FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2008年10月28日  

千葉・茨城への旅(3)♪

2008 - 10/28 [Tue] - 07:21

車に乗った途端、凄い雨が降ってきました♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

まだ、他のバスはみんな乗り込んでいなかったでしょうに…
でも、この際、自分のバスだけでも出発できていればいいや…そんな気持ちでした(汗。

つぎに向かうは、「鹿島神宮(かしまじんぐう)」。
詳細は、下見での「鹿島神宮ブログ♪」を見ていただければ、写真もあります。
ここでも、傘無しで参拝することが出来ました。

鹿島神宮・香取神宮といえば、「要石(かなめいし)」です。
「要石」につきましては、下見ブログ「要石♪」で紹介していますが、重ねてお話ししますね。

下の写真は、「鹿島神宮」の「要石」に向かう途中にありました石塔ですが、鹿島の大神様が、地中深くに棲む大ナマズの頭に要石を打ち込んでいる絵なのでしょう。

5

その昔、当地方に度々大地震が起こり、どうにかならないかと話し合った神々が、大地震の原因である地中深くに棲んでいる大ナマズを鎮めるため、頭と尻尾に要石を打ち込んで以来、当地方では地震が起こらないと伝えられています。

DSC03510.jpg
「鹿島神宮」の「要石」♪


地上には、↑のように少ししか顔を出していない「要石」ですが、こんな伝説が残っています。

「昔々、水戸光圀公の命令で、要石を掘り返すことになった。
1日掘って、次の日に行くと元通りに埋まってしまっている…。
そんなことを繰り返してもらちがあかないので、7日7晩交替制で堀り続けた。
しかし、地中深く打ち込まれた要石はついに掘り起こすことが出来なかった。」
…というお話しです。

以前も紹介しましたが、万葉集の「ゆるげども よもや抜けじの要石 鹿島の神のあらん限りは」
江戸時代には、この歌を3回唱え、紙に書いて門に張れば、地震の被害を避けられるという言われていたそうです。

重機で掘り返してみれば…
なんて罰当たりなことは考えません(汗♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

スポンサーサイト



 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード