日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2012年02月  

閏年(うるうどし)♪

2012 - 02/29 [Wed] - 06:31

閏年(うるうどし)って、
こんな字を書くのだと改めて勉強になりました(汗。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「うるうどし」(平仮名にします…笑)は、
ご存知のように4年に一度、
2月が29日まである年のことを言います。

2月29日が誕生日の人って、どんな気持ちなんだろう?
なんていう、
素朴な疑問を持ったことのある方もいるのではないでしょうか?

オリンピックの年が「うるうどし」
そう覚えている方も多いと思います。

今日は2月29日ですから
そう今年はオリンピックが開催される年となります。

なんで、通常の2月は28日しかないの?
不思議ではありませんか?

いろんなサイトで「うるうどし」の説明を書いていますが、
如何せん難しくて引用もままなりません。

ですので、わかりやすく書きますと…

西暦の年を、
4で割り切れる年が「うるうどし」なんだそうです。

ですから、今年は2012年、
4で割り切れるから「うるうどし」となります。

そして、4で割り切れる年でも
100で割り切れる年は「うるうどし」じゃないんだそうです。

そしてそして、4で割り切れて100で割り切れる年でも、
400で割り切れる年は「うるうどし」とするんだそうです。

分かりやすくはしましたが
これだけでも、ややこしくて嫌になっちゃいますよね(笑。

これからお話しをすることは、原点のお話しです。

一年、それは、
地球が太陽の周りを一周するのにかかる日数でしたよね。

なんで、一年に一周なのに朝と夜があるの?

こんなこと、普通に生きている限りは、
改めて考えもしないことですが
自転と公転、昔々習ったような気がします(苦笑

地球が太陽の周りを一周する日数は365日と言われていますが
正確には365日ではなく、365.2422日です。

1年で、0.2422日の誤差が出ることになりますので、
それを修正するために4年に一回だけ、
1年が366日の年があるということになります。

1年に0.2422日の誤差、
4年にすると0.2422×4で0.9688日、
4年で1日増やしても0.9688ですから
正確には1日に0.0312足りません…

そこで、4年で0.0312日、
400年で3.12日、
よって前記のように400年の間に3回だけ
「うるうどし」じゃない年を作るというのが根拠だそうです。

しかし、昔の人は凄いですよね…
地球の自転や公転はもちろん分からなかったでしょうし、
太陽の周りを回っていることすら知らなかったでしょうし、
ましてや0.0312なんていう計算すら出来たのかどうか…
そんななか「うるうどし」なんていう法則を見つけ出し
今に至るんですから。。。

以前もお話ししたことがありますが
太陽の暖かさや、夜は暗く昼間明るく…
暗いときは火をたいて灯りをとり…と、
そんな自然の不思議な力を神様として祀(まつ)られたという
尊さを改めて感じます。

お気付きの方もおいでかと思いますが、
前述の細かい計算でも、400年に0.12日の誤差が出ます。

1年に直すと0.0003日ですよね。
この誤差はどうなってしまうのでしょうか?

でも、今一般的に使われている西暦も
ようやくこの周期(400年)が5回転したところで
太古から数えれば、たかだか2000年ですから、
正確に西暦という暦を使い始めたのも数百年
400年後に同じ暦が使われているかどうかすら分かりませんし
地球が同じ速度で太陽の周りを回転し続けているか…
なんていうことも分かりません。

もしかしたら、地球の温暖化や自然破壊などで地球自体が弱り…
怖い怖い…、
怖いことは考えず、
自然の有難味に感謝しましょう(強引?…笑

これでも分かり易く書いたつもりです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

御本殿♪

2012 - 02/28 [Tue] - 06:25

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(最終話)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「御本殿(ごほんでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があり
その左横、神社の中心に「拝殿」が建っていて
その奥に「御本殿」が建っています。
御本殿
「拝殿」の奥に建っていますので
通常は入れない場所にあり
なかなか目にした方は少ないのではないかと思います。

上の写真も、
平成17年に「拝殿」を立て替えた際
旧「拝殿」を取り壊した時に撮った写真です。

大宮五十鈴神社建造物シリーズも最後になりますが
「御本殿」とは、
神様がお鎮まりになっているところ、その建物のことです。

当神社の創立は、応神天皇39年といわれていますが
応神天皇39年とは、西暦に直しますと308年、
今から1700年以上も昔になります。

そして明治の御代、
神社合祀(ごうし)政策の元に当地でも合祀がすすめられ、
明治40年41年の2年にわたり
旧上穂村の8つの神社(いわゆる上穂八社…うわぶはっしゃ)が
当大宮五十鈴神社(当時の伊鈴社)に合祀されました。

明治41年、西暦に直しますと1908年、
西暦と合祀が同じ08年ですので、2008年には
創立1700年と合祀100年の祭典を行いました。

合祀にあわせ、
明治44年本殿建築工事の地鎮祭(じちんさい)が行われ、
翌年大正元年に竣工したとありますから、
現在の「御本殿」は100年以上が経っていることになります。

本殿彫刻

この「御本殿」は、大隅流の大工さんが建築され
龍や獏の立派な彫刻が施されています。

合祀された際に、8つの神社を合祀しましたので
13柱(神様の数え方)の神様がお祀りされています。

①伊鈴社 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
     熱田(あつた)大神
     建御名方(たけみなかた)大神
②白山社 伊弉冉(いざなみ)大神
     菊理姫(くくりひめ)大神
③春日社 天之児屋根(あめのこやね)大神
     建御名方大神
     誉田別(ほむだわけ)大神
④八幡社 誉田別大神
     大鷦鷯(おおささぎ)大神
⑤伊勢宮 天照大御神
⑥八剱社 草薙剣(くさなぎのつるぎ)
⑦白髭社 猿田彦(さるたひこ)大神
     迦具土(かぐつち)大神
⑧日枝社 天照大御神
     大山咋(おおやまくい)大神
     大物主(おおものぬし)大神

合祀された後に分祀された十日稲荷神社の
豊受姫(とようけひめ)大神もお祀りしています。

神様につきましては、
「末社殿」にお祀りされている神様とあわせ、
改めてシリーズにして引き続きお話しさせていただきますが、
合祀された神社の中で
「伊鈴社」の次に古いのが「春日社」です。

創立は767年、
奈良の春日大社の1年前といわれており、
鹿島神宮から春日大社に神様をお遷しする際に
その御分霊が駒ヶ根のこの地を通られた…という社伝があり、
こちらも興味深い史実が伝えられています。

御本殿2

こちらは、拝殿を新築した平成17年のお正月
旧拝殿が取り壊され「御本殿」がポッコリと浮かび上がり
数百年に1度の幻想的なお正月でした。
御本殿3
「御本殿」の前のシャベルカーやテントと比べてみてください。

「御本殿」の大きさがよく分かりますよね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

取壊清祓式♪

2012 - 02/27 [Mon] - 06:44

人生儀礼番外編
建築のお祭りシリーズ(6)♪
今日は、家などの建物を取り壊す際のお祓いのお話です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

更地など、新しい造成地に家を建てる場合は
すぐに「地鎮祭」となりますが、
昔住んでいた家を壊して建て替える場合などは
この「取壊清祓式」を行います。
取壊清祓4
入居の際のお祓いもそうですが、
水回り(トイレ・風呂・台所)を入念にお祓いします。

取り壊すほどに古くなった家ですから、
もう何十年とその家でお暮らしになったのだと思います。

雨に風に寒さや暑さより家族を守り
食事をしたり子供を育てたりと思い出のたくさん詰まった家屋
家の神様やご先祖様に感謝をして
「これから取り壊しますよ」といった報告をし
工事の神様に工事の安全をお祈りします。

家だけではありません。
蔵取壊1
家の宝を長いこと守ってくれた「蔵」など
蔵取壊3
きっと明治の頃の建設でしょうか…
自分の会ったこともないご先祖様が建てたもの
感謝を込めて神事を行います。
工場取壊
こちらは古くなった工場の取壊です。

どんなに古い建物でも
古ければ古いだけ思い出や歴史が詰まっていますので
使われていた方の思い入れは一入だと思います。

感謝の心の込められた大事なお祭の一つです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

拝殿♪

2012 - 02/26 [Sun] - 06:28

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(14)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「拝殿(はいでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があり
その左横、神社の中心に「拝殿」が建っています。
新拝殿
「拝殿」とは、お祭り又は拝礼を行う建物のことをいいます。

拝殿

一般のお参りは、
御社殿の御賽銭箱の前で手をたたいてお参りされますが、
その御賽銭箱の奥にある建物を「拝殿」といい、
ご祈祷などお祓いを受けるときは、この拝殿の中で行います。
拝殿
こちらは↓平成16年に取り壊されました
以前の大宮五十鈴神社の「拝殿」です。

旧拝殿

靴を脱いで中に入っていました。

旧拝殿玄関

拝殿の中は、座っていただく形で
神社の中ですので「あぐら」というわけにはいかず
正座をしてご祈祷を受けていただいていました。

旧拝殿中1

↓の写真にあるように、
建物の真ん中に立っていた2本大きな柱がとても邪魔でした。

旧拝殿中2

大宮五十鈴神社の旧拝殿は、
大正元年に竣工(完成)したとありますが、
その後昭和42年に増築したとあります。

旧拝殿中3

柱がちょうど全体の3分の1くらいのところに立っていましたが
写真で見ても、何でそれっぽっちを増築したの?と思いますが、
それは逆で、それっぽっちの部分が昔ながらの拝殿で、
増築したことにより拝殿はそれまでの3倍の広さになりました。

旧拝殿屋根

度重なる修繕、
又増築による複雑な屋根の構造となってしまい、
ついには屋根の継ぎ足し部分から水が漏り
最終的には屋根全体が腐ってしまったことにより
改築に踏み切らざるおえなかったということです。

平成17年9月、新拝殿が完成いたしました。
栞(拝殿外観)
広さは旧拝殿の約倍となり、
祭祀を行う「幣殿(へいでん)」と、
一般の方が参列する「拝殿」と分かれており、
「幣殿」は板張りで座って御奉仕し、
「拝殿」は石張りで土足のまま入れて椅子に腰掛けます。

新拝殿竣工式

↑こちらは、平成17年9月の竣工式の模様ですが、
上は座礼、下は(見にくいですが)椅子に座っています。

他の神社へ行きますと
だんだんと正座の出来ない(正座が辛い)という人が出てきて
畳の上に胡床(こしょう…祭儀で使う椅子のこと)を置いて座る
なんていう神社も出て来る現状
当社では、総代さんは神職と向かい合った場所に正座
ですが、他社では向かい合った場所に胡床をおいて
座礼と立礼がゴッチャになっている神社もありますから
時代に適った形なのだと思います♪
浦安の舞
例祭に舞われる「浦安の舞」
舞姫さんが8人で舞うことの出来る幅の確保
これも重要視したことの一つです。

これから100年200年と長持ちさせなければなりません♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

テニアン回顧録♪

2012 - 02/25 [Sat] - 06:37

今年度の「北マリアナ諸島戦没者慰霊顕彰事業『慰霊祭』」は
2月21日に斎行されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

成田空港集合時間が2月20日午前8:20
長野から約300㎞、車で約4時間ではありますが
都内を越えていきますので渋滞などの心配もあり
成田へ前泊することにした一行は
伊那谷から車2台(7人)佐久から1人
愛知県と静岡県からそれぞれ1人
計10名の慰霊団が渡航前日の成田に集合することにしました。

【2月19日】私たち伊那谷の7人は、
飯田から1人、添乗員1人と上伊那から5人
車2台に分乗してそれぞれ伊那谷を出発しました。

伊那谷といえども南北に長いですから
まずは小黒川PAにて昼食♪
回顧録ですから(苦笑)こんな写真ですがご勘弁
499.jpg
2月19日は日曜日
日曜日に東京へ行ったことのある人はご存じの通り
夕方になると中央道は自然渋滞を引き起こします…
特に冬ですからスキー帰りの車でごった返すことが予想され
午後3時には大月で渋滞発生…の渋滞予測情報を見て
一路東京を目指しました。

お陰に渋滞に捕まることなく
スムーズに都心に入ることが出来た私たちは
昨日手術された天皇陛下の病気平癒をお祈りする記帳をしに
皇居へ立ち寄らせていただきました。
498.jpg
記帳所を設けられた皇居には
同じ想いの方々が長蛇の列を作って
陛下のご快癒をお祈りしておりました。

その後、私たちは(田舎者丸出しで…笑)
少し遠回りして「pasar幕張」で一休み♪
497.jpg
今宵の宿「成田ビューホテル」に着くと
伊那谷から直行したもう1台と偶然にも一緒になりました。
496.jpg
ホテルにチェックインを済ませた7人は駅前に移動
佐久のI氏、愛知のM氏、静岡のS氏も合流し
全員揃って出陣式を「水産酒場『徳三丸』」で行い
495.jpg
場所をホテルの部屋に移し慰霊祭の話しなどしながら
夜は更けていきました。
399.jpg
【2月20日】成田は今朝も快晴♪
今年の冬は東京も極寒と聞いてはいましたが
398.jpg
信州と同じく車の窓が凍っていました。
397.jpg
毎年のことながら
出国手続きに時間がかかるのは
成田もセントレアも変わりませんでした…
396.jpg
小一時間、出国手続きに時間を要しながらも
全員無事に出国♪
395.jpg
デルタ航空の相変わらずの機内食をいただき
ま、機内食とはこんなものでしょうか…汗
約3時間半のフライトの後、サイパン空港到着♪
394.jpg
サイパンの天気も晴れ…写真はありませんが
昨年までセントレア発真夜中便が多かったものですから
明るい上空の景色がまた格別に映りました。
393.jpg
一年ぶりのサイパン空港内…懐かしい♪
こちらでも小一時間の出国手続きを済ませ
392.jpg
サイパン空港の外へ出た途端に
ドヨ~ンと湿った空気が、また何とも言えず懐かしく(笑
391.jpg
昨年の旅行と今回との大きな違いは
1日目にテニアン島へ移動することで
昨年は夜中にサイパン空港に着き
テニアン島へ渡るセスナは日中しか飛びませんから
サイパンに泊まって次の日にテニアン島へ渡りましたが
今回はそのままセスナ機でテニアン島へ渡りますので
390.jpg
セスナ機の乗り場へ移動しました。
389.jpg
セスナ機は要予約
少し前までは、サイパンからテニアンへ渡る方法は
セスナ機とフェリーとの2通りあったのですが
フェリーが無くなってしまった現在はセスナ機のみ
ということで予約も混み合っており1時間のタイムロス
388.jpg
ここが勿体なかったですかね~
387.jpg
時間つぶしに写真を撮ることが出来ました。
386_20120224114011.jpg
ようやく私たちの順番が回ってきて測量!
少人数で乗るセスナ機は
体重によって席が決まりますので正確に測量されます。
385.jpg
私が初めてセスナ機に乗った時
不安で不安で仕方なかったことを思い出します(笑。
384.jpg
ようやくセスナ機に乗り込んだのは夕方4時半
383.jpg
3便に分かれてテニアン島へ渡りました。
(離陸編)

(着陸編)

轟音をとどろかせて会話にもならない機内の様子は
こちら↑からご覧下さい(笑
382.jpg
こちらは、県外から参加してくれた2人
左が愛知県から参加しくれたM君
右が静岡県から参加してくれたS君
381.jpg
全員がテニアン島に揃ったのは5時を回っていました。
380.jpg
空港を出ると、そこに待っていてくれたのは
今夜の宿「ダイナスティホテル」のリムジン♪
379.jpg
ではなく…マイクロバス(苦笑
リムジンには韓国の方が乗って行かれましたが
この差はなんなんでしょう(笑
378.jpg
この「ダイナスティホテル」に宿泊したのは3回目
377.jpg
それはそれは豪華なホテルです♪
376.jpg
リムジンに乗ることの出来ない貧乏旅行でも
このロビーに入っただけでリッチな気分の浸れたのは
私だけではなかったはずです(笑
375.jpg
チェックインした頃には日も入ってしまっていました。
374.jpg
このホテルは中国資本…ということで
中華のお店もたくさん入っており
きっと中華が美味しかったはずではありましたが…
私たちは大事な約束がありますので、
通称「ガンちゃんレストラン(岩下さんだからガンちゃん)」
正式名「アイランド・ガーデン・レストラン」へ移動♪
373.jpg
当慰霊事業11年目にして初めて
テニアン市長さんを囲んでの会食が実現しました♪
372.jpg
会食パーティーはビュッフェ♪
テニアン島名物のテニアン牛にテニアンペッパー…
釣り名人のガンちゃん釣りたての魚のお刺身などなど
371.jpg
その後、テニアン市長さんご夫妻を囲んで
好きな日本料理やテニアン名物のお話しに始まり
現在のテニアン情勢など多岐にわたりお話しし
あっという間に数時間が過ぎていきました。

私は、お土産として
テニアン市長さんに「信濃鶴」一升瓶をお渡ししましたが
せっかくの機会…写真を取り忘れてしまいました(涙

9時を回り、テニアン市長さんご夫妻がお帰りになったあと
「ガンちゃんレストラン」の屋上に上がり星を見る会♪
テニアンは田舎も田舎、信号もありませんから
夜になると町の街灯も少なく
星が綺麗に見えることでも有名な場所です。
370.jpg
案の定(苦笑)私のカメラでは星は写っていませんでしたが
有名なオリオン座に始まり天の川や様々な星座が見えました。
369.jpg
こちらは、屋上から降りてきて
ガンちゃんの説明を聞いているところですが
奥の方でH氏がかざして見ているもの
368.jpg
ガンちゃん所有のiPad
星座のアプリが入っていて
星座の位置や人工衛星の位置が分かり
ネット社会の凄さをこんな田舎の島でも見せつけられました。
366.jpg
宿に戻ったのは10時
中華料理屋さんもコンビニも閉まっていましたので
それぞれに持ち寄ったお酒とつまみで
明日の慰霊祭の打ち合わせ段取りを話しながら
夜は更けていきました♪
299.jpg
【2月21日】朝8時にホテルをチェックアウト
白衣白袴に着替えた私たちは
不思議なものを見る目に見送られながらホテルをあとにし(苦笑
そのままスーサイドクリフへ移動しました。
298.jpg
この日も素晴らしいお天気に恵まれ気温は上昇
それでも風があり…というか強風が吹いていて
体感温度はそれほど暑くは感じませんでした。
296.jpg
スーサイドクリフに降り立った私たちは
テニアン島に預けてある荷物を紐解き
早速慰霊祭の準備に取りかかりました。
297.jpg
山肌といいますか岩肌には
戦争の傷跡が当時と変わることなく
艦砲射撃の跡が生々しく残っていました。
295.jpg
私たちが建てたこの施設は
ここで手を合わせるとちょうど日本、
靖國神社の方向を向いていることになります。
294.jpg
諸事情を鑑み社殿は建てることが叶っていない施設ですが
慰霊祭では神籬(ひもろぎ)を立てて祭事を行います。
293_20120224135628.jpg
祭壇を組み日本から持ち寄った神饌(しんせん)をお供えし
292_20120224135801.jpg
両国の国旗を立て吹き流しも玉垣に縛り付け
291_20120224135937.jpg
斎場を整えます。
290.jpg
その頃、祭典のご奉仕をする
祭主・祭員・伶人達は着装しますが
強風にあおられなかなか着装がままなりません。
289.jpg
この日の祭主は相棒M(長野県神道青年会副会長)
286.jpg
会員のTと愛知県のM氏・静岡県のS氏が祭員を勤め
285.jpg
私と、同じくOBのH氏が伶人を勤めました。
288.jpg
祭典中の写真はありませんが
284.jpg
碑文朗読に続き君が代斉唱
海ゆかばを歌い終えた頃からポツポツと雨が頬に当たり
スコールが来るのかと上空を見上げましたが雨雲はなく
それ以降雨も降らず不思議な感覚に陥りました。
287.jpg
この大海原と大地に馳せる想い
~日本からこの地を訪れたすべての人々へ~

あなたの純真な心に純粋に美しく映える
この見渡す限りの大空と大海原が
ひととき悲しみに曇り涙に霞んだ真実を忘れること無く
後世に伝えて欲しいと願います・・・

大東亜戦争当時
日本を遠く離れこの島を含め南洋の多くの島々で戦没された
『英霊』や、運命を共にされた当時の在留邦人の多くは、
国家防衛と国民平安の為に尽くされ
祖国の永続と民族の永遠とをひたすらに願い
尊い命を捧げられました

激戦の果てに行き場を失い日本民族の誇りに懸けて
この断崖から紺碧の海に我が子と共に身を投げることなど
我々には想像もし難い事実であります

平和な次代を残す為に
日本人としての生き方を示し遺された先人達に
感謝の心と敬慕の念を以ってお報いする為
慰霊の誠を捧げていただければと存じます

散華された英霊と戦没者の御霊は
祖国に帰り靖國神社にお祀りされております

そして幸せに元気よく今の世を生きている
『あなた』を見守っていて下さいます

帰国後は
この島のこの場所であなたが感じた
見渡す限りの大空と大海原の美しさを
靖國に鎮まる御霊にあなたらしく伝えていただければと願います
283.jpg
夕べの綺麗な星空といい
この綺麗な空に綺麗な海の眺め
当時この断崖から身を投げられた方々の想いは
到底私たちには想い計ることすら出来ませんが
282_20120224142941.jpg
初めて慰霊団に参加してくれた愛知と静岡の二人
281.jpg
また、祭典後この断崖絶壁に立ち
篳篥で「ふるさと」などの日本の曲を奏でていた
初参加のH氏(上伊那雅楽会楽長)も
感じるところは大きかったのではないかと思います。
280.jpg
スコールの心配があるテニアン島ですから
祭典後は手早く片付けをして
テニアン市長さんからの差し入れ
「椰子ジュース」をいただきました。
279_20120224144834.jpg
思ったよりもジュースの量が多く
皆、飲み干すのに悪戦苦闘していましたが
278.jpg
飲み干したあとは椰子の実を割り
中の樹脂?の部分をほじって食べましたが
277.jpg
醤油を付けて食べるとイカ刺しに似ているんだとか…
杏仁豆腐のような味をした不思議な食べ物でしたが
276.jpg
戦時中は、この椰子ジュースを点滴代わりに使ったそうですから
栄養があることは間違いなさそうです。
275.jpg
祭典後、みんなが首から提げている首飾りは
当日都合により参列が出来なかった市長さんからの贈り物
貴重なネックレスをいただきました♪
274.jpg
この時点で11時、一行はガンちゃんの車に乗り島内観光
272.jpg
最初に降りたところは「NKK神社」
通称「日の出神社」南洋興発会社が建てた神社
273.jpg
南洋興発会社といえば
戦前のアジアの日本企業で2番目に大きな会社
(1番目は満州鉄道)サトウキビの栽培をしていたテニアンから
1日1200トンもの量の砂糖を本国に出荷していたそうです。
271.jpg
今では鬱蒼と茂っているように見えるテニアン島ですが
戦時中はナパーム弾が世界で最初に使われ
サトウキビ畑は焼かれ一面焼け野原とされ
そこで蒔かれた種がタガンタガンの木の種
道路を走っていても両側に見えるのはタガンタガンの木
犬小屋を造っても2~3ヶ月で朽ちてしまうという
何のためにもならないタガンタガンは
バーベキューの薪にしかならないんだそうです。
270.jpg
次に訪れたのは通称「潮吹き海岸」
269.jpg
波が打ち寄せるたびに
岩盤に開いている穴から潮が吹き上がります。
268.jpg
テニアン島11年連続11回目の参加となる私
毎回訪れている名所ですが
忘れん坊もときには役立ち、毎回新鮮に見ることが出来ます(笑
267.jpg
こちらは「ノニ」という果実の熟した実
笑っていいともの罰ゲームでも使われたことがある
「ノニジュース」はこの「ノニ」の熟した実のジュース
嗅いだ瞬間に嗚咽するくらいの凄い匂いの強い実ですが
「ノニ茶」という体に良いとされているテニアン産のお茶は
この「ノニ」の根っこを煎じるお茶のことを言います。
266.jpg
日本軍の「弾薬庫」に日本軍司令部跡を見学し
広島・長崎に落とされた原爆を搭載した場所
ハノイ空港を見学
265.jpg
何とも言い表しようのない感情に襲われます
264.jpg
そしてこちらは通称「星の砂海岸」
263.jpg
チュルビーチ、またの名をランディングビーチと呼ばれる
アメリカ軍がテニアン島に最初に上陸した海岸です。
262.jpg
次に訪れたのが「タガ遺跡」
261.jpg
今から3千年以上も昔
タガビーチから運ばれてきた1つ10トン以上もする石が数個
260.jpg
どうやって運んだのでしょうか?
以前は無かった写真が…
259.jpg
ちょうど2週間程前に完成したばかりと言うことで
見たことがないわけです。。。
258.jpg
そして最後に訪れたのが「タガビーチ」
タガの王様のプライベートビーチですが
私たちが訪れた時はちょうど雲がかかっており
晴れると海の色が違うと言うことで…こちらは昨年の写真
257.jpg
透明度が世界でも有数の澄んでいる海の中のテニアン島
今度はもっとゆっくり来て海にも入れればと思います。

早朝より慰霊祭の準備に奉仕、そして島内観光とお疲れ気味
午後1時半を回りいよいよテニアン島からサイパン島へ渡る…
という時にトラブル発生!!
添乗員さんや現地の人たちが慌ただしく電話を掛けています。

なんと、米軍の戦闘機がサイパン島に不時着?…
サイパン空港閉鎖の一報が…

少しすると、航空機の発着は出来ないものの
空港の片隅で離発着するセスナ機は大丈夫とのこと

(離陸編)
明日の出発が心配ではありながらも
まずはサイパン島へ無事に渡ることが出来ほっと一安心

サイパン島手前から
F16米軍戦闘機がオーバーランして止まっている
貴重な映像を撮ることも出来ました♪

(着陸編)
256.jpg
そしてこちらが、その写真です。

このお騒がせ戦闘機のせいで
21日はサイパン空港が一日中閉鎖
日本へ帰る便はもちろん
他国からサイパンへ来るはずだった便も来られず
グアムで1泊された人も少なくなかったそうです。

この時点では、サイパン空港が
いつ閉鎖が解かれるか分からなかったわけですが
不安に思っていても仕方がないので
残りの行程をこなすことに徹しました。
199.jpg
サイパン空港に到着した一行は
いったん今晩の宿「フィエスタリゾート」にチェックイン
速攻でパウパウツアーの車に乗り込みサイパン島内観光に出発♪
198.jpg
最初に訪れたのは「シュガーキングパーク」
サイパン香取神社と
シュガーキング「松江春次」の像があることで有名です。
197.jpg
「松江春次」といえば
南洋興発会社、サトウキビ砂糖工場の設立者で
サイパン島テニアン島の開拓をされた人物
在留邦人のみならず現地の人にも大変親しまれ
戦前造られたこの像も、
戦後日本の敗戦により取り壊されそうになったところを
現地人が人垣を作って「壊さないで欲しい」と懇願したという
逸話が残っている程に親しまれていたそうです。
196.jpg
そしてその一番奥に鎮座しているのがサイパン香取神社です。
195.jpg
次に訪れたのは「ラスト・コマンド・ポスト」
日本軍最後の司令部跡
ここには政府が建てられた慰霊施設もあります。

194.jpg

毎年のことではありますが
我が地元のお酒「信濃鶴」をお供えさせていただきました。
193.jpg
次に訪れたのは、サイパン島のスーサイドクリフ
192.jpg
ここからも身を投げられた邦人が数多く居たと言います。
191.jpg
私たちが今晩泊まるガラパンの辺りにあった女学校
その女学生の多くもここから飛び降りたんだそうで
190.jpg
慰霊碑をお参り致しました。
189.jpg
サイパン島、最後の戦跡巡りは「極楽谷」
188.jpg
極楽と言っても幸せとか楽しいとかいう意味ではなく
187.jpg
近くに小川が流れていて
186.jpg
水不足のサイパン島にあって水が近くにあったから「極楽谷」
本来の最後の司令部跡は「地獄谷」というところにあります。
185.jpg
今回は時間の関係で行かれませんでしたが
183.jpg
どこも同じようなジャングルの中
182.jpg
食料はなく虫を食べたり草を食べたり

181.jpg

暑い中水も無い中を見つからないように逃げ回り
180.jpg
どんな思いでいたのかは私たちには想像もつきません…
現地へ赴いて肌で感じることしかできませんが
今年も有意義な体験をすることが出来ました。

今回の旅行は初日が移動で終わり
慰霊祭当日が最終日ですから
テニアン島とサイパン島の島内観光
戦跡巡りに明け暮れ、とてもハードな慰霊団でありました。
179.jpg
最終日の夕食をホテル内で直会形式で行い
それでも、せっかくサイパンに来たのだからと
引き続き(笑)街中のステーキ屋さんでお肉を頬張り
短いながらも南国を満喫した有意義な旅行となりました。
178.jpg
最終日の出発は、早朝4時半にホテルをピックアップ
サイパン空港が閉鎖解除の兆しがなかったりした場合は
事前に連絡が入るとのことではありましたが
そうは言ってもそれを期待してもいるわけにもいかず
4時起きを覚悟しながらも夜が更けていきました。
099.jpg
【2月22日】寝ぼけたような写真ではありますが
まさしく寝ぼけ眼でありながらも
4時25分、5分前にバスを出発させられたのは凄いこと(笑
098.jpg
結局、サイパン空港閉鎖解除に関するニュースはないままに
空港に到着すると
そこには、昨日出国できなかった方々を始め
私たちの前の便で出国される方々が長蛇の列を作っており…
ただでさえ大変な出国手続きが、より大変なことに
それでも今日中に帰れそうな期待を胸にとりあえず出国
097.jpg
いつ飛び立てるかは分からないままでしたので
とりあえず腹ごしらえ♪
すると食べている間に空港内に飛行機が1機2機3機と
096.jpg
次々に降りてきました!空港閉鎖解除!
グアムで立ち往生していた機もサイパンに到着し
搭乗されていた人も降りてきました。
095.jpg
これがもし1日ずれていたら…
早くずれていたら入国できず…
遅くずれていたら出国できず…
しかも延泊代は個人持ちだったと言うから尚のこと
偶然とは言えラッキーとしか言いようがありません。

とはいえ、そこから燃料補給や機内清掃
そして荷物を載せたりと小一時間は待たされ搭乗
094.jpg
乗った途端に爆睡し
機内食にも気付かず、
到着まで寝ていたのは言うまでもありません。
093.jpg
久しぶり…といっても1日ぶりの日本の景色を見て
改めて充実した有意義なサイパンテニアンの旅を思い返し
空港内で解団式
電車組と別れ、私たちはシャトルバスで
車を停めてありますホテルへ戻りました。
092.jpg
例年ですと、セントレア空港に降り立ち
熱田神宮で報告参拝のあと「蓬莱軒」でひつまぶしを食べ
日本の食事の美味しさに感動する…といったお決まりコース
しかし今年は成田空港
靖國神社を参拝して…と思いましたが飛行機の遅れで叶わず
築地の美味しいお寿司で帰国を祝い
091.jpg
一路、信濃路へと向かいました。

本来でしたら、靖國神社をお参りしたかったのですが
飛行機が2時間遅れ
参加メンバーもそれぞれに帰宅後
総代会にPTAの会議などで時間が無く帰ってきました。

改めて靖國・護国の英霊にご報告はしたいと思いますが
予定が詰まっている中、トラブル発生にもかかわらず
無事に全員が帰国し
今普通に生活していることが不思議にも当たり前であり
英霊の御守護に感謝申し上げる次第です。

11年目を迎えた本年
正直、11年のうちで一番ハードな旅行でしたが
当初と違って現地サイパンとテニアンそれぞれに
在留日本人の方々との強い絆が生まれており
そういった絆にも助けられて旅をすることができたことにも
心より感謝したいと思います。

今回は、諸事情により日程が決まるのが遅かったこともあり
参加メンバーも一番少なかった年でもありました。

2泊3日、このハードスケジュールでは
ご遺族の方々はもちろん
一般参加希望の方を誘うことも出来ませんでしたが
私の周りには、是非行きたいといって下さる方が何名かいます。

是非、今回の反省も踏まえ
よりよい旅行、慰霊事業、慰霊団を組めるようにしたいと
参加者はもとより、会の方でも考えてくれますので
次年度以降も当ブログを覗いていただければ幸いに存じます。

最後まで読んでいただいたことに感謝申し上げ、
今後とものお付き合いを宜しくお願い致しまして
結びとさせていただきます。

特に、一緒に行っていただいた仲間に感謝
ありがとうございました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

井戸清祓式♪

2012 - 02/24 [Fri] - 06:56

人生儀礼番外編
建築のお祭り(5)♪
今日は、井戸工事のお祓いのお話です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

井戸工事には、二通りあります。
井戸の取壊(井戸埋め)のお祓いと、
井戸を新設(井戸掘り)のお祓いです。

井戸は、その昔まだ上水道が常備されていない頃は
私たちの主の飲料水でしたが
年が経ち環境も変わり検査をしてみたら
大腸菌が規定値を上回り…飲料水には適さない、、、
といった検査結果、
いつの間にか使わなくなってしまった井戸が多くあります。
取壊2
こちらは、家の中に井戸があり
家の取り壊しと同時に井戸を埋めてしまったご家庭の井戸。
井戸1
これは、以前埋めてしまいました我が家の井戸
残しておけば、飲料水には適さないにしても
庭の花や木の水やりには利用できる…とも思ったのですが、
新しく建てた家の下敷きになってしまうため埋めることとなり
井戸埋めのお祓いをしました。

私たちの生活になくてはならない水を与え続けてくれた井戸
水の神様、そして井戸の神様に埋めることをご報告申し上げ
これまでの水の恵みに感謝をします。

今でこそ科学や文明の発展により判明されていますが
井戸を埋めると悪いガスがたまるんだそうで
そのガスを吸うと頭がおかしくなるだとか爆発するだとか…

井戸を埋める際は
パイプや竹で必ず息抜きをしてください…
実際の工事に関しては業者の方のほうがお詳しいと思います。
井戸(内堀醸造)3
こちらは埋める…の反対で
「井戸掘り」のお祓いです。
井戸(内堀醸造)1
飯島町の「内堀醸造」さん(醤油などの製造)で
以前行われました井戸掘り清祓式の様子ですが
産土(うぶすな)大神様、井戸の神様、水の神様
そして工事の神様をお招きいたしまして
綺麗な水がたくさん出るように、また
井戸掘り工事の安全をお祈りいたします。

早太郎温泉の掘削工事も
井戸掘りの同じ業者さんでしたが
不思議と雨降りのお祭りが多いですね…(笑

いずれにしましても、
私たちの命の源であります水、感謝の真心を捧げます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

テニアン報告♪(その前に)

2012 - 02/23 [Thu] - 12:08

無事、日本に帰って参りました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

19日、成田に向けて出発
20日、サイパンに向けて出発
予想もつかないトラブルが発生しましたが
無事22日、サイパンを出国することが出来
22日午後5時、駒ヶ根に帰って参りました。

予想もつかないトラブル…それは、、、
http://www.saipantribune.com/newsstory.aspx?newsID=116724&cat=1
こちらは英語のニュースですから読めませんが(汗
21日に米軍のF16戦闘機がサイパン空港に不時着
下の写真からも分かるようにオーバーラン
現地でお聞きした話しによると
空中でエンジントラブルがありエンジン停止
そのままサイパン空港に降り立ち
ブレーキがかからないので操縦士は脱出したとのこと
胴体着陸だったそうですから空港の点検やら
様々な調査?などで21日はサイパン空港が閉鎖
その時テニアン島にいた私たちでしたが
テニアン島からサイパン島へのセスナ機は発着が可能で
何とかサイパン島までは来ることが出来たのですが
夜になってもサイパン空港の閉鎖が解かれず
22日のフライトがどうなるかは不明のままでした。
IMG_0964.jpg
今、他の方のブログとかを見ると
21日にサイパンへ来る予定の方はグアム泊まりだったとか
日本へ帰ってくるはずだった方は帰れず
飛行機会社の責任だった場合は
その延泊料金は飛行機会社の負担となりますが
今回は自腹になってしまったんだというお話しが載っていました。

22日早朝4時、モーニングコールで起こされホテルを出発
もしサイパン空港閉鎖解除の見通しが立たない場合は
事前に連絡があるということでしたので
ピックアップされたということは
出国の見通しが立ったということ…
結局2時間程の遅れはありましたが
無事に出国、日本に帰ってくることが出来ました。

偶然にも、サイパン着の日とサイパン発の日の真ん中の日で
旅程に大きな変動無く帰ってくることが出来
帰宅後に総代会やPTAの会議が入っているメンバーも
ホッと胸を撫でそれぞれ帰っていきました。

そんな貴重な体験も出来ましたが
慰霊祭も無事終わり無事帰って参りましたので
先ずは帰国のご報告まで♪

詳しくは、改めて書かせていただきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

末社殿♪

2012 - 02/23 [Thu] - 06:52

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(13)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「末社殿(まっしゃでん)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側に「古神符納め所」があり
その左横に「末社殿」があります。
末社殿2
「末社殿」は、拝殿の右側にあります。
末社殿1
この「末社殿」は、昭和3年に造られ、
12社のお社が祀られ、
それぞれの神様がお鎮まりになっています。

末社殿1末社殿2末社殿3末社殿4

末社殿5末社殿6末社殿7末社殿8

末社殿9末社殿91末社殿92末社殿93

御社殿、向かって左側から…

①元白山社境内稲荷社(いなりしゃ)
   「豊受姫(とようけひめ)大神」
②津島社(つしましゃ)
   「素盞鳴(すさのお)大神」
③金刀比羅社(ことひらしゃ)
   「大巳貴(おおなむち)大神」
④山神社(やまのかみしゃ)
   「大山祇(おおやまづみ)大神」
⑤秋葉社(あきはしゃ)
   「迦具土(かぐつち)大神」
⑥諏訪社(すわしゃ)
   「建御名方(たけみなかた)大神」
⑦稲荷社(いなりしゃ)
   「稲荷(いなり)大神」
⑧三嶋社(みしましゃ)
   「田心(たごころ)姫大神」
   「市杵島(いちきしま)姫大神」
   「瑞津(たぎつ)姫大神」
⑨松尾社(まつおしゃ)
   「大山咋(おおやまくい)大神」
   「迦具土大神」
⑩伊雑社(いざはやしゃ)
   「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」
⑪天神社(てんじんしゃ)
   「菅原道真公(すがわらみちざねこう)」
⑫青麻社(あおそしゃ)
   「大巳貴大神」

それぞれのお社にお祀りされています神様については、
また改めて書かせていただきますが、
その昔は駒ヶ根市にあったお社が、
または駒ヶ根市の親戚や同業者などでお祀りされたお社が
いつしか大宮五十鈴神社の境内に遷され
神殿は分かれていますが一緒にお祀りされたのが
この「末社殿」です。

それぞれに、由緒や創立年月日は分かりませんが、
御祭神や御社名を見て分かるように
「学問の神様」や「お酒の神様」をはじめ、
様々な御神徳の神様がお祀りされていて、
いつかはお祭を復興させていきたいと考えています。

末社殿灯籠

「末社殿」の前にある灯籠も、良く見ていただくと「月」と「太陽」を象っているように見えます。

昔の信仰に、興味がわきますね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

入居清祓式とは♪

2012 - 02/22 [Wed] - 06:27

人生儀礼番外編
「建築のお祭シリーズ(4)」♪
今日は「入居清祓(にゅうきょきよはらい)式」のお話しです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

前回、「竣工祭(しゅんこうさい)」のお話しをしましたが、
「竣工祭」は工事の終了を神様に報告し
末長く建物をお守りいただくことをお祈りするお祭です。

会社・工場・病院・店舗…様々な建物がありますが
一般住居の場合は「竣工祭」が、
この「入居清祓式」にあたります。

新築のお家を建てられて
「地鎮祭」→「上棟祭」→「入居清祓式」とされる方、
建売で新築のお家を購入された方↓
入居清祓式
中古住宅を購入された方↓
入居清祓
様々なパターンがありますが、
建売の場合も中古住宅の場合も
建てられた方が「地鎮祭」をしたのか分かりませんし
中古住宅の場合は、
「前にどんな方が住んでいたのか分からないので」と
言われてお祓いされる方もいらっしゃいます。

「神棚」が有る場合はその前に机を置いてお供え物を並べ
「神棚」が無い場合は「床の間」に上の写真のように
「神籬(ひもろぎ)」を立ててお供え物を供えますが
今風の家は「床の間」のない住宅が多く
家の中心辺りに机を置いて行うことが多いです。

「入居清祓式」では神事の中で、建物の外(庭)
外から建物を、そして
水回り(台所・トイレ・お風呂場・洗面所など)を初め
各お部屋をお祓いいたします。

家を建てるとき、その土地の上に家を建てるわけですから
土地の神様に挨拶をして「地鎮祭」を行いますが
建売や中古の場合は、その家に住む前の挨拶でもあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

古神符納め所♪

2012 - 02/21 [Tue] - 06:25

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(12)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「古神符(こしんぷ)納め所」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があり
その反対側(末社殿の北隣)に「古神符納め所」があります。
古神符納め所4
「古神符納め所」は
古い神符、つまり一年間(これまで)お世話になりました神符
御札や御守を納める場所です。
古神符納め所3
御札を新しくしたので古い御札を処分したい…
だからといって他のゴミと一緒にゴミ箱へなんてとんでもない
では、どこへ持っていけばいいの?
なんて思ったことがある方は多いと思います。
古神符納め所2
御札や御守だけでなく
神棚や神棚の上にのせてあった縁起物(破魔矢や熊手やダルマ)
なども納めていただいて構いません。
古神符納め所1
基本、御札や御守などは
その御札や御守を受けられた神社やお寺へ
お返しするのが本来ではありますが
その神社やお寺が遠方であったりと
お返しするのがかなわない場合は
当社に納めていただいても構いません。

古くなってしまったお人形さんなども納められる方がいますが
ガラスケースからガラスを外していただき
また燃えないものは取り除いていただいてお納め下さい。
お焚き上げ
納められたものは
1月4日・6月末・12月29日に
お祓いの上お焚き上げをしておりますが
「古神符納め所」が一杯になり次第お焚き上げしますので
いつでもお持ちいただいて構いません。

お焚き上げ料として
お気持ちを正面の御賽銭箱へお納め下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

竣工祭とは♪

2012 - 02/20 [Mon] - 06:22

人生儀礼番外編
「建築のお祭シリーズ(3)」♪
今日は「竣工祭」のお話しです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

「竣工祭(しゅんこうさい)」「ことおえのみまつり」とも言います。

建築工事の終了、完成に伴いまして
御守護に感謝し、これからの建物の安全
事業の繁栄、また家でしたら家族の安寧などをお祈りします。

「起工式」では、
これから工事を始めることを神様に報告し
工事の安全をお祈りするわけですが
「竣工式」では、
工事の安全に感謝申し上げた上で
その建物の用途によりお招きしお願いする神様が違ってきます。

どんなお祭でも現地で必ずお招きするのは
その土地でありその土地に住んでいる人々の守護神であります
「産土(うぶすな)大神」様(その土地の神社の神様)、
「竣工式」では「産土大神」様の他に
建物の神様であります「屋船二柱(上棟祭参照)大神」様
そして議り事・相談事・智恵の神様であります
「八意思兼(やごころおもいかね)大神」様
そして、店舗だったら商売繁盛の神様
病院だったら病気・薬の神様
工場だったらそこで作る製品(金属や紙や布など)の神様など
それぞれの仕事・事業に関係する神様をお招きして
事業の繁栄と作業の安全などをお祈りし
建物の中や各部屋、庭と外からも建物をお祓いします。
社務所竣工式
これは大宮五十鈴神社社務所の「竣工式」で
外から社務所をお祓いしているところです。

起工式(地鎮祭)や上棟祭までは
切麻(きりぬさ)という紙と麻・米・塩をお清めでまくとき
白い紙を切ったものを使いますが
竣工式では5色の紙をまきお清めします。

五行思想の関係だと思います。
(木火土金水・東西南北中・春夏秋冬土用…)♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

記帳♪

2012 - 02/19 [Sun] - 16:15

陛下の快癒をお祈りして、皇居で記帳致しました。


東京は快晴です♪
人気ブログランキングへ ☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

慰霊祭♪

2012 - 02/19 [Sun] - 11:41

明日~私は~旅に出ます~♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

北マリアナ諸島戦没者慰霊顕彰事業
テニアン島スーサイドクリフ「慰霊祭」を行うべく
明日より日本を離れ北マリアナ諸島へ行って参ります。

テニアン島スーサイドクリフ2

ま、今日はもう成田へ行くんですけれどね
成田に前泊
明日の早朝成田から飛行機で
北マリアナ諸島「サイパン島」へ飛び立ちます。

成田から飛ぶのは10年ぶりですね~
現地視察、まだ慰霊施設を建てる前
今回と同じ10人(1人欠席で9人)で
成田に前泊してサイパン島へ行ったことを思い出します。

その年、現地で
サイパン島とテニアン島におきまして
2回慰霊祭を行いました。

と言いましても
慰霊施設を建てるための下見で初めてのことですから
勝手を知らない異国の地に着いたとたんにバスで移動
日本から持っていった祭壇(さいだん)などを組み立て
祭典のご奉仕をしました。

今この10年を振り返っても
一番暑かったのはその時だったように思いますが
これから現地テニアン市庁に乗り込み
テニアン市長さんや北マリアナ政府の役人さん達を相手に
慰霊施設を建てることを説明し承諾をいただくなど
諸手続をする前の不安や希望を押し殺し
メンバーも一心不乱に事にあたっていた緊張を思い出します。

あれから10年、
日航がサイパンからいっさい手を引き
日本からの観光客が激減
10年前からは想像もつかない程の円高
はたまたセントレアからのサイパン直行便が無くなるなど
私たちを取り巻く環境は様々変わりましたが
昔あった史実、歴史は変わることはありません。

私たちは、今の日本の礎を築かれた先人に
そして先人のご労苦に感謝し慰霊の誠をお捧げしに
テニアン島へ行って参ります。

もちろん、テニアン島で亡くなられた方々ばかりが
日本の礎を築かれたわけではありません…
でも私たちはテニアンの地を選び慰霊施設を建て
彼の地で毎年、当時に思いを馳せることを決め
このことから慰霊の誠を、彼の地を訪れる
多くの邦人だけではない観光客にも波及すればと…
様々な思いは語りきれませんが
10年間にわたり慰霊祭を行って参りました。

北マリアナ以外の地ではまた
それぞれの団体の皆様が
それぞれの思いを胸に慰霊の誠を捧げられていますので
いつかどの団体とどこでも構いませんので
現地を訪れてみると必ず日本にいては感じることの出来ない
そんな想いを抱くことが出来ますので参加してみてください。

今やツイッターやフェイスブックやミクシーなど
いろんなツールがありますので
現地から思いをお届けすることが出来れば良いのですが
オジサン…詳細が分かりませんので
携帯の電源は切っていくことにしました(苦笑。

無事に帰ってきてからのご報告を楽しみにしていてください。

それまでは、いつもの如く
ブログは自動更新されますので
今頃何してるのかな~など考えていてください(笑

前回よりは予定が詳しく分かってきましたので書きますが、
今日19日成田のホテルに前泊

20日朝8時成田空港
10時の便で成田を出発
15時にサイパン島到着
そのままテニアン島へ渡り
現地慰霊施設を管理していただいている
ガンちゃんと打ち合わせ後
ガンちゃんレストランで夕食
その後、ガンちゃんレストランの屋上で星を見て
ダイナスティーホテルに宿泊

21日、テニアン島スーサイドクリフにて慰霊祭斎行
昼過ぎまでテニアン島の島内観光
サイパン島へ渡りサイパン島の島内観光をして夕食
フィエスタリゾートサイパンに宿泊

22日、早朝4時10分ホテルをピックアップ
6時半の飛行機でサイパンを出発
9時過ぎには成田に着く…こんな予定です。

きっと、あっという間の旅になると思いますが
旅の模様は帰ってきて落ち着いたら回顧録として
報告させていただきますので楽しみにしていて下さい。

では、行って参ります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

雨水♪

2012 - 02/19 [Sun] - 06:18

今日2月19日は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ
「雨水(うすい)」です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「雨水」とは、暦便覧には
「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」とあります。

冬もピークを過ぎて徐々に暖かくなり
積もっていた雪も凍っていた氷も溶ける頃
雪解け水が蒸発して舞い上がり
やがて雨となって降り出す頃
また、今まで雪が降っていたのが雨に変わる頃
そんな時期のことをいいます。

昔から、農耕(稲作)の準備を始めるのに
雨水を目安としていました。

来月の頭に「ひなまつり」がありますが
この「雨水」の日に雛人形を出してきて飾ると
良縁に恵まれると言われていますので
(もっと早くに言えば良かったですが…笑)該当する方
急いで押し入れから出してきて飾り付けて下さい♪

とは言っても、まだまだ寒い日が続きますね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上棟祭とは♪

2012 - 02/18 [Sat] - 06:00

人生儀礼番外編
「建築のお祭シリーズ(2)」♪
今日は「上棟祭」のお話しです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

「上棟祭(じょうとうさい)」「むねあげのみまつり」とも言います。
上棟祭1
通常は建物の柱や棟・梁などの骨組みが完成して
棟木を上げる際に行う神事です。
上棟祭2
今では少なくなりましたが、神事後にお餅やお菓子などを蒔く
「散餅(さんぺい)の儀」も行います。

一般に「上棟祭」のことを「建前(たてまえ)」と呼びますが、
その土地の守り神様であります「産土(うぶすな)大神」様
家・建物の神様であります「屋船二柱(やふねふたはしら)大神」様
(「屋船久久能遅…やふねくくのぢ…大神」様
「屋船豊受姫…やふねとようけひめ…大神」様
神様のお名前は様々な書き方や1があります)
大工仕事の神様であります「彦狭知(ひこさじり)大神」様
「手置帆負(たおきほおい)大神」様をお招きして
引き続きの建築工事の安全と
立て終わった後の永遠の御守護をお祈りいたします。
上棟祭4
神事の中では、「千歳棟」「万歳棟」「曳々(永々)棟」の掛け声に
棟梁が「おお!」と答えて槌を打つ「槌打ちの儀」が行われます。

写真があっちゃこっちゃして申し訳ありませんが(汗
上の写真は、平成22年の大宮五十鈴神社社務所「上棟祭」で
私が「千歳棟…」の掛け声をかけているところで

上棟祭5

下の写真は、平成17年の大宮五十鈴神社拝殿「上棟祭」で
棟梁が棟木を土で打ち固めているところです。

今では棟梁さんが「上棟祭」を行うことが多いようで
すべての建物の「上棟祭」に私が伺うわけではありませんし
現在流行り?のプレハブ住宅(ハウスメーカー)さんでは
「上棟祭」を省いてしまうこともあるようですが、
昔ながらの伝統、しきたりは面倒でも行っておいた方が
あとあと心配なく安心して暮らせることと思います。

人生で1度経験できるかどうかの貴重な体験です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

十三詣り♪

2012 - 02/17 [Fri] - 06:27

人生儀礼シリーズ(6)
今日は「十三詣り(参り)」のお話しです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


この辺ではあまり耳慣れない人生儀礼「十三詣り」ですが、
生まれた年の干支が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳)
に行われるのが十三参りです。

関東よりも関西の方が盛んに行われているようで
ある地域では、七五三よりも重要行事として行われている…
ということを聞いたことがあります。

「十三詣り」の起源は、
今から百年ほど前から始まったと言われています。

数え年十三歳の男女が、
虚空蔵菩薩にお参りして
「福徳」と「智恵」と「健康」を授けていただく
また「七五三まいり」は11月15日ですが
「十三詣り」は陰暦の3月13日、
現在の4月13日とされています。

現在では、お参りする先も虚空蔵菩薩に限らず、
地元の神社仏閣へお参りされるようで
本来は「氏神様」にお参りする七五三で
お寺へ行くのと同じ、何とも日本人らしいですね。

難波より 13まいり 13里
もらひにのぼる 智恵もさまざま

という歌を聞いたことがある方もいると思いますが
江戸時代の中頃、京都を中心に
近畿一円からのお参りが一般に広がりました。

ご祈祷を受けたあとは、絶対に振り返らないように…
振り返ると、授かった「知恵」をお返ししなければいけない
そんな言い伝えもあるようで
せっかく神様から「知恵」を授かったので
振り返らずに家まで帰っていただきたいと思います。

子供の健やかなる成長をお祈りする親心は
いつまで経っても変わることはありません♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

地鎮祭とは♪

2012 - 02/16 [Thu] - 06:59

人生儀礼番外編
「建築のお祭シリーズ(1)」♪
今日は「地鎮祭(じちんさい)」のお話しです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

「地鎮祭」、「とこしずめのみまつり」ともいい、
土地を鎮め工事の安全をお祈りするお祭で
建築工事や土木工事などを始めるにあたり
工事を始める前に土地の神様に「土地をいじりますよ」
というご報告をし御守護をお祈りします。
建売の地鎮祭
家を建築するにあたり行う「地鎮祭」が一般的ではありますが、
「土地をいじるときは、神様の頭の上をいじるのと同じ」
といわれるように、
家だけではなく会社や蔵などの建物はもちろん
庭をいじったりする際にも「地鎮祭」を行います。
庭地鎮祭2
企業の場合は、「地鎮祭」とはいわず
「起工式」や「安全祈願祭」などと呼んで行います。
日進乳業1
本来は「起工式」「地鎮祭」「定礎式」「立柱祭」…
日進乳業2
というような神事を行いながら工事が進んでいきますが
今では「地鎮祭」か「起工式」に代表して行われています。

神様の頭の上をいじる…とはよく言ったものですが
これは実際にお祭に行った際にお婆さんが言っていたことです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

奉納書画掲示板♪

2012 - 02/15 [Wed] - 06:47

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(11)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「奉納書画掲示板」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っていて
その反対側の突き当たりには「神楽殿」があり
「神楽殿」の東側に「奉納書画掲示板」があります。
奉納書画1
これは昭和40年に「御神木」の東側に建てられてものを
昭和61年に現在の場所に移転しました。
奉納書画2
毎年、9月に行われます例祭に先立ちまして
世話人の方々が書画を募集し張り替えをしてくれます。
奉納書画3
そもそも当奉納書画は
絵を描くのが好きだった祖父(先代宮司)が
地元出身の著名な画家「佐藤雪洞先生」と始めたのがきっかけ
地元の書画を趣味としている皆さんに声を掛け
書画を集めて年に1回張り替えをするようになったそうです。
奉納書画4
70枚の書画を掲示できるスペースがありますが
年々減少傾向にあるとのこと…
「我こそ!」と手を挙げていただける方
氏子外からでも結構ですのでお申し出下さい♪

習字・水彩画・水墨画・油絵なんでも結構です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

バレンタインデー♪

2012 - 02/14 [Tue] - 06:14

今日2月14日は「バレンタインデー」♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

バレンタインデーの由来は、
3世紀にローマで殉教したキリスト教徒の英語名だそうで、
イタリア語で「ヴァレンティーノ」英語名で「バレンタイン」
その物語は…

3世紀当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、
兵士達の戦意に支障をきたすとして若者の結婚を禁じていましたが
バレンタインは若者たちを哀れに思い、
密かに結婚させていましたが、
皇帝がそれを知り、
バレンタインにローマ国教への改宗を迫りましたが、
結局バレンタインはそれを承諾しなかったため
バレンタインは投獄され処刑されてしまいました。

そのバレンタインが処刑された日が、
2月14日だということです。

日本では、
今から75年ほど前
神戸モロゾフ洋菓子店が
英字雑誌に「バレンタインチョコ」の広告を出し、
その後、新宿の伊勢丹で
「バレンタイン・セール」と称したキャンペーンが行われ、
チョコレートの消費量増加に伴ない、
徐々にそのチョコレートを贈る習慣が広まり今に至ります。

甘いものって、別腹とはよく言ったものです。

チョコレートにはテオブロミンという
カフェインと同類の興奮作用のある物質が含まれていて
元気が出るのには根拠があるそうですよ。

今年も本命チョコを(笑)たくさんありがとうございました♪
バレンタイン
当分は、ダイエットは諦めたいと思います(笑♪

毎日少しずついただきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お供え物の質問(4)♪

2012 - 02/13 [Mon] - 06:37

お魚や野菜や果物は、何を準備したらよいでしょうか?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

何がいけない…というわけではありませんので
どんな物でも結構です。

「旬の物が一番」と以前に書きましたが、
今の時代は、ハウス栽培や流通が進み
どんな季節でもいろんな季節の野菜が店頭に並び
季節感がない(わからない)のが現実です。

そんな中でも、春は筍や山菜であったり
夏はスイカや夏みかん、秋は林檎や梨や柿
冬はカボチャや白菜などなど…

特に、お魚なんかは旬が分かりませんよね…

身のまわり、スーパーに一番出回っている物
それを旬だと思ってしまいますが
新鮮で清浄な物であればどんな物でも構わないと思います。
地鎮祭のお供え物2
あと、出来るだけ国産の物を選びますが
一番良いのはご自分の畑で採れたものが最高ですね。

以前、こんなご質問をいただきました。

「おネギなどのにおいの強いもの控えるとお聞きしましたが、
何か理由があるのでしょうか?」

私も「匂いの強いものは避けるように」ということを
聞いたことがありますが、
地鎮祭に葱がお供えされることは良くあります。

「たぶん…」という言い方で申し訳ありませんが
「匂いのキツイものは避ける」というのは
仏教からきたもののように思われます。

仏壇や法事などのお供え物は「精進料理」をお供えされますが
「精進料理」とは、生ものや匂いのキツイものは避け
粗食という意味でニンニクやネギなどの
匂いやアクの強いものは避けるとされています。

「畑で採れた葱を神様にお上げしたい」
ニンニク農家の方が収穫祭でニンニクを神様にお上げする
新物の玉葱が有ったので買ってきた…などなど
旬のものであったり、新鮮なものを
神様にお供えすることはよいことだと思います。

「ドリアン」は駄目でしょうか?
というご質問をいただいたこともありますが
基本的には国内産…と考えると「ドリアン」は外国産
でも、「外国旅行のお土産を是非神様に」とか
「美味しかったので神様にも是非」など
真心がこもっていればどんなものでも良いかと思います。

結局「なんでも良い」という結論になってしまい
Q&Aになっているのかどうなのか(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

紀元節の歌♪

2012 - 02/12 [Sun] - 06:27

昨日のお話しではありますが…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

2月11日は「建国記念の日」
昔は「紀元節」と言っていました。

戦前戦中までは、
その当時に小学校生活を送られた皆さんはご存知だと思いますが、
この「紀元節の日」には、
街の家々の軒先には日の丸の旗が掲げられ、
学校で記念式典が行われました。

そして記念式典では『紀元節の歌』が歌われたと聞いています。

『紀元節の歌』

雲に聳ゆる 高千穂の
高根おろしに草も木も
なびきふしけん 大御世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

海原なせる 埴安の
池のおもより 猶ひろき
めぐみの波に 浴みし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

天のひつぎの 高みくら
千代よろずよに 動きなき
もとい定めし そのかみを
仰ぐ今日こそ たのしけれ

空にかがやく 日のもとの
よろずの国に たぐいなき
国のみはしら たてし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

(紀元節の歌 高崎正風作詩 伊沢修二作曲)

大宮五十鈴神社では、
「建国記念の日」に「建国祭」を行いますが、
そこで昔は「紀元節」と言っていたことなどをお話しし
建国祭の直会では、
総代さんと一緒に『紀元節の歌』を歌います。

今の総代会長さんは
「紀元節の歌」を歌ったことがある…と言って
懐かしそうに歌っておられましたが
総代さんの中には歌ったことがない方もおり…

知っているのは今の総代さんの年代までがギリギリですが、
「建国祭」にはずっと歌い続けていきたいと思っています。

紀元節も、戦争に利用されてしまった感も否めず
戦後は無くなってしまいましたが、
戦後の日本は、敗戦によって、
日本の素晴らしい所も悪い所も一緒くたにして
無くしてしまったように思います。

日本の神話も、戦後小学校の教科書から消えてしまい
先の安倍総理の時代に教育基本法が改正され
教科書に神話が復活…ということを聞きましたが
古き良き伝統・文化は後世に引き継ぎたいですね。

日本の紀元に想いを馳せ、
神話を思い古代昔々に愛着を感じることは、
国を愛する心に繋がるような気がします。

混沌としていた日本を初めて治めた神武天皇さまのご功績と、
そして2671年という長い長い歴史の間、
現在の日本国に至るまで、
その時を生きて日本国の発展に力を注いでこられた、
先人の皆様のご労苦にも感謝し、
又あやかって、益々の国の繁栄を心よりご祈念申し上げます。

紀元節は、かつての祝祭日の中の四大節
(紀元節、四方節、天長節、明治節)の1つです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

建国祭♪

2012 - 02/11 [Sat] - 06:52

今日「2月11日」は、「建国記念の日」です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「建国」を記念する日ということですが、
今日2月11日をなぜに「建国」した日と定められたか…
は、あまり知られていないのが現状です。

そう、それは今から数億年前、
海底の火山の噴火などにより島が隆起して、
今の日本の国が出来たのが今日「2月11日」なのです…
なんていうのは冗談で(笑
しかも、そんなこと誰も分かるわけありません。

今日「2月11日」は、
戦前は「紀元節(きげんせつ)」と言われていました。

「紀元」、歴史上の年数を数える基準です。

それを、今日「2月11日」に定めた意味は、
今日各地の神社で行われる「紀元祭(きげんさい)」
もしくは「建国祭(けんこくさい)」で分かります。

当大宮五十鈴神社では、10時から「建国祭」を行います。

今から2672年前の今日「2月11日」は、
奈良の橿原(かしはら)の里に、
日本初代の天皇陛下「神武天皇(じんむてんのう)」またの御名を
「神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれひこのみこと)」
が御即位した日とされています。

なんでそんな昔のことが分かったのか…
日本書紀の記述によりますと
「神武天皇」が奈良の橿原の里に御即位した日が
『辛酉年春正月庚辰朔』
(かのととりのとしはるむつきかのえたつのついたちのひ)
とあり、暦をさかのぼり
計算されたのが2月11日ということであります。

今年は2012年、
これは西暦で示した年号ですが、
日本には日本ならではの暦(皇紀…こうき)があります。

今年は、皇紀2672年で、
西暦より、660年も長いんです。

西暦、それは
キリストが誕生したとされる年を
元年(がんねん)とする年代の数え方(yahoo辞書より)
」。

今は日本でも、カレンダーや年賀状など、
この西暦を使うことが多くなっています。

みんなで「西暦」を使うのをやめて、「皇紀」を使いましょう!…
なんてことは今更言えませんが、
日本には日本ならではの暦があるということだけでも
知っていただきたいと思います。

今日「建国記念の日は」、
「建国をしのび、国を愛する心を養う日」
と定められていますが、
日本の国の建国を想うとき、
混沌としていた世の中をまとめられ
日本の初代天皇陛下として御即位された
「神武天皇」のご功績をお称え申し上げ、
建国されてから2672年という長い長い歴史の間、
その時代時代を生き活躍された先人、
今の平和な日本という国の礎を支えてこられた
私たちのご先祖様に想いを馳せ、
「日本人で良かったな~」と思う日にしたいですね。

日本という国、文化に誇りを感じてもらいたいと思います♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お供え物の質問(3)♪

2012 - 02/10 [Fri] - 06:21

お供え物は、何に載せれば良いですか?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

白い大きなお皿に載せるのが本式とされています。

白いお皿がなければ、白っぽいお皿でも構いません。

お皿が用意できない場合は、
「中折れ紙」を敷いて「お供え物」をお供えいたします。

「中折れ(なかおれ)紙」とは、
障子紙を三角に折ったものですが、お供え物の下に敷く他に、
手水の際に手を拭いたりする紙をいいます。

4

あくまでも本来はお皿に「お供え物」を載せるのですから
「中折れ紙」はお皿の代用品で、
お皿があれば「中折れ紙」をお皿の上に敷く必要はありません。

それでは、「中折れ紙」の折り方を説明いたします。

①長方形の紙を横長に置きます。(表は下側)。

1

②その右下を、左上に持っていきます。

2

③左上の角を、通り過ぎないようにして折ります。

3

④こちらが、完成形です。↓

4

⑤左上の角を通り過ぎて折ってしまったら、
「弔事」の折り方となり縁起が良くありませんので
お気を付け下さい。

5

⑥また、紙の左下を右上に持っていた折り方も
「弔事」の折り方となりますのでお気を付け下さい。

6

「吉事の折り方」と「弔事の折り方」の覚え方ですが、
折り目が左上に、着物と同じと考えれば宜しいかと思います。

中折れ7 中折れ6

そして「三方」の上に置くときは、
神さまの方から見て
敷いた「中折れ紙」が左前に見えるように、
折り目を神さまの方に向けて置きます。

とがった方を、神さまに向けないように…
と覚えると覚えやすいかもしれませんね。

同じように、
手水(てみず)をした人に「中折れ紙」を渡すときも、
とがった方を向けて渡さないよう折り目を向けて渡します。

どしどしご質問をお寄せ下さい。
皆様のご質問で、当ブログは成り立っています(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 長野情報へ
★☆★にほんブログ村にも参加しています★☆★

数え年とは♪

2012 - 02/09 [Thu] - 06:16

人生儀礼シリーズ(5)として
今日は「数え年(かぞえどし)」のお話しをさせていただきます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

儀礼…ではありませんけれど
前回の「七五三まいり」や
後々の「厄除け」や「年祝い」に関係してきますので
このシリーズに入れることにしました。

普段は「満年齢」という年の数え方をしますが
「数え年」という年の数え方をご存じでしょうか?

自分の「数え年」って幾つか分からないときがありますよね。

「満年齢」は、いつも使っている年齢です。

誕生日が来ると1つずつ年をとる、
その数え方が「満年齢」です。

では、「数え年」はどう数えるのでしょうか?

「数え年」は、神様から魂をいただいた数と覚えて下さい。

「初宮詣♪」のブログで
神道の死生観について少しお話ししましたが
人は産まれると
「産土(うぶすな)大神」様より魂をいただき1歳。

そして、「年神さまとは♪」ブログで書いたように
お正月に各ご家庭にお迎えする「年神さま」から
毎年魂をいただき年を重ねるので
お正月毎に2歳、3歳、4歳、と年を取る
これが「数え年」の数え方です。

ですから、数え年の数え方は、魂をいただいた数で数えます。

この世に誕生し1つ、
それからはお正月に魂を1つずついただく、
つまりお正月に1つずつ年をとる…具体的には
例えば、12月1日生まれのお子さんは、
12月1日に誕生して1歳、
1ヶ月後のお正月で2歳、
でも実際の「満年齢」はまだ0歳、
ですので「満年齢」プラス2歳が「数え年」
誕生日を超えると「満年齢」プラス1歳が「数え年」…

お分かりいただけましたでしょうか?

ということで、
厄除けや七五三、また還暦や古稀や喜寿などの
日本古来の行事を行うのは「数え年」で行います。

年を取るということは
神様から魂をいただく…と昔から考えられていましたので
年神さまから魂をいただくお正月は
日本人にとって重要な行事ということが分かります。

これを読んでいただいた方は、
今年のお正月の迎え方が変わるかも知れませんね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お供え物の質問(2)♪

2012 - 02/08 [Wed] - 06:02

「お供え物」の供え方(並べ方)を教えて下さい。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

少しややこしいお話しで長くなりますが、
正式なお供えの順序をお話しいたします。

神道で、一番大事な(重要視する)のは「御神前」
次に「正中(せいちゅう)」です。

「御神前」は分かると思いますが、
「正中」は耳慣れない言葉かと思います。

言葉で説明するのは難しいですので写真で…

20080105183059.jpg

御神前の中心から、下位に中心を走る線を「正中」といいます。

お供え物の種類や数によって順序が変わってきます。

例えば、前回お話しした地鎮祭などでのお供えを例にしますと
「米」・「酒」・「魚」・「海菜」・「野菜」・「果物」・「塩」「水」
「塩」と「水」は一緒にお供えしますので
「三方(さんぼう…お供えする台?)」
三方は7台になります。

順序は上に書いたとおりになりますが、
1列にお供えするか2列にお供えするかによって変わってきます。

その7台の「三方」を1列にお供えする場合、

お供え物(奇数7)

こういう順序でお供えします。

例えば、「三方」が6台しかないので
「酒」と一緒に「塩」と「水」をのせ6台とした場合は
偶数ですから…

お供え物(偶数6)

こういう順序でお供えします。

なんとなく方法というかノウハウ?はわかりましたでしょうか。

では、おさらいです(笑
神社の祭典のようにお供え物が多かった場合
11台あったとします。

20080106152410.jpg

1.和稲(にごしね・白米)
2.荒稲(あらしね・精米してないお米)
3.御神酒
4.お餅
5.海魚(海のお魚)
6.海菜(かいさい・昆布など)
7.野菜
8.果物
9.菓子
10.嗜好品
11.お塩・お水
と、こうなります。

順序は以上の通りですが、
それぞれお供え物には「向き」があります。

お魚は、頭が正中を向き
お腹が御神前を向きます。

お野菜や果物にも「頭」がありますので
「頭」を正中もしくは御神前のほうに向けます。

野菜や果物の「頭」とは、花が咲く方です。

難しいのは、花がどっちに咲くか分からないような場合
いちいち調べなくても良いですし
間違えたからといってバチがあたるわけではありませんので
ご安心下さい…一応‘決まり’まで。。。

野菜の上位を、神様の方(御神前もしくは正中)へ向けます。

殆どの場合は、神職さんがやってくれますが…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

御神木♪

2012 - 02/07 [Tue] - 06:35

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(10)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「御神木(ごしんぼく)」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があり
その手前に「御神木」が立っています。

御神木1

神道では、どんなものにでも神様は宿っている…
といった考えですので、どんな木にも神様が宿っているわけで
どの木も「御神木」なわけではありますが
一般に言う「御神木」とは、神社の木
しかもその中でも一番大きかったり由緒があったり古かったり
そんなことで決められた1本の木を指します。

大宮五十鈴神社は、拝殿の南側にあり、瑞垣で囲われています。

御神木2

大きな木ですから、必然的に枝も大きく、
枝が大きくなれば冬に雪が降った際に枝折れもしますし、
傷みが激しくなれば枝落とししなければいけない…
ということで、
長年に亘りかなり上の方まで枝落としされています。

御神木3

木というものは、
4分の1だか5分の1だかの枝を残しておかないと
枯れてしまうんだとか…(タッキーさんに聞いてみたいですね♪
当社の「御神木」はギリギリでしょうか(汗。

当地で有名な御神木と言えば
「大御食(おおみけ)神社」の御神木
こちらは3代目ですが太さも大きさも格段の差

大御食御神木1

しかもその「御神木」の元には
その昔「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が手を掛けられたという
由緒が伝えられている「手掛け石」なるものが

大御食御神木2

その「日本武尊」が当地を訪れてから
今年がちょうど1900年ということで
「1900年祭」が計画されています(余談まで。

神社にある木すべてを「御神木」と呼ぶこともあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お供え物の質問(1)♪

2012 - 02/06 [Mon] - 06:45

「お供(そな)え物」は、何を準備すればよいですか?

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
人気ブログランキングへ

神社での祭典の場合と、
地鎮祭など個人のお祭での場合とがありますが、
まずは神社での祭典から…

米(和稲…にごしね・荒稲…あらしね)・酒・餅・海魚・川魚
野鳥・水鳥・海菜・野菜・果物・菓子・塩・水が一般的です。

和稲とは、精米したお米
荒稲とは、籾の状態や玄米をいいます。

ただし、祭典の大小(大祭・中祭・小祭など)によって
米は和稲だけにしたり鳥はお供えしなかったりと
種類や量を変えることがあります。

地鎮祭など、個人のお祭で準備していただく「お供え物」は、
米・酒・魚・海菜(昆布とか海苔)・野菜・果物・塩・水
が一般的です。
地鎮祭のお供え物2
お米のことを「おせんまい」といいますが、
「おせんまい」とは、洗ったお米…ということではありません。

「お供え物」のことを「神饌(しんせん)」といいますが、
「お供えするお米」という意味で「お饌米」
それがいつの日にか、洗ったお米の方が綺麗だからなのか
「おせんまい」イコール「お洗米」が定着し
洗ったお米を準備されていることが多くあります。

もちろん、それが悪いわけではありません。

例えていうなら、
鯛をお供えするときに、そのままお供えするか、
ウロコをとって調理するだけにしてお供えするか…
そんな感じでしょうか…もちろんどちらでもかまいませんが
ようするに心がこもっていれば、
これはいけない…などということはないのです。

以前私が奉職していた神社で、
祭典毎にお供え物を購入する際よく言われたことは、
「旬のものをお供えすること」
「また、いま自分が食べたいと思ったものをお供えすること」

旬で新鮮な食材を神様にお供えすることが大事なのだと思います♪


最近では、地鎮祭などでも
業者さんが「お供え物」を買われるパターンも増えてきましたが、
ご自分達で揃えるところから「地鎮祭」だと思います♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

弓道場♪

2012 - 02/05 [Sun] - 06:27

大宮五十鈴神社参拝シリーズ(9)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は「弓道場」のお話しです。

「鳥居(とりい)」をくぐり、
正面に五十鈴川(通称)の流れを見ながら
その畔の「手水舎(てみずしゃ)」手水をとり
すぐ北側に建っている「敬神生活の綱領掲示板」を見て
その脇の階段を上がると正面に「社務所」があり
参道の中程から左に折れると両側に「狛犬」があり
左右の狛犬の間を抜け階段を上がり「二之鳥居」をくぐり
更に階段を上がって左を見ると突き当たりに「土蔵」があり
その右奥に「弓道場」があります。
弓道場1
この弓道場は昭和6年に造られ
その後昭和33年に再建
昭和56年補修…とあります。

その昔はどのようにして使用していたかは分かりませんが
私の記憶では安土(矢が刺さる場所)が朽ちてしまっていて
長いこと使われていませんでした。

昭和60年、安土を再建
弓道場2
これは当時の宮司(後藤宮司代務者)さんと祖母が
私が高校で弓道を始めたことを機に
寄贈してくれたのを覚えています。
20110923140100.jpg
それから大宮五十鈴神社の例祭には
地元の弓士達が集まって
奉納弓道大会を開催してくれるようになり
弓道場3
例祭に花を添えてくれています。

地元の先生方をはじめ看護大学生も来てくれます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

「立春(りっしゅん)」♪

2012 - 02/04 [Sat] - 06:06

今日2月4日は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ
「立春(りっしゅん)」です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「立春」とは、暦便覧には「春の気たつを以て也」とあります。

暦に「春」という文字が現れただけで
「暖かな春がもうそこに!」なんていう気持ちになりますね♪

暦の上では、
今日から「立夏(りっか)」の前日までが春とされていますが、
この時期は寒さが一番厳しい時期でもあります。

でも今日からは、
目に見えて陽射しが暖かくなりますので、
暖かい地方では梅が咲き始める頃です。

旧暦では、
一年の始まりが「立春」でしたから、
この「立春」を基準に定められた日があります。

「八十八夜(はちじゅうはちや)」
「二百十日(にひゃくとおか)」
「二百二十日(にひゃくはつか)」
など聞いたことがあると思いますが、
これはいずれも「立春」から数えた日数(日にち)をいいます。

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」、
その季節の気配が立ち始める…といった意味で、
暦の上ではそうであっても、
今年の冬はとても寒く
信州でも南に位置する駒ヶ根では雪が少ない方ではありますが
長野県でも北部、そして東北や北陸を中心に
大雪の報道を毎日目にします。

雪が降っても大変…
暖かくなると雪崩などの被害が心配…など
今日より寒さは緩み始めるとは言いながら
気が抜けない日々が続くことと思いますので
心よりお見舞い申し上げます。

「立春」以降に初めて吹く強風を、
「春一番」といいますが、穏やかな春がもうそこまで来ています♪

春が来ない年はありませんから
この寒さも、もう少しの辛抱です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

「節分(せつぶん)」♪

2012 - 02/03 [Fri] - 09:38

今日「2月3日」は「節分」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

「節分」とは、
読んで字の如く「季節を分ける」ということですから、
季節の始まりであります「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の
前日を指します。

しかし現在では、
「節分」といえば立春の前日が代表となっています。

それは、年に4回ある「節分」のうちでも
「立春」を1年の初めと考えていたことから
次第に「節分」といえば冬から春への季節の分かれ目
旧暦の「お正月」、「立春」の前日を指すようになりました。

「立春」を新年と考えれば、
「節分」は大晦日にあたり、
前年の邪気(厄・悪いこと)を祓うという意味をこめて、
「鬼は外!」の豆まきを行います。

「季節の変わり目は風邪をひきやすい」なんて言いますが
昔は季節の変わり目には邪気(鬼)が出ると考えられており、
それを追い払うための悪魔祓いとして
豆まきをする慣わしが出来ました。

なぜ「節分」には、豆をまくのでしょうか?

夏越の大祓のブログでも書いたことがありましたが
水無月の夏越の祓いする人は♪ブログ」
豆には「邪気を払う霊力」があると考えられており、
豆をまくことで豆の霊力で邪気を払い「鬼は外♪」、
福を呼び込む「福は内♪」と考えたのだと思います。

立春は、旧暦のお正月に当たりますので、
節分の日に行う豆まきや厄祓というのは、
12月31日に行う「師走の大祓」
の意味があるのだと思います。

また、豆を自分の歳の数、
地域によっては自分の歳の数に1つ足した数を食べ、
一年の無病息災を願う慣わしがあります。

「もっと食べたい」とだだをこねた子供時代を懐かしく思いますが
ずっと前より年の数が食べきれなくなっています(苦笑。

でも、ここ数年で
「恵方(えほう)巻き」なるものが全国的に流行り出しました。

「恵方巻き」とは、
またの名を「丸かぶり寿司」という太巻きのことです。

この「恵方巻き」は、
大阪が起源となって始まったものだそうで、
節分に恵方の方角を向いて太巻きを食べ、
一言も喋らないで完食すると願い事が叶う、
または幸せが訪れる、
なんていう縁起を担いで行われますが、
ここ信州ではもともとなかった風習「恵方巻き」でした。

そもそも「恵方巻き」は関西で行われており、
それを20年ほど前に広島のセブンイレブンで販売したところ
大ヒット商品となり、
10年ほど前から全国展開され始め、
今では関西のみならず全国で「恵方巻き」が食べられています。

「恵方」とは、
その年の十干(じっかん)によって定められる
最も良いとされる方角で、
その方角には「年神様」が居ると言われています。
(十干については、
「戊子(つちのえね)」のお話し♪を、ご参照下さい)

今年は北北西を向いて食べると良いそうで
七福神に因んで、
かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等
七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるそうです。

皆さんも、「鬼は外、福は内!」豆まきをして
年の数の豆を食べて健康に暮らしましょう♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード