FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神様のお話し♪ > 天岩戸の扉が戸隠に?♪  

天岩戸の扉が戸隠に?♪

2009 - 07/24 [Fri] - 08:16

日食からはじまったお話が、
思わぬ展開で地元長野のお話に繋がりました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…オゾン層破壊を防ぎましょう★

いつか、岳志さんのブログからの投げかけに応じなきゃ
とは思っていましたが…
岳志さんのブログ「戸隠神社記事」♪

昨日のブログ、
「天岩戸(あめのいわと)神話」に触れましたが、

「アマテラス」が「天岩戸」にお隠れになり、
外があまりにも賑やかなので何の騒ぎかと覗いた瞬間
岩戸の陰に隠れていた「アメノタヂカラオ」が
「アマテラス」を引っ張り出し
再び「アマテラス」が岩戸に隠れることが出来ないように
「エンヤ!」と岩戸の扉を放り投げ、
投げられた扉は宙を飛び、日本の真ん中に落ちました。


その落ちた場所というのが、長野県の戸隠山で、
「天岩戸神話」にまつわる神々が、戸隠神社に祀られています。

「アマテラス」を引っ張り出し岩戸を天高く放り投げた
「アメノタヂカラオ」、「天手力雄(あめのたぢからお)大神」。

「アマテラス」を岩戸の外に引っ張り出す策を考えた
「オモイカネ」、「天八意思兼(あめのやごころおもいかね)大神」。

面白可笑しく歌い踊り「アマテラス」を外に出す原動力となった
「アメノウズメ」、「天鈿女(あめのうずめ)大神」は、
芸能の神様としても有名です。

「戸隠神社」は、2千年の歴史がありますから、
その並木の中に立っているだけでも大自然から漲るパワーを感じます。

戸隠神社並木

しかも、「アメノタヂカラオ」が物凄いパワーで放り投げた岩戸が
この山となれば、更にパワーをいただく気がして、

戸隠山奥社

日本一のパワースポットとして有名なことも頷けますよね。

お出掛けの際は、戸隠そばをご堪能下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

解説

解説ありがとうございました(笑)。
やっぱり宮司が説明してくれると、説得力が違いますよねぇ。
私も本当になんかのパワーを感じましたね、あの参道には。
蔵の中で考えることもありますが、やっぱりどこかに神様はいるのかもしれませんね。
それにしても、どうして神様の名前ってあんなにめんどうくさいんでしょうか(笑)。

岳志さんへ♪

(爆)
とーこさんのコメントにもお返事させていただきましたが、そこがネック?でいまいち浸透しないのかもしれませんね。
かといって、ありきたりなお名前だったら有難味が無かったりして?(笑
実は「天照大御神」様のことを、「アマテラス」と書いたことにも抵抗がかなりありましたが、多くの方に見ていただき知っていただき親しみを持ってもらうには必要なことかもしれません。

大きな大きなパワーをいただき、「鶴」が更に大きく羽ばたくことでしょう♪
どこまでも着いていきますよ!!

>実は「天照大御神」様のことを、「アマテラス」と書いたことにも抵抗がかなりありましたが~

はー……、そういうものなんですか。
自分は「神話好き」ではあっても職業として神職に携わっているわけではないので、そういった意味での抵抗はあまりないですねぇ。
むしろ、神話を元にしたゲームなどでは、使用できる文字数の関係もあって
大抵略称で表示されるので、そちらの方が馴染みがあるかもしれません。
自分が神話に興味を持ったきっかけ、と考えると、やはりその辺りに行き着くもので。

「ゲーム」というと軽く見られがちですが、案外馬鹿にしたものでもないですよ。
特に、数年前に発売された「九龍妖魔學園紀」というゲームは、非常によくできていました。
内容を簡潔に説明すると、「主人公のトレジャーハンターが、遺跡に潜って宝探しをする」というものなのですが、
この遺跡の先に進むための仕掛けが全て日本神話を元に作られており、
例えば「アメノウズメとアメノタヂカラオの像を並べると、天岩戸を模した扉が開く」などの謎解きが随所に見られます。
元々の神話を知っていると、知らない人より有利に進められるのが面白いところでしたね。
「開発スタッフも、よくこれだけ神話を調べたな」というぐらいに資料的な価値もあり、日本神話に触れる入口としてはちょうどいいのではないかと思いました。

立て続けの長文、すみません。

LOAGさんへ♪

侮れないですね~<ゲーム
そういったものからでも、日本神話に興味を持つ若者が増えてくれればいうことありません♪

これからも、神様のお名前は少しでも略して分かり易く書くことを心掛けたいと思います (*^_^*)

はじめまして

<span style="background-color:#FFFF00;"><span style="background-color:#FFFF00;">扉</span></span>は残っていますか?
奉られていますか?

かおりさんへ♪

コメントをありがとうございます。
投げられた扉自体が山となったという神話ですので、戸隠山が扉もしくは、頂上の辺りが扉ということになります。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/1281-75eed2a2

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード