日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 神棚の祀り方♪  

神棚の祀り方♪

2008 - 01/16 [Wed] - 15:18

ブログでも、メールでも、直接にでも、一番多くいただく質問は、神棚のお祀りの仕方です。

神棚の向きはあるのでしょうか?

神様が、東か南を向くようにお祀りします。
ですので、北か西の壁に、棚を設置します。
駒ヶ根在住の方に分かりやすくお話ししますと、大宮五十鈴神社は東向き、大御食神社(美女が森)は南向きになってますよね。

どういうお部屋が良いのでしょうか?

お家のご事情によりますので、一概にここが良い!とは言えませんが、ご家族が一番集まるお部屋が良いですね。
床の間があるような客間に…というご家庭もあると思いますが、滅多に人が訪れないお部屋より、みんなが集まって、お参りしていただけるようなところの方が良いです。

1階は駄目ですか?

「雲」という字が、神棚の上に貼ってあるのを見たことがあると思います。
今のご時世、2階建てで無い家の方が少ないくらいですし、マンションやアパートの場合も、上の階に人が住んでいることが多くあります。
神社のミニチュアのような物が神棚ですので、上を人が歩くことなどあってはいけません。
でも、どうしても神棚を設置した場所の上を人が歩かなければいけないような場所である場合、「ここの上は誰も通ったりはしませんよ」といった意味で、おまじない的な物ではありますが「雲」と書いた紙を貼ったり、雲の形をしたものを作ったりして飾ります。

ドアの上とかでも良いでしょうか?

神社の上も人は歩きませんが、下も歩きませんよね。
ですので、神棚の下を人がくぐることになるような、扉の上やドアの上は避けていただきます。
戸棚の上や冷蔵庫などの上に神棚を置かれる方もいらっしゃるかと思いますが、戸などを開けた振動が直接神棚に伝わらないように、専用の棚を作ってその上に置いてもらった方が良いと思います。
これは、振動で神棚にお供えしたものが落ちてこないようにといった、安全面からもお願いします。

kamidana.gif

神棚には、何をお供えするのでしょうか?

お米・お酒・お魚・お野菜・果物・お水・お塩…
これらを毎日取り替えていただくのに越したことはありませんが、なかなか毎日はやりきれません。
お米やお酒・お塩などは定期的に取り替えていただき、毎日お茶かお水を取り替えていただければと思います。
続かないことは避けて、長く続くことをしていただき、毎日手を併せていただくことが大切です。
他のお供え物は、例えばその年に初めて畑で取れたものや、珍しい頂き物などを、その時にお供えし感謝してから戴くとか決めてお供えいただければと思います。

今までいただきました問い合わせの中から、まとめてお答えさせていただき、色々と申しましたが、最初に言いましたように、家は千差万別、使いようも様々ですので、普段の暮らしの邪魔にならないことを一番優先してください。

東か南向き、ということですが、家の使い勝手によって、どうしても西や北を向いてしまう場合もあると思いますが、西向きや北向きの神社もあります。
どうしてもその場所しかない場合は、それを承知の上でお祀りしていただき、ちゃんとお参りしていただければかまいませんからね♪


今朝、神棚がない場合の御札の祀り方についてご質問を戴きましたが、これは又改めて♪
☆多くの人に、神道に触れていただくために「人気blogランキング」をクリック願います♪☆

うちの神棚…

以前の冷蔵庫の上では東向き、新しくした物の上では南向き。婆ちゃんすげっ!と一人思ってました。狭い我が家、台をこしらえる場所も無く昔から冷蔵庫の上に鎮座ましまししております。
そんな家に馴染みまくってる神棚は、榊もお水もお供えしてるのに実は御鏡も御札も無いのでした(汗)
これってお留守状態ですか?(滝汗)確かに神棚の背中(北側)方向には神社がありますけど。
まぁ出張所って事で…(汗)

子瑜さんへ♪

出張所っていう考えは良いですね(笑。
御札が無くても、お供えをしお参りをする人の心には、必ず神様がいます。
遙拝所(ようはいじょ・遙かに拝み奉る場所)ということで、是非引き続き子瑜家(仮称…笑)益々のご繁栄を導いてくれると思います♪

祖父の家の荒神様

昨日は御供えについて教えていただき
ありがとうございました。
連日の質問になってしまい申し訳無いのですが
祖父の家が空き家になるので荒神様を
自宅にお連れしたいのです。
御札と小さな御札入れが有るだけですが
御札事態も古いので、荒神様に御札を
お返ししたほうが良いのでしょうか?

また、お迎えしても良いのなら
最低限やっておかなければならないことを
教えて戴ければと思います。
御忙しい中申し訳ありませんが
よろしくお願い致します。

はむすけさんへ♪

お迎えしていただいて構わないと思います。
むしろ、せっかくですのでお迎えしていただければと思います。
最低限やっておかなければならないことは、綺麗に清掃することくらいでしょうか。

荒神様の御札はどちらでお受けになられたものなのか、それによって、新しくお迎えすることが出来るものなのか…新しくお迎えされるのであれば、古い御札はお返しいただければと思います。

ありがとうございました

度々の投稿にもかかわらず
ご指導戴きありがとうございました。
お札は大阪の荒神様で頂きましたので
新しくできるならそのように致します。
本当にありがとうございました。

はむすけさんへ♪Ⅱ

いえいえ、お答えできる範囲でしかお答えできませんが、何なりとお尋ね下さい (*^_^*)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

簡易神棚

1月30日神棚届きました^_^

1月31日 神様は早起きなので寝ぼけ眼で、午前3時不慣れながら設置完了しました!

宮司様ありがとうございました^_^

お札について

お聞きしたいことがありましたので、質問させてください。
いま当方は実家を離れて暮らしているのですが、その実家にご祈祷をうけたお札をお祀りしたいと考えております。
私事で恐縮ですが当方の実家、かなり荒んでおりまして・・・
それを少しでも和らげる一助になればと思い、お札をお祀りしたい旨に至りました。
ですが先述したとおり、当方は実家を離れて暮らしておりますので、お札をお祀りしたところでおそらく実家にいる家族は誰もお供えなどをしないと思います。
かく言う当方も帰省のタイミングは春、夏、冬と年3回しかなく、帰省時にしかお祀り出来ないのが実情です。
なら、今住んでいる所にお祀りすれば・・・
と考えたのですが、実家のために受けたお札を実家にお祀りしないのは何か違うような気がしますし、かと言って実家にお迎えしてお世話ができないのは逆に神様に失礼のような・・・
そんなのっぴきならない状態なのですが、当方のお聞きしたいこととしましては、何かいい解決策があったり、もしくはお祀りに対する見解や解釈などはございませんでしょうか?
あちこちサイトを探し回ったのですが、似たような事例を見つけられなかったのでこちらで質問させていただきました。

八雲さんへ♪

ご事情、お察し申し上げます。
私の考えと致しましては、八雲さんがお祀りしていただければ問題ないと考えます。
八雲さんが神様にお願いし受けられた御札ですから、その願い事をお聞きいただき御神徳を発揚していただくのに、その実家でないといけないということはありません。
深い事情は分かりませんが、お願いもされていないことを勝手に神様にお願いしていただいてきた御札…と解釈されたら余計に粗末にされそうな;;
八雲さんの想いと、ご実家の皆様の想いが一つになりますようお祈りしておりますm(_ _)m

厚くお礼申し上げます

ご多忙、またお疲れの折にご返答下さいまして誠にありがとうございました。
お祀りについては宮司様より頂いたお考えに沿って検討してみます。
貴重なアドバイス、ありがとうございました。
まだまだお聞きしてみたい事もあるのですが、それはまたの機会とさせていただきます。
もし、またわからないことが出てきましたら、そのときはよろしくお願い致します。
それでは宮司様、お身体にお気を付けて。
ありがとうございました。

八雲さんへ♪Ⅱ

いつでも、お気軽にどうぞ (*^_^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/289-9e84e397

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード