日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 熨斗(のし)のお話し♪  

熨斗(のし)のお話し♪

2008 - 01/31 [Thu] - 09:12

「熨斗」とは(Wikipedeiaより)
熨斗(のし)とは、慶事における進物や贈答品に添える飾りである。
黄色い紙を長六角形の色紙で包んだ形状をしている。
祝儀袋等の表面に印刷された、簡略化されたものもある。
しばしば水引と併用される。

正式には熨斗鮑(あわび)と呼ばれるそうで、元はアワビの肉を薄く削ぎ、火熨斗(ひのし・アイロン)にて引き延ばし、乾燥させたもののことを呼ぶそうです。
「のし」は、延寿に通じるため、古来より縁起物とされてきました。
また、仏事における精進料理では魚などの生臭物が禁じられていますが、その逆に仏事でない祝時おける贈答品においては、精進でないことを示すため、生臭物の代表として熨斗を添えるようになったとも言われているそうです。
しかしながら、縁起物とは言え鮑は高級品ですから、現在では簡略化され鮑の代わりに黄色い紙が用いられるようになった…ということであります。

そこで、御神前にお供えする金品に関しての質問です。

「神主さんへの御礼・御神前にお供えする御神酒」
のし袋やのし紙には、なんて書いたらいいのでしょうか?


御神前にお酒などをお供えする際に記す「表書き」には、いくつかの書き方があります。
「奉献(ほうけん)」「奉納(ほうのう)」「御神前(ごしんぜん)」「御供(おそなえ)」「上(うえ)」などが一般的とされています。
「奉献」「御供」などは言うまでもありませんが、「上」は神様や目上の方に対する御礼の際の表書きに用いられる言葉です。

20080130101423.jpg

御祈祷などの「お礼」を入れるのし袋の「表書き」も、「初穂料(はつほりょう)」「御榊料(おさかきりょう)」「玉串料(たまぐしりょう)」「神饌料(しんせんりょう)」等、書き方はいくつかあります。
「御榊料」「玉串料」「神饌料」は、榊(さかき)・玉串(たまぐし)・神饌(しんせん)の代わりにという意味、初穂とはその年初めて収穫された穀物を神様に奉(たてまつ)るもののことであり、「初穂料」も同じく、その代わりにと言う意味の言葉です。

ちなみに、大宮五十鈴神社に上がっているお酒の「表書き」で一番多いのは「奉献」で、のし袋の表書きは「初穂料」が一番多いですね。
のし袋の表書き、「初穂料」が覚えづらいときは、普通に「御礼」でかまいません。

このほかに、神式(しんしき)の葬儀(神葬祭・しんそうさい)のときは、「御霊前(ごれいぜん)」「玉串料」といった表書きを用います。
市販の「御霊前」という袋の大半は、蓮の花の模様が入った袋だと思いますが、これは仏式用になりますのでご注意下さい。
慶事弔事、いずれも奉書で包み、麻で結んだものが本式ですが、一般ではあまり見られなくなりました。

くどいようですが、今回は一例を挙げたまでで、こう書かなくてはいけないというものではありません。

神事に用いられるほかに「冠婚葬祭」様々な書き方があります。
お気軽にお問い合わせ下さい♪
☆多くの人に、神道に触れていただくために「人気blogランキング」をクリック願います♪☆

百貨店で働いてると御進物に熨斗を掛けるよう申し付けられる事が多々あります。
熨斗の表書きや水引きって用途によって変わってきますよね。使い分け、いざ聞かれるとややこしくって!(汗)一般的なものだと別に難はないんですけどね。
今回みたいに紹介してくれると嬉しいです(笑)

私の好きな・・・

テレビ番組『鉄腕ダッシュ』で熨斗の作り方を放送していました。

何でも全国で1軒だけになってしまった熨斗屋さんだそうで、神宮に納めているそうでした。

昔は保存食か何かだったんでしょうかね~?

子瑜さんへ♪

でも、逆に聞く方なのではないですか?
客>熨斗を付けて下さい。
店>なんていう風にお付けしましょうか?
って (*^_^*)。

客>神社に奉納したいんですけれど、なんて書いたらよいでしょうか?
店>…

ああ、やっぱ聞かれちゃうのですね(笑。
って、百貨店でこんな会話はほぼ無いでしょうけれど(苦笑。

タッキーさんへ♪

6・10・12月に、神宮ではこの熨斗が御神前に上がるそうですね。

熨斗もそうですが、神宮はそういった日本の古式ゆかしき伝統を守るという点でも、大変な貢献をされています。
御遷宮、20年に一度行われるのは、こういった伝統を守るべく後世に伝えるギリギリの期間ともされています。
伝統文化、例えば織物や金細工に装束などの神宝を20年に一度新しく作ることで、その技術を後世に残しているのです。

昔も、鮑は保存食というより高級品だったと思いますよ~♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/304-6617f518

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード