日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2013年08月  

お白石持行事「覚書」(当日編)♪

2013 - 08/31 [Sat] - 06:41

事前準備も大変でしたが
行き当たりばったり的に迎えた当日
え?そうなの?ということもあり20年後のために書き残します♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

本当の覚書で裏話的なことになってしまいますが…

【第1班】7月28~29日(内宮)
神社庁枠でいただいた160名(バス4台)でしたが
上伊那支部独自での行動をお許しいただき
バスは地元の伊那バスを利用
宿泊は、神宮会館を抑えさせていただきました。

出発も早めに設定させていただき
昼食は伊勢を通り過ぎた「安土桃山文化村」でとり
渋滞・混雑を予想して余裕のある行程でしたので早く着いた分
「安土桃山文化村」では、お城へ足を伸ばした人もいました。

昼食前に、バスの中では
御朱印申込(1社300円)
2日目のお白石奉曳車をバックの集合写真申込(1200円)
赤福の申込(帰りのバスに積み込み)などが行われました。

「浜参宮」が午後1時からの受付ということでしたが
早めに昼食会場を出て
12時半過ぎには受付場所となります駐車場へ
駐車場ではトイレに行く人は行き、バスを降りるのは少し先
「二見興玉神社」の少し手前でした。

「二見興玉神社」では、鳥居のところでお祓いを受け
お参りをしたら、二見プラザ(水族館方面)に向けて歩き
バスは二見プラザの駐車場に移動しているので
そこでバスに乗りました。

第1班は、「お白石持行事」を「内宮」で行いますので
御神楽を「外宮」で奉納することを予約してあり
「外宮」に着いたらまずは集合写真

15時に神楽が始まる予定でしたが
ちょうど夕立のような雨に遭ったこともあり
準備の関係で少し早い神楽殿入りとなりました。

このことでなのか、3号車で1名はぐれてしまった方がいて
バスの中で「はぐれたら神宮会館へ」といっていたことを受け
先にタクシーで神宮会館へ来ていた方がいましたが
これを受け第2班は、参拝も揃って行うようにしました。

この時期だけだと思いますが
御神楽(御祈願)での玉串奉奠はなく
代表者の名前が祝詞で読み上げあられ
代表者が御神酒をいただき、お下がりを頂戴致しました。

神宮会館の到着は16時過ぎだったでしょうか?
宴会を18時スタートとしましたので
入浴の時間をたっぷり取りましたが
狭いお風呂でしたので混み合ったことと思いますから
時間をずらして…と案内しても良かったのですが
みんな時間をずらせば同じことなので言いませんでした。

神職と添乗員は神職部屋で打ち合わせ
1日の反省と宴会の役割分担
(司会は録事、乾杯は春日支会長、中締めを支部長)
本番である2日目の段取りを確認しあい
参加章「木札」をバスの責任者に渡しました。

宴会の始まる前には、録事(事務局)より
風呂の時間、朝食時間、荷物置き場の確認、出発時間を確認し
飲み放題プランはつけずに宴会は飲み放題
冷酒が飛ぶように出てしまいましたので
第2班は最初から
冷やのお酒を何本か出してもらっておくようにしました。

2日目朝、6:50から朝食をとり
7:30からBSでNHKの連続テレビ小説を観て
白装束に着替えた一行は荷物を荷物置き場(別館)に置き
貴重品をフロントに預けてロビーに集合
バス毎に参加章「木札」を配り
ポカリスエットの小さいのを一気に飲み干し
歩いて奉曳出発地点へ
おはらい町は一番車の奉曳が始まっているからと
大通りを歩き浦田の信号を右折して結団式を行う駐車場へ
(実際には、少し勘違いして違う駐車場へ行ってしまいました)
長野県の一団と合流して結団式
奉曳車に近い方から4珠3珠2珠…と続き
先頭に向かって右側から「伊」「勢」「神」「宮」
「勢」と「神」が先に綱について綱を送り
そのあとで「伊」と「宮」が綱につきました。

綱につく手前で1列になり「エンヤー!」の掛け声と共に曳き
宇治橋の前で綱を放して、おもてなしのお茶をいただき
宇治橋を渡り参道を進み、手水を執ると
その先で白布が配られ、更にその先で「お白石」が配られます。

結団式の時に、その「白布」に御朱印を押してもらえるかも?
というお話もありましたが、押してもらえなかったようです…
「お白石」は1人1つ、大小様々でした。

「お白石」を「白布」に包み更に参道を進み御正宮へ
ずっと手前からガイドさんや添乗員さんの同行は止められ
幟(神社名や神社庁名)も止められていたはずでしたが
今回はかなりのところまでお咎め無し
第2班からは、かなり厳しくなっていました。

私たちは、手水を使ったら写真は駄目だよと指導してきましたが
実際には、石段の上に「写真撮影禁止」の立て札があり
その辺りまで写真を撮っている方が見受けられました。

御正殿の後ろ側から出て、流れに沿って参道を戻り
授与所過ぎを右へ折れ、鯉のいる池のところで集合
人数を確認し、記念品引換券を渡しおもてなし広場へ
「内宮」のおもてなし広場は、勢の國屋の左横の駐車場
おもてなし広場で記念品を引き換え徒歩で神宮会館へ
着替える前に昼食(手こね寿司)を取り
昼食後、荷物置き場(着替え部屋)で着替え
おはらい街・おかげ横丁を散策し王将で買い物、帰路。

【第2班】8月18~19日(外宮)
こちらは、上伊那支部独自で確保した枠200名(バス5台)
第1班に同じく伊那バスで宿泊は神宮会館
ワイプラザの田中さんは一般参加者として乗車しながら
他の2名の添乗員をまとめながらの参加
第1班で、伊勢市内がそれほど混んでいなかったことを受け
各バス30分ほど遅い出発
それぞれのバス毎にバス内学習
また第1班と同じ業務が行われ
最初の目的地は同じく「安土桃山文化村」で昼食
13時前に「浜参宮」の受付を済ませて
「二見興玉神社」の手前でバスを降りお祓いを受け
今度は「外宮」にお白石を奉献しますので
「内宮」で御神楽を奉納するために「内宮」へ。

宇治橋前でバス毎に集合写真を撮り(注文販売)
15時の御神楽の予約でしたので
先に参拝してから御神楽の予定が
やはり時間が早まったということで先に御神楽
反省からバス毎まとまって行動していましたので
皆はぐれることなく御神楽を奉納し「内宮」を参拝
私たち2号車は、「風日祈宮(かざひのみのみや)」を参拝し
距離的にはバスで移動するほどのこともないのですが
宴会開始時間など事務連絡のために
皆バスで神宮会館へ移動しました。

神職・添乗員は、神職部屋でミーティング
宴会の役割分担(乾杯は副支部長、中締めを支部長)
明日の詳細を確認しあい
第1班では8時に食堂を追い出されるようにされたことを受け
第2班の宴会開始は7時半
次の日は同じく朝食を取り白装束に着替え荷物を荷物室に置き
ロビーに集合し、「外宮」までバス移動でしたので
バスの中で参加章の木札を配りました。

バスの中では、「お白石」を奉献したあと
とにかく前の人を見失うことなく
写真撮影をする集合場所まで来ることを徹底し
バスはいったんチェックポイントで停車
地元の方が乗り込み2~3分の説明を受け
宮町公民館の辺りでバスを降り結団式へ
「神」でしたので、先に綱について綱を送りました。

「外宮」ご神域まで綱を引き、ご神域に入ったところで綱を放し
おもてなしのお茶と飴をいただき
手水を執り白布とお白石をいただき新御敷地へお白石を奉献し
裏側から出て御社殿の正面を横切り集合場所へ
(参道が狭いため、途中で止まって人数確認は不可)
授与所手前を左折して北御門のトイレの奥を集合場所とし
ガイドさんにバスの号車の旗を持って待っていてもらいました。

トイレに行かれた方がいて集合が遅くはなりましたが
そこで集合するしかないと思います。

集合写真を撮り
(1班も3班も雨が心配されるお天気でしたので
ビニールをかぶっていない奉曳車の前の写真は2班だけでした)
解団式を待たずにバスへ
バスは「外宮」から伊勢市駅をつなぐ大通りに停車とのこと
しかし…私たちはこの日の2番車ということで
1番車のバスも待っており、結局バスの場所は
伊勢市駅に近い方、つまり「外宮」からは遠い場所
この時間帯はピーカンのお天気で暑かったです(汗

神宮会館に戻ったのが11時
第1班のように先に食事かと思っていましたが
先に着替え、荷物置き場で荷物を取り
着替え室で着替え、荷物をバスに積んでからの人もいましたが
荷物を持って4回の食堂で食事
荷物をバスに積んでおはらい街・おかげ横丁を散策し
帰りは王将に寄って帰路。

【第3班】8月23~24日(外宮)
こちらは、長野県神社庁より確保した枠40名(バス1台)
申込開始日に駒ヶ根から40名予約され
キャンセルが出た都度新しい方を組み入れていただいたため
空席もなくきっちり40名で参加することが出来ました。

宿泊も行程も、基本は長野県神社庁企画ツアー通り
バスは長電、宿泊は鳥羽グランドホテル
最初の目的地昼食会場は関ドライブイン
「内宮」を参拝して「二見興玉神社」で「浜参宮」という予定
しかし「浜参宮」は早い方が良い…
とこれまでの2班で感じていましたので、先に「浜参宮」
続いて「内宮」を参拝
白装束での集合写真以外の集合写真はありませんでしたので
宇治橋前で集合写真を撮り「内宮」参拝
おはらい街・おかげ横丁は2日目に時間を取ることとして宿へ
当宿は上伊那支部と飯伊支部のバス1台ずつが別宴会でした。

2日目、鳥羽から伊勢までの距離もありますし
2日目の奉献日が土曜日ということもあり
地元奉献団が控えているということで、時間が早め
私たちは2番車でしたが、1番車と結団式が同時刻ということで
5:45の朝食、6:45の出発
結団式は7:45と、これまでより1時間以上も早く
忙しい朝となりました。

第3班は、「伊」の1珠
一番最後に綱について、ご神域に一番早く入ることが出来
待たなくても良いというのが1珠の良いところでしたが
今回はすぐ前に一番車が入ったということもあり
少しだけ待ち時間がありました。

お白石の奉献を終え、第2班に同じく北御門で待ち合わせ
集合写真を撮り、おもてなし広場で記念品を引き換え
解団式を待たずに、一等地で待っていてくれたバスに戻り
「安土桃山文化村」で着替えと昼食
10時前についてしまいましたので、着替え場所で時間調整
これまでは1日目の昼食メニューを2日目にいただき
「内宮」駐車場に車を停めて
おはらい街・おかげ横丁を散策
ちょうどこの頃雨が降ってきてしまい
どのくらいの人たちが散策を楽しんだかは解りませんが
せっかく来たのですから
たとえ雨でも楽しんでいただけたことと思います。

そして3班とも一緒の最終土産購入場所でありました
王将に寄り帰って参りました。

第三班が終了し、上伊那支部としての
「お白石持行事」の総てが終了致し
400名が無事、「内宮」「外宮」それぞれの新御敷地へ
また新御正宮の際まで入りお白石を捧げてくることが出来ました。

帰宅して1週間すると
事務局より、御礼通知と集合写真(A4版)が送られ
その中に、今年度の「氏子参拝旅行」のチラシも入っていて
今後に繋がっていけば…と考えています。

これから20年先のことではありますが
実際には8年前から祭事が行われ
6年前には奉賛活動も始まっていますから
逆算すると、あと12年後には諸々が動き始め
次回、第63回神宮式年遷宮の準備に入りますから
その時の覚書として書き留めさせていただきました。

20年後、元気に暮らしているのか
どういう立場なのか…まったく解りませんが
1日1日を元気に楽しく過ごしていきたい
20年後を考える時、そう思った次第です。

そんな意味でも、20年に一度の御遷宮
よみがえりの御遷宮
私たちも毎年毎年よみがえりを重ね
元気に次の御遷宮を迎えられますように♪

20年後は、子供に連れて行ってもらうことを夢見て♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

「お白石持行事」覚書(準備編)♪

2013 - 08/30 [Fri] - 06:10

3班に分かれて行いました「お白石持行事」
20年に一度のことではありますが
必ず20年後はやって来ますので
楽しいブログとは違いますが
今回は個人的な覚書として書かせていただきます♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年行われます第62回神宮式年遷宮
祭事は「山口祭」今から8年前から行われており
次の「御杣始祭」から携わらせていただいた今回の「御遷宮」
木曽の赤沢美林で行われた「御杣始祭」
「御杣始祭」で伐り倒された御神木を上松町の駅前に奉安
駅前で「御神木祭」を斎行。

28年前の、前回の「御神木祭」は
長野県神社庁の木曽支部で斎行されましたが
今回は長野県神道青年会にというお話をいただきました。

今から8年前の平成17年
私は長野県神道青年会の会長に就任し
その年の総会には木曽支部の重鎮、徳原氏をお招きして講演
その年6月には木曽の上松に5泊くらい泊まり込み
「御神木祭」をご奉仕致しました。

長野県神社庁上伊那支部の録事(事務局)を仰せつかっていた私
2年任期の会長が終わる頃
ご遷宮の募財活動が始まるということで準備が始まり
遷宮奉賛会長野県本部上伊那支部を立ち上げました。

会長が終わると同時に
長野県神社庁上伊那支部の支部長を仰せつかり
いよいよ奉賛活動が本格的に始まりました。

その頃から始めた当ブログですが
もう6年目になるんですね…と話が逸れてしまいました。

御神木の伐り出しと共に行われた伊勢でのお木曳き行事
その頃から俄に「お白石持行事」のことを聞いていましたが
いよいよ本格的に動き始めたのは4年前くらいからでしょうか…
前回までは積極的に参加活動をしていなかったという神社庁
残念ながらノウハウはなく独自に情報収集
地元の人も直前にならないと詳細がはっきり分からないといい
それでも何か情報があったら教えて下さいとお願いし
上伊那支部で毎年行っている「氏子参拝旅行」では
「お白石持行事」という尊い行事があるので是非ご参加を…
と言い続けてきました。

しかし、全体で何人なのか、長野県への割り当ては…
支部単位での申し込みは可能なのか…参加者への制約は…
なかなか全体像が見えてきません。

私以上に頑張ってくれたのは相棒M
常にアンテナを広く高く張り続け情報収集
逐一報告を入れてくれて支部としての対応を話し合いました。

ようやく「お白石持ち行事」の詳細が分かり始めたのが前年度
どうやら、長野県神社庁への割り当ては1500人くらい
17支部だと単純に割っても100人弱、バス2台か…
限りある参加枠、それでも支部独自でも駄目元で申し込みました。

駄目元が功を奏し
外宮の200名を支部独自で抑えることが出来
あとは神社庁枠、上伊那支部で何名抑えられるか
出来ることなら200名、全体で400名行くことが出来たら…

400名といったら凄い多い人数
集められるのか不安な数でもありましたが
毎年の「氏子参拝旅行」の参加者が年々増え
昨年は天橋立に400名を超える方が参加してくれていて
そんなところからも、私たちの背中を押してくれました。

人数割宛の支部長会が前年の7月に開催
私は靖國神社の「みたままつり」に行っているときでしたが
欠席裁判で少人数になってしまっては…との心配から
東京から家族と友人夫婦で長野を経由し
支部長会に出席してから帰宅するコースを選択
「何とか200名」の想いを伝えさせていただき
支部独自の200名は「外宮」なのでと
160名の「内宮」と40名の「外宮」枠
を確保することが出来ました。

しかし、それからもなお詳細の情報が入ってこない…
白装束について…写真撮影について…忌服規定について…等々
現地の取りまとめをしている観光会社も混乱している様子
それもそのはず、20年に一度の行事
しかも「お白石持行事」の性質から尊い尊い行事…
とはいっても募集を始めなければ
自然に400名が集まるはずもありませんので
その年の「氏子参拝旅行」でしっかりと宣伝し
11月中旬に募集を開始しようということになりました。

過去何年間か「氏子参拝旅行」に参加していただいた方
平成19~20年、御遷宮奉賛活動をしてくれた年の責任総代
敬神婦人全国大会、また天皇陛下御即位20年奉祝大会
それぞれに参加してくれた方、そういった名簿を元に
チラシを配って募集をかけたところ
10日強、約半月で400名の参加枠が満席となり
キャンセル待ちの申し込みも多数
当初は、例年の「氏子参拝旅行」を「お白石持行事」にあてよう
そんな話でしたが、この申し込み状況で一転
通常の「氏子参拝旅行」も企画しよう…ということになり
(この話は改めて)
とりあえず胸を撫でおろしました。

12月には申込者が400名を超えている状況でしたが
実際に旅行へ行くのは次の年の7~8月ということで
このことを参加者が忘れないように
また、せっかくの機会だから教化的活動を…ということで
事務局は大変な思いをしたでしょうけれど
伊勢の地で発行されている「いせびとニュース」や
リーフレットなどを取り寄せ
参加申し込みをいただいた方へは
その都度知り得た情報・注意事項と共に送りました。

送ることで、参加を申し込んだ方は
少しでも神宮のことに詳しくなり楽しみが増し
行かれなくなった方は、少しでも早く
キャンセルのお申し出をいただくことが出来たと思います。

年が明け、年度が明けた頃
怪我をされたり身内に不幸が出来たり
仕事の都合がつかなくなったり等々
次第にキャンセルが増えてきて
第1班の前月であります6月には
とうとうキャンセル待ちだった方を含めても空席が生じ
直前に行われました「神社大会(上伊那総代会の総会)」でも
参加を促さざるおえない状況にもなってしまいましたが
それでも第1班の空席は最小限に抑え
また、第1班に参加した方が「良かったよ」といってくれて
第2班に申し込んでいただいた方もおいでになりました。

覚書として外せないのが、相棒Mの怪我…
7月18日に行われた「上伊那神社大会」
上伊那管内の神社関係者
神職と総代450名ほどが一堂に会しての総会
相棒Mの担当は司会だけでなく
当日の資料作成に前日の準備の段取り
ところがその前日(大会の前々日)の夜9時過ぎ
寛いでいた私の元に相棒Mから電話が…
「大変申し訳ありません、怪我をしてしまいまして…」
脚立から落ちて、左手首を複雑骨折、左肩を骨折とのこと
資料を持って明日は行かれるけれど
大会当日はワイシャツは着られないのはもちろん
手術となり数日入院をするというではないですか…
神社大会は他の神職が代わりを務めはするものの
これまで何年も情報収集に人集め資料作成に段取りと
一番苦労してきたのに伊勢には???残念

と思いきや、しっかり本人は行く気満々
手術で手首にプレート、肩にボルト4本を装着し(苦笑
退院当日、若い神職に集まってもらい
第1班、7月28~29日の出発前案内の発送準備
出発前々日には、バス内で配布する栞を作成し
まさしく支部内一丸となっての「お白石持行事」となりました。

第1班はバス4台、第2班はバス5台、第3班はバス1台
それぞれのバスには神職が必ず同行すること…
ということで担当者をそれぞれの地区で若い神職に割り当て
例年の「祭祀研修会」で遷宮についてを中心に勉強し
改めて「お白石持行事」についても勉強会を…と思った矢先
相棒Mの怪我でしたので勉強会は出来ませんでしたが
「神社大会」終了後にワイプラザ(伊那バス観光)に集まり
栞を読み合わせて修正箇所の校正をすることで
しっかり事前勉強が頭にすり込まれたようにも思いました。

4月には、バスの責任者となる若い神職で
伊勢の地に日帰りで下見に行き
「内宮」と「外宮」、当日奉曳の出発地を確認
奉曳車を曳く道を実際に歩き神宮をお参りしましたが
当「お白石持行事」の受け入れを担当しているのは
「伊勢観光販売システムズ」とかいう会社で
事前に、バス毎の責任者にと配ってもらったマニュアルは
それはそれは分厚く(大げさ…笑)何度読んでも頭に入らず
会議のたびに参加者からの質問などを元に話し合い
問題点や課題点を出し合い検討しました。

当日は、それぞれのバスの中で
それぞれの若い神職が、バス内で
神宮のこと、遷宮のこと、お白石持行事のことなどを話ながら
有意義な旅となってくれたことと信じますが
何度読んでも頭に入らないマニュアルを片手に
行き当たりばったり的な旅でもあり気を遣いました。

続きますが…
ますます覚書ブログとなります、20年後のために♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭諸事♪

2013 - 08/29 [Thu] - 06:41

信州は、朝晩は寒いほどに涼しくなりました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

こうなると、いよいよ例祭が近い…
と感じる季節でもあります。

今年、大宮五十鈴神社の例祭は9月23・24日
毎年、9月23日「秋分の日」と翌24日
と決まっているのですが
昨年は暦の関係で「秋分の日」が1日前
9月22日だったものですから
例年に増して問い合わせの電話が多いように思います。

今年、例祭年番耕地は「上穂町耕地」
区長様が祭典委員長様となり
団長様も決まり区内では例祭に向けた準備も
本格的になってきたことと思います。
例祭
去る25日
上穂町区の役員の皆さまと
この1年、不幸や災い事に遭われた方を対象に
「忌服清祓・お清めの儀」が行われ
今日は「結団式」
31日は「安全祈願祭」と続きます。

年番の皆さまには、祭典に向けて忙しい日々が続きますが
何とぞよろしくお願い致します。

9月23日、獅子練り・三国一煙火等行われます。
祭典にお越し下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

直@松本市♪

2013 - 08/28 [Wed] - 06:02

ラーメンの話題が出たところで…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

塩尻市のラーメンの美味しいお店「直」♪
先日、『終戦のエンペラー』という映画を観た後
せっかく松本まで来たのだから…と
麺屋「直」に寄ってきました。
1_20130828165330a0c.jpg
映画が朝9:30からということで
終わって「直」の前に行ったのが11:20過ぎ
店の玄関には11:30からとの貼り紙
営業前にぞくぞくと集まってくる車
さすが「直」、帰りには駐車場は満車状態でした。
2_20130828165332af7.jpg
私の注文したのはチャーシュー麺♪
ん?やっぱネギ抜きじゃ味気ない?
3_201308281653346bc.jpg
こちらは味玉ラーメン♪
ネギが無くても美味しい物は美味しい♪
なかなか行かれませんが、やっぱ美味しいね~
と帰ってきました。

『終戦のエンペラー』
皆さんは観られましたでしょうか?
日本ではなくアメリカで作られた映画
というところに意味があるようにも思いました。

日本人、特に若い世代に知らない人が多い
なぜ日本が戦争に突入したのか
この戦争の意味は何であったのか
などなど、多くの方に見ていただきたい映画です♪

ラーメンから映画の話へ(笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事@第3班(2日目)報告♪

2013 - 08/27 [Tue] - 06:08

鳥羽の朝は早かった…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

第3班は、奉献日が土曜日ということもあり
集合時間から逆算
しかも今までの神宮会館とは違い鳥羽
道中のことも考えて6:45出発の5:45朝食
58_201308261808366b5.jpg
昨夜は雷が鳴り、大雨だった(そう)ですが
そんなことも知らずにただただ爆睡
59_20130826180840b69.jpg
お天気は回復し、朝焼けに起こされました♪

朝食をとり白装束に身を包み荷物をまとめてバス乗車
外宮は路上でバスを降り結団式
49_20130826181603eaf.jpg
今回は「伊」「勢」「神」「宮」の「伊」の1珠
奉曳車より一番離れた場所でしたから
奉曳車からの声は聞き取りにくかったのですが
待ち時間無く外宮の新御敷地に入ることが出来ました。
48_201308261816022da.jpg
内宮に1回、外宮に2回
新御敷地の新御正宮の際にお白石を奉献
なんて光栄極まりないことでしょう…
感激を胸に無事お白石を奉献し戻ってきました。

バス移動の際に少しパラパラと雨が当たり心配された天気
バス内でカッパを配りはしましたが使うことなく
お白石持行事の全行程を行うことが出来ました。
47_20130826181557657.jpg
集合写真を撮り、おもてなし広場で記念品を引き換え
解団式を待たずに外宮を後にしてバスへ…
第2班の反省を元に、運転手さんに乗車場所を指示すると
一番良い場所に停車していてビックリ♪
ありがとうございました。

これまでとは反対になりますが
昼食は安土桃山文化村で同じ食事をとり
内宮へ戻りおはらい町とおかげ横丁の散策
残念ながら、この頃には雨がポツポツと当たってきましたが
これは目的外ですから許せる範囲として散策の時間をとり
私は豚捨でコロッケをいただき
念願の「横丁ラーメン」へ

39_20130827175443c2c.jpg

いつもはお腹いっぱいで散策をする為に
なかなか入ることの叶わなかったラーメン屋さん
今回は昼食を少し抑えて伊勢うどんを予定していたところ
思いがけず入ることが出来ました。
37_20130827175440784.jpg
初めて食べる「横丁ラーメン」
せっかくですので私のネギ抜きでなく正式なものを(笑
38_201308271754422f5.jpg
行列が出来るだけあって美味しい♪
こだわりの麺とスープとチャーシュー♪
何とも言えない美味しさ♪おもわず…
36_20130827175439cf2.jpg
完食♪いけないとは思いつつも
なかなか食べられませんから、しっかり頂戴致しました。

駒ヶ根に戻ってきたのは6時前でしたでしょうか
まだまだ明るい状態で帰ってくることが出来
全員揃って中割の至誠館で降車
名残を惜しみながら我々は五十鈴神社へ
これをもちまして3班400名の
上伊那支部からの総ての「お白石持行事」が終了
数年来の計画が実になり完全燃焼
素晴らしい20年に一度の夏となりました♪

今年はあと4回は伊勢に行きます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事@第3班(1日目)報告♪

2013 - 08/26 [Mon] - 06:04

代わり映えのするものではありませんが…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ところがどっこい(笑
1班2班と大きな違いがありました♪
99_201308261704423a4.jpg
そう、一番の大きな違いはバス(笑
これまでは地元、乗り慣れた伊那バスでしたが
今回は、長電バスでの旅行です。

とは言っても、乗ってしまえば内装は変わりませんが
今回参加していただいた皆さまは駒ヶ根の方々
毎年「氏子参拝旅行」にご参加いただいているグループが
ごっそり申し込んでいただき私と相棒Mで合計40名
これまでは1時の浜参宮を目指していましたが
第3班を計画した神社庁ツアーに乗っかった第3班は
これまでより2時間ほど遅い出発で
昼食会場「関ドライブイン」を目指しました。
98_20130826171442d7d.jpg
これまでの2班の昼食は安土桃山文化村でしたので
目新しい感じで昼食をいただきました♪
96_20130826171440de6.jpg
今までの2班と、第3班での大きな違いは酒の量(苦笑
二見興玉神社での「浜参宮」までは禁酒…が原則ですが
そうは言っても何もお酒が出ない旅行はつまらないですからと
乾杯は全号車神宮の御料酒「白鷹」を通信販売で購入し積み込み

出発して高速道路に乗ったと同時に乾杯しましたが
今までの2班は、自粛したのか朝から呑み慣れていないのか

比較的おとなしかったのですが(笑
第3班ときたら、行きのバスから大騒ぎ
ここ昼食会場でも異例のビール注文の数(苦笑
97_201308261714414d2.jpg
毎年「氏子参拝旅行」で慣れていますして
泥酔や絡む人がいないことは承知の上でしたから
私も何も咎めることは致しませんでした♪

行程上では、先に内宮の参拝ということでしたが
添乗員さんと運転手さんにお願いをして二見興玉神社へ
やはり早い方が空いていました「浜参宮」
89_20130826172331d46.jpg
私たちのバスだけ40人で「浜参宮」お祓いを受け
88_20130826172330b9e.jpg
二見興玉神社を参拝致しました♪
79_20130826172716b6e.jpg
そして内宮へ
宇治橋前で集合写真を撮り
78_20130826172714f49.jpg
宇治橋を渡りましたが、相変わらずの水不足
こんな五十鈴川は見たことがありません。
77_20130826172712653.jpg
これから「浜参宮」に向かう
長野県神社庁の皆さまとすれ違いながら玉砂利を踏みしめ
内宮の御正殿へ向かいましたが
平日なのに凄い人人人…さすがです。
76_20130826172710e48.jpg
第1班でお白石を奉献した新御敷地を横目に御正殿へ
75_20130826172708435.jpg
それにしても暑かった…
1~3班、6日間で一番暑い日でした…
陽は出ていなかったのですが蒸し蒸し蒸し蒸し…
汗が毛穴という毛穴から噴き出し谷間という谷間を流れ(苦笑
全身ビチョビチョ(涙
このあと「浜参宮」でなくて良かったと感じました。

そしてもう一つ、これまでの2班と大きく違ったのは宿
69_20130826174823d3b.jpg
鳥羽の湾が一望できる「鳥羽グランドホテル」に宿泊
宴会はそのままワイシャツ(スーツ)で出ていましたが
今回は、そんなわけでワイシャツはビチョビチョ
失礼して、作務衣で出席させていただきました。
67_20130826174813979.jpg
第1班は160名、第2班は200名での宴会でしたが
今回は40名だけでいつもながらの畳での宴会
68_20130826174814c1c.jpg
器が大きく上品な(笑)お料理をいただきながら
66_2013082617481181a.jpg
カラオケや、上写真のようにコーラスも飛び出し
宴会は大盛況♪
私も「箱根八里の半次郎」をトリに歌わせていただきました。
(11月の旅行が箱根ですので…笑)
宴会の中締めを終え、相棒Mとちょいと外へ♪
65_20130826174810757.jpg
せっかく海無し県から鳥羽に出てきましたのでと
海鮮料理を食べようじゃないか…と「浜辺屋」という
小料理屋さんへ♪
64_20130826174808514.jpg
海鮮料理だけでなく松阪牛のタタキを堪能
宴会後というのに、締めは海鮮丼♪
今考えただけでもヨダレが出ます(笑
9時半が閉店ということで渋々帰ってきましたが
次の日は5時45分から朝食ということでしたので
丁度良かった1日目の夜の散策でした。

ぐっすり眠ることが出来ました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

帰宅♪

2013 - 08/25 [Sun] - 06:24

無事に、お白石持行事第3班も
全行程を終えて帰って参りました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

第1班 7月28~29日(内宮・160名)
第2班 8月18~19日(外宮・200名)
第3班 8月23~24日(外宮・40名)

上伊那からの400名が
これで総て無事に終了致しました。
06_2013082209550628a.jpg
詳細は改めてご報告致しますが
ま、大きくは変わりません(笑

これで総てが終わり
ホッとしているところです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事@第3班♪

2013 - 08/24 [Sat] - 06:29

今私は、伊勢に来ています♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お白石持行事の第3班として
駒ヶ根の40名を引率しています。
38
そう、これは予約投稿ですので
また改めてご報告致しますが
台風が近づいているとのこと
無事の帰りをお祈りください♪

今回が最終の「お白石持行事」のご奉仕です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

処暑(しょしょ)♪

2013 - 08/23 [Fri] - 06:47

暑い日が続いていますが
台風も近づいているようです…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日8月23日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ「処暑」です。

暦便覧には、
「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」とあります。

すなわち、「処暑」を境に
暑さが終わりだんだん涼しくなると言う意味です。

長野では、お盆が過ぎると特に朝晩はグッと涼しくなりますが、
暖かい地方ではまだまだ真夏日が続き、
最近では「処暑」の情緒はないように感じます…。

「処暑」の頃には、
萩や綿の花が咲き、
ひぐらしが盛んに鳴き、
暑さの峠が過ぎた頃ということですが、
台風のシーズンでもあります。

そして、穀物にとっては一番大事な時期でもあります。

と共に農家の皆さんは特に、心配な時期でもあります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事@第2班(2日目)報告♪

2013 - 08/22 [Thu] - 06:02

第2班は外宮のご奉仕ですので
バスで外宮へ移動して結団式の会場へ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

第1班に比べ、何が違うって…お天気@@;
第1班では、夜中に雨が降り
朝もパラパラと霧雨が舞うようなお天気でしたが
この日は晴天
21_201308221512187e1.jpg
第1班では見られなかった青空から
ギラギラした太陽が私たちを照らします。
22_201308221512208ce.jpg
結団式の会場まで歩くだけで汗だく状態…
23_20130822151222644.jpg
結団式会場は道路上
陽射しを遮る建物などはなく
燦々と輝くお天道様の下で結団式
この日の第2番車、1648人ということでしたが
私たちは「神」の2珠
24_2013082215122472e.jpg
「伊」「勢」「神」「宮」と4列に別れ
1列ずつ奉曳車に近い方から4珠3珠…
「えんやー!」
25_20130822151226e13.jpg
の掛け声と共に奉曳車を外宮のご神域まで曳き
26_20130822151245933.jpg
そこで綱が巻き取られ
御正宮目指して1列で進み
手水を執り白布とお白石をいただき
御正宮(新御敷地)の際にお白石を奉献してきました。
27_20130822151247a57.jpg
不思議と綱を引いている間は雲が出ていて
直射日光を避けることが出来ましたが
暑いことには変わりなく…
途中の水分補給の大切さを感じました。

おもてなし広場で一休み
記念品をいただき

お白石持記念品

バスで神宮会館へ移動
30_20130822151248d59.jpg
ボリュームたっぷりの手こね寿司
31_20130822151251b01.jpg
…を食べたにもかかわらず(笑
「おはらい町」「おかげ横丁」を散策♪
32_20130822151255038.jpg
無事に「お白石持行事」が終わったことを仲間内で祝い乾杯♪
33_20130822151303dd2.jpg
第1班の時に同じく赤福氷でクールダウン♪
一路上伊那に帰ってきました。

第1班は160名、第2班は200名
合計バス9台の360名が
20年に一度の貴重な行事を体験し
感謝感激大満足で無事に帰ってくることが出来ました♪

次は最終の第3班です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事@第2班(1日目)報告♪

2013 - 08/21 [Wed] - 06:15

8月18~19日の1泊2日にて
第62回神宮式年遷宮「お白石持行事」
のご奉仕をして参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は、上伊那支部として第2班
先回の7月28~29日は内宮のお白石持行事を奉仕しましたが
今回は外宮のご奉仕です。

早朝、駒ヶ根市を出発
第1班は駒ヶ根と中川の混合バスでしたが
今回は皆駒ヶ根、しかも出発地は五十鈴神社1箇所
ということで、予定通りの出発♪

第1班では相棒Mが一緒でしたので
今回の特徴でもありますバス内学習は相棒Mが担当しましたが
第2班は私が喋り倒しました(笑
神宮について
遷宮について
お白石持行事について…
ご参加の皆さんも、眠い目をこすりながら?
しっかり私の話を聞いてくださいました♪

恵那峡・刈谷・安濃と休憩を挟み
最初の目的地は昼食をいただく安土桃山文化村
01_20130822093344d33.jpg
金一色に包まれた(笑)大名昼食?をいただき
02_20130822093346d4c.jpg
浜参宮を行います二見興玉(ふたみおきたま)神社へ
03_201308220936329c6.jpg
まずは少し離れたところで受付をしトイレを済ませバス移動
二見興玉神社の手前でバスを降り行進♪
04_20130822093634a3c.jpg
鳥居の手前で無垢鹽(むくしお)祓いを受け各自参拝
無垢鹽祓いでは普通の大麻(おおぬさ)と違い
乾燥した海草の大麻でお祓いを受けました。
05_20130822093636bc4.jpg
シンボルでもあります夫婦岩を横目にお参りをし
境内を抜けてバスに乗車
内宮を目指します。

第1班は内宮へのお白石持ご奉仕でしたので外宮で御神楽
第2班は逆に、外宮へのご奉仕ですので内宮で御神楽
ということで内宮を参拝
06_2013082209550628a.jpg
先月は、この新しいお社の中に入ることが出来たんだ~
などと感激を新たに神様のお鎮まりになります方の御社殿を参拝
「風日祈宮(かざひのみのみや)」をみんなで参拝し
いったんバスに戻り数分の乗車で神宮会館へ
1時間半ほどの休憩、入浴タイムを取り5時半から宴会
私たちはスタッフルーム(神主宿泊雑魚寝部屋…笑)で
明日本番の打ち合わせ会議
07_20130822100223098.jpg
詳細を打ち合わせて懇親会場へ
08_201308221006280ab.jpg
近年にはない200人合同の大宴会がスタート
全員にお酌…というわけにはいきませんでしたが
顔見知りの方にお酌に回りヘロヘロ~
何とか宴会も終了♪
11_20130822145928e7f.jpg
神職添乗員スタッフで「武雷庵」へ♪
10_20130822145927909.jpg
生牡蠣♪
12_20130822145930725.jpg
蒸し牡蠣♪
13_20130822145932d55.jpg
松阪牛串♪
いつもの3点セットで1日の疲れが吹っ飛びました♪

1日目の報告は以上です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事(第2班)♪

2013 - 08/20 [Tue] - 06:07

昨日、無事に帰って参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

先月末、お白石持行事第1班
内宮のご奉仕をして参りましたが
今回は第2班として外宮のご奉仕をして参りました。

8月18~19日で行ってきたのですが
前回と比べてお天気も良く
って、あまり良すぎても暑いだけなのですが
お陰様に雨も降らず
かといって体調を崩される方もおらず
無事に帰ってくることが出来ました。
結団式(内宮)
こちらは前回の内宮、結団式の様子
広い駐車場、厚い雲に覆われていましたが
この雲がなかったら…ぞっとするほどに
この日は日が照らず、雨も降らずの最高のお天気
結団式(外宮)
こちらは今回の外宮、結団式の様子
駐車場がありませんので
道路を通行止めにして勢揃い
空はご覧のように入道雲がモックモクの晴天
それでも綱を引き始めるとあら不思議…
暑い陽射しは雲に遮られ
暑いことに変わりはありませんが
お陰様のお天気でした。

詳しい報告は、また改めて♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

ティンの店@中川村♪

2013 - 08/19 [Mon] - 06:57

久々に行くことが叶いました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

相棒Mの怪我により
お白石持行事の出発案内やら栞作成やらで
中川村に行くことが多くなり
昼食にと「ティンの店」へ行きました。

最近、飯田のお店が忙しくなったとやらで
中川のお店はお昼のみ…
しかも月曜日定休…ということで
とんとご無沙汰になっていましたが
そんなわけで久々に「ティンの店」
ティンの店
私が決まって食べるのは
タケノコのカレー「ケーンペッガイ」♪
辛いのがあまり得意でない私にとっては
めちゃめちゃ辛いですが
美味しい♪
めちゃめちゃ美味しいんです♪

写真を見ただけでもよだれが出てきます…
お昼しかやっていないということで
先日は満員状態では入れずふられてしまいましたが
又行きたいお店です♪

ここのトムヤンクンも美味しいです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

池の埋立♪

2013 - 08/18 [Sun] - 06:33

先日、とある会社に伺いました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その会社の門を入ったところには
大きな池がありましたが
今では、これといった魚もおらず
使い勝手などを考えて
埋め立てることにされたと
埋立のお祓いに伺って参りました。
池埋立
会社というか工場ですから
大きなトラックの出入りもあり
池が無くなれば使い勝手も良くなると思いましたが
長い間、池として使用してきたことに感謝し
埋め立てることを水神様他神々にご報告申し上げました。

益々のご発展をご祈念申し上げます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

蔵の建て替え♪

2013 - 08/17 [Sat] - 06:14

いやはや…怠慢も良いところですね(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お盆が過ぎ
お白石持行事があり
と、言い訳を並べればきりがありませんが(汗
21日に書いております(大汗
蔵取壊1
先日、土蔵を取り壊したい…
とご連絡がありお祓いに行って参りました。

大きな大きな土蔵でしたが
年が経つにつれ使い勝手も変わり
取り壊すに当たりお祓いを…
ということでした。
蔵取壊2
そして後日
新しい倉庫が完成したとのことで
完成のお祓いに行って参りました。

土蔵は大きく造りもしっかりしていていますが
古くなると戸もギスクなり重く
開け閉めが億劫になると使用する頻度も下がり…
なんていうことも良くある話
日当たりも悪いので…というのが
今回の工事に踏み切った理由のようでした。

日当たりが良くなったと喜んでおられました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お白石持行事第2班♪

2013 - 08/16 [Fri] - 06:43

いよいよ今日でお盆もお終い…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お盆が過ぎると
あれ?と思うほどに涼しさを感じる信州ですが
今年の夏は、そうはいかなさそうですね(苦笑

加えて、今年は神宮ご遷宮の年
先月、お白石持行事の第1班を引率し
報告ブログも書きましたが
第2班が、早いもので明後日18日出発します。
お白石持ち行事
先回は、報告の通り
気にならない程の小雨が舞うお天気
真夏にはもってこいのお白石持日和でしたが
今回はそんなに上手くいきそうにありません…
各地で最高気温を更新し
熱射病などの報道が毎日のようにあり
予想以上に暑い暑いお白石持行事になりそうです。

第1班は駒ヶ根と中川の合同バスで行きましたが
第2班は駒ヶ根だけで1台となるバス
全体で1台多い5台で伊勢へ行って参ります。

再び真夏の良い思い出を作ってきたいと思います♪

今度は「外宮」へお白石持行事です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

成人式♪

2013 - 08/15 [Thu] - 06:54

世の中一般では
「成人式」と行ったら1月15日
(今では日が変わってしまいましたが)

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

しかし、当地駒ヶ根では
昔から、今日8月15日に行われています。

成人を祝う儀式は昔から行われており
男子では「元服(げんぷく)」、女子では「裳着(もぎ)」
女子も「元服」といった時代もあったようです。

それぞれ、子供から大人への通過儀礼として行われ
古くは12~16歳、戦国時代には8~10歳
明治時代に入り18~20歳となり
現在では民法で「年齢二十歳をもって、成年とする。」
と定められています。

当地域で「成人式」が1月ではなく8月に行われるのは
二十歳の若者の大半は郷里を離れ大学に行っていることが多く
行政で行われる「成人式」に集まるには
1月より8月の15日の方が集まりやすいからだと思われます。

私もかれこれ二十数年前、
久しぶりに会った同級生たちと
懐かしい話しで盛り上がったことを思い出します。

それから二十数年が経ち
中学を卒業して成人式を迎えた日々より
ずっと長い倍以上の月日が経っていますが
その二十数年の方が短く感じるのは
年をとったせいでしょうか…いや、年をとったせいでしょう。

大宮五十鈴神社の氏子区域は5地区
上穂町区の新成人の皆様は「三和社」で
成人式(三和社)
あとの4地区の皆様は大宮五十鈴神社で「成人式」をします。

昔の「成人式」元服は、氏神様の前で
子供の髪型から大人の髪型に改めたといわれていますから
日本全国、(くどいようですが、一般的には1月です)
各地の氏神様で「成人式」が行われていることと思います。

夏なので、当地では着物で「成人式」の方は殆ど見られません♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

盂蘭盆会(うらぼんえ)♪

2013 - 08/14 [Wed] - 06:04

お盆の期間は、ブログへのアクセスが減る…
という統計が出ているようですが、お盆の話題のせいか、
当ブログはアクセス数が増えています(喜
せっかくですから、もう少し続けましょう♪お盆最終日もお盆の話題で♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…地球温暖化を食い止めましょう★

アクセス数は増えていても、順位は上がりません(涙。
クリックをお願いします♪↑↑



さてさて、ということで今日は
「盂蘭盆会(うらぼんえ)」についてお話しさせていただきます。

「盂蘭盆会」が、「お盆」という行事の元になった…
ということは先日書きました。

その「盂蘭盆経」の解説を要約します。

昔々、お釈迦様のお弟子さんの中に、
目連尊者(以下、目連)というお弟子さんがいました。

目連は、とても神通力の強いお弟子さんでした。

あるとき目連は、安居(あんご)という修行の途中、
幼くして死に別れたお母さんのことを想い、
お母さんは今何をしているのだろう…と、
得意の神通力であの世のお母さんの姿を探しました。

目連は、お母さんは良い世界に生まれ変わっている…
そう思っていましたが、
何とお母さんは「餓鬼道」に落ちてしまっていたのです。

「餓鬼道」を彷徨っているお母さんは、
ひどく喉を枯らし飢えていたので、
目連は水や食べ物を差し出しました。

しかし目連が差し出した水や食べ物は、
口に入る直前に炎となって消えてしまいました。
何度やっても同じことの繰り返し…
それどころか、その炎は燃え広がり、
その炎を消そうとして注いだ水は油となり、
お母さんは火だるまになってしまいました。

困り果てた目連は、お釈迦様に相談しました。
「なぜ、お母さんを助けることが出来ないのでしょうか?」

お釈迦様は言いました。
「目連、お前の母親は、自分の欲ばかりに目がくらみ、
自分のことばかり考え、
人のことを考えて恵み与えるということをしなかったから、
死んだ後も、欲に縛られ苦しみ続けているのだよ。
日々良いことをしていれば必ず報われ、
悪いことをしていれば必ず悪い結果しか伴わない。
今は、目連が周りの人に恵み与えることで、
母親を餓鬼道から救い出すことが出来るだろう。」と。

目連はお釈迦様に言われた通り、
安居(あんご)の最終日の7月15日、
修行をしているすべてのお坊さんに食事を恵み与えると、
目連のお母さんは餓鬼道の苦しみから救われました。

喜んだ目連は、
「このことを後の世の人々にも伝えていきましょう。」
とお釈迦様に言いました。


この盂蘭盆経が、今の「お盆」の起こりなのだそうです。

ですが、同じ仏教でも宗派によって違うこともあるようですので
違う部分はご容赦をいただければと思います。

この「盂蘭盆経」、仏教が中国に伝わったときに
中国で作られたお経だと言われていますから、
「お盆」という行事も、本来の仏教の行事ではないようです。

ここから解釈をしますと、
毎年7月15日に地獄に堕ちて苦しんでいる人を救うために、
飲食をお盆に盛って施し供養をすることによって、
その苦しみを取り除くための儀式が日本に伝わり、
日本の先祖供養と相俟って、
「盂蘭盆会」の「盆」、飲食を盛る「盆」から、
「お盆」という行事として融合したもののようです。

もともとインドの仏教にはなかった「盂蘭盆会」、
中国で作られた「盂蘭盆会」でも、
上記から御先祖様の御霊が家に
帰ってくるという考えはなかったようです。

日本に「盂蘭盆会」が伝わり、
御先祖様の御霊が帰ってくる「お盆」となったようですね。

「千の風になって♪」が、
日本であれだけヒットした意味も
この辺にあるのかも知れませんね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

お盆のお供え物♪

2013 - 08/13 [Tue] - 06:01

お供えする品や方法は、
地域や各ご家庭によって様々だと思います。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

定番としては天ぷらですが
内容はやはり地域によって様々
当地では「天ぷらまんじゅう」、
その名の通りお饅頭を天ぷらにします。

昔から当たり前のように食べていましたが
どうやら全国共通ではないようです(汗。

話はそれましたが、
天ぷらの他にもおご馳走をご仏前(御神前)にお供えし
食事などのお供え物の他に、
キュウリや茄子に爪楊枝で足や耳・角なのどを
象ったものをお供えします。

盆お供え

これは、御先祖様が馬や牛にのって家と行き来して下さい…
といった思いからのようです。

もっと言うと、キュウリで馬を作り、茄子で牛を作るのですが、
「馬」はお迎え用、「牛」はお送り用、
「馬」は急いで家に来て欲しいから、
「牛」はゆっくり帰って欲しいから…
といった思いが込められています。

迎え盆(お盆の入りの頃)には馬だけ作って茄子はそのまま、
送り盆(お盆の最終日の頃)に茄子で牛を象ってお供えする
といった地域もあります。

それらお供え物を置くゴザを
「盆茣蓙(ぼんござ)」といいますが、
真菰(まこも)という稲科の植物の茎で編んだ茣蓙を敷きます。

当地では(全国共通だと思っていました…汗)、
宴会で最後まで飲んでいる人達を「ボンゴザ」と呼びますが
これは、長年使う盆茣蓙の上に、
使い捨ての盆ござを敷く家があり、
そういった家では、盆ござが最後に残るから…
と教えていただきました。

お盆が済むと、
この茣蓙とお供え物は川に流す風習がありましたが
現在では環境問題もありますので川へは流さず、
庭先で焼いたり(これも出来ない地域もあります)処分をします。

昨日も書きましたが、元来の仏教は輪廻転生(りんねてんしょう)
遺骨はガンジス川に流してしまいますから、
お墓もなければ死者を祀るということはなく、
ましてや祖先崇拝
日本でいうお盆のように現世の人と祖先の御霊が交流?する
といった風習はありません。

仏教は、中国大陸で道教や儒教の思想が入り、
日本に伝わって日本古来の信仰である神道の考え
「敬神崇祖(けいしんすうそ・神を敬い祖先を尊ぶ)」
といった考えを取り入れ今のような行事となりました。

「お正月」「お盆」「春秋のお彼岸」は
日本独自の四季のご先祖祭りです。

お盆は、御先祖様の御霊と共に過ごすのです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

迎え火と送り火♪

2013 - 08/12 [Mon] - 06:48

昨日、お盆はもともと神道の行事…
というブログを書きましたが
13日の「迎え火」と16日の「送り火」はどうするの?
と聞かれることがあります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「お盆」がご先祖様をお迎えして
ご先祖様に感謝するお祭で
神道の行事ですから
同じように「送り火」も「迎え火」も焚いていただきます。

「送り火」「迎え火」という風習は
鎌倉時代からとされていますので
仏教が日本に伝えられた以降のことですが
ご先祖様という考えは日本古来のものですので
神道のご家庭でも焚いてお迎え・お送りいただきます。

「盆提灯」にもこれら同じような意味があるようです。

「盆提灯」で神道と仏教の違いは
よく「仏教」で用いられる「蓮の花」
如来像の台座が蓮をかたどっているように
「蓮は仏の智慧や慈悲の象徴」とされていますので
神道の「盆提灯」は「蓮」が描かれていないものを選びます。

お盆には、お仏壇や御霊舎(みたまや・神道でいう仏壇)
または盆棚を作ってお供えをします。

「お供え物」のお話しは明日♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

お盆♪

2013 - 08/11 [Sun] - 06:24

一般の方は、
「お盆」と「神道(神社)」は関係ないものと
思われるかもしれません。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ところがぎっちょん(笑
「お盆」という名前は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という
仏教の行事からきていますが
本来この時期にご先祖様をお迎えするのは
「神道」の行事なのです。

「お盆」という言葉は、
仏教の行事としてしっかり定着されていますが、
これは仏教が日本に伝わる前から日本で行われていた
「祖先崇拝」の行事に、
後に伝わってきた仏教の「盂蘭盆会」といった行事が重なり、
その「盆」という言葉をとり
「お盆」として習慣化していったと言われています。
(供え物を載せるもののことを昔「盆」と言ったことから、
この行事を「お盆」というようになったとの説もあります)

「神道」では、お亡くなりになってから初めて迎える「お盆」
「お新盆」を「新御霊祭(あらみたままつり)」と言いますが
「新盆」といわれればあえて否定はしません(笑。

本来の仏教は「輪廻転生」の考えに基づき、
遺骨はガンジス川に流してしまい、
「お墓」「ご先祖様」といった習慣などありませんが
仏教が中国に伝わり道教や儒教と相まって、
更に日本に伝わり古来より伝わる祖先崇拝の考えを取り入れ
「亡くなったら『仏様』」ということで、
今の日本の仏教となりました…ということから
ご先祖様の御霊を家にお迎えする行事は、
日本古来の行事であり、
すなわち神道の行事なのです。

お盆には、
ご先祖様の御霊が家に戻ってくるとされており、
もともとは旧暦の7月15日を中心に行われていましたが、
現在では新暦の7月15日に行う地方と、
旧暦の7月15日に近い8月15日に行う地方とがありますが、
当地では8月に行われます。

いずれにしましても、
「お盆」という行事は日本人にとって
ご先祖様の御霊をお祀りする意味を持つことから、
とても重要視されているのです。

「お盆」には、宗教を問わずご先祖様に想いを馳せ、
手を併せることの大切さを改めて感じる日でありたい
とともに、今自分がいることを考え
ご先祖様に感謝する日にしたいですね。

明日は、「迎え火」「送り火」のお話です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

麺屋いーらぐーら@伊那市♪

2013 - 08/10 [Sat] - 06:55

久々の美味しんブログ♪
今回は伊那市のラーメン屋さんです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

伊那市に美味しいラーメン屋さんがある…
そんな話を小耳に挟めば行ってみたくなるのが人のサガ
元々が駒ヶ根人ですから伊那市の地理には疎く…
駅の東、信金の近く、図書館の近く…といわれても???
お店はわかりにくく、ラーメン屋の幟が目印…
いろんな噂を元に、とりあえず伊那市駅の東へ行ってみました。
いーらぐーら1
と、これが信金さんから南を見た写真
なにしろ細い道を入ったところ…ということで
とりあえず入ってみました。
いーらぐーら2
お!黒い「ラーメン」の幟
これか?と、通り過ぎるもそれらしい建物はなく戻って見るも
???お、もしやあの奥の建物に人影が?
いーらぐーら3
小さく、いーらぐーらの看板が
中は民家と蔵が小綺麗なラーメン屋さんに改装されていました。
いーらぐーら4
「鶏白湯ラーメン」を注文
あっさり、呑んだあとにピッタリ?と思いきや
最後の汁を飲み干す頃にはしっかりこってり系?
替え玉をお願いしようと思っていましたが
時遅し…お汁までしっかり呑んでしまっていました(笑

隠れ家のような場所でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

いなん100㎞徒歩の旅♪

2013 - 08/09 [Fri] - 06:14

今年も、この季節がやって参りました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根市・飯島町・宮田村・中川村
この4市町村で活動する「駒ヶ根青年会議所」は
毎年「いなん100㎞徒歩の旅」と題して
この4市町村をぐるりと歩き100㎞完歩するという事業を
4市町村の小学校4~6年生を集め行っています。

毎年、4市町村、出発地を変えていますが
今年の出発地は飯島町「飯島文化館」
昨日、出発に先立ち安全祈願祭を行っています。
100徒歩
今年も70名を超える児童を引率し
地域ボランティア、地域スタッフの皆さまと
元気に出発していきました。

今年も、熱中症が心配されていますが
例年より暑く
特に、この日より猛暑日が続くといった予報
いつもながら、いつも以上に気を遣う5日間だと思いますが
5日後、一回りも二回りも成長した子供達を
親御さんは嬉しく迎えられることと思います♪

皆さまの安全をお祈り申し上げます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社♪

2013 - 08/08 [Thu] - 06:05

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

菅原道真公の御本社は、「太宰府(だざいふ)天満宮」です。

太宰府天満宮

「太宰府天満宮」は
福岡県太宰府市に鎮座しています。

太宰府天満宮は、菅原道真公が亡くなった場所に建てられ
京で起きた「道真の祟り」を鎮めるために建てられたのが

北野天満宮

「北野天満宮」です。

御本社シリーズは最終回となりました。
来年は、それぞれの御本社を詳しくお話ししたいと思います♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心姫(たぎりひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神    の御本社

⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

立秋(りっしゅう)♪

2013 - 08/07 [Wed] - 06:35

今日8月7日は、「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ
「立秋」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧によりますと、
「初めて秋の気立つがゆへなれば也」とあります。

暦の上では、
この日から立冬の前日までが秋ということになりますが、
体感からいきますと一年で一番暑い頃になります。

「暑中見舞い」はこの前日まで、
つまり昨日までに出さなければならず
この日を境に出す葉書(文章・贈り物)は
「残暑見舞い」として出します。

「秋」と言われてもピンと来ませんが、
あとは涼しくなるばかりです…

が、今年は雨の多い夏
カンカンの暑さよりはマシではありますが
残暑が厳しい夏となるのでしょうか…
秋の味覚「松茸」の生育には良さそうな雨が続きました。

これから「お白石持行事」で2回伊勢に行きますが
暑い暑い日々が続きそうですね♪

今は♪もう秋???♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

伊那祭り♪

2013 - 08/06 [Tue] - 06:45

8月第1土日は
伊那市で「伊那祭り」が開催されます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年はF接骨院のK先生に誘われて
初めて、伊那市「マリエール」のイベントに参加してきました。
1
結婚式場ですから
まずは披露宴会場でお食事♪
2
終盤にはデザートバイキングもあり
女性を中心に人だかり、あっという間に無くなりました(笑
3
子供達も大はしゃぎ…

5時から7時までの食事
お刺身に肉料理とフルコースをいただき
7時半に始まる花火に備え民族大移動♪
4
打上場所がマリエールさんの真ん前
天竜川河川敷ということで、まさに特等席♪

食事をしっかりいただいてきましたが
ここでも飲み放題につまみもしっかりあり
お酒をいただきながら花火観賞♪
5
音楽花火?は違う打上場所でしたが
6
メインの花火にスターマインなどは真ん前で上がり
お腹の底に響き渡る花火の音、臨場感♪
途中ポツリポツリと降ってきた雨でしたが
雨を苦ともしない素晴らしさに
楽しい一夜を過ごさせていただきました♪

あまり宣伝はしたくありませんが…想い出まで♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

菅原道真(すがわらみちざね)公♪

2013 - 08/05 [Mon] - 06:19

大宮五十鈴神社の御祭神シリーズ(18)♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

「大宮五十鈴神社の御祭神♪」

⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

平安時代の貴族
子供の頃から学問に秀で
当時、勢力を拡大していた藤原氏に対抗する為
天皇家より政治の中枢に抜擢されたのが菅原道真公
期待に応え活躍するも
藤原家には煙たがられ反発・反感を買い
天皇が変わったときに藤原家より有らぬ噂を立てられ
九州の太宰府に左遷されます。

家族とも離ればなれに暮らし
妻の死を遠く太宰府で聞き京に帰ることは出来ず
やがて太宰府で生涯を閉じました。

道真の死後、京では様々な災いが起こり
道真公を左遷するに関わった人々が不慮の死を遂げ
「これは道真公の祟りではないか」との噂が広まり
そこで朝廷は、道真の濡れ衣を晴らし元の位に復しました。

道真の亡骸を安楽寺に葬ろうと牛車でひいていくと
ある場所で牛が、引いても押しても動かなくなり
「これは、道真の魂がここに留まりたいのだろう」と
その場所に廟を建て、やがて京で災いが続いたことを受け
その上に社殿を建てお祀りしました。

道真の御霊に対する恐れが少なくなってきた頃からは
道真が生前優れた学者であったことことから
「学問の神」として信仰されるようになりました。

全国の天満宮は
菅原道真公が御祭神です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社の御祭神♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)
②熱田(あつた)大神
③建御名方(たけみなかた)大神
④伊弉冉(いざなみ)大神
⑤菊理姫(くくりひめ)大神
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神
⑦誉田別(ほむだわけ)大神
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神
⑨猿田彦(さるたひこ)大神
⑩迦具土(かぐつち)大神
⑪大山咋(おおやまくい)大神
⑫大国主(おおくにぬし)大神
⑬豊受姫(とようけひめ)大神
⑭素盞鳴(すさのお)大神
⑮大山祇(おおやまづみ)大神
⑯稲荷(いなり)大神
⑰田心姫(たぎりひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神

⑳菅原道真(すがわらみちざね)公

上伊那神社巡り(6月編)♪

2013 - 08/04 [Sun] - 06:50

汗汗汗…
もう2ヶ月も経ってしまったのですね…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

というわけで(どういう訳で?)
来年からはタイムリーに報告できればと思いますが
今回は、社名の列記だけで失礼させていただきます。
白山神社1
まずは箕輪町中箕輪下古田の「白山神社」
正八幡神社1
続いて同じく中箕輪八乙女の「正八幡神社」
高橋神社1
同じく中箕輪大出の「高橋神社」
箕輪古田神社3
こちらが上古田になるのでしょうか「箕輪古田神社」
津島神社1
続いて中箕輪中原の「津島神社」
松島神社1
こちらは中箕輪松島の「松島神社」
松島神社8
箕輪でも町中になりますので、知ってる方も多いと思います。
富田神社1
こちらは中箕輪富田の「富田神社」
八幡社7
こちらも中箕輪中曽根の「八幡社」
箕輪南宮神社1
中箕輪の最後になりますが木下の「箕輪南宮神社」
箕輪南宮神社2
国道沿いにある神社で
箕輪南宮神社6
このケヤキにこんもりと覆われた神社ですので
知っている方も多いことと思います。
木下のケヤキ1
この「箕輪南宮神社」の近く
木下保育所の園内にケヤキの大木がありました。
木下のケヤキ3
県の天然記念物にも指定されているということでパチリ!

旧箕輪と東箕輪は前回廻りましたので
これで箕輪町完了!
ですが、今回はオマケとして
宗教法人になっていない神社へも行きました。
五社宮7
北小河内の山の中へ入っていったところ
普段では行けないようなところに鎮座していた「五社宮」
こちらで箕輪が終わり、来年は南箕輪からスタートです♪

来年は、報告が遅くならないように気をつけます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

田心(たぎり)姫大神・市杵島(いちきしま)姫大神・瑞津(たぎつ)姫大神の御本社♪

2013 - 08/03 [Sat] - 06:19

大宮五十鈴神社御祭神の御本社シリーズ♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「大宮五十鈴神社御祭神の御本社探訪♪」

⑰田心姫(たぎりひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神    の御本社

「宗像(むなかた)三神」の御本社ということになりますが
「宗像」というだけあって
「宗像大社」ということになります。

九州は福岡県、宗像市に鎮座されております。

行ってみたいけれど…
おいそれと行けるところではありません(汗♪
人気ブログランキングへ


☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

大宮五十鈴神社御祭神の御本社♪
①天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御本社
②熱田(あつた)大神の御本社
③建御名方(たけみなかた)大神の御本社
④伊弉冉(いざなみ)大神の御本社
⑤菊理姫(くくりひめ)大神の御本社
⑥天之児屋根(あめのこやね)大神の御本社
⑦誉田別(ほむだわけ)大神の御本社
⑧大鷦鷯(おおさざき)大神の御本社
⑨猿田彦(さるたひこ)神社の御本社
⑩迦具土(かぐつち)大神の御本社
⑪大山咋(おおやまくい)大神の御本社
⑫大国主(おおくにぬし)大神の御本社
⑬豊受姫(とようけひめ)大神の御本社
⑭素盞鳴(すさのお)大神の御本社
⑮大山祇(おおやまづみ)大神の御本社
⑯稲荷(いなり)大神の御本社
⑰田心姫(たぎりひめ)大神
⑱市杵島姫(いちきしまひめ)大神
⑲瑞津姫(たぎつひめ)大神     の御本社
⑳菅原道真(すがわらみちざね)公の御本社

敬老祭♪

2013 - 08/02 [Fri] - 06:11

昨日、大宮五十鈴神社で「敬老祭」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「敬老祭」は、毎年8月1日に行われますが
こちらの対象は大宮五十鈴神社の氏子5区の老人会の皆様
各区で老人会も「老春会」「不老会」など呼び方が違いますが
4~12月、冬期間を除き毎月始めに境内清掃奉仕をいただき
その御礼も込めて行っている「敬老祭」
先代宮司のときに始めたということでですが
大変良い日を設定していただき
8月1日が雨だったことは記憶にないほどです。

敬老祭3

こちらは以前の写真ですが
例年ですと境内で直会を行っています。
敬老祭1
今年は昨夜から朝にかけて雨が降ってしまい
木の枝から落ちる雫があるから直会は社務所
ということで
太鼓の演奏を外で行っていただきました。
敬老祭2
今年は、お知り合いの方をお願いし
祭典後、拝殿で「黒田節」を舞っていただき
敬老祭3
直会では、社務所で「乱れ髪」を披露していただきました。
敬老祭4
直会を外で出来なかったのは残念ではありましたが
初めて社務所で直会をし
「来年からは社務所で」なんていう声もありました。

これから夏本番
更に暑くなりますが元気に健康に夏をお過ごし下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード