日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年06月  

雨の大祓式♪

2008 - 06/30 [Mon] - 07:35

6月29日といえば、梅雨真っ直中ですからね…雨は仕方ありませんが、そんな中「平成20年度 大宮五十鈴神社 夏越大祓式並びに茅の輪神事」が斎行されました。

27日、年番(祭典当番)区の総代様を中心に、鼠川(ねずみがわ)から葭(よし)を刈ってきていただき、境内に茅の輪が飾られました。

本日12時、総代の皆さんが集まり、最終準備と総代会を開き、12時半から受付です。
雨足は強くなるばかり、でもそんな中、氏子の皆様が集まってきてくださいました。

1時開式、本来であれば御社殿の前庭で行う大祓式ですが、雨ですので拝殿の中で行いました。
大祓詞(大祓詞)を奏上し、人形(ひとがた)と切麻(きりぬさ)で自分の身を祓い、大麻(おおぬさ)で全員をお祓いし、木綿を八針(やはり)に取り裂くといった昔ながらのお祓いをします。

雨が降っていなければ、続いて「茅の輪神事」ですが、ここで先にご挨拶をさせていただきました。

外はまだまだ雨、「水無月の 夏越の祓 する人は 千歳の命 延ぶというなり」の古歌を歌いながら茅の輪をくぐることが出来ませんので、拝殿の中でご参列の皆さんと一緒に何回か歌い、各自でくぐっていただくこととさせていただきました。

雨の大祓式2

お帰りの際に、ご参列の方には茅の輪を小さく作った「茅の輪守」と「災難除けの御札」、そして「銘菓『夏越』」をお渡し致しました。

雨の大祓式1

「茅の輪守」は、玄関の中、軒(ご家族皆様が、下をくぐるように、上の方)に貼ってお祀りして下さい。

雨の中のご参列、ありがとうございました♪

夏越大祓式の本日は、今日「6月30日」です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

7月5日頃まで、境内の茅の輪はそのままにしてあります。
茅の輪の横に、古歌の歌詞と、くぐる順序を書いたものがありますので、それにならってくぐって下さいね。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

梅雨を迎えて♪

2008 - 06/29 [Sun] - 10:16

土蔵修繕1

雨が降る前に、神社総代の皆様が境内を点検に歩いたところ、土蔵(土蔵のお話し♪ブログ)の屋根がかなり傷んでいるのを見つけ、総代会にかけて修繕することを決めました。

土蔵修繕2

土蔵の屋根は瓦葺き、神社の中の建物は、周りが木で覆われていますから、どうしても枝が落ちたり、枝の雪が凍って落ちたりして傷みやすいんです。

土蔵修繕3

今回は、野地板っていうのでしょうか、瓦を敷く板も腐っていたので、野地板ごと葺き替えを致しました。

土蔵修繕4

結構な大工事になりましたが、短期間で素早く行っていただきました。

また、これは前から言われていたのですが、雨が降ったとき、新拝殿と本殿の屋根の接続が悪く、雨がつたう(変なところに水がかかる)ところも改修していただきました。

本殿修繕

長持ちさせるためには、早め早めの改修が必要ですね♪

これで、快適?な梅雨が送れます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日は、梅雨!と言った雨模様です(苦笑。
本日行われます「夏越大祓式」も、どうやら雨の中となってしまいそうです。
拝殿の中で大祓式をして、一通り済ませてから「茅の輪」をくぐりたいと思います。
「茅の輪」は、来月5日くらいまでは境内に設置しておきますので、ご都合にあわせて御参拝下さい♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

野球部必勝祈願♪

2008 - 06/29 [Sun] - 08:40

今年も、いよいよ「夏の高校野球」の時期がやって参りました。
今年で第90回を数えます「全国高校野球選手権」。

毎年、駒ヶ根工業高等学校(通称 駒工)野球部では、地方大会に先立ち「必勝祈願祭」並びに、部員の健康安全祈願祭が行われます。

駒工必勝祈願

今年も6月28日、梅雨の晴れ間を縫って、駒工のグランドで行われました。

朝7時、綺麗に整えられましたグランドに着きました。
準備を終え、野球部員の皆さんが出てきました。
昨年に比べ、人数の多いことに驚き聞いてみると、昨年の役倍の部員数とのこと。
部員数が増えるということは、単純にレギュラー争いの競争も激しくなり喜ばしいことだなと思いましたら、練習もしやすいんだとか…。

今年も、既に抽選会が終わり組み合わせも決まっているようです。
普段の練習の成果が発揮され、悔いのない試合が出来、勝利に結びつくよう、健闘をお祈りいたします。

く~も~は~晴~れ~、光溢~れ~て~♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

高校を卒業して、早22年がたちました(汗。
あの頃が、懐かしいですね~。

あの頃は、思い切り走ることが出来ました(笑。

白いユニフォーム

青い空

グランドの砂ぼこり

溢れ出る汗

そそり立つ銀屋根

「カキーン!」金属バットの音

アナウンスの声




4番 ファースト





清原(清原か~い…髭男爵?)

そうです、私は清原・桑田と同年です♪

それだけです。。。

私の母校は駒工ではなく赤穂高校ですが、私が所属していた弓道部は、駒工の近くにあります「馬見塚公園」の「弓道場」で毎日練習をしていましたので、あの風景が大変懐かしく思い出されました。

こちらも応援ポチをお願いします♪にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宇佐神宮と東大寺♪

2008 - 06/28 [Sat] - 06:50

「先日、華厳宗(けごんしゅう)の大本山『東大寺(とうだいじ)』に所用があって行ったら、『宇佐神宮(うさじんぐう)』の神職さんが来ていたけど、どういう関係があるの?」と言ったご質問を戴きました。

東大寺
Wikipedeia「東大寺」より


「東大寺」は奈良時代創建と言われています。
「東大寺」のご本尊(ほんぞん)は、「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」奈良の大仏…として有名ですよね。

「宇佐神宮」は、九州大分県にあり全国の「八幡(はちまん)さま」の総本社で、御祭神は応神天皇(おうじんてんのう・誉田別尊・ほむだわけのみこと)通称「八幡大神さま」です。

その昔、宇佐神宮と東大寺には、大仏建立の際に大きな関係がありました。
奈良時代は、天変地異、疫病の流行により、人々はとても苦しんでいました。
また、当時の律令制の税の負担はとても大きく、社会全体に不安な空気が漂っていました。

当時の都は、現在の奈良にありました。
都でも、藤原氏対反藤原氏の対立も激しく、奈良の都は暗雲が立ちこめ、ほうぼうで戦が勃発しました。
そんな時、当時の聖武天皇は、九州での「戦いの前に、必ず『宇佐神宮』に祈願する事」を命じていました。
祈りが通じ、板櫃川(いたびつがわ・北九州市)を挟んでの合戦(板櫃川の戦い)で、朝廷軍が勝利しました。
聖武天皇は、感謝の意を表すために、「宇佐神宮」の「弥勒寺(みろくじ・宇佐神宮寺)」に三重の塔を寄進し、朝廷の「宇佐神宮」に対する信頼はいっそう深まっていきました。

「仏教の興隆なしに、世の不安は解消できない!」
これが、当時の天皇、聖武天皇の考えでしたが、自然災害・社会不安をなくすために仏教の興隆を考えた聖武天皇は、全国に「国分寺」と「国分尼寺」を建て、奈良には「東大寺と大仏」を造ろうと考えました。

聖武天皇の緻密な計画により、「藁(わら)を一本でも運べば、仏によって救われる」この言葉を励みとした人々は大仏建立に参加しました。
しかしながら、あの大きな大仏です。
今でさえ、重機を使いクレーンでつって足場をかけて…と文明の利器を使っても大変な作業ですから、昔の人にとってはそれはそれは大変な作業だったと思います。
度重なる失敗、年を経るに従って、人々の暮らしへの影響も大きくなり、大仏造りはなかなか捗りませんでした。

こうなったら、都を遠く離れた九州「宇佐神宮」の八幡大神さまに頼るしかないと、勅使を度々派遣して、数々の寄進を重ねました。
そして747年、遂に八幡大神さまの「全面協力しよう」といったお告げがありました。

その後、大仏鋳造に成功した聖武天皇は、「八幡大神」さまを奈良に招き、「東大寺」の守護神として祀った(現在の「手向山(たむけやま)八幡宮」です)のが、「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」の始まりと言われています。

それから3年後(7度の失敗、計10年の年月を経て)、「大仏開眼」を迎え、「八幡」さまは「東大寺」の守護神とされています。

「手向山八幡宮」は、八幡宮ご分社第1号です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

明治時代の「神仏分離」で、「東大寺」からは独立しましたが、「八幡大神」さまは「八幡大菩薩(だいぼさつ)」と言われるほど仏教伝来時の「本地垂迹(ほんちすいじゃく・神は仏の化身といった考え)」が残っているのかも知れません。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

茅の輪神事♪

2008 - 06/27 [Fri] - 08:36

昨日、「夏越(なごし)大祓(おおはらい)式」につきまして書きました。
今日は、「茅の輪(ちのわ)神事」につきまして書きます。

「茅の輪神事」は、「備後国(びんごのくに)風土記(ふどき)」に由来します。
【登場人物】
武…武塔神(ぶとうしん)
蘇…蘇民将来(そみんしょうらい)
巨…巨旦将来(こたんしょうらい)

武塔神は、旅をしていました。
ある村を通りかかったとき、日が暮れそうでしたので、今日の宿を探していました。

武「これは裕福そうなお家じゃな~。訪ねてみようか。ごめんください。今夜一晩泊めていただくことは出来ませんでしょうか?」
巨「残念ながら、我が家には部屋がありません。他をあたってくださいな。」

巨旦将来は、長旅をしてくたびれきった武塔神の身なりを見て、宿泊を断りました。

武「困ったな~。それでは、こちらの家を訪ねてみましょう。ごめんください。今夜一晩泊めていただくことは出来ませんでしょうか?」
蘇「おやおや、旅のお方。お疲れでしょう。残念ですが、見ての通りのあばらや、たいしたおもてなしも出来ませんが、それでも良ければ喜んでお泊め申し上げます。」
武「それはありがたい。便所の前でも、土間でもどこでも良いので、泊めていただきたい。」
蘇「お恥ずかしい限りではありますが、それではどうぞお上がり下さい。」

と言ったかどうかは解りませんが(笑)、蘇民将来は貧しいながらに、粟のご飯を炊き、今出来る限りの精一杯のおもてなしをし、武塔神を泊めました。
数年後、武塔神はその村を再び訪れました。

武「蘇民将来さん、いつぞやは泊めていただいてありがとうございました。実は、私はスサノオの神であります。やがて、この村に疫病が流行ります。そのとき、この『茅の輪』を腰から下げていれば、難から逃れることが出来るでしょう。」

と言って、去って行きました。
やがて、その村に疫病が流行ったとき、蘇民将来一家は疫病にかかることなく生き延びた…というお話しです。

大祓2

やがて、その「茅の輪」が軒(のき)につるされるようになり、これを大きく作ってくぐり流行病から逃れる、健康祈願の神事となったと言われています。

6月29日(日曜日)1時開式です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社では、「夏越大祓式」をお受けになられた方(一家庭に1つ)に、「茅の輪守」をお授けしております。
お受けになりましたら、玄関の軒につるして、ご家族皆様のご健康をお祈り下さい。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

夏越大祓(なごしおおはらい)♪

2008 - 06/26 [Thu] - 08:33

「水無月(みなづき)の 夏越(なごし)の祓(はら)い する人は 千歳(ちとせ)の命 延ぶと言うなり」

今年も、早半年が過ぎようとしています。
大宮五十鈴神社では、半年に1回ずつ「大祓式(おおはらいしき)」を行います。

大祓1

6月晦日の大祓式を「夏越(なごし)大祓式」。
12月晦日の大祓式を「師走(しわす)大祓式」といいます。

「大祓式」とは、半年の間、知らず知らずのうちに身についた「罪や穢(けが)れ」を祓い、次の半年を元気に過ごしましょうといったお祓いの式です。
また、6月の「大祓式」は、お盆に御先祖様を迎える前に…、12月の「大祓式」は、お正月に歳神(としがみ)さまを迎えるに当たり…、それぞれに心と体を綺麗にするといった神事です。

神道でいう「ケガレ」とは、汚い…いわゆる「汚れ(けがれ)」ではなく、「気が枯れる」といった意味の「ケガレ」です。
「気」とは、元気の気、気持ちの気であって、その「気」が枯れるとは、悲しい…痛い…落ち込む…変…沈む…といったようなことを言います。
その枯れた「気」、つまりケガレが体に溜まると、人は病にかかると言われていますので、半年に1度お祓いをし「ケガレ」を祓うといった神事が、古来より行われています。

「夏越大祓式」では、引き続き「茅の輪(ちのわ)神事」が行われます。
「茅の輪神事」では、冒頭の和歌を詠いながら、境内に設置された「茅の輪」をくぐる神事です。

大祓2

本年の「夏越大祓式並びに茅の輪神事」は、6月29日(日曜日)午後1時(受付は12時半より)より斎行(さいこう)されます。
初穂料は、1家庭で千円頂戴致します。

※雨天決行※
ご近所お誘い合わせの上、ご参列下さい♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

何と言っても、梅雨のど真ん中の行事ですから、毎年梅雨空と睨めっこ…。
雨が上がっていて欲しいんですけれど、農作物のことを考えれば雨が降って欲しい…、人ってわがままな生き物ですね♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

敬神婦人会浅野温子さん♪

2008 - 06/25 [Wed] - 08:32

今日は、旅行の募集案内です♪
今年の9月25日、伊勢市にあります「三重県営サンアリーナ」で、「全国敬神婦人大会」が行われます。
今年は、創立60周年の記念大会ということで、女優の「浅野温子」さんをお迎えし、記念公演が行われます。

敬神婦人(浅野温子)

「浅野温子」さんは、全国の神社を回って「語り部(かたりべ)」として「日本神話への誘(いざな)い」と題した古事記の語り舞台をしていますが、長野県でも公演したことがありませんし、滅多に見られるものではありません。

この大会にあわせ、長野県神社庁では、1泊2日の旅行(28,000円)を企画しましたが、当長野県神社庁上伊那支部では、長野よりも伊勢に近いことと、女性が気軽に旅行できるのは日帰りだろうということで、独自に日帰り旅行を企画しました。

【旅行詳細】
一、期日 平成20年9月25日(木曜日)
一、出発 午前6時(駒ヶ根IC)
一、費用 5千円
一、備考 昼食・神宮御垣内参拝初穂料込
一、資格 上伊那在住の女性限定
一、募集 先着40名・定員になり次第締切

午前10時に伊勢神宮外宮(げくう)にお参りして、11時に内宮(ないくう)の御垣内(普段お参りするところより中に入って)参拝し、神楽殿(かぐらでん)で御神楽(おかぐら・舞)の奉納をして昼食(女性ですので、男性よりお酒を飲まないため少し良い物を食べようかな?)、「おかげ横丁」でお土産の買い物をして、三重県営サンアリーナで「浅野温子」さんの公演を見て、午後8時頃には帰宅…といった旅行です。
それぞれから助成をいただきながらの旅行ですので、大変お得な旅行です。

40名限りですので、あっという間に満員になってしまうと思いますが、興味のある方、参加希望の方はお申し出下さい♪

女性ではありませんが、私も行きます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

団体行動ですので、今回もとーこさんには会いに行けそうもないですね(涙。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

目顔深い当日♪

2008 - 06/24 [Tue] - 18:25

先日のブログで書きました「目顔深い♪」当日がやってきました。
土曜日、仙台からサンセールさんが来駒、日曜日に岳志さんとサンセールさんで三重までとーこさんご主人さまを迎えに(ご夫妻と飲みに?)行き、月曜日全員で来駒されました。(人気ブログランキングドリンク部門上位の面々です)

「目顔深い」に向け、参加者(主にブロガー)は1人一品のツマミ持参という指令が、「目顔深い」会場となる『越百』のえっちゃんから飛び、皆苦労して考えて持ち寄りました♪
それにしても、凄い量のツマミ…(汗。

料理1

テーブルに載りきらない分は、取り回しです…写真は撮りきれませんでした(涙。

料理2 料理3

料理4 料理5

料理6 料理7


いわたやさんから駒ヶ根名物「ソースかつ」「グラタン」、伊那の某店から「鰰(はたはた)などのお魚のフライ」、伊那名物「ローメン」などがお店から届き、各自が持ち寄った「新生姜煮」「わさび漬け」「半殺し(キムチのような物)」「野沢菜」「サーモンのカルパッチョ」、岳志さんの奥さんが作った「コロッケ」「胡麻豆腐」に、『越百』の定番メニューから「馬刺」「蜂の子」「手作り蒟蒻」「イナゴ」なども出ました。
我が家からは、(我が家といっても家で作っているわけではありませんが…)例の「トマト」を持っていきました。

『越百』の暖簾をくぐると、既に宴会は始まっていました。
そうは言っても初対面の方々が多くいらっしゃいますので、最初は緊張しましたよ。
一通り名刺の交換を終え、席について飲み始めると「オフ会」ならではの不思議な雰囲気…駒ヶ根の人とだって、そんなに会っているわけでもありませんが、毎日お互いのブログを見ているわけですから話が弾まないわけありません。
そして、サンセールさんやとーこさんご夫妻は、まさしく初対面でしたが、ブログを拝見させていただいていますので打ち解けるのはあっという間でした(笑。
ブログ以上でも?(笑)以下でもなく、ブログ通りの面白く優しく温かい皆さんでした♪

酒

お酒はもちろん岳志さん「長生社」の『信濃鶴』と、とーこさん「元坂酒造」の『八兵衛』。
会話が弾めばお酒も弾む♪
だんだん人も増えてきて、喋っている声が通らない通らない(苦笑、席を移動しながら楽しい酒宴は続きました。

今朝のブログにあった写真は、北海道のブロガーBOSSさんがこの日のためにと送ってくれたTシャツです。
BOSSさんとの約束だとかで、岳志さんが宴会の様子をライブでブログにアップしていました。
さぞ、BOSSさんは悔しかったことでしょう…(笑。

Tシャツ
(別の角度から…)


「5月の森はサンセール」の「5」、「八兵衛」の「8」、「信濃鶴」…「つる」で「26」何とも凝っています。
当日は来られませんでしたが、タッキーさんから猪肉の差入れがありました(タッキーさんご馳走様でした)。

ウコン

写真の手は、とーこさんのご主人が「八兵衛」の8を出して猪肉を隠しているところです(笑。
いちいち「とーこさんのご主人」とお呼びするのは失礼?ですから、いっそのこと「八兵衛」さんにしちゃいましょうか?(笑笑

蕎麦1 蕎麦2

締めはやっぱり「蕎麦」です…しかも、みんなが飲んでいる後ろでコツコツと蕎麦を打っていた岳志さん作の「蕎麦」です。
この日のために、『越百』に通い蕎麦うちの練習をしてきた岳志さん、その甲斐もあって前回の蕎麦とは格段の差、何が驚いたって…蕎麦にこうも違いがあるんだってことでした。

さて、いよいよ終宴…オフ会定番の2次会場『しゅせん』黄身ちゃんは、かなり良いペースで目の前で飲んだくれて(笑)今日はお休み~と言っています。
が、そこは黄身ちゃん、急遽お店を開けてくれることに!

カラオケ

民族大移動、大カラオケ大会が始まりました♪
何時に終わったのでしょうか?
岳志さんのライブブログを見ると、最後が3:20となっていますが、本当でしょうか(汗。

本当に楽しい会でした。
集まった方々と話しをしていると、あっと言う間に時間が過ぎていきます。
ただの酔っ払い?…かも知れませんが、お話しの中から得る物もありました、考えさせられることも沢山ありました。
とーこさんのブログは、文章を書くのはとーこさん、そして書いた文に色を付けたり行間を工夫したりして最終の構成をしてアップするのはご主人…ということは自身のブログで明らかにして(させられて?)いる通りですが、私は「その逆をやった方が良い」といったご意見をいただきました。
確かに「難しい」「読めない字が多い」「固い」といったご意見を良くいただきます(汗。
沢山の人に分かりやすいブログにするために、まずは嫁が分かるようなブログにすることが大切…ということで、書いた文を嫁が目を通して分かり易くしたものを、私がアップするということだそうです。
とても手間がかかりそうで実現は難しいですけれど、要はそのくらい分かり易く砕けた文章でなければ駄目ということは良く分かりました。
他にも、神社に対しても意見をいただき、とても有意義な時間となりました。

最後になりましたが、参加者です(もういい?…笑)。
今回はブログのオフ会ですので、ブロガー(ブログを書いている人)が中心で、コメンテーターも数人加わり、いつもの常連さんも集まってきました。
全員は無理ですので、ブロガーの皆さんだけ紹介しますね♪
「専務取締役杜氏の純米酒ブログ」岳志さん
「5月の森はサンセール」サンセールさん
「とうこの ほろ酔いブログ」とーこさんと八兵衛さん
「いい会社ってどんなだろう」acbさん
「酒と料理の釣りバカ日誌」hamaちゃん
「マスターHのひとり言EX」マスターHさん
「スナックしゅせんの『今日もビールがうまかった♪』」黄身ちゃん
「えっちゃん、あれていく!」えっちゃん
「やる気ナシ」aSaっち
といった面々で、これでもか!っていうくらいの地元の食材を戴きながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。
どんだけ書いても書いても書ききれませんが、このくらいで勘弁してあげましょう(笑♪

今や、ブログは宝です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

それにしても、岳志さんのブログは、いろんな人、沢山の人が見ています(なんてったってドリンク部門で全国トップですから)から、昨晩のライブ中継だって見ている人が沢山いたと思います。
今朝、地鎮祭に行きましたら…「あれ?普通じゃん!」って言われました…。
「え?」と聞き返しましたら、「昨夜は楽しかったみたいね~、酔ってないじゃん」って(汗。
そりゃ、次の日のことを考えてセーブしてましたよ♪
美味しいお酒に美味しいツマミに、そして温かい人々、最高でした♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。。。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

昨夜の出来事♪

2008 - 06/24 [Tue] - 09:13

「朝起きて 振り返りみる 目顔深い 最(いと)楽しけれ 5に26(つる)に8」

BOSSさんのように、吟じれませんので(笑)詠ってみました…本当に楽しかった「目顔深い(メガオフ会」でした。

20080623202613.jpg

こればかりは、チョチョイとは書けませんので、お祭から帰ってきてからじっくりと書かせていただきたいと思いますペコリ(o_ _)o))

☆こちら☆に、信濃鶴の岳志さんによるライブブログがあります♪

いや~、本当に楽しかったです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

素敵。東儀!秀樹…感激♪

2008 - 06/23 [Mon] - 08:21

22日、駒ヶ根市にあります「安楽寺」さんに、雅楽師「東儀秀樹」さんが講演におみえになりました。

東儀秀樹講演会

「東儀秀樹」さんといえば、現在放映中のNHK大河ドラマ「篤姫(あつひめ)」の「孝明天皇」役でこれからも活躍がみられますが、奈良時代から続く雅楽家の家系に産まれ、父親の仕事の都合により海外で幼少期を過ごし、帰国後宮内庁で雅楽を学び楽師として活躍され、退職後は雅楽とオーケストラのコラボレーションなど音楽を中心に、俳優やタレント活動にと幅広く活躍されている方というのは、ご存知のことと思います。

先日、所用で「安楽寺」さんを訪ねたとき、この講演ポスターが貼ってあるのを拝見し、「東儀秀樹」さんが来駒することを知りました。
私は、午後3時から地鎮祭がありましたので諦めていたのですが、雨降りにより早朝に延期の連絡が入り、拝聴することが叶いました。

雅楽や楽器のお話しから、日本文化のお話し、生い立ちから病歴、自身の考え方や生き方などなど、それはそれは楽しく有意義な時間、素晴らしい講演でした。
そして、雅楽の演奏は、日本人の心に響き間違いなく癒しの音楽でした。
まがいなりにも(というか、東儀さんの演奏を聴いてしまうと間違いなくマガイですが…滝汗)雅楽に携わる私にとって、非常に考えさせられることが多くありました。

中でも「やりたいことをやる」「やらないのなら、そんなにやりたくないのでは」という言葉は、「やらなければいけないことはすぐやる」に通じ、40歳の自分の心に強く響きました。
ギター・ピアノをはじめ、本職以外にバイクに車、レースに陶芸や絵画など、多趣味な東儀さんは、すべて趣味の域を超えて取り組んでおられるといった紹介がありましたが、あのお方だけ1日が48時間あるわけはありません。
1日24時間しかないこと、これだけはみんな平等なはずですから、自分にだってやってやれないことはない…といった力強い気持ちをいただきました♪

「ソ」の音は肝臓(2日酔いなど)に効き、「ミ」の音は呼吸器(花粉症など)に効くのだそうですが、パッと言われもその音階が出ない…(苦笑。

東儀さんの3管「笙・篳篥・龍笛」最高♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私の目標は3管王(笙・篳篥・龍笛すべて吹けるようになる)、もちろん東儀さんのようにすべてプロにはなれませんが、私にだってやってやれないことはない…はずv。

先日、愛知神青の60周年のお話しを書きましたが、長野神青50周年のとき、東儀さんに公演依頼をしたことを思い出しました。
都合があわずに断念したのですが、あれから10年、更に勢いを増し芸に技に磨きをかけた東儀さんに感激しました。

ちなみに、50周年のときにお越しいただいたのは、当時同じくNHK大河ドラマ「北条時宗」の主役に抜擢されたばかりの狂言師「和泉元彌」さん。
同じく日本文化の伝道師ですが、マスコミに叩かれっぱなし…(涙)、そんなに悪い人じゃないんだけどな~。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲大社(4)♪

2008 - 06/22 [Sun] - 08:57

ダラダラ書いていてもキリがありませんし、ここで一旦「出雲大社(いずもおおやしろ)」編は最終章としたいと思います♪

特別拝観を終え大満足の一行は、昼食をとって歴史博物館から出雲観光に出掛ける本隊とは離れ、一路帰路につきました。

出雲大社特別拝観

御本殿では撮影禁止でしたので、これが精一杯の写真です。

さぁ、ここまで書くと、何としてでも行ってみたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか(笑。
今後の「出雲大社御本殿特別拝観」の日程を調べてみました。

7月19日(土)~21日(月)受付9時
8月1日 (金)~17日(日)

7月が新しく追加されたようです。
拝観に当たっては、注意事項があります。

まずは服装ですが、襟付・袖付のシャツ、長ズボン、スカート、和装、靴等の失礼のない服装で、Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、短パン、カーゴパンツ、ミニスカート、作業着、サンダル、ミュール等では拝観できませんので、ご注意下さい。
5月、特別拝観をされた方のいろんなブログが書かれていますが、実際に御本殿に上がれない方もいたということです。
せっかくの機会ですので、正装…とまでは言いませんが、それに近い格好でお出掛け下さい。

他にも、「御本殿の階段は高段差・急傾斜です」「撮影は固くお断り」「酒気を帯びての拝観はお断り」「御社殿に傷をつけない」「建物に手を触れない」「火気や危険物は持ち込めない」「拝観料は頂いておりません」「事前予約は承っておりません」「祭典や天候等により、止むを得ず拝観を中止する場合があります」などの注意事項がありますが、特別な場所であり、しかも国宝でありますので、最低限のマナーを守って拝観して下さい。

5月に拝観した方々のブログを見せていただきましたが、特別拝観当日は大変混雑するようです。
受付2時間前に着いたのに、駐車場に入るまで・入ってから・受付まで・拝観まで…等々で4時間待ったなんて言う方のブログもありました。

超混出雲

これは、その方のブログから拝借したものですが、今後の拝観は更に混雑が予想されますので、充分な覚悟?準備の上お参り下さい。

ネズミーランドより並んだ…というブログもありました。
それでも皆さんの感想は「感激した~」でした♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ちなみに、長野県駒ヶ根市から出雲までは、ナビ通りに休まずゆっくり走って8時間です。
ですので、普通に走って何度か休憩をとっても8時間見ておけば充分だと思います。
60年に1度の「特別拝観」、是非お参りいただき、せっかくの出雲国散策ですから、これまでのブログを参考にしていただければ幸いです♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

祝 愛知県神道青年会創立60周年♪

2008 - 06/21 [Sat] - 10:28

出先から投稿させていただきましたが、表題の件にて愛知県は名古屋へ行って来ました。
前日、飯田のM副会長の家、「矢高稲荷神社」にて長野県神道青年会の役員会が行われ、そのまま宿泊。

矢高稲荷神社

朝、会員14名で愛知へと出発いたしました。

式典は夕方4時からということで、しっかり時間があります。
10時には名古屋入りした一行は、名古屋名物「尾張名古屋は城で持つ」とまでうたわれる金の鯱(しゃちほこ)で有名な「名古屋城」へ行きました。

名古屋城2 名古屋城1

名古屋こそ何度も訪れたことはありますが、名古屋城はほんの数回、しかもいつ訪れたのか忘れてしまうほどでした…。
会員の中には、もちろん初めての人も居ました。

名古屋城3 名古屋城4

名古屋城は、織田信長誕生の城、尾張徳川17代の居城とされ、日本三名城と称されてもいます。

ゆっくり拝城の後、一同は昼食をとりに「熱田神宮(あつたじんぐう)」へ車を止め、向かった先は「ICメイツ」。
聞き慣れない名前だと思いますが、それもそのはず…熱田神宮に御縁のある会員数名の馴染みの喫茶店なのです(笑。

ICメイツ1 ICメイツ2

おすすめの「ハムトースト」と「ハムサンド」、またスパゲティーを戴きましたが、お昼前から10人以上予約が入った喫茶店は、前代未聞かも知れませんね(笑。

熱田神宮1

お腹が膨れた一行は、「熱田神宮」を正式参拝(昇殿参拝)しました。

熱田神宮2

折しも「熱田神宮」は、創祀1900年にあわせ、御造営の真っ最中でした。

熱田神宮3

境内、また宝物殿の説明をいただき、こちらもゆっくりと有意義な時間を過ごさせていただきました。

いよいよ、「愛知県神道青年会60周年記念大会」です。
神道青年会は、40歳以下の青年神職の団体ですが、長野県と同じく各県にあり、又その全国組織を神道青年全国協議会といいます(過日の伊勢街道徒歩の旅は、その事業です)。
長野県は、愛知県と同じ「東海地区(東海五県)」に所属しています。
昔から、愛知県はとても勢いがあり、長野県はその勢いにつられてというか引っ張っていってもらっており、神青では愛知は長野の兄貴分のような存在です。

記念大会1

また、当ブログコメンテーター(笑)でもあります、「安28会」さんが現在の愛知神青の会長を勤めておられますので、是非に…ということで若い会員に連れて行ってもらいました。

記念大会2

相変わらず勢いのある愛知県を見せていただきました。
当県も、本年60周年を迎え、会員一同計画を練っています。
当県の式典は11月の初旬になるようなことをいっていましたが、若い会員にとって良い勉強になったと思います。

愛知県さん、おめでとうございました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

60年と一言でいっても、戦後の混乱時期から現在に至るまで、それはそれは大変なご苦労があったことと思います。
歴代会長さん始め、先輩諸賢のご苦労ご尽力を感じながら、更なる斯道の発展を心に、新たなる歴史を刻むべく、現在を、この時を生きる私たちは何をしなければいけないのかをしっかり考え、形にしてきたいと思います♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

夏至(げし)♪

2008 - 06/21 [Sat] - 08:34

今日、6月21日は「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「夏至」です。

そう、ご存知の通り、1年で一番日の長い日となります。
あっという間に6月を迎えてしまいましたが、ふと夕方気が付くと「もう7時を回っているのか~」なんて思うほど明るい…なんてことがありますよね♪
まだ6月なんですけれど、これからは日が短くなる一方なのです。

暦便覧には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也」とあります。
「一年中で一番昼が長く夜が短い日」のことですが、地球の反対側では「冬至」ということになり、日が一番短い日を迎えます。

「日」といえば「お日様」ですが、「お日様」といえば「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」様ですよね。(自然の神様のお話し「神話の国から♪」ブログ
ですから、夏至と神道も深いつながりがあります。
夏至には、日本だけでなく各国各地で「お日様」の有難さに感謝する「夏至祭」などが行われています。

冬至にはカボチャを食べますよね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

では、夏至には何を食べると言われているでしょうか?
カボチャのように、全国共通のものはないようで、地方によって違うようです。
関西では、「稲がタコの足みたいに根をはるように」といった願いからタコを食べ、福井地方では、田植えで疲れた体に栄養補給するため脂ののった鯖を食べるとか、他にはイチジクの田楽や冬瓜、小豆粥…北京ではうどんを食べるんだそうですよ♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

名古屋城♪

2008 - 06/20 [Fri] - 11:05

20080620110711
20080620110708
20080620110706
仲間13人での名古屋城も、また良いもんです(笑)


☆「人気blogランキング」♪☆

愛知への旅♪

2008 - 06/20 [Fri] - 09:15

20080620110304
昨晩は、長野県神道青年会の役員会が、飯田市は「矢高稲荷神社」で開催されまさた。

そのまま社務所へ泊まらせていただき、朝8時、名古屋に出発致しました♪

これだけ旅が続きますと、名古屋が近く感じられるところが怖いですね(笑。


☆「人気blogランキング」♪☆

こちらも♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

平成20年度養命酒例祭♪

2008 - 06/19 [Thu] - 12:04

19日、養命酒製造㈱駒ヶ根工場祝殿様の例祭が行われました。
毎年、駒ヶ根工場の創立記念日に行われる例祭(昨年の例祭の模様)ですが、本年は1日前の今日、行われました。

養命酒3 養命酒2

養命酒1

というもの、明日は愛知県に用事がありまして、私の都合で日にちを動かしていただきました。
神事が終わると同時に雨が降り出し、明日の予報も雨…ということで、皆様には「神主さんが日にちを動かしてくれたお陰で、雨じゃなくて良かった」などと言っていただきましたが、大変申し訳なく思っております(謝。
けして私のお陰などではありませんが(汗、とても清々しい中で本年の例祭が滞りなく行われ、益々の商売繁盛と作業安全を心よりお祈り申し上げます。

養命酒のテレビコマーシャルを、見たことがある方は多いのではないでしょうか?
以前も紹介させていただきましたが、「東洋医学には『未病』という言葉があります。つまり病気の一歩手前ということ。手足が冷える、なんとなく体の調子が悪いと感じたらそれは、病気のサインかもしれません。薬用養命酒は、生薬の力を引き出す薬酒。体を芯からあたため、体調を整えます。薬用養命酒には、効いていくしくみがあります。ほのかな甘みです。」(CMのナレーションより)
古来より伝わる秘伝の薬酒、駒ヶ根の綺麗な空気と水がブレンドされた養命酒、是非お試し下さい♪

「夜幻草」という、女性向けのお酒が発売されました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日はこれから、伊那で研修会、夜は飯田で会議、明日は名古屋で行われます「愛知県神道青年会創立60周年記念式典」に出席してきます♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

出雲大社(3)♪

2008 - 06/19 [Thu] - 07:13

「特別祈願祭」を受け、「出雲大社(いずもおおやしろ)御本殿」へ進みました。

出雲大社御本殿1

もちろん、ここから先は撮影禁止です!
え?隠し撮り?そんな、罰当たりな(汗。

60年に1度の御遷宮、国宝の御社殿に上がらせていただきます。
古代の神殿は高さが48メートルあったといわれていますが、現在の御本殿も高さが24メートルと、古代の半分の大きさとはいえかなり大きなものです。
間近で見ると、それはそれは大きな建物でした。

出雲大社御本殿2

階段を上がり、回廊を時計回りにゆっくり歩きます。
そこから見る景色はまた格別です。
昨日書いた国旗の靡く景色、写真撮影を試みた人もいましたが、御本殿だけでなくここからの撮影はすべて禁止でした(苦笑。
床板の厚みはもちろんですが、側柱(直径73センチ)の太さ、上を見上げたときのそれぞれの柱、心の御柱(しんのみはしら)に至っては直径110センチです、木の太さに溜め息が出ました。
そこから見える建物すべて(一部補修済み)の屋根を葺き替えるそうです。

そして、いよいよ御本殿の中を見せていただきました。
もちろん、最前列で申し訳なさそうに首を御本殿に突っ込みマジマジと拝見♪
普通の神社では、神様は我々の方向を向いてお鎮まりになっていますが、「出雲大社」の御神座は、御本殿に向かって左を向いた状態に作られています。
ですから、普段我々は、神様の横顔をお参りしていることになるのです。
一説には、正面からお参りさせていただくのはもったいない程の尊い神様であるから…とか、朝鮮(を守っているのか、睨んでいるのかは分かりせんが…汗)の方を向いている…なんていうことも言われます。

特別拝観証

これは、当日の「特別拝観証」ですが、ここに描かれている雲が、「出雲」の枕詞にもなっている有名な「八雲」です。
この「八雲」の絵が、「出雲大社」御本殿の天井に描かれています。
「八雲」といいながら、7つしか描かれていませんでした。
これは、「八雲」の「八」には「八百万」とか「八重桜」とかで「たくさん」といった意味で使われるように、「たくさんの」といった意味であるという説、「神魂神社(かもすじんじゃ)」の御本殿には、9つの雲が描かれているそうで、出雲の八雲の1つが飛んでいったという説、完成品を嫌う日本人・完成してしまうと終わってしまうので発展途上の意味で7つにしてあるという説など、様々な説があるそうです。

しばし、御本殿の造りや、天井に描かれている「八雲」に見入っていました。

次の機会は60年後です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大社造りの国宝「神魂神社」の御本殿、特別拝観はないのでしょうか…。
是非、見てみたいです(無理ですよね…汗。

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

出雲大社(2)♪

2008 - 06/18 [Wed] - 07:51

6月3日、旅館から「出雲大社(いずもおおやしろ)」に向かいました。
余談ですが…(いきなり?…笑)
「出雲大社」は、一般には「いずもたいしゃ」と呼ばれていますが、正式には「いずもおおやしろ」と読みます。
でも、「いずもたいしゃ」でも、いけないというわけではないと思いますよ(曖昧…笑。

出雲大社1

前回お話しを致しましたが、現在の御本殿も大きいですけれど、昔の御本殿は48メートルあったということです。
出雲大社の左隣に、それはそれは大きな国旗掲揚塔があります。

出雲大社2

NHK放送の放送終了時に流れる映像は、この国旗掲揚塔の国旗です。
高さが47メートル、古代の御本殿と一緒では失礼と、1メートル小さく建立されました。
国旗の大きさ、なんと!畳75枚分の大きさ、上にあがってしまえばそれほどには見えませんが、重さも約50㎏だそうです(驚。
「ヘリコプターがひっかけて、今の国旗掲揚塔になった」と、職員の方がお話しされていました。

出雲大社3

境内に入って、受付場所を探します。
平日にも関わらず、また今日は特別拝観の日でもありませんでしたが、境内は凄い賑わいでした。

出雲大社4

神社本庁協賛員特別祈願祭」受付は、社務所。

出雲大社5

どんな方が神社本庁協賛員になっておられるのか分かりませんが、他の支部だって神社本庁の協賛員になっている方が居ると思うのですが、驚いたことに名簿を見ると当長野県からは私たちだけ…正直な感想は「もったいない…」です(苦笑。

向こうの方から、出雲大社の千家宮司さんが歩いてきました。
私たちにもご挨拶していただきましたが、一般の参拝者・団体の方々とも親しくお話しされていました。
当たり前と言われてしまえばそれまでですが、私からしてみれば「雲の上の存在」のようなお方のそんなお姿からも、学ぶべきものはありました。

受付後、手水(てみず)を済ませて、仮拝殿というのでしょうか…そちらで「特別祈願祭」をしていただきました。

出雲大社6

いよいよ次は御本殿です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

仮拝殿にありました、大黒様(大国主の大神)さまです。

出雲大社7

何もかも、作りが大きいです♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

目顔深い♪

2008 - 06/17 [Tue] - 09:18

いよいよ「目顔深い」が、来週に迫って参りました♪
って、これだけ読んでも何のとこやら分からないですよね(笑。
「目顔深い」…めがおふかい…メガオフカイ…メガ・オフ会!

駒ヶ根ブロガー&コメンテーターでのオフ会は何度か開催したことはあったのですが、今度は凄いところからとんでもない方々がゲスト?参加者として駒ヶ根を訪れるのです。

私もやってる「人気ブログランキング」、私は「生活・文化部門」ですが、駒ヶ根ブロガーで多いのは「お酒・ドリンク部門」。
中でも、常に全国トップを走るのは我等が「信濃鶴・岳志さん」。
そして今回、トップ争いをしている仙台の「サンセールさん」と、三重の「とーこさん」が、駒ヶ根の地を訪れることになって、開催することになったのが「目顔深い」なのです♪
岳志さんの「目顔深い♪」
越百・えっちゃんの「目顔深い♪」
しゅせん・黄身ちゃんの「目顔深い♪」
昨晩は、岳志さんが「目顔深い」に向けて蕎麦打ちの練習をするというので、越百に行ってきました。
残念ながら、行ったときには岳志さんは既に居なかったのですが、今日も練習されるそうです。

蕎麦うち練習2

こちらは、前回の練習風景ですが、当日までに2人の来客をおもてなしできるお蕎麦を打てるようになるのでしょうか…こうご期待♪
ちなみに、昨夜のお蕎麦です。

蕎麦1 蕎麦2

たけしさんのとえっちゃんの、2枚も食べちゃいました♪

昨夜は、岳志さんのお蕎麦目当てで越百に出掛けたのですが、思いがけず美味しいお土産に遭遇しました。

タン1 タン3 タン2

仙台帰りのSさん、仙台名物「タン」を戴いちゃいました♪

チマキ1 チマキ2

そしてこちらは、東京の「台南担仔麺(タイナンターミー・台湾料理)」のチマキです。
絶品!最高に美味しかったです♪
今度、東京に行ったら…

是非お土産に買ってきたいと思いました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

23日、越百での「目顔深い」、1人1品当地の名産品を持ち寄ることになっています。
楽しみです♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

出雲大社(1)♪

2008 - 06/16 [Mon] - 08:02

いよいよ「出雲大社(いずもおおやしろ)」です。
そもそも、何で「出雲大社」に来たかといいますと、「出雲大社に行きたい♪(4月24日ブログ)」で書きましたように、ある朝テレビを見ていると…

「出雲大社、御本殿改修のため神様が仮殿に遷座、その間御本殿を一般公開」という報道が耳に入りました。

まじ?!

失礼…それ、本当?

と、早速ネットサーフィン♪

出雲大社ホームページから、特別参観の日程を検索。
4月分は既に済んでおり、ゴールデンウィーク中と5月中旬に1週間、8月夏休み中に17日間と(新たに、7月中にも設けられましたね)期間限定です。
そうなると、余計に行きたくなるのが人の性(笑。
いや、そうじゃなくても60年に1度の御遷座です。
60年後、生きているわけはありませんが(笑)もし生きていたとしても、時の宮司さんが「神様がいないとしても、御本殿を見せるわけにはいかない!」といった考えでしたら、見るわけにはいきません。
こんなチャンスは滅多にありません。
しかしながら、妻の休みは月曜日…それにあわせると8月しかないな~…なんて思っていて、ふと思い出しました。

「今年の『神社本庁協賛員特別祈願祭』が、出雲で行われるって通知が来てたな~。」

長野県神社庁上伊那支部・支会で、神社本庁の協賛員になっており、通知が支部長宛に来ていたのです。
私にしては、良く思い出したものです(笑。
書類をひっくり返して通知を見つけました。

日程は、6月3日(火曜日)、特別拝観が組み込まれているではありませんか。
偶然は恐ろしく有り難いもので、妻は第1月・火は連休です。
同伴も可とあり、行くしかありません。
締切は…「今日の投函まで!?」すっごい偶然(驚。
早速電話で「支部内の他の神職数人も参列可能かどうか」確認をし、投函…ギリギリ間に合いました。
役員会で話しをし、私と妻、I顧問さんにT副議長さんとT幹事(女性)さん、そして事務局の相棒Mの6人で行くこととなったのです。

この日にあわせて、車を点検に出しました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

運転は、相棒Mと交代交代でしていきましたよ♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

短歌について♪

2008 - 06/15 [Sun] - 18:30

長野県神社庁上伊那支部第26期祭祀研修会2日目、今回は「短歌について」ということで高遠町の北原作英先生をお招きしてご講義いただきました。

短歌について

短歌とは、皆様ご存知の通り、5・7・5・7・7と31音で構成された詩です。

俳句・川柳・短歌の違いは…
俳句は、「季語」を含んで、5・7・5で構成された詩。
川柳は、「季語」は含まず、5・7・5で構成された詩。
短歌は、5・7・5の「上(かみ)の句」と、7・7の「下(しも)の句」の31音で構成された詩を指します。

最初は「俳句について」として習いたいと思ったのですが、どうやら短い方が難しいようでして(汗、短歌にしました。
が…難しい(大汗。

前半、先生のお話しを聞いて、続いて自分達で作ったのですが、なかなか言葉が出てきません。
私もいくつか作ったのですが、どうもこりゃ…川柳ですな(汗。
サラリーマン川柳…なんて言うような、ユーモアのあるものを最近は新聞紙上でよく見かけますが、風情ある、先生を唸らせるようなものが詠めるかと思いましたが、どだい無理でした(笑。

先生の仰られるには、短歌を作るには「テーマ・組み立て・表現方法」なんだそうで、「単純化・素直に・深く思い良く見る」ことが大切なんだそうです。
確かに、先生の詠った詩は、その情景が脳裏に浮かぶような気がしました。

「一日一詠(えい)」、1日に1つ短歌を詠むことを心掛けて…と言われましたが、なかなか難しいですね。

なんとか10位以内をキープしたいものです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「長歌」といって、5・7を何度も繰り返し、最後は5・7・7で終わりにする詩がありますが、祝詞(のりと)を長歌で作ることが出来れば素晴らしいと思います。
「…かしこみももうす~」
最後は、必ず字余りになりますが(笑♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

古代出雲博物館♪

2008 - 06/15 [Sun] - 08:21

夜通し車を飛ばして、仮眠はとったとはいえかなり疲れていたのでしょう…そんなに量は飲んでいないのに、酔っぱらうのは早かったですね~(汗。
この日の夜、足湯に浸かったのですが、この辺とは違い源泉が熱いので、ちゃんと温度を見てから浸かった方が良いですよ(ホント…♪
声が出ないほど(分かっていただけますか?…笑)熱かったです…。

朝起きて、メインであります「出雲大社(いずもおおやしろ)」へ向かいました。
が、メインのお話しはとっておいて(笑)先に、参拝後に行きました「島根県立古代歴史博物館」のお話しを先にします♪

古代歴博1

「島根県立古代歴史博物館」は、「出雲大社」のすぐ近くにあります。
以前は、出雲大社の前の形を模型にしたものを展示する展示館「雲太」のあった場所だと思います。

展示室は3つに分かれていますが、入口には8年ほど前に発掘された、出雲大社の平安時代の御本殿の柱が飾られていました。

古代歴博2

太い柱を3本まとめた柱は、直径3メートルといわれ、想像?言い伝え?でしかなかった古代の高さ48メートルといった巨大神殿が真実であったと証明する発掘でした。

当館には、その古代の巨大神殿模型も展示されていたのですが、ここから先は撮影禁止でした。

青銅器や金色の太刀、出雲国風土記の写本なども展示されていました。
出雲地方の文化、石見銀山や勾玉作り、たたら製鉄などについても展示されていました。

神話や伝承も、
分かり易く紹介されていました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「出雲大社」のすぐ近くですので、お参りの際は是非行ってみて下さい。
平安時代の出雲大社本殿、10分の1模型は圧巻です♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

銀座速報♪

2008 - 06/14 [Sat] - 15:40

「酒倶楽部『銀座』」に、「岩牡蠣」入荷の知らせを聞きつけ、早速行ってきました♪

3

でか!!!

失礼…おっきぃ!!

私は、好んで生の「牡蠣」を食べる方ではなかったのですが、いただいちゃいました♪



激うま!!!!!!!

失礼…美味しい!!

まさしく「海のミルク」、そのいわれがよ~く分かります。

今回出していただいたお酒は「亀の王 純米吟醸 生貯蔵酒」、スッキリした美味しさ。
なんにでもあう、といった感じのお酒でした♪
次は「明峰喜久盛 季節限定酒『ひや』」、度数が19度、氷を入れてロックでいただいちゃました♪
次は「今錦 生貯蔵酒」、いや~今回もよく飲みました♪

91 92 93

料理はこちら♪

12


45


67


8


①お通し(砂肝の煮付けなど)
②平目の昆布〆
③牛スジのデミグラスソース煮
④ホワイトアスパラのサラダ
⑤平目のエンガワ
⑥マグロのカマ焼き(食後…謝)
⑦ロブスター黄金焼

とりあえず、写真が間に合ったものだけ…って、⑥は間に合ってないじゃん(笑。

来週は、ホヤが入荷するそうです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

いつまで「岩牡蠣」があるかわかりませんので、一応電話を入れてから行った方が良いと思います♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

黄泉の国(よみのくに)入口♪

2008 - 06/14 [Sat] - 09:46

本当に行きたいところばかりの出雲地方、足立美術館をあとに宿泊旅館へ向かいました。
が…そこで、もう一つだけ!ということで、「揖夜(いや)神社」へお参りをすることにしました。

「揖夜神社」は、島根県八束郡東出雲町にあります。
「揖夜神社」へ行く途中、神社の近くにあります「黄泉比良坂(よもつひらさか)」と言う場所に寄りました。

揖夜神社1

この「黄泉比良坂」は、「黄泉の国」の入口だと言われています。
「黄泉の国」とは、死の世界です。

古事記の、有名な「神産み」の部分を要約しますと…。

イザナミ命が火の神様をお生みになったとき、ひどいヤケドをして亡くなってしまいました。
夫のイザナギ命は、悲しさと、まだまだ一緒にいたいという思いで「黄泉の国」までイザナミ命に会いに行きました。
そこでイザナギ命が見たものは、イザナミ命の変わり果てた姿でした。
怖くなって逃げたイザナギ命は、追いかけるイザナミ命や鬼達を、桃の実を投げつけて追い払い(昔話「桃太郎」の原話です)、やっとの思いで辿り着いた「黄泉比良坂」で、大きな岩で「黄泉の国」への入口に蓋をしたとされています。

余談にはなりますが、その時に禊(みそぎ)をして産まれたのが、高天原(たかまのはら)を司る「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」、夜の世界を司る「月読命(つくよみのみこと)」、そして海を司る「素戔鳴尊(すさのおのみこと)」です。

揖夜神社2

「黄泉比良坂」から少し行ったところに「揖夜神社」があります。

揖夜神社3

「揖夜神社」の御祭神は、「伊弉冉(いざなみ)命」。
「黄泉比良坂」のお話しによるところなのでしょう。

揖夜神社4

主祭神として、「大己貴(おおなむち)命」「少彦名(すくなひこな)命」「事代主(ことしろぬし)命」を併せお祀りしています。

揖夜神社5

「熊野大社」「真名井神社」「六所神社」「八重垣神社」「神魂神社」と、この「揖夜神社」を「意宇(おう)六社」と呼びます。
「意宇」とは、旧出雲国にかつて属した郡とされています。
最低この六社は回りたいと思ったのですが、ここで日が暮れてしまいました(残念。

次はいよいよ「出雲大社」?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

現在、「出雲大社」は、「平成の大遷宮」として、60年に1度の改修工事により、神様が仮殿にお遷りになられています。
その間、「特別拝観」として一定の期間中(期間は、「出雲大社に行きたい♪…4月24日ブログ」をご覧下さい)本殿を間近で見ることが出来るのです。

予告編

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

中田切川砂防工事♪

2008 - 06/13 [Fri] - 08:45

12日、朝からザンザン降りの雨…。
そんな中、11時から「安全祈願祭」ですが、次第に雨が弱くなり、みるみる天候は回復し、一気に山が見えてきました。

1

今日の「安全祈願祭」は、中田切川上流の砂防ダム工事。
中田切川上流へは、養命酒の手前を左に入って行きます。

1-1

南駒ヶ岳も、雲が上がってきました。

1-2

養命酒手前を左に折れると、今回の工事事務所がありました。

1-3

「この道を、上がっていけばいいのかな~?」と考えていたら、業者さんの車が「ついてきて~!」とばかりに追い越していきました。

2

次第に道は舗装が無くなり、

2-1 2-2

道幅は狭くなり、森が深くなって、

3-1 3-2

こんなトンネルもくぐりました。

4-1 4-2

現場は、その道の行き止まり、終点にありました。

5-1 5-2

どれだけ山道を上がったのでしょうか?
空がかなり近くになっていました。

正式な工事名は「天竜川水系中田切川第四砂防堰堤工事」。
中田切川は、駒ヶ根市と飯島町の境を流れる川で、養命酒の上流ですので、美味しい水・綺麗な水の源流です。
細かいことはよく分かりませんが、そこにダムを造るといった大変重要な工事であり、また危険な工事でもあります。

6

すでに、重機が何台も入っていました。
計画は既に何年も前からあったようで、両側の壁はコンクリートで固められ、工事は進んでいました。

6-1 6-2

何年か前に、ダムを造るといった計画に基づき、川の脇にトンネルを開けて水道(みずみち)を確保してありました。

7-1 7-2

吉川建設㈱さん始め、6社の業者さんの参列のもと、安全祈願祭が行われました。

8

ダムは、下の写真の両側に、コンクリートで固められた崖がありますが、そこに出来るそうです。

9

祈願祭が終わるや否や、現場監督さん始め工事関係者の方々はそれぞれに持ち場へついて、工事が再開されました。

9-1

完成は、平成22年3月ということで、長期に渡る大工事となりますが、里人の生活のため、私たちの豊かで美しい水資源を守るため、こうして人里離れた場所で日々仕事していただいている方々がいることを忘れてはなりません。
工事の安全と、計画通り1日も早く完成され、里人の生活が益々豊かになりますことを、心よりお祈り申し上げます♪

お天気になって良かったです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

業者さんの中に、伊那JCののM君がいました。
昨年、会員大会のグループディスカッションで、私がコーディネーターをした班のメンバーでして、久方ぶりの再会に嬉しく思いました♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

足立美術館♪

2008 - 06/13 [Fri] - 08:13

「足立(あだち)美術館」は、島根県安来(やすぎ)市にあります。

足立美術館

地元出身の、足立さんという方が作られた美術館だそうですが、日本画と日本庭園で有名な美術館ですから、名前を聞いたことがある方は多いと思います。

足立美術館1

もちろん、館内展示作品は撮影禁止でしたので、庭園の風景をいくつか紹介します♪

「横山大観」を始め、著名人の日本画に始まり、「北大路魯山人」などの陶芸も展示されていました。
ピカソなんかの抽象画と違って、日本画は私のような素人にも「素敵!」と思えていいですね♪

足立美術館2

5万坪の日本庭園は、創設者足立さんの日本庭園にかけた情熱が伝わってきます。
日本庭園ランキングというものがあるそうですが、ここのところ5年連続日本一だそうです。
こんな庭が、大宮五十鈴神社の私の好きな景色(手水のお話しブログ♪)でもあります、手水舎の奥の庭が日本庭園風になれば凄いのですが…私には技が(涙)、誰か庭屋さん…御寄贈を(笑。

足立美術館3

かけ足で(かけ足では非常にもったいないのですが、時間がありません…汗)館内を回らせていただきました。

それでも大満足でした♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ふと思いました…。
「庭園」なんていう風情のある趣味というか文化ですか、他国にはあるのでしょうか?
なんたらパークといったような名前は耳にしますが、見て楽しむ庭とは違い、ゴルフや野球をして楽しんだり、花やガーデニングを楽しむ公園が多いようです。
日本ならではの、伝統文化の1つですね♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

焼酎処「蛍(ほたる)」♪

2008 - 06/12 [Thu] - 12:15

6月、長野県神社庁上伊那支部並びに長野県神社総代会上伊那支会は、決算総会月となります。
それぞれ、総会に先立ち、役員会と監査会を行いますので、必然的に6月は会議の多い月となります。

支部・支会、それぞれの事務所は上伊那招魂社の社務所となっていますので、伊那での会議、伊那での飲みも多くなります。

上伊那支部事務所
「上伊那招魂社社務所」
(現在は、桜保護のため車を乗り入れることが出来ません)


というわけで(どんなわけで?…笑)今日は、昨晩行ったお店の紹介です♪

「焼酎処『蛍』」は、伊那市にあります。
伊那北駅の道を挟んだ南向かい、「昭和軒」という焼鳥屋の東向かい、「来々軒」という中華料理屋さんの北隣にあります。

蛍1

壁には、↑のように書いてあり、

蛍2 蛍3

入口は、↑こんな感じです。

ママ1人でお店を切り盛りされ、自身の舌でお酒を仕入れてこられます。
「焼酎処」というだけあって、有名処・貴重処・珍酒処と各種揃っています。

蛍4

是非、常連さんになって、ママのお薦めをいただいちゃって下さい。
昨晩は、霧島の原酒が出てきましたよ♪

「焼酎処」といっても、私のような下戸でも大丈夫!

ああ・・・焼酎下戸ってことですよ♪♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

日本酒も、美味処を揃えていただいてあります♪
焼酎好き(通)には、たまらないお店です♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

八雲立つ風土記の丘♪

2008 - 06/12 [Thu] - 08:13

お腹も一杯、夕飯までにこなさなければいけません♪
ということで、寝不足もありお昼寝したいところでもありますが(笑)足を進めます。

「神魂(かもす)神社」の近く(入口)にあります「八雲立つ風土記の丘展示学習館」に行きました。

八雲立風土記1

ここは「古(いにしえ)の浪漫、再び」ということで、古墳から採取された「土器」や「青銅器」「武器」などが展示されています。
(館内は、撮影禁止です)
出雲の中央部に位置する平野を「意宇(おう)平野」と呼ぶそうですが、国引き神話(島根半島を造ったという神話)や国造りの中心地であったこの場所の、奈良時代の様子を千分の一のリアル模型で再現したものも飾られていました。

八雲立風土記2

展示館の敷地には、写真のような「竪穴式住居」や「古墳」なども展示?されていました。
また、展示館の屋上からは、意宇平野が一望できました。

八雲立風土記3
古代の伊吹を体感できます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

次は、「足立美術館」を訪れました。
とてもとても1日や2日で、出雲は見きれませんね…。
それでも、かなりハードスケジュールではありましたが、まだまだ回りましたよ♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

八重垣神社♪

2008 - 06/11 [Wed] - 10:02

「神魂(かもす)神社」をお参りした時点で、すでにお昼を回っていたのですが、近くに食事をする場所がありません。
せっかく出雲の地へ来たのですから、昼食は「出雲そば」と決めていました(笑。

以前ブログにも書いたように、信州に優る蕎麦は無しと、県外で蕎麦を食べることはないのですが、この「出雲そば」は一風変わった蕎麦なのです♪
そこで一行は、「八重垣(やえがき)神社」を先にお参りすることにしました。

八重垣神社1

「八重垣神社」は、島根県松江市にあります。

八重垣神社2

御祭神は、「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」と「櫛稲田姫(くしなだひめ)命」、「大己貴(おおなむち)命」「青幡佐久佐日古(あおはたさくさひこ)命」。

八重垣神社3

「素盞嗚尊」と「櫛稲田姫命」の神話から、縁結びの神社として信仰を集めています。

八重垣神社41 八重垣神社42

ちょうどお参りしたとき御祈祷中(縁結びかどうかは分かりませんが)でしたが、若い女性の参拝者が多くいました。

八重垣神社5

また境内には「夫婦椿(めおとつばき)」と呼ばれる木が、いくつかありました。
地面から二本の木が出て、地上で一本になっている珍しいもので、仲の良い夫婦の象徴といったところでしょうか?
縁結び同様に、夫婦円満の神様でもあるようです。

八重垣神社6

境内には、「鏡の池(姿見の池)」と呼ばれる池がありました。

八重垣神社7

この池は、「櫛稲田姫命」が、八岐大蛇(やまたのおろち)の難を逃れているとき、この池の水を飲んだり、姿を写して身なりを整えたりしたと言われている神秘的な池で、「櫛稲田姫命」の御霊の込められた池ということで、縁結びの占いの池と信仰されています。

授与所でお神籤(みくじ)を受け、この池に浮かべて十円玉か百円玉を乗せ、早く沈むか近くで沈むかなどで御縁を占います。

八重垣神社71 八重垣神社72 八重垣神社73

そうこうしている内に、多くの人で賑わってきました。

八重垣神社74

参拝を終え、「八重垣神社」のすぐ横にありました「神話路」と書かれたお店に入りました。
外の看板に「出雲そば」「ぜんざい」と書かれていたからです。
ぜんざい(「お汁粉とぜんざい♪」ブログ)は、出雲が発祥といわれています♪

八重垣神社81 八重垣神社82 八重垣神社83

おばちゃん一人でやっているお店のようでしたが、お客さんがお茶を入れてくれるようなアットホームなお店でした。
「女性は、お腹の中にお宮さんがある(子宮のこと)。」
「お宮さんには神様が宿る。」
「そんな尊い体をしている女性は、乱暴な言葉を使ってはいけません。」
「そして、そんな女性を、男性は大事にしなければいけません。」
といったようなお話しを、お母さんの体験談を踏まえて沢山聞かせていただきまして、思わず2時間近くもお邪魔してしまい、今回の旅のメインのような素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

「八重垣神社」佐草宮司さんの親類に当たる方だとか♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

仲間内から、「敬神婦人会の講師として呼びたい」…という声もありました。
是非、出雲へ行かれたら、おばさんのお話を聞くように「神話路」を訪ねてみて下さい♪

佐草さんは、「青幡佐久佐日古命」の御子孫なのでしょうか?
現佐草宮司さんは、八十○代目だとか…(驚。
元は「佐久佐神社」、明治5年に「八重垣神社」を合祀、明治11年に「八重垣神社」と改称されたそうです。

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

野沢温泉♪

2008 - 06/10 [Tue] - 17:34

長野県神社庁支部長会が、野沢温泉にて行われました。
「野沢温泉村」は、長野県の北部、飯山市の隣にあり、冬にはスキー客で賑わいます。
hamaちゃんからのメッセージにもありましたが、名前の通り「野沢菜」の発祥地です。

会議に先立ちまして、飯山市の「小菅(こすげ)神社」を正式参拝しました。

小菅神社1

「小菅神社」のあります「小菅山」は、戸隠山・飯綱山とあわせ「奥信濃三山」と称し、山岳信仰の聖地として栄えました。

小菅神社2

山の上の「奥社」と、麓の「里宮」とがあり、「里宮」の御祭神は「素盞鳴尊(すさのおのみこと)」がお祀りされています。

小菅神社3

境内は、杉の巨木で囲まれていますが、昭和34年の伊勢湾台風の折、根こそぎ倒れてしまいましたので、その後のものということです。

雪深い郷ですので、御社殿などの建物は、茅葺きの屋根の上にトタン屋根が載っていました。

祭資料館
「祭り資料館」としても使われている「小菅寺講堂」


道中、「北竜湖」という綺麗な湖がありました。

北竜湖

湖畔ではキャンプ、ハイキング、サイクリング、釣りやボートなどが楽しめるそうで、当日も若い人が大勢歩いていました。
春には菜の花や桜、カタクリなどの花が咲き、その時期は全国から多くの写真家が訪れるんだそうです。
花火大会もあるそうですよ♪

駒ヶ根から車で普通に走って約2時間40分、こんな時でないとなかなか行くことがありませんので、忙しい旅ではありましたがとても有意義な奥信濃探訪でした♪

温泉にも、ゆっくり浸かってきました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

温泉街の中に、13カ所の外湯と呼ばれる共同浴場があるそうです。
今度はプライベートで、ゆっくり行ってみたいものです♪

お土産は、「水尾」というお酒♪
以前、ブログでも紹介したことがありますが(銀座で飲んだ「水尾」)美味しかったので覚えていました。

水尾

酒蔵は飯山市にあって、水は野沢温泉の湧き水を使っているというお話しでした。

こちらも応援ポチをお願いします♪
今日はどれ?どれかをポチッとな♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へにほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へにほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード