日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2013年09月  

信濃雅楽会♪

2013 - 09/30 [Mon] - 06:28



長野県は安曇野に「穂高(ほたか)神社」がありますが
そこを拠点に活動されている雅楽会があります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その名は「信濃雅楽会」
前身を「穂高雅楽会」と言いました。
穂高神社
私も松本にいた頃は通っていましたが
大正初期に発足したといわれている雅楽会
その「信濃雅楽会」が定期演奏会をするということで
安曇野市「穂高交流学習センターみらい」へ行ってきたのは
6月のこと(報告が遅すぎる…汗)
1
まずは管絃(かんげん)
平調(ひょうじょう)越天楽(えてんらく)
盤涉調(ばんしきちょう)越天楽
2
続いて神楽(かぐら)朝日舞(あさひまい)
別名を宮司舞とも呼ばれる祭祀舞
当上伊那支部から辰野の矢彦神社禰宜S君が舞いました。
3
続いて舞楽(ぶがく)
高麗(こま)壱越調(いちこつちょう)胡蝶(こちょう)
4
高麗壱越調 納曾利(なそり)
5
太食調(たいしきちょう)長慶子(ちょうけいし)
舞楽の演奏の納めの曲で舞はありません。
6
さすがの演奏会…
長野県内でも雅楽会のさきがけで
私たち伊那雅楽会は足元にも及びませんが
これからも目標として頑張りたいと思います♪
7
この人数からして…敵いませんが(苦笑
目標として君臨していただいていることは大切なことです♪

追いつけ追い越せ(絶対無理ですが…笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宵祭@伊那森神社♪

2013 - 09/29 [Sun] - 06:31

9月28日、駒ヶ根市東伊那伊那耕地「伊那森神社」にて
「宵祭」が斎行されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

五十鈴神社の例祭以降
良い天気に恵まれていてお陰です♪
1
この宵祭では、結構夕立にあったりすることが多いのですが
2
今年は、雨の心配はまったく無く
3
素晴らしいお天気で「宵祭」を迎えることが出来ました。
4
「宵祭」に先立ちまして
「伊那森神社」では元の社があった場所から
獅子練り、また山車の曳行が執り行われ
神社に着く頃には辺りが暗くなってきます。
5
氏子が百数十戸の「伊那森神社」では
毎年氏子総出で祭典が行われ
子供達も全員参加で賑やかな祭典となります。
6
獅子練りの先導で神社まで曳いてくる山車ですが
毎年、その年にちなんだ人形が象られます。
7
御神前で獅子舞がおこなわれ「宵祭」の神事に入ります。
8
神事の中では
今年は3人の舞姫さん達によりまして「浦安の舞」
を綺麗に舞っていただきました。

会場を社務所に移し、各種余興が執り行われました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(最終話)♪

2013 - 09/28 [Sat] - 06:39

長くなりました(汗
でも、終わらせないことには
「遷御の儀」ブログが書けません(大汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ということで「出雲の旅」最終日♪
99_201310081831044c2.jpg
雨に祟られてしまった「出雲旅行」は最終日も雨(涙
それでもまっすぐ帰るのではなく、まだまだ参拝♪
ここ「佐太神社」は「熊野大社」と並び出雲の國二ノ宮
98_20131008183102fef.jpg
本殿三社が立ち並ぶ荘厳な景観は
忘れられません。

次に向かったのは「美保関(みほのせき)」
87_201310101043509be.jpg
こんな天気によせばいいのに…と思われるかも知れませんが
89_201310101043522be.jpg
ま、滅多に来られるところではありませんから
88_201310101043517d6.jpg
足を伸ばしたわけですが…
85_20131010104347223.jpg
はい、景色はこんな感じです(苦笑
86_20131010104348b9e.jpg
沖の方はまったく見えませんでしたが
沖の隠岐が(洒落です)見えたら凄い景色なんだろうな
と想像だけして妄想を楽しみ
少し引き返して
79_2013101010500698d.jpg
「美保神社」を参拝
78_201310101050042b8.jpg
ここ「美保神社」の御祭神は
76_20131010105003327.jpg
言わずと知れた「えびすさま」として有名な
「事代主(ことしろぬし)大神」
75_20131010105001a10.jpg
「えびす」「だいこく」
「事代主大神」「大国主大神」
「美保神社」「出雲大社」
どちらかだけでは片参り…と言われるくらいですから
お参りさせていただきました。
74_20131010105000204.jpg
鯛を抱えている「えびすさま」が有名ですが
73_20131010110316a05.jpg
水産・海運に携わる人から信仰が篤く
72_201310101103140d9.jpg
一般的には「えびす」「だいこく」並んで
商売繁盛の神様として親しまれています。

いよいよ帰路に着くわけですが
美保まで来ましたから途中にあります「境港」で昼食
69_201310101103105f9.jpg
最後も海の幸を堪能し
視界も無いくらいの大雨の中を一路信濃路へ
無事に駒ヶ根へ帰ってくることが出来ました。

長くなりましたが、全10回にわたる報告をもちまして
出雲の旅を完結させていただきますが
約60年に一度の御遷宮を終えた出雲大社
20年に一度の御遷宮の年を迎えている伊勢の神宮
この年に両社をお参りできたことを大変嬉しく思います♪

感謝感謝の出雲旅でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@大宮五十鈴神社♪

2013 - 09/27 [Fri] - 06:25

「宵祭」の方が有名で賑やかすが
次の日が本番です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

9月24日、午前10時より「例祭」が斎行されます。

昨晩の盛大な花火、大勢の参拝者
賑やかな宵の宴は嘘のように境内は片付けられ
露天商も夜のうちに引き揚げ
粛々と「例祭」は斎行されます。

早朝より、年番の皆さまにより片付けは行われますが
「例祭」の時間帯は音を立てないように…が原則
9時半、年番総代様により幟が上げられ
9時40分、手水の儀を行い参進
10時より「例祭」の神事
年番の役員さん達も参列され
厳粛なうちに「例祭」が斎行され
2日間の神事、神賑行事の総てが終了です。

なんといってもお天気に恵まれたことが最高
日本に近づいていた台風20号も失速
日本の手前で曲がっていってくれて
片付けも総てお天気のうちに終わり
上穂町区の皆さまを中心に
総ての皆さまに心より感謝を申し上げます。

祭典後には、今年は
伊勢の神宮の御遷宮と出雲大社の御遷宮があり
そんな貴い年回りに…といったお話をさせていただきました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(9)♪

2013 - 09/26 [Thu] - 06:25

2日目の宿泊は松江市
前日は出雲市、島根県の都市部を堪能です♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

やはり雨は止みませんでしたが
知らない街へ行ったらブラブラと探索するのも楽しみのうち
とはいえ雨でしたのでホテルの回りを散策♪
16_20130930154711f88.jpg
そして、その中で決め手になったのが「漁師料理」の文字♪
「多摩」さんというお店に入りました。
15_20131001133045c17.jpg
なにせ海無し県から海有り県に来れば
海鮮料理に目が無い(笑
お通しにサザエ、たまりません♪
14_2013100113304392c.jpg
お任せでお刺身の盛り合わせ
初めてハタハタのお刺身なるものを口にしました。
13_2013100113304276c.jpg
こちらは料理長から差し入れ♪
10_20131001133055d60.jpg
こんな雨の日に来てくれて
しかも日本酒を沢山飲んでくれて…と
鯖の塩辛♪滅多に食べることは出来ないでしょう。
12_20131001133040c8a.jpg
ノドグロの煮付け♪
11_2013100113310220b.jpg
ハタハタの塩焼き♪

「今日はどちらから来られたんですか?」
「長野からですよ」
料理を出してくれるオバ…失礼、お姉さんと
そんな話をしながら島根県のお酒をグイグイと
すると?
横のお座敷にお客さんが入ってきて
同じくお姉さんと会話を
「どちらから来られたんですか?」
「私たち長野県から」
「え?お隣も長野県の方ですよ」
「あら、私たちは伊那って言うところ、伊那節で有名な」
いや、伊那節は有名かどうか解りませんが(苦笑

長野県といえば、ただの偶然
でも、伊那から?
今日は「敬神婦人全国大会」が島根県で開催されているから
もしかしたら参加された方?
伊那だったら、箕輪の神社の方?

なんて思っていると、隣から
お姉さんに説明している声
「『敬神』ってのは、神を敬うってことで…」

あいや、これは間違いない!
挨拶に行こう!ってことで、お隣へ
「あら、五十鈴神社の…」と大知り(笑
私たちは今回、大会には出ませんでしたので
その方々がまさか来ているとも知らず
偶然に泊まった場所が一緒で、入ったお店が一緒
やはり海無し山猿には惹かれる「漁師」の文字なんだな
と思った瞬間でした♪

次は最後です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宵祭@大宮五十鈴神社♪

2013 - 09/25 [Wed] - 06:58

「宵祭」といいましても
当社では早朝から神事が始まります♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

その名も「神迎え神事」
神迎え1
御神前で火を熾し、その火をもって早朝号砲を上げ

神迎え2

「神迎え」とするのが慣わしであります。
神迎え3
3年番耕地によって時間はそれぞれですが
今年の上穂町耕地は、神事は4時から
4時20分には忌み火を戴き伝令が走り号砲に点火
1年に1度の例祭、神迎えの号砲が鳴り響きました。

まだ夜も明けやらぬといった中ではありますが
三国筒に火薬を詰めるべく、三国係は花火屋さんへ
獅子係は8時の獅子練り出発を控え
それぞれに散って行かれました。
例祭境内
お陰様で、お天気は最高の例祭日より♪
境内は準備万端
露天商1
午前のうちから、露天商も陣取り
露天商2
こちらも準備万端♪

午後1時からは、奉納弓道大会清祓式が行われ
境内の弓道場では有志の皆さんが弓道大会を
午前8時に共楽園を出発した獅子練りは
国道から直角に神社に向かい2時の練り込みを目指します。

1時過ぎ、総代さん達は手水を執り
大鳥居まで獅子練りをお出迎えに
私たちも手水を執り、先に社殿で練り込みを待ちます。

先導の総代さんが社殿前に着き、続々と鍾馗様に天狗様
オカメにヒョットコ等が獅子に先立ち神社に到着
獅子が到着したところで最後の獅子練り
獅子切りにより獅子頭が落とされ獅子頭を御神前に奉納
次年度年番耕地に引継ぎが行われ「宵祭」の神事
神事の中では年番耕地から選出された舞姫巫女さんが
浦安の舞を奉納、賑々しく神事が終了致しました。

今年の上穂町耕地は「宵祭」の時間も他耕地より早く
今度は全員で三国競いに出掛けていきます。

我々は社務所で直会
まだ3時前でしたが、初三国一の点火が6時半
例年は6時くらいから直会ですから
今年はしっかり直会をする時間があります。

6時半「初三国一」点火

大三国1

8時20分「大三国一」点火
大三国2素晴らしい奉納三国煙火でした♪

その様子をyoutubeにアップしましたので
大画像大音量でお楽しみ下さい♪

私も、普段は入れないところからの撮影でしたが
もっと、普段では見られない映像がアップされていましたので
ここに貼らせていただきます♪

うむ!!!!これは凄い!凄すぎる!
お越しいただけなかった方
次回は、是非お参りいただき近くで体感して下さい♪

上穂町の皆さまを始め
お参りいただきました皆さま
ご寄付いただきました皆さまに感謝申し上げます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(8)♪

2013 - 09/24 [Tue] - 06:46

大雨の中の2日目も、予定神社は総てお参りし
時間が早かったのであと2社
初めての神社をお参りしました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

出雲国総社「六所神社」
22_2013092018322839c.jpg
ここをお参りすれば
出雲国の神社総てをお参りしたことになる
御利益一杯の穴場神社♪
21_201309201832269c2.jpg
意宇六社のうちの1社
意宇六社とは「熊野大社」「揖夜神社」「神魂神社」
「六所神社」「真名井神社」「八重垣神社」を指します。

20_20130920183224386.jpg

「意宇」とは、松江・東出雲・安来一帯のことだそうで
その昔、この一帯は「意宇郡」と呼ばれていたそうです。

ということで、この日最後は「真名井神社」
19_201309201843237ea.jpg
おっと~!また階段ですかい(苦笑
18_2013092018432068e.jpg
今回は行きませんでしたが「真名井の瀧」という所があって
昔はその畔に鎮座していたそうです。
17_2013092018431648a.jpg
大雨に降られながらも沢山の箇所を訪ね大満足の1日となり
ホテルにチェックインしたのは6時前
松江の街をぶらぶら散策しながら惹かれたのは
16_20130930154711f88.jpg
海無し県から来ていますから
「漁師料理」なんて書かれていたら
ふらっと入ってしまいたくなるのが性(笑

ここで、面白い出会いが♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

秋分(しゅうぶん)の日♪

2013 - 09/23 [Mon] - 06:02

今日、9月23日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「秋分」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には、「陰陽の中分となれば也」とあります。

すなわち、昼夜の長さがほぼ同じになる日で、
「春分」と同じです。

細かいことをいいますと、
多少(約14分)昼の方が長いようですが、
この日から更に冬に向けてだんだんと日が短くなり、
一雨毎に涼しくなり
涼しさが寒さに代わり、
日を追う毎に寒さが増してきます。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うように、
暑かった夏も過ぎてみればあっという間、
個人的には(私の誕生日も近い)この時期が
1年でも1番好きな時期です♪

毎年秋分の日が「大宮五十鈴神社」の宵祭です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

例祭日程♪

2013 - 09/23 [Mon] - 03:02

当日の朝を迎えました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日「宵祭」明日「例祭」の日程をご案内申し上げます。
神迎え1
朝4時、神迎えの神事
4時20分、号砲が鳴り響き
8時、獅子練りが共楽園をスタート
神社への練り込みは午後2時
獅子切り
「宵祭」が始まり、神事の中で浦安の舞が奉納されます。
浦安の舞
3時20分、三国競(きお)い出しが共楽園を出発
三国合流の儀
4時、スクランブル交差点で「三国合流の儀」
神社着が5時45分
三国
初三国一の点火が6時半

三国1

大三国一の点火が8時20分
終了は9時を予定しています。
栞(拝殿外観)
翌24日、午前10時より「例祭」の神事が行われ
総ての行事が終了となります。

三国には、くれぐれも一張羅ではお越しにならないように♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

いよいよ♪

2013 - 09/22 [Sun] - 06:32

台風18号が猛威を奮って通り過ぎてからというもの
日本列島は秋晴れが続いていました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社では
9月23日(宵祭)24日(例祭)を行いますが
良い天気が続けば続いたで「そのうち台風が…」
などと悪いことを考えてしまう日々が続いた方も
多いことと思いますが、かくいう私も毎日天気図と睨めっこ
18号はサイパン沖で雲が巻き台風になったということもあり
サイパンの友人と情報交換しながら雲の状態を確認
台風になってしまった!なんていう夢も見ながら
なんとか当日まで
この秋晴れが続いてくれそうな感じになってきましたので
ようやくお祭のブログが書けます(笑
境内
境内はこの通り、台風前から櫓が組まれ
他の装飾も整い本番を待つばかり
山出し
「山出し」に「中祝い」「総練習」と雨に降られてしまいましたが
本番で、その分も思いっきり心意気を発揮してくれることと
役員の皆さまも喜ばれていることと思います。

社号標2

そんな中、大宮五十鈴神社も変わりました…
上の写真では見にくいかも知れませんが
念願のものが、お祭に合わせたかのように届きました♪

社号標1

それは「社号額」
拝殿が新しくなったときからの念願でありましたが
鳥居の社号額と同じく
「東郷平八郎元帥」の書を「社号額」に
と願いながらなかなか先立つものが(苦笑
8年越しになりましたが

社号標3

この8月、京都から運んできていただき
拝殿を建てていただきました倉田工務店さまに
取り付けていただきました。
社号標5
私の採寸が良すぎて?(苦笑
かなりギリギリでご面倒をお掛けしてしまいましたが
社号標4
お祭に間に合わせていただき
立派な社号額に見守られながら
今年も素晴らしい祭典の御奉納を宜しくお願い致します♪

いよいよ明日、朝は4時から「神迎えの神事」です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(7)♪

2013 - 09/21 [Sat] - 06:26

少し遅めの昼食は
次への移動道中にあった食堂で
出雲まで来たのにカレーライス(笑

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

さくっと昼食をいただき次へ移動♪
30_20130918180626308.jpg
こちらは「熊野大社」
29_20130918180624c06.jpg
「出雲大社」と同じく出雲の国一宮
28_2013091818062214b.jpg
和歌山県の「熊野三社」が
こちらから勧請されたといわれる説があるほどに
古い古い由緒ある神社です。
27_2013091818101724f.jpg
次は「神魂(かもす)神社」
御本殿が国宝
26_20130918181013638.jpg
間近で大社造りの大きな御本殿を拝むことが出来
とても印象深い神社です。
25_20130918181328c38.jpg
次は、縁結びで「出雲大社」と並んで有名な「八重垣神社」
24_20130918181327e5d.jpg
この大雨にもかかわらず
大型バスはもちろん
自家用車もたくさん停まっていて
女性参拝者を中心に多くの参拝者たち…
目指すは「鏡の池」
23_20130918181325a24.jpg
授与所で受けた紙に10円玉か100円玉を乗せ
早く沈むと良縁が早くに訪れ
近くで沈むと良縁は近くにあるといった占い
この日は大雨でしたので、どの方のも早くに沈んでいましたが
こういった日にお参りできたのもご縁
この日にお参りされた方は
きっと早くに良縁が訪れることでしょう♪

それにしても、凄い雨でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@大御食神社♪

2013 - 09/20 [Fri] - 06:15

9月16日午前10時
大御食神社例祭が斎行されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

昨晩の宵祭は、台風が接近している中
最小限の雨降りの元
無事に練り込み、宵祭が斎行されましたが
この日は朝から大雨暴風雨…
大御食例祭
神饌をお供えするときに通る回廊に敷いてあります茣蓙も
雨でビチョビチョ…
献撤饌は省略し、御神酒の蓋のみ開閉とし
総代さんの出番はなく
ちょっと淋しい例祭となってしまいました。

今年の献幣使さんは長野県神社庁理事で
松本市梓川の「大宮熱田神社」山田宮司さん
同じ御祭神、熱田神宮にまつわる神社ということで
直会時に1900年祭のことなどお話ししていただき
無事に終了致しました。

台風は、午前8時頃に愛知県豊橋辺りに上陸ということでしたが
ちょうど祭典の頃には長野県に入った頃ではないでしょうか?
終わってテレビをつけると佐久辺り
駒ヶ根は大きな被害もなく通り過ぎていってくれたようですが
他地域では大雨に洪水、京都では大災害となり
避難されている方々もいるとか
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

いよいよ次は五十鈴の番ですよ♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

宵祭@大御食神社♪

2013 - 09/19 [Thu] - 06:06

9月15日、大御食神社(別称「美女が森」)におきまして
「宵祭」が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

昼間行われました「梅戸神社」例祭に同じく
天気予報は1日雨、ということでしたが
午前中に少し雨が降っただけで
午後は晴れ間が覗くというより
暑いくらいの良いお天気に恵まれ
練り込みまで獅子練りを行うことが出来ました。
大御食宵祭
夕方になると、たまにポツリポツリと降ってきた雨でしたが
天気予報が悪かった割に
しっかり練ることが出来た満足感が大きかったとのではと
拝察致します。
大御食
今年の年番耕地は「上赤須耕地」
大御食宵祭1
年番委員長さんも心配されるほどに
上赤須耕地の年番年は雨に降られることが多いとのこと
大御食宵祭2
肝心の獅子切りは逆光で撮れていませんが(汗
素晴らしい練り込み、獅子切りをいただき
大御食宵祭3
獅子頭は年番委員長さんの手に渡り
宵祭が終了致しました。

このあと神楽殿にて行われました余興も
少し雨に降られはしたものの
最後まで予定の催し物を行うことが出来たと聞いています。

年番耕地の皆さま、お疲れさまでした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@梅戸神社♪

2013 - 09/18 [Wed] - 06:54

9月15日、飯島町の「梅戸神社」で
例祭が斎行され
助勤(お手伝い)に行ってきました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

14日に「宵祭」
そして明くる15日に「例祭」が行われましたが
今年も台風シーズンですから空と睨めっこ
大宮五十鈴神社と同じく「三国一煙火」がありますので
殊更お天気が心配であります。
梅戸神社
台風18号が近づき心配なお天気ではありましたが
「宵祭」奉納煙火もお天気の内に挙行
「例祭」当日は、天気予報が雨にもかかわらず
太陽も覗くとても良い天候に恵まれ斎行することが出来ました。
梅戸神社
天気予報は雨、しかも台風が接近中
午前中パラパラと雨が当たり
例年は外で行います「修祓(しゅばつ)」ですが
今年は社務所の中に設営
まさかの晴天…そのまま社務所で行いました。

数年前まで、9月19・20日の固定日でした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

奉納書画♪

2013 - 09/17 [Tue] - 06:44

大宮五十鈴神社例祭に先立ち、奉納書画清祓式が行われました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社にお参りされた方はご存知だと思いますが
境内上の段に奉納書画の掲示板があります。
奉納書画
毎年一回、例祭の前のこの時期に
奉納書画世話人会の皆様方により展示替えされるのですが
今年は40点弱の奉納書画作品ということで
昨年より1点少ないとのことでした。
奉納書画1
この書画は、氏子の皆さまの中で
水彩画や水墨画に油絵、書道などの心得があり
趣味として、又は師として書かれている皆さまより募集します。
奉納書画2
多いときでは、最高60点ほどの書画が展示可能なのですが
昔から奉納していただいていた方の高齢化や
忙しい世の中ですので
そういった趣味をお持ちの方が減ってきたことなどにより
書画を集めるのにも困難をきたす状況だと言うことです。

奉納書画3

こちらは、今年御奉納いただいた中からパチリ♪

是非、当ブログをお読みいただいた方
もしくはお知り合いの方に
書画を趣味とされている方がおられましたら
ご一報いただければと思います。

神社にお参りに来ていただいた方の目を
また心を和ませてくれる「奉納書画」
大宮五十鈴神社のお祭を、陰から盛り上げてくれています。

私の祖父(先代宮司)も書画の趣味があり
よく県展へも出展していましたが
家のそこらじゅうに、祖父の絵が飾られていますし
商工会館などの公の場所にも展示されているのには驚きました。
(私にもその血が流れているはずなのにな~…苦笑)
この奉納書画掲示板は
その祖父と佐藤雪洞先生(画家)の時代に
始められたと聞いています。

いつまでも続いて欲しいですね♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭@永見山諏訪社♪

2013 - 09/16 [Mon] - 06:07

14日
駒ヶ根市中沢永見山(ながみやま)の「諏訪社」で
例祭が斎行されました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

中沢地籍には「諏訪社」が何社か有りますので
地籍名に続けて呼ぶのが通称となっています。
永見山1
永見山の里を一望できるような高台に鎮座しています。
永見山2
この時間帯はお天気が良かったのですが
午後からポツポツと雨が降り出しそうな予報…
永見山3
神璽は無事すみましたが
午後行われます余興が心配そうな総代様達。
永見山4
午後3時から、氏子の皆さん総出で
神楽殿で余興が催されますが
多分無事に開催されたことと思います♪

私も受持神社でトップをきっての秋祭りでした♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(6)♪

2013 - 09/15 [Sun] - 06:46

それでも出雲まで来て大雨の中
こんな坂というか山を登るとは思っておらず
MBTという特殊な靴で来てしまったことを後悔…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

それでもここまで来たら、行くしかありません!
37_201309141713194ae.jpg
雨で濡れた足下、赤土で粘土質、滑ります…
36_20130914171316c3c.jpg
若者達を先に行かせ(苦笑
35_201309141713046b3.jpg
後ろを必死に着いていきます…
34_201309141713031ef.jpg
一段一段が高いのは、気のせいではありません(汗

33_20130914171301e38.jpg

見上げると、先はまだまだ見えません…

32_201309141712592ed.jpg

このときは、帰りに事などまったく考えていませんでした…
31_20130914171257f6e.jpg
到着!そこには神秘的な磐座(いわくら)が
私たちを迎えてくれました。

しばし休息を取り振り返ると…大汗
必死で登ってきた急な坂、一段ずつゆっくり下りないと危険
行かれた方のブログもいくつかありましたが
皆さん口を揃えて「危険」と書いてあるくらいに危険
行かれる方は、必ず運動靴でお参り下さい。

私たちが必死で下りているとすれ違う若い女性達が…
私たちの必死な姿を見て断念するのか
せっかくだからと上まで行かれたのかは知る術もありませんが
下りきると、今度はスカートを履いている女性が
登ろうとしていました…が、無理でしょう(苦笑

縁結び・夫婦円満が御利益とあり
このようにお参りされる方があとを絶ちませんが
気をつけてお参り下さい。

このあと、少し遅めの昼食をいただきました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(5)♪

2013 - 09/14 [Sat] - 06:12

(4)で紹介したところは
市内から離れたところにあって
なかなか行くことの出来なかったところ…
今回、ようやく行くことが叶いました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

次に行ったのは「稲田神社」
47_20130912181241dd8.jpg
「稲田姫」そう、「スサノオ」の奥様
「櫛稲田姫」がお祀りされている神社
46_20130912181239f87.jpg
こちらも、奥出雲の帰り道ですから
滅多に行くことの出来ない神社
45_2013091218123820a.jpg
拝殿前で手を併せ裏へ回ると
出雲地方の神社に同じく
大社造りの立派な御本殿が
44_20130912181236e93.jpg
「スサノオ」の御本社「須佐神社」
「クシナダ」の御本社「稲田神社」ときましたら
次は、二柱の神様が夫婦となり初めて造った宮殿
43_201309121821369c8.jpg
つまり日本で初めての神社「日本初之宮」
42_201309121821349cb.jpg
縁結びの神社、また夫婦円満の神社ということで
出雲大社などに比べればマイナーではあるにも関わらず
41_201309121821332bf.jpg
平日の大雨の中ではありましたが
参拝の方もみえました。
40_201309121821310eb.jpg
「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに
 八重垣つくる この八重垣を」
39_201309121821280f6.jpg
籠神社を造るときにうたわれたこの歌も
日本最古の古歌として
和歌発祥の地でもあります。
38_20130912183425dd5.jpg
神社のすぐ前に、須我神社奥宮…の看板が♪
須我神社は以前もお参りしましたが
奥宮へは行ったことがありません…ならば
と思いつつも雨、大雨(苦笑
それでも、なかなかこれる場所ではありませんからと
入口まで車で行き、傘を差して登り始めました…

少し行って後悔したことは言うまでもありません(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

例祭諸祭♪

2013 - 09/13 [Fri] - 06:53

大宮五十鈴神社例祭は9月23~24日
秋分の日に宵祭が行われますが
昨年、秋分の日が数十年ぶりに動いたことから
問い合わせの電話が例年異常に多く鳴ります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今年の年番耕地は「上穂町耕地」
既に祭典委員会を中心に動き始めていることは
言うまでもありませんが
先月25日に、一年の内に不幸や災害に遭われた方のお祓い
忌服清祓が行われ
29日には上穂町祭典委員会と祭典青年団の
結団式が行われました。
結団式
上穂町区は、祭典委員会と祭典青年団とが組織され
他の区も同じような組織はあるとは思いますが
法被の受け渡し(引継ぎ)に決意表明などの儀式が
しっかりと行われ、見ている方も身が引き締まり
思いを新たにさせてくれます。
子供係練習始め
9月に入り、子供係も練習を開始
子供達が集まって練習始め式が行われ
そこに私も前回からお招きいただき
神社のこと神様のことお祭のことなどを
子供達にお話をさせていただきますが
青年団長が、真面目に真剣に取り組むように!
といったお話を子供達にされていて
子供達は一生懸命に取り組むことにより
良い想い出つくりが出来ることと思います♪

毎晩、笛太鼓のお囃子が聞こえてきます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(4)♪

2013 - 09/12 [Thu] - 06:14

2日目、予報は曇りではありましたが大雨(苦笑

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

雨の中、1番に向かったのは「須佐神社」
60_20130911161410b73.jpg
名前の如く、「素盞鳴大神」が祀られている神社
59_20130911161408a6d.jpg
「素盞鳴大神」の終焉の地といわれ

58_20130911161407b8c.jpg

「素盞鳴大神」の御本社といわれています。
57_20130911161405d7d.jpg
大社造りの御本殿は県の重要文化財に指定されています。
56_20130911161958b6b.jpg
次に向かったのは「万九千(まんくせん)神社」
神在月に「稲佐の浜」から上陸された神々は
各所で神議りをされ、最後に宴会(直会)をされる神社がここ
55_20130911161957d63.jpg
神社というと、こんもりした森を想像しますが
ここは平地で、神社らしくない場所…
出雲へ来て、ここをお参りされる方は少ないかも知れませんね。
54_20130911161955a39.jpg
それでも、出雲へ来られて、縁結びを始め
様々なことを相談された神々が最後による場所
とても重要な神社であることは間違いありません。
53_201309111627562c8.jpg
次に向かったのは「荒神谷史跡公園」
そう、昨日「出雲歴史博物館」で見た国宝の銅剣などが
大量に発掘された場所
52_201309111627555ca.jpg
残念ながら博物館は改修工事中で休館でしたが
そこから数百メートル歩いた発掘場所へは
行くことが出来ました。
51_2013091116275086a.jpg
昭和58年に、当地の広域農道を建設中
一変の土器が発見されたことから発掘調査が始まり
写真の谷あいから銅剣が358本
銅矛が16本、銅鐸が6個発見され
平成10年にその総てが国宝に指定されたということで
その農道が「出雲ロマン街道」という名前だけに?
とてつもないロマンを感じました♪
50_20130911163850abe.jpg
次に向かったのは「奥出雲たたらと刀剣館」
「たたら」とは日本古来の製鉄法
「たたら」に欠かせない鉄原料の砂鉄
その砂鉄の中でも優れた砂鉄が採れる奥出雲には
製鉄場がたくさんあったそうです。
49_201309111638473ea.jpg
製鉄の中でもたたら製鉄は非常に優れており
砂鉄から鉄を生産する技術を守り伝えられています。

テーマは「ヤマタノオロチ」
「ヤマタノオロチ」の尻尾から
後の三種の神器の一つ「天の叢雲の剣」
優れた剣が出てきたことも意味があります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(3)♪

2013 - 09/11 [Wed] - 06:30

昨日、写真で紹介しました
出雲大社御社殿前の石畳
色が変わっているところは
古代出雲大社御神殿の柱だったところ…と。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

現在の出雲大社の御神殿の高さは24メートル
古代出雲大社の御神殿は48メートルと言われていましたが
平成12年の発掘調査により
巨大な3本一組の古代御社殿の柱が出てきました。

その柱、また古代御社殿の模型が飾られている
島根県立古代出雲歴史博物館が
出雲大社から歩いて行かれる場所にありますので
行って見てきました。
80_20130911151349315.jpg
古代出雲大社御神殿の模型も荘厳でしたが
2日目に行った荒神谷遺跡から一気に発掘された
数百もの国宝がずらりと並んだ展示場は圧巻でした。
79_20130911151347c55.jpg
1日目は出雲大社だけのお参りでしたが
出雲へ5回お参りしてもまだ行ったことのない名所
「稲佐の浜」を初めて訪れました。
78_201309111526128f5.jpg
「稲佐の浜」は、国譲り神話で登場しますが
「アマテラス」より使命を受けた「タケミカヅチ」が
「オオクニヌシ」に国譲りを申し伝えた場所であり
77_20130911152611ce4.jpg
旧暦10月の神在月(出雲以外は神無月)には
全国の神々が
この浜より上陸されるという言い伝えがあるそうです。
76_20130911152609b9f.jpg
夕陽が沈む景色が美しく
日本の渚百選に選ばれているんだそうですが
この日は雲が多く、夕陽を拝むことは出来ませんでした。
75_2013091115554274c.jpg
母を神社庁役員の宿泊ホテル(玉造温泉)へ送り届け
出雲市に戻り駅前のビジネスホテルにチェックイン
温泉での宿泊ばかりでしたので
出雲に泊まるのは今回が初めて
出雲市駅も大遷宮に合わせて歓迎ムード♪
74_20130911155421d70.jpg
出雲市駅北口の「山頭火」を後輩から聞き仕入れ
73_201309111554198ac.jpg
地元のお酒「李白」の「やまたのおろち」で乾杯♪
72_20130911155418f5e.jpg
島根といったら宍道湖のシジミ
これまた大粒シジミの酒蒸し♪
71_2013091115541746a.jpg
海無し県から来た山猿?には堪らない魚たち
70_2013091115541545a.jpg
同じく宍道湖産の鰻の白焼き♪
69_20130911155536fcb.jpg
1日の疲れが吹き飛ぶ夜の宴でした♪

あっという間に眠れました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(2)♪

2013 - 09/10 [Tue] - 06:46

賑わっている境内でしたが
今年は神宮と出雲大社で御遷宮があり
神社がとても注目されている年でもあります♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

境内に大きな人の輪が…
94_20130910164201ae0.jpg
取材クルー、誰かなと見てみると
俳優の伊藤英明さんが出雲大社をリポート
小さな写真誌かありませんが
私以降の人は写真撮影禁止でしたので
ラッキー!ということで(笑
93_201309101649009f5.jpg
5年ぶりの出雲大社
92_2013091016485973b.jpg
感激も一入
91_201309101648565f6.jpg
次はいつ来られるかな?と思いつつ
90_20130910164855989.jpg
参拝♪
89_20130910164854b81.jpg
奥の方に見えるのが御本殿
88_201309101651197ee.jpg
手前の石畳、色が変わっているのが
古代出雲大社御本殿の柱の跡
87_20130910165118ff0.jpg
御本殿を回り込んで拝観
86_20130910165116588.jpg
これは後ろ側から見た御本殿ですが
5年前は、あの回廊を歩き
御本殿の天井絵馬で見させていただいたことを思い出し
感激を改めて噛みしめました。
85_2013091017031802c.jpg
こちらは出雲大社の西側
向かって左側にあります出雲大社教の神楽殿

84_20130910170317e9b.jpg

この国旗掲揚塔は47メートル
この日は雨だからなのか国旗は掲揚されていませんでしたが
普段は大きさ75畳の大きな国旗がたなびいています。
83_2013091017031687b.jpg
大きくて太い注連縄(しめなわ)のゴボウ締めには
昔は下からお賽銭を投げて
刺さると御利益があると言いましたが
そういったことが出来ないように網が掛かっていました。
82_2013091017031519b.jpg
こちらは向かって右側、東側にある出雲教神楽殿
81_201309101703110ec.jpg
今では出雲大社教、千家家が出雲大社の宮司を務めていますが
以前は、出雲教、北島家と交互に宮司を務められていたとか
とても綺麗に整えられら境内が印象的でした。

諏訪大社の宮司さんの御本家になるのでしょうか♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

重陽(ちょうよう)の節句♪

2013 - 09/09 [Mon] - 06:51

今日、9月9日は「五節句」の1つ
「重陽(ちょうよう)の節句」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

桃の節句端午(たんご)の節句七夕(しちせき)の節句
1月7日人日(じんじつ)の節句とで「五節句」といいます。
「重陽の節句」は、またの名を「菊の節句」と呼ばれています。

それは、旧暦で「菊が咲く季節」であるからといわれています。

「重陽」とは、「陽」が「重なる」という意味です。

「陽」とは、「陽の数」をさします。

「陽の数」とは…陽(ハレ)、
即ち「縁起の良い」数です。

昔から、「奇数」はとても縁起が良いと言われていました。

その「奇数」でも、一番大きな数「9」。

その「9」が重なる日、「9月9日」。

「陽」が「重なる」「9月9日」を
「重陽の節句」と呼ぶようになったそうです。

ちなみに、有名な「長崎くんち」というお祭り、
重陽の節句に行われていたことから、
9日、くにち、くんち…となったのが語源です♪

「4」は幸せの「し」、「9」は最高に縁起の良い数
けっして両方とも悪い数字ではないのです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

出雲紀行(1)♪

2013 - 09/08 [Sun] - 06:26

9月2~4日、2泊3日で出雲へ行って参りました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

そう、今年は出雲大社「平成の大遷宮」が行われ
伊勢と同じく大賑わいの出雲地方
出雲といえば駒ヶ根から600㎞以上離れていますから
ちょっとやそっとで行かれるところではありません。

とはいえ大遷宮ですから行きたい気持ちはありましたが
今年は伊勢に8回も行く機会があるし
あれは5年前、「出雲大社御本殿特別拝観」で
御本殿に上がらせていただいたこともあったから…
と完全に諦めていました。

そんな折、9月3日「敬神婦人全国大会」が
出雲の地、島根県で開催される通知が舞い込み
直接は関係ない「敬神婦人」でしたが頭の片隅に
そして神宮「お白石持ち行事」も総て終わった頃
敬神婦人会で県の副会長を仰せつかっている母が
他の役員の方々と出雲へ行くという話…
前夜に舞のお稽古があり、次の日の朝が早いのは…
おまけに飛行機が苦手だから、車で行くようであれば…
ということで相棒Mと後輩Sに声をかけると二つ返事♪
よし!こんな時、こんな事でもなければ行くことは出来ない
と出雲旅が決まりました。

5年前もこんな感じで決まった出雲旅
子供が生まれる前でしたので妻も含め6名で行きましたが
今回はもっと急だったこともあり
他の方々はことごとく都合がつかず
4名で行くことになりました。

早朝7時、私と母と後輩Sが大宮五十鈴神社を出発
7時半(私が携帯を忘れ戻っていたので…汗)松川で相棒M合流
後輩Sと運転を交代しながら途中2回の休憩を挟み
午後1時半、出雲に到着
99_20130910162940454.jpg
少し遅めの昼食は出雲そば
以前食べた出雲そばとは違い普通(苦笑
もっと延び延びで甘くて独特な感じではなくちょっと残念…
98_20130910164158813.jpg
60年に一度の大遷宮が行われた今年
97_2013091016421807a.jpg
今でも週末毎にイベント?奉祝行事?が続いているそうで
96_20130910164215675.jpg
境内は平日にもかかわらず参拝者で賑わっていました。
95_20130910164212f2d.jpg
道中は土砂降りのところもありましたが
出雲へ着く頃には雨も上がり
清々しいお天気の元境内を散策♪

傘無しでお参りできたのは1日目だけでした(大汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

白露(はくろ)♪

2013 - 09/07 [Sat] - 06:10

今日、9月7日は、
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「白露」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

暦便覧には、
「陰気ようやく重なりて露にごりて白色となれば也」
とあります。

すなわち、朝夕の涼しさが感じられ、
大気が冷えて露のしずくが出来る頃といったところでしょうか?

雨も降っていないのに、
朝起きたら庭の蜘蛛の巣に露が着いている…
そんな情景が「白露」にピッタリな感じがします♪

ススキの穂が顔を出し、稲にも穂が実り、
涼しい!といった体感も、
空・山・周囲の景色も、
秋の趣が感じられる素晴らしいときですね。

春とは逆に、一雨ごとに涼しさが増し
ちょっぴり淋しい季節でもあります♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

お祭の由来♪

2013 - 09/06 [Fri] - 06:08

「三国一煙火」「獅子練り」「弓道大会」「浦安の舞」と
例祭に奉納いただく神賑行事のお話をさせていただきました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

そこで、神社の祭典についてお話させていただきます。
大宮五十鈴神社への道12
夏休みになると、近所の小学生や中学生が宿題で
「神社のことを聞かせて下さい」と来ますが
その最初の質問が「何でお祭をするのですか?」
「いつからお祭は始まったのですか?」
そのような質問で始まります。

大宮五十鈴神社の起源は応神天皇39年(西暦308年)
大宮五十鈴神社の前身「伊鈴社」から今の形になったのが
明治41年(西暦1908年)ですから
少なくとも、お祭も今の形になってから
105年は続いています…が
昔のことですから、それ以前の資料は残っていません。

面白い話しで
山や野原を開墾して新しい住宅地が出来
そこには昔ながらの神社というものはないけれど
村というか村のような組織がやがて出来てきて
いつしか御輿(みこし)を担いだりするお祭が出来
お祭が出来ると、お祭をする対象となる神社が建つ…
といったお話しをよく耳にします。

つまり日本人は、遠い昔も今の世の中も同じで
そういった自然発生的なものが神社であって
他の宗教のように、布教から宣教師のような人が
布教の拠点となるような施設を作って出来たものではなく
そこに住む住人が自ら建てたのが神社であり
なぜ神社を建てたのかというと、明確な資料はなく
いつしか…自然に…誰ともなく…そんなのが神社です。

昔ながら、日本人はこの大自然に感謝をする
大自然に生かされているという気持ちを忘れることなく
この大自然に感謝をする…という気持ちから
感謝の対象として神社を建て、日々お参りする
ということを日常的に行ってきましたが
その中で、一年の中でも神社に縁のある日
例えば私たちでしたら誕生日のような
そういった決められた日を「例祭」として
改めて一年に1度、氏子住民がこぞって感謝し
感謝の意味を込めて奉納行事を神様にお捧げするのが
神社のお祭なのです。
五十鈴
三国一、この境内仕掛け煙火の発祥は三河と言われていますが
どうしてこの地駒ヶ根に伝わってきたのか
資料も伝承も残っていませんが
言葉(方言)や文化に見るように
天竜川に沿って同じようにして伝わってきたのでしょうから
いつか、三河地方を旅して三国一煙火のルーツも
たどってみたいなと思っています。

毎日毎日、祭典の問い合わせの電話が鳴り響いています♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

浦安の舞♪

2013 - 09/05 [Thu] - 06:23

「三国一煙火」「獅子練り」「弓道大会」
次は「浦安の舞」です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

宵祭の神事の中で行います「浦安の舞」
「浦安の舞」とは、昭和天皇の御製(ぎょせい・和歌)

天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの
海のごとくに 波たたぬ世を

に、昭和15年、皇紀2600年をお祝いして
宮内省の楽長「多 忠朝(おおのただとも)」氏が
作曲・振付をした神前神楽として代表的な舞の1つです。
1
大宮五十鈴神社の例祭は3つの耕地が交代で年番をつとめ
3年に1度年番が回ってきた年に
小学校高学年から中学生(年番によって違います)の女の子が
年番耕地から選ばれて舞姫のお務めをいただきます。

宵祭の神事の中で行われる「浦安の舞」ですが
新しい拝殿が出来る前までは、神楽殿でも舞っていました。
2
しかしながら神楽殿の老朽化に伴い
また拝殿が新しく広くなったことから
大人数で舞えるようになり
今では、拝殿での奉納1回となりました。

新しい拝殿が出来る前
昔の古い拝殿ではこんな感じでした。
3
私が帰ってきた頃には、例祭に舞…というものはなく
母(禰宜…ねぎ)が「豊栄(とよさか)の舞」を子供達に教え
その後、数年で今の「浦安の舞」になりました。
4
天地の神にぞ祈る朝なぎの海のごとくに波たたぬ世を…

短い句ではありますが、扇の舞と鈴の舞と2回繰り返して約9分、
ゆったりとした長い舞となります。

この句にありますように、平和な世の中を願うばかりです。

子供達にとって、一生に一度の貴重な体験
思い出になります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

弓道大会♪

2013 - 09/04 [Wed] - 06:22

「三国一煙火」「獅子練り」に続いては
「奉納弓道大会」についてです。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

大宮五十鈴神社の境内
上の段の南側の方に弓道場がありまして
宵祭の日の午後、市内外から有志の弓士の方々が参加し
「奉納弓道大会」が行われます。
弓道場1
この弓道場は昭和6年に建てられたと年表にありますが
弓道大会がいつの時代にどのようにして行われていたかは
記録が残っていません…また調べたいと思います。

私の高校生時代、私が勉強もせずに弓道ばかりしていた頃
ときの宮司さん(松本の後藤さん)と祖母が寄付してくれて
安土(あずち・矢が刺さる砂の山)が整い今の形となり
その頃より「弓道大会」が再開されるようになりました。

弓道大会は、宵祭当日の午後1時
拝殿で「奉納弓道大会清祓式」が斎行され
「奉納弓道大会」の安全と
参加弓士の技術向上と身体健康の神事が行われ
その後、弓道場に移動して行われます。

弓道場の神前に新しい御幣をお祀りし全員で参拝
1
大会に先立ち「矢納めの儀」(でよろしいでしょうか?)が行われ
2
日本古来の弓道ならではの厳かな雰囲気に包まれ

3

金的競技の後、奉納弓道大会に移ります。

4

安土が整備されたのが昭和60年の12月ですから
弓道大会が今の形で再開したのが昭和61年だったでしょうか?
当時から徐々に参加者も増え賑やかな大会となっています。

弓道の心得がある方、ふるってご参加下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

獅子練り♪

2013 - 09/03 [Tue] - 06:19

宵祭当日早朝より
氏子区域を練り歩きます「獅子練り」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

笛や太鼓の囃子にあわせ獅子の前に
天狗やヒョットコが練り歩きます。
鍾馗
「その昔、野を荒らしにやってくる大獅子に困り果てた村人達は
大獅子に酒を飲ませて酔わせ
天狗・鍾馗・オカメ・ヒョットコなどに変装し
笛や太鼓で囃し立てて神社に引き寄せ誘い込み
屈強な若者達が押さえつけて首を切り落とし
御神前に首を捧げて五穀豊穣を祈った」
という逸話が由来となった奉納行事です。
おかめ
「道開(みちびらき)」「天狗」「鍾馗」「赤鬼・青鬼」
「恵比寿・大黒」「白狐」「ヒョットコ」「おかめ」(順不同)
に続き、榊持ちの女の子や傘打ちなど行列が続きます。
子供達
やがて神社に入った獅子練りは
獅子切り
御神前で獅子切りにより獅子頭が切り打ち落とされ
獅子頭
次年度年番区に引き継がれ、御神前に奉納されて
宵祭の神事が始まります。

耕地によってお練りの隊列?は多少違っているようです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

三国一煙火♪

2013 - 09/02 [Mon] - 06:16

いよいよ今月は大宮五十鈴神社の例祭が斎行されます♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ということで、例祭のことを書きたいと思いますが
大宮五十鈴神社の例祭といったら「三国一(さんごくいち)」
「三国」といって親しまれていますが、
正確には「三国一」といいます。

それは「三国一煙火」の由来が意味していますが
「三国一」の三国とは3つの国という意味で
わが国「瑞穂の国(日本)」「唐土(中国)」「天竺(インド)」
この3つの国の中で一番という意味
その昔は、地球というものが丸い形をしていて
世界がたくさんの国で出来ているなんてことも知らない
そんな時代で
世界と言ったらこの3つの国しかないと思っていたので
「三国一」つまり「世界一」
おらが祭、おらが花火は世界一!!という
氏子の皆さんの誇りが名付けた花火ということです。
三国
「三国一煙火」は、宵祭りの日の夜点火されますが
すべてが氏子の皆さんによる手作りの花火です。
仮見立
8月初旬、三国一煙火の筒となる木を伐り出す山を定め
筒に相応しい木を仮に選定する「仮見立(かりみたて)」を行い
本見立1
正式に御神木として定める「本見立(ほんみたて)」を行い
伐り出し
「山出し(伐り出し)」の神事を行い伐り倒され
三国一煙火の筒に加工されます。

三国一タガ掛け

そして迎えた当日早朝
御神前で神迎えの神事を行い筒をお祓いし
煙火店で火薬が詰められ、地元を競い(「きおい」といいます)
神社まで練り歩きます。
櫓
やがて神社まで来た「三国一煙火」は
境内に設置された櫓(やぐら)の最上部に固定され
時刻、点火された「三国一煙火」から吹き出る炎
爆音と火の粉の下を氏子衆が舞い練り歩きます。

三国1

「上穂町区」「北割耕地(一二区)」「中南割耕地(中割南割)」
3年に1度年番がめぐってきてご奉仕いただきますが
毎年、昨年に負けないように素晴らしい「三国一」をあげようと
競い合いながら素晴らしい煙火の御奉納をいただいています。

「三国一」は「初三国一」と「大三国一」の2回ありますが
よく見ていただくと、大きな火の粉の噴射が4回あり
1回目は早春の松風を表し
2回目は夏の藤、または乱れ飛ぶ蛍を演出
3回目は秋の紅葉
4回目は冬の白根、吹雪を想像させ
最後にバリバリ・・・・という音と共に最後のハネ

こちらは、最後に底抜け?してしまった年の画像ですが
それも演出かと思わせるほどに荘厳勇壮な花火
初めての方は「手筒花火」を想像してこられるようですが
その何倍もの規模に驚かれます。

くれぐれも、一張羅でのお越しはご遠慮下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME |  »

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード