FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年05月  

うだつがあがらない?♪

2008 - 05/13 [Tue] - 08:00

岐阜への旅「第3弾」です♪

東海五県神社庁連合総会」で、岐阜へ日帰りで行って来ました。

岐阜縣護國神社」「伊奈波神社」を参拝して「長良川国際会議場」で講演を拝聴し、少し足を伸ばして「美濃和紙」の郷『美濃和紙の里会館』へ行って来ました。

館内は撮影禁止でしたので、残念ながら写真はありませんが、数々の和紙で作った花や人形などの作品が飾ってありました。
また、伝統的な紙漉(かみすき)の体験が出来るコーナーがあり、美濃和紙の葉書も売っていました。

「葉書」といえば、私は、名刺をいただいた方には極力「葉書」で挨拶状を出すようにしています。
今まで、そういった「葉書」にお返事をいただいたことは滅多になかったのですが、先日ある方よりお返事をいただき、とても嬉しかったのを覚えています。
その方とは…「鶴」専務杜氏岳志さんのお父さん「鶴社長」さんです♪
今までも、お会いしたことはあったのだとは思いますが、開山式で「いつも岳志が…」「なんで岳志と…」(笑)とご挨拶をいただき、初めてお話しをさせていただきました。
これもブログのお陰でした♪

いつしか、皆様の元に「美濃和紙」の「葉書」が届くかも知れません(笑。

美濃和紙を見学した帰りに、美濃市美濃町の「重要伝統的建造物群保存地区」によりました。
なんの保存地区かといいますと…。

うだつ2 うだつ1

夕方でしたので、暗くて申し訳ありませんが、これは「卯建(うだつ)」といいます。

屋根と屋根の間に造られた「うだつ」は、隣の家から火事が燃え移るのを防ぐための小さな防火壁です。
小さなものでも、それなりに費用がかかりますので、比較的裕福な家に設けられることが多かったようです。
ですから、江戸時代には、自分の財力をアピールする為の目印として、関西地方を中心に互いに競って立派な「うだつ」つけられたということです。

「うだつがあがらない」

この言葉は、仕事などで成果が出ず、先の見込みがない、一向に出世できない、といったようなことを言いますが、その語源となっています。

うだつ3

こちらが街並みです。

初めて知りました(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回の目的は、「神社庁連合総会」への出席でしたが、少し足を伸ばしてみると、新しい発見があり面白いですね♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

厄年会「環境美化活動」♪

2008 - 05/12 [Mon] - 08:54

我が駒ヶ根市には、「厄年会」というものがあります。

私たちの学年の「厄年会」を、『57さくら会』といいます。

「厄年会」では、毎年「社会貢献事業」として、福祉団体に車椅子を寄贈したりということをしています。
今年の「57さくら会」は、「社会貢献事業」として、福岡にあります馬見塚公園に「屋外時計」を設置しました。
そして、初めての試みになろうかと思いますが、「環境美化活動」も「社会貢献事業」の一環として計画しました。

それが、5月11日に駒ヶ根高原で開催されました。

環境美化活動

しかし、何で私たちが事業を打つと、こうも雨が降るのでしょうか(涙。
厄年会成功祈願祭(10月)・厄年会設立総会(1月)…入学式も、成人式も…きっと、還暦のお祝いも?(汗。

ところがどっこい!(笑)この日は、午前中こそ小雨がぱらつきましたが、開始の3時頃には雨も上がり、青空が覗き始めました。

環境美化活動2

当初予定していた80人を大幅に上回り、100人ほどのメンバーが集まってくれて、7グループに分かれて作業開始です。

裏方としてお手伝いをいただきました「駒ヶ根高原旅館食堂組合」さんに、マイクロバスを出していただき、遠くのコースのゴミを拾うクラスはバスで送迎♪

環境美化活動1

コースはざっと、こんな感じです。
・光前寺から、家族旅行村までの遊歩道
・大沼湖から、家族旅行村までの遊歩道
・スキー場手前付近から、別荘地までの道
・駒ヶ池から、光前寺までの県道付近
・駒ヶ池から、切石公園までの道
・駒ヶ根橋(一番上の橋)から、こまくさ橋、キャンプセンターまでの川沿いの遊歩道
・駒ヶ池から、こまくさ橋にかけての道
ほとんど、駒ヶ根高原一帯です。
雨が降ったら、どうなっていたのでしょう(大汗。

環境美化活動3

集まったゴミを再分別し、ゴミの前で記念撮影♪
ベビーカーなどの粗大ゴミのようなもの、家庭ゴミも出てきました。

今回は、いつも清掃奉仕をされている前述の組合さん方の手の届かないところまで…ということで行いましたが、かなりのゴミが出ましたし、今年初めての試みが、これからも続いてくれることを願っています♪

作業終了と同時に降りだした雨、
我々「57さくら会」にしては、上出来のお天気でした♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

一旦解散後、「いわたや」さんに集まっての懇親会。
これも、大きな目的な訳ですが、1月に25年ぶりに再会した旧友達と年内に再び酒を酌み交わし、懇親会は凄い盛り上がりでした。
これで、大方の厄年会事業が終了し、次の大きな事業は来年の「御札返し」です。
厄年会メンバーの健康と、各分野でのご活躍をお祈りいたします。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

伊奈波神社♪

2008 - 05/11 [Sun] - 10:34

「伊奈波(いなば)神社」にお参りしてきました。

「伊奈波神社」は、岐阜市の長良川の脇に鎮座します。

伊奈波神社2

御祭神(ごさいじん)は、「伊奈波神社」ですから「因幡(いなば)の白兎」…、な訳ないですよね(汗。
「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」様始め、5の神様です。
でも、境内には「いなば大黒社」というお社があり、大黒様(大国主の大神様)がお祀りされていましたので、何かしらつながりがあるのでしょうか…。

伊奈波神社4
(工事中が残念でした…苦笑)

神社は、小高いところにあり、神社らしい…といった感じでした。

伊奈波神社3


伊奈波神社5

恒例の「狛犬(こまいぬ)」さんです♪

伊奈波神社6 伊奈波神社7

そして、境内にかかっている「神橋(しんきょう)」です。

伊奈波神社8

まさしく、神様しか通れないような勾配の橋。
とても神秘的でした。

五十瓊敷入彦命様は、第11代垂仁天皇様の長男
第12代景行天皇様のお兄さんです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

五十瓊敷入彦命様は当時、河内・摂津・美濃など諸国の開拓をし農業を豊かにし、産業を発展させたご功績は素晴らしいものがあったそうです。
弟君に天皇を譲られ(あくまでも推測ですが…汗)、ご自分は好きな(はい…これも推測です)農事・開拓・内政を指示する側にあたられるなど、素晴らしいご功績はこの立派な神社から推察されます。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

岐阜縣護國神社♪

2008 - 05/11 [Sun] - 07:39

「岐阜縣護國(ぎふけんごこく)神社」は、長野縣護國神社同様に、岐阜県出身の戦歿者の英霊(えいれい・戦歿者の御霊)がお祀りされています。

岐阜縣護國神社1

「岐阜縣護國神社」は、岐阜市内に鎮座し、岐阜城のある金華山の麓にあります。

岐阜縣護國神社2

当然、の時期は終わってしまっていますが、「靖國神社」「長野縣護國神社」「上伊那招魂社」同様に、境内には多くの桜が植わっていました。

恒例の、「狛犬(こまいぬ)さん」です♪

岐阜縣護國神社4 岐阜縣護國神社3

こちらは、「御本殿(ごほんでん)」と手前にあります「幣殿(へいでん)」です。

岐阜縣護國神社7

その手前にあります「拝殿(はいでん)」でよいのでしょうか…、上を見ましたら岐阜県だけあって「鵜飼い」の「鵜」が彫刻されていました。

岐阜縣護國神社5

また、境内には「鎮魂社(ちんこんしゃ)」もありました。

岐阜縣護國神社9

「鎮魂社」には、御英霊だけでなく戦争災禍で亡くなられたあらゆる方の御霊がお祀りされています。

「あらゆる方」ですから、
敵味方を問わずお祀りされています♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

春季例大祭が4月12日、秋季例大祭が10月5日に行われます。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

東海五県神社庁連合総会♪

2008 - 05/10 [Sat] - 08:10

神社界での長野県は、東海地区に含まれます。
東海地区は、長野県・愛知県・三重県・静岡県・岐阜県の5県です。

8日、東海五県神社庁連合総会という大会があり、当番県であります岐阜県の「長良川国際会議場」へ行ってきました。

大会に先立ちまして、「これからの日本」という演題で、テレビでも有名な評論家「竹村健一」先生による講演がありました。

神社庁連合総会1

前日の、駒ヶ根JCの講演会と比べると、めちゃめちゃ国旗が大きいところが神社らしくて良いじゃないですか(笑。

竹村先生ですから、総代さんや神主さんを前にしているとはいえ、政治経済のお話しになります。
先日値上がりしました、ガソリンのお話しから入りました。
騒がれていますガソリン税にしろ消費税にしろ、日本は安くて恵まれているんだと…、展望的には税率を上げて福祉などの大切なところに使われていくべきなんだと。

続いて、経済成長率やGNP成長率などのお話しがありました。
戦後、凄まじい成長を遂げた日本、成長率も世界一を誇っていた日本が、最近10年間では最低の成長率であると、様々な数字をもってお話しされました。
戦前戦中戦後の武力帝国主義の時代から、現在は金融帝国主義の時代になっているから、「国家ファンド」「国富ファンド」をするべき…といったお話しでしたが、残念ながら私には雲を掴むようなお話しでした(汗。

寝ていても、お金を転がして金儲けをするといった考え…、日本人が一番うさんくさいと思ってしまう考え…を持つ部分が大切となる時代となり、日本人の精神・国民性がこれからの時代を生き抜く邪魔な精神になるんだと…。

そんなことを言われても、働くことが
幸せであり喜びであるとしている日本人ですから~♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「岐阜縣護國神社」と「伊奈波神社」をお参りしてきました。
そのあと、ちょっと足を伸ばして美濃和紙も見てきましたので、また追って紹介させていただきますね♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

本庁・庁・支部♪

2008 - 05/09 [Fri] - 22:26

「大宮五十鈴神社」は、宗教法人になっています。
宗教法人になっている神社を包括しているのが、東京都渋谷区にあります「神社本庁」です。

神社本庁

各都道府県には、「神社庁」が置かれ、神社本庁の事務を執り行っています。

長野県には、長野市の城山というところに「長野県神社庁」があります。

そして、「長野県神社庁」には、17の支部が置かれています。

「大宮五十鈴神社」のある駒ヶ根市は、「上伊那支部」に所属します。
「上伊那支部」の事務所は、上伊那招魂社の社務所にあります。

「上伊那支部」には、197の神社があり、31名の神主さんがいます。
197社中、一番多い氏子数の神社は、駒ヶ根市の「大御食神社」です。
次に多いのは、伊那市の「伊那東大社」です。

そして3番目が「大宮五十鈴神社」です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

夢少年♪

2008 - 05/09 [Fri] - 17:05

「地域の子供は地域で育てよう!」
~人と人が結ばれる地域コミュニティーいなんの輪を目指して~

これは、7日に行われました、駒ヶ根JC5月公開例会のテーマです。
私も、声をかけていただきまして、行って参りました。

青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を目指して日々活動しています。
私も、昨年で卒業致しましたが、共に活動させていただいていました。

その中でも、「青少年育成」にかかわる委員会は毎年必ず置かれ、駒ヶ根の場合も「地域の夢少年を育む」ということで置かれた「夢少年育成委員会」の担当で、この5月例会が開催されました。

5月例会

場所は、宮田村村民会館(駒ヶ根JCは、伊南4市町村…宮田村・駒ヶ根市・飯島町・中川村を活動拠点としています)。
講師に、大阪大学大学院教授の「小野田正利」先生をお招きして講演をお聴きしました。

小野田先生は、今の学校の教育現場で行われていることを中心にお話しいただき、教育問題と社会問題を結びつけてお話しをいただきました。
小野田先生の代表的な言葉に、今、巷でよく言われている「モンスターペアレンツ」という言葉は、使ってはいけない…という考え方があります。
逆の立場から、この言葉を逃げ道として使わないため…と、この言葉を言われると話し合いにならないからだ…ということでした。

教師の理屈と親の想い…双方には考えがあるわけですから、それを話し合えば大きな問題になる前に解決できるはずであるから、よく話し合いをしなければいけない…ということでした。
教育問題でいうところの三位一体の三位、地域と教師と親。
社会問題でいうところの三位、地域と行政と住民。
「満足基準」と「期待水準」が異常なほどに高い現在にあって、この三位の関係がよく話し合いをしなければ、とんでもない社会になってしまうとの投げかけがありました。
最後に、子供も教師も行政も親も一緒、3回に1回は褒めることをして欲しいといったお話しでした。

教育問題と社会問題の根底にあるものは同じである…といったところは、目から鱗でした。
興味のある方は、先生の著書『悲鳴をあげる学校』を読んでみて下さい♪

イチャモンの本音を読み取り、
良い関係を築きましょう♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私が、当例会で講演をお聴きしたもう一つの目的。
それは、以前にもお話ししたことがありますが、ある先生を駒ヶ根にお招きして講演会をしていただきたいという夢の実現に向けてでした。
当夢少年育成委員会のレオ委員長も、「是非駒ヶ根に!」の強い想いから実現に結びつけたそうです。
私も、実現に向けてそろそろ動かないと…(汗。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

祝!ブログ1周年♪(続き)

2008 - 05/09 [Fri] - 08:22

昨日は、沢山のお祝いコメントをありがとうございました。
また、リアルコメントもいただきまして、嬉しい限りです♪

お祭から帰りまして、それぞれにお返事したいと思いますので、お待ち下さい♪

今日は、前からの噂にもありました「ホテルルートイン」の地鎮祭に行って来ます♪

祝!ブログ1周年♪

2008 - 05/08 [Thu] - 07:13

知らない間に(汗)ブログ開設1周年が過ぎていました♪
記念すべきブログ開設日は、昨年の5月4日。
「つ・・・ついに♪」という題名でした。

ブログの右も左もわからず始めた昨年、まさか毎日書くとは…ましてや1年も続くとは思っていませんでした。
昨年は、JC(青年会議所)活動もしていましたので、昨年の今頃を振り返ってみますと半分くらい(以上?)がJCの話題でしたから、話しもそんなにかぶらないかも知れませんね。

1年で、アクセスカウントが「61,000」カウント。
これが多いか少ないかは分かりませんが、自分としたら凄い数です。
これまで見ていただいた皆さん、お付き合いいただいている皆さんに感謝感謝です♪

1年が過ぎてみて思ったことは、やはりお正月のアクセスの多さです。
12月後半は、お正月の話題でブログを書いていました。
「ダルマの目入れ」「お世話になった御札は」「注連縄の向き」「門松とは」…等々の題名のブログや、皆さんからの質問に答えたりもして、1日のアクセスが最高で1700を越えたのには驚きましたし、そこで思ったブログの意義が「毎日更新して、見ていただくこと」はもちろん、「必要なとき、検索にひっかかること」です。

2年目に入り、昨年何を書いたか、重ならないか心配はありますが、読んでいただく皆さんは全員同じではないでしょうし、昨年読んでいただいた方も、私が忘れているくらいならきっと忘れているはず(笑)と、書き続けていきたいと思います♪

これからも末永く、
お付き合いの程をよろしくお願い致します。♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

この1年、本当に多くの皆様とお話しをさせていただきました。
南は九州、北は北海道、ブログの未知の可能性を感じた1年でした。
残念ながら(笑)ブログを書くことで仕事が増えるということはありませんが、1人でも多くの方が「神道」に触れ、各地の「神社」に足を運んでいただければ嬉しく思います。
いろんなご意見やご質問も、お寄せ下さいね♪

これらは、1年間のテンプレート達です♪

テンプレート1 テンプレート2

最初は、一番初期のものですが、字が小さくて評判がいまいちでした。
次のは、蛍の時期に向けて、蛍が飛び交うようなものに変えてみました。

テンプレート3 テンプレート4

これは、蛍の時期が過ぎ、字が大きくてオーソドックスなものを見つけました。
次は、落ち葉ベースですが、ちょっと幻想的なものにしてみました。

テンプレート5 テンプレート7

これは、神社だけどもクリスマスバージョンです。
次は、お正月に向けて、干支の「ネズミ」のワンポイントが入ったものです。

テンプレート8 テンプレート6

これは、お正月が過ぎ、雪の時期ですのでスノーマンバージョンです。
次は、春に向けて、「梅」を描いたシンプルなものです。

が…、やはり落ち着くところは一番初期のテンプレート。
字を濃く、そして大きくする術も覚えて、現在のものに落ち着いています。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

祝殿の改修♪

2008 - 05/07 [Wed] - 10:57

先月6日、市場割のI様邸祝殿(いわいでん)様の「遷座祭(せんざさい)」が行われました。

遷座祭1

「遷座祭」とは、神様をお遷し申し上げるお祭のことです。

遷座祭2

今回は、神様のお鎮まりになります御社殿の台座、基礎が不安定になってきたことにより、その基礎改修工事期間中、神様に一時的にお遷りいただくための「遷座祭」でした。

そして5月6日、基礎工事の完成に伴い、「鎮座祭(ちんざさい)」が行われました。

鎮座祭1

「鎮座祭」とは、神様にお鎮まりいただくお祭ですが、「遷座祭」で仮所にお遷りいただいていました神様に、基礎改修工事が整いました御社殿に新たにお鎮まりいただきました。

I様邸の祝殿様にお鎮まりいただいている神様は、「稲荷(いなり)大神様」と「蚕玉(こだま)大神様」です。

大神様の限りない御神徳御加護によりまして、
I様御家族皆様方の益々の御健勝をお祈りいたします♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「稲荷大神様」、通称を「お稲荷さん」といいます。
全国に、稲荷神社は約3万社あると言われています。
神社というのは、法人になっているものを数えますから、法人になっていない、いわゆる「祝殿様」で「お稲荷さん」がお祀りされているお社は莫大な数になるでしょう。
私がお邪魔させていただいた「祝殿様」の中でも、「お稲荷さん」をお祀りされている「祝殿様」が一番多いように思います。

稲荷神社の総本社は、京都にあります「伏見稲荷大社」です。

伏見稲荷大社

御祭神はの宇迦之御魂神(倉稲魂神・うがのみたまのかみ)様で、五穀また衣・食・住の神様として親しまれています。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

信濃グランセローズ♪

2008 - 05/06 [Tue] - 10:47

5日、伊那県営球場で行われました「BCリーグ(ベースボール・チャレンジリーグ)」「信濃グランセローズ対新潟アルビレックスベースボールクラブ」4回戦を見に行きました。

信濃グランセローズ1

残念ながら、天気予報は雨(涙。
「なんとか持ってくれ!」の願いも虚しく、雨が降ったり止んだりの天候の中ではありましたが、最後まで声援を送ってきました♪
球場には、悪天候にもかかわらず、また「子供の日」ということもあって1500人を超える観客で賑わっていました。

信濃グランセローズ2

球場の外では、地元伊那名物の「ローメン」や、駒ヶ根市から「ソースカツ丼」も応援にかけつけていました。
もちろん!我等が「マスターHさん」もいましたよ♪(詳細はマスターHさんのブログで)

グランセローズのスタメンには、辰野町出身の市川選手や、伊那市出身の坂田選手も名を連ねており、それぞれ故郷でヒットを放ってスタンドも大盛り上がりでした。

信濃グランセローズ3

試合は、4回に一死満塁のチャンスから、8番中村が今期初ヒットとなる右前適時打を放ち1点を先制。
続く、9番の伊那市出身の坂田が2点適時2塁打。
また、2アウトから2番今井が右中間を破る2点適時3塁打を放ちこの回5得点。

投げては今季初先発の小高が5回1失点と好投。
5対1で、信濃グランゼローズの勝利でした。

なかなか伊那市では試合がありませんが、次回は9月15日。
また月曜日ということもあり、是非応援に行きたいと思います。

♪今度は晴れますように♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

トップバッターで背番号4番の市川選手は、オフシーズンに駒ヶ根で働かれていたのですね(今朝の新聞より)。
ますます親近感がわきます♪
地元に野球チームがあり、この伊那谷出身の選手が活躍すると、本当に嬉しくなりますね♪
皆さんも、ファンクラブに入って「信濃グランセローズ」を応援しませんか♪

信濃グランセローズ4

大宮五十鈴神社は、信濃グランセローズを応援します(CM風に…笑♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

雑節♪

2008 - 05/06 [Tue] - 08:13

二十四節気(にじゅうしせっき)」「五節句(ごせっく)」ときましたが、「雑節(ざっせつ)」って聞いたことありますでしょうか?

「雑節」とは、その「二十四節気」と「五節句」以外の、季節の移り変わりの目安となる日のことを言います。

昔から、農家の方々は、中国の風習にもとづいた「二十四節気」では十分な季節の変化が分かりづらいため、この「雑節」はそれを補うために作られた日本独自の暦であります。

ですから、昔から日本人の生活の中に溶け込み、昔ながらの年中行事として行われています。

一般に「雑節」とよばれるものは次の9つです。

節分(せつぶん・2月3日)
彼岸(ひがん・3月20日・9月23日頃)
社日(しゃにち・春分または秋分に最も近い戊「つちのえ」の日)
八十八夜(はちじゅうはちや・5月1日頃)
入梅(にゅうばい・6月11日頃)
半夏生(はんげしょう・7月2日頃)
二百十日(にひゃくとおか・9月1日頃)
二百二十日(にひゃくはつか・9月11日頃)
土用(どよう・1月17日・4月17日・7月20日・10月20日頃)

雑節はどれも、農業に従事する人たちの生活の知恵の結晶ともいえるでしょうから、日本人の生活の上に密着した欠かせないものであります。

「八十八夜」が済んでしまいましたので、
「入梅(6月)」から書きたいと思います♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

端午の節句♪

2008 - 05/05 [Mon] - 08:43

今日5月5日は、「子供の日♪」。
そして、「五節句」の1つ、「端午(たんご)の節句」またの呼び方を「菖蒲(しょうぶ)の節句」です。

「端午」とは、「午月(うまつき)のはじめ」という意味です。
「端」が、「初め」といった意味で、「午月」とは、旧暦の5月を指します。
5月は、旧暦で午月にあたり、午(ご)と5(ご)の音が同じ事から、5日が端午の日とされて、5月5日を「端午の節句」というようになりました。

また、奈良時代に、「菖蒲(しょうぶ)」や「蓬(よもぎ)」を使って厄除けの儀式が行われるようになり、武士の時代になり「菖蒲」が「尚武(しょうぶ・武道、武勇を重んじること)」に通じ、5月の節句は男の子の節句となりました。
男の子の健やかな成長を祈り、「鎧(よろい)」や「兜(かぶと)」を飾るのは、こういったことからです。

また、「鯉のぼり」も飾りますが、これは、中国から伝わった習慣のようです。
中国の黄河の上流に「龍門」という所があって、「その急流を鯉が登りきると『龍』になる」という言い伝えがあるんだそうで(「登竜門(とうりゅうもん・立身出世の関門)という言葉もここから来ているそうです)、子供の無事と出世を祈って、鯉のぼりを立てるのだそうです。

今日にちなんだ「柏」や「ちまき」にも、
それぞれお子様のことを想った意味があります♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

知らない間に、アクセス6万を越えていました(ありがとうございます。
次は、66666を目指して頑張ります♪

こちらは、我が家の庭に咲いた花から♪

花0505

綺麗な「牡丹(ぼたん)」の花です。
こんな綺麗な花があるなんて…、そして写真に撮ってまた感動♪

「私ってプロ~?」(そっちかよ…笑。

全くの素人でも綺麗に撮れる、絵のように咲いた花、とても綺麗でした♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

立夏(りっか)♪

2008 - 05/05 [Mon] - 08:38

今日、5月5日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「立夏(りっか)」です。

暦便覧には「夏の立つがゆへ也」とあります。

読んで字の如く、「夏の立つ日」。
今日から、手紙の時候では「初夏」という言葉を使いますが、「夏が立つ」…「夏の始まり」という意味です。

5~7月の3ヶ月を、暦の上では「夏」といいますが、正確にはこの日から立秋の前日(今年は8月6日)までを夏といいます。

「立夏」は、野山が新緑に彩られ、夏の気配を感じられるようになる頃といった節気です。

私たち神職は、この「立夏」から衣替えをし、「立冬」まで夏服となります。

「羽織(はおり)」は、
世間一般にあわせて衣替えしますけどね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ゴールデンウィーク中のアクセスが減る(岳志さん談)ってのは、本当だったんですね(涙。

こちらは、一昨日、四徳神社から見た山です。

四徳神社53

駒ヶ根の山々も、「新緑の候」「初夏の候」が合う清々しい季節となりました♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

四徳神社♪

2008 - 05/04 [Sun] - 08:37

5月3日、「四徳神社(しとくじんじゃ)」の例祭がありました。

四徳神社1

現在、「四徳神社」は、駒ヶ根市の菅の台(駒ヶ根高原)に鎮座しています。

「現在」といいましたのは、「四徳神社」はもともと、中川村の四徳の郷の鎮守の神様でありました。
ご存知、三六災害(昭和36年に伊那谷を襲った悲劇)で、四徳から駒ヶ根・飯島などを中心に引っ越しをやむなくされた氏子の皆様は、「四徳神社」を、この駒ヶ根高原にある「高尾山薬王院駒ヶ根分霊院」の裏山に四徳から遷座し、そして毎年5月3日に例祭を行っています。

5月3日は、当「高尾山薬王院」のお祭でもあり、お祭にあわせて行われます「ごりやく市テントバザール、パフォーマンス大会」等に訪れる人・観光客で駒ヶ根高原は賑わいます。

四徳神社21

「高尾山薬王院」に続く参道

四徳神社22 四徳神社23 四徳神社24

その先にお鎮まり(仏教もお鎮まりでよいのでしょうか?)になる「高尾山薬王院」。
その高台に鎮座する「四徳神社」です。

四徳神社30 四徳神社31 四徳神社32

氏子の皆様により、準備が整いました。

四徳神社41 四徳神社42 四徳神社43


四徳神社51

御本殿は、この駒ヶ根高原にお遷しされていますが、四徳の神社もまだ残っています。

四徳神社(中川)

が、氏子さんが皆引っ越されてしまったのでは、神社だけ無事でも仕方ありません…。
奇跡的に残ったこの神社も、氏子の皆様によって綺麗に管理されています。

四徳の御先祖様にも感謝申し上げながら、
今日の例祭が滞り無く終了いたしました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

前にもお話ししましたが、当「四徳神社」の元の宮司さんは、こまつ家の恭二さんのお祖父さんが勤められていました♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

蔵♪

2008 - 05/03 [Sat] - 07:45

この日、2つの蔵に関わるお祓いがありました。
1つは、取り壊しの清祓(きよはらい)です。

蔵7

昔建てた「蔵」というのは、壁も厚く立派なものです。

蔵1

今回のお施主さんも、土台や壁を修理しようと見積もりまでとったそうなのですけれど、内壁をはがしてみるとそこはもう腐ってカスカス(写真では見えませんが…)になっていたとか。
外から見るとすでに傾いているこの「蔵」、ちょっとやそっとの改修では済まなくなってしまい、やむなく取り壊すことになったようで悲しがっていました。
今から30年前、母屋を立て替える際に、お施主さんはこの蔵で寝泊まりをしていたのだそうで、思い入れ想い出の詰まった「蔵」なんだそうですが、何かあってからでは遅い…ということで、泣く泣くの取り壊しです。

長い年月、家の宝を守り、想い出の詰まった「蔵」に感謝申し上げ、

取壊工事の工事安全をお祈り致しました。♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

そしてもう1つは、昨年12月19日に「起工式(きこうしき)」を行いました「トーハツ㈱様の倉庫棟」の完成に伴う「竣工式(しゅんこうしき)」です。

20071219165158.jpg


蔵3

大きな大きな倉庫棟でした。

蔵5 蔵4

中は、こんな感じです。

蔵6

施工は鹿島建設さん。
工期内に、無事故で立派な倉庫の建設を、お疲れ様でした。
当倉庫棟の完成により、益々のトーハツグループ様のご繁栄を心よりご祈念申し上げます。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

大きな祝殿様♪

2008 - 05/02 [Fri] - 08:12

29日、北割二区鎮座「S牧K牧祝殿」様の例祭がありました。

SK牧祝殿様4

「牧」というのは、同族のことを指します。

SK牧祝殿様1

こちらの祝殿様は、S様牧とK様牧の祝殿様で、毎年4月29日に例祭が行われます。
写真からも、大きな祝殿様であることが解っていただけると思いますが、私が伺わせていただいている祝殿様の中で一番大きな祝殿様で、兼務している神社よりも大きい御社殿です。

5軒のご家族が参列されますが、神社で行うのと同じように、この祝殿様では「献饌(けんせん)」をみんなで行って神様に神饌(しんせん・お供え物)を御供えします。

SK牧祝殿様2

「三方(さんぼう・お供え物を載せる台)」は、丸い形をしています。
この形のお三方は、他の祝殿様でも見かけますので、いつか調べてみたいと思います。

SK牧祝殿様3

防風林となる竹林、冷たい強風の中行ったこともありましたし、4月後半なのに雪がちらついた年もありましたが、今年は穏やかな暖かな気候の中行うことが出来ました。
S様牧K様牧ご家族皆様のご健勝と、ご発展を心よりお祈り申し上げます。

「献饌」を行う祝殿様はここだけです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「今日の斎場(ゆにわ)から♪」

下平にあります㈱高野製作所様、新社屋建設工事地鎮祭が行われました。

高野製作所1

新社屋は、上の原工業団地に建設されます。

高野製作所3 高野製作所2

新社屋建設工事の工事安全と、益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

5月「皐月(さつき)」♪

2008 - 05/01 [Thu] - 17:25

早いもので、5月突入です。
5月を、昔の呼び方でいうと「皐月(さつき)」と言います。

「皐月」とは、「さ」の月です。
桜の語源のブログでもお話しをしましたが、早苗(さなえ・稲の精霊)の「さ」の月ですから、稲作・農耕・耕作をの月という意味で「さつき」と呼ぶようになったと言われています。

稲の精霊の苗「早苗」を植える月、「早苗月(さなえづき)」を略して「さつき」と呼ぶようになったという説もあるようです。

では、なぜ「さ」が「皐」という字を使うようになったのでしょうか?
「皐」という字には、「神に捧げる稲」という意味があるそうなのですが、もともとは「白い光のさす大きな台地」という意味があるそうです。

辞書には、にごりなき明るさ、すべてを見通す高い所、遮るもののない広さという意味がありました。

私のインスピレーションですが、なんとも「清々しい季節」を表しているような気がしました♪

穏やかな季節ですね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今月、8日は岐阜へ、15日は千葉へ、26日は伊勢へ、30日は東京へ行きます。
すべて神社をお参りしてきますので、それぞれ報告させていただきますね♪

こっちもポチッとな~♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ


こちらは、草取りをしていて庭で見つけた山野草「一人静(ひとりしずか)」。
「二人静」という山野草は知っていましたが、これは庭にありながら初めて見ました(汗。

一人静

危うく抜いちゃうところでした(オイw

長野縣護國神社♪

2008 - 05/01 [Thu] - 08:39

4月30日は、「長野縣護國神社(ながのけんごこくじんじゃ)」の例祭です。

長野縣護國神社1
現在の参道は、石畳となっています。


「長野縣護國神社」は、松本市の美須々に鎮座しています。

私は、30日が都合が悪かったために、前夜祭(宵祭)に参列してきました。

長野縣護國神社2
宵祭ですので、辺りが薄暗くなってきました。


「長野縣護國神社」には、上伊那招魂社のブログでも書きましたが、長野県出身の(明治戊辰の役以来大東亜戦争に殉ぜられた)戦歿者の御霊がお祀りされています。

この時期はもう桜が散ってしまっていますが、御霊をお慰めする「桜」も、靖國神社や招魂社同様に沢山植えられています。

長野縣護國神社3
4月中旬頃の境内


前夜祭開始時刻は午後7時…ということで、夜の護國神社も幻想的です。

長野縣護國神社4

遺族会、また奉賛会の方々のご参列の中、前夜祭が滞り無く終了致しました。

前夜祭終了後、境内で花火大会が行われます。

長野縣護國神社5

夏に多い花火ですが、4月に上がる花火もまたいいです♪

長野縣護國神社6

昨年に続き2回目でしたが、少人数で見るにはもったいない気がします。
ま、境内以外では多くの方が見ているとは思いますが、打上花火のあと境内で仕掛け花火もあります。
今年は、このあとの会に出るため、仕掛け花火は見ずに帰ってきてしまいましたが、来年以降も例祭に参列できても、前夜祭と花火を見に来たいと思いました。

日程は、毎年同じです。
例祭4月30日、前夜祭29日です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


【余談】祭典までの待ち時間、控室に通されてお茶を戴きました。
お茶には、お菓子も付いてきました。

長野縣護國神社7

この辺では、このお菓子のことを「ごくう」と呼びます。
1人のお爺ちゃんが言いました…「これはな~、一口で『ごくん』と食べれちゃうから、『ごくう』と言うんだよ」(笑。

私は「御供」と書くと理解しています。
神様にお上げしたもの「御供え(おそなえ)」のお裾分けを戴くような意味だと思います。
「人身御供(ひとみごくう)」とも言いますが、これは違う意味ですね(汗。

こっちもポチッとな~♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

« | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード