FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 氏子参拝旅行♪ > 氏子参拝旅行♪  

氏子参拝旅行♪

2007 - 10/14 [Sun] - 14:57

明日から行って参ります「氏子参拝旅行」のお話しをさせていただきます。その昔、まだこんなに高速道路網が発達していない頃も、この旅行はあったそうでして、上伊那各地から電車で団体旅行をしていたそうです。今から10年くらい前になりますでしょうか、その旅行を復興させようと、時の役員さん方が発起されまして、伊勢神宮から始まり京都に奈良、北は東北湯殿山、南は島根出雲大社まで、様々な神社参拝旅行を企画し行っています。
20071014144723.jpg
(平成16年度 日光東照宮)

最初のうちは、160名を目標に募集し始めた当旅行でしたが、160名が200名になり、今では300名を超えることもしばしばあります。参拝旅行ですから、メインを神社参拝におきます。各観光地には、大きな神社がありまして、お参りされたことのある方も沢山いますが、そこは我々神社側が企画する旅行ですから、一ひねりも二ひねりもさせていただいています。毎旅行、最低1つの神社で「正式参拝」という参拝をさせていただいています。
20071014144518.jpg
(平成14年度 鎌倉「鶴ヶ岡八幡宮」)

「正式参拝」とは、神社の拝殿に昇殿しての参拝でして、神主さんにお祓いをしていただき、代表者の玉串奉奠があります。そして、巫女さんによります「舞」を奉納させていただいています。「浦安の舞」であったり、その地・その神社に纏わる独自の舞を舞っていただくこともあります。なかには、その神社の宮司さんが直々におでましいただき、神社の由緒などをお話ししてくれるところもあり、それはそれは参加者は満足していただいています。
20071014144847.jpg
(平成13年度 石川「白山比神社」宮司さんのお話し)

昨年は、京都へ「下鴨神社」を中心として「京都御所」「北野天満宮」などをお参りしました。下鴨神社で正式参拝をし十二単の着付けを見ました。また、数ヶ月前より予約をしないと入れないといった「京都御所」の参観もありました。一昨年は、和歌山の熊野神社3つの神社を参拝しました。世界遺産に指定された熊野古道を歩き、それぞれの神社で説明を受けながらの参拝はなかなか出来るものではありません。その前は、「三峯神社」と「日光東照宮」2日連続での正式参拝、秋の紅葉シーズンとあって素晴らしい紅葉も見ることが出来ました。その前の出雲大社では、普通では入れない中の中まで全員を通していただき、説明を受けました。何れも300人を超える団体旅行となりました。
20071014144355.jpg
(平成15年度 出雲大社)

団体旅行、最近は少なくなりました。団体旅行といって、皆さんが心配されるのは、トイレや宴会。よくサービスエリアなどで、同じ団体旅行のバスが何台も停まっていて自分達でそのサービスエリアのトイレを混ませてしまっている…といったパターンがありますが、運転手さんや旅行会社にしてみれば一緒に停まって一緒に出発することほどやりやすいのでしょうけれど、自分達で出発の時間を遅らせては元も子もありません。私たちの旅行では、その逆に無線を使いなるべくばらけて休憩を取るようにしていますし、早く目的地に着いたバスは、行程にないルートで単独行動をとる、なんてこともしています。
20071014144236.jpg
(平成18年度 京都御所「紫宸殿」)

宴会も、250人くらいの規模もしたことがありますが、宴会場の端から端は煙草の煙が雲谷って見えないくらいの有様、しかもカラオケが回ってこない(そこかよ…笑)。私たちは、なるべくバス毎の宴会を心掛けています。そうすると、盛り上がり方が違いますね~。お酒が飛ぶように無くなります。宴会は、お酒飲み放題ですので、会計をする方は大変ですが…。
20071014145035.jpg
(平成17年度 熊野古道)

そして極めつけは、当日キャンセルも全額返金。どうしても、お義理などで急遽行けなくなってしまう方が何人か居ますが、そういう人達からキャンセル料を取るのではなく、毎年行っている旅行ですので、次の年は出ていただけるようにといった配慮からです。お陰様でリピーターの方も増えてきました。団体旅行が廃れている中、我々は1000人規模の団体旅行を目指して頑張ります。それぞれのバスには神主さんが最低1名は載っています。(もちろん、全額自己負担です…涙)この日は、私も、神主ではなく添乗員さんバリに働きます、お世話します、そして人一倍飲みます(なんてったって、朝5時から乾杯ですから…笑)。氏子の皆さんと、より親しみながらの楽しい旅行、今回は前もっての案内が出来ませんでしたが、毎年行っていますので、是非参加してみてはいかがでしょうか?♪

素晴らしいです!!
私も前奉務神社では各講等の担当しておりましたので
多いとき年間7回の日帰りバス旅行を企画添乗しており
お陰でその氏子さん達とも親しくさせて戴けたこと
覚えております
しかし日帰りでは行ける場所も全て行き着くし、聞く
とこでは日帰り旅行は1~3回に減ったとの事
寂しい事です
臨機応変の対応され時間帯のずらし等行うことによって
バリエーションが増えとてもいい企画と思います
頑張って、気をつけて引率添乗してきて下さいね
&七五三始まりますから充分喉を大切にして下さいね
(笑)

安28会さんへ♪

そうなんですよ。当旅行も、1泊1泊2泊のペースで企画していたのですが、1泊で行けるところが限られまして、今では1泊2泊の繰り返しになっています。もう2巡目に入りそうなのですが、何とかマンネリ化せずに良い旅行として発展し続けたいと思っています。
今回は、吉備津神社で釜鳴りの神事、厳島神社で正式参拝&舞楽と、他旅行では味わえない神社参拝旅行ならではの企画が盛り込まれております。どちらも、バスを時間差で動かして、分刻みの行程を組んでいます。って、去年までは私がやっていましたが、今年からは録事の任も解け、楽させてもらってます…(笑。
当旅行はバス車内も飲み放題です。支部内の、とある(お酒を飲まれない)神主さんより、神社に上がった御神酒を分けていただき、バス1台に10升以上積み込んであります。バスに酔う前に酒に酔っちゃえ~!って感じですね(汗。喉は大丈夫、主役は参加者さまですから、参加者のマイクまでは取りません (*^_^*)v

そういうのもあるんですね。楽しそうですが大変そうですね。気温の変化もありますし、お体を壊さないようにお気をつけて、楽しんで来て下さいネ♪

みちゃさんへ♪

そうなんですよ~。楽しいですけど、めちゃくちゃ大変です(涙。シコタマ飲んで、シコタマ食べて来ます♪
宣言!帰ってきたら、ダイエットするど~!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/169-705e2e10

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード