FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 神職会♪ > 神様(ご分祠)のお話し♪  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様(ご分祠)のお話し♪

2007 - 09/13 [Thu] - 11:51

12日、長野市にあります長野県神社庁の神殿例祭がありました。
20070913113740.jpg
神社庁の御神殿には、長野県内の神社の神様がお祀りされており、毎年庁長様が斎主となりご奉仕されております。
20070913113749.jpg
今年も、庁長様が斎主、理事様が副斎主、祭式講師の先生方が祭員となり、
20070913113755.jpg
穂高神社を拠点に活動されている「信濃雅楽会」の皆さんによる雅楽・舞の奉納をいただき斎行されました。

せっかくですから、神様についてお話しいたします。神社の神様が、神社庁のご神殿に?と思われる方が居ても不思議ではありません。でも、考えてみると、大宮五十鈴神社には天照大神様、熱田大神様、建御名方大神(お諏訪)様を主祭神とした13柱の神様がお祀りされていますが、どの神様も他のお社にもお祀りされている神様ばかりです。

神様は、私も見たことはありませんが、形がある物ではなく、霊(みたま)であり、その御分霊が各地の神社にお祀りされているのです。地鎮祭をするときなど、その場に神様をお招きいたします(降神の儀)。でも、大安吉日お昼前の一番良い時間なんて、日本各地で幾つも地鎮祭は行われているでしょうから、日本各地で同じ神様がお祀りされていることになります。なんか難しい話しになってきちゃいましたね。

ご存知靖國神社には、戦争で尊い命を落とされた英霊がお祀りされています。各都道府県には、護國神社があり、護國神社には戦争で亡くなられたその県出身の英霊がお祀りされています。そして、もっと地方には、市町村単位で慰霊碑やお社があり招魂碑や招魂社としてその地方出身の英霊がお祀りされていますし、それぞれにはそれぞれのお墓や位牌、また霊璽なるものが各家庭にあるはずです。

そう考えると、神様は神様ご自体に意思があるのではなく、お祀りさせていただく側の想いに応えていただくといった広い大きなものと捉えた方が良いのだと思います。よく靖國訴訟という言葉を聞きます。A級戦犯の問題はもちろんですが、「私の家は神道ではないので、父は靖國神社に祀られることを願っていませんでした」とか言う家族や朝鮮の方の御遺族、しかし共に戦われた人にしてみれば一緒にお祀りして欲しいでしょうし、祀っている神社側からしたら神様に変わりはないのですから、分祠なんて以ての外なのです。もしかしたら、亡くなった方の中には「かの戦争を指揮した人とは一緒にお祀りされたくない」と思っているかも知れません。しかし、日本人の考えは、亡くなったら神様なのです。神様の位に少しでも近づくようお祭を重ねるのです。中国や朝鮮の方とは考え方が違います。もともとの文化が違います。死生観が違います。生前に罪を犯した人は、そのお墓を掘り返してツバを吐いたり骨を灰にして飲んでしまったりという文化圏の方に、我が国の文化にいろいろ言って欲しくないですよね。

あらら・・・かな~り話がそれてしまいましたね(大汗。

最後に、今日の定点観測(って、タッキーさんのブログじゃないってば…笑)
20070913115317.jpg
(写真は、平成16年度のものです)
今日、境内に三国花火用の櫓が組まれました。雰囲気ががらっと変わりますね♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/130-e130fb95

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。