日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年09月  

大宮五十鈴神社例祭報告(番外編)♪

2008 - 09/30 [Tue] - 21:20

たまにはグリムスの話題もしないと…♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

例祭には、沢山の方に家に来ていただきます。
もちろん私は、神社にいますのであまりご接待は出来ないのですが、妻とその友人達が賄いをしてくれます。
(って、妻の友人達もお客さんなのですが…汗)

私は、年に1度しか作らないカレーを数日前から煮込み、キンピラゴボウを炒め、鶏ハムを作りっておきました。

私たちの親戚はもちろん、神主関係、JC関係、ホッケー関係、飲兵衛関係(笑)などのお友達で総勢30人以上が狭い部屋の中で大宴会です。

大宴会ともなれば、私の作った料理だけでは賄いきれませんが、今年はドドーン!と「酒倶楽部『銀座』」さんから料理が届きました♪

鍋

残念ながらすべての写真はありませんが、鍋・カツ・いなり寿司・エビフライなどなどが山のように…。
あわせてお酒(これは御神前への奉納ですが)とビールまで、すべてママとマスターからの差し入れ(奉納と仰っていただきました)です♪

奉納といえば、以前「酒処『越百』」えっちゃんのブログで紹介されましたが、三重県のとーこさんから届いた新米を、当祭典で大宮五十鈴神社の御神前へお供えさせていただきました。

神饌

米の問題が叫ばれている中、これほど安心安全なお米はありません♪
次の日に伊勢へ行った際、残念ながらとーこさんにはお会いできませんでしたが、感謝の心を込めて、伊勢のご実家の「勢乃國屋」さんに寄らせていただきました♪

そして、帰ってきてから、美味しく頂戴致しました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社例祭報告(4)♪

2008 - 09/30 [Tue] - 09:58

テレビ信州「ゆうがたget!」見ていただけました?
私も映りましたが、カミカミで恥ずかしかった~(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「宵祭」は、伊那のT神職さんと、中川村のM神職さんにお手伝いをいただき私と母(禰宜・ねぎ)の4人奉仕。

「宵祭」を終え、私たち神職と総代さんは社務所で直会(なおらい)をしながら、「三国(さんごく)煙火」(音が出るのでご注意下さい♪)の点火を待ちます。

三国の模様は、私は三国に近づいて写真を撮れませんので、当ブログにコメントをいただいた2人の方のサイトを紹介させていただき(横着ではありません!素晴らしいと思ったからです…笑)ます。

三国
これは、遠くからですが今年の写真です♪


1つめは、「サーフさんのブログ♪」です。
これまでのブログの写真が綺麗で、今年はお参りいただけるので綺麗な写真を期待していましたが、期待通りの素晴らしいブログとなっています。

もう1つは、「jwmさんのサイト♪」です。
初めてコメントをいただきましたが、jwmとは「Japan Web Magazine」の略のようで、北海道から九州まで、各地の日本の文化を紹介していて、大宮五十鈴神社の三国煙火を取り上げていただき、とても光栄です。

2つのサイトとも、綺麗な写真に素晴らしいコメントを添えていただいており、必見です♪

感動感激が甦ってきます(報告を終わります)♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

こちらは、メールフォームよりご連絡をいただき、「お写真が撮れないということでしたので…」と、データで送っていただいたHさんのお写真です。

Hさん寄贈

写真どしどし受け付けます(笑。
パネル展をやったら面白いかもですね♪

大宮五十鈴神社例祭報告(3)♪

2008 - 09/29 [Mon] - 08:39

今日ですよ!テレビ信州「ゆうがたget!」♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

奉納された獅子頭は、「宵祭」に先立ちまして本年度年番耕地祭典正副委員長から、次年度年番耕地総代へ引継が行われます。

「宵祭」は、修祓(しゅばつ・お祓い)・一拝(いっぱい・一礼)・献饌(けんせん・お供え)・祝詞奏上(のりとそうじょう)・舞奉奏・玉串(たまぐし)奉奠(ほうてん)・撤饌(てっせん・お供え物を下げる)・一拝といった式次第で行われますが、今までと違うことが2つありました。

今年は、神社本庁よりモデル神社の指定をいただおり、その事業計画の中で、「巫女舞の人数を増やしたい」という項目がありました。

年に1度の例祭、しかも3年に1度しか回ってこない年番、そのお祭りで舞を舞う舞姫さんの数も限られてしまいますが、舞姫さんになられた方はきっと一生の思い出になりますし、その親御さん、また御祖父母さんなどのご家族の方も、お子さんの勇姿を一目見ようと大勢お参りに来ていただきます。

本年は、未だかつて無い12名の舞姫さんによる舞の御奉納をいただきました。
ただ、いくら大きくなった拝殿といえども限界はありますから、8名の方に「浦安の舞(音が出ますのでご注意下さい)」、4名の方に「豊栄舞」を舞っていただきました。

舞姫
こちらも、過去にいただいた画像です。


そして、「献饌の儀」。
今までの「宵祭」では、略儀で行っていましたが、今年は4名の巫女さんに行っていただきました。
いつも「本祭」では、総代様方に行っていただく献饌、作法も難しいのですが、そこは頭も若いお子様達(笑。
すぐ憶えて、本番も綺麗に行っていただき、総代さんも感心していました♪
本日で献饌を行った総代さんも、殊の外緊張されたのではないでしょうか(笑。

「宵祭」を終え、いよいよ「三国(さんごく)煙火(音が出るのでご注意下さい♪)」です!

土曜日、本郷神社の三国を見てきました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

秋分(しゅうぶん)♪

2008 - 09/28 [Sun] - 10:00

大宮五十鈴神社例祭「宵祭」は、毎年秋分の日です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


9月23日は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「秋分」です。

暦便覧には、「陰陽の中分となれば也」とあります。

すなわち、昼夜の長さがほぼ同じになる日で、「秋分」と同じです。
細かいことをいいますと、多少(約14分)昼の方が長いようですが、この日から更に冬に向けてだんだんと日が短くなり、涼しさが寒さに代わり、寒さが増してきます。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うように、暑かった夏も過ぎてみればあっという間、個人的には(私の誕生日も近い)この時期が1年でも1番好きな時期です♪

皆さんは秋の夜長、何をして過ごしますか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社例祭報告(2)♪

2008 - 09/28 [Sun] - 07:36

例祭のお陰で、順位が上がりました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社例祭奉納弓道大会、今年はなんと、参加者のほとんどが着物を着て弓道大会に参加していただきました。
その気持ちが何とも嬉しく、感激です。

弓道大会

↑は、神事の後の、市の弓道部長さんによります引き初めの様子です。
年々、多くの方にご参加をいただくようになった弓道大会、雨でも行われるのですが、今年はその心配もなく、清々しい境内の中に鳴り響く弦の音、的を射抜く音が気持ちよく響き渡っていました。

3時、「宮参り」という神事が行われます。
年番さん勢揃いで、お宮にお参りします。
そしていよいよ、獅子練り・競い隊が神社を目指し練ってきます。

4時前、子供競い隊が神社に入ってきました。

子供競い隊

オンベを振り振り、笛を鳴らし大声を上げ威勢よく競う姿を見て、沿道の大人達も大喜び、この子達が次代の五十鈴神社祭典を担ってくれることでしょう。

4時には獅子練りが、神社東の交差点(通称「供養塔」)に到着、4時半に総代様方が大鳥居まで獅子練りを出迎え、境内を練ってきます。

拝殿に到着した順に参拝を済ませ、獅子の練り込みを待ちます。

練り込み1

毎度ながら写真はありませんが、過去にいただいた写真で…(苦笑。

練り込み2

「討ち取ったり~~!!」の獅子切りの掛け声により、獅子の頭が落とされ、御神前に奉納されて「宵祭」が始まります。

29日のテレビ信州「ゆうがたget!」をお見逃さずに♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社例祭報告(1)♪

2008 - 09/27 [Sat] - 07:03

あっと言う間に週末ですね(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

どこからご報告すればよいのか…。
最初から行きましょう♪

23日、大宮五十鈴神社例祭「宵祭」当日。
朝5時に花火が上がったのを、ご存知の方が多いと思います。
これは「神迎えの祝砲」でして、区によって時間は違いますが、その時間に合わせ神迎えの神事が執り行われます。

もう3時半頃から、神社に人が集まってくる物音が聞こえました。
4時、年番区の総代様方が、幟を掲げます。
4寺40分頃から神事を始め、祝詞を上げ、玉串を奉奠(ほうてん)してから、火縄に御神前より忌火をいただきます。

5時、今年は1分ほど過ぎてしまいましたが、年番委員長様から煙火部長様へと火縄が授受され、そして境内に設置された花火台より、御神前よりいただいた火で祝砲に点火されます。
静まりかえった境内に、いきなり「シュポッ!」っという音と同時に花火が上がりますから、驚くこと驚くこと…。
私も驚きますが、みんなの驚く顔を見るのも好きです(笑♪

その後、境内から、煙火店さんに向けて煙火部の方々が出発します。

煙火部出発

ようやく明るくなり始めた空の下、宵祭当日を迎え、気持ちの高ぶりを抑えられない…そんなみんなの顔でした。

私は、どうしても煙火店さんへは伺えませんが、昼過ぎでしょうか?「今年も完璧に詰め上がりましたよ!」という、頼もしいお声を掛けていただきました。
今では、許可の問題等が厳しいようですが、この「三国(さんごく)煙火」(音が出るのでご注意下さい♪)は、煙火店さんに任せきりではなく、氏子のみんなが火薬を詰め、火薬を突き、加減を調節して火の粉の塩梅を計りながら作り上げるのです。

そんな頼もしいお声をお聞きしたのは、弓道場に向かう途中でした。

1時、大宮五十鈴神社例祭「奉納弓道大会」に先立ちまして、清祓式が行われます。

私も、グリムスの名前を変えてみました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お伊勢さん(感謝の心)♪

2008 - 09/26 [Fri] - 10:48

報告はちょっと待って下さいね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ハードスケジュールではありましたが、無事「お伊勢さん」伊勢神宮へ行って参りました。

外宮1

この日も、お天気に恵まれ、清々しい参拝をさせていただくことが出来ました。

細かい報告は改めてさせていただくことと致しまして、1つ感じたことまで。。。

よく皆さんは、出先でおトイレを借りることがあると思います。
そうすると、「ガムは捨てないで下さい」「トイレットペーパーの芯は流さないで下さい」「綺麗にお使い下さい」などと書かれていることが多くありますが、神宮のおトイレを借りた際、そこに書かれていたのは…

「いつも綺麗にお使いいただき、ありがとうございます」

でした。

「いつも」って、今回がそのトイレは初めてだよ!…と言ってしまえばそれまでですが(笑)なんか気持ちがホンワカさせられた一時でした。

これはほんの一例でありますが、「あれして!これして!」「ああしないで!こうしないで!」、そんなお願いや注意ではなくて、いつも「感謝」の心を持って接していると、自分も、もちろん相手も心がホンワカするんだな~なんて感じました。

歳には勝てず、体がガタガタです(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

from伊勢♪

2008 - 09/25 [Thu] - 14:16

20080925141805
伊勢にあります「サンアリーナ」に来ております。

今日は、敬神婦人全国大会ということで、上伊那から50名のご婦人方と一緒に、伊勢神宮を御参拝いたし、おはらい・おかげ横丁で昼食・お買い物をして、大会会場に入りました。

会場には、全国からお越しのご婦人が3千人弱、目当てはこの後公演の浅野温子さんだと思いますが(笑)詰めかけています。

長野本隊・諏訪分隊は1泊ですが、我々上伊那分隊は日帰り。
少し強行日程とはなってしまいましたが、お天気にも恵まれ有意義な旅となりそうです。

浅野温子さん『日本神話への誘(いざな)い♪
☆「人気blogランキング」♪☆

全日程終了♪

2008 - 09/25 [Thu] - 00:00

最高の秋晴れの2日間でした♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

24日は、10時より「本祭」が執り行われました。

年番の皆様は、朝7時前より境内で片付け作業。
10時の時点では、既に三国の櫓も取り外されていました。

本祭1

「本祭」は、手水(てみず)を使い社務所の前に参列して社殿に参進致します。

本祭2

私(宮司・ぐうじ)と母(禰宜・ねぎ)、あと4人(伊那のTさん、飯島のTさん、中川のMさん、箕輪のKさん)の神主さんにお手伝いを頂き、無事「本祭」も斎行することが出来ました。

なかなか自分では写真が撮れませんでしたので、報告もどこまで出来るかわかりませんが、改めて報告させていただきます。

というのも、例祭が終わったのも束の間…、今日は朝5時出発で伊勢へ「全国敬神婦人連合会」で出掛けます。

日帰りで行ってきます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

御礼♪

2008 - 09/24 [Wed] - 07:24

無事、三国煙火が終了しました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

御奉納いただいた、北割耕地の皆様を始め、お参りいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

御礼

獅子練り・浦安の舞・豊栄舞・初三国・大三国、すべての仕掛け花火…
感激、感動、もう言葉では言いあらわせません。

昨晩お越しいただいた方、一言コメントを残していただけると嬉しいです♪

昨日、テレビ信州「ゆうがたget!」の取材を受けました♪
「どんなお祭りですか?」の質問に、ドギマギしてしまいましたが(汗、もうなんて言ったらいいか、「見ていただければ分かります」としか…(笑。

きっと、取材に来ていただいた方は、来年も来たくなっていただけたのではないでしょうか? (*^_^*)

放送は、29日を予定しているそうです。
また情報が入り次第、ご連絡いたしますね♪

お天気も良かったせいもあったと思いますが、これまでで一番多い参拝者だったのではないでしょうか?
沢山の人に見守られ、神様に無事素晴らしい三国煙火を奉納することが出来ました。

本当にありがとうございました。
お天気もそうですが、すべての皆様に感謝です。
いよいよこれから本番「本祭」♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社例祭♪

2008 - 09/23 [Tue] - 00:00

今年も、いよいよやってきました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「9月23日」は、大宮五十鈴神社例祭の宵祭です。

改めまして、日程をご案内いたします♪

【9月23日】
4:40 神迎え神事(火縄授受)
5:00 神迎え号砲
7:10 獅子練り出発
13:00 奉納弓道大会清祓式
15:00 宮参り
16:00 獅子練り供養塔(東の交差点)
16:30 獅子練り大宮五十鈴神社大鳥居
17:00 獅子練り大宮五十鈴神社社殿前
17:10 獅子練り込み・宵祭開式
17:25 拝殿にて浦安の舞・豊栄舞
18:20 三国神殿前に宮参り
19:00 初三国点火
20:30 大三国点火
不思議な感動
【9月24日】
10:00 例祭開式


(ご注意)
三国煙火を見にお参りの皆様へ♪

・火の粉の吹き出し方向で見学の方、火の粉がかかります。
 火が燃え移りにくく、穴の開いても良い服でお参り下さい。
・お子様を、肩車して見るのはおやめ下さい。
 後ずさりしたときに、お子様が危険です。

当たり前の注意は書きませんが、諸注意を守りくれぐれも安全に楽しんで下さいね。

ご家族お友達お誘い合わせの上、お参り下さい♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

準備万端♪

2008 - 09/22 [Mon] - 19:16

ワクワク!ドキドキ!♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

総練習、最終準備が雨に降られてしまいましたが、今日の午後には雨も上がり、祭典委員会各部最終チェックが行われていました。

境内では、総代さんも総出で境内の清掃、紙垂(しで)をつけたりと準備も万端整いました。

準備万端

これこれ!この櫓です♪

準備万端1

この櫓の最上部に、三国煙火が仕掛けられ、吹き出す火の粉の下を年番の方達が競いあうのです。

準備万端2

この狭い境内の中を駆け回る姿を想像するだけで、興奮してきます!

1度でも、見たことがある方なら、今の私と同じように体の中から何とも言えない興奮が沸き起こってきていることと思います(笑♪

まだ見たことのない人は、是非見に来てください。
遠方で、今年来ることが叶わない方、残念でした!

いやいや…、毎年9月23日と、日にちは変わりませんので、来年に向けて計画を練ってください。

準備万端3

この写真は、神社の東側ですが、一番の爆発では、ここに見える家の屋根まで火の粉が飛び散ります。

そりゃ~、その間にいる人達の服には穴が開くわけだ(驚。
注意事項をお守りいただき、楽しく安全に花火をご覧下さい♪

境内では、年番さんの準備が終わるのを待って、夜遅くにもかかわらず、地元消防団の方々が三国煙火に備えて木に放水し、火が燃え移りそうな枯れ枝を落としてくれています。

沢山の方に支えられて、神社が祭典があります♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

浦安の舞♪

2008 - 09/22 [Mon] - 07:01

子供の頃、
神社で舞ったことのある女性もいると思います♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

昨日は、大御食神社(おおみけじんじゃ・「大御食神社と校歌ブログ♪」に由緒があります)例祭の宵祭でした。

大御食神社

毎年9月21日・22日に行われていた例祭。
近年、世情にあわせ9月第3日・月曜日に開催されることとなりましたが、今年は丁度、本来の例祭日と一緒になりました。

台風13号は過ぎ去ったものの、台風一過は昨日で終わり?
朝からドンヨリとしたお天気、天気予報は次第に雨。
朝のまま降らないでいてくれたなら、お練りの方達には清々しい気候だったのかもしれませんが、昼頃から冷たい雨が降り出し、午後には本降りになってしまいました(涙。

午後のお練りは中止になってしまいましたが、神社境内の練り込みは行われ、大雨の降る中とはなってしまいましたが、大勢の参拝者が見守るなか、賑々しく練り込み、獅子切りが行われました。

大御食神社では、神事を進める中で祝詞から「浦安(うらやす)の舞」玉串までを行い、獅子の練り込みを待ちます。

日本全国、神社の例祭で「浦安(うらやす)の舞」を舞うところが多くあると思います。
駒ヶ根市では、「大御食神社」「大宮五十鈴神社」「伊那森神社」が「浦安の舞」を奉納します。

こちらは、大御食神社(平成13年撮影)例祭での「浦安の舞」です。
音が出ますのでご注意下さい。

浦安の舞1番
浦安の舞2番

画像が小さく、パソコンによっては大きさをコントロールしないと上手に見られないかも知れませんが、こういった舞です。

扇の舞、鈴の舞、2回繰り返して10分弱の舞です。

「天地(あめつち)の
神にぞ祈(いの)る
朝凪(あさな)ぎの
海のごとくに
波立たぬ世を」

「浦安の舞」は、昭和15年、皇紀2600年をお祝いし、昭和8年に平和な世の中を願い歌われた、昭和天皇の御製を舞にしたものです。

練り込みが終わり、外では相変わらず大雨が降りしきる中、青年衆の胴上げが行われ、参拝者から惜しみない拍手が送られていました。

雨は降ってしまいましたが、これまでの練習や雨の中の練り込み、年番さんの気持ちは必ずや神様は見ていてくれていますから、その心意気は神様に届いたことと思います。
年番の皆様、お疲れ様でした♪

明日の五十鈴神社では、
「浦安の舞」に加え、「豊栄舞」も奉納されます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

台風一過♪

2008 - 09/21 [Sun] - 07:50

YOUがターゲット!♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

テレビ信州「ゆうがたget!」より、23日の取材申し込みがありました。
カメラに向かって、みんなでピースしましょう(笑♪

昨日は、永見山諏訪社の例祭でした。
神社の様子は、昨年のブログ♪をご覧いただければと思いますが、台風13号で大変心配されました天候も、素晴らしい台風一過の晴天に恵まれ、お祭りをすることができました。

永見山諏訪社の拝殿には、3つのお社があります。

永見山本殿

真ん中の御本殿は、小さいながらも立派な彫刻が施されています。

永見山1

が…、残念なことに、獅子が持っている「鞠(まり)」でしょうか、何かをぶつけたのか壊れてしまっています(涙。

永見山2

写真が小さくて分かりづらいかも知れませんが、1本の木からこれだけのものを彫刻するのは凄い技術です。

氏子戸数45軒の小さな郷でお守りしている立派な神社、建て替えるのは容易ではありません。
しっかり守っていきたいですね♪

今日は、大御食神社(美女が森)宵祭です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

祭り週間突入♪

2008 - 09/20 [Sat] - 08:05

早いもので、9月20日となりました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


本日は、永見山諏訪社の例祭があります。
明日は、大御食神社例祭の宵祭。
明後日は、大御食神社例祭の本祭。
そしていよいよ、大宮五十鈴神社の例祭となります。

チラシ
本日の新聞広告♪


9月に入り、毎日のように年番さんが神社、また神社周辺の道路沿いなどを祭典用に装飾いただいています。

祭典準備2

境内にあります石造物には、人が乗ったり、何かの際に倒れてくることがないようにと木で囲いが施されます。

祭典準備1

この囲いが出来ると、「普段とは違うな~」「いよいよお祭りだな~」という気分になります。

境内も、今日あたりから「三国(さんごく)煙火」(音が出るのでご注意下さい♪)の櫓が組まれるものと思います。

台風13号がゆっくりと通り過ぎていきました。
水害・災害に遭われた皆様に、御見舞申し上げます。

週間天気予報では、23日雨は心配なさそうです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大麻♪

2008 - 09/19 [Fri] - 08:59

と言っても、あの大麻ではありません♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


昨日は、伊那市の上伊那招魂社で、長野県神社庁上伊那支部の協議会が、開催されました。

毎年この時期に、「神宮大麻」が配られますので、それに併せて開催されます。

聞き慣れない言葉が出てきましたが、「神宮大麻」とは何でしょうか?

「じんぐうたいま」とお読みします。

「大麻」は、「おおぬさ」とも読みますが、「おおぬさ」とは、神主さんがオハライで振る…

大麻

これ…のことを言います。

「神宮大麻」の「大麻(たいま)」は、御札のことを言います。

「神宮」は、「伊勢神宮」です。

そう、「神宮大麻」は、「天照皇大神宮」の御札のことを言います。

おはらい横丁

内宮(ないくう)の門前町、今では「おかげ横丁」の方が有名になっていますが、川沿い(内宮すぐ脇)の横丁を「おはらい横丁」と言います。

「神宮」は、「お伊勢さん」といって親しまれていますが、その昔は「おはらいさん」といって親しまれていました。

それは、平安時代、「御師(おんし)・大夫(たゆう)」と言われる人たちが配った、全国の崇敬者に「おはらいさん」の名前で親しまれていた、現在の「神宮大麻」当時の「御祓大麻(おはらいおおぬさ)」に由来します。

江戸時代には、全国の9割の家で「御祓大麻」がお祀りされていたと言われ、今でも神棚には必ずお祀りされるものとされています。

皆さんも、神棚を見てみて下さい。
3社作りの神棚の場合は、真ん中にお祀りします。

神棚

御札の祀り方については、「御札の祀(まつ)り方ブログ♪」をご参照して下さいね。

皆様のお手元には、年末に配られると思います♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

奉祝行事♪

2008 - 09/18 [Thu] - 08:03

昨夜は、諏訪で会議でした♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


17日、諏訪大社で長野県神道青年会の役員会が開催されました。

今回の議事の中心は、「奉祝行事」について。
何の奉祝行事かといいますと、今上陛下御即位20年の奉祝行事です。

「今上」は、「きんじょう」と読みます。
今上陛下、今上天皇、といったように使われます。

「今上天皇」とは、その時点において在位している天皇陛下のことを言います。
ですから、昭和天皇は、在位している時は「今上天皇」と呼ばれ、崩御されて(お亡くなりになられて)初めて「昭和天皇」と呼ばれるのであり、今の天皇陛下を「平成天皇」とは呼んだりはしません。

話しがそれましたが、今年は平成20年。
各地で、天皇陛下御即位20年の奉祝行事が行われています。

当長野県でも、神社界を中心にして「奉祝委員会」が立ち上げられ、「奉祝パレード(提灯行列)」が計画されております。
奉祝委員会の名誉会長に村井県知事様、会長に加藤県商工会議所連合会長にご就任いただきました。

期日は…

10月 3日金曜日…長野市
10月10日金曜日…松本市

奉祝提灯行列が執り行われます。

奉祝行列
写真は、悠仁親王殿下御誕生奉祝行列です♪


場所は、長野市が善光寺を出発して、長野駅まで。
松本市は、あがたの森公園を出発して松本駅までのコース。

懸垂旗作成

昨日は、会議のあと、奉祝行事の懸垂旗を作成したりと作業が行われました。

本来であれば、長野と松本だけではなく、県内各地で奉祝行事が行われ、奉祝ムードが高まらなければいけないのですが、今回は賑やかな2市街地限定です。
当日都合がつかない県民の皆様にも、当奉祝行事を知っていただきお祝いの心を寄せていただきたいと、信毎で奉祝協賛チラシも計画されております。

1人でも多くの方の参加を、よろしくお願い致します♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

本年度初七五三♪

2008 - 09/17 [Wed] - 07:41

今年も、いよいよ七五三まいりの時期がやって参りました~

って、まだ早いんですけどね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

七五三まいりとは、7歳(女児)・5歳(男児)・3歳(男児女児)のお子様が、11月15日に無事なる成長の感謝と今後のご守護を氏神様にお祈りすることであります。

7歳は紐落とし(帯解・おびとき)のお祝い、5歳は袴着(はかまぎ)のお祝い、3歳は髪起きのお祝い、と昔から言い伝えられおりますが、今では着物や袴はほとんど着ません。
これらの年回りは、3歳で言葉を解し、5歳で智恵づき、7歳で歯が生え変わるといった、子供の成長にとても大事な節目の歳でもありますので、厄除けの意味を込めて御神前でお祓いを致し健やかなる成長を神様にお祈り致します。

本来は、11月15日を中心に、11月中に行われる「七五三まいり」ですが、早いところで8月から写真屋さんの前撮りの新聞広告が入ります。

中には、早期特典とやらで早い時期に前撮りをすると安いところもあるようですが、前撮りをしたことで「七五三」をしたような気になってしまい、本来の「七五三まいり」の意義はそっちのけ…とならないようにしなければなりません。

前撮り前撮りで、本来の七五三の意義が薄くなって、七五三という行事自体がなくなっていってしまっては元も子もない…と、後輩の写真屋さんとも話しをしたことがありますが、やはり商売ですのでどこかがチラシを入れれば入れざるおえない…というのも解ります。

本来の意義を踏まえながら、お子様の健やかなる健康をお祈りしましょう♪

初七五三

今回の七五三は、お母さんが出産を控え、お腹が大きくなる前に…ということでのお参りでした。

伊那市にお住まいの方だったのですが、子供の頃ご自分の七五三を大宮五十鈴神社にお参りし、その時の写真と思い出があるので…と仰っていただきました。

お子様のご健勝を心よりお祈り申し上げます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

不思議な力に魅せられて♪

2008 - 09/16 [Tue] - 20:45

祭典感想文(15)

これまで地元に参加型のお祭りが無く寂しく思っていたので、とても貴重な体験でした。

幸運にも大三国を担ぐことが出来、「ワッショイ、ワッショイ」と言っている内に、異様なほど興奮し、気が付けば先を競って叫んでいました。

魅せられて2

地元の方も協力隊候補生も同じ様子で三国の持つ不思議な力と、五十鈴神社の力に魅せられ、あの雰囲気が生まれていたのでしょうか。

大三国が点火されてからは、その場に留まっていることが出来ずに、何かに取り付かれたかの如く、火の粉を浴び続けました。

魅せられて1

興奮状態で、熱いにも関わらず何度も入っていたので、訓練所に戻るまで、火傷で髪が無くなっていたことに気付きませんでした。

あまりにもハゲていたので、周りからは随分と心配されましたが、髪を失った悲しみより、祭りに参加でき三国の火を浴びられた喜びの方が遙かに大きいです。

また機会があえば、今後も協力隊候補生の参加をよろしくお願い致します。

ありがとうございました。

派遣国 トンガ 森林経営Sさん

とりあえず15話で終了です。
なんとか、五十鈴神社祭典に間に合いました。
少しは、お祭りの様子が伝わりましたでしょうか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

熨斗(のし)の書き方♪

2008 - 09/16 [Tue] - 09:57

地鎮祭の質問シリーズ(13)

(質問)
来週地鎮祭を行うのですが、初穂料の熨斗袋には「祝い」と書くのでしょうか?

熨斗の表書き

(お返事)
そのまま「初穂料」で結構です。

地鎮祭では、お施主様がお祝いされる側ですので、お施主さまへお渡しする場合が「お祝い」となります。

「初穂料」の他には、「玉串料」「奉納」「御礼」「奉献」等を書いても間違いではありませんが、「初穂料」もしくは「玉串料」「御礼」が一般的です。

詳しくは…「熨斗のお話し♪」をご覧下さい♪

読めても書けない…「熨斗」(苦笑♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

超ミニ♪

2008 - 09/15 [Mon] - 12:55

大御食(おおみけ)神社の例祭は、9月21日(宵祭・日曜日)22日(本祭・月曜日)です。
いよいよ来週と、迫って参りました。

さて先日、大宮五十鈴神社境内の「奉納書画掲示板」で、展示替えが行われたことを書きました。
この「奉納書画掲示板」は、先代宮司(私の祖父)が画家の佐藤雪洞先生達と数十年前に始めたことも書きました。

「佐藤雪洞」先生は、日本画家。
『駒ヶ根市誌』にも詳しいことは書いてありませんでしたが、東筑摩郡本城村にあります「花顔寺(かがんじ)」というお寺の本堂の天井に、佐藤雪洞先生の龍の絵が描かれていることをインターネットで見つけました。

雪洞天井絵

「畳24畳分の和紙に描かれておりその迫力に圧倒されます。」と書いてあり、1度は駒ヶ根に縁のある画家「佐藤雪洞」先生の絵を見てみたいと思いました。

その「佐藤雪洞」さんの絵が、大御食神社境内に飾られていることをご存知でしょうか?

大御食雪洞3

境内上の段西、神楽殿の反対側に末社殿がありますが、そこに展示?されています。

大御食雪洞2

今まで、神楽殿の中に掲げてあり、神楽殿の中では誰にも見られないので…ということで、晴れて展示されることとなりました。

大御食雪洞1

大変貴重な絵、私個人的には色あせが心配ではありますが、いつ仕舞われてしまうかわかりませんので、獅子練りを見にお参り際は「佐藤雪洞」先生の絵もご覧下さい♪

超ミニ「佐藤雪洞」展です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

もう一度♪

2008 - 09/15 [Mon] - 08:29

祭典感想文(14)

私は、二部(大三国)に参加でしたので、到着したときには丁度一部(初三国)のクライマックスでした。

久しぶりでした。

もう一度

体に電気の走るような感動を憶えたのは…。

と同時に、自分が出来ることの嬉しさもこみ上げてきました。

ビデオや写真を見ているのとは違い、実際に参加してみて、確かに火傷は痛かったけど、あの境内での一体感は二度と味わえないと思います。

協力隊が祭りに参加できるのは、とても運が良いことだと後から聞き、感動が更に深まりました。

この地区の方々に「本当にありがとうございました」と、御礼が言いたいです。

任地から戻っても、地元が長野ということもあり、是非もう一度見学(もしくは参加)したいと思います。

派遣国 ホンデュラス 家畜飼育Kさん

もう戻ってこられましたかしら?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

10万アクセス達成♪

2008 - 09/14 [Sun] - 08:45

皆様のお陰で、ブログ開設1年と4ヶ月で10万アクセスとなりました♪
拙いブログにお付き合いいただきまして、本当にありがとうございます。

って…、実は10万間近!10万を丁度過ぎた!というときは全く気付かず、知らない間に超えていました(汗。
もっと早くに気付いていれば…記念すべき10万アクセス目の方に記念品…なんていうイベントも出来たのですが…(笑。
それは20万アクセスの時のお楽しみにとっておきましょう♪

このアクセス数、そしてブログランキングは、私たちブロガーの励みです。
やはり、書いた限りは多くの方に見ていただきたいですし、見ていただく限りはそれに応えるべく(これでも…苦笑)内容を考えます。

ランキングのお話しをしますと、ここのところ1日2ブログという日が続いていました。
祭典感想文や、地鎮祭の質問など、通常のブログと並行して書いていました。
ランキングは、同じ人が何回クリックしても1カウントしかされない…と聞いていましたが、2ブログ書いたときの方が順位が上だった…2ブログだと2カウントかな?なんて思いましたが、実際はどうなんでしょうか?

先日、とある方より「いつも見てるよ~」と声を掛けてもらいました。
「ランキングはどこをどうすればよいか解らないし、何だか怖くてしてないけどね~」と。
(はい、先輩!先輩です…笑)

毎回一番下にあります「人気blogランキング」というところをクリックして下さい。
誰がクリックしたかとか、クリックした人の情報はどこへも漏れませんので、気軽に怖がらず(笑)「ポチッ」として下さい。

よろしくお願い致しますペコリ(o_ _)o))♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年も集まりました♪

2008 - 09/14 [Sun] - 08:29

10日、「奉納書画展示替清祓式」が行われました。
大宮五十鈴神社境内(けいだい)の上の段に、奉納書画掲示板(奉納書画掲示板のお話し♪)があります。

奉納書画1

氏子さんを中心に、絵や書道に興味があり、または先生として教えていただいている方々が、毎年神社に書画を奉納し、書画の上達と益々の健勝を祈るとともに、参拝者の目を楽しませてくれています。

例祭前のこの時期に、毎年「世話人会」の皆様が展示替えをして下さいますが、今のこの忙しい世の中、昔に比べると書画を奉納してくれる人が減ってきたそうです。

奉納書画2

昨年に比べると6品多い46品、しかしながら最盛期?は70品がスペースの限られた掲示板狭しと張られていたそうです。

清祓式の直会で、「先代宮司さんもその前の宮司さんも絵も書道も上手だったけれど、1品書いてくれないかね?」と言われてしまいました。
私も、小・中学校の頃は絵を書くのが大好きでしたが、とてもとても…(汗。

境内砂引き

境内では、年番の皆様により整備作業が行われていました。

境内砂引き4

境内上の段では、お練りの練り込みが行われますし、それに伴い大勢の参拝者も訪れます。

境内砂引き3

下の段は、三国の競(きお)い隊が練り歩き、そして火の粉の下を走り回ります。

境内砂引き1

1年の間、雨や人で削られ凹んだところに足を取られて怪我をしたらいけませんので、そのための整備作業が念入りに行われていました。

境内砂引き2

毎日、境内では作業が行われています。

お祭りまで、10日を切りました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

続々・千の風になって♪

2008 - 09/13 [Sat] - 08:31

本当にこんな題名でよいのでしょうか?(汗

なんて…いいんです!

お祖父さんの魂は、仏壇にも(神道では「御霊舎・みたまや」)お墓にも、お寺や神社にもいらっしゃるという日本人の宗教観・死生観。

ここでタイトルと結びつけますが、先日とある所で行われましたご葬儀にお手伝いに行ってきた時のお話しです。

先日も「いいお葬式♪ブログ」で書いたIさん奉仕のお葬式のお手伝いだったのですが、お葬式の途中、故人が90歳を過ぎても所属していた地元のコーラス隊による「千の風になって」が歌われました。
故人は、70歳を過ぎてから、チェロなどの楽器や水墨画などを習いコーラス隊でも活動されていた活発なお爺ちゃんでした。
そのお爺ちゃんも、今度の発表会で歌うために練習していたという「千の風になって」、一昨年の紅白歌合戦で秋川さんが歌い、一躍有名になり100万枚以上の売上を記録したヒット曲です。

千の風になって♪
           訳詞・作曲 新井 満(まん)

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています


お葬式が終わり、Iさんがご親族の皆さんに向かってご挨拶をされました。

「お式の中で『千の風になって』を歌っていただきました。
作詞をされた新井満さんは、お墓まいりをします」
と言って、実話をお話しして緊張している式場内を和ませてから、
「キリスト教やイスラム教などでは、人は死んだら天国へ行くとされていますし、本来の仏教ではご存知の通り「輪廻転生」、生まれ変わる…また阿弥陀の世界へ行くということになっています。

それぞれ目指すところがあって、理想の国へ行くとされていますが、日本では御先祖様になり今を生きる私たちを見守っていてくれる…と考えます。
そんな国「日本」だからこそ、「千の風になって」があんなに流行ったのでしょう。
お祖父さんの御霊は、天翔(あまがけ)り国翔(くにがけり)りして、皆さんの近くで皆さんをお見守り下さっています。お家にも、お墓にも、そして産土の神様の元にもお鎮まりになっています…。
お祖父さんの御霊安らかにお鎮まり頂き、ご親族皆様を守りお導き下さることを心よりお祈り申し上げます」とご挨拶されました。

思いのほか長くなってしまいましたが、靖國神社の映画を見た次の日の出来事で、とてもタイムリーでしたので書かせていただきました。

皆さんは、こういう考えの国「日本」に
生まれ育って、どうお考えでしょうか?♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

コンバイン入魂式♪

2008 - 09/12 [Fri] - 15:56

先日、季節ブログをドド~っと書きましたが…清々しい季節になり、辺りを見回すと、既に稲刈りを済ませた田んぼもチラホラ見え始めました。

そんな中、中割水稲協業組合さんによります「コンバイン入魂式」が行われました。

コンバイン入魂式

本格的な採り入れは、9月下旬のようですが、今年は順調に稲も育っているようで安心しました。

コンバイン入魂式1

稲…といえば、先日作った案山子が、諏訪の田んぼに設置されました。

案山子立て

私は都合で行かれなかったのですが、長野県神道青年会ホームページから写真を拝借いたしました。

詳しくは、長野県神道青年会ホームページ「案山子立て記事」をご覧下さい。
私の作った案山子も立てられています。
「あ!この装束、見たこと有る…」って言う方も居られると思います。

20代で着れば良かったのですが、
40歳には若作りすぎました(雀除けにはピッタリ?)♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

続・千の風になって♪

2008 - 09/12 [Fri] - 07:24

今度こそタイトルに行き着くぞ!(苦笑

さて、話しを戻しますが、映画の中で「お爺ちゃんの魂を返して!」といっていた方は、こんなことも言っていました。
「お爺ちゃんの魂を、靖國神社に閉じ込めておかないで!」
また、靖國神社の神主さんに向かって…
「あなたが逆の立場だったらどう思う?あなたのお爺ちゃんの魂が、台湾にあったら迎えに来るでしょう」…と。

先にお話ししたブログで、「魂」の捉え方が国によって、宗教によって違うように、大変難しい問題のように思いましたし、解決は無理のようにも思いました。

なぜなら、先のブログでお話しした死生観、日本ではご存知のように、人が亡くなってその魂は仏壇にお鎮まりになっていればお墓にもいらっしゃる。
はたまたお寺さんにもいれば、神社(産土様)にもお鎮まりになっているという考えです。

例えば、あなた(駒ヶ根市赤穂に住んでいるとして)のお爺ちゃんが、先の大戦で亡くなったとしましょう(仮定です。
お爺ちゃんの魂は、あなたの家の仏壇はもちろん、檀家であるお寺に位牌があり、お墓にもお鎮まりになっていますし、赤穂村の慰霊碑(共楽園公園内にあります)・上伊那招魂社(伊那市中央公園内)・長野縣護國神社(松本市)、そして靖國(やすくに)神社にもお祀りされているということになります。

同じように、今回「お爺ちゃんの魂を返して」と叫んでいる方の魂は、台湾のご家庭の宗教によってもお祀りされ台湾にも魂はあることになるのです。
「あなたのお爺ちゃんの魂が台湾にあったら、迎えに来るでしょ?」という考えですが、例えば台湾にあるあなたのお爺ちゃんの魂がおろそかにされ粗末にされているのであれば、訴訟も起こすかも知れません。

でも、靖國神社では、台湾のその方のお爺ちゃんの魂を、神様としてお祀りしているのです。
朝晩しっかりお祭をして、春と秋には例祭があり、旧暦のお盆にはみたま祭、新暦のお盆には10万人を超える参拝者が御礼のお参りをされているのです。
「誇り」に思われるのならまだしも…と思うのですが。

魂はここにもいらっしゃるけれど、台湾にもいらっしゃるという日本人の宗教観、それを理解されずにまだ同じことを言うようであれば、「分祀しました。霊璽簿から削除しました。どうぞ魂を故郷にお持ち帰り下さい。」と言ってしまっても良いのではないでしょうか?…なんて思ってしまいます。
だって、分祀…それは出来ないものと考えているからです(苦笑。
信州一之宮「諏訪大社」は、全国に5千社、小さいものをあわせたら1万社以上あると言われていますが、その全国にある諏訪神社は、諏訪大社から分祀された諏訪大神様がお祀りされています。
でも、諏訪大社さんの御神徳は、分祀したからといって少なくなったりすることがなければ、諏訪大神様が諏訪大社にいなくなることはありません。

同じように、ひとたび靖國神社に祀られた御英霊(お爺ちゃんの魂としましょう)がそこから別れることはあっても、いなくなることはないのです。
例えとしてよく使われますが、蝋燭(ロウソク)の火がお爺ちゃんの魂としますと、分祀するということは別のロウソクに火を分けてもらうのと同じことで、元のロウソクの火が消えることはありませんよね。
そういうことなのです。

でも、日本人の宗教観・死生観を理解しようとしないでいろいろ言う方には、こちらが曲げて「分祀してあげたことにする」のも1つの手かと…
これだけ嫌な目にあっても、なにも分け隔てなく御英霊を日々お祀りしている、日本全国の靖国護國関係神社の神主さんご遺族さん方にも感謝です。

うむ、また辿り着けなかった…汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ワッショイ!♪

2008 - 09/11 [Thu] - 10:22

祭典感想文(13)

「ワッショイ!ワッショイ!」連呼する大声の掛け声が響き渡る中、最大のクライマックスである“火の粉を体中に浴びる”神社境内に入ったときの最高潮に盛り上がった雰囲気。

そして「アチー!アチー!アチー!」と叫びながら火の粉の海から必死に逃げ惑っていたあの瞬間は、決して忘れることは出来ないだろう。

本当に心に残る最高の祭りだった。

ワッショイ

今まで、こんなにエキサイティングで楽しい祭典に参加したことはなかった。

心から揺さぶられる素晴らしい祭りで一部ステージ(初三国)参加のみにもかかわらず、他の大勢の仲間と共に二部ステージ(大三国)にももぐり込んで参加してしまった。

結果、翌日に痛みが襲ってきた。

頭部や上半身に負った無数の火傷も、自分にとっては誇らしく感じた。

この大宮五十鈴神社祭典は、毎年9月23日に行われ、しかも駒ヶ根市の年番地区には3年に1度しか回ってこないという話を聞いた。

その3年に1度の伝統的祭典に、協力隊候補生として初めて参加できたことは、かけがえのない貴重な心の財産として、いつまでも自分の心の中に残るだろう。

この素晴らしい祭典への参加を、企画・推進していただいた駒ヶ根市役所やI所長を始めとする協力隊駒ヶ根訓練所の職員の方々、及び参加を認めて頂いた祭典実行委員関係者の方々に、心から深く御礼を申し上げたい。

本当に本当に、どうもありがとうございました。

この大宮五十鈴神社祭典の体験が、任国での協力活動に役立つヒントになることと信じています。

派遣国 スリランカ 村落開発普及員Zさん

火の粉も凄いですけれど、
あの、耳をつんざくような轟音も凄いですよね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

千の風になって♪

2008 - 09/11 [Thu] - 06:48

先日、映画「YASUKUNI」のお話しで、台湾の方が「靖國(やすくに)神社にあるお祖父さんの御霊(みたま)を分祀(ぶんし)して、台湾に連れて帰りたい」と言っていた…と書きました。

え?どこが「千の風」?と思われるかも知れませんが、お待ち下さい。
そこに行き着けるかどうか(無理かな?)分かりませんが、書いてみたいと思います。


いわゆる靖国訴訟、靖國神社にお祀りされている「英霊(えいれい・国のため、戦争で戦い亡くなられた方々の御霊)」の一部を分祀して欲しいという訴え。

「分祀」とは、その神社にお祀りされている複数の神様の内、一部を分けてお祀りすることです。

いわゆる「戦犯」という人の御霊は分祀するべき…台湾人や朝鮮人で日本のために戦って亡くなったから祀られているが、自分の国に帰して欲しい…遺族が違う宗教で、神社にご先祖様が祀られているのが苦痛であるから分祀して欲しい…等々、いろんな要求があるようです。

今回は、この内の2番目なわけですが、宗教の違い以上に、国柄の違いの方が面倒な気がします。

神社というものは、わが国の宗教観・死生観に基づいているものですから、他国のそれとはもちろん違います。

以前も書きましたが(お正月に魂をいただく♪ブログ参照)、私たち日本人は、産まれたら「体」に産土の神様から魂をいただき、亡くなったらその魂は「体」から離れて産土の神様の元へ帰り御先祖神として家の守り神様になるといった考えです。

どんな悪いことをして亡くなっても神様…とは言い過ぎかも知れませんが、例えば私の4代前の御先祖様が凄い悪党であったとしても、私はその人がいなければこの世にいないわけですし、日本人の死生観からすれば祖霊・御先祖神様なのです。(4代前の御先祖様、例に出してすみません…汗)

でも、「隋書(ずいしょ)」などの中国の書物によりますと、親の仇(かたき)の人の墓を掘り起こし骨を焼いて灰を飲み干したとか、または悪いことをした人の墓にはツバが吐かれ、掘り返されて悪さをされることもしばしばあるといいます。

それは、日本に神道という思想が根付いているように、中国に根付く「儒教(じゅきょう)」の教えにあるようです。
儒教の死生観は、死とは人間の精神を司る「魂」と肉体を司る「魂」が分離することとあり、それが合体すれば死者が蘇るといった考えで、それを防ぐために墓を暴き死体を破壊しなければ安心できないといった思想です。

「体」と「魂」と考える神道と似ているところもありますが、根本的に違うのは、亡くなったら神様と考えるところであり、敵も味方も神様になるという考えだと思います。
陰口を言うことを嫌う、もしくは人の陰口を気持ちよく思わないといった国民性も日本独特なのかも知れません。
死んだ人の悪口を言う…それを良く思わないのは、その最たるものですよね。

毎年8月15日になると、近隣諸国(特に中韓国)が騒がしくなりますが、亡くなった人(当時の軍国主義?)の魂が甦る…という考えもあるのでしょうか。

やっぱ…千の風に行き着きません(大汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

すみません…♪

2008 - 09/10 [Wed] - 11:04

ここのところ、季節のブログがおろそかになっていました…(汗。
二十四節気が3回、五節句が1回抜けてしまいましたので、4連続で(大汗)書かせていただきました。

数日後、その日にちに移動させていただきます♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード