日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > お供え物…右?左?♪  

お供え物…右?左?♪

2008 - 01/07 [Mon] - 09:18

野菜をお供えするとき、向きはありますか?


ございます。
神様の方へ、頭(上位)を向けてお供えして下さい。
「神様の方」とは、「御神前」もしくは「正中(せいちゅう)」といって中心線です。

20080105183059.jpg

野菜の上位とは、花が咲く方です。
野菜の上位を、神様の方(御神前もしくは正中)へ向けます。
例えば、野菜を正中よりも右側に供える場合は…

20080105182713.jpg

野菜の上位が左(中心)を向いてますよね。
野菜を正中よりも左側に供える場合は…

20080105182822.jpg

野菜の上位が右(中心)を向いています。
野菜を中心に供える場合は、先日のブログ「注連縄…右?左?♪」にも書きましたが、左を上位として尊びますので、神様に対しての上位「左」(向かって右)に向けてお供えします。

そろそろ頭がこんがらがってきましたか?(笑。

何で、野菜をお供えするのが右だったり、左だったり、中心だったりするのでしょうか?

もっとこんがらがってもらいましょう(笑笑。
お供えするものが奇数だった場合、例えば5つとします。

20080105185240.jpg

1.お米
2.御神酒、お塩、お水
3.お魚
4.野菜
5.果物
とした場合、野菜は4番目ですので、右側になりますよね。

では、お供え物が6つの場合、

20080105185412.jpg

1.お米
2.御神酒、お塩、お水
3.お魚
4.野菜
5.果物
6.菓子
とした場合、4番目の野菜は左側になります。

今度は、野菜を中心にお供えする場合です。

20080106152410.jpg

1.和稲(にごしね・白米)
2.荒稲(あらしね・精米してないお米)
3.御神酒
4.お餅
5.海魚(海のお魚)
6.海菜(かいさい・昆布など)
7.野菜
8.果物
9.菓子
10.嗜好品
11.お塩・お水
とした場合、7番目の野菜は中心に供えることになりますよね。

最後になりましたが、お米が最初で、お供え物にも順序があるのが、よく解っていただけたかと思います。

最後まで読んでいただいた方は、
本当に必要に思った、ほんの一部の方だけなんだろうなぁ~(汗笑♪
☆多くの人に、神道に触れていただくために「人気blogランキング」をクリック願います♪☆

必要はなくとも

仕来たりとか決まり事とか興味があるので最後まで読みましたよ!
もちろん全部は覚えられないし、実際にするかといえば神棚や祭壇がないのでしませんが(苦笑)
でもやはり。とても興味深いものです。昔の人なら当然知ってる知識(一般常識)だったのかもしれないですね(苦笑)

…並べ方、ややこしいです(汗)お察しのとおり、読んでる途中で分からなくなってました(笑)一度やってみたら良いんでしょうけどね。

何でも勉強になります!

「へぇ~」と今まで知らない世界の話でした。実は私、高校の時から約6年間近くの神社で元旦に巫女のアルバイトをしてました。小さい時からその神社が遊び場で神主さんとも仲良し!巫女をすると結婚が行き遅れになるとよく耳にしますがセーフでした笑。お供え物が沢山あったなぁと思い出しました。それと巫女の格好は寒かった....

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これは・・・

とても参考になりました。
でもあまり実践する機会が無いですね~~
最近は上棟式も少なくなってしまいましたし・・・
地鎮祭なんかはするものの、宮司さんがやってくれるし。
神棚なんかに御供えする時に参考にさせて戴きます。
ようやく今日から仕事です(汗)

子瑜さんへ♪

完読、ありがとうございました(笑。
ややこしいと思いますよ~
だって、神主さん以外は、そうは必要のないことですからね(汗。
これを質問されたのは、私が呼ばれたところで、私が行く前にお供え物を並べておこう…といった心遣いからです。
写真を撮っておられましたが、なかなか難しい物です。。。

ようこさんへ♪

私も「へぇ~」です♪
6年間も巫女をされてたのですね。。。
ベテランだ~(笑。
私なんかは、冬場は白衣の下にモッコモコになるくらい下着や防寒着を着込んでますが、若い巫女さん達はそんなことしないんでしょうね。
見るからに寒そうでした(今年の諏訪大社初詣より…)
最後の11あるお供え物は、大きなお祭りだけですが、元旦の元旦祭や元始祭なども同じ感じですよ♪

未公開さんへ♪

良いアドバイスありますよ~♪
一度メール下さいませ。

タッキーさんへ♪

仕事始め、お疲れ様です♪
休みとはいえ、仕事出来ない辛さもあるのではないでしょうか?(笑
大工さんは、松の内の間は、カンナやノコギリなど大工道具を触ってはいけない?というようなことを聞いたことがあったような気がします(ホント?
畑で採れたもの(初物)などを、神棚にお供えするときにでも、参考にして下さいね♪

そういうことなんですね

よく知らなくて、本当に勉強になります。若いから知らなくても・・・という歳でもなくなり、ただただ恥ずかしいので知ることが出来て光栄です。これからも勉強させていただきます。

みちゃさんへ♪

そういっていただけると光栄です♪
勉強になる…なんて言ってもらうと恥ずかしい限りですが、少しでもお役に立てられるように頑張ります。
また質問とかして下さいね♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

未公開さんへ♪

お悩みへのお返事等々は、パソコンに残さない方が良いかも知れませんね。
パソコンメールでなく、携帯からご連絡をいただければ対応させていただきます (*^_^*)
isuzu@jinja.jpへどうぞ♪

自分の場合はお酒のビンを三方の上に載せるのは怖いのでそのまま熨斗を付けて台の上に直置きしていますよぉ。

【*゜ー゜】さんへ♪

当地は風が強いですので、外でのお祭では、【*゜ー゜】 さんと同じように、直置きする場合がありますね~♪

初めまして

職場の上司から、
生きていくのに必要な物から順に
飾るのだと言われましたが
実際はどんな意味でこの順番なのですか?

はむすけさんへ♪

上司さんの仰ることも、あながち間違いではありませんが、神様にお供えする物はどれも私たちが生きていく中で大切な物です。
その中でも、私たち日本人が主食とし、生業の中でも長い間中心になっている稲作、その収穫されたお米が中心にお供えするのは当然といえば当然のことです。
が、順番を間違えたからいけない…ということはなく、「順番はどうでもいいよ」というのではキマリが悪いので順序を付けた…程度のお考えで宜しいかと思います。
私たちの生活の一番中心にある稲作「米」、「米」から醸した「酒」、「米」から作った「餅」、海でとれた「魚」、陸でとれた「鳥」、海の菜物「海草」、陸の菜物「野菜」「果物」、嗜好品「菓子」、「塩」「水」となります。
米が一番、最後は塩と水と必ずなりますが、塩分も水分も私たちが生きていくためには無くてはならないものですからね (*^_^*)

ありがとうございました!

大変参考になりました。
ありがとうございます!

いえいえ (*^_^*)

お魚をお供えする時は1匹-.又は1ついかでこまっています。アドバイスお願いします。

コマッテマスさんへ♪

ご質問、有り難うございます♪
1つい、でなければいけないということはありません。
お供えするお皿に対し、大きいお魚でしたら1匹で構いませんし、例えばイワシやサンマのようなお魚であれば複数匹のお供えになろうかと思います。
ご参考までに (*^_^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/275-d5a64ba0

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード