日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2013年07月  

お白石持行事報告(2日目)♪

2013 - 07/31 [Wed] - 11:09

2日目の朝は7時の朝食でスタート♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

朝食後、部屋に戻り着替え
いよいよこの日の為に買い揃えた白装束がお目見えです♪
ワンポイントも許さないといった厳しい指令が飛び
それぞれにタンスをあさり、又は買い揃えた白装束に身を包み
神宮会館を歩いて出発です。
50
結団式を行う宇治第1駐車場には
ぞくぞくと白装束の特別神領民の皆さまが集まってきましたが
49
私たちは第2番車、同じ団体が1番車として既に出発され
47
2千人、2千人、合計4千人がこの日の参加者
48
結団式では地元奉献団の役員の方がステージから
伊勢について遷宮についてなどなど
面白可笑しく巧みな話術で2千人を引きつけ
46
「えんや!!」の掛け声の練習をしたりと
45
2千人の参加者の心を1つにされ出発
44
2千人の団体は
「伊」「勢」「神」「宮」と書かれた木札が事前に配られ
クビから掛けた紐に着いている珠で
奉曳車を曳く綱の位置が決められており
38
我々は「伊」の3珠
奉曳車に近い方から1珠・2珠…
2本でている綱の両側に「伊」と「勢」
「神」と「宮」それぞれに1列ずつ4列で
奉曳車を曳きます。
37
パラパラと霧のような小雨が降ったり止んだり
ということで奉曳車には透明なシートが掛けられてはいましたが
39
私たちはカッパを着ることもありませんでした。

前日は救急車が何台も出動するような暑さだったようですが
厚い雲に覆われた伊勢の上空は
これ以上ないといった素晴らしいお白石持ち日和でした♪
36
「えんや!!」の掛け声と共におはらい町を内宮へ
宇治橋の前で綱を放し4列縦隊で参道を歩きます。
35
手水を使ったあとは写真撮影禁止!
ということで写真はありませんが
手水のあと、それぞれに白い布が手渡され
そして「お白石」をその白い布に包み
静々と玉砂利を踏みしめながら新御敷地へと足を進めます。

新御敷地が近づくにつれ
不思議なもので心も落ち着き静かに
昨日は、石段下で30分待ちだったという情報がありましたが
この日は月曜日、引率される方も仕事の方が多く
第1番車を引率した方が第2番車も引率されたということもあり
スムーズに流れたように思います。

前回参拝したときには白い幌をかぶっていた御社殿も
幌が取り除かれ
金色の金具と白木の建物のコントラストが美しく
そして言葉では表せない桧の香しい香りが
一層心を鎮めてくれます。

普段は賽銭箱となり足を踏み入れることのない門をくぐり
神様がお遷りになられると入ることの出来ない場所へと歩を進め
総理大臣はここまで
皇太子殿下はここまで
皇后陛下はここまで…などと思いながら一歩一歩踏みしめ
いよいよ御正宮、何とも言えない感激感動
ここまで包み込むようにして持ってきたお白石
手放したくないような、そんな想いもありながら(苦笑
神様の少しでもお近くへと納めさせていただき
御正宮を拝みながら周りを歩き
もう入ることの出来ない御敷地を出たくない
またもそんな気持ちに苛まれながら(苦笑
新御敷地をあとにしました。

集合場所までは無口で
フワフワしたような不思議な感覚で歩き我に返った
そんな「お白石持行事」が終わりました。

宇治橋を渡り、奉曳車と記念撮影し
「おもてなし広場」で記念品を交換

お白石持記念品

長野県神社庁の本体とは別行動の私たち上伊那支部一行は
再び神宮会館へ移動し伊勢の郷土料理「てこね寿司」を食べ
34
白装束から帰りの身支度に着替え
「おはらい町」「おかげ横丁」を散策
この頃になると外は雨
神宮会館で傘をお借りしてお土産を買い
そして伊勢といったら赤福、夏限定の赤福氷と
大ハマグリとサザエで一杯♪
大仕事を終えたあとの日本酒の美味しいこと美味しいこと!
33
神宮の御料酒「白鷹」が五臓六腑に染み渡りました♪

家に着いたのは7時過ぎ
1番遅いところが9時着
全参加者が無事に家に帰られ
第1班の「お白石持行事」の総てが終了しました。

今回はお天気にも恵まれ
信州では1日雨だったようで「大変だったね」といわれましたが
報告のように、行事の中ではカッパを着ることも無く
結果的には奇跡的…
とも言ってよい程のお天気だったように思います。

8月には第2班、第3班とありますが
間違いなく今回よりは暑いことが予想されますので
第1班の反省を生かしたり
だいぶ様子が分かりましたので
以降240名の参加者を無事にお連れし
今回同様に素晴らしい思い出作りをしてきたいと思います。

次の日、ベランダを埋め尽くした白い洗濯物
最後に、参加者それぞれの家を守ってくれている家族にも感謝し
報告とさせていただきます♪

あと2回、宜しくお願い致します (*^_^*)♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事報告(1日目)♪

2013 - 07/31 [Wed] - 06:18

7月28~29日
1泊2日で伊勢へ行って参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は、第62回神宮式年遷宮の「お白石持行事」第1班
日本全国から4000人
その内長野県から760名
上伊那からその内の160名バス4台
駒ヶ根からは1号車、中川村から参加の皆さまと一緒に
伊勢へ行って参りました。
99
早朝5:15、バスは出発地「五十鈴神社」到着
5:30の出発予定時間を待たずに全員集合
福岡停留所を経由して中川村チャオで中川の皆さまが乗車
松川インターから中央道に乗り朝6:00乾杯♪
乾杯は、神宮の御料酒「白鷹」
乾杯後は、早速に相棒Mから神宮・遷宮についてバス内研修会♪
神宮とは、遷宮とは、お白石持行事とは…
あっという間に最初の休憩場所「恵那峡サービスエリア」へ
そこから神宮のDVDを相棒Mの解説付きで鑑賞(笑
濃い~い旅行の始まりです♪
98
普段、伊勢へ行くときは、これほど早く上伊那を出ないのですが
なにせ今回は伊勢の地にバスが百数十台
加えて一般参拝者も車を乗り入れますので
幾分余裕を持って出発しました。

が、お陰様で高速も一般道も混み合うことなく
伊勢に入ることが出来、予定より早くに昼食会場

32

「伊勢安土桃山文化村」に到着
97
昼食のあとの自由時間もたっぷりとることが出来
96
暑い中ではありましたが元気のある方はお城まで行かれました。
95
午後一番の予定は「浜参宮」
94
神宮をお参りするときは「二見興玉神社」でお祓いを受け
それから「外宮」「内宮」の順でお参りするのが
昔からの慣わし…ということで
「二見興玉神社」の鳥居のところでお祓いを受け参拝
93
その後「外宮」へ参拝
別宮を参拝するときに夕立のような雨に遭いましたが
神楽殿で「別太々神楽」を奉納
お祓い・祝詞に続き「倭舞」「人長舞」に続き
舞楽を1曲舞っていただくのが「別太々神楽」
今回は「胡蝶」、神楽殿で舞楽を数多く見ましたが
「胡蝶」は初めて
しかも、「胡蝶」は、数日前に私たち「伊那雅楽会」が
「上伊那神社大会」で演奏?公演させていただいたばかり
当日は必死で譜面を見ていまいたので(苦笑
どんな舞になったのか分からず仕舞いだったものを
こんなタイミングでしっかり見られたことは2度感激感動

外宮参拝を済ませ、宿泊地「神宮会館」へ
長野県から参加の他の団体は鳥羽で宿泊されますが
私たちは今から数年前より神宮会館での宿泊を計画し
凄い競争率の中、部屋を確保♪
神宮のお膝元に宿泊できたことは
2日目の行程でも着替えに昼食にと最高でした。

宴会スタートまでは
それぞれに買い物したりお風呂に入ったりと自由な時間を過ごし
思い思いに楽しい時間を過ごしていただきましたが
私たち神主スタッフは反省会に打ち合わせ
明日のルートを歩いてみよう!とも言いましたが
4月に下見もしていますから詳細の打ち合わせに留めました。

当日の宴会料理は、無理を言って特別料理に♪
92
最近の「氏子参拝旅行」にはない4台合同の大宴会がスタート
北は辰野町小野から南は中川村まで
上伊那中が一堂に会しての大宴会は楽しい宴会
もちろん、旅館の座敷での宴会ではなく
食堂で椅子席の宴会ではありましたが
暑い中を歩き回った1日の疲れを癒すにもってこいの
楽しい楽しい宴会でした♪

とは言いましても、皆さんお疲れですし
女性も多かった今回の旅行
宴会時間は約2時間が多いのですが
1時間半弱で中締めをさせていただき
残った方々で残ったお酒をいただき解散
私たちは、伊勢へ行ったらいつも寄らせていただく「武雷庵」へ
行く人~?と募ったら、何と22人!!
91
みんなでおかげ横丁、おはらい町を闊歩し「武雷庵」へ
先に呑んでいた方々にご移動いただき(感謝
22人で2次会スタート♪
この時期は大きな岩牡蠣しかないということでしたが
90
その大きな岩牡蠣を22人が2つずつ堪能したところで
何とも大感激のサプライズ♪
89
席を移動していただいた方々が地元宇治の奉献団の皆さまで
その皆さまが「明日の『お白石持ち行事』の練習に」と
木遣り歌を披露していただきました…しかも
「五十鈴神社にちなんだ歌を」と♪

とても素晴らしい想い出と感激感動をいただき
1日目の締めとなりました♪(続く)

このサプライズは最高でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事♪

2013 - 07/30 [Tue] - 06:50

昨日、無事に帰って参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

伊勢で行われました「お白石持行事」

お白石結団式

こちらは、出発時の結団式に集まった200人の特別神領民
詳しくは改めましてご報告致します♪

いやはや、感動感激の二日間でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宗像三神(むなかたさんしん)♪

2013 - 07/29 [Mon] - 06:13

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(17)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑰田心姫(たぎりひめ)大神

「田心姫大神」は宗像三神の一神
「多紀理毘売」「田霧姫」とも書かれ
別名は「奥津島比売(おきつしまひめ)大神」
古事記によると「アマテラス」が「スサノオ」との契約(うけい)
の際にお生まれになった神様です。

「たぎり」とは
駒ヶ根市と宮田村の間を流れる「大田切川」と同じく
「たぎる」水が激しく流れる、といった意味があります。

⑱市杵島姫大神

「田心姫大神」に同じく
「アマテラス」が「スサノオ」との契約(うけい)
の際にお生まれになった神様です。

別名を「狭依毘売(さよりひめ)大神」といい
「厳島(いつくしま)神社」の名前は
「市杵島(いちきしま)」が転じたものとされています。

⑲瑞津姫大神

前述の二神に同じく
「アマテラス」が「スサノオ」との契約(うけい)
の際にお生まれになった神様です。

「田心姫大神」と同じように
「たぎる」は、水が激しく流れる意味をさしています。

⑰⑱⑲、これらの神様は単独でお祀りされていることはほぼ無く
三神が一緒に祀られ
「海の神」「航海安全の神」「運輸交通の神」として
大和朝廷にによって特に尊信された神々であります。

「田心姫大神」は「大国主大神」の奥さんでもあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心姫(たぎりひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

定例協議員会♪

2013 - 07/28 [Sun] - 06:44

先日、長野県神社庁「定例協議員会」が開催されました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

長野県神社庁は長野市城山にあります。
協議員会
年に2回開催される「定例協議員会」ですが
この時期の「定例協議員会」は
いわゆる「決算総会」のことです。

昨年度末、役員が改選されまして初めての「定例協議員会」
私は支部長3期目、7年目の参加をさせていただきましたが
まずは、協議員会の議長の選任より始まり
決算の承認等が恙なく執り行われました。

宮司の交代について意見が出ましたが
以前は駒ヶ根市にも法務局があり
宮司の交代による登記に通い詰めたことを思い出します。

ほんの些細な訂正の為に(なんて言ったら叱られますが)
何度も何度も出直したことがありましたが
それも駒ヶ根市に法務局があったから良かったものの
現在は伊那市にしか無く、しかも伊那市では当登記は出来ず
長野市まで行かないと出来ないことになってしまい
以前のように通うなんてことは出来ないわけで…
以前でさえ、宮司の辞令をいただいても登記が億劫で…
と後回しになってしまっていたものが
長野市まで行かなければ出来ない…なんてことになって
以前に増して登記が送れることがあるようでして
他の支部も頭を悩ませているようで…
もっと徹底させるべくの意見
ごもっともな意見が出されました。

私なんかが言うのは失礼な話ですが
恙なく…はあまり好きではない言葉でして
活発な意見・議論が交わされ
より良い神社界・神社庁となって
充実した運営が成されることを期待します♪

お疲れさまでした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事♪

2013 - 07/27 [Sat] - 06:53

まだまだ先だと思っていた「お白石持行事」でしたが
いよいよ明日出発を致します♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年は、ご存じの通り
「第62回 神宮式年遷宮」が行われます。

去る2月25日、天皇陛下より遷御の日程が
御治定遊ばされました。

内宮が10月2日、外宮が10月5日
遷御というのは、神様がお遷りお鎮まりになられること
それに先立ち、神様がお遷りになる前の新しい御正宮の
本当に際まで入って「お白石」を置いてくるのが
今回の「お白石持行事」
お白石持ち行事
20年に一度のご遷宮
神様がお遷りお鎮まりになられたあとは
御正宮の周りの瑞垣・内玉垣・外玉垣の更に外の
板垣のところまでしか入ることの出来ない我々にとって
20年に一度しか入ることの出来ない尊い行事
20年前も参加したことがありませんでしたので
私自身、人生初のこと
これは多くの皆さんにお声がけさせていただき
一緒に参加したい!と思い
長野県全体でも1700名しか無い枠なのに
上伊那で400名を押させさせていただき
1班~3班に分かれて参加することとなりました。

1班は7月28~29日(160名)内宮
2班は8月18~19日(200名)外宮
3班は8月23日~24日(40名)外宮
駒ヶ根からは、総勢100名弱が
上記3班に分かれて参加してくれることとなりました。

上の写真で前の方を歩いている方々が「特別神領民」
今回の私たちと同じだと思いますが
白装束に身を包みます。

後ろの方の白装束ではない方々は「神領民」
地元の方々になりますが
本来は地元の方々の行事であったものを
特別に行わせていただくということで「特別神領民」として
ご奉仕をさせていただきます。

今回お申し込みをいただいた方々も
慣れない白装束を揃えなければということで
四苦八苦されたことと思いますが
これも20年に一度の尊い行事の為と
一生懸命に探され購入されたことと思います♪

心配なのはお天気…
雨ももちろん心配ですが
晴れたら暑い暑い伊勢の地のことですから
水分補給をしっかりととり
熱中症などにならないよう気をつけなければなりません。

第2班・第3班も更に暑くなりそう…
それでも尊い行事、元気に行ってきたいと思います♪

第2班は、ほんの少しではありますが
キャンセルが出て空席があるようでありますので
参加希望者はお申し出いただきたいと思います。

1日4千人が参加する「お白石持行事」
神宮では、手水を使ったあとは写真撮影禁止
20年前は今ほど携帯電話が普及していませんでしたが
今は殆どみんなが持っているカメラ付き携帯電話です。

どこまで徹底されるか分かりませんが
もし違反行為、写真を撮ってしまう方がいたら
同じ団体、つまり同じ県の参加者の参加が取消になる
ということですので、引率者は気をつけなければなりません。

写真撮影に水分補給、そして
4千人の中ではぐれないように…と
どんな問題があるか行ってみないと分からない点も
たくさんありますが、私自身3回行きます「お白石持行事」
まずは第1班、行って参ります♪

報告を楽しみにしていて下さいね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

稲荷(いなり)大神の御本社♪

2013 - 07/26 [Fri] - 06:37

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑯稲荷(いなり)大神の御本社

「稲荷大神」の御本社は
京都府伏見区に鎮座の「伏見稲荷(ふしみいなり)大社」です。

伏見稲荷大社

「伏見稲荷大社」「祐徳稲荷神社」「豊川稲荷妙厳寺」
この3つを「日本三大稲荷」と呼ぶことがありますが
実際のところは「三大稲荷は地域によって異なる」とされ
他のお稲荷さんでも「日本三大稲荷の一つ」
と言われるところがあるのだそうです。

「笠間稲荷神社」も有名ですよね♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心姫(たごころひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神     の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

土用物語♪

2013 - 07/25 [Thu] - 06:41

うっかりしていて…
「土用の丑の日」が過ぎてしまいました(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

今日は、その「土用」のお話をしたいと思います。

土用

「土用の丑の日」に鰻を食べる習慣について…
もともと鰻の旬は冬場とされており
「平賀源内」が
鰻が夏場に売れなくて困っている鰻屋さんに相談され
「本日土用丑の日」という看板を書いて大繁盛し
そのことから始まったわけでありますが
旬ではなくてもスタミナの付く鰻を食べることは理に適った
夏バテ防止の昔ながらの習慣として定着しています。

最近、「冬の土用の丑の日」も言われるようになり
ようやく日の目を見た「土用」ですが
「土用」は、春、夏、秋、冬それぞれに計年4回あり
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間をさします。

今日は物語形式で分かりやすくお話しをさせていただきます♪

あるところに4人の兄弟がいました。

長男は「キイチ(木一)」
二男は「ヒノジ(火二)」
三男は「キンゾウ(金三)」
四男は「ミズヨ(水四)」と言いました。

この四人の兄弟のお父さんはこの世の中の王様で
あるとき王様は、この世の中を子供達に分け与えようと
季節と方角を均等に分け与えました。

長男の「キイチ」には「春」と「東」を
二男の「ヒノジ」には「夏」と「南」を
三男の「キンゾウ」には「秋」と「西」を
四男の「ミズヨ」には「冬」と「北」を与えました。

やがて王様に5人目の子供が誕生し
その子が成長していくうちに
自分も季節と方角が欲しいと言い始めるようになりました。

そこで王様は「中央」という「方角」を与え
他の4人の兄弟に自分の持っている「季節」から18日間を削り
五男の「ドーゴ(土五)」に分け与えるように言い
18日×4の72日が「ドーゴ」のものとなり
5人兄弟が均等な日数を治めることになりましたが
「ドーゴ」だけそれぞれの季節にわかれた
節分の前の18日間を治め、
それを「土用」と呼ぶようになったとさ。

そんなわけで(フィクションですが…笑)季節ごとある「土用」
「土用」は年に4回あるんだよ~といったお話しでした。

季節や星など
昔から変わらずあるものには様々な伝説があり面白いですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

稲荷(いなり)大神♪

2013 - 07/24 [Wed] - 06:35

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(16)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑯稲荷(いなり)大神

家の敷地の中に祠がある…という方も多いと思いますが
当地方では「祝殿(いわいでん)」と呼んでいて
私も良くお祭に伺いますが
その「祝殿」に祀られている神様で
一番多いのがこの神様です。

「稲荷大神」は
「宇迦之御魂 (うかのみたま)大神」「佐田彦(さたひこ)大神」
「大宮能売(おおみやのめ)大神」「田中(たなか)大神」
「四(し)大神」の5柱の神様の総称といわれていますが
「豊宇気毘売(とようけびめ)大神」「保食(うけもち)大神」
「大宣都比売(おおげつひめ)大神」「御饌津(みけつ)大神」
などの穀物・食物の神とされています。

「お稲荷様」…というと
狐(きつね)を思い浮かべる方が多いと思いますが
「お稲荷様」は「御饌津神」「みけつ」
「きつね」は「けつね」…「けつ」が相まって「三狐神」
やがて「狐」は「お稲荷さん」の使いであるといわれ
「お稲荷様」には、いなり寿司で使う油揚げがお供えされる
といった信仰が広まっていったようであります。

言うまでもありませんが狐は肉食
けして油揚げが好物ということは無いようであります(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

大暑(たいしょ)♪

2013 - 07/23 [Tue] - 06:56

今日、7月23日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「大暑」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には、
「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」とあります。

読んで字の如く、最も暑いということです。

二十四節気のブログで書きましたように、
これは期間を現しますので、
一番暑い期間と言うことになります。

確かに、
信州はお盆が過ぎればグッと涼しくなってしまいますので、
間違いなく今が一番暑い時期だと思います。

学校は夏休みに入り、
空には夏の雲が高々とそびえるようになります。

夏特有の、入道雲ってやつです♪

1つ前の節気「小暑」と「大暑」の期間、
この約1ヶ月間が暑中ということになり、
「暑中見舞い」はこの期間内に送ります。

気を引き締め直して、夏を乗り切りましょう♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

上伊那神社大会♪

2013 - 07/22 [Mon] - 06:20

長野県神社庁上伊那支部
長野県神社総代会上伊那支会
合同での年一度の神社関係者大会♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

上伊那を四つに分割して
今年は東部(高遠・長谷)地区の当番で行われた大会
数年前に当地区が伊那市に合併されて以降は
当地区主催の場合も伊那文化センターを使用
前日、準備に総練習…
総練習というのも、毎年、式典のあとに講演会
講演会の後に清興…として地元の演芸を披露いただきますが
今年は東部地区の皆さまのお計らいによりまして
我々「伊那雅楽会」をご指名いただき
雅楽公演会を披露することになったからでした。
神社大会2
(練習風景)

前日、音合わせに立ち位置の確認など入念に行い
当日は朝8時集合、地元総代さん達と準備を行い
9時の受け付け開始とともに各地の神社総代さんが集まり
会場は450名の神社関係者で埋め尽くされました。
神社大会1
大会には、神社庁長(代理宮坂理事さん)
神社総代会長(代理長田理事さん)に
同じ南信地区より諏訪支部長さん、飯伊支部長さん
地元伊那市から白鳥市長さんと衆議院議員の宮下一郎先生にも
御臨席賜りました。
神社大会4
(宮下一郎先生facebookより拝借)

上の写真の壇上、左側の一番上が私(大会長)
1年で一番大きな大会で挨拶もあり、ド緊張の1日
今年はそれに加えて、このあと雅楽公演会…

神社大会3
(幕が開く前の舞台上の様子…手前が私)

それでも、皆さんのおかげで大成功♪

とても思い出に残る、また記憶にも残る大会でした…
というのも(苦笑)
2つ上の写真、司会には例年は相棒M
録事が司会を務めるのが慣わし
なんと、前々日に脚立から落ち負傷
この日に入院と相成りまして…司会のピンチヒッターK
特別心配することもないのですが
やはり直前のドタバタ劇は疲れた…の一言に尽きました。

みんなの力を結集、達成感のあった大会でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

開店清祓@きらら♪

2013 - 07/21 [Sun] - 06:28

先日、コインランドリーがオープン致しました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根市のバイパス沿い
アメリカンドラッグの西側(旧レンタルビデオ屋さん?)
が改装されて、コインランドリー「きらら」がオープン
きらら1
あいにくの雨模様でしたが
コインランドリーを利用する人には
もってこい?の開店日和でした♪
きらら2
玄関を入ると右側にクリーニング屋さん
左側がコインランドリーになっています。
きらら3
最新の洗濯機が並ぶ前で開店清祓式
改装完成とオープンをお祝いし
商売繁盛と関係者の御健勝弥栄を
ご祈念致しました。

クリーニング店とコインランドリーが一緒
便利ですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大山祇(おおやまづみ)大神の御本社♪

2013 - 07/20 [Sat] - 06:37

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社

「大山祇大神」の御本社は、「大山祇神社」です。

大山祗神社
「平成14年にお参りしたときの写真」

「大山祇神社」は
瀬戸内海の大三島(愛媛県)に鎮座しています。

近いうちに、上伊那氏子参拝旅行で
行く計画を企てています♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心(たごころ)姫大神の御本社
⑱市杵島(いちきしま)姫大神の御本社
⑲瑞津(たぎつ)姫大神の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

祇園祭@福岡津島神社♪

2013 - 07/19 [Fri] - 06:35

駒ヶ根市の
祇園祭のラストを飾ったのは「福岡津島神社」♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

奇跡的にも、梅雨の最中に行われる祇園祭
すべてが外、野天で好天に恵まれ開催することが出来ました。
福岡津島1
福岡の津島神社は、福岡の集会所横に鎮座します。

上の写真は昨年のもの…
福岡津島神社1
どこが変わったか分かりますでしょうか?

蚕玉様と山の神様が一緒にお祀りされている津島神社
この度、社殿の老朽化に伴い御社殿を改築致しました。
福岡津島神社2
氏子さんであります「唐澤建具店」さんが
丹精込めて作り上げられました。
福岡津島神社3
祇園祭の神事を終え
獅子練りと御輿、子供御輿が神社を出発
福岡津島4
元気良く、郷内の厄を祓い
郷人の病を退けていただいたことと思います。

祇園祭が終わり、駒ヶ根の街では
週末ごとにイベントが開催されますが
相変わらずの不景気の中、
賑やかにイベントが開催されることを願うばかりです。

いよいよ梅雨が明け、夏本番です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

海の日♪

2013 - 07/18 [Thu] - 06:23

また過ぎちゃってからだ(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

どうも日が動いてからピンと来ませんね(言い訳…

以前は、7月20日が「海の日」でした。

今年は、7月15日…というのも、
本来7月20日であった「海の日」が
ハッピーマンデー法とやらで7月第3月曜日となりました。

このハッピーマンデー法で日にちが動いてしまった
「敬老の日」「体育の日」「成人の日」なども
ちゃんと意味があって定められた祝日でした。

7月20日を「海の日」と制定された意味、それは…

明治9年、
東北・北海道をご巡幸されていた明治天皇は、
帰路を海路にとり、
青森から函館を経由し横浜港に着きました。

海洋国にあって、
当時まだ汽船航行に不安を感じていた一般国民が
汽船航行に信頼をよせ船旅への理解を示したきっかけでした。

その横浜港に着いたのが7月20日ということで、
昭和15年に「7月20日」が「海の日」と制定されました。

その後、平成8年に「7月20日」は、
「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」
国民の祝日「海の日」となりました。

海洋国…と言いましたが、
四方八方を海で囲まれた我が国、
海との関わりは切っても切れないものがあります。

海の恩恵に感謝をし、
これから夏本番、
また海難事故のニュースが聞こえてくる季節となりましたが、
自然の力の偉大さを改めて感じ、
感謝はもちろん、
身を引き締める日としたいですね。

って、過ぎちゃってますが…(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祇園祭@小町屋津島神社♪

2013 - 07/17 [Wed] - 06:42

駒ヶ根には、「祇園祭(ぎおんさい)」を行う津島神社が
3社あります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その1つが小町屋の津島神社。
小町屋津島1
今年は、前夜には大雨が降りましたが
祇園祭にはもってこいの素晴らしいお天気

小町屋津島2

丁度良い雲と風
神事後、威勢良くお練りに出て行かれました。
小町屋津島4
津島神社の御本社は愛知県
津島神社の御祭神は「素盞鳴(すさのお)大神」
疫病・厄難消除の神様として有名な津島様
その昔、疫病が流行った場所に祀られています。
小町屋津島3
以降、「祇園祭」で御輿が街中を練り
街中の疫病・厄難を消し去るということで
賑やかな祭典として知られています。

今年も多くの皆さんが参加されました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

福島復興支援活動♪

2013 - 07/16 [Tue] - 06:32

(続き)
7月8日、福島県は浪江町で慰霊祭を斎行しました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

翌9日は、同じ浪江町にあります
「初発(しょはつ)神社」で復興支援活動を行い
復興祈願祭を行う予定で活動し始めました。
20_20130715093123.jpg
今回で4回目となる震災後の福島県ですが
そのたびにお世話になっている「美浜会」
そのメンバーでありますT君の受持神社「初発神社」
境内のすぐ脇にはT君の新築の家がありますが
もちろん現在は住むことはできず仮設住宅に避難中
21_20130715093225.jpg
まずは2年半手つかず状態の「初発神社」境内清掃と
御社殿内の片付けをするべく朝礼
T君(禰宜)の、いつかこの境内に昔のように子供達の声が響き
子供達が楽しく遊び飛び回れる状態が来る日を夢見て…というお話
主催者K代表の、これから氏子さん達が各家々の復旧作業に
この地元に帰ってきたとき、綺麗になった境内・神社が
氏子の皆さまの心の拠り所になるように…というお話
それぞれが心に滲みました。
22_20130715093126.jpg
福島県はこの日、30度を超える猛暑日
私もヘルメットに軍手と装備万端で復興作業
23_20130715093127.jpg
私はヘルメット組でしたので、御社殿の中に
御社殿の中は写真の通り、大きな揺れに障子や襖は外れ
上にかかっていたものは落ち、ガラス戸は割れて飛び散り
この状態を見て、長靴の中にステンレス入りのソールを着装
まずは障子・襖を取り外しガラスも取り除き社殿の中を空に
24_20130715093130.jpg
森の中、社殿の中とはいえ汗が止まりません
熱中症にかからないようにと、こまめに休憩を取り水分補給
25_20130715093227.jpg
畳や絨毯も総て掃き清めて取り除き
畳はまだ使えそうでしたので社務所へ運び込み
御社殿の修繕は、午後に富山から到着する大工さんにお任せし
境内清掃のお手伝い…
2年半手つかずの境内には、2年分の落ち葉が積もり
下は腐葉土と化し上は梅雨の雨で重くなり
いずれにしても重い落ち葉をビニール袋に詰めて境内の外へ
バケツリレーのようにして運び出しましたが
この暑さと普段し慣れない労働とで汗が更に流れ落ち
ヘルメットの下にかぶった帽子のひさしからシズクというより
蛇口をひねった水道のように(苦笑)流れ落ちました。
27_20130715093231.jpg
社殿前を祭典が出来るほどに綺麗に片付け整え
今度は社殿の裏側も掃き清め
(落ち葉の中の放射線量が高かったことは言うまでもなく)
昼食をとって南相馬の日帰り温泉で汗を洗い流し祭典に備え
28_20130715093232.jpg
神社に戻ってくると、富山県から到着した大工さん達が
とりあえずの雨風から御社殿を防ぐようにと
応急処置を施してくれていました。
29_20130715093239.jpg
祭典の準備も整ったところで習礼(しゅらい・練習)
私も1回歌わせていただくことで
この日の「朝日舞」は満足のいく歌となりました(笑
30_20130715093241.jpg
この日は、北海道から前の神青協会長O氏が
東京からは現在の神青協副会長Y氏もかけつけていただき
更に多くのメンバーで「復興祈願祭」を斎行
時刻、T禰宜さんを筆頭に斎場へ参進し神事を行いました。

祭典後、主宰者K代表の挨拶
「神事中に鳴ったサイレン・アナウンス
時間までに退去するように…とのアナウンスは
自分の家に帰ってきているのに変な話であり
この暑さの中セミの声1つしないのもおかしなこと
まだまだ時間はかかるのかも知れないけれども
復興を成し遂げるその日まで私たち柵のない有志一同
微力ながら忘れることなくお手伝いをさせていただく」
といったような挨拶の間
震災後初めて当御社殿御神前で祭典を奉仕することの出来た
T禰宜さんは涙が止まらなかったご様子でした。

未だ帰り住むことの叶わない神社隣接の新築住宅
多額のローンは払い続け
守るべき氏子さんも散り散りに避難され
いつか昔のように氏子さん達が集い
子供さん達の声が響き渡るような境内
鳴り響く笛太鼓お囃子の音などを想像しながら
まとまらない想いを胸に様々な想いが駆け巡ったことでしょう…

復旧復興にはまだまだ遠い道のりが…
ということを実感した今回の旅ではありましたが
それでも一歩ずつ着実に歩みを進めている
そんなことも実感できた旅でもありました。

次回は、来年の3月11日を予定しています♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

福島慰霊祭♪

2013 - 07/15 [Mon] - 06:07

先週の報告です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

7月8日、朝7時前に家を出発し
矢彦神社でT宮司さんを乗せて一路福島へ
前回(3月11日)は中央道から長野道、上信越道
関越道から北関東道に入るつもりが、なぜかin東京(汗
そのまま常磐道を北上したという苦い経験がありましたので
今回は更に緊張してその時を迎え…
関越道から北関東道、東北道から北関東道、そして常磐道
というセオリー通りの道でいわき入りしました。

いわき中央インターで下り、我々の拠点とする熊野神社へ
松本からT先輩、大町からM先輩とご子息
東京からK君が既に着いており
地元「美浜会」のY君とE氏とで
近くのとんかつ屋さんでおすすめ定食♪
00_20130714180609.jpg
これが柔らかいこと柔らかいこと…はおいておいて(苦笑
ここで佐久のH先輩とI氏が合流
少し遅れてくる伊那市のH先輩を心配しながら
昨年の6月に復興祈願祭を斎行した「楢葉八幡神社」を参拝
01_20130714180611.jpg
これから行きます浪江町は
まだライフラインが復旧していないということで
手を洗ったりする水を補給し
1日目の慰霊祭会場となります浪江町へ

浪江町、この4月までは立ち入りすることが出来なかった町
現在は立ち入ることが出来ても許可証持参で限られた時間内だけ
いわき市からは常磐自動車道を北上
広野ICから下道、国道6号線を北上
福島第一原子力発電所のある大熊町、手前の富岡町は厳戒態勢
検問では、事前に車のナンバーを申請し取っていただいた
許可証を見せると共に運転手と同乗者の身分証明書を提示
厳重にチェックされて警戒区域内へ入ることが出来ます。

免許証や保険証も持ってこなかったメンバーがいて
その照会に時間がかかるなんていうこともありました。
原発入り口
福島第一原子力発電所を右目に次の双葉町の奥が浪江町
国道6号線も津波に飲まれた箇所があり
警戒区域ということで手も着いていない状態
03_20130714180614.jpg
震災直後に岩手や宮城の海辺の被害が映像で流れましたが
そんな状況が2年半経った今も福島には残っています…
03_20130714180614.jpg
今回は浪江町の海辺
請戸港の請戸漁協魚市場に斎場を設けるということで
02_20130714180613.jpg
途中の竹林で竹を伐採、その竹林の周りには
04_20130714180615.jpg
船や車が流されひっくり返った状態であちらこちらに…
05_20130714180707.jpg
伐採した竹を車に積み込んで
06_20130714180708.jpg
請戸港に斎場を設営
07_20130714180710.jpg
ここから見えるのが
09_20130714180713.jpg
福島第一原子力発電所
10_20130714180730.jpg
斎場を設営する頃、相馬組(私たちはいわき組)が到着
08_20130714180711.jpg
福井県からU氏を先頭に4名、愛知から我等が代表K先輩
同じく愛知のK先輩と静岡のS氏も合流
11_20130714180731.jpg
漁港にも漁船が打ち上げられたままになっていました。
12_20130714180732.jpg
斎場を組み終え、溜まった水を掃き出し
大祓式と慰霊祭の準備も万端

この港の後ろ側には、300戸の家が建ち並んでいたとのこと
もちろんそれらは跡形も無く流され…ただの平地
慰霊祭に先立ち、その家々があった場所を望み黙祷を捧げ
地元の方々と共に20名ほどで慰霊祭を奉仕
14_20130714180736.jpg
私は伶人を勤めましたが
慰霊祭に奉納した「朝日舞」の歌を担当
初めて併せる方々と緊張(言い訳…苦笑)で大失態(涙
上の写真のように夕陽が注ぐ
神々しいシチュエーションだっただけに
悔やんでも悔やみきれない結果になってしまったのは…残念
次の日にリベンジをかけた初日となってしまいました。

祭典が終わったのは午後6時45分頃だったでしょうか
7時までには警戒区域を出なければならないということで
メンバー手分けして斎場を片付け
いわき組はいわきへ、相馬組は南相馬へと
再び許可証と身分証明書を提示しながら帰りました。

続く…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祇園(ぎおん)祭♪

2013 - 07/14 [Sun] - 06:42

7月13日、駒ヶ根市上穂栄町鎮座の「三和(みわ)社」境内社
「津島(つしま)神社」で「祇園祭」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「祇園祭」とは通称で
「津島神社」の例祭のことをいいます。
三峯津島鳥居
朝9時半から「御神札(お札)」のお祓いをし
午後1時に「宵祭」、午後3時に「御神輿(みこし)」のお祓い
1
遠くから聞こえる笛や太鼓の音も
2時半頃には最初の御神輿が境内に入ってきます。
2
今年は5月の内から梅雨入りが宣言され
梅雨明けと共に梅雨らしいお天気(苦笑
その後ここへきて猛暑猛暑…ところが今年の祇園祭は
3
あさからドンヨリ天気
日は差さなくても蒸し暑いお天気でしたが
夕方になるにつれ涼しい風が吹く祇園祭日和♪
4
続々と威勢良く境内に入ってきた御神輿たち
5
お祓いを受け、祭典委員長さんの手締めと花火を合図に
各地区の災厄を祓いに元気良く境内を出発していきました。
6
夕刻、埃鎮めの雨がパラパラと降りだし
かなりの降りとなってしまいましたが
氏子中はとりあえず練られた頃だったでしょうか?

「三和社」の総代組織であります町部自治会が神事を担当
街中を練る御神輿の渡御や商店街の賑わいは市商工会議所
これからいよいよ夏祭り(横文字のフェスティバル)シーズン
駒ヶ根の街が少しでも賑わうことを願ってやみません。

今日は津島神社例祭「祇園祭」の本祭です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

祭祀研修会♪

2013 - 07/13 [Sat] - 06:55

5月から始まりました
平成25年度の祭祀研修会が11日に終わりました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

毎週木曜日に開催した研修会
次の日に報告ブログを書こうと思いつつ…
なかなか実現できませんでした(汗

今年の祭祀研修会では
東京へも行きましたし
外部講師も2回お呼びしたりと
とても充実した研修会となりました。
祭祀研修会・剣の舞
こちらは、上伊那に伝わる「上伊那神楽」
中でも一番難しい「剣の舞」の研修
長く上伊那各地の神社に伝わるも
年々カタチが廃れていってしまうので…と
若い神職に次世代へと研修しました。
祭祀研修会・遷宮
こちらは最終日
本年は「第62回神宮式年遷宮」の年ということで
後半3回は「御遷宮について」のビデオを見て
意見交換会を行いました。

毎週木曜日、週のど真ん中を研修会に割かれ
1週間があっという間と共に忙しい日々でしたが
終わってしまうと淋しさすら感じます(苦笑

とはいえ、今年は「お白石持ち行事」で伊勢へ3回
来週には上伊那神社大会も控え
忙しさは増すばかり…気合いを入れて夏を頑張るぞ!

今日は各地で祇園祭です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

巣立ち♪

2013 - 07/12 [Fri] - 06:39

昨年から、我が家(正確には隣の美容室)に
ツバメが巣を作るようになりました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年も、玄関の左上に巣が作られ
つばめ0
卵が2つ産まれ
親ツバメが温めていました。
つばめ00
そして先月
目出度く雛が孵り
つばめ1
足繁く餌をとっては通う親ツバメの願いが叶い
つばめ2
雛は大きく育ち
どこかへ飛んでいきました♪

今年も目出度い1行事が終わり幸せな気分♪
これで、巣を片付けていってくれたらもっと幸せなのですが…

片付けは私の仕事です(苦笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

福島復興祈願♪

2013 - 07/11 [Thu] - 06:26

8日~10日にかけ
福島県へ行って参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

いわき市を拠点に
8日は請戸港にて慰霊祭
9日は浪江町「初発神社」にて復興祈願祭
原発入り口
警戒区域に入り(許可証・身分証明書を見せて)
復興支援活動も行って参りました。

詳しいご報告は日を改めて♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

大山祇(おおやまづみ)大神♪

2013 - 07/10 [Wed] - 06:36

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(15)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑮大山祇(おおやまづみ)大神

大「山」祗…と、書いて字の如く「山の神」さまで
先回の「素盞鳴(すさのお)大神」同様に
「イザナギ」「イザナミ」の子供です。

「山の神」というと奥様を想像される方もお多いと思いますが
それは「山の神は、山を守り支配する」というところから
家を守り支配する(支配とは言葉が悪いですけど
一般的に奥様のことを山の神というのは
結婚してから何年も経ってからだそうです…笑)
ところからだそうです。

「山の神」=偉い、という意味があるのでしょう
山の神様は、農耕の神様とされており
春になると山の神様が里に降りてきて田の神となり
秋になると山へお帰りになるといった信仰があります。

このお話しは、春の「祈年祭(きねんさい)」の時に
毎年お話しさせていただいています。

「山の神」だから、海には関係ないかと思うと
そうでもないようですよ。

漁師さんは、山を見て漁をする…
なんて言う話しを聞いたことがあります

山が綺麗なところの海は、海に注ぎ込む水が綺麗で
美味しい海産物が捕れるんだとか。

いずれにしても尊い神様です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

上伊那神社巡り(7)♪

2013 - 07/09 [Tue] - 06:57

第1日目の神社巡りの最後…ようやく(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

箕輪町福与「諏訪社」
福与諏訪社1
この日最後の参拝神社
福与諏訪社2
先々月の話で、まったくリアリティーがない…
すみません(苦笑

先月、2日目の「神社巡り」を行いました…先月かよ(失礼
箕輪町の神社を総て回りきりましたので
続けて(次回より)アップさせていただきます♪

ペースアップペースアップ!♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

素盞鳴(すさのお)大神の御本社♪

2013 - 07/08 [Mon] - 06:57

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社

「素盞鳴大神」の御本社として考えられていますのは

須佐神社
出雲「須佐神社(すさじんじゃ)」

そして「祇園」で有名な

八坂神社
京都「八坂神社(やさかじんじゃ)」

そして、私がお参りしたのはちょうど6月で「茅の輪」のあった

津島神社
愛知「津島神社(つしまじんじゃ)」

などありますが
当社の末社殿の1つ「津島社」にお鎮まりの神様ですので
当シリーズでは「津島神社」を紹介させていただきます。

「津島神社」は、愛知県津島市に鎮座しています。

「祇園祭」「夏越大祓式」で有名な神様です♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心(たごころ)姫大神の御本社
⑱市杵島(いちきしま)姫大神の御本社
⑲瑞津(たぎつ)姫大神の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

小暑(しょうしょ)♪

2013 - 07/07 [Sun] - 06:48

今日、7月7日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「小暑」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には「大暑来れる前なれば也」とあります。

次の二十四節気は「大暑」ですが
いよいよ「暑気」に入りました。

暦の上では「暑中見舞い」を出しても良いこととなりますが
当地でも梅雨明けとやらですので
例年より早めの暑さが来て「暑気」そのものになりそうです。

「夏至(げし)」から15日が経ったわけですが
まだ日が短くなったのは実感しません。
大宮五十鈴神社への道09
暑気と共に
日差しが強くなってきたことを肌で実感する頃となりました。

日焼け対策が、必要な時期ですね。

この時期、蓮の花が咲き始め
鷹の子が巣立ちの準備を始めるということですが
我々庶民?には分かりづらいですね。

この頃から、セミが鳴き始めるようです♪

セミの声って、何でああ暑苦しいんでしょうか(苦笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

たなばた物語♪

2013 - 07/06 [Sat] - 06:12

明7月7日は「七夕(たなばた)」です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

7月7日は五節句の1つ
「七夕(しちせき)の節句」それを「七夕」といいます。

七夕

こちらは、毎年8月に仙台で行われます
「七夕」の様子(を拝借したもの)ですが、
皆さんも各ご家庭や学校・保育園などで、
願い事を書いて笹の葉につるした…
という記憶があるのではないでしょうか?

私は、テレビアニメかか何かの「ヒーローになりたい」
って書いたような記憶があります♪(笑

「七夕」にまつわる物語は、
皆さんも聞いたことがあると思いますが
せっかくですから、
少し私なりにアレンジして(笑)物語をお話しします。



「たなばた物語♪」

昔々、あるところに1人の可愛いお姫様がいました。

そのお姫様の名前は「織姫(おりひめ)」といい
その村の村長さんの娘さんで
「織姫」は、機織り(はたおり)の名人。

毎日毎日、機を織っては、村人の着物を作っていましたが
明けても暮れても機織りをする娘を不憫に思ってか、
村長さんは娘の婿探しをすることにしました。


「天の川(あまのがわ)」という川の向こうに、
1人の青年がいました。

名前は「彦星(ひこぼし)」といい
とても働き者で、毎日毎日牛の世話をしていました。

村長さんは、「彦星」に会い、
娘の婿にどうかと考えました。


「織姫」と「彦星」は互いに引かれあい、
そして、結婚をしました。

2人は毎日が、楽しくて仕方ありません。

ところが、2人は仲が良すぎて遊んでばかりいました。

村人は、織物がないので
着物を新しくすることが出来ません。

「彦星」の牛も、
誰も世話をすることなく、汚れ放題です。

最初の内は、
仲の良い2人を微笑ましく見ていた村長さんも
いい加減怒ってしまい、
2人を「天の川」の両岸へ引き離してしまいました。


しかし、
今度は毎日泣いてばかりいて、
機織りどころではない「織姫」を見かねた村長さんは…

「わかったわかった、
そんなに彦星が恋しいのなら、
一年に一回だけ会っても良いから、機を織っておくれ」
と言いました。

それから2人は、
その日を楽しみに、
一生懸命働くようになりました。


そして、
せっかく会う7月7日が、雨になりませんように…
という願い事をすることから、
字や絵、習い事が上手になりますように…
といった願い事もする風習ができ
今の「七夕」になったんだとさ♪




あくまでも、
私の脚色が加わっていますけど(どこまで?…笑
大筋はこんなようなお話しですよね♪

7月1日の「文月(ふみづき)」のブログでも書きましたが、
なぜ「文月」というようになったかは、
この「七夕」に由来しています。



せっかくですから、
この「七夕」をもう少し掘り下げてみましょう。

なぜ「七夕」と書いて「たなばた」と読むのでしょうか?

それは、織姫の織っていた日本古来の「機(はた)」には、
「棚(たな)」が付いていたそうで、
「たな・はた」「たなばた」になったという説が有力です。

また、大阪府交野市には、
「機物神社(はたものじんじゃ)」という神社があります。

こちらの御祭神は、「天棚機比売(あめのたなばたひめ)大神」
「栲機千々比売(たくはたちぢひめ)神」がお祀りされ、
7月6~7日には、七夕祭りが盛大に行われます。

近くを流れる「天の川」の対岸には、
「彦星」が祀られていたお寺さんの跡があるんだとか…
そこに架かる橋は、鵲(かささぎ)橋というそうで、
「昔々、7月7日が大雨で川を渡ることが出来ずにいると、
沢山のカササギが橋の代わりをして渡してくれた」
といったお話しに由来するんだとか。

ロマンチックなお話ですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

素盞鳴(すさのお)大神♪

2013 - 07/05 [Fri] - 06:55

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(14)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑭素盞鳴(すさのお)大神

体を清めた「イザナギ」は
続いて左目を濯(すす)ぎました。

すると、
それはそれは美しい女神様がお生まれになりました。

「イザナギ」はその女神に
「アマテラス(天照大御神…あまてらすおおみかみ)」
という名前を付けました。

続いて右目を洗った時にお生まれになった神様に
「ツクヨミ(月讀…つくよみ)」と名付け、
次に鼻を洗ったときにお生まれになった神様には
「スサノオ(建速須佐之男…たけはやすさのを)」と名付けました。

この3柱の神様を見た「イザナギ」は
大変喜びました。

イザナギ「ああ…
私は次々と子供を生んできたけれども
禊(みそ)ぎの最後の最後で
世にも尊い3神を生むことが出来た!
なんて嬉しいことであろう!!」

そう言うと「イザナギ」は、
首にかけてあった玉飾りを外し
玉飾りをそよ風にゆらゆらと揺らしながら
陽射しに綺麗にきらめいた玉飾りを
「アマテラス」に差し出しながら言いました。

イザナギ「『アマテラス』よ!、
お前は私に変わって
『高天原(たかまのはら)』を治めよ!」

次に「ツクヨミ」に向かって
イザナギ「『ツクヨミ』よ!
お前は私に変わって『夜の国』を治めよ!」

そして「スサノオ」には
イザナギ「『スサノオ』よ!
お前は私に変わって大海
『大海原(おおうなばら)』を治めよ!」
と言い渡し、仕事を分担しました。

こうして「高天原」「夜の国」「海」とが
3貴神の手にゆだねられました。

「アマテラス」は大空「高天原」を
「ツクヨミ」は「夜の世界」をそれぞれにお治めになりましたが、
末っ子の「スサノオ」だけは
父「イザナギ」の言いつけに従わず
いつまで経っても
「大海原(おおうなばら)」を治めようとしませんでした…


これは、過去のブログ「古事記(三貴神の誕生)18話
その前後の古事記に出てきますが
この神様はいろんなところで登場されます。

「素盞鳴大神」「建速須佐之男大神」などと表記され
上記の通り、イザナギとイザナミの間に生まれた子で
「天照大御神」の兄弟
「天照大御神」を怒らせてしまい
有名な「天の岩戸開き」神話の原因となった神様
出雲では、荒ぶる「ヤマタノオロチ」を退治し
尾から出てきた三種の神器「アメノムラクモノツルギ」を
「天照大御神」に献上したことでも有名
夏越大祓式「茅の輪神事」の備後国風土記に伝わる
話しでも有名です。

「ヤマタノオロチ」退治のお話が一番有名ですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心(たごころ)姫大神
⑱市杵島(いちきしま)姫大神
⑲瑞津(たぎつ)姫大神
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

年に1度の球技大会♪

2013 - 07/04 [Thu] - 06:20

先日、県下神職親睦球技大会が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

主催は長野県神道青年会
私はとっくに卒業していますから
ここ数年は気楽な立場で参加
武石1
県内を4地区に区切り当番を回していますが
今年は東信地区の当番ということで
上田市の武石総合グランドにて開催
武石2
朝7時半受付ですので
遠いところでの開催の場合は前日宿泊しますが
ここなら1時間ちょっとで行けるところでしたので当日出発
駒ヶ根を出たときは小雨
諏訪まで小雨は続きましたが
新和田峠のトンネルを越えると雨は止み
次第に青空も見え始め、とても暑い日になりました(汗
武石1
県下神職…ですから、長野県各地からぞくぞくと集合
大きな声では言えませんが、神職総会よりも多い人数
フェイスブックにコメントをいただきましたが
まさに各地には神主さんが残っていないような状況に(笑
参加者数は100名を超え、賑やかな大会となりました。
武石4
出場チームは…
・戸隠チーム
・長野チーム
・大北チーム
・南安チーム
・松塩筑チーム
・東信チーム
・諏訪チーム
そして我等が南信州チームの8チーム。

中でも東信チームは
野球経験者の若者揃いで常勝チーム
その常勝東信チームを破らんと他の7チームが戦いますが…
結果は東信チームの優勝
我等が南信州チームは何年になるでしょうか
連続準優勝という結果。

ま、親睦大会ですから楽しむことが第一
とはいえ、三振やエラーをすれば悔しいものです(大汗
越百1
終わった後に行う懇親会の後
場所を駒ヶ根にうつして相棒Mと反省会
越百2
という名目でただの呑み会♪
終わったときは、「やはり走れなきゃ駄目だ」とかいって
走り込みの決意をするのですが…

走り込みを実現した試しは未だかつてありません(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

氏子参拝旅行下見(最終回)♪

2013 - 07/03 [Wed] - 06:16

先々月の出来事がようやく最終話です(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「箱根神社」を参拝した後
ホテル小涌園を下見して昼食をとりに沼津港へ
19_20130701171619.jpg
美味しい海の幸に舌鼓♪
山猿には堪えられません♪
そして最後の参拝神社へ♪
18_20130701171617.jpg
「富士山本宮浅間大社」
17_20130701171616.jpg
静岡県富士宮市にある神社で
16_20130701171607.jpg
駿河の国の一宮
15_20130701171605.jpg
御祭神は「木花之佐久夜毘売(このはなさくやひめ)命」
14_20130701171604.jpg
こちらは「本宮」で「奥宮」は富士山の頂上にあります。
13_20130701171603.jpg
富士山を神体山としてお祀りする当神社
富士信仰の中心とされ
世界文化遺産に登録された
富士山の構成資産の一部とされています。
12_20130701171601.jpg
朱に彩られた御社殿は、徳川家康により造営されたもので
御本殿は国の重要文化財となっています。

さて、2日間の全行程を終え
朝霧高原を越えて一路上伊那へ戻ってきましたが
これから行程を考え、今月中にはパンフレットが刷り上がり
11月に向け参加者の募集にうつります。

なにせ今年は、神宮の御遷宮
先立ち「お白石持ち行事」で上伊那から400人が
この夏に3班に分かれて伊勢を参拝しますので
11月の氏子参拝旅行はどうなることやら…
お白石持ち行事があるから参加者が減るのか
お白石持ち行事に参加した人も当旅行に参加するから増えるのか
これまで以上にまったくもって見当が付かない参加人数
いずれにしても良い内容にして
参加者に喜んでいただける参拝旅行にしますので
皆様方のご参加を心よりお待ちしております(終わり♪

旅行は、11月6~7日です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード