FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 古事記伝♪ > 古事記「喪の船で逃れた『ホムダワケ』」(122話)♪  

古事記「喪の船で逃れた『ホムダワケ』」(122話)♪

2010 - 09/05 [Sun] - 06:39

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

一具喪船御子載其喪船先令言漏之御子既崩如此上幸之時香坂王忍熊王聞而思將待取進出斗賀野爲宇氣比狩也爾香坂王騰坐歴木而是大怒猪出堀其歴木即咋食其香坂王其弟忍熊王不畏其態興軍待向之時赴喪船將攻空船爾自其喪船下軍相戰此時忍熊王以難波古師部之祖伊佐比宿禰爲將軍太子御方者以丸邇臣之祖難波根子建振熊命爲將軍故追退到山代之時還立各不退相戰爾建振熊命權而令云「息長帶日賣命者既崩故無可更戰」即絶弓絃欺陽歸服於是其將軍既信詐弭弓藏兵爾自頂髮中採出設弦一名云宇佐由豆留更張追撃故逃退逢坂對立亦戰爾追迫敗於沙沙那美悉斬其軍於是其忍熊王與伊佐比宿禰共被追迫乘船浮海歌曰伊奢阿藝布流玖麻賀伊多弖淤波受波邇本杼理能阿布美能宇美邇迦豆岐勢那和即入海共死也

「神功皇后」は棺桶をのせた喪の船を一艘作り
御子「ホムダワケ」をこの船に乗せて
選りすぐりの強い兵士達をお供につけました。

そして都に
「御子はお亡くなりになられた」という噂をお流しになりました。

「仲哀天皇」亡き後
天皇の座を狙っていた御子「ホムダワケ」の腹違いの御子
「カグサカ」「オシクマ」は
「ホムダワケ」が死んだという噂を聞きつけ
「神功皇后」を討つ策略を練り始めました。

そして斗賀野というところで狩りをして占いをしました。

まず「カグサカ」が櫟の木に登って
どうやって狩りを進めようかと考えているところに
怒り狂った大きな猪が現れて
「カグサカ」が登っている櫟の木めがけて突っ込んできて
その櫟の木に体当たりをしてきて根こそぎ櫟の木を倒すと
落ちてきた「カグサカ」を食べてしまいました。

これからの戦いを占う狩りで凶と出たにもかかわらず
弟の「オシクマ」はかねてよりの戦いをやめようとはせずに
軍隊を集めて「神功皇后」一行をが来るのを待っていました。

やがて一行が見えてきましたが
その先頭に喪の船が来ましたが
喪の船には兵隊は乗っていないだろうと軽く考え
喪の船から襲いましたが
喪の船には選りすぐりの兵士達が乗っていましたので
さっそく戦闘は開始されました。

この時「オシクマ」は
難波の古師部の祖先
「イサヒ(伊佐比宿禰…いさひのすくね」を将軍に据えました。

「神功皇后」軍は丸邇の祖先の
「ナニワネコ(難波根子建振熊…なにわねこのたけふるくま」
を将軍に据えました。

「オシクマ」軍は押しに押されて
ついには山代の国まで来たときに
なんとか軍を建て直し「神功皇后」軍と対等に戦っていました。

このとき「神功皇后」軍の「ナニワネコ」が言いました。

「『神功皇后』は既にお亡くなりになった。
だからこれ以上戦ったところで意味がない。」

そう言うと自軍の兵士達に
持っている弓の弦を切って降伏したように見せかけました。

すると「オシクマ」軍の「イサヒ」はそれを信じて騙され
自軍の兵士達にも弓の弦を外すよう指示をしました。

その様子を見た「ナニワネコ」は
それぞれが髪の中に隠し持っていた弦を弓に張り攻め始めました。

そこでその予備の弦のことを「宇佐由豆留」と言います。

不意をつかれた「オシクマ」軍は追われて大坂まで退き
なんとか軍を立て直しましたが更「沙沙那美(滋賀)」まで追われ
1人残らず斬り殺されてしまいました。

琵琶湖に追われた「オシクマ」と「イサヒ」は
船で琵琶湖に浮かびながら歌を詠みました。

「もうお終いだ逃れる術はどこにもない
追いつかれて捕まって斬り殺されるのを待っているよりは
ここで海に身を投げて死んだ方がましだろうよ」

そう歌を詠んで2人とも海に身を投げて死んでしまいました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/1913-b1d44c43

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード