

当社には、御賽銭(おさいせん)箱が2箇所に置いてあります。
拝殿(はいでん)正面に1つ、末社殿(まっしゃでん)前に1つです。
拝殿正面のお賽銭箱はとても頑丈に出来ていて、また特殊なカギになっていますので、ちょっとやそっとでは壊れない、また開けられないような仕組みになっています。
でも、末社殿のお賽銭箱は、拝殿のモノに比べ小さく、カギも単純な作りです。

そう、ここまで言うと分かる思いますが、御賽銭泥棒とのおいかけっこのお話しです(汗。
神社には御賽銭箱がつきものですが、御賽銭箱には御賽銭泥棒がつきものと言って良いほど、当業界?では御賽銭泥棒の話をしたら尽きないほど話があります。
数年前、上伊那にも窃盗団?のようなモノが現れ、各神社で被害が相次ぎました。
中には、階段の手前に置いてある御賽銭箱を、階段をノコギリで切ってまでして盗まれてしまった神社もありました。
また、天竜川に御賽銭箱があるといった知らせを受けた神社もありました。

当社では、拝殿正面の頑丈な御賽銭箱には、カギをこじ開けようとした後がついていましたが、被害はありませんでした。
しかしながら、末社殿前の賽銭箱は、設置してあるボルトやネジを丁寧にはずし、裏の林の中に放り投げてありました。
そこで取った対策が、カギをかけない…という策です。
カギを壊された方が、盗られた額より被害が大きかったりするわけです。

参拝者の方々が、お願い事や感謝の気持ちを持って納められた、尊いお心「御賽銭」ですから、我々も毎日出しに行っていますが、御賽銭泥棒も毎日来ます(汗。
拝殿の御賽銭箱は大丈夫…と思っていましたが、不審なことがあってから、先日オトリ?で入れておいたお札が無くなっており、カギを開けなくてもお金を盗まれてしまうことが発覚し、こちらも毎日出さなくてはならないことになりました。

実は、御賽銭泥棒を見たことがありまして…でも、声をかけて逆上されても怖いですよね(汗)。
以前、御賽銭泥棒は現行犯でないと捕まえることが出来ないと聞いたことがあります。
また、「私は何もしていない…」と言われればそれまでで証拠がないわけで、現場をビデオででも押さえておかないと無理なんだそうですが、そこまでするのもどうかと…。

皆様のお気持ちの御賽銭が盗まれている…なんていうことは書きたくなかったのですが、何か良い案があれば聞かせていただきたく、ブログにしました。
現在は、御賽銭箱を開けるとすぐ目に入る場所に警告文を書いて貼ってある(他の人の目に入るところには貼れませんから)のですが、どうも効果はないようです(涙。

「賽」という字には、「かえりもうし」という意味があります。
「かえりもうし」とは、お礼のしるし…という意味です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大雪♪

2008 - 02/12 [Tue] - 14:52

いまさら~…と言われそうですが、雪のお話しです。
だって、駒ヶ岳のお話しが最終章、又建国記念のお話しがしたかったんですもの~(笑。

いや~、降りましたね~、ひさびさ。

20080212142825.jpg

神社も、雪に埋もれました。
広いだけに、風通しも良く、吹き溜まりになってしまいますので、普通の平地よりも多く積もっているように感じます。
今度は、上から見ると…こうなります。

20080212143107.jpg

前の日、日中より降り続いていた雪ですが、次の日には止むであろう…といった予報でしたので、雪かきは朝。
なにせ、道中が長いですから、降っている最中の雪かきは、端まで行って振り返ると又積もっている…なんて言うことになります。
それでも、止む見込みがないときは仕方なしかきますが…(汗。

20080212143257.jpg

もう、この写真だけ見ていれば、立派な雪国ですよね(笑い。

20080212143538.jpg

拝殿の脇は、屋根から落ちてきた雪が積もり、更に高く積もっています。
雪が降った後は、大きな建物の脇を歩かないように気を付けなければいけませんね。

20080212143755.jpg

10時頃には、総代さんが駆け付けてくれまして、次の日の(昨日の)建国祭のために、駐車場をかき、また参道を広げ、社務所の前に整列するスペースを作ってくれました(感謝感謝)。

20080212142954.jpg

この時期、各地で「雪祭り」を開催するところもありますが、雪はやがて水となり、大地に豊作をもたらす大切なものでありますので、雪に、また雪を降らせていただけることに感謝しなければいけませんね♪

降らなければ降らないで水不足を心配し、
降ったら降ったで雪かきに追われ疲れ果て、人間ってわがままですね(笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

建国祭♪

2008 - 02/11 [Mon] - 13:30

今日、2月11日は「建国記念日」で祝日です。
ハッピーマンデーとやらではなく、ちょうど月曜日と重なり、世間は3連休です。

当大宮五十鈴神社では、午前10時より「建国祭」が行われました。
全国的に、他の神社でも「建国祭」又は「紀元祭」というお祭が執り行われました。

さて、「建国記念日」は、なんの日でしょう?
そう、読んで字の如く「建国」を記念する「日」ですよね。
建国?
「新たに国を興し建てること。」(yahoo辞書より)

今年は何年でしょうか?
「平成20年」です。
西暦にしますと、「2008年」です。

西暦って、なんでしょうか?
「キリストが誕生したとされる年を元年(がんねん)とする年代の数え方」(yahoo辞書より)

でも、日本には日本ならではの年代の数え方があることをご存知でしょうか?
皇紀(こうき)といいます。
「神武天皇即位の年(西暦紀元前660年にあたる)を元年とする紀元」(yahoo辞書より)

今年「平成20年・西暦2008年」は、「皇紀2668年」です。
日本の暦は、西暦よりも660年も以前を元年として数えられています。

何をもって元年としたのか、それは日本初代の天皇陛下であります「神武天皇(じんむてんのう)」さまが、奈良の橿原(かしはら)の宮(みや)にご即位された年を元年としました。
即位した日を、明治時代に太陽暦に換算して定められたのが、今日「2月11日」であり、この日をもって「建国記念日」と定め、「紀元節」と言っていました。

戦前戦中、小学校生活を送られた皆さんはご存知だと思いますが、この「紀元節の日」には、街の家々の軒先には日の丸の旗が掲げられ、学校で記念式典が行われました。
記念式典では『紀元節の歌』が歌われたと聞いています。

『紀元節の歌』

雲に聳ゆる 高千穂の
高根おろしに草も木も
なびきふしけん 大御世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

海原なせる 埴安の
池のおもより 猶ひろき
めぐみの波に 浴みし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

天のひつぎの 高みくら
千代よろずよに 動きなき
もとい定めし そのかみを
仰ぐ今日こそ たのしけれ

空にかがやく 日のもとの
よろずの国に たぐいなき
国のみはしら たてし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

(紀元節の歌 高崎正風作詩 伊沢修二作曲)

建国祭の直会では、総代さんと一緒に、この『紀元節の歌』を歌います。
今の総代さんの年代までがギリギリで、知らない総代さんも出て来始めたようですが、ずっと続けていきたいと思っています。

紀元節も、戦争に利用されてしまった感も否めず無くなってしまいましたが、戦後の日本は、敗戦によって、日本の素晴らしい所も悪い所も一緒くたにして無くしてしまったように思います。
日本の神話も、戦後小学校の教科書から消えてしまいました。
日本の紀元に想いを馳せ、神話を思い古代昔々に愛着を感じることは、国を愛する心に繋がるような気がします。

混沌としていた日本を初めて治めた神武天皇さまのご功績と、そして2668年という長い長い歴史の間、現在の日本国に至るまで、その時を生きて日本国の発展に力を注いでこられた、先人の皆様のご労苦にも感謝し、又あやかって、益々の国の繁栄を心よりご祈念申し上げます。

紀元節は、かつての祝祭日の中の四大節(紀元節、四方節、天長節、明治節)の1つです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「駒ヶ根市」名前の由来♪

2008 - 02/10 [Sun] - 09:48

「駒ヶ根市」は、長野県の南に位置します。
「駒ヶ根市」の名前の由来は、「駒ヶ岳の根元の市…」ということだと思います。
では、「駒ヶ岳」の名前の由来はなんでしょうか?
それは、中央アルプスに雪解けに現れる雪型、その中の「駒形」に由来しています。

(使い回しの写真で、すみません…)
20080208103414.jpg


「駒形」
「こまがた」
「駒形岳」
「こまがたたけ」
…「駒ヶ岳」、となったかどうかまでは知りませんが(汗、たぶんそんなところだと思います(笑。

と、ここまでは「冬の駒ヶ岳(3)♪」でお話しをさせていただきました。

また、こんなお話しも伝えられています。
その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、東を平定しての帰りに当地をお通りになったのは赤穂小中学校の校歌(「大御食神社と校歌♪」)にも歌われている通りではありますが、その際に日本武尊が「駒ヶ岳」と命名されたというお話しです。

日本武尊が当地をお通りになった際、にわかに雷雨に遭い、大田切川の流れが大水となり渡ることができずに躊躇していると、そこに頭も尻尾も真っ黒な背の高い神馬(しんめ)が日本武尊の前にひざまづいたそうです。

里の翁(長老)が話すには…
「これは大山の峰に、山の神さまにお仕えする神馬(しんめ)であります。怪しいことがあると自ら来て助けるのです」と言いました。

日本武尊は神馬(しんめ)に乗り、川を渡り、大いに感激してこの山を称して『駒ヶ岳』と申さたということで、それからこの山を「駒ヶ岳」と呼ぶようになったというお話しです。

もう1つ、これに関連したお話しがあります。
その昔、織田信長が当地へ遠征してきたときに「この次に来たときには、駒ヶ岳に住む神馬(しんめ)を生け捕りにしたい」と言った記録があるそうで、また高遠藩には「神馬(しんめ)を生け捕りにするために駒ヶ岳に登り、鉄砲を打ったり大声で呼んだ」という登山記も残されているそうです。

すみません…、いずれのお話しも一昨年、図書館で調べたメモ書きを参照したために、どこに載っていたのか忘れてしまいまいた(汗。

いずれにしても、故事より尊い歴史が感じられますね。
大宮五十鈴神社の名称の由来「五十鈴♪」
白鳥(宮司こと私)の名称の由来「八尋白智鳥♪」
大御食神社「美女が森」という名称の由来「大御食神社と校歌♪」
いずれも、日本武尊(やまとたけるのみこと)さまとの深い関わりが見られます♪

皆さんも、自分の住んでいるところのルーツを調べてみると、面白いかも知れません

危うく「中央アルプス市」になりそうでしたが…(笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

冬の駒ヶ岳(4)♪

2008 - 02/09 [Sat] - 12:46

20080208105415.jpg

雪の中に見えるものは、なんでしょうか?
で、昨日のブログは終わらせていただきました。
いただいたコメントの中で正解は出ていますが、そうです「駒ヶ岳神社」です。

20080209115957.jpg
(平成14年「開山式」にて)

雪が溶けると、こんな感じに見ることが出来ます。
耐久性は?という子瑜さんのコメントがありましたが、鳥居はご覧の通り傾いじゃっていますし(近年、鉄製の鳥居になりました)、神社も扉を開けるのに一苦労…というくらい傾いじゃっていますね(苦笑。

20080209120527.jpg

駒ヶ岳神社で、結婚式をされたカップルも、何組かいらっしゃいます。
でも、着物姿でロープウェイが大変なのか、お供え物の準備が大変なのか…、最近は牧師さんを伴っての教会式が主に行われているようですね。
でも、教会は山頂には無いですけど…どんなお式なのか興味があります。

20080209122547.jpg
(平成15年「開山式」)

さてさて、これは平成15年の開山式、アトラクションのアルプホルンの演奏ですが、一昨年より「開山式」の日取りが1ヶ月ほど早まりまして、昨年も駒ヶ岳神社が全く見えない状態でのお祭でした。
写真が見当たりませんでしたが(汗、4月後半頃に行われると思いますので、お楽しみに…ということでお許し下さい。
日程が決まりましたらご連絡いたします。
一般の方の参列も毎年沢山ございますので、ご都合が宜しければ是非お出掛け下さい。

中央アルプスロープウェイは、標高2,931メートルの「宝剣岳」を望む「千畳敷駅」が終着駅ですが、出発駅「しらび平駅」との高低差950メートルは日本一で、終着駅であります千畳敷駅の標高2,611.5メートルも日本最高で、天気の良い日でしたら富士山を望むことが出来ます。

20080209123601.jpg
(矢印の先に見えるのが富士山です)

駒ヶ根の宝「中央アルプスロープウェイ」へ、是非お出掛け下さい♪

明日はいよいよ、「駒ヶ根の由来♪」と称して、ようやく(笑)本題に入ります。
きっと、後に引用することがあろうかと思いますので、昨日を振り返りながら、重ねてお話しさせていただく予定です♪

今年の「開山式」も、晴れますように♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

冬の駒ヶ岳(3)♪

2008 - 02/08 [Fri] - 11:03

駒ヶ根市の名前の由来は、言うまでもなく「駒ヶ岳」の根元の市であるからです。
では、「駒ヶ岳」の名前の由来はなんでしょうか?
それは、雪解けに見られる雪型に由来しています。
雪型については、「アルプスが2つ映えるまち♪」でも紹介しましたが、中でも馬の形に見える「駒形」に由来しています。

20080208103414.jpg

これはまだ、雪型には早い時期の写真ですが、な~んとなしに馬の形をした「駒形」が見えますでしょうか?
駒形…
こまがた…
こまがたけ…
駒ヶ岳!

また、こんなお話しも伝えられています。
その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、東を平定しての帰りに当地をお通りになったのは赤穂小中学校の校歌(「大御食神社と校歌♪」)にも歌われている通りではありますが、その際に日本武尊が「駒ヶ岳」と命名されたというお話しです。

日本武尊が当地をお通りになった際、にわかに雷雨に遭い、大田切川の流れが大水となり渡ることができずに躊躇していると、そこに頭も尻尾も真っ黒な…

興味津々となったところで、明日に続くです(笑。

さて、昨日の続き…
ロープウェイ終着駅が見えたところまで写真を紹介しました。

20080208104130.jpg

これは、終着駅「千畳敷駅」から見た駒ヶ根市です。
矢印の先にあるのが、大宮五十鈴神社の森です(チッコ…。

20080208104759.jpg

残念ながら、曇っていて視界が少し悪かったのですが、なんとか山頂まで見ることが出来ました。
何人かの観光客も訪れており写真を撮っていましたが、しだいに風も強くなり、雪も舞ってきましたので、午後には山が見えなくなってしまったことでしょう…。
晴れていると、こんな↓感じになります♪

20080208105738.jpg
(4月の写真ですから、少し山頂の雪が溶けていますが…)

ここで問題です(笑。
雪の中に見える↓黒いものはなんでしょうか?

20080208105415.jpg


日本武尊さまは、かなり駒ヶ根に縁が深いですね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

冬の駒ヶ岳(2)♪

2008 - 02/07 [Thu] - 11:05

20080206125407.jpg

こっちには3匹いました。
今朝も、テレビで「猿が民家で大暴れ…」なんてやっていましたが、この辺でも被害があるのでしょうか…(汗。

20080207102932.jpg

山に入ると雪の量が更に増えました。
この道は県道になってはいるものの、雪かきは需要の多い街中が優先となりますので後回しになってしまうため、中央アルプス観光さんは大型の除雪車を独自で所有し雪かきを行っています。

20080207103519.jpg

しだいに山が迫ってきました。
通常、この道はマイカー・の乗り入れは出来ません。
貸切バスも、麓で専用のバスに乗り換えていただくことになります。

20080207104107.jpg

バスの終点「しらび平」です。
麓「菅の台」から、終点「しらび平」まで、約35分です。
ここからは、ロープウェイで移動します。

20080207104327.jpg

これは、ロープウェイ「しらび平駅」から山頂を望んだ景色です。

20080207110304.jpg

今度は、ニホンカモシカがお見送りです。
とっさのシャッターでしたので見にくいかも知れませんが、冬は見つけやすいですね。
実物は、見ていただいてからのお楽しみ…ということで(笑。

20080207104647.jpg

ロープウェイの所要時間は、7分30秒。
その中間地点で、下りのロープウェイとすれ違います。

20080207104904.jpg

今回は貸切でしたので、ガイドさんはいませんでしたが、通常はここでガイドさんから「すれ違うとき、秒速7メートルの速さを感じていただくことが出来ると思います…」みたいなアナウンスがあったと思います。

20080207105659.jpg

正面に見えるのが、ロープウェイ終着駅「千畳敷駅」です。

大自然に包まれている尊さを感じますね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

冬の駒ヶ岳(1)♪

2008 - 02/06 [Wed] - 13:10

6日、中央アルプス観光㈱ロープウェイ千畳敷駅におきまして、「ロープウェイ原動装置整備工事安全祈願祭」が行われました。
朝方は、少し晴れ間ものぞいていたのですが、しだいに雲谷ってきまして、千畳敷の気温は氷点下10度。

20080206121315.jpg
(原動装置…ロープウェイの心臓部です)
その前で、安全祈願祭を行いました。
20080206121808.jpg

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイは、当工事のために「2月13日~3月6日」まで運休されます。
駒ヶ根に旅行を計画の方、当期間中はロープウェイが動きませんので、ご注意下さい。
10年ぶりほどになるそうですが、安全のため20日間の運休は仕方ありません。
工事の安全と、当工事により御山に関わる皆様の益々のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

さて、当駒ヶ根市の名前の由来ともなっている駒ヶ岳、ではその「駒ヶ岳」の名前はどこからきたのでしょうか?
以前もお話ししたような気もしますが、本日駒ヶ岳に登る道々写真を撮ってきましたので、まずは駒ヶ岳を紹介させていただきますね。

麓から見た駒ヶ岳、今の時期、晴れていればこんな感じに見ることが出来ます。

20080206123724.jpg

残念ながら、今日は曇り…でも、雲は高く山頂まで見ることができました。

20080206124047.jpg

高速道路をくぐると、積雪量がグッと変わります。

20080206124258.jpg

駒ヶ根高原は、街中の倍は雪が積もっていました。

20080206124814.jpg

これから、矢印のところまで登り「安全祈願祭」です。

20080206130524.jpg

途中、お猿さんが出迎えてくれました。
でも、この冬の最中、木には実もなっていませんし、何を食べているのでしょうかね…。

麓出発編、終了。明日へ続くです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


安産祈願♪

2008 - 02/05 [Tue] - 08:08

赤ちゃんを身籠もられ、5ヶ月を迎えると「安産祈願祭」をします。

「安産祈願」または「帯祝い」などと呼び、戌(いぬ)の日に神社でお祝いをします。

「戌の日」、これは今年子年を迎えるに当たりブログでも書きましたが(「戊子(つちのえね)のお話し♪」)12年に1度「戌」歳が巡ってくるように、12日に1度「戌」の日があります。

なぜ戌の日を選んで「安産祈願」をするのかというと、犬は動物の中でも多産な上に極めてお産が軽く安産であるからだそうです。
また、犬は外敵から人を守ってくれる(番犬)シンボルとも考えられておりますので、赤ちゃん(胎児)を守る…といった意味合いもあるとも言われています。

せっかく授かった赤ちゃんが、健康で無事に生まれてくれますようにと、安定期に入った5ヶ月目の「戌の日」に、神社にお参りします。

また、難なく赤ちゃんが生まれてきますように…といった意味を込めて、底のない柄杓(ひしゃく)を奉納することもあります。

これから実際にお使いになる「腹帯」をご持参願います♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


駒ヶ根市赤穂中割で7月19日に地鎮祭(「カー用品とピザやさん♪」)をしました、ピッツェリア「ホリウチ」さんがオープンしました。

20080205075715.jpg

石窯、本格ピザ屋さんで、パスタもあります。
種類も豊富で、注文するのに迷ってしまいました。。。

20080205080217.jpg
(カウンター上に、メニューがびっしり書いてあります)

ピザもパスタもとても美味しく、大満足のピザ屋さんです♪
ピザ・パスタ…写真撮り忘れました(泣。
最後に食べたケーキは絶対撮る…と思っていたのですが、食べ終わってから思い出しました(汗。
今度は、忘れないようにします。。。
駒ヶ根の美味しいお店の紹介でした♪

節分♪

2008 - 02/04 [Mon] - 08:52

皆さんは、2月3日、「鬼は外、福は内!」豆まきをしましたでしょうか?
豆まきは、昔から全国的な伝統行事でしたよね。
でも、ここ数年、「恵方(えほう)巻き」なるものが全国的に?流行り出しました。

20080203173528.jpg
(これは叔母からの頂き物♪)
20080203173615.jpg
(これもスタッフのお母さんからの差し入れです♪)

「恵方巻き」またの名を、「丸かぶり寿司」という太巻きのことです。

この「恵方巻き」は、大阪が起源となって始まったものだそうで、節分に太巻きを恵方の方角を向いて、一言も喋らないで完食すると願い事が叶う、または幸せが訪れる、なんていう縁起を担いで行われますが、ここ信州ではもともとなかった風習「恵方巻き」でした。
そもそも「恵方巻き」は関西で行われており、それを20年ほど前に広島のセブンイレブンで販売したところヒット商品となり、10年ほど前から全国展開され始め、今では関西のみならず全国で「恵方巻き」が食べられています。

「恵方」とは、その年の十干(じっかん)によって定められる最も良いとされる方角で、その方角には「歳神様」が居ると言われています。(十干については、「戊子(つちのえね)」のお話し♪を、ご参照下さい)
今年は「戊(つちのえ)」の年ですから、南南東だそうですよ♪
七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるそうです。

さてさて、本題の「節分」ですが、節分とは字の如く「季節を分ける」ということから、季節の始まりであります立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。
しかし現在では、「節分」といえば、立春の前日だけを指すようになりました。

なんで「節分」には、豆をまくのでしょうか?
夏越の大祓のブログでも書きましたが(「水無月の夏越の祓いする人は♪」)、豆には、「邪気を払う霊力」があると考えられており、豆をまくことで豆の霊力で邪気を払い(鬼は外♪)、福を呼び込む(福は内♪)と考えたのでしょう。

立春は、(ほぼ)旧暦のお正月に当たりますので、節分の日に行う豆まきや厄祓というのは、12月31日に行います「師走の大祓」の意味があるのだと思います。
また、豆を自分の歳の数、または自分の歳の数に1つ足した数を食べ、一年の無病息災を願う慣わしがあります。
歳を重ねるごとに、「もっと食べたい」とだだをこねた子供時代を懐かしく思います。


え?こんなに?…も、もう食べられない(苦笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「今日の斎場(ゆにわ)から♪」赤穂S様邸地鎮祭♪20080204084515.jpg
この時期は、少し時間が遅くなると、
足元の霜柱が溶けてドロドロになり、長靴が必需品です♪

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード