日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 来年は巳年♪  

来年は巳年♪

2012 - 12/24 [Mon] - 06:29

もう~い~くつ寝~ると~♪お正月~♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

クリスマスを迎えると年の瀬、
いよいよお正月が近づいてきました。

お正月の準備に追われる毎日ですが
お正月休みが明けると各企業も仕事始め
仕事始めにあわせ「新春祈願祭」を行う企業もあり
会社へ出向いての祭典、神社での祭典とあり
来年も、多くの企業よりお申し込みをいただき
御札を謹書致しました。
癸巳1
細かくて見えないと思いますので拡大…
癸巳2
御札には御祈祷をする日付を入れますが
「平成二十五癸巳(みずのとみ)歳」とあります。

そう、来年は「巳(み)年」です。

「癸(みずのと)巳(み)」とは、「干支」です。

「干支」とは、
「五行(ごぎょう)」「木火土金水」と
「十干(じっかん)」「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」
(こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き)と
「十二支(じゅうにし)」「子丑虎卯辰巳午未申酉戌亥」
(ね・うし・とら…)の組み合わせです。

例えば「五行」「十干」「十二支」の
最初の「木」と「甲」と「子」を組み合わせると
「甲子(きのえね)」となりますが、
「五行」それぞれに「兄・弟」「え・と」を付けて読むので、
「木(き)」の「兄(え)」「甲(きのえ)」「甲子(きのえね)」
「木(き)」の「弟(と)」「乙(きのと)」「乙丑(きのとうし)」
「火(ひ)」の「兄(え)」「丙(ひのえ)」「丙寅(ひのえとら)」
「火(ひ)」の「弟(と)」「丁(ひのと)」「丁卯(ひのとう)」
「土(つち)」の「兄(え)」「己(つちのと)」「己辰(つちのとたつ)」
…のような組み合わせが60通り出来ます。

それは、10と12の最小公倍数60だからで
60年に一回同じ干支が廻ってきて
生まれ年と同じ干支になった60歳を還暦と言います。

話しがそれましたが、
その巡り合わせが来年は「癸巳(みずのとみ)」の歳となります。

古事記などの古書には
もちろん西暦などは書かれていませんが、
この干支表示がありますので年代が分かるのです。

ご自分の干支も、計算すればすぐわかりますよ♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 初めまして

はじめまして、こんにちは (*^_^*)
ご質問をありがとうございました。

まず、皇女さんが仰られている「宮司」とは「神職」と言うことだと思います。
「宮司」は各神社に1人しかいない役職(社長のようなもの)ですので、先ずは「神職」にならないと「宮司」にもなり得ないということになります。

さて、一般の方が「神職」になるには…ですが
その前に、K大社さんで女性の神職を雇われているかの確認が必要です。
当地のS大社では女性の神職を雇っておらず、神職の資格を持っていながら巫女として奉職されている女性の方を知っています。

その上で、神職になるには…ですが、
一般の方が見落としがちなのは、先ずは仏籍の場合は仏籍を解いていただくということです。
つまり、「神職」になったのに、葬儀は仏式で…というのはあり得ないからです。
その後に、神職の資格をお取りになれば一般の方が神職になることは可能ですよ (*^_^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/2925-328710aa

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード