FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 古事記伝♪ > 古事記「『オオサザキ』と『ウジワキ』」(131話)♪  

古事記「『オオサザキ』と『ウジワキ』」(131話)♪

2010 - 09/29 [Wed] - 06:49

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…エコバッグを使っていますか?★

爾乃浮出隨水流下即流歌曰知波夜夫流宇遲能和多理邇佐袁斗理邇波夜祁牟比登斯和賀毛古邇許牟爾掛出其骨之時弟王歌曰知波夜比登宇遲能和多理邇和多理是邇多弖流阿豆佐由美麻由美伊岐良牟登許許呂波母閇杼伊斗良牟登許許呂波母閇杼母登幣波岐美袁淤母比傳須惠幣波伊毛袁淤母比傳伊良那祁久曾許爾淤母比傳加那志祁久許許爾淤母比傳伊岐良受曾久流阿豆佐由美麻由美故其大山守命之骨者葬于那良山也是大山守命者【土形君弊岐君榛原君等之祖】於是大雀命與宇遲能和紀郎子二柱各讓天下之間海人貢大贄爾兄辭令貢於弟弟辭令貢於兄相讓之間既經多日如此相讓非一二時故海人既疲往還而泣也故諺曰海人乎因己物而泣也然宇遲能和紀郎子者早崩故大雀命治天下也

船から突き落とされた「オオヤマモリ」でしたが
水面に浮いてきたものの下流に流されながら歌った歌は
「宇治川の流れに私は流され溺れそうだ
誰か早く助けてくれ!大急ぎで助けに来てくれ!」

「オオヤマモリ」が川辺に隠れていろと命じた兵士達は
この様子を見ていて慌てふためき突き落とした船頭に向けて
矢を射ろうと弓に矢をつがえようとしている間に
「オオヤマモリ」は益々下流へと流されていき
兵士達も「オオヤマモリ」を助けようと下流へとかけつけましたが
「オオヤマモリ」は溺れて川底へ沈んでいきました。

兵士達は釣り針のようなものを川の沈んだ辺りに投げ探っていると
「オオヤマモリ」が衣服の下に着込んでいた鎧に引っかかり
「カワラ!」と鳴りました。

そこでこの地を「訶和羅之前(かわらのさき)」と言います。

「オオヤマモリ」の亡きがらを川底から引き上げたときに
弟の「ウジワキ」が歌った歌は
「宇治川の流れに溺れた兄君よ
父君の考えに背いた兄君よ
兄君を討とうと思うと父君を思い出し
兄君を討とうと思うと妹君を思い出し
それでも兄君を討てずに今まで来てしまったが
我が身の危険を察し兄君に手をかけてしまった
ああ悲しいかな」

そこで「オオヤマモリ」の亡きがらを奈良山に葬り
(「オオヤマモリ」は土形氏・弊岐氏・榛原氏の祖先です)

天皇の座を欲しがった「オオヤマモリ」は死に
残った「オオサザキ」と「ウジワキ」は互いに天皇の座を譲り合い
どちらも受けようとはしませんでした。

ある時漁師が新鮮な海のものを捕ってきて
「オオサザキ」に捧げましたが
「オオサザキ」はそれを辞退し
弟の「ウジワキ」に献じるよう言いました。

しかし「ウジワキ」はそれを辞退し
兄の「オオサザキ」に献じるよう言いました。

そんなことを何度も繰り返している内に新鮮だった魚貝は腐り
漁師は腐った魚介を海に捨てて泣きました。

ゆえに諺で「海人(あま)なれや 己が物から泣く」
(普通の人は欲しい物が手に入らなくて泣くのに
海人は自分が捕った物を人が貰ってくれなくて泣く)と言います。

しかし「ウジワキ」は早くに亡くなってしまいましたので
「オオサザキ」が天皇として御即位することになりました。

人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/1939-6725e2ee

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード