日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 五十鈴神社の建造物♪ > 手水のお話し♪  

手水のお話し♪

2007 - 12/07 [Fri] - 12:52

鳥居に続き、今日は手水のお話しです♪

鳥居をくぐると、(当社の場合は)手水舎(てみずしゃ)があります。
20071206153824.jpg
その奥には、私が前から言っています、私の大好きな景色のお庭があります。
20071206153841.jpg
11月のブログより♪)

手水舎の後ろを流れている川を、「五十鈴川」と言います(勝手に名付けました…笑)。
駒ヶ岳から注ぐ「五十鈴川」に流れる水は、本家の水より美しく、冷たく、昔はホタルが飛び交い、沢ガニや魚も住んでいたことがありました。
今では、川のU字溝化に伴い、神社内は昔のままを留めているのですが、上下がU字溝になってしまったせいか、見当たりません(涙。

話しを戻します。
伊勢神宮、明治神宮など、大きなお宮にはもちろん、神社には手水舎がつきものです。
なぜなら、神社の御神殿にお参りする前に、手を清め、口を清めることで、身を清め、心が清らかになり、それから神様に額ずくのが本義であるからです。
手水の作法は、

1.右手に柄杓を持ち、水を汲む。
2.左手をすすぐ。
3.持ちかえて、右手をすすぐ。
4.持ちかえて、左手に水をとり、口をゆすぐ。
5.口をつけた右手をすすぐ。
6.余った水で、柄杓の柄を流す。

これが一連の作法です。
注意するところは、
「神社は、不特定多数の人がお参りをされる場所ですので、柄杓に口を付けない」
「柄杓、またはお水で遊ばない」といったところでしょうか。
みんなが、気持ちよく使用するための常識として、覚えておいていただければと思います。

当社手水舎の、水の出口が、数年前より新しくなり、立派な龍の口がつきました。
20071206153816.jpg
チョロチョロしかでていませんが…(汗。

裏話。
ここ何年か前、市の水道課の方がみえ、手水舎の水道について話しをされていきました。
当社の手水は、上水道です。
井戸水を使う神社も多いのですが、当社は普通の水道のお水です。
一昔(かなり?)前、この辺に上水道が普及し始めた頃、まず水道の安全を広めるため(と聞いています)、神社に上水道をひき、水道代は市からの寄贈ということで話しが出来ていたそうなのですが、今回は「水道代は神社でお支払い下さい」とのこと。
手水を設置した当時のことをお話しすると「美女が森は、神社で水道代をお支払いいただいてます」とのこと。
いろんな経過はあったものの、大御食神社も時の流れで支払っているのだろうと、ならば仕方ないと、神社で水道代を払うように手続きをしました。
数ヶ月後、大御食神社に用事があり行ったところ「五十鈴神社では、水道料払っているんですね。うちもそうすることになりました」って。
えええええ~!!
多くは言いません。
これまで水を提供してくれていたことに感謝します。

といったわけで、予算のない神社、水はチョロチョロで、悪しからず(苦笑♪
※※多くの人に、神道に触れていただくために「人気blogランキング」をポチッと♪※※

ぬぁにぃ~~

先ほどのコメントで、素養のなさを露呈してしまいお恥ずかしい限りです・・・(泣)
今しがた調べて参りました
そんな有名なお方を知らないとは・・・全くもって(汗)

手水の作法参考になりました。
今まで知らずに柄杓に口をつけてしまっていましたので、今後改めさせていただきます。

手水舎の水が水道水だったとは知りませんでした・・・
梅戸神社もそうなんですかね~~?

それにしても市役所の職員はけしからんですね~~!
よりによって神社に向かって嘘をつくとは・・・
きっとばちが当たりますよ~~(笑)

ご時勢っていえばそれまででしょうが、昔の人は粋な事をしたものですね~~
ポンって気前良く寄贈って訳には行かないんでしょうか??

タッキーさんへ♪

ぬははは~♪
東郷平八郎元帥だけで、いくつも記事が書けそうでしょ?
って、私も無知ゆえに、書きませんが。
イヤ、書けませんが(汗。

今は無理でしょうね~。
どこかからか話しが漏れたら、政教分離だなんだかんだ~!!なんてなりかねません(大汗。
古き良き時代が懐かしい(って、我々は産まれていませんが)ですね。

梅戸神社あたりはどうでしょうかね?
大抵は、井戸水だと思いますよ。
「お水取り」とかいって、遠くから水を汲みに来る方がおられます。
方角を見て、その方角の神社のお水を飲むと運勢が開けるとか。私には、そういったものを見る能力はありませんが…。
水道水、と聞くとガッカリされる方がいますが、都会の水道水とは違い、この辺の水道水は下手な井戸水より美味しいのではないでしょうかね(笑。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/227-ac062833

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード