日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年07月  

敬老祭♪

2008 - 07/31 [Thu] - 10:33

明日8月1日、午前9時より「敬老祭」が行われます。
大宮五十鈴神社氏子区域、上穂・北割一区・北割二区・中割・南割のお年寄りの方が対象です。

各区には、高齢者クラブ(昔は「老人会」と言っていましたが)があります(南割は近年廃止となりました)。
高齢者クラブの皆様には、毎月月初めに、境内の清掃奉仕をしていただいています。(南割博の役員さん方)
(「清掃奉仕は心を洗う♪」ブログ参照♪)

20070612090500.jpg

その皆様を対象に、毎年8月1日、感謝の心を込め、皆様の更なるご健康とご長寿を御祈願する「敬老祭」を行っています。

綺麗な境内は、この皆さまのお陰です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今は、お年寄りの方々に行っていただいている清掃奉仕ですが、お子さんたちにも加わっていただけたらなとも考えています。
お年寄りの方との交流の場、そして清掃奉仕、お子さんの成長過程において、貴重な心の教育になると思うのですが、難しい時代です…何か良い方法はないでしょうかね。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

夢をかなえるゾウ♪

2008 - 07/31 [Thu] - 08:18

とほほ…。

ブログを始めて、2回目のこのカテゴリとは情けない…。

ということで、今日は久々「読書のすすめ♪」です。

「夢をかなえるゾウ」
著者 水野敬也さん
出版 飛鳥新社さん

夢をかなえるゾウ

テレビで紹介されたりもしていましたし、けっこう評判の本です。
あまりみんなが良く言っていると、読みたくなくなるものではありますが(苦笑、それでも手を伸ばしてみないことには始まらないと(言い訳をして、ミーハーな私は)買ってみました。

「自己啓発書」、といった紹介もありましたが、面白おかしく物語的な「成功本」といった感じです。
主人公はしがない若いサラリーマン。
そこに舞い降りたドラエモン、ならぬ成功の神様。

なぜか大阪弁を喋る神様は、次々とその若者に課題を与えます。
道具ではなく課題ですから、行うのは自分…ということで、ドラエモンより数段現実的です(笑。

課題ごと短編になっており読みやすいですが、一気に読んでしまってはもったいない感じがしました。
繰り返し繰り返し読める、といった点では良いかも知れません。
繰り返し読んでみたいと思える本です。

納得したり笑ったり…考えさせられます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

歴史上の人物や、現在活躍中の大物の成功体験が沢山納められています。
「著作権」とは、私も詳しく分かりませんが、最後に参考文献を載せればいいのでしょうか?
と、不安にさせられるほど、いろんな本から抜粋された(であろう)成功体験が書かれていて、とても全部は読めない私には大変参考になりました♪

これ、全部自分のものにしたいな~♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

振興対策指定神社♪

2008 - 07/30 [Wed] - 18:48

現在大宮五十鈴神社は、神社本庁より、「振興対策神社」の指定をいただいています。

振興対策委嘱状

各県1社ずつが指定されるのですが、長野県からは当「大宮五十鈴神社」に白羽の矢が刺さり、平成18年度から3ヶ年の任期で、ちょうど今平成20年度が最終年度となっています。

年に一回(3月)1泊2日の研修会が東京であり、各県の取組状況の意見発表などが行われます。

「神社振興対策」ですから、いかに活動をして、氏子さんを巻き込む…と言ったら語弊があるかも知れませんが、1人でも多くの氏子さんに神社を意識してもらったり、関心を持ってもらうために、補助金をいただいて活動をするのです。
補助金をいただくのですから、普段出来ないようなことをする1つのきっかけとなれば…といった意味もあるのではと思います。

当社は、平成17年(任命前年)に神社拝殿が新しくなり、氏子さんに対して神社をアピールする絶好の機会、というのも選定理由だったかも知れません。
そして本年、年初から言っていますが、当社創立1700年、合祀100年の慶節を迎えていますから、何か行うにはもってこいの年となっています。

・講演会
・パンフレット作成
・社報作成
・子供向けキャンプ …etc

3年目、ラストイヤー、これまでに溜めてきた想いを爆発させようと思っていますが、いまだ燻っています(だめじゃん…汗。

8月、いよいよ計画を実行に移す月です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

これまでにもいくつか予定のものはこなしてきましたが、予定になかったもので形になったのはこのブログです。
ホームページの充実も掲げてあるのですが、そちらは一向に進みません(汗。
でも、ブログもホームページの一環と捉えれば凄い進歩です。

ただ…日本各地のみならず外国にも読んでくれる人はいますが、当初の目的であります「氏子さんに関心を持ってもらう」といった部分では、効果が薄いかもしれませんね…汗。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

地鎮祭は午前中?♪

2008 - 07/30 [Wed] - 07:07

地鎮祭の質問シリーズ(3)

(質問)
はじめまして。
私は、新潟の建設会社に勤める営業マンです。
この度、担当のお施主さまが地鎮祭を行います。
しかし、希望されている日が「先負(さきまけ)」です。
午後に地鎮祭をしてはいけないものなのでしょうか?
午後の実施でも問題はないのか、また午後の実施がダメなときは、その理由を教えていただきたく、よろしくお願いいたします。

(お返事)
当サイトの「地鎮祭の日取りと吉日は?」にも書かれているように、本来、六曜は気にされなくても良いものです。

昔から「お祝い事は午前中が良い」とされていますが、その根拠としては日の出に関係するのだと思います。

聖徳太子の時代「日出ずる国日本」と言ったように、日が出るとは、日が沈む、日が落ちる、より目出度いと考えてのことでしょう。

また、昔ながらの習慣が起こりなのが伝統ですので、先人の知恵に寄る部分もあると思います。
例えば、午後は眠くなる、夏場の午後は暑い、冬場の午後は風が出てくる、そんなことからも午前中が吉とされたのかも知れません。
全国的には何の差し支えなく午後にも祭典が行われています。

昔の人が昔の都合で午前中を吉としたように、現在に生きる我々も、都合により午後行っても何ら問題は無いと考えます。
カレンダー、六曜を気にされるようでしたら、先勝は午前中、大安・友引は終日、先負は午後が吉、赤口は昼時が吉とされます。
繰り返しますが、午後が駄目というわけではありませんので参考にしてください。

ご存知「宵祭(よいまつり)」は夜行われます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

夜といっても、まだ日がある内、午後に行うことが多いですし、「遷座祭(せんざさい)」といって神様をお遷しするお祭は、深夜、または夜暗くなってから行われることが殆どです。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

パソコンの不具合♪

2008 - 07/29 [Tue] - 11:13

泣けてきますね…私のような機械音痴に、パソコンの不具合が出たときは(涙。

急にインターネットに繋がらなくなったりとかしたら、もう他の仕事が手につきません。
最近のパソコンは、使い手が駄目な分、とても進歩してますから(苦笑)一度電源を入れ直すと復活してくれますから、たいしたもんです。

最近の不具合、ま…それほど困っているわけではないのですが、なにせ遅い(無。
そんなに古いわけではないですが、処理が遅い。
ちょっと写真の多い方のブログを開いたりすると、すぐ「ウ~~!」と唸り出します(汗。

そんな時は再起動するのですが、最近は再起動に20分くらいかかりますでしょうか(大汗。
ですから、食事の時や外出時に再起動するようにしています。

パソコンの詳しい方に相談しても、横文字?専門用語?(私には宇宙語にしか聞こえません…汗)の羅列でチンプンカンプンです。
ある方は、「バックアップをとってパソコンを初期化?再インストール?すれば簡単なことだよ」と、それこそ簡単に言ってくれましたが、素人にはそれが難しいんです(涙。

素人?
まぁまぁまぁ…いくら大学時代からパソコンを始めて、経験は既に20年はあるとはいえ、キーボードを打つのは多少早くなったかもしれませんが、他は全くの素人です(大汗。

何がわからないって、自分が作ったデータはバックアップとればいいんでしょうけれど、メールや人のアドレス、インターネットのお気に入りアドレスや、前にインストールしたソフトのバックアップですかね(苦。

めちゃめちゃ個人的な愚痴でした…♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

それでももう4年経ったのか~このパソコン。。。
新しくしなきゃならない時期に来てるのかな?…

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

御神木(ごしんぼく)♪

2008 - 07/29 [Tue] - 08:06

大宮五十鈴神社参拝シリーズ♪
鳥居をくぐって、手水で心身を清め、敬神生活の綱領掲示板を片目に参道を歩くと、正面に社務所が見えます。
参道に沿って左に曲がると、両脇に狛犬があり、階段を上ると前庭があります。
左の突き当たりに宝蔵庫があり、その右奥に弓道場、そして参道の右突き当たりには神楽殿がありました。

鳥居のお話し♪
手水のお話し♪
敬神生活の綱領のお話し♪
社務所のお話し♪
狛犬のお話し♪
土蔵のお話し♪
神楽殿のお話し♪
弓道場のお話し♪

いつも言っているように、どんな木にも神様が宿っています。
ですから、どの木も「御神木」なわけではありますが、一般に言う「御神木」とは、神社の木、しかもその中でも一番大きかったり由緒があったり古かったりする1本の木を指します。

御神木1

大宮五十鈴神社は、拝殿の南側にあり、瑞垣で囲われています。

御神木2

大きな木ですから、必然的に枝も大きく、枝が大きくなれば冬に雪が降った際に枝折れもしますし、傷みが激しくなれば枝落とししなければいけない…ということで、長年に亘りかなり上の方まで枝落としされています。

御神木3

木というものは、4分の1か5分の1かの枝を残しておかないと枯れてしまうんだとか…。
ギリギリでしょうか(汗。

御神木には、注連縄が巻いてあります♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

神社にある木を、すべて御神木と呼ぶこともあります。
また、平成25年に行われます「伊勢神宮式年遷宮(しきねんせんぐう)」、建造物などに使われる御用材(用材)として切られた木も「御神木」と呼びます。

こちらは、平成17年度に木曽で行われました「御神木祭」のワンショットです。

御杣始祭

これについても、又改めて書かせていただきたいと思います♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

六曜について♪

2008 - 07/28 [Mon] - 09:16

「六曜(ろくよう)」とは、カレンダーに書いてあります「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」のことをいいます。

元々「六曜」は、中国が発祥で、占いのようなものでした。
それが日本に伝わり、その日その日の吉凶を判断するものとして使われるようになりました。

今では普通にカレンダーに書いてありますが、いわゆる俗信で、どちらかというと迷信に近いものです。

「日(六曜)は関係ありますか?」

といった質問を良く受けます。
もちろん「関係ありません」と答えますが、一度気にされると気になっちゃうものですよね…(汗。
カレンダーに書かれていますから、仏滅より大安を選択してしまう気持ちもわかります。

「六曜」は中国で生まれたもので、それが日本に伝来したのは、14世紀と言われています。
「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」、「赤口」以外は名前も変わっているようですから、ますます信用がおけないものです(苦笑。

でも、くどいようですが(笑)カレンダーに書かれていますから気になります。
神道的には、全く関係ありませんが、1つひとつ説明いたします。
読み方は諸説ありますが、一般的なもので書かせていただきます。

「大安(たいあん)」は、万事に大吉。
「大いに安し」と書きますので、「六曜」の中で最も吉の日とされます。
「だいあん」と読む説もありますが、昔は「泰安」と書かれていましたので、「たいあん」と読むのが正確だと思います。

「赤口(しゃっこう)」は、祝い事には向かない日とありますが、午の刻(午前11時頃から午後1時頃まで)は吉とされています。

「先勝(せんしょう)」は、「急がば勝ち」「先んずれば即ち勝つ」と、何事も積極的に行動することが吉とされています。
午前中は吉で、午後は良くないとされています。

「友引(ともびき)」は、友を引くと書くところから、葬儀などでは特に避けられています。
でも、その昔は「共引」と書き、勝負事で何事も引分けになる日といった意味がありました。
元の中国で「留引」と書いたものを「ゆういん」と読み、そこに「友」と「引」の字を当てはめたという説もあり、いずれにしても元々は今のような意味はなかったようです。

「先負(さきまけ)」は、「先勝」の反対で、「先だって行動してはいけない」「先んずれが即ち負ける」といった意味で、何事も控え目にする日とされており、なにをするにも平静であることが良いとされていますが、「午前中は悪く、午後は良い」ともいいます。

「仏滅(ぶつめつ)」は、六曜の中で最も良くない日とされていますが、6日に1日悪い日が巡ってくるとしたらたまったものではありません(汗。
それでも一般的には、婚礼などの祝い事を避ける習慣があります。
この日に結婚式を挙げる人が少ないため、「仏滅」には割引を行う結婚式場もあるくらい関係ないのです。
「物滅(ぶつめつ)」がやがて「仏滅」になったもので、仏さまとは直接関係はありません。
元々は「空亡」「虚亡」と言っていたものを、全てが虚しいといった意味で「物滅」と呼ぶようになり、近年になって「仏」の字を当てたようです。

と、ここまで書いても気になるものでしょうか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「霊柩車を見たら、親指を隠す」と同じくらいの迷信ですが(笑)、いくら迷信と分かっていても、やってしまうのが迷信ですから無理もありません。
良くないと言われていることは、最初から避けるのも1つの手です。
ただ…済んでしまったことにクヨクヨしないことが一番です。
クヨクヨされないための一助となれば幸いです♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

地鎮祭の盛砂♪

2008 - 07/27 [Sun] - 10:02

地鎮祭の質問シリーズ(2)

(質問)
地鎮祭で「砂を用意しろ」と建築業者さんに言われたのですが、どのように、どのくらい用意すれば良いのか、まったく見当がつきません。
ホームセンターとかで売っている砂でも良いのですか?
教えてください。

(お返事)
砂は、地鎮祭の中の「穿初め(うがちぞめ)の儀」という儀式で使います。

「穿初めの儀」とは、神事の中で、草を刈ったり、鍬(くわ)を入れたりと、その真似事をする儀式です。
(「鎌鍬鋤ブログ♪」参照)

目安として、バケツ1~2杯くらいもあれば宜しいかと思います。
祭壇に向かって右側に山状に整えて盛ります。

盛砂

整えたりは、建築業者さんがしていただけると思います。

神事の中で、その砂もお清めしますので、ホームセンターで買われた砂でも構いません。

神事の後、工事に入って、地鎮祭でお清めされたお砂は、その土地の土や砂と混ざり合わさって、八方(様々な)の災いを退け清め、その土地の砂となります。

「エイ!エイ!エイ!」♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

鎌で草を刈るときも、鍬や鋤で砂を突くときも、大きな声で掛け声をかけます。
たいていの方は恥ずかしがってしまいますが、業者の方にならって、せっかく一生に一度くらいの儀式ですから、恥ずかしがらず大きな声で行って下さい♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

スタッフ会議♪

2008 - 07/27 [Sun] - 07:19

上伊那神社大会が終わり、その晩は「8月に行われる夏期キャンプ」のスタッフ会議でした。

当夏期キャンプは、長野県神道青年会という、県内の青年神職の会が主催しますが、今年の夏期キャンプは駒ヶ根市の「高鳥谷(たかずや)神社」にて開催されます。

既に募集は締め切られ、県内各地から子供さん等が30名ほど集まります。
スタッフは、長野市から泰阜村まで、県内各地の青年神職さんです。

高鳥谷スタッフ1

7時に大宮五十鈴神社に集合し、それから高鳥谷神社に移動しましたで、ただでさえ山の中の神社ですから辺りは暗くなっていました。
先頭を歩くのは、我が上伊那支部の事務局M&K君。
前の晩の上伊那神社大会準備、その前の研修会から一緒で頼もしい2人です♪

高鳥谷スタッフ2

スタッフ会議は、神社社務所で行いました。

高鳥谷スタッフ3

しかしこの神社、電気もなければ水道もない、真っ暗です。
そこで活躍するのがこれ…

高鳥谷スタッフ4

発電機から灯りをとり、会議を進めました。

当日は、何台かの発電機と、灯りとりのバルーンを借りてきて、子供たちの安全を第一に考えたキャンプをするため、タイムスケジュールなどを入念に練りました。

メインは「高鳥谷山」登山、山頂での風船とばしです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

風船には花の種を入れ、子供たちがメッセージを書いて飛ばすなど、いろいろな工夫がされるようです。
その他にも植樹をするなど、他のキャンプとはひと味違った、自然を考えたキャンプです。
植樹の際に一緒に植えるプレートも、班毎子供たちの手作りプレートが考えられています。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上伊那神社大会♪

2008 - 07/26 [Sat] - 07:34

25日、「上伊那神社大会」が、伊那市の伊那文化会館にて開催されました。
「上伊那神社大会」とは、長野県神社庁上伊那支部と、長野県神社総代会上伊那支会による一年に一度の連合大会です。

神社大会

国歌斉唱などのセレモニーに一連の挨拶、清掃奉仕や勤続総代の表彰式、大会宣言文の発表が行われる式典に続き、講演、アトラクションと続きます。

講演は、伊那市西箕輪公民館長さんによるお話しでした。
「日本の心・歌の心」と題したお話しは、明治・大正・昭和初期の歌を織り交ぜ(講師の先生のアカペラ)笑いを誘うなどした楽しいお話しで、あっと言う間に時は流れました。

アトラクションは、同じく伊那の歌舞劇団「田楽座」による太鼓や獅子舞などの芸能。
若く勢いのある芸は、見ている400人を超える神社関係者を楽しませてくれました。

上伊那の神社関係者が一堂に会す事業で、年間を通じても一番大きな行事が今日で終わりました。

大きな大きな一段落です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

特別なにが…と言うわけでもないのに、1ヶ月前くらいからこの日のことが頭から離れず、他のことが手につかない…なんてことないですか?
その一つが終わりました。
次のことに向けてようやく取りかかれる…そんな気持ちです。
無事終わりましたのも、地元(伊那)の総代様の諸準備のお陰ではありますが、その総代様等を指導し、資料から会場準備、様々な段取りをしていただいたM事務局、K会計に感謝感謝です♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

喪中の地鎮祭

2008 - 07/25 [Fri] - 07:14

地鎮祭の質問シリーズ(1)

(質問)
家を建てることになり、地鎮祭をする予定でいましたが、祖母が10日前に亡くなってしまい延期しています。
ただ、年内には入居をしたいと考えておりますので、そのためには今月中に地鎮祭を行わなければなりません。
一般に言う、49日の法要後に地鎮祭をやったのでは間に合いません。
何か良い方法がありましたら教えてください。

(返事)
まず、地鎮祭ですが、お婆さまがお亡くなりになられてから10日経っているということですので、今日にでも地鎮祭を行っても、問題はありません。(ご葬儀の日にもよりますが)
それには「忌服期間」というのが関係しています。(忌服ブログ参照

お婆さまですので、忌服(きぶく)期間は「5日間」となります。
「忌服」の「忌」とは、世間に出ることを慎む期間であり、「服」とは、喪服を着て謹慎している期間をいいます。

この期間、しっかり謹みながら亡くなった方のことを想い慰霊することで、悲しみを次第に薄くさせて、慎みの生活状態から少しずつ平常の生活状態へ戻します。

お亡くなりになられてから、またはご葬儀から数えたとしましても、そろそろお婆さまの「忌」の期間は終えられている頃かと思います。

地鎮祭では、式の始めに「修祓(しゅばつ)」というお祓いの儀式を行いますので、神事を受けてはいけない…ということはありません。

お婆さんが亡くなったことに対して、間もない期間で地鎮祭をされることに後ろめたさを感じるのではなく、「お婆さん、これからも私達をお見守り下さいね」といった気持ちで地鎮祭をお受けいただければ宜しいかと思います。

お婆さんの御霊安かれとお祈り申し上げ、また新しく工事に入りますお家の工事安全と無事なる完成を心よりお祈り申し上げます。。。

人生は、心ひとつの置きどころ♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

私の好きな言葉なのですが、まさしく考え方1つなのだと思います。
神道では、悪いことをしなければ、大きな広い心で見守ってくれていると思います。
でも、その判断が自分では付けにくい時、こうして問い合わせていただけるととても嬉しいです♪
これからも、そういう場で在り続けたいなと思います。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

忌服について♪

2008 - 07/24 [Thu] - 07:46

忌服(きぶく)とは、家族や親族、近親者に不幸があった場合、家にこもって謹慎することをいいます。

先日、地鎮祭(じちんさい)に関して、これまでにあった質問を載せたい…と書きましてから、質問をまとめておりましたら、その中でも一番多かったのが、これに関係することでしたので、先にお話しさせていただきます。

忌服期間には、結婚式などのおめでたい席への参列や、神社への参拝は控えます。

また喪中に年を越す場合は、しめ縄、門松、積餅などの正月の飾りをつけたり、おせち料理を食べたり、年始回りや年賀の挨拶を控える風習がありますが、忌の期間が過ぎていれば普通にお正月を過ごしていただいてもかまいません。(お正月に魂をいただく♪ブログ参照)

「忌」は、故人のための祈りに専念する期間であり、故人のことだけを考え、外部との接触を避け、家の中にこもって一切家の外には出ない…わけでありますが、今ではなかなかそうもいかないのが現実でしょうか。

では、一般に言う「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違いはなんでしょう。

「忌中」とは、仏式の場合ですと「四十九日」の忌明けまでを指します。
神式ですと「五十日祭」の忌明けまでです。

「喪中」とは、死者を偲び、本来であれば喪服を着ている期間のことですから、故人と自分の関係で人によって異なります。

いわゆる「悲しみの深い期間」とでも言いましょうか…、仲が良かったり、世話になったり世話をしたり、関係が深ければそれだけ悲しみも深くなります。

でも、いつまでも悲しんでいては、故人も浮かばれません。

ということで、喪に服す期間は人それぞれと言って良いでしょうけれど、現在の一般通例では、前記のように1年を喪中とする場合が多いです。

正式な規程ですが、これは明治7年に定められたものです。(太政官布告)

忌中・喪中の順で書きます。

父母 50日・13カ月
夫 30日・13カ月
妻 20日・90日
兄弟姉妹 20日・90日
祖父母 30日・90日
おじ・おば 20日・90日

現在は、特別な定めはありませんが、忙しい世の中に併せ一般的な「忌」の目安としては…

配偶者死亡の場合10日間
父母死亡の場合10日間
子供死亡の場合10日間
孫死亡の場合5日間
兄弟姉妹死亡の場合5日間
祖父祖母死亡の場合5日間
配偶者の父母死亡の場合5日間
おじ・おば死亡の場合2日間

といったような日数が目安とされています。

死のケガレを忌(い)む期間
ケガレ…気枯れ…気が枯れる
つまり、通常ではない、悲しい状態のことを指します♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

これを基本として、様々な質問にお答えさせていただきました。
次回から少し紹介させていただきます。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

今日も暑いですね♪

2008 - 07/23 [Wed] - 12:36

22日、携帯から投稿したとおり「長野諏訪会」の総会に出席してきました。
昨年のブログでも書きましたが、諏訪の神様(建御名方大神・たけみなかた)をお祀りしている神社が全国に8千社あり、そのうち1千社が長野県内にあります。
その総本社が「諏訪大社」でありますが、8千の神社・神主・総代で構成されている、全国諏訪神社連合会の長野支部の総会です。

20080722134210.jpg

予算決算などを審議する総会に引き続き、御柱信仰について講演がありました。
全国4千5百社に対してとったアンケートを元に、自ら岡山県にある諏訪神社まで足を運び、自分の目で耳で調査をしてきたお話しでしたので、大変興味深く拝聴しました。

岡山県の旧落合町にある神社のお話しでしたが、諏訪大社が上社・下社とあるように、そこの神社は「上諏訪神社」「下諏訪神社」と、上下別の神社が近くに鎮座していることにまず驚きました。
長野県の諏訪地方も「上諏訪」「下諏訪」に別れていますが、遠く離れた岡山の「上諏訪」「下諏訪」に、本家「上諏訪」「下諏訪」にあるような地名や形態が存在したり、人柄が似てたりはしないのかな~?なんて質問しようと思いましたが、残念ながら質問タイムはありませんでした(汗。

懇親会のあと、県内の気の合う若い衆で「上諏訪」で飲み、「下諏訪」でラーメンを食べて帰ってきましたが、講演とは全く関係ありません(笑。

そして今日は、長野県神道青年会で借りている田んぼを見に行ってきました。

諏訪2

今年、長野県神道青年会は創立60周年を迎えています。

諏訪1

その記念事業の一環として、会員で田植えをし田を管理し、そして収穫した稲を「伊勢神宮」始め県内各神社に奉納したいと取り組んでいます。

諏訪4

ここのところの暑さで、一気に稲が伸びてきました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今度は、秋に向けて、会員で案山子(かかし)作りをします(笑。
「マネキンみたいな物はやめてください」とは、この度田んぼをお借りしている山田さん。
夜、例えば飲んで歩いて帰ってきて、そこにマネキンがあることを知っていたとしても「ギョッ!!」としてしまうから…とのことです。
昔ながらの案山子を作りたいと思いますので、ご安心下さい♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

諏訪の朝♪

2008 - 07/23 [Wed] - 10:23

20080723102504
こんなところから、諏訪湖の花火を見れたらいいな~♪

in 山王閣♪
☆「人気blogランキング」♪☆

諏訪会♪

2008 - 07/22 [Tue] - 13:41

20080722134210
今日は、諏訪に来ています。
諏訪大社下社秋宮にて、全国諏訪神社連合会長野県支部、通称「長野諏訪会」総会です。

引き続き、御柱(おんばしら)について講演会が行われます。

それにしても、暑いですね~(大汗

開会にあたり『信濃の國』を斉唱しました♪
☆「人気blogランキング」♪☆

熱い?海の日♪

2008 - 07/22 [Tue] - 09:45

今日は、hamaちゃんの「石窯料理試食会」へ、昨晩のメンバーでお邪魔してきました。
宮田村、大田切川沿いの上の方にあります「914ワークショップ(建築設計研究所)」さんのモデルハウスに完成した、石窯で料理を作って出してくれました。

料理をしてくれるのは、「914」の皆さんです。

2.jpg 1.jpg
3.jpg

しかし、この人たち何者でしょう…(汗。
普段は家を設計し、造っている方々なのに…。
料理を作って出してくれる、この手際の良さ…。
終いには、みんながみんな、喫茶店のマスターに見えてきました(笑♪

「914」とは、914ミリ。
つまり36インチ。
1ヤードなんだそうで、寸法から来ているんだそうです。
私はてっきり、会社の創立記念日か、社長さんの誕生日か、はたまたポルシェが好きなのかと思っていました(笑。

そんなこんな楽しいお話しもしていただきながら(ノリまで喫茶店のマスター…笑)、ピザにラザニア、炊き込みご飯までいただいちゃいました。

4.jpg 5.jpg
こちらが石窯
ピザが3~4分で焼き上がるそうです。


詳しいお問い合わせは、hamaちゃんまで♪

詳しいお料理の写真は、一緒にいた「黄身ちゃん」や「えっちゃん」のブログをご参照下さい(汗。

モデルハウスに目が覚めたわけではありませんが(笑、そのまま一行は松本の住宅展示場に行き、「あーでもない!こーでもない!」と言って回ったのは言うまでもありません(大笑。
この三連休、あちらこちらで展示会や説明会が行われていましたが、土日は都合がつきませんでした。
楽しい月曜日になってよかったです♪

松本の帰り、せっかく松本へ来たのだから…と、行列の出来るラーメン屋さんに寄りました。
松本市筑摩にあります「寸八」というラーメン屋さん。

83.jpg 84.jpg

つけ麺をいただきましたが、他の人のもつつきました。
濃厚スープで、美味しかったです♪
これは好みでもありますが、細麺好きの私には、ちょっときつかったかな?…この太麺。
このスープで、細麺を食べてみたい…私の率直な感想です。

求む!細麺の美味しいラーメン屋さん情報♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日は、とびっきり目出度いニュースもありました♪
昨晩から一緒のスタッフMちゃん、hamaちゃんところも松本も一緒に行ったのですが、この日が誕生日♪
何と!松本から帰ってきて、市役所に入籍届けを提出したと連絡が入りました。

「結婚!おめでとう!末永くお幸せに♪」
美咲ちゃん&シゲ

(こちらは、先日靖國神社へ行ったときのものです)

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大暑(たいしょ)♪

2008 - 07/22 [Tue] - 07:00

7月22日は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「大暑です。

暦便覧には「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」とあります。

読んで字の如く、最も暑いということです。
二十四節気のブログで書きましたように、これは期間を現しますので、一番暑い期間と言うことになります。

確かに、信州はお盆が過ぎればグッと涼しくなってしまいますので、間違いなく今が一番暑い時期だと思います。

学校は夏休みに入り、空には夏の雲が高々とそびえるようになります。

夏特有の、入道雲ってやつですね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

1つ前の二十四節気「小暑」と「大暑」の期間、1ヶ月間が暑中ということになり、「暑中見舞い」はこの期間内に送ります。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

最後の晩餐?♪

2008 - 07/21 [Mon] - 10:49

梅雨も明けたし…

めちゃめちゃ暑いし…

な~んかダルイし…

ということで、第1回(笑)暑気払い♪

これからの暑い暑い夏を乗り切るために、「肉を食べよう!」と街へ繰り出しました。

が…、しかし

世間は3連休の中日、とはいえ明日もお休みなのに…
ことごとく焼肉屋さんにフラれ…(お休みだって…涙

「じゃ、焼き鳥…」と思ったのに、そこにもフラれ

みんな…えっちゃんみたく、遊びに行っちゃったのでしょうか?(笑

でもでも、ありつきました (*^_^*)

銀座2
ジュル!!

銀座1
美味!!!

銀座3

これは、焼肉じゃなくてステーキ用でしょ(汗。
肉厚♪ジューシー♪柔らかい~♪

結局焼肉をあきらめた一行は、とある店に入り…肴を注文し飲み始めました。
しかし、あきらめられない「お肉!!」(笑。

「マスター!お肉食べたい!」

なんと…

銀座4

「酒倶楽部『銀座』」さんで、肉を焼かせてもらいました♪
相当良い匂いが店内に漂っていたのでしょう…周りの方も、肉を注文されてました(笑。

マスターいわく…「今度は予約してきてね♪」

すみません(笑笑笑。

でも、予約しなかったのに、こんなにいいお肉があることが…不思議!

昨日は、スタッフMちゃんの誕生日前夜祭でもありました。
しかも…20代最後の夜。
宴は12時まで続き…12時を回った瞬間、そこに居合わせた皆さんと一緒に「ハッピーバースデイ♪」を唄い、お祝いをしました。

「30歳、おめでとう♪!」

大きな目に、涙をにじませるMちゃん。
でも、その瞳の奥には…
「もう20代終わっちゃった~、三十路だ…」
そんな淋しさが見え隠れしていました。

30代、悪くないと思いますけど、女性には特別なのでしょうかね。

Mちゃんにとって、素晴らしい1年になりますように♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

12時を待っていたので、かなり飲み過ぎてしまいました。

「んじゃ、又明日!」

そうです、これから昨夜のメンバーで、「石窯料理試食会」に行ってきます♪
ワクワク♪♪♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上棟式♪

2008 - 07/21 [Mon] - 09:48

「上棟祭」について、タッキーさんから振っていただいておりましたが、今になってしまいました(汗。

「上棟祭」、じょうとうさい・むねあげのみまつり…と読みます。
これは、建築のお祭で、「棟」が「上」がる、「たてまえ」とも言われますが、柱が立ち、棟木(むなき)を上げる際に行われるお祭りです。

地鎮祭では、産土(うぶすな)大神様と建築の神様、そして土地の神様をお迎えしましたが、「上棟祭」では土地の神様の代わりに今度は建物の神様をお迎えし、感謝と報告と工事の安全をお祈りします。

建物の神様は、一般的に「屋船二柱(やふねふたはしら)大神」といいますが、「屋船久久能遅(やふねくくのち)大神」「屋船豊宇気姫(やふねとよふけひめ)大神」の二柱の神様を指します。

その建物の神様と、建築の神様(「彦狭知(ひこさじり)大神」「手置帆負(たおきほおい)大神」)、そして産土大神様のお名前を書いた「棟札(むなふだ)」を中央の柱に貼り、「上棟祭」をします。

「上棟祭」には、地域によって風習が違いますが、魔除けの弓矢や床柱を飾り、「槌(つち)打ちの儀」を行い、今では少なくなったようですが、お餅やお菓子、小銭などを高所から撒き、大工さんの慰労とご近所との交流の場でもありました。

伊藤家上棟式

これは、先日行われたI様邸上棟祭の際の写真ですが、家はこんな状態で行われます。

近所の子供たちも来て、賑やかに出来ましたよ♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

以前、私が「地鎮祭の情報サイト(福岡県在住の方作成)」の監修をさせていただいているというお話しをしたことがありましたが、先日も地鎮祭で「yahooで『地鎮祭』を検索したら、3番目にそのサイトが出てきて、isuzuさんが出ていてビックリした」というお話しがありました♪
なにせ3番目ですから(笑)結構いろんな方に見ていただいているようで、日本全国各地から質問が寄せられます。
せっかくですから、当ブログでもその質問をボチボチと紹介させていただきますね♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宮田津島神社♪

2008 - 07/20 [Sun] - 06:50

18日、宮田村(隣村)の「津島神社」へお手伝いに行ってきました。

1

今日は、「宮田津島神社」は「祇園(ぎおん)祭」です。

でも、「祇園祭」のお手伝いではありません♪
「津島神社」は、今日に向けて改修工事を行いました。
その改修工事の竣工奉告祭のお手伝いでご奉仕してきました。

2


写真では分かりづらいかと思いますが、床や神饌棚、円座や幕が新しくなっていました。

3

山車も今回新しくし、拝殿前の提灯と境内入口の石段も改修されていました。

折しも18日午前11時、気象庁が関東東海甲信地方の梅雨明けを発表しました。
とても暑い一日となり、天気が良い中、「宮田津島神社」名物「あばれ神輿」も勇壮に町内を練り歩かれたことと思います。

4

このお神輿は、毎年新しくされますが、練り歩いたあと石段から何度も落として壊してしまうそうです。
…石段を改修したのは、他の神社に比べて壊れる確率が多いからなのでしょうね(苦笑。
地元の大工さんが、25日かけて(本業そっちのけで…驚)完成させるんだとか…。

5

神輿を壊した破片は、お守りとして持ち帰ります。
神輿が無事壊されましたら、打上花火が始まるそうですが、昨夜もドンパチ上がっていましたので、祭典も無事終わったことと思います。

おめでとうございました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

一昨日は長野市へ、昨日は松本市へ行って来ましたが、さすが三連休初日だけあって、今日は高速道路が凄い込んでいました(汗。
梅雨も明け、良いお天気の三連休、皆さんもどこかへお出掛けされますか?♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

三峯神社♪

2008 - 07/19 [Sat] - 07:05

先日の祇園(ぎおん)祭、こちらは「津島(つしま)神社」の例祭のことをいいます。
「津島神社」の御本社は、愛知県にあります。

津島神社御本社
「津島神社御本社」
(ちょうど、大祓の時期にお参りしました)


三和(みわ)社の境内にあります「津島神社」のお隣に、「三峯神社(みつみね)」が祀られており、津島神社例祭に引き続き、三峯神社例祭が行われました。

「三峯神社」の御本社は、埼玉県にあります。

三峯神社御本社
4年前お参りしたときは、ちょうど工事中でした(汗。


「三峯神社」の創立は、日本武尊(やまとたけるのみこと)に関係していると言われています。
大御食神社「駒ヶ根市の由来」ブログ♪にも書きましたが、大御食神社と同じく、景行天皇が日本武尊を東の国に使いに出した際、山梨から群馬を経て碓氷峠に行く途中にこの山に登られたそうです。

その時、日本武尊が、この国の平和と人々の幸せを祈り、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)をお祀りしたのが「三峯神社」の始まりだそうです。

お稲荷(いなり)様のお使いは「キツネ」といわれていますが、三峯様のお使いは「狼(オオカミ)」です。

その昔、山の中で、オオカミが日本武尊の道案内をされ、当社の使い神とされたと伝えられています。

三峯大神様は、あらゆるものを祓い清め、さまざまな災いを除くと言われています。

火災除、病気除、盗難除、諸難除の神様です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

土曜日、賑やかに街の中を神輿が練り歩くのは「祇園祭」の宵祭。
日曜日に神社の中では「祇園祭」の本祭が行われ、引き続き「三峯神社」の例祭が行われていました。

駒ヶ根市には、北割一区切石にも「三峯神社(非法人)」があります。
切石公園内の、土俵の西側です♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

弓道場のお話し♪

2008 - 07/18 [Fri] - 09:27

大宮五十鈴神社参拝シリーズ♪

ずいぶんと、間があいてしまいました(大汗。

大宮五十鈴神社の、境内の案内をしています。

鳥居をくぐって、手水で心身を清め、敬神生活の綱領掲示板を片目に参道を歩くと、正面に社務所が見えます。
参道に沿って左に曲がると、両脇に狛犬があり、階段を上ると前庭があります。
左の突き当たりに宝蔵庫があり、反対側右の突き当たりには神楽殿がありました。

鳥居のお話し♪
手水のお話し♪
敬神生活の綱領のお話し♪
社務所のお話し♪
狛犬のお話し♪
土蔵のお話し♪
神楽殿のお話し♪

もう一度左を向いていただき、土蔵の右奥に「弓道場」があります。

弓道場

大宮五十鈴神社の例祭、その宵祭に、地元の有志の皆様に寄りまして、弓道大会が行われます。

競射風景
photosalonこまがねさんより拝借♪


いつからこの弓道場があったのかは分かりませんが、私が高校時代に弓道を始めたとき、お婆ちゃんと当時の宮司さん(お婆ちゃんの従兄弟)が、それまで無かった矢場を建立し寄付して下さいましたのが、弓道大会の始まりです。

私は、年に一回「高鳥谷神社の奉納弓道」でしか引かなくなってしまいましたが、当日は高校生から看護大学生、地元弓道連盟の先生方と、多くの方々が参加して下さいます。

お陰様で、今では当弓道大会も定着しました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社のホームページのトップページ、タイトルをクリックしていただくと、大宮五十鈴神社の境内を写真でご案内しております。
その1つ1つの説明をしようと、始めたのがこのシリーズなのですが、なかなか進みません(汗。
末永くお付き合い下さいペコリ(o_ _)o))

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

インド土産話♪

2008 - 07/18 [Fri] - 07:22

いやいや、私が行ったわけではありませんから♪

17日、長野県神社庁上伊那支部第7回「祭祀研究会」が行われました。
講師にI宮司さんをお招きして、お話しを聞きました。
I宮司さんは、今年の5月、インドへ研修旅行に行きました。
研修旅行って言っても、一人旅なのですが…。

このI宮司さん、思い立ったらすぐ行動にうつすんです。
例えば、「あそこのお宮の天井って、どんな形をしてたっけかな~?」って思ったら、次の瞬間は京都へ向かっています(驚。

ま、今回は外国ですから、そんなわけには行きませんが、1枚の写真が撮りたくて出掛けられました。
その写真とは…

ガンジス川

ガンジス川で沐浴(もくよく・日本風に言えば禊・みそぎ)する人達の写真です。

インドは、ヒンズー教とイスラム教の国。
国民の8割がヒンズー教、1.8割がイスラム教。

寺院に入るときは、必ずこの沐浴を怠ることはありません。
私たちが、神社に入るとき手水(てみず)をするのと同じ原理です。
神道でいう手水との関係を、自分の目で確かめたくて出掛けられたということでした。

でも、この国の方々は、右手を肘まで洗い、左手を肘まで洗い、頭を洗い、足のくるぶしまでを洗い…と念入りなようです。

ガンジス川、地元ではガンガーと呼ばれ、川沿いには数多くの聖地があり、ガンジス川そのものを聖なる川としています。
罪を清める力を持つ女神様が、ガンジス川で沐浴するあらゆる人の罪を清めてくれる聖なる川ということです。
死者をこの川岸で火葬し、灰をこの川に流すことは死者に対する最大の敬意とされています。

複数人で行くと、楽しいだけの旅になってしまうからと
高いけど、一人旅にこだわっています♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

最近、急成長を遂げているインドですが、広大な平地、農地はアメリカに次いで世界第2位だとか。
25歳以下の人口が、全体の50パーセントを占め、全体の人口の増加も著しく、数年後には世界の5分の1はインド人となります。
そうなったら、インドの宗教を勉強しておくのは大事なことと仰っていました。

でも、残念ながらインドには、カースト制という身分制度が根付いていて、製造業などの労働は位の低い人間が行うとされており、なかなか日本や中国のような発展は難しいのではと言ったこともお話しされておりました。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

靖國(番外編Ⅲ)♪

2008 - 07/17 [Thu] - 10:53

「台南担仔麺(タイナンターミー)」は、西武新宿線の新宿駅前にありました。

タイナンターミー

えっちゃんからいただいた美味情報でしたので、ちゃんと「これは外せない」ものをメールで確認してから行きましたよ♪

タイナンターミー2

店内は、こんな感じです♪

タイナンターミー1

こちらが「担仔麺(ターミー麺)」。
食前食後?にいただきました♪
とてもあっさりしていて、美味しかったです (*^_^*)
パクチーってものも、初めて食べました。

「うへ!へくそむし噛んだような感じの味!」

「へくそむし、食べたことあるのかよ!」

そんな会話を聞きながら一口…うむ、、、納得。

パクチーは完食出来ませんでしたが、パクチーなしでは物足りない、今までに食べたことがないような麺でした。

それでは、注文した料理オンパレードです。
昨晩の反省もあり、(食べかけの物もありますが…汗)写真に撮りました。

タイナンターミー4タイナンターミー3
タイナンターミー5タイナンターミー6
タイナンターミー7タイナンターミー8

①エビマヨ
②エビチリ
③イカのすり身団子
④鶏肉の%$&|\炒め(あ!文字化け?苦笑)
⑤ちまき
⑥焼きビーフン

台湾料理を堪能しました。
いやはや満腹…もうデザートしか入りません。

というわけで、ちゃんとデザート情報もえっちゃんから仕入れていました♪
JR新宿駅東口へ移動♪
コムサビル5階、コムサカフェ…っていう名前だったと思います。

そこに美味しいタルトがあるんだと♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

いつまでも引っ張るわけにはいきませんので、続けて書いちゃいますね♪

駅前ビルの5階、「都会!」って感じなカフェでした(どこまでも田舎者…苦笑)。

コムサカフェ2 コムサカフェ1

メニューには、ちょびっとお値段は高めですがお洒落なタルトが並んでいます。
どれも食べたい!って感じでしたが、選びました。

コムサカフェ5 コムサカフェ4
コムサカフェ3

私はバナナとチョコのタルト、ホッペが落ちそう…とはこのことですね。

しっかり都会を堪能して、駒ヶ根へ帰ってきました。
知らなければ行かないお店ばかりでしたが、情報をありがとうございました。
これにて、東京靖國の旅レポートを終わります。
(って、番外編の方が多いじゃん!)

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

靖國(番外編Ⅱ)♪

2008 - 07/17 [Thu] - 09:08

今旅行のもう一つの目的は、以前から話しに聞いていた「台南担仔麺(タイナンターミー)」に寄ることです。
「台南担仔麺」とは、東京に何店舗かある台湾料理屋さんです。

そうは言ってもまだ昼食には早い…と言うことで、「せっかく東京にきたのだから、どこか観光スポットに行きたい!」と、出た案は「お台場」「国会議事堂」「皇居」「東京駅」「品川水族館」…

時間的にも遠くへは行かれない…ということもあり、田舎者丸出しで(笑)行ってきましたよ!

国会議事堂
国会議事堂!

の前を通って…

東京タワー

「赤くてでっかいぜ東京タワー♪」
(爆風スランプ…「おしゃれな東京タワー」より)


いや~、小学校の修学旅行以来でしょうか…真下から東京タワーを眺めたのは。

東京タワー1

東京タワーの高さは、333メートル。
展望台が150メートル。
特別展望台が250メートル。
景色は最高ですね。

東京タワー2

床がガラス張りで、下が見える場所がありましたが、その上に立つことは結局出来ませんでした(汗。

東京タワー3

矢印の先が、私の車です♪

東京に来たど~!って感じがしました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

東京タワーの中の食堂に後ろ髪を引かれながら(笑、「台南担仔麺」新宿店へと向かいました♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

靖國(番外編Ⅰ)♪

2008 - 07/16 [Wed] - 11:15

露店で焼き鳥や焼きそばをツマミに軽くお酒をいただき、神社をあとにしました。
向かうは六本木、A君が東京でお務めしていたお寿司屋さんです。
お父さんが病気になり、帰郷するまでの数年間お世話になっていたという「すし処『あく津』」さん。

あく津店舗

ぐるなび『あく津』」より…

とても感じの良い大将が、私たちをカウンターで待っていてくれました。
六本木にお寿司屋さん、神田に寿司居酒屋を経営する阿久津さん。
A君は持ち前の明るい性格を買われ神田の店長まで経験されましたが、家業のため泣く泣く駒ヶ根に帰って来たとのことです。
大将に慕われ、大切にされていたのが一目で分かり人間関係がしっかり出来ている様子が伝わってきます。

さすが東京ですよね…出てくるお刺身、とても新鮮で美味しかったです。
お料理も美味しく、大将の手際が又気持ち良いほど正確で早い。
A君とのエピソードや、大将の寿司に対する気持ちもお話しいただき、美味しく楽しく素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

大将は昔、江戸川区に住んでいたとのこと。
私が学生時代に良くしてくれた先輩も江戸川区、ま…これだけ広い東京ですから、そんな偶然はいくらでもあろうかと思って話していくと、祭・神輿(みこし)が好きだという大将、昔住んでいた亀戸の神社で、A君と一緒に担いだ神輿の写真を見せてくれました。

「大将、ここは『香取神社』ですか?」

「ん?そうだよ」

「宮司さんは、Kさんって言いませんか?」

「そうだよ???」

いやはや…驚きました。
まさしく、私の大変お世話になっているKさんの神社で、私が学生時代に七五三をお手伝いさせていただいたことのある神社でした。

そんなこんなでも、話しは盛り上がり、美味しいお魚ですからお酒も進みます(笑。
大将とのご縁にも驚きましたが、一番驚いたのは、私と同じピッチで冷酒を飲み続けるA君…。
A君を知っている方なら良くお解りだと思いますが、いつもとても楽しく(笑)お酒を飲まれます。
しかし、この日のA君、全然酔いません…。
じっと大将を見つめ、淡々とお酒を飲んで、敬語が崩れません。
今でも大将を慕い、大将から多くを学び、いつか大将のように…、そんな気持ちが伝わってきます。

「あく津」さんの大人気料理が出てきました。

「A君も、駒ヶ根で作ってよ!大ヒット間違い無しだよ」

首を縦に振らない彼。
そこには、A君の深い拘りを垣間見ました。
東京と駒ヶ根の距離、鮮度という大きな壁に阻まれ、自分の味が出せず悩んでいる彼、今でも東京に憧れながら駒ヶ根で自分の味を出そうと頑張っている彼、この「思い」がある限り彼の周りには楽しい仲間が集まり、美味しい料理・魚を出してくれることでしょう。
そして、その「思い」は、今でも数カ月ごとに顔を出す「あく津」さんで、大将と会うたびに磨かれているのだと思いました。

皆さんには、心の「師」がいますか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

あまりの美味しさと楽しさに、料理の写真がありません(汗。

大将

かろうじて撮った、大将の太っ腹♪(料理じゃないしw)
あんなに長居して、しかも沢山頂戴し、あのお値段では今度行きにくいな~(汗。
でも…

来年も行くでね!大将!!

こちらも応援ポチをお願いします♪
東京情報だな…こりゃ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

「みたままつり」♪

2008 - 07/16 [Wed] - 10:09

お昼過ぎ、駒ヶ根市を出発!
メンバーは、私と妻と妻の店のスタッフMちゃんカップル、そして居酒屋「S」若大将A君の5人。

3時過ぎ、ホテルに到着♪
チェックインを済ませ、浴衣に着替え靖國(やすくに)神社へ向かいました。
安い(苦笑)ホテルを選んだので、少し靖國神社から離れており日中の浴衣姿は少し恥ずかしかったですね(汗。

露店1

でも、靖國神社が近づくと徐々に人が増え、境内はいつも(毎年)と同じ賑わいでした。

まずは手水(てみず)を執り、ご神前でお参り。
参集殿で昇殿参拝の手続きをし、拝殿でお祓いを受け、ご本殿へご案内いただきました。
皆さんからお寄せいただいた想いも、しっかり込めてご報告させていただきましたよ。

その後、遊就館をゆっくりじっくり拝観、毎年のことではありますが新しい気付きや発見があります。
遊就館を出る頃には、お腹もすいてきました。

境内には、数え切れないほどの露店・屋台が、参道狭しと並んでいます。
まだ時間が早いこともあって、席が空いていました(遅い時間だと、空席を見つけるのが大変です)。
それにしても、東京の暑さには参ってしまいます。
テントの下で直射日光が当たらないのに、何もしなくても汗がしたたり落ちてきます(大汗)。

辺りがだんだんと暗くなるにつれ、参拝者の数も増えてきます。
大村益次郎像の周りでは、盆踊りが行われていました。

盆踊り

靖國神社名物「盆踊り」♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

この「みたままつり」は、長野県と大きな関係があります。
それは、戦後、靖國神社に眠る英霊を慰めるために、長野県遺族会の有志が「盆踊り」を奉納したことがきっかけとなり、1947年から正式に始められたお祭りだからです。
そのお祭が、今でも境内狭しと集まってくる老若男女により、賑やかに盛大に行われているのですから、長野県民として行かないわけにはまいりません。

境内

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

みたままつりに来ました♪

2008 - 07/15 [Tue] - 00:12

4時、靖国神社に着きました。
昇殿参拝して、遊就館を拝観し、沢山の屋台を堪能しました。

それから…

サプライズ♪
☆「人気blogランキング」♪☆


こちらも♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

いざ靖國へ♪

2008 - 07/14 [Mon] - 08:12

今日、お昼過ぎに、東京へ向け出発します♪

みたままつり1

昨日13日~16日まで、東京の「靖國(やすくに)神社」では、「みたままつり」が行われています。

みたままつり

長野県神道青年会で、毎年13~14日にかけて参拝しているのですが、都合がつきませんでしたので14~15日にお参りすることにしました。

私と妻、そして妻の美容院のスタッ


フ~~~のMちゃんと彼氏。

昨年もこの4人でお参りに出掛けたのですが、今年はもう1人…。
駒ヶ根の居酒屋「S」のA君が、一緒に行ってくれるとのこと。
たまたまカウンターで話しをしていたら、「俺も行きたい!」と参加表明。

本来の目的は、一般の多くの方に「靖國神社」を知っていただきたい、お参りして欲しい、そんなところから始まった企画ですから、毎年毎年新しい方が一緒に行っていただければ嬉しいなと思っています。

今年も「遊就館」をゆっくり見られるかな?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ちょとお天気が心配ですが、浴衣を着て参拝してきたいと思います。
今を元気に楽しく生きている私たちを報告し、そして今があることに、生かされていることに感謝しながら…。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

再出発の駒ヶ根の店♪

2008 - 07/14 [Mon] - 07:35

今日は、駒ヶ根のお店紹介です♪

駒ヶ根市役所の前の通りにあります「コマチカフェ」。
もう、かなり経ちますが、今年の4月にリニューアルオープンしたこのお店、喫茶店なんですけれど食事も充実しています。

改装中だとは知らず、その間、何度行っても閉まっています。
もしかして、ここのオーナーがバイパス沿いにテナントビル建てたから、そこに移転?と、勝手な憶測でそちらへ行ってみるも見当たらない。

そうこうしている内に、リニューアルオープン!

良かった (*^_^*)

コマチカフェ1

店内は白白白!とても清潔感のある、爽やかなイメージなカフェ、テラスにも出られるようです。

コマチカフェ2

パスタも、種類が豊富です♪

コマチカフェ3

こちらは「ガレット」という食べ物。
蕎麦のような、ピザのような、クレープのような、女性向けのとてもヘルシー(そうな)お洒落な食べ物でした。

今日はもう1店舗♪

昨年の9月、駒ヶ根市小町屋の国道沿いにオープンした中華料理屋「彩園」さん。
でも、今年はいつ通っても真っ暗…。

「あれ?潰れちゃった???」
なんて思っている人も多いかも知れません。

無理もありません…年明け早々休業ですから…。
実はここのオーナーが、不慮の事故に遭い、足を複雑骨折(涙。
ですが、驚異的な回復力で休業半年、ついにこの7月再オープンです。

昨年、どこぞのビル最上階の中華屋さんより美味しいと絶賛した私、待ちに待った「彩園」です。

彩園2 彩園1

小龍包(しょうろんぽう)と酢豚を頼みました。
味は最高!落ちていません(当たり前ですが…)、もっと他の物も食べてみたかった。

彩園3

そしてそして、最後にいただいた「坦々麺」。
メニューには出ていませんが、「冷やし坦々麺」です。
これだけを食べに行ったら、量的に物足りないかも知れませんが、他の中華料理を楽しんだあとでも普通にスルッと胃袋に納まってしまうでしょう。
濃厚な味付けにもかかわらず、冷やし…にもかかわらず、汁までゴクゴクいっちゃえます。
お試しあれ(メニューにはありませんので、特注です)♪

今なら、オーナーの足の傷跡が見られます…イヤ、見たかないし(汗。

コマチカフェ」・「彩園」情報でした♪

いずれも黄身ちゃん情報です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

こちらは「再出発」というわけではありませんが、新規にホームページを立ち上げて志気が更に高まっています「松乃鮨(まつのずし)」さんです。

「松乃鮨」さんホームページ♪

ここの若大将は、私と同年生。
今年は、厄年会の同部会で大変お世話になりました。
お寿司を握るのは、右手の感覚1つ…ということで、力仕事は左手でするといったプロフェッショナルなところを持った、昔気質な職人肌の「ミスター赤穂(当時の赤穂高校文化祭にて)」です♪

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード