日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2010年02月  

古事記「嘘も方便?」(27話)♪

2010 - 02/28 [Sun] - 07:26

如此言之間天兒屋命布刀玉命指出其鏡示奉天照大御神之時天照大御神逾思奇而稍自戸出而臨坐之時其所隱立之天手力男神取其御手引出即布刀玉命以尻久米【此二字以音】繩控度其御後方白言「從此以内不得還入」故天照大御神出坐之時高天原及葦原中國自得照明於是八百萬神共議而於速須佐之男命負千位置戸亦切鬚及手足爪令拔而神夜良比夜良比岐

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバックを使っていますか?★

外の騒ぎが気になった「アマテラス」が
「天石屋(あめのいわや)」の戸を少し開け
踊っていた「ウズメ」に訳を聞くと…

自分がいない間に
「アマテラス」より尊い神様が現れたと言われ
淋しい気持ちにかられました…

アマテラス「なんですって?
私よりも尊い神様が?」

と、その瞬間
「コヤネ」と「フトタマ」が
作っておいた鏡を「天石屋」の戸の透き間に差し出しました。

アマテラス「どれ…
私より尊い神様って」
と「アマテラス」がその尊い神様を一目見ようと
戸の透き間から外を覗くと
そこには…

美しく明るく尊い神様がいるではありませんか…

アマテラス「う!!
そなたは???
もう少し良く顔を見せておくれ…」

そう言って少しだけ開いていた戸を
もう少し開けて
外に出て様子を見ようとしたその瞬間!

この時を待って
ずっと戸の外で構えていた「タヂカラオ」が
「アマテラス」の手を引き寄せ
「天石屋」の外に引っ張り出しました。

それと同時に「フトタマ」が
「天石屋」に注連縄(しめなわ)を廻らし言いました。

フトタマ「『アマテラス』さま、
これより中には二度と入らないでください!」

「アマテラス」が外に出てきたことにより
世の中は明るさを取り戻し
平和な世の中が帰ってきました。

さて、この事件の発端となった「スサノオ」を
どう処罰するか…
神々が再び集まって相談が始まりました。

結果「スサノオ」は
犯した重い重い罪を償うため
持っている金品すべてを差し出させ
それだけでは犯した罪を償うに値しなかったので
髭を切らせ手足の爪をすべて抜き
「高天原(たかまのはら)」から追放してしまいました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「『アマテラス』より尊い神」(26話)♪

2010 - 02/27 [Sat] - 08:00

而天宇受賣命手次繋天香山之天之日影而爲鬘天之眞拆而手草結天香山之小竹葉而【訓小竹云佐佐】於天之石屋戸伏氣【此二字以音】而蹈登杼呂許志【此五字以音】爲神懸而掛出胸乳裳緒忍垂於番登也爾高天原動而八百萬神共咲於是天照大御神以爲怪細開天石屋戸而内告者「因吾隱坐而以爲天原自闇亦葦原中國皆闇矣何由以天宇受賣者爲樂亦八百萬神諸咲」爾天宇受賣白言「益汝命而貴神坐故歡喜咲樂」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバックを使っていますか?★

「アマテラス」がお隠れになった
「天石屋(あめのいわや)」の前で
「オモイカネ」の指示により神々が
様々な道具を作り
なにやら企てています。

「フトタマ」が捧げ持った「御幣(ごへい)」の前で
「コヤネ」が美しい声で「祝詞(のりと)」を読み
「アマテラス」が出てくるようお祈りし終えると
「ウズメ」が出てきました。

「ウズメ」は、
「天香具山(あめのかぐやま)」に生えている葛(かずら…ツル)を
襷(たすき)のようにかけ
髪が乱れないように葛で縛り
清々(さやさや)とそよぐ笹の葉を手に
「天石屋戸(あめのいわやど)」の前に設けられた
舞台に上がり踊り始めました。
(「お神楽…おかぐら」の原型です)

「ウズメ」の踊りは
神懸かったかのように(って神様ですが)
それはそれは素晴らしく綺麗なものでした。

素晴らしい踊りにつられ、
「ウズメ」の周りに神々が集まりました。

そこで「ウズメ」は
手拍子を誘うような軽快な踊りをし
面白可笑しく踊り狂いました。

踊り狂ううちに
着物がはだけて豊かな胸が露わになり
腰に結んだ帯も腰紐も解け
楽しい踊りに手拍子足拍子が
集まった神々から沸き起こり
「高天原」が揺れ動くほどに笑いが起こりました。

笑い声とともに
集められた「長鳴鳥(ながなきどり)」が
いっせいに鳴き出しましたから
それはそれは大騒ぎとなり…

「ガハハ!ワハハ!コケコッコー!!!!」

「天石屋戸」の中に隠れている「アマテラス」は、
外から聞こえる沸き上がるような歓声に
外で何が起こっているのか不思議になりました。

不思議な気持ちを抑えることの出来ない「アマテラス」は、
「天石屋戸」の扉を細く少しだけ空けると
洞窟の真ん前で「ウズメ」が踊っているではありませんか。

自分が隠れることにより
世の中が真っ闇となり
皆が困り果て右往左往し
静まりかえっているものとばかり思っていた「アマテラス」は
踊っていた「ウズメ」に声をかけました。

アマテラス「『ウズメ』よ『ウズメ』、
なんで踊っているのですか?
洞窟の中まで神々の笑い声が聞こえてきましたが、
私がいなくて困っているのでは?」

ウズメ「あら『アマテラス』さま、
実は…
あなたさまより尊い神様が現れまして
他の神々もお喜びになって
それで踊り騒いでいるのでございます」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「日本初の談合」(25話)♪

2010 - 02/26 [Fri] - 08:04

是以八百萬神於天安之河原神集集而【訓集云都度比】高御産巣日神之子思金神令思【訓金云加尼】而集常世長鳴鳥令鳴而取天安河之河上之天堅石取天金山之鐵而求鍛人天津麻羅而【麻羅二字以音】科伊斯許理度賣命【自伊以六字以音】令作鏡科玉祖命令作八尺勾玉[扁王旁右總]之五百津之御須麻流之珠而召天兒屋命布刀玉命【布刀二字以音下效此】而内拔天香山之眞男鹿之肩拔而取天香山之天之波波迦【此三字以音木名】而令占合麻迦那波而【自麻下四字以音】天香山之五百津眞賢木矣根許士尓許士而【自許下五字以音】於上枝取著八尺勾玉[扁王旁右總]之五百津之御須麻流之玉於中枝取繋八尺鏡【訓八尺云八阿多】於下枝取垂白丹寸手青丹寸手而【訓垂云志殿】此種種物者布刀玉命布刀御幣登取持而天兒屋命布刀詔戸言祷白而天手力男神隱立戸掖

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…省エネ対策してますか?★

「天石屋(あめのいわや)」に身を隠してしまった「アマテラス」…
太陽の神様がいなくなってしまった地上は
何にも見えない真っ暗闇となり
ありとあらゆる病や災いが起こり始めました。

困り果てた神々は
どうしたらよいものかと相談をするため
「天安河(あめのやすのかわ)」の河原に集まりました。

神々「どうにかして『アマテラス』に
岩屋から出ていただかないと…」

神々は相談を始めました。

オモイカネ「そうだ!」

知恵の神様で
多くの思いを1人で持ち兼ね備える…といった意味で
「タカミムスビ」の子である
「オモイカネ(思金…おもいかね)」が口を開きました。

オモイカネ「皆の衆、
『長鳴鳥(ながなきどり)』をみんな『天安河』に集めてきて
鳴かせるのだ!」

オモイカネ「『マウラ』
ちょっとこっちへ来てくれ!」

「マウラ(天津麻羅…あまつまうら)」は、
鍛冶(かじ)の神様ですので
天金山(あめのかなやま)にある鉄を取りに行かせ
「矛(ほこ)」を作るよう指示しました。

オモイカネ「『イシコリ』と『タマノヤ』
ちょっとこっちへ来てくれ!」

と言って
「イシコリ(伊斯許理度賣…いしこりどめ)」に「鏡」を、
「タマノヤ(玉祖…たまのや)」に「勾玉(まがたま)」の玉飾りを
それぞれに命じて作らせました。

オモイカネ「『コヤネ』と『フトタマ』、
こっちへ来てくれ!」

「コヤネ(天兒屋…あめのこや)」と
「フトタマ(布刀玉…ふとたま)」には
「天香具山(あめのかぐやま)」にいる牡鹿(おじか)を捕まえ
その骨を「天香具山」の波波迦(ははか)の木の皮で焼き
占いを行わせました。

占いの結果が「良し」と出たので
「オモイカネ」は「天香具山」の榊(さかき)の木を
根こそぎこいで持ってこさせ
上の方の枝に500個の勾玉で飾った玉飾りをつけ
中程の枝に鏡(八尺鏡…やたのかがみ)をかけ
下の枝に白い布と青い麻を垂らし「御幣(ごへい)」を作らせました。
(現在の神事での「神籬(ひもろぎ)」の元です)

オモイカネ「『ウズメ』、
こっちへ来てくれ!」

「オモイカネ」は「ウズメ(天宇受賣…あめのうずめ)」
を呼び寄せ何やら打ち合わせると
次に「タヂカラオ(天手力男…あめのたぢからお)」を呼びました。

オモイカネ「『タヂカラオ』よ、
『天石屋(あめのいわや)』の戸の脇に隠れて…ヒソヒソヒソ」

それぞれの神様と打ち合わせを終え、
すべての準備が整うと、
完成した「御幣」を「フトタマ」が捧げ持ち
「コヤネ」が、
再び太陽が光り輝く美しい
「高天原(たかまのはら)」と「葦原中國(あしはらのなかつくに)」に
戻るようにと「祝詞(のりと)」を上げました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

慰霊団♪

2010 - 02/25 [Thu] - 16:05

今年も「北マリアナ諸島戦歿者慰霊事業」に参加
無事帰って参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

残念ながら
インフルエンザ等で3名が急遽キャンセルとなってしまいましたが
セントレアから13名、成田から2名と
今年の慰霊団は15名で結成されました。
序章1
詳細のご報告は
少し落ち着いてから何回かに分けてさせていただきますが
取り急ぎ「ただいま!」の御挨拶まで♪
序章4
4日間、雨またスコールにさえあわなかったのは
当旅行始まって以来初めてだったように思います。

留守中は「予約投稿」を設定させていただき
「古事記伝」を続けさせていただきましたが
人気ブログランキングが10位より下がってしまいました(涙。
序章3
再び上位に返り咲けるよう頑張って
興味深く読んでいただけるブログになるよう
腰を据えて努めて参りますので
今後ともよろしくお願い致します!
序章5
3泊4日のサイパン・テニアン旅行
(実は3泊2日の強行旅行だよ…というブログ)
4日間、4色の信濃鶴Tシャツを着ていた私♪
前日、駒ヶ根のとある店のラビット…失礼
イエローカップを買い占めたのは私です(笑。
序章2
サイパン・テニアンで飲む信濃鶴も格別でしたよ♪

詳細のご報告もお楽しみに♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「天岩戸(あめのいわと)隠れ」(24話)♪

2010 - 02/24 [Wed] - 07:23

故於是天照大御神見畏開天石屋戸而刺許母理【此三字以音】坐也爾高天原皆暗葦原中國悉闇因此而常夜往於是萬神之聲者狹蝿那須【此二字以音】滿萬妖悉發

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバックを使っていますか?★

「アマテラス」の元で働いていた織女(しょくじょ)が
「スサノオ」が仕掛けたいたずらで
命を落としてしまいました。

「アマテラス」は、
「スサノオ」が引き起こした「こと」の恐ろしさと
「スサノオ」に対する怒りとで
「天石屋(あめのいわや)」という洞窟に入り
入り口の戸をピタリと閉ざしてしまいました。

太陽の神様「アマテラス」が
「天石屋」に身を隠してしまいましたので
神様の住む「高天原(たかまのはら)」と
人々の住む「葦原中國(あしはらのなかつくに)」は
突然闇に包まれてしまいました。

真っ暗闇が何日も続くと
悪い神々がここぞとばかりに騒ぎ出し
悪さをし始め
悪という悪
災いという災いが一気に起こり始めました。

神々「こ…こう真っ暗では
病気も流行り始めるし
たまったもんじゃない…」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「図に乗りすぎた『スサノオ』」(23話)♪

2010 - 02/23 [Tue] - 07:21

而天照大御神之營田之阿【此阿字以音】埋其溝亦其於聞看大嘗之殿屎麻理【此二字以音】散故雖然爲天照大御神者登賀米受而告「如屎醉而吐散登許曾【此三字以音】我那勢之命爲如此又離田之阿埋溝者地矣阿多良斯登許曾【自阿以下七字以音】我那勢之命爲如此」登【此一字以音】詔雖直猶其惡態不止而轉天照大御神坐忌服屋而令織神御衣之時穿其服屋之頂逆剥天斑馬剥而所墮入時天衣織女見驚而於梭衝陰上而死【訓陰上云富登】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

スサノオ「私の勝ちということですね!」

こう叫ぶや否や「スサノオ」は
大威張りに威張りちらし
「アマテラス」が自ら手塩にかけて
大事に作っていた田んぼに入り
畔(あぜ)を壊し
溝を埋めたり
その勢いで暴れ始め
しまいには「アマテラス」が
その年の新穀をいただく神聖な御殿で
ウ○チを「ひる(ここら辺の方言です)」
「まる(松本辺りの方言です)」
するなど…それはそれは酷いことをしました。

他の神様たちは、
いくら「アマテラス」の弟とはいえ
「スサノオ」のあまりの酷い振る舞いに呆れ
「アマテラス」に言いつけました。

しかし「アマテラス」は
「スサノオ」に「うけい」で負けてしまったこともあってか
「スサノオ」を責めることはせずに
こう言いました。

アマテラス「『スサノオ』がウ○チをした?
きっと酒に酔ってもらしてしまっただけなのでしょう…
悪気があったわけじゃない…
私の愛しい弟のことです。
田んぼの畔や溝を壊したのも、
畔や溝の土地も田んぼにすれば
もっと稲が作れると思ってやったことでしょう…」

こう言って「スサノオ」をかばいました。

すると、
「アマテラス」が「スサノオ」を
かばっていることを知った「スサノオ」は
いたずらをやめるどころか
いっそう乱暴になり悪ふざけを続けました。

ある日「スサノオ」は
「アマテラス」が飼っていた馬の皮を剥ぎ
「アマテラス」の衣服を織る
機織り(はたおり)小屋に投げ入れました。

突然、
皮を剥がれた馬が
屋根を突き破って落ちてきたからたまりません…

機織り小屋で機(はた)を織っていた
織女(しょくじょ)が驚かないわけがありません。

天から降ってきた血まみれの馬に驚いた1人の織女が
ビックリして逃げたはずみに
機織り機の「梭(ひ)」といわれる
機械のとがった部分で下腹部を突き刺してしまい
その怪我が元で死んでしまいました…

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「うけいの結果」(22話)♪

2010 - 02/22 [Mon] - 07:07

於吹棄氣吹之狹霧所成神御名多紀理毘賣命【此神名以音】亦御名謂奧津嶋比賣命次市寸嶋比賣命亦御名謂狹依毘賣命次多岐都比賣命【三柱此神名以音】速須佐之男命乞度天照大御神所纏左御美豆良八尺勾玉[扁王旁右總]之五百津之美須麻流珠而奴那登母母由良爾振滌天之眞名井而佐賀美邇迦美而於吹棄氣吹之狹霧所成神御名正勝吾勝勝速日天之忍穗耳命亦乞度所纏右御美豆良之珠而佐賀美迩迦美而於吹棄氣吹之狹霧所成神御名天之菩卑能命【自菩下三字以音】亦乞度所纏御鬘之珠而佐賀美邇迦美而於吹棄氣吹之狹霧所成神御名天津日子根命又乞度所纏左御手之珠而佐賀美迩迦美而於吹棄氣吹之狹霧所成神御名活津日子根命亦乞度所纏右御手之珠而佐賀美邇迦美而於吹棄氣吹之狹霧所成神御名熊野久須毘命【并五柱自久下三字以音】於是天照大御神告速須佐之男命「是後所生五柱男子者物實因我物所成故自吾子也先所生之三柱女子者物實因汝物所成故乃汝子也」如此詔別也故其先所生之神多紀理毘賣命者坐胸形之奧津宮次市寸嶋比賣命者坐胸形之中津宮次田寸津比賣命者坐胸形之邊津宮此三柱神者胸形君等之以伊都久三前大神者也故此後所生五柱子之中天菩比命之子建比良鳥命【此出雲國造无耶志國造上菟上國造下菟上國造伊自牟國造津嶋縣直遠江國造等之祖也】次天津日子根命者【凡川内國造額田部湯坐連茨木國造倭田中直山代國造馬來田國造道尻岐閇國造周芳國造倭淹知造高市縣主蒲生稻寸三技部造等之祖也】爾速須佐之男命白于天照大御神「我心清明故我所生子得手弱女因此言者自我勝」云而於勝佐備【此二字以音】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「アマテラス」が口に含んだものを
フッと霧のように吹き出すと
その息の中から3柱の女神様がお生まれになりました。

「タギリヒメ(多紀理毘賣…たぎりひめ)」
またの名を「オキツシマ(奧津嶋比賣…おきつしま)」

続いて「イチキヒメ(市寸嶋比賣…いちきしまびめ)」
またの名を「サヨリビメ(狹依毘賣…さよりびめ)」

続いて「タギツヒメ(多岐都比賣…たぎつひめ)」

次に「スサノオ」が
「アマテラス」の左の髪に巻いてあった
500個の勾玉(まがたま)で出来た玉飾りを
「天之真名井(あめのまない)」で洗い清め
これを口に入れてガリガリと噛み砕き
霧のようにフッと吹き出すと
そこに現れた神様は
「オシホミミ(正勝吾勝勝速日天之忍穗耳…
まさかつあかつかちはやびあめのおしほみみ)」

次に「アマテラス」の右の髪に巻いてあった玉飾りを
同じようにして噛み砕いて吹き出すと
「ホヒ(天之菩卑…あめのほひ)」

髪を結んであった「鬘(かずら)」からは
「アマヒコネ(天津日子根…あまつひこね)」

左手の玉飾りからは
「イクヒコネ(活津日子根…いくつひこね)」

右手の玉飾りからは
「クマクス(熊野久須毘…くまのくすび)」
と、5柱の男神様がお生まれになりました。

そこで「アマテラス」が「スサノオ」に言いました。

アマテラス「後で生まれた5柱の男神は
私の持ち物から生まれたから
私の子供ということになる。
先に生まれた3柱の女神は
そなたの持ち物から生まれたから
そなたの子供である」

先に生まれた神様の内
「タギリヒメ」は胸形(今の宗像大社…むなかた)の
奥津宮(おきつみや)にお鎮まりになっています。

「イチキヒメ」は胸形の
中津宮にお鎮まりになっています。

「タギツヒメ」は胸形の
辺津宮(へつみや)にお鎮まりになっています。

後から生まれた5柱の神様の内
「ホヒ」は「タケヒラ(建比良鳥…たけひらとり)」のことで
出雲の国造(くにのみやつこ)
无耶志(むざし…後の武蔵…関東地方)の国造
上菟上(かみつうなかみ…後の上総…関東地方)の国造
下菟上(しもつうなかみ…後の下総…関東地方)の国造
伊自牟(いじむ…後の夷隅…関東地方)の国造
津嶋(つしま…後の愛知)と遠江(とうみ…後の静岡)の国造
の祖先にあたります。

「アマヒコネ」は
凡川内(おおしかわち…後の近畿地方)の国造
額田部(ぬかたのべ)族、湯坐(ゆえ)氏
茨木(いばらき…後の茨城県)の国造
倭の田中氏
山代(やましろ…後の京都府の一部)の国造
馬来田(うまくだ…後の望陀郡…関東地方)の国造
道尻岐閇(みちしりのきえ…道口…後の常陸…関東の北)の国造
周芳(すおう…後の周防…山口県)の国造
大和の淹知(あむち)の造(みやつこ)
高市(たけち)氏
蒲生(かまう)の稲寸(いなき)氏
三技部(さえぐさべ)の造(みやつこ)と
それぞれのご先祖様であります。

さて、
お話を戻しますが、
それぞれ神様をお生みになった
「アマテラス」と「スサノオ」、
そこで「スサノオ」が言いました。

スサノオ「姉さん、
見てくれましたか!
私から生まれたのは女神だったから
優しく清らかな心であるという証拠、 
心にやましい気持ちはないということを
分かっていただけましたか?」

アマテラス「よく分かったわ…」

スサノオ「ではこの勝負、
私の勝ちということですね!」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「うけい」(21話)♪

2010 - 02/21 [Sun] - 06:51

邇速須佐之男命答白「僕者無耶心唯大御神之命以問賜僕之哭伊佐知流之事故白都良久【三字以音】『僕欲往妣國以哭』爾大御神詔『汝者不可在此國』爾神夜良比夜良比賜故以爲請將罷往之状參上耳無異心」爾天照大御神詔「然者汝心之清明何以知」於是速須佐之男命答白「各宇氣比爾生子」【自宇以三字以音下效此】故爾各中置天安河而宇氣布時天照大御神先乞度建速須佐之男命所佩十拳劔打折三段而奴那登母母由良邇【此八字以音下效此】振滌天之眞名井而佐賀美邇迦美而【自佐下六字以音下效此】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「うけい」とは…
神に誓うことによって吉凶・成否を占うこと。(yahoo辞書)

物凄い勢いで近づいてきた「スサノオ」に
「アマテラス」はビックリしてこう言いました。

アマテラス「そなたは何しに来た!」

スサノオ「姉さん、どうして…
そんな完全武装とは何事ですか」

アマテラス「そなたがそんな勢いで私のところに来るということは、
ただならぬことであろう…と」

スサノオ「私は、
けして悪いことをしに来たわけではありません。」

アマテラス「…?本当ですか?」

スサノオ「実は、
私が泣いているのを見た父が
『なぜ泣いているのか』と言うので
『母の国へ行って母に会いたい…』
そう答えると
たいそうお怒りになられ
『どこへでも行け!』と追い出されましたので
母の国へ行くことにしましたが
その前に姉さんにお別れの挨拶を…
と思い『高天原(たかまのはら)』に来たというわけで

けして姉さんに背こうなどとは考えておりません。」

アマテラス「それは本当でしょうか?
あの勢いで来られては
その言葉を鵜呑みに信じるわけにはいきません…」

スサノオ「本当だよ!
信じておくれよ!」

アマテラス「ならば、その心を証明して下さい。
どうやってその心を証明してくれるのですか?」

スサノオ「ならば、『うけい』をしよう!
お互いに子供を生んで
生まれた子によって
私の心が清らかであるかどうかを
判断していただくというのはどうでしょう…」

アマテラス「宜しいでしょう。」

そう約束を交わし
「天安河(あめのやすのかわ)」という川を挟んで
両岸に別れ
「うけい」の儀式を行うことにしました。

初めに「アマテラス」が
「スサノオ」が持っていた
「十拳(とつか)劔」を3つに折って
「天之真名井(あめのまない)」という井戸で洗って
ガリガリと噛んでから口に含み
フッと霧のようにお吹きになりました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行(変更)♪

2010 - 02/20 [Sat] - 12:17

昨日のブログに対しての変更点…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…砂漠化を防ごうじゃありませんか★

今年の「氏子参拝旅行」のご案内をしたばかりではありますが
1点、変更させていただきます。

当「氏子参拝旅行」は
参拝する神社のうち1社もしくは2社で
「正式参拝」といって
拝殿の中(御垣内の中)に入れていただいての参拝を
行わせていただいています。

その「正式参拝」の中でお参りする神社には
巫女さんによります舞や
お神楽「舞楽」をお願いしていますが、
毎年「氏子参拝旅行」に参加していただける方の中には
普段は入れない神社の中に入っての「正式参拝」
しかも厳かな「お神楽」「舞」を楽しみにして
申し込んでくれる方も少なくはありません。
舞

広島「厳島神社」での「舞楽」

しかしながら、
昨日ご案内しました
今年の旅行で「正式参拝」する神社では
舞を舞うことが出来ない…と言われ
当方の要望に対応していただける
「白山比神社」で「正式参拝」をすることになりました。

神社によっては
宮司さまによる社頭講話もしていただき
昨年の「伊弉諾(いざなぎ)神宮」本名宮司様によるお話は
ご参加いただいた方も印象に深く残っているようで
神社ならではの旅行を楽しみにしてくれる方が
年々増えてきているようです。

ということでご了承いただきたくご案内申し上げます。

ということで、変更点まで…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

社務所建て替え♪

2010 - 02/20 [Sat] - 09:06

平成17年の9月に完成しました「大宮五十鈴神社拝殿」

新拝殿
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

平成16年よりご寄付を集めさせていただき
昨年の1月をもちまして完納したばかりではありますが
昭和25年に建築した社務所を建て替えることとなりました。
社務所
昭和47年に増築しましたが
増築した部分の基礎が崩れ
今にも床が落ちそうな状態になっています。

もちろん、増築前のトイレは使うことが出来ない状態
押入の襖(ふすま)は開け閉めが出来ない状態で
昨年末の総代会で「社務所建て替え」をしなければ…
という運びとなり
19日「建設委員会設立総会」が行われました。

その席上でもお話しさせていただきましたが
実は、拝殿を建て替える前にも
社務所建て替えの話しが持ち上がりました。

が、私たち人間の使う「社務所」よりも
神様により近い「拝殿」の方を先に…
ということで「拝殿建て替え」を行ったという経緯もあります。

その当時より「社務所建て替え」は
緊急の懸案であったわけでしたが
「拝殿」のご寄付が終わらないうちから
「社務所建て替え」を始めるわけにはいきませんから
このタイミングとなりました。

いよいよ「建設委員会」が立ち上がり
「総務部会」「建設部会」「資金部会」が組織されましたので
これから「新社務所概要」が決まってくることと思います。

今の世のニーズにあった「社務所」
使い勝手の良い「社務所」
神社の森に溶け込む荘厳な「社務所」
長く使え多くの人に親しんでもらえる「社務所」
氏子(うじこ)皆様の心のよりどころとなるよう
計画を進めていきたいと思います。

「拝殿」に引き続き
大変お世話になりますが
ご協力の程をお願い致します。♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行♪

2010 - 02/19 [Fri] - 07:30

すっかり「古事記伝」ブログになっていますが
書き下ろしが底をついてきました(苦笑。
ちょいと一休み…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

さて、
長野県神社総代会上伊那支会通称「上伊那神社総代会」では
毎年「氏子参拝旅行」を行っています。

過去の旅行を紹介しますと…、
平成12年9月「奈良・春日大社・橿原神宮・大神神社・談山神社の旅」
DSC00062.jpg
平成13年10月「立山黒部アルペンルートと白山比神社参拝の旅」
DSC00069.jpg
平成14年10月「相模國一之宮『寒川神社』参拝と鎌倉散策の旅」
DSC00006.jpg
平成15年9月「出雲大社・玉造温泉から瀬戸内、倉敷・鷲羽山の旅」
出雲大社4
平成16年10月「三峯神社から日光東照宮・秋の鬼怒川温泉の旅」
DSC00041.jpg
平成17年10月「世界遺産・聖地の旅、熊野三山・高野山めぐりの旅」
大門坂(樹齢800年の夫婦杉)
平成18年10月・11月の2行程で
        「秋の京都御所参観と下鴨神社・北野天満宮散策の旅」
DSC01486.jpg
平成19年10月「安芸の宮島『厳島神社』『吉備津神社』参拝の旅」
DSC02780.jpg
平成20年10月「香取神宮正式参拝の旅
        ~成田山と鹿島神宮から本州最東端犬吠埼温泉へ~」
DSC03490_20100219080649.jpg
平成21年10月「淡路・伊邪那岐神宮と四国・金刀比羅宮参拝の旅」
102.jpg
そして今年(来年度)の
「氏子参拝旅行」の概要が決まりましたので
ご案内いたします。

これから下見へ行ったり情報を集めたりして
詳細を決定してきますが
開くまでも「概要」であります。

最近は「2泊」と「1泊」を交互に繰り返していますので
今年は1泊旅行となります。

期日は、平成22年11月、
正式な題名は決まっていませんが、
「世界遺産『白山郷』の紅葉散策と、
    越前国一之宮『気比神宮』参拝の旅」

毎年バス8台を列ねていく当旅行
団体旅行の少ない昨今において
毎回300名を越えるお申し込みをいただくのは
団体旅行とはいえ
宴会はバス毎に行い
正式参拝(昇殿参拝)以外は
バス毎の自由行動が定着してきたお陰でしょうか?

したがって今回も
「気比神宮」は何台かまとまっての参拝ですが
他の行程は自由…

宿泊は山代・和倉温泉方面となりますので
「兼六園」「尾山神社」「気多大社」「白山比神社」…
能登半島だって可能な範囲?(無理?)

これから練りに練りたいと思っています。

詳細な日程が決まりしだい、追ってご連絡いたします♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「『アマテラス』の疑い」(20話)♪

2010 - 02/18 [Thu] - 08:01

故於是速須佐之男命言「然者請天照大御神將罷」乃參上天時山川悉動國土皆震爾天照大御神聞驚爾詔「我那勢命之上來由者必不善心欲奪我國耳」即解御髮纒御美豆羅爾乃於左右御美豆羅亦於御亦於左右御手各纒持八尺勾玉[扁王旁右總]之五百津之美須麻流之珠而【自美至流四字以音下效此】曾毘良邇者負千入之靫【訓入云能理下效此自曾至邇者以音】比良邇者附五百入之靫亦所取佩伊都【此二字以音】之竹鞆爾弓腹振立爾堅庭者於向股蹈那豆美【三字以音】如沫雪蹶散爾伊都【二字以音】之男建【訓建云多祁夫】蹈建爾待問「何故上來」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「イザナギ」の元を追い出されてしまった「スサノオ」は
こう言いました。

スサノオ「父の許しを得られなかったのは
仕方がないことか…
それでは姉(アマテラス)にお別れを言いに行き
母の国へ行くとしよう…」

覚悟を決めた「スサノオ」は
姉が治めている「高天原(たかまのはら)」へと
歩みを進めました。

「スサノオ」の覚悟に凄いものがあったのか
「スサノオ」の勢いが激しすぎたのか
「スサノオ」が歩くたびに
大地は地震のように大きく揺れ
山も川もことごとく鳴り響き
遠くからもその轟きが分かるほどでした。

自分のところに近づいてくる轟きに
「アマテラス」はただ事ではないことを悟り
周囲にこう言いました。

「あれは私の弟『スサノオ』、
わざわざ『高天原(たかまのはら)』に来るなんて
しかもあの勢いはただ事ではありません。
『高天原(たかまのはら)』を奪おうという魂胆かも知れません。」

そう言って「アマテラス」は
弟「スサノオ」と戦うため
男勝りに身支度を始めました。

まずは髪を解き
美豆羅(みずら)という男まげに結い
左右の美豆羅にも
髪が解けないように結んだ鬘(かずら)にも
そして左右の腕にも
500個の勾玉(まがたま)を通した立派な玉飾りをつけ
背中には1000本の矢の入る程の筒を背負い
脇に500本の矢の入る筒をつけ
左の腕には鞆(とも)をつけ
(鞆…弓を射たときに、弦の返りを止めるもの)
右手で弓を天高く突き振り立てて
両足で四股を踏むように地面を踏みしめると
硬い土が淡雪のようにもうもうと砂煙を上げました。

こうして「アマテラス」は完全武装で
近づいてくる「スサノオ」を待ち受け
姿が見えるや否や
乗り込んでくるような凄い勢いで来た弟に言いました。

アマテラス「そなたは何しに来た!」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「号泣する『スサノオ』」(19話)♪

2010 - 02/17 [Wed] - 07:31

爾八拳須至于心前啼伊佐知伎也【自伊下四字以音下效此】其泣状者青山如枯山泣枯河海者悉泣乾是以惡神之音如狹蝿皆滿萬物之妖悉發故伊耶那岐大御神詔速須佐之男命「何由以汝不治所事依之國而哭伊佐知流」爾答白「僕者欲罷妣國根之堅州國故哭」爾伊耶那岐大御神大忿怒詔「然者汝不可住此國」乃神夜良比邇夜良比賜也【自夜以下七字以音】故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「イザナギ」に言われたとおり
「アマテラス」は「高天原」を
「ツクヨミ」は「夜の国」を治めましたが、
「スサノオ」だけは
いつまで経っても「大海原(おおうなばら)」を
治めようとはしませんでした。

それどころか
泣いてばかりいて
立派にはやした髭が
拳(こぶし)8個分ほども伸び
胸元に垂れるくらい長く
大人になっても子供のように
みっともない程に泣きじゃくっていました。

その泣きようといったら
青々と茂る山々の草木が
枯れ木になるほどに泣き乾かし
海や川も水が一滴もなくなってしまう勢いでした。

こう泣いてばかりいては
国を治めるどころではありません…
国を治める神様がこんな状態ですから
悪い神々がここぞとばかりに騒ぎ始め
地上ではありとあらゆる災いが一度に起こり始めました。

その様子を伺っていた「イザナギ」は
「スサノオ」に尋ねました。

イザナギ「お前はどうして
私が任せた仕事もせずに
泣いてばかりいるのだ!」

スサノオ「私は…
母に会いたくて会いたくて…たまらないのです」

イザナギ「何を言っている…
お前を生んだのは私だぞ」

スサノオ「いいえ…
私の母上は『イザナミ』です。
母に会いに『黄泉(よみ)の国』に行きたいのです!」

イザナギ「ならぬ!
『黄泉の国』がどのような国であるか
お前は知っているのか!
ならぬと言ったら…ならぬ!」

スサノオ「私は大丈夫です…
行かせて下さい!」

イザナギ「こんなに言っても聞けぬか!
ならば、勝手にしなさい!
もうどこへでも行けばよい!」

「イザナギ」は大変お怒りになり
「スサノオ」を追い出してしまいました…

その後「イザナギ」は、
淡海(今の近江)の多賀(今の多賀大社)に
お鎮まりになっています。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「三貴神の誕生」(18話)♪

2010 - 02/16 [Tue] - 07:33

於是洗左御目時所成神名天照大御神次洗右御目時所成神名月讀命次洗御鼻時所成神名建速須佐之男命【須佐二字以音】右件八十禍津日神以下速須佐之男命以前十柱神者因滌御身所生者也此時伊耶那伎命大歡喜詔「吾者生生子而於生終得三貴子」即其御頚珠之玉緒母由良邇【此四字以音下效此】取由良迦志爾賜天照大御神爾詔之「汝命者所知高天原矣」事依爾賜也故其御頚珠名謂御倉板擧之神【訓板擧云多那】次詔月讀命「汝命者所知夜之食國矣」事依也【訓食云袁須】次詔建速須佐之男命「汝命者所知海原矣」事依也故各隨依賜之命所知看之中速須佐之男命不治所命之國

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

体を清めた「イザナギ」は
続いて左目を濯(すす)ぎました。

すると、
それはそれは美しい女神様がお生まれになりました。

「イザナギ」はその女神に
「アマテラス(天照大御神…あまてらすおおみかみ)」
という名前を付けました。

続いて右目を洗った時にお生まれになった神様に
「ツクヨミ(月讀…つくよみ)」と名付け、
次に鼻を洗ったときにお生まれになった神様には
「スサノオ(建速須佐之男…たけはやすさのを)」と名付けました。

この3の神様を見た「イザナギ」は
大変喜びました。

イザナギ「ああ…
私は次々と子供を生んできたけれども
禊(みそ)ぎの最後の最後で
世にも尊い3神を生むことが出来た!
なんて嬉しいことであろう!!」

そう言うと「イザナギ」は、
首にかけてあった玉飾りを外し
玉飾りをそよ風にゆらゆらと揺らしながら
陽射しに綺麗にきらめいた玉飾りを
「アマテラス」に差し出しながら言いました。

イザナギ「『アマテラス』よ!、
お前は私に変わって
『高天原(たかまのはら)』を治めよ!」

次に「ツクヨミ」に向かって
イザナギ「『ツクヨミ』よ!
お前は私に変わって『夜の国』を治めよ!」

そして「スサノオ」には
イザナギ「『スサノオ』よ!
お前は私に変わって大海
『大海原(おおうなばら)』を治めよ!」
と言い渡し、仕事を分担しました。

こうして「高天原」「夜の国」「海」とが
3貴神の手にゆだねられました。

「アマテラス」は大空「高天原」を
「ツクヨミ」は「夜の世界」をそれぞれにお治めになりましたが、
末っ子の「スサノオ」だけは
父「イザナギ」の言いつけに従わず
いつまで経っても
「大海原(おおうなばら)」を治めようとしませんでした…

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

バレンタイン♪

2010 - 02/15 [Mon] - 13:32

日米のチームで監督を永年勤められましたが
昨年で引退…
今年はアメリカで野球キャスターをするんだそうですね。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

それは「ボビー」♪






ボビー
ん?





バレンタイン監督

昨日は「バレンタインデー」でした♪
「バレンタインデー」とは…
2月14日。
270年ごろローマで殉教したテルニーの主教聖バレンティヌスの記念日。
ローマの異教の祭りと結びついて女性が男性に愛を告白する日とされるようになり、
日本ではチョコレートを贈る風習がある。
セントバレンタインデー。(yahoo辞書)


恵方巻きと同じく、
まんまと商略にはまっている日本人(笑)ですが
イベントって良いじゃないですか!

でも、バレンタインデーはまだしも
ホワイトデーって日本独自のものらしいですよ?
お返ししなくても良いですかね…(ナンチャッテw)
1
今年も沢山の本命チョコをいただきました(笑♪
11
本当にダイエットしようとしているのかしら?
12
当分、ダイエットは諦めましょうか?
2
ゴディバ♪
4
手作り(風?)w♪
3
ケーキ♪
5
六華亭♪
6
ロイズ♪
7
これはきっと本命に違いない(違った?w
8
パリの5月♪
9
ごちそうさまです!

え?神主さんにバレンタインデーは関係ないんじゃって?(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「みそぎ②」(17話)♪

2010 - 02/15 [Mon] - 07:45

爾滌時所成坐神名八十禍津日神【訓禍云摩賀下效此】次大禍津日神此二神者所到其穢繁國之時因汚垢而所成神之者也次爲直其禍而所成神名神直毘神【毘字以音下效此】次大直毘神次伊豆能賣【并三神也伊以下四字以音】次於水底滌時所成神名底津綿津見神次底筒之男命於中滌時所成神名中津綿津見神次中筒之男命於水上滌時所成神名上津綿津見神【訓上云宇閇】次上筒之男命此三柱綿津見神者阿曇連等之祖神以伊都久神也【伊以三字以音下效此】故阿曇連等者其綿津見神之子宇都志日金拆命之子孫也【宇都志三字以音】其底筒之男命中筒之男命上筒之男命三柱神者墨江之三前大神也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…リサイクルを心掛けましょう★

「イザナギ」が「禊ぎ(みそぎ)」をするため
川に入ったときにも
沢山の神々がお生まれになりました。

初めに、
「ヤソマガツヒ(八十禍津日…やそまがつひ)」
次に「オオマガツヒ(大禍津日…おおまがつひ)」。

この2の神様は
「イザナギ」が「黄泉(よみ)の国」へ行き
見たもの聞いた言葉など
穢れから生まれた神様でした。

その穢れを清めるために生まれた神様は
「カンナオビ(神直毘…かむなおび)」と
「オオナオビ(大直毘…おほなおび)」。

次に、穢れが清められたことを表す神様
「イズノメ(伊豆能賣…いずのめ)」が
お生まれになりました。

「イザナギ」が水の底の方で体を清めると
「ソコワタ(底津綿津見…そこつわたつみ)」と
「ソコヅツ(底筒之男…そこづつのを)」が
お生まれになりました。

次に、水の中程で体を清めると
「ナカワタ(中津綿津見…なかつわたつみ)」と
「ナカヅツ(中筒之男…なかづつのを)」が
お生まれになりました。

次に、水の表面で体を濯ぎ清めたとき
「ウワワタ(上津綿津見…うわつわたつみ)」と
「ウワヅツ(上筒之男…うわづつのを)」が
お生まれになりました。

川の中で体をお清めになったことで生まれた
この6の神様は
海路(海上の航路)の神様です。

「ソコワタ」「ナカワタ」「ウワワタ」
この3の「綿津見(わたつみ)」神様は
漁師をまとめる「阿曇(あづみ)族」のご先祖様で
この「綿津見(わたつみ)」の子供であります
「ヒガナサク(宇都志日金拆…うつしひながさく)」も
「阿曇(あづみ)族」の祖先にあたります。

そして、一緒にお生まれになった
「ソコヅツ」「ナカヅツ」「ウワヅツ」は
大阪の「住吉(すみよし)神社」の御祭神であります。

「ヤソマガツヒ」から「ウワヅツ」まで11の神様は
「イザナギ」が体をお清めになったことで生まれた神様です。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

TBテーマ「冬のオリンピック、注目競技は?」♪

2010 - 02/14 [Sun] - 17:41

日曜日恒例、先週のテーマの中から選んだ
FC2トラックバックテーマブログです♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…絶滅動物を保護しましょう★

いよいよバンクーバーオリンピック開幕です。

スキー・スケート・ボブスレー… などなど

さまざまな種目がありますが、
皆様はどの競技に一番注目していますか?

たぶん殆どの皆さんが一番注目されていると思いますが、
私もフィギュアスケートですね♪

浅田真央に安藤美姫、
織田信成に高橋大輔…

スケートもろくに滑れない私にとって
氷の上でダンスを踊る(笑)なんて
それこそ神様のようですが…
男女ともにメダルを取ってくれるのではないでしょうか?

次に注目していたのはモーグル、
残念ながらもう結果が出てしまいましたが
メダルに1歩及ばず…
それでも大健闘だったと思います。

上村愛子はもちろん、
里谷多恵は第2エアまで間違いなくトップ成績、
今となったら「たられば」ですが
第2エアが成功していたら
長野に続いて「金」だったかも…

と夢で終わってしまいましたが
1日も早く日本人選手のメダルを見たいですね♪

そしてもう一つ注目している種目、
それはスケルトン♪
日本選手団最年長選手「越(こし)」さん。

スケルトンとは、
鉄製のそりの一種。
簡単な構造でハンドルやブレーキはなく、
重心の移動によって操作する。
これにうつぶせに乗って氷のコースを滑り降り、
所要時間を競う競技。(yahoo辞書より)


実は駒ヶ根の「宮脇製作所」さんが
このスケルトンの「そり」の刃の部分を作っているんです。

とあっては、応援したくなっちゃいますよね!

スケルトン越

45歳「越 和弘選手」を皆さんも応援して下さいね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

古事記「みそぎ①」♪(16話)

2010 - 02/14 [Sun] - 07:28

是以伊耶那伎大神詔「吾者到於伊那志許米志許米岐【此九字以音】穢國而在祁理【此二字以音】故吾者爲御身之禊」而到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐【此三字以音】原而禊祓也故於投棄御杖所成神名衝立船戸神次於投棄御帶所成神名道之長乳齒神次於投棄御嚢所成神名時置師神次於投棄御衣所成神名和豆良比能宇斯能神【此神名以音】次於投棄御褌所成神名道俣神次於投棄御冠所成神名飽咋之宇斯能神【自宇以三字以音】次於投棄左御手之手纒所成神名奧疎神【訓奧云淤伎下效此訓疎云奢加留下效此】次奧津那藝佐毘古神【自那以下五字以音下效此】次奧津甲斐辨羅神【自甲以下四字以音下效此】次於投棄右御手之手纒所成神名邊疎神次邊津那藝佐毘古神次邊津甲斐辨羅神右件自船戸神以下邊津甲斐辨羅神以前十二神者因脱著身之物所生神也於是詔之「上瀬者瀬速下瀬者瀬弱」爾初於中瀬墮迦豆伎

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

イザナギ「ああ…なんていう世界を目にしてしまったのだろう…
私の体はすっかり穢れてしまった。
禊ぎ(みそぎ)をしてしっかり清めなければ…」

そう言って「イザナギ」は
筑紫(つくし…九州)の日向(ひむか…宮崎県)の
橘の木の青々と茂った河口にある
「阿波岐原(あわぎはら)」というところに流れている川で
穢れてしまった体を清めるためにミソギをしました。

まずは手にしていた杖を置き
帯をほどいて
腰の下に履いていた
「裳(も…ベルトのような役割のもの)」をとり
上に着ていた衣をはだけ
袴を脱ぎ捨て
冠をとり
左手に巻いていた玉飾り
続いて右手に巻いていた玉飾りを置くと
身につけていたそれぞれから神様がお生まれになりました。

杖からは「フナド(衝立船戸…つきたつふなど)」
災いを防ぐ神様です。

帯からは「ナガチハ(道之長乳齒…みちのながちは)」
道の安全の神様です。

裳(も)からは「トキオカシ(時置師…ときおかし)」

衣からは「ワズライ(和豆良比能宇斯能…わずらいのうし)」

袴からは「チマタ(道俣…ちまた)」
道の神様です。

冠からは「アキグイ(飽咋之宇斯能…あきぐいのうし)」
穢れが明けたことを意味する神様です。

左手の玉飾りからは「オキザカル(奧疎…おきざかる)」と
「オキナギサビ(奧津那藝佐毘古…おきつなぎさびこ)」と
「オキカイベラ(奧津甲斐辨羅…おきつかいべら)」
この3神はいずれも海の神様で
沖と渚とその中間の神様とされています。

右手の玉飾りからは「ヘザカル(邊疎…へざかる)」と
「ヘナギサビ(邊津那藝佐毘古…へつなぎさびこ)」と
「ヘカイベラ(邊津甲斐辨羅…へつかいべら)」
この3神も「オキザカル」「オキナギサビ」「オキカイベラ」
と同じ海の神様です。

以上「フナド」から「ヘカイベラ」までの12の神様は
「イザナギ」が身につけていたものを
脱ぎ捨てたことから生まれた神々です。

こうして「イザナギ」は身につけている衣服を脱ぎ捨て
近くを流れる川の流れに目をやりました。

イザナギ「川の上の方は流れが速い…
川の下の方は流れがゆるく穏やかだ」

こう言って「イザナギ」は
ちょうど良い流れの川の中程に入っていき
冷たい川の流れで体を洗い清め始めました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「人の寿命」♪(15話)

2010 - 02/13 [Sat] - 07:34

桃子三箇持撃者悉逃返也爾伊耶那岐命告其桃子「汝如助吾於葦原中國所有宇都志伎【此四字以音】青人草之落苦瀬而患惚時可助告」賜名號意富加牟豆美命【自意至美以音】最後其妹伊耶那美命身自追來焉爾千引石引塞其黄泉比良坂其石置中各對立而度事戸之時伊耶那美命言「愛我那勢命爲如此者汝國之人草一日絞殺千頭」爾伊耶那岐命詔「愛我那邇妹命汝爲然者吾一日立千五百産屋」是以一日必千人死一日必千五百人生也故號其伊耶那美神命謂黄泉津大神亦云以其追斯伎斯【此三字以音】而號道敷大神亦所塞其黄泉坂之石者號道反大神亦謂塞坐黄泉戸大神故其所謂黄泉比良坂者今謂出雲國之伊賦夜坂也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコアクション起こしませんか?★

黄泉比良坂(よもつひらさか)まで逃げた「イザナギ」
(黄泉比良坂は出雲地方にあります…黄泉(よみ)の国の入り口ブログ♪
すると、その坂の麓に桃の木が一本ありました。

「イザナギ」は
桃の実を3つもぎとり
鬼たちを待ち受けて
おもいっきり鬼たちに投げつけたので
その勢いに驚いた鬼たちは
皆てんでバラバラに逃げていってしまいました。

やっとの思いで逃げおおせた「イザナギ」は
助けてくれた桃に向かい
「お前は今、私を助けてくれた。
これからも日本国内に困っている人が居たならば
私同様にみんなを助けてやってくれ」

こう言って、その桃に
「カムズミ(意富加牟豆美…おおかむずみ…神の実)」
という名前をお授けになりました。

とうとう鬼たちさえ適わなかった様子を見ていた「イザナミ」は
最後に自ら「イザナギ」を追ってきました。

その姿を見た「イザナギ」は、
そこにあった千人の力でしか動かせないような大きな岩で
「黄泉比良坂(よもつひらさか)」の入り口を
塞(ふさ)いでしまいました。

イザナミ「ああ…あなた、どうしてこんなことをするのですか?」

イザナギ「あの世とこの世は全く違う場所だ、
私たちは再び一緒になることは出来ないことがわかった。
今日限り、もう会うことはないだろう!」

イザナミ「そんな酷いことを…
あなたがそんなことを言うなんて…
あなたが憎く思えてきたわ…
これから私はあなたの国の人を
1日に1000人殺すことにするわ」

イザナギ「ああ、愛しい妻よ…
そなたは変わってしまわれた…
そんな酷いことをしようとも
私は日本中で1日に1500人子供を産ませよう」

こうして人は1日に必ず1000人が死に
1500人生まれ
人の寿命が定められることとなったのです。

以上のことから「イザナミ」は
「黄泉津大神(よもつおおかみ)」といわれ
またの名を「道敷大神(ちしきおおかみ)」ともいいます。

また「黄泉比良坂(よもつひらさか)」を塞(ふさ)いだ岩は
「イザナギ」を追い返したので「チガエシ(道反…ちがえし)」
または「サヨリ(塞坐黄泉戸…さよりますみど)」とも言われ
今の出雲国にあります
「伊賦夜坂(いふやさか)」であるとも言われています。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

建国祭が終わりました♪

2010 - 02/12 [Fri] - 12:32

2月11日は「建国記念日」。
戦前は「紀元節」と言っていました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…リサイクルにご協力を★

当大宮五十鈴神社では、
2月11日午前10時から「建国祭」を行います。

全国の各神社でも、
この日お祭りを行っているところが多くありますが、
「紀元(きげん)祭」として行っているところが多いと思います。

当社では、
いつから「建国祭」としているかは…
不明です;;

さて、
「建国記念日」とは、
なんの日でしょう?

そう、
読んで字の如く
「建国」を記念する「日」です。

建国?

「新たに国を興し建てること。」(yahoo辞書より)

ではなぜ、
「2月11日」を「建国の日」としたのでしょうか。

それは今から2670年前、
奈良の橿原(かしはら)の里に、
日本初代の天皇陛下「神武天皇(じんむてんのう)」
またの御名を「神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)」
が御即位した日とされているからです。

そんな昔の、
しかも文献も残っていないようなことがなぜ分かったのか…、
それは以前もお話ししたことがありますが、
60年60日周期といった
干支(十干十二支)で辿っていくと
換算出来るんだそうです。

今年は2010年、
これは西暦で示した年号ですが、
日本には日本ならではの暦があります。

今年は皇紀(こうき)2670年、
西暦より660年も長いんです。

西暦とは、
「キリストが誕生したとされる年を元年(がんねん)とする
年代の数え方」(yahoo辞書より)


今は日本でも、
カレンダーや年賀状など、
この西暦を使うことが多くなっています。

みんなで「西暦」を使うのをやめて、
「皇紀」を使いましょう!…
なんてことは言いませんが(苦笑
日本には日本ならではの暦がある…
と言うことだけでも知っていただければと思います。

そして「建国記念日」は、
「建国をしのび、国を愛する心を養う日」
と定められていますが、
日本の国の建国を想うとき、
混沌としていた世の中をまとめられ
日本の初代天皇陛下として御即位された「神武天皇」の
ご功績をお称え申し上げ、
建国されてから2670年という
長い長い歴史の間、
その時代時代を生き活躍された先人、
今の平和な日本という国の礎を支えてこられた
私たちのご先祖様に想いを馳せ、
「日本人であって良かったな~」と思う日にしたいですね。

って、「だったら昨日書いて?」(スミマセン…汗)

祭典の後、
神社拝殿で総代様と
『紀元節の歌』を歌いました。

私たちはもちろん学校では習っていませんが、
戦前は学校で歌っていたようで
総代さんの世代がちょうど私の父の世代でして、
父は昭和21年に小学校入学
幼稚園時代は戦前でしたので
「幼稚園で習った記憶がある…」
とは、父の同級生の総代さんのお話しでした。

戦前戦中に小学校生活を送られた皆さんはご存知だと思いますが、
この「紀元節の日」には、
街の家々の軒先には日の丸の旗が掲げられ、
学校で記念式典が行われ
記念式典では『紀元節の歌』が歌われたと聞いています。

『紀元節の歌』

雲に聳ゆる 高千穂の
高根おろしに草も木も
なびきふしけん 大御世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

海原なせる 埴安の
池のおもより 猶ひろき
めぐみの波に 浴みし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

天のひつぎの 高みくら
千代よろずよに 動きなき
もとい定めし そのかみを
仰ぐ今日こそ たのしけれ

空にかがやく 日のもとの
よろずの国に たぐいなき
国のみはしら たてし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

(紀元節の歌 高崎正風作詩 伊沢修二作曲)

これからは、
『紀元節の歌』を知らない世代の総代さんが
出てこられるようになりますが、
せめて神社では
こういう文化・伝統をずっと伝え続けていきたいと思っています。

連載中の「古事記伝」に
「神武天皇」が出てくるのは遙か先のことになるでしょうけれど
日本の神話が戦後
小学校の教科書から消えてしまいましたので
こちらも守り伝えていきたいと思っています。

神武天皇のご功績を称えあやかり
日本国の益々の発展をお祈りいたします♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「黄泉(よみ)の国」♪(14話)

2010 - 02/12 [Fri] - 07:58

於頭者大雷居於胸者火雷居於腹者黒雷居於陰者拆雷居於左手者若雷居於右手者土雷居於左足者鳴雷居於右足者伏雷居并八雷神成居於是伊耶那岐命見畏而逃還之時其妹伊耶那美命言令見辱吾即遣豫母都志許賣【此六字以音】令追爾伊耶那岐命取黒御鬘投棄乃生蒲子是[才庶]食之間逃行猶追亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引閉而投棄乃生笋是拔食之間逃行且後者於其八雷神副千五百之黄泉軍令追爾拔所御佩之十拳劔而於後手布伎都都【此四字以音】逃來猶追到黄泉比良【此二字以音】坂之坂本時取在其坂本

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

イザナミ「元の世界に帰してください!」

「イザナギ」は、
声のする方に灯りを向けてみました。

するとそこには…

イザナギ「おおおおおおお…
そこにいるのは、本当にイザナミなのか…」

「イザナミ」の体は
もう昔の「イザナミ」の面影はないほどに
体中にウジがわき
体は腐って膿が流れ出し
嫌な匂いが周囲に漂っていました。

そしてその腐ってしまった「イザナミ」の体から
「雷神(いかづちがみ)」が8神生まれていました。

「イザナギ」の頭からは
「オオイカヅチ(大雷…おおいかづち)」
胸からは
「ホノイカヅチ(火雷…ほのいかづち)」
お腹からは
「クロイカヅチ(黒雷…くろいかづち)」
陰部(あそこ)からは
「サクイカヅチ(折雷…さくいかづち)」
左手からは
「ワキイカヅチ(若雷…わきいかづち)」
右手からは
「ツチイカヅチ(土雷…つちいかづち)」

の雷神は恐ろしい顔で
「イザナギ」を睨(にら)んでいました。

「イザナギ」は
その「イザナミ」の姿と
雷神の恐ろしい形相に脅(おび)え
一目散にその場を逃げ出しました。

「イザナミ」は
自分を置いて逃げていく「イザナギ」を見て言いました。

イザナミ「あれほど見てはいけないと言ったのに
あなたは私の恥ずかしい姿を見てしまった…
約束したのに…」

そう悔しげに叫ぶと
「黄泉(よみ)の国」の「シコメ(醜女)」を使い
「イザナギ」を追いかけさせました。

「イザナギ」は一心不乱に逃げましたが
だんだんと「シコメ」が迫ってきて
追いつかれそうになると
鬘(かづら…紙を縛るツルのようなもの)をとり
「シコメ」に向かって投げつけました。

すると投げつけた「鬘(かづら)」は
地面に落ちると葡萄(ぶどう)の木が生え
実がなりました。

その葡萄の実を
「シコメ」等は端から食べ始めました。

その間に「イザナギ」は遠くまで逃げますが
葡萄を食べ終わった「シコメ」達はすぐに追ってきます。

次に「イザナギ」は
「角髪(みずら…髪の結い方)」に刺した櫛(くし)をとり
その歯を折って投げました。

するとその櫛は「タケノコ」になって生え
「シコメ」達が「タケノコ」を抜いては食べている間に
また「イザナギ」は遠くまで逃げました。

そんな姿を見ていた「イザナミ」は
「シコメ」には任せていられないと
自分の体から生まれた8神の雷神に
1500の鬼の軍をひきつれて
死に物狂いで「イザナギ」を追いかけさせました。

逃げても逃げても出口の見えてこない「黄泉(よみ)の国」

イザナギ「出口はまだか…」

1500もの鬼に捕まったらたまりません…
追いつかれそうになりながら「イザナギ」は
十拳劔(とつかのつるぎ)を腰から抜き
追っ手に向かい
後ろ手に劔を振りながら
必死になって逃げました。

どれだけ走ったことでしょう…
ようやく「黄泉(よみ)の国」の出口
「黄泉比良坂(よもつひらさか)」という坂の麓に
たどり着きました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「帰って来いよ」♪(13話)

2010 - 02/11 [Thu] - 07:30

於是欲相見其妹伊耶那美命追往黄泉國尓自殿騰戸出向之時伊耶那岐命語詔之「愛我那邇妹命吾與汝所作之國未作竟故可還」爾伊耶那美命答白「怪哉不速來吾者爲黄泉戸喫然愛我那勢命【那勢二字以音下效此】入來坐之事恐故欲還且與黄泉神相論莫視我」如此白而還入其殿内之間甚久難待故刺左之御美豆良【三字以音下效此】湯津津間櫛之男柱一箇取闕而燭一火入見之時宇士多加禮許呂呂岐弖【此十字以音】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

最愛の妻「イザナミ」に先立たれてしまった「イザナギ」は
「カグツチ」を殺してしまっても
その悲しみは癒えることなく
どうしても「イザナミ」に会いたくて
その気持ちを抑えることが出来ません。

ついに「イザナギ」は
死の世界「黄泉の国(よみのくに)」まで
「イザナミ」を追いかけていくことにしました。

「イザナギ」が自分を追いかけて
「黄泉(よみ)の国」に来ることを知った「イザナミ」は
「イザナギ」を入り口まで迎えに行きました。

イザナギ「ああ…愛しい愛しい私の妻よ、
君が居なくなってからというもの
淋しくて淋しくて仕方がない…
それに、
君と一緒に作ったあの国は
まだまだ未完成のまま…
どうか私と一緒に帰って
もう一度国づくりをしようじゃないか」

イザナミ「それならば、
どうしてもっと早くに来てくださらなかったのですか?
私はもう、この死の国で
穢れた水と穢れた火で炊いた食事を食べてまいました。
だから、
私の体はもう穢れてしまっているのです。
私の大事な旦那様が
危険を顧みずにお迎えに来てくれたことは
私にとってはとても嬉しいこと…

ならば、元の国に帰っても良いかどうか
この国の神様に聞いてきます。」

「イザナミ」はすぐにでも飛んで帰りたい気持ちを抑え
「黄泉(よみ)の国」の神々に相談することにしました。



イザナミ「あなたに1つだけお願いがあります。
私が相談に行っている間
どんなことがあっても奥を覗かないでください。」

そういって「イザナミ」は、
「黄泉(よみ)の国」の奥へ姿を消しました。

「イザナギ」は言われる通りに
「黄泉(よみ)の国」の入り口で長い間待っていました。

しかし、待てど暮らせど
奥から「イザナミ」が出てくる気配がしません。

「イザナギ」は、
「心配な」のと「待ちきれない」のとで
ついに約束を破って中に入ることにしました。

入り口を入りはしたものの、
中は真っ暗で辺りが良く見えません。

そこで「イザナギ」は
髪に刺してあった櫛を手にとり
櫛の歯の1本を折って
それに火をつけました。

その明かりを頼りに
奥へ進んでいくと
奥の方から「イザナミ」の声がします。

イザナミ「どうか私を、
元の世界に帰してください!」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「火の神から」♪(12話)

2010 - 02/10 [Wed] - 10:25

所殺迦具土神之於頭所成神名正鹿山津見神次於胸所成神名淤縢山津見神【淤縢二字以音】次於腹所成神名奧山津見神次於陰所成神名闇山津見神次於左手所成神名志藝山津見神【志藝二字以音】次於右手所成神名羽山津見神次於左足所成神名神次於右足所成神名戸山津見神【自正鹿山津見神至戸山津見神并八神】故所斬之刀名謂天之尾羽張亦名謂伊都之尾羽張【伊都二字以音】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

火の神「カグツチ」は
「イザナギ」によって斬られてしまいましたが
その「カグツチ」の体からも神々がお生まれになりました。

「カグツチ」の頭から生まれたのは、
「マサカヤマツ(正鹿山津見…まさかやまつみ)」
山の山頂の神様です。

「カグツチ」の胸から生まれたのは、
「オドヤマツ(淤縢山津見…おどやまつみ)」
山の麓の神様です。

「カグツチ」のお腹から生まれたのは
「オクヤマツ(奧山津見…おくやまつみ)」
山奥の神様です。

続いて「カグツチ」の陰部(あそこ)から生まれたのは
「クラヤマツ(闇山津見…くらやまつみ)」
暗い谷の神様です。

「カグツチ」の左手から生まれたのは
「シギヤマツ(志藝山津見…しぎやまつみ)」
森の神様です。

「カグツチ」の右手から生まれたのは
「ハヤマツ(羽山津見…はやまつみ)」
麓の山の神様です。

「カグツチ」の左足から生まれたのは
「ハラヤマツ(原山津見…はらやまつみ)」
丘のようななだらかな山の神様です。

「カグツチ」の右足から生まれたのは
「トヤマツ(戸山津見…とやまつみ)」
山の端の神様です。

「マサカヤマツ」から「トヤマツ」まで8神となります。

「イザナギ」が「カグツチ」を斬った刀は
「天之尾羽張(あめのおわばり)」
またの名を「伊都之尾羽張(いつのおわばり)」と言い
銘刀(優れた刀)とされています。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「イザナギの嘆きと怒り」♪(11話)

2010 - 02/09 [Tue] - 07:36

故爾伊耶那岐命詔之「愛我那迩妹命乎」【那迩二字以音下效此】謂「易子之一木乎」乃匍匐御枕方匍匐御足方而哭時於御涙所成神坐香山之畝尾木本名泣澤女神故其所神避之伊耶那美神者葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也於是伊耶那岐命拔所御佩之十拳劔斬其子迦具土神之頚爾著其御刀前之血走就湯津石村所成神名石拆神次根拆神石筒之男神【三神】次著御刀本血亦走就湯津石村所成神名甕速日神次樋速日神次建御雷之男神亦名建布都神【布都二字以音下效此】亦名豊布都神【三神】次集御刀之手上血自手俣漏出所成神名【訓漏云久伎】闇淤加美神【淤以下三字以音下效此】次闇御津羽神上件自石拆神以下闇御津羽神以前并八神者因御刀所生之神者也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

死んでしまった「イザナミ」…

「イザナギ」は愛しの妻
「イザナミ」の死を受け入れることが出来ず
声を上げて嘆き悲しみ泣き通しました。

イザナギ「ああ…愛しの『イザナミ』よ
1人の子供のために
2人とないお前を亡くしてしまった」

そう言って「イザナギ」は
「イザナミ」の枕元へ行って泣いては
足元へ行って嘆き嗚咽し
大声で泣きわめき涙をお流しになりました。

その時に
「イザナギ」の涙から生まれた神様は
奈良の香具山の裾の木の下にいる
「ナキサワメ(泣澤女…なきさわめ)」と言います。

死んでしまった「イザナミ」の遺骨は
出雲(いずも…今の島根県)国と
伯耆(ほうき…今の鳥取県)国との境にある
比婆之山(ひばのやま)に埋葬しました。

「イザナギ」は
妻「イザナミ」を失った悲しみが消えず
常に持ち歩いていた「十拳劔(とつかのつるぎ)」で
「イザナミ」の死の原因となった
「カグツチ」を斬って殺してしまいました。

その時「十拳劔(とつかのつるぎ)」の剣先についた血が
ポタポタと落ち
そこからも神々がお生まれになりました。

その神々の名は
「イワサク(石拆…いわさく)」
「ネサク(根拆…ねさく)」
「イワツツ(石筒之男…いわつつのお)」の3
この3神は
刀を作るときの石槌の神様です。

続いて、刀の鍔(つば)についた血からも
神様がお生まれになりました。

「ミカハヤ(甕速日…みかはやび)」
「ヒノハヤ(樋速日…ひのはやび)」
「タケミカヅチ(建御雷之男…たけみかづちのお)」
「タケミカヅチ」はまたの名を
「タケフツ(建布都…たけふつ)」
或いは「トヨフツ(豊布都…とよふつ)」と言い
この3神は
刀を作るときの火の神様です。

続いて、刀の柄(つか)についた血からも
神様がお生まれになりました。

「クラオカミ(闇淤加美…くらおかみ)」
「クラミツハ(闇御津羽…くらみつは)」
この2は雨の神様です。

「イワサク」から「クラミツハ」までの8神は
「イザナギ」が「カグツチ」を斬った刀から生まれた神々です。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

テニアン決起集会♪

2010 - 02/08 [Mon] - 10:25

今年も「北マリアナ諸島戦歿者慰霊祭」に行ってきます。
平成22年2月21日~24日(3泊4日)です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバック…使っていますか?★

が…毎回お話ししていますように、
実際は3泊2日なんですけどね(汗。

といいますのも、
1日目は夜発の夜中着、
ミーティングをして数時間寝るのみ…
最終日は早朝(朝ご飯前)のホテルチェックアウト…
中2日の1日はテニアン島で慰霊祭、
もう1日はサイパン島の戦跡巡り。
テニアン
テニアン島での「慰霊顕彰事業」の詳細は、
こちら北マリアナ諸島慰霊顕彰事業ブログ(1)~(9)♪
をご覧下さい♪

今回、駒ヶ根市からは私たち夫婦を含め4名、
中川村から相棒M夫婦を含め6名、
上伊那から計10名が参加いたします。

そこで、駒ヶ根と中川村の真ん中
飯島町は「和泉屋」さんで決起集会をしよう!
ということになりました。

今回、そのうち6名の皆さんが初参加ということで
旅行概要からいろんなお話が出来ました。

どんな旅行になるか
新しい皆さんと行く慰霊祭
これからも多くの皆さんと行くことが出来れば
とても嬉しく思います。

帰ってきましたらご報告させていただきますので、
興味のある方は是非ご参加下さい!

今年も良いお天気でありますように♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「イザナミの死」♪(10話)

2010 - 02/08 [Mon] - 08:09

因生此子美蕃登【此三字以音】見炙而病臥在多具理迩【此四字以音】生神名神【訓金云迦那下效此】次金山毘賣神次於屎成神名波迩夜須毘古神【此神名以音】次波迩夜須毘賣神【此神名亦音】次於尿成神名彌都波能賣神次和久産巣日神此神之子謂豊宇氣毘賣神【自宇以下四字以音】故伊耶那美神者因生火神遂神避坐也【自天鳥船至豊宇氣毘賣神并八神也】凡伊耶那岐伊耶那美二神共所生嶋壹拾肆嶋神參拾伍神【是伊耶那美神妹神避以前所生唯意能碁呂嶋者非所生亦姪子與淡嶋不入子之例也】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…地球温暖化を防ぎましょう★

「イザナミ」が最後に生んだのは「カグツチ」
火の神様でしたので
「カグツチ」を生んだときに
「イザナミ」は御陰処(みほと※あそこ)を焼かれて
病の床に臥(ふ)してしまいました。

病床で「イザナギ」が吐いた嘔吐物から生まれたのが
「カナヤマビコ(金山毘古…かなやまびこ)」
「カナヤマビメ(金山毘売…かなやまびめ)」
鉱山・金物の神様です。

次に糞(うんち)から生まれたのが
「ハニヤスビコ(波迩夜須毘古…はにやすびこ)」
「ヤニヤスビメ(波迩夜須毘売…はにやすびめ)」
肥料の神様です。

次に尿(おしっこ)から生まれたのが
「ミズハノメ(彌都波能売…みつはのめ)」
水の神様です。

次に「ワクムスビ(和久産巣日…わくむすび)」
穀物の神様です。

最後に「トヨウケ(豊宇氣毘売…とようけひめ)」
食物全般を司る神様です。

「トリフネ」から「トヨウケ」まで
の神様がお生まれになりました。

「イザナミ」は結局
「カグツチ」を生んだ際の火傷が治ることなく
この世を去られましたが
「イザナギ」と「イザナミ」が
力を合わせて生んだ島は14島、
神様は35

これは「イザナミ」がお亡くなりになる前に生んだ
島と神様の数ですが、
「オノコロ島」と「ヒルコ」「アワシマ」は
子供の内には数えられていません。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「神生み②」♪(9話)

2010 - 02/07 [Sun] - 07:58

次生風神名志那都比古神【此神名以音】次生木神名久久能智神【此神名以音】次生山神名大山津見神次生野神名鹿屋野比賣神亦名謂野椎神【自志那都比古神至野椎并四神】此大山津見神野椎神二神因山野持別而生神名天之狹土神【訓土云豆知下效此】次國之狹土神次天之狹霧神次國之狹霧神次天之闇戸神次國之闇戸神次大戸惑子神【訓惑云麻刀比下效此】次大戸惑女神【自天之狹土神至大戸惑女神并八神也】次生神名鳥之石楠船神亦名謂天鳥船次生大宜都比賣神【此神名以音】次生火之夜藝速男神【夜藝二字以音】亦名謂火之[火玄]毘古神亦名謂火之迦具土神【加具二字以音】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「イザナギ」と「イザナミ」は
更にたくさんの神々をお生みになりました。

「シナツヒコ(志那都比古…しなつひこ)」
は風の神様。

「ククノチ(久久能智…くくにち)」
は木の神様。

「オオヤマツミ(大山津見…おおやまつみ)」
は山の神様。

「カヤノヒメ(鹿屋野比売…かやのひめ)」
は野の神様で
屋根を葺く萱(かや)や薄(すすき)を称えた名前で
別名「ノヅチ(野椎…のづち)」といいます。

「シナツヒコ」から「ノヅチ」までの
の神様の最後にお生まれになった
「オオヤマツミ」と「ノヅチ」の2の神様は
山野の神様ですから
「山」と「野」それぞれを分担して
次のような神様をお生みになりました。

坂の神様であります
「アメサヅチ(天之狹土…あめのさづち)」と
「クニサヅチ(國之狹土…くにのさづち)」。

峠の神様であります
「アメサギリ(天之狹霧…あめのさぎり)」
「クニサギリ(國之狹霧…くにのさぎり)」

谷の神様であります
「アメクラド(天之闇戸…あめのくらど)」
「クニクラド(國之闇戸…くにのくらど)」

緩やかな丘の神様であります
「トマトヒコ(大戸惑子…おおとまとひこ)」
「トマトヒメ(大戸惑女…おおとまとひめ)」

「アメサヅチ」から「トマトヒメ」まで
あわせて8の神様がお生まれになりました。

「イザナギ」と「イザナギ」は
更に神生みの仕事を続け
次に、水鳥のように水面を早く進む楠で作った船を称えた
「イワクスブネ(鳥之石楠船…とりのいわくすぶね)」という神様を
お生みになりました。

次に、交通の神様
「トリフネ(天鳥船…あめのとりふね)」

次に、食物の神様
「オオゲツヒメ(大宜都比売…おおげつひめ)」

次に、火の神様
「ヤギハヤオ(火之夜藝速男…ひのやぎはやお)」
またの名を
「カガビコ(火之カガ毘古…ひのかがびこ)」
またの名を
「カグツチ(火之迦具土…ひのかぐつち)」
と言います。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

道の守り神♪

2010 - 02/06 [Sat] - 10:08

一年を通して一番寒い時期ですから仕方ありませんが
寒い日が続いております。
風邪などひかぬようお気を付け下さいね♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

先日、道路拡張のため
道の脇にありました小さな石碑のようなものを移転するため
お祓いして欲しいとのご依頼がありました。

その石碑には文字が刻まれており
昔からあったもので
「道祖神」であろうとのことでした。

実際にその石碑を見てみましたが
だいぶ古いもののようで
その文字はほとんど解読不能…

かすかに「世」の文字らしきものが?
世…観世音の世?
となると「馬頭観音」「馬頭観世音」様でしょうか。

「馬頭観音」様といえば
その昔、日本の交通・流通を馬に頼っていた時代
馬が死んでしまったときの供養として
建てられたことが多かったようですが
交通の主…ということから
その郷の交通の守り神
いわば「道祖神」として
道を行き来する学童や車など
郷の守り神様としてお鎮まりいただいています。

道祖神2

「道祖神」様といえば、
有名なのが「庚申(こうしん)塔」
「庚申」の文字が彫られた石碑をよく見かけますが、
「申」「さる」…「猿田彦(さるたひこ)大神」
(「サルタヒコ」は古事記伝でこれから出てきますので
楽しみにしていていただければと思います)
お導き…道の神様をお祀(まつ)りしていて
道の脇、郷の入り口に祀られていることが多くあります。
道祖神1
とある道路の拡張でして
その道沿いには幾つかの道祖神様があるようで
他の方が
「工事が終わったあとにお祭しようと思ったんだけど
工事の先の方が良いのでしょうか?」
とお尋ねになられました。

工事の前にお祭される方は「遷座祭(せんざさい)」
工事の報告と安全をお祈りされ
工事の後にお祭される方は「鎮座祭(ちんざさい)」
工事完了の報告と今後の安寧をお祈りされますので
もちろん、両方された方が一番ではありますが
どちらでお祭するかは気持ちの問題といったところでしょうか。

市内の道祖神や石碑を調べたら面白いのでしょうけれど
凄いことになりそうですね(大汗。

地域の皆様に、昔ながらのこういったものをお守りいただけて
住民にとっても幸せな郷だと思いました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「神生み①」♪(8話)

2010 - 02/06 [Sat] - 08:11

既生國竟更生神故生神名大事忍男神次生石土毘古神【訓石云伊波亦毘古二字以音下效此也】次生石巣比賣神次生大戸日別神次生天之吹(上)男神次生大屋毘古神次生風木津別之忍男神【訓風云加耶訓木以音】次生海神名大綿津見神次生水戸神名速秋津日子神次妹速秋津比賣神【自大事忍男神至秋津比賣神并十神】此速秋津日子速秋津比賣二神因河海持別而生神名沫那藝神【那藝二字以音下效此】次沫那美神【那美二字以音下效此】次頬那藝神次頬那美神次天之水分神【訓分云久麻理下效此】次國之水分神次天之久比奢母智神【自久以下五字以音下效此】次國之久比奢母智神【自沫那藝神至國之久比奢母智神并八神】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

国をお生みになる仕事を終え
「イザナギ」と「イザナミ」は
次に神様をお生みになることにしました。

そこで初めに生んだのが
「オオコト(大事忍男…おおことおしお)」
国生みの大事を成し終えたことを称えた神様です。

次にお生まれになったのが
「イワツチ(石土毘古…いわつちびこ)」
石や土の神様です。

次にお生まれになったのは
「イワスヒメ(石巣比売…いわすびめ)」
石や砂の神様です。

次に「オオトビ(大戸日別…おおとびわけ)」
門の神様。

次に「フキオ(天之吹上男…あめのふきお)」
屋根を葺く神様。

次に「オオヤビコ(大屋毘古…おおやびこ)」
屋根の神様。

次に「カザケ(風木津別之忍男…かざけつわけのおしお)」
風害を防ぐ神様。

以上の6の神様は
家屋(家)をお守りする神様です。

次に「ワタツミ(大綿津見…おおわたつみ)」
海の神様です。

次に水の流れでケガレを祓(はら)う
「アキヅヒコ(速秋津日子…はやあきづひこ)」
「アキヅヒメ(速秋津比売…はやあきづひめ)」
河口・水の流れの神様です。

「オオコト」から「アキヅヒメ」まで
10の神様がお生まれになりました。

「アキヅヒコ」と「アキヅヒメ」は
川から海に入る河口の神様ですから
互いに「川」と「海」それぞれを分担し
次のような神様をお生みになりました。

「アワナギ(沫那藝…あわなぎ)」
「アワナミ(沫那美…あわなみ)」
「ツラナギ(頬那藝…つらなぎ)」
「ツラナミ(頬那美…つらなみ)」
波が騒がないように鎮める神様です。

「アメミク(天之水分…あめのみくまり)」
「クニミク(國之水分…くにのみくまり)」
「アメクイザ(天之久比奢母智…あめのくいざもち)」
「クニクイザ(國之久比奢母智…くいのくいざもち)」
水が均等に分配されるよう与えてくれる神様です。

「アワナギ」から「クニクイザ」まで
の神様がお生まれになりました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

駒ヶ根市「麺匠『神楽』」♪

2010 - 02/05 [Fri] - 09:57

テレビをつければ「朝青龍…朝青龍…」
「やめるべきだ!」と声を大きくして言ってたのはこの番組じゃ…?
辞して当然だと思いますが、
皆さんはいかがお考えでしょうかね?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…砂漠化を防ぎましょう★

先日の黄身ちゃんのブログに出ていました…

神楽
(黄身ちゃんところから拝借♪)

こんなもの見てしまったら
行きたくて行きたくて仕方ないじゃないですか!

箕輪町の「凌駕ZERO」と
駒ヶ根市の「神楽KAGURA」の
期間限定コラボラーメン♪
神楽1
神煮干しのこってり味♪
神楽2
神煮干しのあっさり味♪

どちらも煮干しが凝縮されていて
あまり煮干し味が好きじゃない私でも
大満足の美味しさでした♪

期間は2月27日まで!

私は断然こってり味です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード