日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2013年06月  

夏越大祓式♪

2013 - 06/30 [Sun] - 06:13

一昨日、総代様により境内に茅の輪が設置されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★グリムス…オゾン層破壊を防ぎましょう★

毎年、「夏越(なごし)大祓式並びに茅の輪神事」に先立ちまして
境内に「茅の輪(ちのわ)」を設置します。

大祓式3

当番区と、次年度当番区の総代様により
近くの川(鼠川)で茅(葭)を採取
茅の輪を作成していただきます。

大祓式4

本来は、6月30日に行われます当行事ですが
せっかく素晴らしい伝統行事をしているのだから
参拝者がなければ始まらない…もったいない…
とのお言葉をいただき
30日以前(最寄り)の日曜日に毎年行っています。

大祓式5

が、今年は最終日曜日が30日
今日の午後3時から執り行われます。

鳥居や手水舎も
夏越大祓バージョンに装飾されました。

夏越大祓式は、半年間知らず知らずのうちに身についてしまった
ケガレや罪を祓い落とし清めます。

ケガレ?とお思いの方もおいででしょうけれど
ケガレは「気枯れ」、そう「気」が枯れてしまうことを言い
気が枯れた状態が続くと病にかかりやすくなるといい「病気」
最近、運気が下がりぎみ?なんていう方は特に
夏越大祓式にご参列いただき「気枯れ」をお祓い下さい。

受付は、本日午後2時半です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

上伊那神社巡り(6)♪

2013 - 06/29 [Sat] - 06:11

続きまして箕輪町の「御射山(みさやま)三社」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「御射山三社」は「御符(みふ)社」「秋宮社」「御旅所」
と3つの御社から形成されています。
御射山御府社1
はじめに「御符社」
御射山御府社2
例祭には神様を御神輿に遷し
「御旅所」にて3日間の祭事を行うのだそうです。
御射山秋宮1
こちらが「秋宮社」
山の森の中にある「御符社」と違い
道沿いですので三社の中でも一番分かりやすい場所にあります。
御射山秋宮2
同じく、例祭には神様を御神輿で「御旅所」へお遷しし
「御旅所」で3日間の神事を行います。
御射山御旅所1
そしてこちらが「御旅所」
御射山御旅所2
その昔は、例祭のたびに毎年仮宮を建て替えられたそうですが
現在ではこのように
御射山御旅所3
立派な御社殿が建っております。

私も以前、お手伝いに伺ったことがあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上伊那神社巡り(5)♪

2013 - 06/28 [Fri] - 06:56

「蕗原神社」の次は「小河内(おごうち)神社」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「小河内神社」は箕輪町東箕輪に鎮座します。
小河内神社1
箕輪町は「中箕輪」「東箕輪」「箕輪」地区に別れています。
小河内神社2
上伊那の中では比較的最近
(といっても10年は経っていますが)
建て替えが行われた神社です。
小河内神社3
大宮五十鈴神社の建て替えの時にも
参考までに総代さんと参拝をさせていただきました。

次は「長岡神社」
長岡神社1
こちらの神社へは
毎年秋祭り宵祭のご奉仕に上がらせていただきますので
毎年の秋に紹介はしておりますが

長岡神社2

宵祭りは暗くなってからですので
こういう写真は紹介したことがありませんでしたが
「長岡神社」名物「ハリギリ」の巨木
長野県指定天然記念物になっている全国でも珍しい木
しかしながら長年の雨風で支えがないと立っていられない状態
この木の存亡が総代会と町で話し合わせているとか…
長岡神社3
しかし、名所となるは「ハリギリ」ばかりではありません。
長岡神社4
上の写真の大きな覆い屋の中には
名工立川流初代「立川和四郎富棟」作の御本殿
やはり覆い屋があると保存状態が良い!
大御食神社にも覆い屋を…が私の夢でもあります。

御本殿は箕輪町の文化財です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

雅楽&コンサート♪

2013 - 06/27 [Thu] - 06:07

雅楽…といっても
我々が吹く素人音楽のことではありません(笑

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

先日、この駒ヶ根市に「東儀秀樹」さんが来られました。

東儀秀樹1

「東儀秀樹」さんといったら知っている方は多いと思いますが
雅楽を世襲する楽家「東儀家」に生まれ
宮内庁雅楽部で雅楽を演奏していましたが
やがて宮内庁から出られ芸能界で活動
篳篥(ひちりき)を中心に笙や龍笛も吹かれ
独自の創作雅楽でCDを制作
アルバムが脚光を浴び
聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

最近では、大河ドラマに出演したりと
いろんな分野で活躍する姿を拝見します。

その「東儀秀樹」さんが駒ヶ根市へ来られるということで
伊那雅楽会メンバーでコンサートへ出掛けました。
東儀秀樹2
会場は駒ヶ根文化会館
今回は笙をお母様「東儀九十九」さんが
龍笛はお姉様「東儀雅美」さんが担当されました。
東儀秀樹3
会場は、1000人くらいは入る大ホールでしたが
私は前から4列目の凄く良い席で拝見することが出来
客席から入場する「東儀秀樹」さんは
手を伸ばせば届くようなところを通り感激!秀樹感激!
私の持ち管は龍笛ですので
お姉様の指移りなどもしっかり見ることが出来ました。

講演は2部構成
第1部は「東儀秀樹」さんの篳篥独奏に始まり
続いてお母様の笙の独奏にお姉様の龍笛の独奏
そして「東儀秀樹」さん自身が「蘭陵王(らんりょうおう)」
を舞われ閉幕、休憩を挟んで第2部
第1部では一言も無かったMCでしたが
第2部では「東儀秀樹」さんがマイクをとり
淡々とした語り口でドカン!と笑いをとる
そんなMCに感激!秀樹感激!

JUPITER(ジュピター)を3管で演奏
洋楽というかポップスというかに
なかなか音が合わない龍笛ですが
これは帰ってすぐやってみよう!と思いました(笑
その後も何曲かの雅楽演奏にうっとり
素晴らしく贅沢な時間を過ごした雅楽演奏会でした。

駒ヶ根にはなかなか来ることがないでしょうね…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

豊受姫(とようけひめ)大神♪

2013 - 06/26 [Wed] - 06:00

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(13)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑬豊受姫(とようけひめ)大神

「豊宇気毘売神」「豊受大神」「豊由宇気大神」
「等由気大神」などの別称を持ちます。

雄略天皇の夢枕に「天照御大神」が現れて
「自分1人では食事もままならない…
丹波の国の比沼真奈井にいる御饌の神を
近くに呼び寄せて欲しい」と言われ
現在の神宮「外宮」にお鎮まりになったというお話が有名ですが
そういったことからも
私たちの生活の元となります
衣・食・住の神様と言われています。

中でも食物・穀物を司る神様であります。

伊弉冉(いざなみ)尊の子、稚産霊(わくむすび)の子供です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

夏越大祓式のご案内♪

2013 - 06/25 [Tue] - 06:15

今年も、早半年が過ぎようとしています。
今月末、全国の神社では、「夏越大祓式」が斎行されます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★グリムス♪オゾン層破壊を防ぎましょう★

当大宮五十鈴神社では、6月30日(日曜日)午後3時より
「夏越大祓式並びに茅の輪神事」を執り行います。

大祓式

「大祓式」とは、半年に1度行われますが
半年間、知らず知らずのうちに身についた罪や穢れをお祓いし
次の半年間を清々しい心と体で過ごすためのお祓いの式です。

6月晦日の大祓式を「夏越(なごし)大祓式」
12月晦日の大祓式を「師走(しわす)大祓式」といい
「夏越大祓式」は、お盆にご先祖様の御霊をお迎えするにあたり
「師走大祓式」は
お正月に祖霊と歳神さまをお迎えするにあたり
心身を清めるお祓いの式のことをいいます。

「夏越大祓式」では、「茅の輪(ちのわ)神事」を行います。

大祓式1

茅の輪(ちのわ)神事のお話ブログ♪
今年も
「水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶというなり」
という古歌を歌いながら参列者と一緒に茅の輪をくぐります。

平成25年6月30日(日曜日)
午後2時半受付
午後3時開式 大祓式に続いて茅の輪神事
初穂料 1家庭 千円

ご近所ご家族お誘い合わせの上、ご参拝下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大国主(おおくにぬし)大神の御本社♪

2013 - 06/24 [Mon] - 06:17

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社

「大国主(おおくにぬし)大神」の御本社は
言わずと知れた「出雲大社(いずもおおやしろ)」です。

出雲大社

「出雲大社(いずもおおやしろ)」は
島根県出雲市に鎮座しています。

今年、伊勢の神宮が20年に1度の御遷宮ですが
出雲大社は60年に1度の御遷宮が行われました。

そういう意味で60年に1度の大変貴重な年なのです♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心(たごころ)姫大神の御本社
⑱市杵島(いちきしま)姫大神の御本社
⑲瑞津(たぎつ)姫大神の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

大神社展♪

2013 - 06/23 [Sun] - 06:05

4月9日~6月2日まで
東京国立博物館で「国宝『大神社展』」が開催されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

もう済んでしまっているんですけれどね(汗
年度当初に、祭祀研修会の1日に組み入れるべく
5月30日に東京へ行くことを決めましたが
なんと、神社本庁協賛員特別祈願祭がこの日
5月30日に明治神宮で行われ、協賛員は
直会の後『大神社展』を拝観するという通知が舞い込み
どうせならば…と、それに同行することを計画しました。

5月30日は朝10時に明治神宮へ行かなければなりませんが
長野を出て行くと都内の渋滞が心配…ということで
前泊することと致しました。

5月29日、午後上伊那を6名で出発
新宿の書道用具屋さん「キョー和」さんでお買い物
手頃な硯がなかったので硯をゲット♪
続いて北区の雅楽楽器屋さん「武蔵野楽器」さんでお買い物
浦安の舞や伊勢の海などを吹く神楽笛をゲット♪
池袋のビジネスホテルにチェックイン。
1
明けて30日、明治神宮を参拝
2
神社本庁協賛員特別祈願祭ということで正式参拝
3
久方ぶりに御垣内に入らせていただくと
学生の頃、座って大祓詞を上げた石畳が懐かしく
感慨も一入な特別祈願祭となりました。
4
直会は失礼し、団体より一足お先に上野入り
上野駅前で昼食をとり「東京国立博物館」へ
5
今年は5月のうちに梅雨入り
今思えば、このときしか降らなかったような雨…
合間を縫って歩いて博物館へ入りました。
6
神社界では、昨年の内から大宣伝を打ち
神社関係者の多くが訪れたと思いますが
中は老若男女、大勢の方でごった返していました。
7
というのも、日本全国各地の神社の御宝物
国宝や重要文化財、国宝級のお宝がわんさわんさ(笑
普段見ることの出来ない御宝物が一堂に会しているわけですから
それはそれは、今流行の言葉で言えばパワースポット
第62回神宮式年遷宮を機に開催された『大神社展』
国宝や重要文化財の展示のみならず
神とは…神社とは…といった掲示もたくさんあり
多くの一般の方の目に留まる素晴らしい機会だと思いました。

詳細は書ききれませんが
『大神社展』のホームページをご覧下さい…
→→→『大神社展』ホームページ←←←
来年は、1月15日~3月9日まで
九州国立博物館での開催が決まっているようです♪
8
時間をかけゆっくりじっくり拝観したあと
上野といえばアメ横、アメ横を散策し帰路に着きました。

たくさんの御宝物に囲まれて
身が清まる『大神社展』拝観の旅でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

養命酒の神様♪

2013 - 06/22 [Sat] - 06:01

先日、養命酒製造㈱駒ヶ根工場の御守護神
祝殿様の例祭が斎行されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

養命酒…といえば全国でも有名

駒ヶ根市に工場があります。
養命酒4
毎年6月に例祭を行いますが
梅雨真っ只中での斎行となりお天気が心配…
養命酒1
昨年同様に台風4号が接近していましたが
何とか小雨の内に例祭を斎行することが出来ました。
養命酒2
一昨年、地鎮祭をして
5
中川村よりお遷し致しお祀りしました蝮(まむし)様
養命酒3
一昨年までは4社例祭としていましたが
昨年より5社例祭となり斎行
養命酒製造㈱様の益々の御繁栄と従業員皆様の御健勝
そして作業事業の安全をお祈り致しました。

昨年は、「ハーブの恵み」スパークリングを紹介しましたが
今年は、この6月3日発売の
「檸檬とハーブのお酒」「林檎とハーブのお酒」を
御神前にお供えし、新商品の新発売も記念し斎行しました。

女性向けだそうですが
体に良いことは間違いありませんからね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

夏至(げし)♪

2013 - 06/21 [Fri] - 09:20

今日、6月21日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「夏至」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

そう、ご存知の通り、
1年で一番日の長い日となります。

あっという間に6月を迎えてしまいましたが、
ふと夕方気が付くと「もう7時を回っているのか~」
なんて思うほど明るい!という思いをしませんでしたか?

まだ6月なんですけれど、
これからは日が短くなる一方なのです(なんか淋しいですね…

暦便覧には、
「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也」とあります。

「一年中で一番昼が長く夜が短い日」のことですが、
地球の反対側では「冬至」ということになり、
日が一番短い日を迎えます。

「日」といえば「お日様」ですが、
「お日様」といえば「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」様
ですから、夏至と神道も深いつながりがあります。

夏至には、日本だけでなく各国各地で
「お日様」の有難さに感謝する「夏至祭」などが行われています。

冬至にはカボチャを食べますが、
夏至に食べる食べ物で定番と言われるものはないようです。

関西では、「稲がタコの足みたいに根をはるように」
といった願いからタコを食べ、
福井地方では、田植えで疲れた体に栄養補給するため
脂ののった鯖を食べるとか、
他にはイチジクの田楽や冬瓜、小豆粥などなど…
北京ではうどんを食べるんだそうですよ♪

いよいよジメジメしてきました…元気の出るものを食べましょう♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行下見(8)♪

2013 - 06/21 [Fri] - 06:15

1泊2日の旅行
2日目に正式参拝を組み込みます♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

なぜ1日目じゃないか?
それは…男性の参加者の楽しみの1番はバスの中でのお酒♪
氏子参拝旅行は総代さんの旅行ではありませんが
正式参拝の前には呑まないのが鉄則となっていますので
道中の長い1日目には正式参拝を組み込みません。
29_20130620161451.jpg
今回も神社をメインに何社もお参り致しますが
正式参拝をするのはこちら「箱根神社」

28_20130620161449.jpg

神奈川県足柄下郡箱根町に鎮座し
神仏分離が行われるまでは「関東総鎮守・箱根権現」と呼ばれ
元宮は箱根駒ヶ岳山頂に鎮座します。
27_20130620161448.jpg
こちらは境内社の「蘇我神社」
26_20130620161446.jpg
「箱根神社」の御祭神は「瓊瓊杵(ににぎ)大神」
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)大神」
「彦火火出見(ひこほほでみ)大神」
25_20130620161445.jpg
石段を登りきると境内が広がり
「箱根神社」御社殿が迎えてくれます。
24_20130620161432.jpg
こちらも境内社「九頭竜神社」
23_20130620161431.jpg
昨晩泊まった「天成園」に御分社がありましたが
その御本社になります。
22_20130620161429.jpg
9つの龍の頭「九頭竜」
この水は、箱根大神の鎮坐す箱根山を源とし
芦ノ湖の御守護神と鎮坐す龍神甘露の水…とありました。
21_20130620161428.jpg
こちらは御宝物殿
1階から3階まである宝物殿
足の悪い方は
4階から「箱根神社」御社殿へ行くことが出来ます。
20_20130620161426.jpg
当日は、芦ノ湖の遊覧船に乗りますので
芦ノ湖湖畔まで下りてみました♪
「箱根神社」といって印象に残っている人がいるとしたら
芦ノ湖から見た、この赤い鳥居ではないでしょうか?

当日も、良いお天気でありますように♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大国主(おおくにぬし)大神♪

2013 - 06/20 [Thu] - 06:07

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(12)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑫大国主(おおくにぬし)大神

「大国主大神」は別名をたくさんお持ちで
「大己貴(大穴牟遅…おおなむち)大神」
「葦原色許男(あしはらしこを)大神」
「矢千矛(やちほこ)大神」
「宇都志国玉(うちしくにたま)大神」
「大物主(おおものぬし)大神」などなど

日本神話にもよく出てこられる神様で
有名なお話では「因幡の白兎」のお話しを紹介します。

大黒様の歌は、皆さんご存知ですよね?

1.大きな袋を肩にかけ 大黒様が来(き)かかると
  ここに因幡(いなば)の白兎(しろうさぎ)
  皮をむかれて赤裸

2.大黒様は哀(あわ)れがり 綺麗な水に身を洗い
  蒲(がま)の布綿(ほわた)にくるまれと
  よくよく教えてやりました

3.大黒様の言う通り 綺麗な水に身を洗い
  蒲(がま)の布綿(ほわた)にくるまれば
  兎はもとの白兎

4.大黒様は誰だろう 大國主命(おおくにぬしのみこと)とて
  国を開きて世の人を 助けなされた神様よ

大国主大神には、たくさんの兄弟がいました。

大国主大神はある時、お兄さん達のお供で旅に出ました。

すると、海岸で皮をむかれた兎が泣いていました。

そこで、大国主大神が優しく声をかけると
兎はその理由を話しました。

その兎は、海の向こう側に住んでいましたが
いつもこちら側に来てみたいと思っており
でも海は広くてとても兎には泳いで渡ることが出来ません。

そこで兎は考え
海に住んでいるサメに
「兎とサメと、どちらの数が多いか比べっこしよう」
と声をかけました。

サメは仲間を集め、兎はサメの上を踏んで数えながら
もう少しで向こう岸に着く!というときに
「お前たちはうまくだまされたね」
と口を滑らせてしまったから大変
最後のサメが怒って
兎の毛をすっかりむしり取ってしまったのです。

痛くて痛くて泣いているところへ
通りかかった大国主大神のお兄さんたちが
「海水を浴びて風に吹かれて寝ると治る」と教えたので
兎はその通りにしたら前よりも
もっと痛くなってしまったというのです。

この話を聞いた大国主大神は
「それは大変だ、今すぐ川に行って、真水で体を洗い
蒲の穂を取って敷きつめ、その上に寝ていれば元のように治る」
と教えました。

兎は、その通りにすると
たちまち元の白兎に戻ったので大喜びしました。


これが良く皆さんが知っている「因幡の白兎」です。

他にもいろいろな神話がありますが
「大国主大神」は国内平定・国土経営修理・天下巡業・農業
国土の保護・医薬温泉の神などなどといわれています。

国ゆずりが最も有名でしょうか♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

氏子参拝旅行下見(7)♪

2013 - 06/19 [Wed] - 06:31

1日目の参拝行程を終え最後の下見は旅館。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

これも毎年書いていることではありますが
当旅行は400人を超えることもあり
バスが10台列なっての旅行となります。

通常の団体旅行のイメージは
全部のバスが列なって一緒に行動し
同じ箇所で休憩を取り同じホテルに入り…といったことを
イメージされる方が多いと思いますが
当旅行は、休憩もバラバラなら寄るところも最低限一緒なだけ
ホテルも分宿…
というのは、バス毎の宴会が希望なので
よほど大きなホテルでない限り
バスの台数分だけ宴会場を確保できないということから
いくつかのホテルに別れて泊まることになるのです。

今回は宿泊が箱根、ということで
箱根といえば観光地
しかも11月といえば紅葉も始まり観光トップシーズン
更に、家族旅行がメインとなりつつある昨今
いくつかのホテルを下見させていただきました。

そして今宵、私たちが泊まったのは「天成園」
39_20130618165926.jpg
箱根の申し合わせというか建物の高さに制限・規制があって
横に長いホテルが多いということでしたが
こちらも細長い感じのホテルでした。

36_20130618165923.jpg

敷地内には、箱根神社の九頭龍明神をお祀りする
御分社「玉簾(たまだれ)神社」が鎮座
37_20130618165924.jpg
こちらはその脇にある「玉簾の瀧」
夜には、幻想的な姿にライトアップされていました。
38_20130618165925.jpg
そんな前置きをさせていただき(笑)
35_20130618165910.jpg
当日の料理を確認させていただきながら戴いたお酒は
34_20130618165909.jpg
お料理も抜群、館内は清潔そのもの
スタッフの応対もかなり訓練されていて
お風呂のサービスも行き届き文句なしの設備
33_20130618165908.jpg
各階にこんなスペースも設けられていたりと
私も下見を含めいろんな宿に泊まっていますが
最高級のお宿でした♪
32_20130618165906.jpg
朝食(バイキング)を戴き
31_20130618165905.jpg
更に宿の下見を重ね
2日目の行程がスタートしました。

いよいよメイン、箱根神社へレッツゴー♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

落語三昧♪

2013 - 06/18 [Tue] - 06:57

毎年、駒ヶ根市で「柳家喬太郎師匠」が独演会を行います。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

主催は「喬太郎を駒ヶ根へ呼ぶ会」通称「喬駒会」
しかし…今年は勝手が違いました。

と言いますのは、毎年独演会を行わせていただいている
駒ヶ根市の町中のお寺「安楽寺」さん
1
「安楽寺」さんも独自で様々な公演会を行っていますが
その公演会が33回目と言うことで
33回忌をもじって33回喜とし
3夜連続の落語会を企画されました。

公演会チラシ

私は、喬駒会のスタッフとして3日間お手伝い
1日目は我等が「柳家喬太郎」師匠と
三味線のえり師匠と紙切りの二楽師匠
2日目は「土橋亭里う馬」師匠(立川流新代表)
3日目は「桂文我」師匠(上方落語家)

これだけでも十二分に贅沢な落語三昧ですが
何と、今回は…「喬太郎」師匠の公演の明くる日の昼間
「喬駒会」スタッフだけにサプライズ講演会を
当大宮五十鈴神社社務所にて行っていただきましたので
それはそれは贅沢極まりない落語三昧の日々となりました。

そこで題目は…(ここからは私自身の覚書のようなものですが)
2
1日目の喬太郎師匠の1席目が
身元不明の亡骸(なきがら)に出会った八(はち)は
その亡骸が親友の熊公であることを悟り
大変だ、あいつには身寄りがないから
本人に引き取らせないと…といったことから始まる話
「粗忽長屋(そこつながや」

えり師匠と喬太郎師匠によります寄席囃子の後
二楽師匠の紙切り
フクロウの親子など、即興でお客さんのリクエストに応え
漫談?をしながら紙を切るのは圧巻でした。

喬太郎師匠の二席目は
長屋に住む八五郎が
ある日、隣の家(部屋)から女性の声が聞こえてきたので
穴から覗いて見ると、そこには若い女性の姿が…
明くる日、隣人を問い詰めると
あれはこの世のものではない、釣りをしていたときに
見つけた髑髏(しゃれこうべ)を手厚く葬ったところ
その骨が幽霊になって御礼に来てくれたのだと…
そこから始まる話「野ざらし」

そして2日目の昼間の特別講演会
3
喬太郎師匠の1席目が
4
ある日、毎日蕎麦屋に通う見慣れない男の食いっぷりに見惚れ
そばを何枚食べられるか賭をした江戸っ子達の話「そば清」

そして、1日目と同じく
5
えり師匠と喬太郎師匠によります寄席囃子の後
二楽師匠の紙切り
今度は間近で見られましたが
そのクオリティーの高さにビックリ

6

ワンピースのチョッパーに
エンゼルフィッシュといったリクエストを切り
7
切りながら笑わせてくれる話をするといった離れ業
喬太郎師匠曰く、人間国宝間違い無しということですから
楽しみにしています♪

そして喬太郎師匠の2席目は創作落語
お爺ちゃんが、ハワイに住んでいる初恋の人に
孫と一緒に会いに行くといったお話で
感動して涙が出るといった感動の落語「ハワイの雪」

そしてその晩、安楽寺さんでの土橋亭里う馬師匠独演会
8
里う馬師匠は、立川談志の一番弟子
談志亡き後、立川流の新代表というお方
1席目は、素人芝居のお話で
いよいよ開演、ところがいつまでたっても幕が開かない
実は、出演するはずの一人が来られなくなったのことで
その代役に抜擢された飯炊きの権助の話「一分茶番」

2席目は、ご住職あえてのリクエスト
泥酔したお侍さんがチャンバラを始めて
ふとした拍子に相手を斬ってしまい当人も切腹
酒が災いしたことに始まった不幸
ならば藩内に禁酒令を出しましたが
隠れて酒を飲む輩が続出し…といった話「禁酒番屋」

3日目は、上方から桂文我師匠独演会
9
もともと多くの落語家さんを知っているわけではありませんが
さすが上方、テンポの良い語りに引き込まれていきました。

まずは前座、呂竹さん
植木屋さんのお話で、ある夏の日の仕事終わり
その家のご隠居に一献誘われて上等なお酒で
美味しい肴をつまみながら
上品な奥方とのやりとりを見た植木屋が
自分の嫁さんに奥方の真似をさせようとしたお話「青菜」

引き続き文我師匠の1席目
義太夫節(略して義太夫)が大好きな大家の旦那
ある日、旦那が義太夫の会を催そうと使いの者を走らせたところ
ことごとく断られ、機嫌を損ねてしまった旦那
長屋の住人には出て行けと、店の店員にはクビだと言うと
慌てた住人と店員が旦那の義太夫を聞く話「寝床」

2席目は、上方落語の演目の1つ
伊勢参りの帰り道、京都から大坂の帰路のお話
伏見街道を下り、寺田屋の浜から船に乗る際番頭をからかったり
船が出るときのやりとりや川辺の遊女との掛け合いなどを語った
「三十石夢乃通路(さんじっこくゆめのかよいじ)」

スタッフでしたので、下足入れ袋を配ったりと立ちっぱなしで
次の日、足は棒のようでしたが
楽しい楽しい夢の3日、落語三昧でした♪

こんな贅沢は二度と無いでしょう(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大山咋(おおやまくい)大神の御本社♪

2013 - 06/17 [Mon] - 06:30

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社

「大山咋大神」の御本社は、「日吉大社(ひよしたいしゃ)」です。

日吉大社東本宮

「日吉大社(ひよしたいしゃ)は、滋賀県大津市に鎮座します。

「東本宮」と「西本宮」があり、
「大山咋大神」は、東本宮にお祀りされています。

お参りしたお参りしたいと言い続け…
まだお参りできていません(涙♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心(たごころ)姫大神の御本社
⑱市杵島(いちきしま)姫大神の御本社
⑲瑞津(たぎつ)姫大神の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

日本会議長野南信支部総会♪

2013 - 06/16 [Sun] - 06:40

今日6月16日午後1時半より
飯田市鼎文化センターで表記総会が開催されます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

総会に併せ、記念講演会も開催されます。
髙橋史朗先生
皆様挙ってお出かけ下さい♪

大変聞きやすく腑に落ちるのが髙橋先生のお話です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大山咋(おおやまくい)大神♪

2013 - 06/15 [Sat] - 06:42

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(11)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑪大山咋(おおやまくい)大神

古事記によりますところでは
「素盞鳴(すさのお)大神」の子供であります
「大年(おおとし)大神」が
「天知迦流美豆比売(あめのしるかるみずひめ)大神」と
結婚して出来た子供で
またの名を「山末之大主(やますえのおおぬし)大神」
「鳴蕪(なるかぶら)大神」といいます。

比叡山延暦寺、また天台宗の御守護神
また江戸時代には徳川家の氏神とされていました。

大年大神様は各ご家庭で
毎お正月にお迎えされる尊い神様です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

祭式講習会♪

2013 - 06/14 [Fri] - 06:59

12日から、3日連続で祭式講習会♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…リサイクルしましょう★

場所は上伊那招魂社社務所
祭式講習会
そんなわけで、今日が最終日です♪

予約投稿していますが、きっとヘトヘトになっているはず…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

氏子参拝旅行下見(6)♪

2013 - 06/13 [Thu] - 06:23

渋滞に始まり押し気味な日程
いくつか端折りながら1日目最後の神社参拝♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

神奈川県小田原市の「報徳二宮(ほうとくにのみや)神社」
49_20130611165414.jpg
こちらも本番での参拝は未定
48_20130611165412.jpg
神社参拝旅行とはいえ
神社も1日1社か2社お参りすれば充分…
お腹いっぱい(笑)という方もおいでですので
バス毎に決めていただく形になると思います。
47_20130611165410.jpg
御祭神は言わずと知れた「二宮尊徳(そんとく)翁」
誰?と思われる方でも、幼少の頃の名前を聞けば分かります。
44_20130611170600.jpg
写真はちょっとぼけてしまっていますが(汗
「二宮金次郎(金治郎・きんじろう)」
46_20130611165409.jpg
数多くの逸話が残されていますが
有名なところでは…
子供の頃、わらじを編んでお金を稼いだ
荒地に菜種をまいて収穫した種を菜種油と交換し
それを燃やして勉強をした
そんなところから勤勉の象徴でもあります。
45_20130611165407.jpg
ご両親が早くに亡くなり、伯父の家に預けられた尊徳は
荒れ地を復興し、田畑を小作に貸し出すなどをして生家を再興
43_20130611170559.jpg
地主経営を行いながら武家奉公人としても働き
奉公先の小田原藩家老の家で財政を立てなおし
また小田原藩大久保家の分家を立てなおし
更には天領の経営をも行い
その方法は「報徳仕法」として語り継がれ
小田原のみならず各地でその手法が用いられたそうです。
42_20130611170557.jpg
そんな「二宮尊徳」亡くなった後
尊徳に「従四位」が贈られると
尊徳の生地であります小田原の小田原城址に創建されました。

時間が遅かった為、授与所も閉まっていて
我々が境内を出ると同時に門は施錠されました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

迦具土(かぐつち)大神の御本社♪

2013 - 06/12 [Wed] - 06:51

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社

「迦具土大神」は火の神様です。

火防(ひぶせ)の神様の御本社ということで
「秋葉山本宮秋葉神社(あきはさんほんぐうあきはじんじゃ)」
を御本社とさせていただきます。

秋葉4

「秋葉山本宮秋葉神社」は、静岡県浜松市に鎮座します。

秋葉5

合併前は、周智郡春野町と言っていました。

秋葉神社

「迦具土大神」が祀られている神社として
京都の「愛宕(あたご)神社」も有名です。

私はまだお参りしたことがありません<愛宕神社♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心(たごころ)姫大神の御本社
⑱市杵島(いちきしま)姫大神の御本社
⑲瑞津(たぎつ)姫大神の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

氏子参拝旅行下見(5)♪

2013 - 06/11 [Tue] - 06:37

次も、本番での参拝は未定の神社
「江島(えのしま)神社」をお参りしました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

神奈川県藤沢市に位置する「江島神社」
島は「江の島」ですが、神社は「の」が入りません。
69_20130609163737.jpg
島に架かる橋を車で渡り駐車場に車を停め
68_20130609163735.jpg
「瑞心門」をくぐり「江島神社」を参拝
67_20130609163732.jpg
島は小高い丘?山?状になっていて
エスカーという昇りオンリーのエスカレーターがあり
乗り継いでいくと「辺津宮」「中津宮」「奥津宮」
をお参りすることが出来ます。
66_20130609163730.jpg
もちろんエスカーを使わなくてもお参りできますが
時間短縮の為(といっておきます)エスカーを利用
65_20130609163728.jpg
日本三大弁天の1つに数えられている「江島神社」
64_20130609165407.jpg
御祭神は弁天様と同一視されている
「銭洗弁天」でもご紹介の「市寸島比賣命」はじめ
63_20130609165406.jpg
「田寸津比賣(たぎつひめ)命」「多紀理比賣(たきりびめ)命」
3つの御社の総称を「江島神社」といいます。
62_20130609165404.jpg
時期的には1ヶ月ほど早く「茅の輪」があり
多くの参拝者で賑わっていました。
60_20130609165402.jpg
高台だけあって、そこからの景色は最高
61_20130609165403.jpg
山猿にはたまりません(笑

59_20130609170256.jpg

境内の奉安殿には
「裸弁天」として有名な
「妙音弁財天」と「八臂弁財天」が安置されていました。
58_20130609170254.jpg
せっかくですから「中津宮」へ
57_20130609170253.jpg
そして「奥津宮」へも…と足を伸ばしましたが
後悔したことは言うまでもありません(苦笑
56_20130609170252.jpg
昇ったり下ったり…を繰り返し
55_20130609170250.jpg
しかも驚いたことに
島全体が「江島神社」の境内かと思いきや
民家も建ち地番も定められ郵便配達もされていました。
54_20130609171011.jpg
「奥津宮」の拝殿天井には「八方睨みの亀」が描かれています。
53_20130609171009.jpg
昔々、五頭龍という5つの頭を持ち
村に村人に悪さを繰り返す
それは悪い悪い怪物がいました。

山崩れを起こし田畑を荒らされたり
子供達を食べられ村を火の海にされたり…と
困り果てた村人達は人身御供(生け贄)を差し出し
何年も災いから逃れていましたが
天上からその様子を見ていた天女様(弁天様)
海岸に神の島をお造りになり降りられました。

美しい天女様に一目惚れしたのが悪の五頭龍
こともあろうに天女様に求婚
もちろん天女様はこれまで村人にしてきた
仕打ち悪さの数々をを知っていますから
求婚を断り、これまでの悪戯を振り返り
反省することを促しました。

反省した五頭龍は
心を改め、これからは村の為村人の為にと
精一杯尽くすからと再度求婚
それならば…と求婚を受け入れた天女様
喜んだ五頭龍は
それからというもの
村人が雨を欲しがれば雨を降らし
村に台風が来ると台風を跳ね返し村を守り
村に津波が押し寄せれば体を張って村を守り
村人は大喜び、しかし…
元来「悪」の五頭龍は
良い行いをすると次第に体力が衰えていく体質
村を守るたびに体力が衰えていきました。

やがて、死期を悟った五頭龍は
江の島を眺められるようにと
江の島の対岸の山となり
いつまでも江の島の守り神としてお鎮まりになりました。
(江島縁起より)

52_20130609171007.jpg
そんな神話が残る江の島
奥津宮の更に奥には「龍宮」があります。
51_20130609171005.jpg
島の中にはレストランやお土産物やさんなど
たくさんの商店もありました。
50_20130609171003.jpg
後は来た道をひたすら帰り
涼しさすら感じる季節に大汗をかいた参拝でした(笑♪

本番でみんなをお連れしたい気持ちが高まりました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行下見(4)♪

2013 - 06/10 [Mon] - 06:03

鎌倉散策をメインに…
とも思っていましたが
大型バスを停めてお参りできる神社仏閣は
「鶴岡八幡宮」と「鎌倉の大仏」くらいのようです(涙

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

鎌倉といったら名所はたくさんありますが
「銭洗(ぜにあらい)弁財天」として有名な
「宇賀福(うがふく)神社」をお参りしました。
79_20130605165340.jpg
事前に道を聞くと
大型バスでは行かれない…と聞く通り
私の車がやっとやっとの細い道
78_20130605165338.jpg
住宅街を抜けて行くようなところ。
77_20130605165337.jpg
そして、このトンネルを抜けたところに
76_20130605165336.jpg
「宇賀福神社」がありました。
75_20130605165334.jpg
この奥宮、洞窟の中に湧き出る清水で
硬貨を洗うと増える!と伝えられているところから
銭洗弁天の名で知られていますが
74_20130605165304.jpg
こんな(失礼)奥地にまで若い人たちがお参りされ
さすが鎌倉…といった感じでした。
73_20130605165301.jpg
それでも前述の道を聞いた方のお話では
自動車で行ったのでは叶わない…
歩いてお参りをしないと意味がない…とのことでした(苦笑。
72_20130605165259.jpg
御祭神は「市杵島姫(いちきしまひめ)命」
71_20130605165258.jpg
こちらももちろん源氏が関係していますが
源頼朝が湧き水(霊水)を見つけたことで
そこに祀ったのが当神社
70_20130605165407.jpg
境内には「上之水神社」「下之水神社」「七福神社」も
鎮座しています。

車がすれ違うことなど出来ない
それはそれは狭い道でした(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上伊那神社巡り(4)♪

2013 - 06/09 [Sun] - 06:48

辰野町の25社を3年かけて参拝し終えました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

辰野町の次は箕輪町
まずは「蕗原(ふきはら)神社」
蕗原神社1
「蕗原神社」は、箕輪町の中箕輪
蕗原神社2
沢地籍に鎮座しています。
蕗原神社3
こちらが社務所
蕗原神社4
箕輪町の中にも14の御社がありますが
こうして綺麗に清潔に管理されており
氏子の皆様方の誇り心意気を感じます♪

沢の駅の近くの神社です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

地鎮祭の食事会♪

2013 - 06/08 [Sat] - 06:00

地鎮祭の質問シリーズ(16)
地鎮祭の食事会♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

(ご質問)
地鎮祭を来週に控えていますが
地鎮祭後は食事会というものを行うのでしょうか?
地鎮祭16
(お返事)
このたびは地鎮祭、誠におめでとうございます♪

食事会についてですが
しなければいけないといった決まりはありません。

食事会をされない場合など
真夏などの大変暑い時期でしたら
クーラーボックスに冷たい飲物を準備していかれたり
逆に冬場でしたら
温かいお飲み物を準備され
地鎮祭後に参列された皆さんにお出ししていただければ
皆さん喜ばれると思います♪

もちろん、食事会をしてはいけない…
と言うことはありませんので、ご参考までに♪

「今回は食事会がありませんが
上棟祭後に食事会を行います」
という事例も多いようです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行下見(3)♪

2013 - 06/07 [Fri] - 06:15

このペースで書いていると
いつ終わるか分かりませんね(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

先ずは鎌倉「鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)」
89_20130605161730.jpg
箱根1泊の旅行ですが
鎌倉散策を1日目に行うということでその下見
88_20130605161729.jpg
平日なのに凄い人出
この時期は、北関東方面でしょうか
修学旅行で鎌倉を訪れる子供達も多く
とても賑わっていました。
87_20130605161711.jpg
八幡宮ですから
御祭神は「誉田別(ほむだわけ)大神」
「応神天皇」が主祭神です。
86_20130605161709.jpg
創立は康平6年(1063)
源氏の氏神として源頼義が
石清水八幡宮より御分霊をお祀りしたのが始まり。
85_20130605161708.jpg
最近の報道で聞いたことがある方も多いと思いますが
平成22年の強風で倒れてしまった銀杏(いちょう)
神奈川県の天然記念物でもあり
「鶴岡八幡宮」の名物でもありました。
84_20130605161707.jpg
その「銀杏」の根本が移植されたのがこちら
銀杏に纏わる縁起物も授与所で頒布されていました。
83_20130605161705.jpg
この時期でこの人出
11月の本番時は七五三参りもあり
もっと多くの参拝者で賑わうとのことでした。

このあと、もう一つの昼食会場を下見しました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上伊那神社巡り(3)♪

2013 - 06/06 [Thu] - 06:42

1社1社紹介している内に
このペースでは終わらないことが発覚(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ですので…第1回目神社巡りの写真を
ざっと並べさせていただきます(大汗

「鎮大神社」「法性神社」に続きましては
八嶋神社1
同じく上伊那郡辰野町の「八嶋神社」
八嶋神社2
境内には戦歿者慰霊碑もあり
八嶋神社3
その奥の小山を登ると…
八嶋神社5
境内社が祀られていました。

続きましては「荒(こう)神社」
荒神社1
こちらも辰野町ですが
荒神山の中腹に鎮座している神社です。
荒神社2
「荒神社」に隣接するのが「祖霊社」
祖霊社1
これにて辰野町は終了♪

次は箕輪町です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

芒種(ぼうしゅ)♪

2013 - 06/05 [Wed] - 06:14

今日6月5日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「芒種(ぼうしゅ)」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には、
「芒(のぎ)ある穀類、稼種(かしゅ)する時なり」
とあります。

芒種の「芒(ぼう・のぎ・すすき)」とは、
稲などイネ科の植物の先端部分を指します。

この節気には、
稲の先端のように、
とげのある穀物の種蒔きをする頃といった意味があります。

当地の種蒔きはこの節気よりも早くに行われ
すでにほとんど終わっていますが、
穀物の種をまく目安とされてきました。

これも温暖化の影響?
品種改良の成果?
それぞれ当たってはいますが、旧暦と新暦の違いですね♪

他地域に比べ、上伊那は遅いような気がします♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

駒ヶ岳の雪型♪

2013 - 06/04 [Tue] - 06:27

駒ヶ根の西に聳える駒ヶ岳は、
雪解けが進むと山肌に『雪型』が出てきています。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

今がちょうどくっきり見えてくる時期となっています。

毎年、どのくらいの時期だったのでしょうか?
今年は遅いのか早いのか…毎年のことだと分かりませんね(汗。

「アルプスが2つ映えるまち」
をキャッチフレーズとしてる我が駒ヶ根市。

20080208103414.jpg

東に南アルプス「赤石山脈」
西に中央アルプス「木曽山脈」
この時期は山頂に雪を残した
駒ヶ岳を美しく望むことが出来ます。

正確には「宝剣岳」といいますが
その両線に雪解けに見られる雪型がたくさん
くっきりと現れてきました。

駒ヶ岳、駒ヶ根市の名前の由来にもなっている
馬の形をした雪型「駒形」
島田髷を結った娘の横顔から肩にかけての姿が
シルエットのように浮かぶ「島田娘」
その横に「盆踊り娘」「稗蒔き爺」「種蒔き爺」など
十もの雪型が現れます。

雪型は、その姿によって
畑への稗・粟・大豆の蒔き付けや
田植えをするのに適した時期を示すものとされてきました。

山里に住む者にとって
農作業は生活そのもので
苗代・代掻き・田植えと続く
農事の時期を決めることは大変重要であり
雪型は農作業の適期を知る大切な「生活の知恵」でありました。

毎日のように見ている山
その山からのメッセージ
農業を営む家庭は少なくなってきてはいますが
是非子供たちへ、そして子供たちから孫たちへと
自然の恵みの1つとして末長く伝えていきたいですね。

100年200百年
もっともっと前から変わらぬ姿を残してくれている山
100年後200年後も変わらぬ姿を仰ぎ見ることが出来るよう
環境問題にも我が事として取り組んでいかなければいけないと
改めて考えさせられました。

この時期には毎年書かせていただきたいと思います♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

水の恵み♪

2013 - 06/03 [Mon] - 06:44

6月1日、「水源祭」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「水源祭」は、
駒ヶ根市の水道指定店組合の皆様が一堂に会し
駒ヶ根高原「切石(きりいし)」にあります
水源祭1
「切石浄水場」
水源祭2
その敷地内の「水源」の石碑前にて斎行されます。

大自然に囲まれ山や緑にも恵まれた駒ヶ根は
とっても水の美味しいところです。

杉本市長様からも
駒ヶ根を訪ねてきた方から
「日本一美味しい水道水の飲めるところだ」
と言われたことのお話がありました。

水道の蛇口をひねれば
当たり前のようにその美味しい水が出てくる…
人は不便、不自由になって
初めて当たり前の有り難さに気付かされます。

先般の大震災で水が止まり
不自由極まりない被災地に想いを馳せるとき
いつも以上に
当たり前の有り難さを身にしみて感じた祭典でした。

水は、私たちの生活の源です。

美味しい水を毎日いただける有り難さ
当たり前の有り難さに感謝し
水道事業の安全と益々のご発展をご祈念いたしました。


水が美味しいということは飯も酒も美味しいということです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行下見(2)♪

2013 - 06/02 [Sun] - 06:13

それでは、通常ブログの合間合間にでも
先日行って参りました「氏子参拝旅行」の下見を
ご報告させていただきます♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根を出たのは朝7時
私の車で伊那インターから2人乗せて
合計6名で当地を出発♪

最初の目的地は鎌倉
皆さんは、鎌倉でしたらどの道を通っていきますでしょうか?

旅行会社さんから示されたルートは
中央道から高井戸インターで出て
第三京浜から横浜横須賀道路を経由する道。

しかしながら、この日は調布近辺が集中工事
渋滞を抜けるのに100分以上といった表示は変わらず
それでも下見旅行だから当日行く道を行かなければ意味がない
結局、渋滞を抜けるのに2時間かかりながら鎌倉到着♪

結果的には、渋滞にかかったことで
バスと乗用車の時間差を埋めたようなもの…
鎌倉に着いたときは昼食時間
当日は、まだ何人集まるかは分からないですが
2個所の昼食会場を予定していて

99_20130525162932.jpg

その1つ「御代川」で昼食、もちろん当日の同じ料理
97_20130525162929.jpg
鎌倉といえば観光地ですが
どうやら団体旅行にはあまり向いていないようでして…
団体が昼食を取る会場があまり無いとのこと
ここ御代川さんもバス2台が限度
しかも、旅行本日は11月5日
観光的にはトップシーズン…ということもあり
数百人の団体旅行に場所を取られる的なところがあるのか
もともと鎌倉という土地柄なのか
大きい声では言えませんが…高い(汗

98_20130525162931.jpg

味は、分かってくれる人なら分かってくれるでしょうけれど
お上品な感じです…しかし当日は酔っぱらいが大半(苦笑
女性の多いバスに入ってもらった方が良さそうです♪

次は「鶴岡八幡宮」へ行きました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード