FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年05月01日  

5月「皐月(さつき)」♪

2008 - 05/01 [Thu] - 17:25

早いもので、5月突入です。
5月を、昔の呼び方でいうと「皐月(さつき)」と言います。

「皐月」とは、「さ」の月です。
桜の語源のブログでもお話しをしましたが、早苗(さなえ・稲の精霊)の「さ」の月ですから、稲作・農耕・耕作をの月という意味で「さつき」と呼ぶようになったと言われています。

稲の精霊の苗「早苗」を植える月、「早苗月(さなえづき)」を略して「さつき」と呼ぶようになったという説もあるようです。

では、なぜ「さ」が「皐」という字を使うようになったのでしょうか?
「皐」という字には、「神に捧げる稲」という意味があるそうなのですが、もともとは「白い光のさす大きな台地」という意味があるそうです。

辞書には、にごりなき明るさ、すべてを見通す高い所、遮るもののない広さという意味がありました。

私のインスピレーションですが、なんとも「清々しい季節」を表しているような気がしました♪

穏やかな季節ですね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今月、8日は岐阜へ、15日は千葉へ、26日は伊勢へ、30日は東京へ行きます。
すべて神社をお参りしてきますので、それぞれ報告させていただきますね♪

こっちもポチッとな~♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ


こちらは、草取りをしていて庭で見つけた山野草「一人静(ひとりしずか)」。
「二人静」という山野草は知っていましたが、これは庭にありながら初めて見ました(汗。

一人静

危うく抜いちゃうところでした(オイw

スポンサーサイト



長野縣護國神社♪

2008 - 05/01 [Thu] - 08:39

4月30日は、「長野縣護國神社(ながのけんごこくじんじゃ)」の例祭です。

長野縣護國神社1
現在の参道は、石畳となっています。


「長野縣護國神社」は、松本市の美須々に鎮座しています。

私は、30日が都合が悪かったために、前夜祭(宵祭)に参列してきました。

長野縣護國神社2
宵祭ですので、辺りが薄暗くなってきました。


「長野縣護國神社」には、上伊那招魂社のブログでも書きましたが、長野県出身の(明治戊辰の役以来大東亜戦争に殉ぜられた)戦歿者の御霊がお祀りされています。

この時期はもう桜が散ってしまっていますが、御霊をお慰めする「桜」も、靖國神社や招魂社同様に沢山植えられています。

長野縣護國神社3
4月中旬頃の境内


前夜祭開始時刻は午後7時…ということで、夜の護國神社も幻想的です。

長野縣護國神社4

遺族会、また奉賛会の方々のご参列の中、前夜祭が滞り無く終了致しました。

前夜祭終了後、境内で花火大会が行われます。

長野縣護國神社5

夏に多い花火ですが、4月に上がる花火もまたいいです♪

長野縣護國神社6

昨年に続き2回目でしたが、少人数で見るにはもったいない気がします。
ま、境内以外では多くの方が見ているとは思いますが、打上花火のあと境内で仕掛け花火もあります。
今年は、このあとの会に出るため、仕掛け花火は見ずに帰ってきてしまいましたが、来年以降も例祭に参列できても、前夜祭と花火を見に来たいと思いました。

日程は、毎年同じです。
例祭4月30日、前夜祭29日です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


【余談】祭典までの待ち時間、控室に通されてお茶を戴きました。
お茶には、お菓子も付いてきました。

長野縣護國神社7

この辺では、このお菓子のことを「ごくう」と呼びます。
1人のお爺ちゃんが言いました…「これはな~、一口で『ごくん』と食べれちゃうから、『ごくう』と言うんだよ」(笑。

私は「御供」と書くと理解しています。
神様にお上げしたもの「御供え(おそなえ)」のお裾分けを戴くような意味だと思います。
「人身御供(ひとみごくう)」とも言いますが、これは違う意味ですね(汗。

こっちもポチッとな~♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード