FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神青会♪ > 福島復興支援活動♪  

福島復興支援活動♪

2013 - 07/16 [Tue] - 06:32

(続き)
7月8日、福島県は浪江町で慰霊祭を斎行しました。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

翌9日は、同じ浪江町にあります
「初発(しょはつ)神社」で復興支援活動を行い
復興祈願祭を行う予定で活動し始めました。
20_20130715093123.jpg
今回で4回目となる震災後の福島県ですが
そのたびにお世話になっている「美浜会」
そのメンバーでありますT君の受持神社「初発神社」
境内のすぐ脇にはT君の新築の家がありますが
もちろん現在は住むことはできず仮設住宅に避難中
21_20130715093225.jpg
まずは2年半手つかず状態の「初発神社」境内清掃と
御社殿内の片付けをするべく朝礼
T君(禰宜)の、いつかこの境内に昔のように子供達の声が響き
子供達が楽しく遊び飛び回れる状態が来る日を夢見て…というお話
主催者K代表の、これから氏子さん達が各家々の復旧作業に
この地元に帰ってきたとき、綺麗になった境内・神社が
氏子の皆さまの心の拠り所になるように…というお話
それぞれが心に滲みました。
22_20130715093126.jpg
福島県はこの日、30度を超える猛暑日
私もヘルメットに軍手と装備万端で復興作業
23_20130715093127.jpg
私はヘルメット組でしたので、御社殿の中に
御社殿の中は写真の通り、大きな揺れに障子や襖は外れ
上にかかっていたものは落ち、ガラス戸は割れて飛び散り
この状態を見て、長靴の中にステンレス入りのソールを着装
まずは障子・襖を取り外しガラスも取り除き社殿の中を空に
24_20130715093130.jpg
森の中、社殿の中とはいえ汗が止まりません
熱中症にかからないようにと、こまめに休憩を取り水分補給
25_20130715093227.jpg
畳や絨毯も総て掃き清めて取り除き
畳はまだ使えそうでしたので社務所へ運び込み
御社殿の修繕は、午後に富山から到着する大工さんにお任せし
境内清掃のお手伝い…
2年半手つかずの境内には、2年分の落ち葉が積もり
下は腐葉土と化し上は梅雨の雨で重くなり
いずれにしても重い落ち葉をビニール袋に詰めて境内の外へ
バケツリレーのようにして運び出しましたが
この暑さと普段し慣れない労働とで汗が更に流れ落ち
ヘルメットの下にかぶった帽子のひさしからシズクというより
蛇口をひねった水道のように(苦笑)流れ落ちました。
27_20130715093231.jpg
社殿前を祭典が出来るほどに綺麗に片付け整え
今度は社殿の裏側も掃き清め
(落ち葉の中の放射線量が高かったことは言うまでもなく)
昼食をとって南相馬の日帰り温泉で汗を洗い流し祭典に備え
28_20130715093232.jpg
神社に戻ってくると、富山県から到着した大工さん達が
とりあえずの雨風から御社殿を防ぐようにと
応急処置を施してくれていました。
29_20130715093239.jpg
祭典の準備も整ったところで習礼(しゅらい・練習)
私も1回歌わせていただくことで
この日の「朝日舞」は満足のいく歌となりました(笑
30_20130715093241.jpg
この日は、北海道から前の神青協会長O氏が
東京からは現在の神青協副会長Y氏もかけつけていただき
更に多くのメンバーで「復興祈願祭」を斎行
時刻、T禰宜さんを筆頭に斎場へ参進し神事を行いました。

祭典後、主宰者K代表の挨拶
「神事中に鳴ったサイレン・アナウンス
時間までに退去するように…とのアナウンスは
自分の家に帰ってきているのに変な話であり
この暑さの中セミの声1つしないのもおかしなこと
まだまだ時間はかかるのかも知れないけれども
復興を成し遂げるその日まで私たち柵のない有志一同
微力ながら忘れることなくお手伝いをさせていただく」
といったような挨拶の間
震災後初めて当御社殿御神前で祭典を奉仕することの出来た
T禰宜さんは涙が止まらなかったご様子でした。

未だ帰り住むことの叶わない神社隣接の新築住宅
多額のローンは払い続け
守るべき氏子さんも散り散りに避難され
いつか昔のように氏子さん達が集い
子供さん達の声が響き渡るような境内
鳴り響く笛太鼓お囃子の音などを想像しながら
まとまらない想いを胸に様々な想いが駆け巡ったことでしょう…

復旧復興にはまだまだ遠い道のりが…
ということを実感した今回の旅ではありましたが
それでも一歩ずつ着実に歩みを進めている
そんなことも実感できた旅でもありました。

次回は、来年の3月11日を予定しています♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/3164-b70323b4

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード