日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2010年05月  

そして…♪

2010 - 05/31 [Mon] - 18:37


地元のお酒とともに、夜が更けていくのでありました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

山中温泉なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 16:57


ドラマ「はるちゃん」の舞台、
宿泊ホテル候補「翆明」♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

山代温泉なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 15:48


宿泊ホテル候補「ゆのくに天翔」♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

白山比め神社なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 13:59


本番っは2日目ですが、明日はオツイタチですので
今日の打ち合わせです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

尾山神社なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 13:13


前田利家公♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

兼六園なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 12:21


晴れて良かった♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

兼見御亭なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 11:40


当日の昼食場所、けんけんおちん…と読むそうです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

世界遺産「相倉合掌造り集落」なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 10:11


見た目は菅沼と一緒ですが、
規模が大きいです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

世界遺産 菅沼の里なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 09:26


茅葺きの里です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

ひるがの高原SAなう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 08:25


天気も回復、素晴らしい晴天です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

恵那峡なう♪

2010 - 05/31 [Mon] - 07:07


下見旅行出発です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

鮒寿司が届きました♪

2010 - 05/30 [Sun] - 23:15

ドタバタしていてお返事も出来ないまま
先に頂戴していまいました(汗。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

先日、当ブログのコメンテーターで滋賀の「たっきい」さんより
下記のメールを頂戴致しました。(一部を無断転載…笑)

ご無沙汰です!
いつもブログを楽しみにしてます。(コメント出来て無いけど…

ついこないだ、社内研修旅行で諏訪さんへ行きました。
その際に、SAでとうとう、、、、
「」を購入しました。
旨い\(・o・)/

いつもisuzuさんが水の様だと、例えてみえましたが納得しました。
あの値段で吟醸酒とは、駒ヶ根の方が羨ましいかぎりです。
あっという間に、4合瓶がなくなりました。

今回、ウチのオカン特製の鮒寿司など↓をお送り致しましたので、
どうぞご笑納下さいませ~
「」で一杯やると合うと思いますよ

□鮒寿司:メスの鮒寿司が手元に着いた際のご了承事項
特に卵辺りが、独特の味がします。
これは、発酵の仕方に問題がありました。
召し上がるのには問題がありません。
 ※到着してから「1週間」賞味期限(冷蔵庫保管)

□鮎の煮付け:地元で捕れた天然物です。
一部(特に大きいヤツ)にじゃりっと感があるかもしれません。
砂を噛んでいたようです。
腹辺りを避けて召し上がって下さい。
 ※「1週間」賞味期限(冷蔵庫保管)

今日ぐらいに着くと思いま~す。
今後とも宜しくご厚誼下さいますようお願い致します♪
たっきい。

鮒寿司2
相変わらず(汗)食べ終わってからの写真です…

鶴御用達…鶴と言ったら越百♪
毎度無理ばかり言っていますが、今回も持ち込ませていただきました!
カウンターの面々は常連の仲間たち。
「鶴」と一緒に「鮒寿司」と「鮎の煮付け」をいただきました。
鮒寿司1
そこで「鮒寿司」を大大絶賛していたのが、
たっきいさんに喜んでいただいた「鶴」の杜氏&専務さん、
たっきいさんからのメールを伝えさせていただくと
これまた大喜びしていただきました。

滋賀県にも美味しいお酒はありますが、
こういう繋がりも嬉しいですね♪

鮎の煮付けも美味しくいただきました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ


最終の御柱祭♪

2010 - 05/30 [Sun] - 12:04

私の受け持ちするお社の中で、
最終の「御柱祭(おんばしらさい)」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

駒ヶ根市下平の入口自治会にあります祝殿様です。

入口御柱祭0

↑6年前に建て古くなった御柱。

入口御柱祭1

今日は素晴らしい天候に恵まれて、
氏子の皆様も晴れやかな顔で建て御柱♪

入口御柱祭2

柱が建つ頃にちょうど伺いまして、
建ち終わったと同時に万歳三唱!

入口御柱祭3

気が付いたらカメラを手に
一緒に万歳をしていて写真が撮れませんでした(汗。

小さな祠(ほこら)ですが、
沢山の氏子さんたちの手により建てられた御柱、
6年間しっかり氏子さんと地域を見守ってくれることと思います。

諏訪の平では、秋まで御柱祭が続くそうです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

植樹詳細♪

2010 - 05/30 [Sun] - 08:23

楷(かい)の木って、ご存知ですか?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

5月27日、大宮五十鈴神社の境内で植樹が行われました。

植樹をしていただいたのは「駒ヶ根照隅会」の皆さん。
01.jpg
別名「孔子の木」とか「学問の木」とか言われている木で、
日本では大正時代に「孔子廟(こうしびょう)」から
ある方が種を持ち帰り大事に育てたものが
その後約百年弱で立派な大木となり
今では、その「楷の木」は紅葉の名所となり
又「学問の木」ということで紅葉した落ち葉を
受験の御守として持ち帰ることでも有名になっています。

閑谷学校
岡山県「閑谷(しずたに)学校」

日本の学問の神様であります「菅原道真(すがわらみちざね)」公
天神さまもお祀りされています大宮五十鈴神社が
今から百年後に「紅葉の名所」「学問の神様」として有名になれば…
と「楷の木」を取り寄せて植樹いただきました。

02.jpg
社殿右側の「楷の木」は
「奉祝 天皇陛下御即位二十年」
「大宮五十鈴神社拝殿新築記念」樹
03.jpg
社殿左側の「楷の木」は
「奉祝 皇紀二千六百七十年」
「大宮五十鈴神社社務所新築記念」樹
04_20100530081102.jpg

もちろん百年後は私も皆さんも生きてはいませんが、
その頃に想いを馳せその頃の大宮五十鈴神社と
神社周辺のことに思いを巡らせながら
植樹祭を行わせていただきました。

05.jpg

「駒ヶ根照隅会」の皆様、ありがとうございました。

06.jpg
百年後、いや五十年後の「楷の木」が
どう成長しているか楽しみですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

加賀への旅♪

2010 - 05/29 [Sat] - 15:16

明後日より「氏子参拝旅行」の下見に行ってきます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

相棒Mも退院後、
すっかり回復し元通りの生活を送っていますが
そうはいっても強行日程の旅はまだまだ心配ですので
我々だけで行って参ります。
DSC00120.jpg
今回の「氏子参拝旅行」は、
「世界遺産『白川郷』から、加賀国一之宮『白山比神社』参拝の旅」

実際には11月初旬ですので、
紅葉が綺麗な時期の白川郷を散策し、
尾山神社・兼六園などの名所を見学して加賀温泉郷に宿泊、
次の日は白山比神社で正式参拝し
海の美味しいものを食べて帰ってくるといった行程を
よりよい旅行にするために下見してきます。

ホテルも幾つか下見して、
白山比神社とは300名がスムーズに参拝できるように
参拝順路や舞のこと、集合写真の件などを打ち合わせしてきます。

今回は本番に比べ自由ですので、
個人的には「菊姫」の蔵見学をしたいな…なんて思っていますが、
行程通り動くの精一杯にかな?と少し残念、、、

コメンテーターで石川県在住のようこさんから
「獅子パーク」「ふれあい昆虫館」「東山茶屋街」「石浦神社」などなど
行程外の観光名所を教えていただき調べていたのですが…

余裕があったら行ってみたいと思っています。♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

花屋さん?ナプア♪

2010 - 05/28 [Fri] - 14:19

5月27日、美容室のオープンに際しまして
各方面よりお祝いを頂戴致しましてありがとうございました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

美容室というのは…飲食店などの店舗と違いまして、
オープン当日からワイワイ混む…
というわけではないのが特徴でして
なにせ1人でやっていますので
そんなに沢山のお客さんには対応できませんから
今も静かにに営業しています♪

お陰様で、美容院というより花屋さんのようになっていますので
是非お茶でも飲みにお出掛け下さい♪
000
5月27日オープン当日、朝7時に開店と竣工のお祭をしました♪

001

002

順不同でお花の写真を載せさせていただきます♪

21

26

01

02

03

13
北海道から届きました♪
05

06

07

09

10

11

14

16

17

18

19

20

22

23

24

25

28

27

12

順不同ではありますが、
最後に姉妹店「CLUP」からの特大鉢です。

是非、花をご覧に(笑)お出掛け下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

2010 - 05/28 [Fri] - 09:41

植樹♪

大宮五十鈴神社の境内で、植樹が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

取り急ぎ写真まで。。。
CA3C0076.jpg
拝殿を挟んで2本植えていただきました。
CA3C0077.jpg
標柱も(欲張って笑)建てました…

詳細は改めて♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

hair room Napua(ナプア)オープン♪

2010 - 05/27 [Thu] - 05:31

てなわけで(どんなわけで?)ドタバタのバッタバタです(汗。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

本日5月27日、ヘアルーム「ナプア」がオープンします。
CA3C0047.jpg
詳細は追って書かせていただきたいと思いますが、
取り急ぎ…写真まで。。。
CA3C0038.jpg
自慢の(売りの?)シャンプー椅子♪

CA3C0048.jpg
hamaちゃん作の看板も、夜になると…
GRL_0059.jpg
こうなります♪

かっちょいいです!

沢山のお祝い、沢山のお花をありがとうございます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「戦いの歌」(75話)♪

2010 - 05/26 [Wed] - 07:28

然而其弟宇迦斯之獻大饗者悉賜其御軍此時歌曰宇陀能多加紀爾志藝和那波留和賀麻都夜志藝波佐夜良受伊須久波斯久治良佐夜流古那美賀那許波佐婆多知曾婆能尾能那祁久袁許紀志斐惠泥宇波那理賀那許婆佐婆伊知佐加紀尾能意富祁久袁許紀陀斐惠泥疊疊志夜胡志夜此者伊能碁布曾阿阿志夜胡志夜此者嘲咲者也【故其弟宇迦斯此者宇陀水取等之祖也】自其地幸行到忍坂大室之時生尾土雲八十建在其室待伊那流故爾天神御子之命以饗賜八十建於是宛八十建設八十膳夫毎人佩刀誨其膳夫等曰「聞歌之者一時共斬」故明將打其土雲之歌曰意佐賀能意富牟廬夜爾比登佐波爾岐伊理袁理比登佐波爾伊理袁理登母美都美都斯久米能古賀久夫都都伊伊斯都都伊母知宇知弖斯夜麻牟美都美都斯久米能古良賀久夫都都伊伊斯都都伊母知伊麻宇多婆余良斯如此歌而拔刀一時打殺也然後將撃登美毘古之時歌曰美都美都斯久米能古良賀阿波布爾波賀美良比登母登曾泥賀母登曾泥米都那藝弖宇知弖志夜麻牟又歌曰美都美都斯久米能古良賀加岐母登爾宇惠志波士加美久知比比久和禮波和須禮志宇知弖斯夜麻牟又歌曰加牟加是能伊勢能宇美能意斐志爾波比母登富呂布志多陀美能伊波比母登富理宇知弖志夜麻牟又撃兄師木弟師木之時御軍暫疲爾歌曰多多那米弖伊那佐能夜麻能許能麻用母伊由岐麻毛良比多多加閇婆和禮波夜惠奴志麻都登理宇加比賀登母伊麻須氣尓許泥

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

「トウカシ」は、心から「イワレビコ」をおもてなしし
「イワレビコ」はたいそうお喜びになり
ご馳走をすべての家来に分け与え
この時に詠んだ歌が…

「『宇陀』の高台に罠をはり
小さな獲物でも良いからかからないかなと待っていたら
罠に何かがかかったよ…
それが何かと見てみたら
とてつもなく大きな獲物がかかったぞ!
これは嬉しいことだ!

小さな獲物でも良いと思い小さな実を餌にして待っていたら
小さな実を欲しがって飢えた大きな獲物がかかったよ」

(この「トウカシ」は、「宇陀」の水を司る祖先とされています)

この地より旅立った「イワレビコ」一行は、
「忍坂(おさか)」の「大室(おおむろ)」という所に着きました。

ここには「土雲(つちぐも)」という沢山の荒くれ神がいて
「イワレビコ」一行を待ち構えていました。

「イワレビコ」は対策を練り
その荒くれ神たちと同じ数の家来に
それぞれの家で食事を共にするように計画し
イワレビコ「私の歌を合図にいっせいに斬りかかるように!」
と申し合わせておきました。

その歌というのは…

「『忍坂』の家々には強者が沢山住んでいる。
でもどんな強者がどんなにいようとも
我等『久米』の猛者たちはビクともしないさ!
我等は鋭い太刀を持っていて
その太刀での戦いを心得ている!
さぁ今だ!斬りかかれ!」

その歌が終わるや否や
家来たちはいっせいに太刀を抜いて土雲の強者共をやっつけました。

そしてその後、
「登美美古(とみびこ)」すなわち
「イワレビコ」の兄「イツセ」を殺した
「ナガスネ」を撃ちに行く前に次の歌を詠いました。

「我が可愛い久米の家来たちよ!
愛しの兄を殺した憎々しい奴をこのまま放っておくものか!
必ずや、あ奴を殺してくれよう」

また次の歌を詠みました。

「我が可愛い久米の家来たちよ!
愛しの兄を殺された悔しい思いはひとときも忘れられない!
このかたきを必ず撃ってくれよう」

また次の歌を詠みました。

「我が可愛い久米の家来たちよ!
伊勢の海に沈む石にこびり付く貝のように取り囲んで
あ奴だけじゃなく皆殺しにしてくれよう」

そう執念深いほどの憎しみの果てに「ナガスネ」軍を撃ち
続いて次に同じ土地で自軍に歯向かう兄弟の軍と戦いましたが
続けて戦ったので戦いが長引き
さすがの「イワレビコ」軍もすっかり疲れ果てた頃に詠った歌は…

「勇ましく強い私の家来たちよ
ある時は走り、ある時は戦い、ある時は守り
さすがに疲れてしまったのか…私たちと志を同じくする者達よ
我々と共に戦ってくれないか」

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「宇迦斯(うかし)兄弟」(74話)♪

2010 - 05/25 [Tue] - 06:59

故先遣八咫烏問二人曰「今天神御子幸行汝等仕奉乎」於是兄宇迦斯以鳴鏑待射返其使故其鳴鏑所落之地謂訶夫羅前也將待撃云而聚軍然不得聚軍者欺陽仕奉而作大殿於其殿内作押機待時弟宇迦斯先參向拜曰「僕兄兄宇迦斯射返天神御子之使將爲待攻而聚軍不得聚者作殿其内張押機將待取故參向顯白」爾大伴連等之祖道臣命久米直等之祖大久米命二人召兄宇迦斯罵詈云「伊賀所作仕奉於大殿内者意禮先入明白其將爲仕奉之状」而即握横刀之手上矛由氣矢刺而追入之時乃己所作押見打而死爾即控出斬散故其地謂宇陀之血原也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

この「エウカシ」と「トウカシ」は
この辺でも暴れん坊で有名な兄弟でした。

そこで「イワレビコ」は、
「八咫烏(やたがらす)」を使いに出しました。

八咫烏「今、この地に『天津神(あまつかみ)』の御子
『イワレビコ』さまがお通りになるが、
おぬしたちは『イワレビコ』さまの家来になるか?」

これに対して「エウカシ」は、
鏑矢(かぶらや)という相手を威嚇するための
音の出る矢を八咫烏に向けて放ち
八咫烏を追い返してしまいました。

その鏑矢の落ちた場所を「訶夫羅前(かぶらざき)」といいます。

「イワレビコ」に仕える気持ちが更々なかった「エウカシ」は、
軍を成して「イワレビコ」に戦うべく仲間を募りましたが集まらず
仕方がなかったので
「イワレビコ」をお迎えしおもてなしする大きな御殿を造って
上辺だけ「イワレビコ」に従っているふりをして
その御殿に様々な罠を仕掛けて「イワレビコ」を待つことにしました。

しかし、その目論見を知った「トウカシ」は
「イワレビコ」の元に行って言いました。

トウカシ「私の兄の『エウカシ』ですが、
貴方様に戦いを挑もうと仲間を集めたのですが集まらず
大きな御殿を造って罠を仕掛け
貴方様をおびき寄せて殺そうとしています」

そこで、大伴氏の祖先であります「ミチオミ(道臣…みちのおみ)」と
久米氏の祖先であります「オオクメ(大久米…おおくめ)」が
「エウカシ」を呼び寄せて大声で怒鳴りつけました。

「『エウカシ』よ!
おぬしは大きな御殿を造って私たちを待っているようだが、
おぬしが我々より先にその御殿に入って
我々への『おもてなし』とやらを見せてみるがいい!」

そう言うと、太刀を握りしめ、
矛を振り回し矢を今にも放ちそうに構えながら
「エウカシ」をその御殿に追いつめました。

「エウカシ」が渋々とその御殿に入っていくと
自分で作った罠に挟まれて死んでしまいました。

その時に流れた血から
この土地を「宇陀の血原」といいます。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「現地で見つけた家来達」(73話)♪

2010 - 05/24 [Mon] - 06:35

時作筌有取魚人爾天神御子問「汝者誰也」答曰「僕者國神名謂贄持之子」【此者阿陀之鵜飼之祖】從其地幸行者生尾人自井出來其井有光爾問「汝誰也」答曰「僕者國神名謂井氷鹿」【此者吉野首等祖也】即入其山之亦遇生尾人此人押分巖而出來爾問「汝者誰也」答曰「僕者國神名謂石押分之子今聞天神御子幸行故參向耳」【此者吉野國巣之祖】自其地蹈穿越幸宇陀故曰宇陀之穿也故爾於宇陀有弟宇迦斯二人

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

「八咫烏(やたがらす)」の道案内により
吉野川の河口に来た「イワレビコ」一行。

そこで梁(やな…竹を編んで魚を捕る漁法)を仕掛け
魚を捕っている人がいました。

イワレビコ「おぬしは誰じゃ?」

ニエモツ「私は『国津神(くにつかみ)』で
『ニエモツ(贄持之子…にえもつのこ)』といいます」
(「ニエモツ」は、阿陀の鵜飼いの祖先にあたります)

そこから更に旅を続けていると
キラキラと光り輝く井戸から
尻尾の生えている人が出てきました。

イワレビコ「おぬしは誰じゃ?」

イヒカ「私は『国津神』で
『イヒカ(井氷鹿…いひか)』といいます」
(「イヒカ」は、吉野氏の祖先にあたります)

そこから更に山の中へ行くと
大きな岩を押し分けて
また尻尾の生えている人が出てきました。

イワレビコ「おぬしは誰じゃ?」

イワオシ「私は『国津神』で、
『イワオシ(石押分之子…いわおしわくのこ)』といいます。
『イワレビコ』さまがおいでになると聞いたのでお迎えに参りました」
(「イワオシ」は、吉野の民の祖先にあたります)

「イワレビコ」は、
それらの者たちを家来にして
更に山奥へと進み「宇陀」という地までやってきました。

「宇陀」には、
「エウカシ(兄宇迦斯…えうかし)」と
「トウカシ(弟宇迦斯…とうかし)」という兄弟がいました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「八咫烏(やたがらす)」(72話)♪

2010 - 05/23 [Sun] - 07:01

降此刀状者穿高倉下之倉頂自其墮入故阿佐米余玖汝取持獻天神御子』故如夢教而旦見己倉者信有横刀故以是横刀而獻耳」於是亦高木大神之命以覺白之「天神御子自此於奧方莫使入幸荒神甚多今自天遣八咫烏故其八咫烏引道從其立後應幸行」故隨其教覺從其八咫烏之後幸行者到吉野河之河尻

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

「タカクラジ」の夢の中でのお話の続きです…

「アマテラス」と「タカミムスビ」に
「葦原中國(あしはらのなかつくに)」行きを
命じられた「タケミカヅチ」は、
自らが行かなくとも太刀「フツノミタマ」を行かせれば…と言いました。

タカクラジ「『タケミカヅチ』さまは、
その太刀を『タカクラジ』の蔵の天井を破って落とそうと言い、
『タケミカヅチ』さまが夢の中で私にこう言ったのです。
『おぬしが朝、目を覚ましたとき
蔵に尊い光を放つ太刀があるはずであるから
その太刀をすぐに熊野にいる天津神の御子に差し上げよ』と…
そこで、朝目覚めるとすぐに蔵へ行き
言われたとおり光り輝く太刀があったので
その太刀を持って駆けつけた…というわけです」

ことの経緯を知った「イワレビコ」は、
明くる晩に夢を見ました。

その夢には「タカミムスビ」が出てきて
タカミムスビ「『イワレビコ』よ、
そなたがいるその土地より奥には
荒々しい神が沢山いるから
間違っても奥へは足を踏み入れてはいけないよ。
これから道案内に『八咫烏(やたがらす)』を差し向けよう。
その『八咫烏』の案内にしたがってついて進めばよい!」
と言いました。

次の日、
夢で教えられたとおり
「イワレビコ」の元に「八咫烏」が現れ道案内をしてくれました。

「イワレビコ」一行は、
「八咫烏」のあとを追い進んでいくと
吉野川(よしのがわ)の河口に着きました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「霊剣…布都御魂(ふつのみたま)」(71話)♪

2010 - 05/22 [Sat] - 06:56

故神倭伊波禮毘古命從其地迴幸到熊野村之時大熊髮出入即失爾神倭伊波禮毘古命冠攸脚黒忽爲遠延及御軍皆遠延而伏此時熊野之高倉下齎一横刀到於天神御子之伏地而獻之時天神御子即寤起詔「長寢乎」故受取其横刀之時其熊野山之荒神自皆爲切仆爾其惑伏御軍悉寤起之故天神御子問獲其横刀之所由高倉下答曰「己夢云天照大神高木神二柱神之命以召建御雷神而詔『葦原中國者伊多玖佐夜藝帝阿理祁理我之御子等不平坐良志其葦原中國者專汝所言向之國故汝建御雷神可降』爾答白『僕雖不降專有平其國之横刀可降是刀【此刀名云佐士布都神亦名云甕布都神亦名布都御魂此刀者坐石上神宮也】

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

兄「イツセ」を失った「イワレビコ」は、
悲しみの心を胸に
一旦その場所を離れ「熊野」の地へ回り込みました。

「熊野」へ来たとき、
巨大な熊が目の前に姿を現し
スッと消えていきました。

この熊は「熊野」に住む強い霊力を持った神、
ちょっとだけとはいえ目にしてしまった「イワレビコ」は
あっという間に気絶してしまい
一緒にいた家来達も1人残らず気を失ってしまいました。

しばらくすると、
「イワレビコ」達が倒れているその場所に
「熊野」の「タカクラジ(高倉下…たかくらじ)」が
一振りの光り輝く尊い太刀を持って現れました。

そして「タカクラジ」は、
寝ている「イワレビコ」の前に立ち
その太刀をかざしました。

するとその太刀の持つ不思議な力によって
「イワレビコ」は正気を取り戻し
「タカクラジ」はその太刀を「イワレビコ」に奉納しました。

イワレビコ「長いこと眠らされていたようだ」

そういうと「イワレビコ」は、
「タカクラジ」が奉納した太刀をとりました。

すると「熊野」に住んでいた荒々しい神たちは
その太刀の不思議な力でバタバタと倒れ
「イワレビコ」と共に眠らされていた家来達は
何事もなかったかのようにムクムクと起き出しました。

「イワレビコ」は不思議に思い、
この太刀を差し出した「タカクラジ」に
太刀を手に入れた経緯を聞きました。

タカクラジ「実は私の夢の中に、
『アマテラス』さまと『タカミムスビ』さまが現れ
『タケミカヅチ』さまに
『葦原中國(あしはらのなかつくに)がとても乱れている…
天津神(あまつかみ)である我が子たちが国を平定しようとしているが
悪い神等に邪魔をされて困っているようだ。
葦原中國はお前が国津神(くにつかみ)から譲り受けた国であるから
ここはひとつお前がもう一度降ってなんとかしてきてくれないか』
と言われましたが、
『タケミカヅチ』さまは
『私が行かなくとも、
あのとき活躍してくれた太刀がありますので
この太刀を私の変わりに降らせましょう』
そう言われたのです。」

(その太刀こそが、
「サシフツ(佐士布都…さしふつ)」
もしくは「ミカフツ(甕布都…みかふつ)」といい
またの名を「フツノミタマ(布都御魂…ふつのみたま)といい
奈良の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」にあります。)

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

食事の不思議♪

2010 - 05/21 [Fri] - 09:28

今日は、古事記の番ですが…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

ある時、先輩夫婦と食事をしていました。

私「先輩って、太らないですよね~」

先輩の奥さん「だってこの人、よく噛んで食べてるもん」

なるほど、よく噛んで食べると太らないんだ…




ある時、両親と食事をしていました。

私「はや!もう親父…食べ終わったの?」

母「いつもこうなのよ…
  ほとんど丸飲みじゃないの?
  だから太れないのよ」

なるほど、噛まないで飲み込むと太らないんだ…




ん?



どっちが太らないんでしょうね?♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

もしも…の時の地鎮祭♪

2010 - 05/20 [Thu] - 10:09

地鎮祭の質問シリーズ(33)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

(ご質問)
兵庫県に住むKと申します。

7月末頃に
地鎮祭を予定しているのですが、
主人の祖母の容態が思わしくありません。

万一の際には、地鎮祭・着工・上棟?などを、
延期したほうが良いのでしょうか。

教えて下さい。
もしもの時の地鎮祭
(お返事)
一般的に、
仏教でいう「49日法要」、
神道でいう「50日祭」の間は、
お祝いごとはさけるとされています。

しかし、どうしても…という場合があります。

明治時代以降に定められた規約によりますと、
「祖父母が亡くなられたときの忌服規程」
忌が30日・服が150日とされていますが、
昭和に定められた規程では、
忌が5日、服はその人の心得に任すとあります。

基本的には、
忌の期間が過ぎていれば、
祓の儀式をすれば良いとされています。

神道での祭事、
もちろん地鎮祭も、
お祭の前に必ず「修祓(しゅばつ)」というお祓いの儀式を行います。

もしも…の場合は考えたくないものではありますが、
考えなければならない…ですよね(汗。

結論としては、
およそ50日経っていれば全く問題はありませんし、
また急いでいる場合は、
1週間以上あけていただければ
地鎮祭をしていただいても構わないということになります。

喪は個人に任せるとありますので、
お婆ちゃんがお亡くなりになったことで
ご主人様の状態が地鎮祭が出きる状態でない場合でしたら、
もう少し延期した方が良いかと思います。

もちろん何事もなく進められるに越したことはありませんが、
以上を参考にしていただきまして、ご計画いただければと思います。

どんなご質問でもお寄せ下さいね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「『イワレビコ』最初の一戦」(70話)♪

2010 - 05/19 [Wed] - 07:32

故從其國上行之時經浪速之渡而泊青雲之白肩津此時登美能那賀須泥毘古興軍待向以戰爾取所入御船之楯而下立故號其地謂楯津於今者云日下之蓼津也於是與登美毘古戰之時五瀬命於御手負登美毘古之痛矢串故爾詔「吾者爲日神之御子向日而戰不良故負賤奴之痛手自今者行迴而背負日以撃期」而自南方迴幸之時到血沼海洗其御手之血故謂血沼海也從其地迴幸到紀國男之水門而詔「負賤奴之手乎死」爲男建而崩故號其水門謂男水門也陵即在紀國之竃山也

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

九州は宮崎から大分へ
本州へ渡り、広島から岡山へ
岡山からも更に更に東へ東へと上っていった「イワレビコ」一行は、
波の荒い鳴門海峡をも越えて
「摂津(せっつ)」の「浪速(なにわ)」の海を渡り
波の穏やかな「白肩津(しらかたのつ)」という浜に来ました。

この時「登美(とみ)」というところに住む
「ナガスネ(那賀須泥毘古…ながすねびこ)」が
軍を従えて「イワレビコ」一行に戦いを挑むべく
待ちかまえていました。

「ナガスネ」軍は
東上してきた「イワレビコ」一行を見つけ
攻めてきました。

「イワレビコ」一行は
船の中に用意してあった楯(たて)を取り
飛んでくる矢から身を守り
岸に降り立って防戦しました。

このことから、この地を「楯津(たてづ)」
または「日下の蓼津(くさかのたてづ)」といいます。

「ナガスネ」軍と戦っているそのとき
「ナガスネ」軍の放った矢が兄の「イツセ」に命中してしまい
大怪我を負ってしまいました。

そこで「イツセ」は考えました。

イツセ「私は『天津神(あまつかみ)』すなわち日の神の子孫、
太陽の方を向いて戦うのは宜しくない。
それ故に『ナガスネ』ごときにやられてしまった…
今度はグルリと回り込んで
太陽を背にして戦い向かい撃とうぞ!」

そう言うと南の方へグルリと向きを変えました。

途中「血沼(ちぬ)」というところで傷を負った手を洗ったので
この辺の海を「血沼海(ちぬみ)」といいます。

そこから更に南へ回り込み紀の国まできたところで…

イツセ「わしはもう駄目だ…
あんな奴らにやられてわしは死ななければならないのか…」

「イツセ」は、そう悔しそうに叫び息を引き取りました。

その雄叫びから、この地を「男之水門(おのみなと)」といいます。
「イツセ」のお墓は、紀の国の「竈山(かまやま)」にあります。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

三種の神器♪

2010 - 05/18 [Tue] - 07:14

今の時代、「三種(さんしゅ)の神器(じんぎ)」といったら
携帯・パソコン・液晶テレビ…といったところでしょうか?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

ずっと昔、戦後の日本で「三種の神器」といったら
洗濯機・冷蔵庫・電気釜

テレビ放送が始まると
(白黒)テレビ・洗濯機・冷蔵庫となり

カラーテレビ・クーラー・自動車と「三種の神器」を「3C」
と呼ぶ時代もあったように
その時代時代で大切なもの…
無くてはならないものを「三種の神器」と呼んでいます。

1日おきに書いています「古事記伝」で
もうだいぶ前になってしまいましたが「三種の神器」が出てきました。

その時に書こうと思っていた話題だったのですが…
少し時期はずれ?今頃になってしまいました。

本来の「三種の神器」は、
・八咫鏡(やたのかがみ)
・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
・草薙の剣(くさなぎのつるぎ)
これらは、「天孫降臨(てんそんこうりん)」で
古事記伝「天孫降臨①」
「アマテラス」が授けたもので皇位の象徴とされています。

歴代の天皇陛下が皇位を継承する際
代々この「三種の神器」を伝え継承されるとされています。

「やたのかがみ」は、
「アマテラス」が「天の岩戸(あめのいわと)」にお隠れになった際
自分の姿を映しだした鏡です。
古事記伝「嘘も方便?」

「やさかにのまがたま」は、
「やたのかがみ」に同じく、
「アマテラス」に岩戸から出ていただくときに奉られたものです。

「くさなぎのつるぎ」は、
「スサノオ」が「八俣の大蛇(やまたのおろち)」を退治した際
大蛇の尻尾から出てきた剣です。
古事記伝「大蛇(おろち)退治」
「古事記伝」に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が登場してから
再び活躍します。

が、そのお話はまたのお楽しみに…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古事記「『イワレビコ』東へ」(69話)♪

2010 - 05/17 [Mon] - 07:25

神倭伊波禮毘古命與其伊呂兄五瀬命二柱坐高千穗宮而議云「坐何地者平聞看天下之政猶思東行」即自日向發幸御筑紫故到豊國宇沙之時其土人名宇沙都比古宇沙都比賣二人作足一騰宮而獻大御饗自其地遷移而於竺紫之岡田宮一年坐亦從其國上幸而於阿岐國之多祁理宮七年坐亦從其國遷上幸而於吉備之高嶋宮八年坐故從其國上幸之時乘龜甲爲釣乍打羽擧來人遇于速汲門爾喚歸問之「汝者誰也」答曰「僕者國神名宇豆毘古」又問「汝者知海道乎」答曰「能知」又問「從而仕奉乎」答曰「仕奉」故爾指度槁機引入其御船即賜名號槁根津日子此者倭國造之祖

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

(これより「古事記…中巻」に入ります)

「イワレビコ」は、
お兄さんの「イツセ」と
高千穂(日向…今の宮崎県にあります)の宮で
その国を治めていましたが、
あるとき家来を集めて話し合いをしました。

「この高千穂の宮があるところは
『葦原中國(あしはらのなかつくに)』の中でも
端っこの方にあるから、
天下を治めるにはここにいては駄目だ…
天下を治めるためには、もっと東の方へ行ったらどうだろうか」

そこで「日向(ひゅうが)」の国を出て
東へと行くことになりましたが、
「筑紫(つくし)」の国へ向かう途中
「豊国(とよくに)」に立ち寄りました。

「豊国」の「宇佐(うさ)」というところでは、
「ウサヒコ(宇沙都比古…うさつひこ)」と
「ウサヒメ(宇沙都比賣…うさつひめ)」という兄弟が
「足一騰宮(あしひとつあがりのみや)」を作って御馳走を振る舞い
「イワレビコ」たちをおもてなししてくれました。

その後「イワレビコ」たちは「岡田の宮」というところに移り
1年ほど過ごしました。

その後「筑紫」の国から「安芸(後の広島県)」の国に移り
「多祁理(たぎり)」の宮で7年過ごしました。

そこから更にさかのぼり「吉備(きび…今の岡山県)」の
「高島の宮」で8年過ごしました。

今度は「吉備」から船に乗って
瀬戸内海を更にさかのぼって進んでいると
明石海峡のあたりで釣りをしている人に出会いました。

「あなたは誰かね?」

そう尋ねると、
「私はこの国の神で『ウズヒコ(宇豆毘古…うずびこ)』といいます」
と答えられました。

「『ウズヒコ』よ、
おぬしはこの海の道に詳しいかね?」

ウズヒコ「はい、良く知っています」

「私たちに仕えて案内してくれんかね?」

ウズヒコ「分かりました、お仕えしましょう」

「イワレビコ」一行は
「ウズヒコ」を船に招き入れ
「サオヒコ(槁根津日子…さおねつひこ)」という名前を与え
道案内をしてもらうこととしました。

「サオヒコ」は、大和の国造(くにのみやつこ)の祖先であります。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

諏訪大社なう♪

2010 - 05/16 [Sun] - 12:36


諏訪大社上社本宮です。
新しく建てられた御柱が奥の方に見えます…

近くまで行きたかったのですが、
今日はお世話になった方のお葬式で、
諏訪大社のお隣のお寺に来ましたので
遠目に失礼して帰って参りました。

お葬式…「ケガレ」です。
「ケガレ」というと、
きたないもの…を想像される方が多いと思いますが、
「ケガレ」…「気(け)枯れ」…「気が枯れた状態」のことを
「ケガレ」といいますから、
「ケガレ」の状態を神社には持ち込みません。

お葬式、悲しい状態、気が枯れた状態ですから「ケガレ」なのです。
死体はきたない…だから「ケガレ」…ではありません。
人の死…悲しい…悔しい…淋しい…「気枯れ」です。

血はきたない…だから「ケガレ」…ではなく、
痛い!!!切った…刺さった…ミスした…いつもと違う…
通常の状態ではありませんから「気枯れ(ケガレ)」なのです。

「ケガレ」の状態は、
お祓いを受けることによって正常の状態に戻ります。

悲しんだり、悔やんだり、痛かったり、恨んだり、恨まれたり…
知らず知らずのうちに、
自分の知らないところで「ケガレ」ている場合もあります。
それを半年に一回お祓いをするのが
6月末の「夏越(なごし)大祓(おおはらい)」と
12月末の「師走(しわす)大祓」です。

今年の「夏越大祓」のご案内は、また改めて♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

宿免稲荷神社♪

2010 - 05/16 [Sun] - 07:42

上穂にあります「赤穂公民館」の西に「稲荷神社」があります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

こ「稲荷神社」を「宿免(やどめん)稲荷神社」と呼び
上穂町・赤須町の皆様が交代でお祭をされています。
宿免2
「宿免」とは、

宿免1

「江戸時代に宿場の費用に充てるために
この地域の年貢が免除されたから」ということだそうです。
宿免3
その昔、町の中心地でもあったこの地域には
宿免4
「鍛冶屋」「提灯屋」「染物屋」「蹄鉄(ていてつ)屋」「印刷屋」に宿免5
「下駄屋」「桶屋」「曲師屋」「判子屋」「畳屋」など、
多くの職人さんたちも住んでいたそうです。

神社・祠を調べると昔の人々の暮らしが見えてきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード