日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 2013年11月  

新嘗祭@大御食神社♪

2013 - 11/24 [Sun] - 06:22

11月23日「勤労感謝の日」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根市「大御食神社」の新嘗祭が斎行されました。
大御食1
この日のお天気は残念ながら雨…
大御食3
参進(並んで拝殿へ行進)を省いての斎行となりました。
大御食2
「新嘗祭」の説明は「勤労感謝の日」ブログの通りですが
今年「大御食神社」の主祭神であります
「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が当地を訪れ
昨年で1900年を迎えました。

長い長い歴史を身近で感じられます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

勤労感謝の日♪

2013 - 11/23 [Sat] - 06:14

ここのところ、パソコンの前に座っている時間がなく
ちょっとサボり気味です(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日、11月23日は「勤労感謝の日」。

祝日法では、
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」日
とされていて各地で様々な行事が執り行われます。

私たちは1人では生きていかれません…
改めてそう考えると、何をするにも
限りない物・人の恵みにより
生かされていることに気付きます。

身のまわりの物に感謝
その物を作ってくれている人へ感謝
その物が出来る課程で使われている物に感謝
あらゆる恵みに感謝する…そんな日が今日であります。

この日の大元になっているのが「新嘗祭(にいなめさい)」、
日本各地の神社では
11月23日に「新嘗祭」を行います。

私の受け持ちでは「大御食(おおみけ)神社」が
今日「新嘗祭」を行います。
大御食祈年祭1
「新嘗祭」は、
宮中で天皇陛下が五穀の新穀を
天神地祇(てんじんちぎ・あまつかみくにつかみ)にお供えし、
そして自らも食し、
その年の収穫に感謝するお祭りで
この日にあわせて各地の神社でも行われているお祭です。

薬師寺の元管長・故高田好胤さんが
「天皇陛下が新米を召し上がる前に、
新米を食べるなんて恐れ多い」
とお話しされていたのは有名なお話ですが、
今の世の中は9月頃から新米が流通していて
皆さんも既にその頃から口にされているかも知れません。

先日、11月第3木曜日に
「ボジョレー・ヌーヴォー」が解禁になりました。

11月23日まで新米を「食べちゃ駄目…」
とは言いませんが(笑
外国の風習だけでなく
日本の風習も知っていていただければと思います。

「勤労に感謝」
まさしく日本人らしいと思いませんか?

「労働」の位置づけを考えてみますと
「旧約聖書」には
「アダムとイブ」の禁断の果実の有名な記述にあるように
「旧約聖書」では
「労働」は、
犯してしまった罪に対する罰として与えられた「苦しみ」
という位置づけであります。

しかしながら、我が国では天皇陛下が
この日に宮中で行われます「新嘗祭」で
その年の収穫に感謝されていますが
天皇陛下も自ら
春には苗を植え、稲を育て、米を収穫する…
という労働をしているわけで
「労働」の位置づけとしては
「喜び」「嬉しみ」「楽しみ」
働ける幸せ…といったような位置づけ、それが日本であります。

だからこそ「勤労感謝」という言葉
祝日が出来るような国なのだと思います。

そんな国「日本」だから、
今のような発展に繋がったのだと思いますし
日本の国・日本人の国柄・人柄が出来たのだとも思います。

改めて、今日一日はすべての物・事に感謝したいですね。

「米作り」は「天孫降臨神話」から続くもので
「米」と「日本人」は切っても切れないものなのです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

七五三まいり♪

2013 - 11/15 [Fri] - 06:11

あれよあれよの内に11月も15日
半分が過ぎてしまいました(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

駒ヶ岳山頂には雪を背負い
いよいよ冬の到来を告げ、本格的な寒さと成って参りました。

さて、今日11月15日は「七五三まいり」の日
なぜ11月15日かと言いますと
旧暦の15日は満月
また二十八宿の鬼宿日(鬼が出歩かない日)
鬼が出歩かないので何事をするにも吉であるとされていました。

そして、旧暦の11月は、新暦より約1ヶ月早いわけですから
収穫を終えてその実りを神に感謝する月(神の月…神無月)で
その月の満月の日である15日に
氏神様への収穫の感謝をするとともに
子供の成長を感謝し
更なるご加護をお祈りする日とされてきたからです。

よって「七五三まいり」とは
7歳・5歳・3歳のお子様が
これまでの無事なる成長を神様に感謝申し上げ
これから先のご守護を氏神様にお祈りするお参りのことです。

男の子は3歳と5歳
女の子は3歳と7歳です。

昔から、3歳は「髪置きの祝い」
5歳は「袴着の祝い」
7歳は「紐落し(帯解き)の祝い」などと言われてきました。

3歳で言葉が分かるようになり
5歳で智恵づいてきて
7歳で歯が生え変わる…といった
子供の成長の上でも最も大切な時期でもあります。

この時期に神社に参拝して七五三をお祝いし、
健やかなる成長を神様にお祈りするのが「七五三まいり」です。
七五三3
この写真は何年か前の写真でして
昨年から風船をやめてお菓子をお付けしています。

大宮五十鈴神社では、11月中の毎土曜日日曜日に
「七五三まいり」を行っていますので
今日以降も16・17日、23・24日・30日
午前10時から午後1時まで予約無しで行っていますし
それ以外でもご予約をいただければご奉仕致します。

注意)23日は「新嘗祭」のため、11時から受付です♪

七五三2

絵本は、神話7種類の中からお選びいただきます。

グッと寒くなりました。
風邪などひかれませんようお気をつけ下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

立冬(りっとう)♪

2013 - 11/07 [Thu] - 06:20

どんどんと日が進んでいきます(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今日11月7日は
「二十四節気(にじゅうしせっき)」の1つ、「立冬(りっとう)」です。

暦便覧には
「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」とあります。

「立冬(りっとう)」とは、
秋分と冬至の真ん中の日で、
この日から立春の前日までを冬といいます。

最近では、温暖化も進み
「立冬」といえど
まだまだ「秋」と言った方が相応しく感じますが、
今年も秋が短く…
無かったと言っても過言ではないくらいですが
一気に冬が来てしまう感じがするのは
私だけではないと思います。

神職はこの日から、衣替えです♪
一般の衣替えにあわせて
10月いっぴには上っ張り(羽織)は冬用にしていますが
狩衣や浄衣はこの日より冬物にします。

五十鈴神社の木々も、
だいぶ枯れ葉が落ちましたが、
まだまだストックが沢山あります(苦笑。

今年も、もう少ししたら落ち葉を集めて、
美味しい焼き芋を食べたいと思います♪

20071120161602.jpg 20071120161624.jpg 20071120161641.jpg
以前のこの時期のブログより♪)


そのためには、
落ち葉を掃くという大仕事がありますが(汗♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

神宮「初穂曳き」(最終回)♪

2013 - 11/06 [Wed] - 06:55

朝起きると、台風一過のピーカン天気

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

朝食をとり神宮会館をあとにして
39_20131209182201e81.jpg
別宮「伊雑宮(いぞうのみや・いざわのみや)」へ
38_20131209182159d66.jpg
晴れてはいますが風は強く
37_20131209182157f37.jpg
「伊雑宮」への近道でもあります
36_201312091821551bf.jpg
伊勢志摩スカイラインは通行止め、遠回りして参拝
35_20131209182153240.jpg
こちらは御田植神事を行う神田です。

「天の岩戸」というと宮崎県
がいのいちばんに頭に浮かびますが
伊勢の地にも「天の岩戸」伝説があるんだとかで
行ってみたいと思っていた「天の岩戸」へ行きました。
29_20131209182722950.jpg
鬱蒼とした森の中を進むと
28_201312091827211ae.jpg
なるほど、「天の岩戸」伝説が伝えられるに相応しい
27_20131209182719f40.jpg
そんな雰囲気が醸し出されていました。
26_20131209182716271.jpg
足下には沢ガニが…
偶然見つけたと言うよりも、あっちにもこっちにも
うようよ…という表現の方が似合うくらい
綺麗な川ということがよく解りました(笑
25_20131209182714620.jpg
それでも朝方まで大雨が降っていましたので
24_20131209182900c0c.jpg
川の水の量は多く、濁っていました。
23_201312091828583b9.jpg
私たちの他にも既に参拝者がいましたが
22_20131209182856b03.jpg
洞窟のような所から大量に流れ出る水
21_20131209182854f2f.jpg
九州宮崎の「天の岩戸」に比べると
規模は小さいものではありましたが
歴史の一片を垣間見ることが出来ました。

この旅で最後に訪れたのが「椿大神社」
19_201312121659066c3.jpg
「つばきおおかみやしろ」とお呼びしますが
18_20131212165904126.jpg
三重県鈴鹿市に鎮座していて
17_20131212165902904.jpg
「猿田彦(さるたひこ)大神」の御本社
16_20131212165900ddc.jpg
伊勢国一宮であります。
15_2013121216585858a.jpg
2泊3日の伊勢の旅
今年6度目の伊勢でしたが
団体旅行でもなく
気の合う仲間達と
そして特別な行事に参加
あいにくの雨ではありましたが
それもまた想い出に残る素晴らしい旅となりました。

今年は、あと2回、神宮をお参りさせていただく予定です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

三和社♪

2013 - 11/05 [Tue] - 06:41

「三和社」みわしゃ…とお読み致します。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

駒ヶ根市上穂栄町に鎮座していますが
「上穂町区」「町一区」「町二区」「町三区」「町四区」
いわゆる町部自治会が氏子区域となります。
三和社1
御祭神は「大山祇(おおやまづみ)大神」
「豊受姫(とようけひめ)大神」
「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」
「大己貴(おおなむち)大神」
「香具土(かぐつち)大神」
「少彦名(すくなひこな)大神」
「保食(うけもち)大神」
「国常立(くにのとこたち)大神」
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)大神」
「栲幡千々姫(たくはたちぢひめ)大神」
「稚日女(わかひるめ)大神」
「稚産霊(わくむすび)大神」
「天三津姫(あめのみつひめ)大神」
「三炊屋姫(みかしやひめ)大神」の14柱
三和社2
創立は正安2年(1300年)3月1日
愛媛県(当時の伊予国)大山祇神社より
大山祇大神の御分霊をお迎えしたのが始まり。
三和社3
明治44年、「蚕霊稲荷社」「伊勢社」「金刀比羅社」
「秋葉社」「御嶽山社」「市神社」の5社を合祀しまいsた。
三和社4
「三和社」の名前の由来は
その昔、当地が「庶民」「町民」「百姓」の三者の間で
大小の紛争、討議が絶えず
この三者の協和を願って奉られたことから
三者の協和「三和社」と名付けられたと伝えられています。
三和社5
例祭は4月17日に毎年行われており
私の受持の中では、春に例祭を行う2社の内の1つです。
三和社6
その例祭の頃にはちょうど境内の桜が満開
見頃を迎えます。
三和社7
御本殿の向かって右側に末社(境内社)がありますが
3社、左から「三峯神社」
三和社8
真ん中が「津島神社」
三和社9
「津島神社」の例祭は「祇園祭」
各町内から御輿が担ぎ込まれ境内は賑わいます。
三和社10
そして右側が「恵比寿神社」
11月には例祭が賑々しく斎行されます。

駒ヶ根で一番街中にある神社です♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

永見山諏訪社♪

2013 - 11/04 [Mon] - 06:39

駒ヶ根市中沢永見山地籍に鎮座する「永見山諏訪社」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

富山県の「氷見(ひみ)」を連想される方が多いようですが
「永見山(ながみやま)」とお読みします。
永見山1
「永見山」の里を一望できるような高台に鎮座
永見山2
「永見山諏訪社」というのは通称で
「諏訪社」というのが正式な神社名です。
永見山3
御祭神は「建御名方(たけみなかた)大神」
永見山3
創立年月日は不詳
永見山4
例祭には神楽殿で、氏子の皆さんによる余興が催されます。
永見山天神様蚕玉様
こちらは、御本殿の脇にあります末社殿「天神様」です。

祈年祭には、桜が満開となります♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

文化の日♪

2013 - 11/03 [Sun] - 06:37

11月3日は「文化の日」、祝日です。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

では、なぜ「文化の日」というのでしょうか?

それは、11月3日が、日本国憲法が公布された日だからです。

日本国憲法がなぜ文化?

日本国憲法は、平和と文化を重視している…
ということで、「文化の日」に定められたんだそうです。

しかし、もともと11月3日は、
かつての祝祭日の中の四大節
(紀元節、四方節、天長節、明治節)の1つ
「明治節」といいました。

「天長節」とは、
今上天皇(在位中の天皇陛下…
例えば、明治時代に、今上天皇のことを明治天皇とは呼ばない)
の誕生日をさします。

明治時代は「天長節」だった11月3日、
崩御(お亡くなりになって)されてからも、
近代日本の礎を築かれたという功績を称え偲ぶ日として、
「明治節」に制定されました。

「明治節」の歌を紹介します。

『明治節』

アジアの東 日いずるところ
聖の君の 現れまして
古き天地 とざせる霧を
大御光に 隈なくはらい
教えあまねく 道ひらけく
治め給える 御代尊

恵みの波は 八州にあまり
御稜威の風は 海原越えて
神の依させる 御業を広め
民の栄ゆく 力を展ばし
外国国の 史にも著く
留め給える 御名畏

秋の空すみ 菊の香高き
今日のよき日を 皆ことほぎて
定めましける 御憲を崇め
諭しましける 詔勅を守り
代々木の森の 代々長えに
仰ぎまつらん おおみかど

近代日本の礎をお築きになられた明治天皇のご功績を仰ぎ、
ご遺徳をお偲び申し上げ
歴史・伝統・文化を大切にする気持ちを見直す機会ですが
祝日法では、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」
とされています。

皇居では、文化勲章の授与式が行われ、
各地では多くの学校などで
文化祭が行われているのではないでしょうか?

11月3日は晴天になる確率が高く、
「晴れの特異日」として有名ですね。

当社では、「七五三参り」が始まりました♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

吉瀬諏訪社♪

2013 - 11/02 [Sat] - 06:34

駒ヶ根市中沢吉瀬(きせ)地籍に鎮座する神社「諏訪社」
正式名称は「諏訪社」ですが
他と区別するために「吉瀬諏訪社」と呼ばれています。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

中沢にも8つの神社がありますが
私が受け持っているのは「吉瀬」と「永見山」の2社です。
吉瀬1
「吉瀬諏訪社」の御祭神は
「建御名方(たけみなかた)大神」
「誉田別(ほむだわけ)大神」
「木花咲耶姫(こにはなさくやひめ)大神」
「伊弉冉(いざなみ)大神」
「久久理姫(くくりひめ)大神」
ご社殿1
由緒、創立年月日は不詳
ご本殿2
明治末期の神社合祀政策により
明治41年「諏訪社」「白山社」「富士浅間社」「八幡社」を合祀
今の「諏訪社」となり御祭神となりました。
富士嶽神社4
こちらは、境内にある末社「富士嶽神社」です。

吉瀬からは、飯島町田切「日方磐神社」の花火が良く見えます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

11月「霜月(しもつき)」♪

2013 - 11/01 [Fri] - 06:25

早いもので、今日から11月です(汗

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ということで…恒例の月初ブログ♪

11月は「霜月(しもつき)」と言います。

早いもので、今年も残すところ2ヶ月を切りました…
10月初めに秋祭りを終えたと思ったばかりなのに
この11月が一気に来ましたね(汗

さて、「霜月」は、
読んで字の如く、霜(しも)がおりる頃ということでしょう。

霜とは、夜が冷え込みはじめた頃から発生しますが、
夜に地面から熱が放射され、
空気中の水蒸気が小さな氷の粒になって、
地表近くの草や石などに白くなってついたもののことです。

先日、二十四節気の「霜降」で書きましたが
霜を見たことがない方はそちらからご覧下さい…
見ているだけで、寒くなります(苦笑

「霜降り月・霜降(しもふり)月」の略と言われていますが、
他にも「食物月(をしものつき)」の略や、
「摺籾月(すりもみづき)」の意味…
などとも言われています。

霜が降りると、
信州では野沢菜を漬け始める家が出てきますし
白菜やホウレン草などの冬野菜に甘みが出るんだそうです。

一言で11月と言っても
初旬と下旬では寒さが大きく違いますよね…♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード