日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神職会♪ > 伊勢下見♪  

伊勢下見♪

2013 - 04/30 [Tue] - 06:13

今年は「第62回神宮式年遷宮」が行われます。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

かねてより種々ご案内して参りましたが
いよいよ本年の10月、神様がお遷りになる
遷御の儀が執り行われます伊勢の神宮
先立ちまして、神様がお遷りになる前に
神様がやがてお鎮まりになります「御正宮」の側まで行き
白い石を置いて来るという行事「お白石持ち行事」が
7月~9月にかけて行われ
私たち長野県神社庁上伊那支部も3班に分かれ
7月と8月に2回参加することが決定しています。

7月の第1班は160名
8月の第2班は200名、第3班は40名の計400名
バス1台毎に神職が1名ずつ添乗し案内するということで
これまでに何度も行ったことのある神宮ですが
「お白石持ち行事」の隊列の出発地や受付場所など
下見をするために、当日添乗する若い神職6名で
先日、伊勢の神宮に行ってきました。

当日は1泊2日ですが下見は日程がとれないので
2日分の行程を1日で下見
ちょっとハードな行程となりました。

1日目は、2日目の神宮参拝「お白石持ち行事」に先立ち
身を清める「浜参宮」を二見興玉神社で行いますので
01浜参宮
まず二見興玉神社を参拝、受付場所を確認し
02二見興玉神社
どこでバスを降りたら良いのか
どこにバスを停めておいて乗ったら良いのかなどを確認し
当日の昼食会場の下見を兼ねて鈴木水産の本店で昼食
03鈴木水産
以前より気になっていた鈴木水産(おはらい町に支店が数店)
ですが、団体旅行(バス旅行)には向かないことを確認
美味しさは文句なしですが
広さ的には家族旅行には最適といった感じでしょうか。

第1班は内宮、第2・3班は外宮
先に外宮から参拝しましたが
外宮のお白石持ち行事の出発地まで歩く途中で
「月夜見宮(つきよみのみや)」を参拝
04月夜見宮
受付場所と出発地を確認し外宮へ…
05外宮入口
すでにこの時点で足が悲鳴(苦笑
実際にはゆっくり時間をかけてお白石を乗せた山車を曳きますが
この日は1日で総てを見なければということで早歩き
日頃の運動不足が祟りました(苦笑
06外宮
外宮も、新宮を建設中
木の香しい何とも言えない香りが漂っていました。
07外宮新宮
続いて内宮
いつも車を停める宇治橋脇の駐車場ではなく
的矢牡蠣をいただく武雷庵の近くの駐車場に車を停め
13的矢牡蠣
その近くのお白石持ち出発地を確認し
内宮まで歩いて進みました。
08宇治橋
御遷宮の年を迎え大変な賑わいの神宮
この日も多くの参拝者で賑わっていました。
09内宮
せっかくですので、外宮も内宮も御垣内参拝
支部長という立場での代表参拝は
何とも身の引き締まる貴重な体験をさせていただきました。
10内宮新宮
内宮の新宮もほぼ完成間近
テントで隠されていると、余計に覗いて見たくなるのは人の真理
ほんのちょっとの隙間から目を懲らしてみましたが
7月には新御正宮の脇まで入ることが出来ますから
それまでのお楽しみ♪
11風日祈宮橋
荒祭宮、風日祈宮、子安社・大山祇社をお参りし
12風日祈宮
おはらい町、おかげ横丁を散策し
お昼を食べたにもかかわらず
豚捨のコロッケ、伊勢うどんなどを食べ帰路に着きました。
14伊勢うどん
若い神職…といいましたが
今回の6人の中で私が一番年上
車の中も和気藹々とても楽しい下見の旅
私45歳、続いて41歳、39歳、37歳、32歳、25歳
とても頼もしく、そして責任感を覚えた旅でもありました。

あとは7月に向けて準備
事前勉強を重ねて備えたいと思います♪

今年は最低でも6回は神宮へ行きます♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/3066-5d2433c5

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード