FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2009年07月04日  

巫女さんあれこれ♪

2009 - 07/04 [Sat] - 09:58

質問をいただくと、俄然やる気が出てきます(笑♪
神道について、どんなことでも結構ですのでお聞き下さいね。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★
巫女さんになりたいのですが、
いろいろ教えて下さい!

大きなお宮さんに行きますと、巫女さんがいます。

巫女さんとは、
神社で舞を舞ったり、授与所で御守を授けてくれたりと、
一般に赤い袴をはいて神社に奉職している方々のことを呼びます。
(お祭の時や、お正月だけの臨時的な巫女さんじゃなく
今回は職業?として常時務めておられる巫女さんについてです)

もともと「巫女」とは、
神がかり的な呪術的宗教能力を有する女性の名称のようでしたが、
現在では一般に「巫女」と言えば前述の通りです。

そこでいただいたたご質問にお答えしていきますが、
これから書くことは私の知りうる範囲のことで、
神社の大小や地域によって変わることもありますので
ご参考までに申し上げますね。

【仕事の内容や特色】
舞を舞ったりお神楽を奏したり、御守や御札の調整や授与、
社殿・境内の清掃、あとは他の企業でも同じような一般雑務、
コピーやお茶入れはもちろん、事務仕事もします。

【資格や免許状は必要か】
特別な資格は要りません。
もちろん、簿記や自動車免許等いろんな資格は
持っているにこしたことはありませんが、
これがなければ「巫女さん」になることが出来ない…というような
技術や資格はありません。

【収入面では】
これこそ神社によって様々です。
常時巫女さんが奉職している神社は、
やはりそれなりに大きくて名のある参拝者も多い神社ですから、
他の企業とそれほど変わりはないのではないでしょうか。

【社会への貢献度は】
直接巫女さんが神社の教化活動に携わることはないと思いますが、
神社のため、参拝者のために奉職しているのですから、
神社が社会に与える貢献度に比例しているとしか言えません。

【どんな人にむいているか】
一般社会と同じではありますが、しっかり挨拶できること。
巫女さんが普段居ります社務所は、いわゆる神社の窓口ですから、
一般企業の受付以上に明るい笑顔、
ハキハキした対応が必要だと思います。
実際嫌なことがあるかどうかはわかりませんが、
嫌なことを進んでするような奉仕の心を持っている人、
これは一般でも求められていることですよね。
嫌なことを嫌な顔は見せず処理して欲しいものです。

【学歴や年齢制限はあるか】
学歴よりも人間性…、とは言いながら
付き合う前から人間性はなかなかわかりませんので、
一般に同じく学歴で人を見てしまっているのでしょうか?
高卒以上の方が多いようです。
年齢制限は神社により様々ですが、「23才まで」とか
年齢制限を用いている神社もあるようです。

【働く生きがいは】
いろんな土地の人が来て、いろんな人といろんなお話しが出来、
世界が広がることも生きがいの一つです。
でもこの「生きがい」とはどんな企業どんな仕事でも同じで、
自分が楽しく充実した仕事をしていないと生じないものです。
そう考えると、一日中白衣・袴を着け、
舞を舞ったりお神楽を奏したりという、日本古来から伝わる
伝統文化に直接触れることが出来るということ以外は、
どの仕事ともそう大差はないように思います。

ご参考まで…

どんな職業も大変ですが、
「大変」を、いかに「楽しい」と思って出来るかどうかですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

スポンサーサイト



 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード