FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神職会♪ > 招魂社の今後(草刈り作業に考える)  

招魂社の今後(草刈り作業に考える)

2007 - 06/11 [Mon] - 12:41

10日、上伊那招魂社の草刈り作業をしてきました。
20070611123052.jpg
招魂社とは、明治維新の頃以降に、国のために亡くなられた方の御霊(英霊)をおまつりした神社で、東京には「東京招魂社」(現在の靖国神社)が、各県に護國神社(長野県は、松本市に長野縣護國神社があります)が、そしてそれぞれの地方に招魂社が鎮座しています。

上伊那招魂社には、上伊那出身で戦争等で国のために命を落とされた方々がおまつりされています。「靖国神社は聞いたことあるけど、招魂社は知らない」という方が多いことと思います。上伊那招魂社は、伊那市の中央公園(球場の奥)の中にあります。

戦後、神社が国家管理で無くなるに伴い、各神社はそれぞれの地域がお守りすることになり、当神社もそうですが各地の神社の殆どが、それぞれの地域の氏子さんより頂戴する奉賛金(維持費)により管理されています。ですが、招魂社(靖国神社・護國神社)には御遺族はいらっしゃるのですが、氏子さんがいません。奉賛会などの組織があって、管理をしている場合が多いのですが、当招魂社にはそういった組織はありません。これまでは上伊那各市町村の社協(社会福祉協議会)より補助金をいただき細々…と管理されていましたが、伊那市の合併や、政教分離など世の中の移ろいに伴い、その補助金すらカットされてしまいました。

上伊那には宗教法人に登録されている神社が196社あります。もちろん、上伊那招魂社もその一つです。維持が難しいから、といって法人を辞めるわけにはいきませんし、御英霊はもちろん遺族の皆さんのためにも神社を未来永劫護っていかなければなりません。そこで、我々神主がお金を出し合い、力を出し合って維持に勤めているのです。

相変わらず前置きが長くなりましたが(ブログが一巡するまでお許し下さい)、この時期にはその招魂社のある伊那公園は草ぼうぼう、背丈が腰ほどにまで成長しています。
20070611123019.jpg
桜の時期には大勢の人で賑わいますが、管理は神社。もちろん、桜の時期以外は放ったらかし…というわけにはいきませんので草刈りもしなければなりません。
20070611123043.jpg
というわけで、6人の神主がビーバーを持ちより、草刈り作業しました。また、神社の端にあるツツジにからまった、ツタや竹を払う作業、お昼過ぎから6時過ぎまで行いましたが、すべては終わらず…日を改めて行うことになりました。
20070611123101.jpg
その後は大芝の湯でヒトッ風呂浴びて、招魂社の宮司さんに夕飯をご馳走していただきました。普段使わない筋肉を使ったせいで、今はヒーヒー言ってます。。。(>_<)
草刈り作業はこれから我々がしていかなければいけないことではありますが、社殿の修繕等お金のかかることには限界があります。どこの護國神社も招魂社も同じように悩み問題を抱えていることと思います。招魂社の今後、考えていかなければいけないですね。

こんにちは

招魂社って言うのが有るんですね、失礼ながら全く知りませんでした、
草刈お疲れさまでした。さぞ一杯が美味しかった事と思います。

飯島には、招魂碑があるんですが、それとは全く違うんでしょうか?
写真を見る限りでは飯島の招魂碑とは違うような気がします。

私の祖父も飯島の招魂碑に名前が刻まれています、各市町村に有って、その上に?上伊那の招魂施設があるのでしょうか?

タッキ~さんへ♪

招魂碑や祠などの招魂施設は各市町村にあります。例えばお祖父様の例でお話しをさせていただくと、お祖父様は飯島町出身ですので飯島町招魂碑におまつりされています。同時に、上伊那出身ですので上伊那招魂社におまつりされています。同時に、長野県出身なので長野縣護國神社におまつりされています。もちろん、靖国神社にもおまつりされているのです。日本人ならではの宗教観で、それぞれのお社に神様としておまつりをされているのですよ。例祭は招魂社が4月23日、護國神社が4月30日、靖国神社のみたま祭は7月13~16日(例祭は春・秋あります)です。靖国神社のみたま祭には、是非1度お参りしてみてください。それはそれは荘厳なお祭、というか境内が靖国問題なんてどこ吹く風とばかりの賑やかさです。私は毎年お参りしておりますが、またお参りの際はブログに書かせていただきますね。 (*^_^*)

ご奉仕ご苦労さまです!
英霊への祭祀、今後真剣に考え、有効な施策を実践していかなければいけない時機に来ていると思います。
護国神社には神職がいて、朝夕の祭祀を厳修していますが、招魂社ではそれもままならない場合もあるやもしれません。
「後に残されし者」としての務めを果たしていきたいものです。

fukuさんへ♪

今後、招魂社のことにつきましても、何かと相談にのっていただく事も多々有ろうかと思いますので、よろしくお願い致します。
実はこの招魂社、本殿までの回廊が腐り落ち、御扉まで辿り着けず、臨時回廊(コンパネ)を敷きお祭をしているような現状です。奉仕の精神を普通のお宮以上に感じさせられるお宮さんです。でも尊いですよね…。なんとか護り続けていきたいと思います。イヤ、護っていきます。ご指導の程をよろしくお願い致します。

お疲れ様でした。

草刈りなどの清掃奉仕をしていると、無心になって色々なことを考えますよね。
神職だけじゃなく、地域の有志や子供たちを巻き込んだ草取りができると、一つのきっかけになるかも知れませんね^^;

一文字さんへ♪

そうですね^^。イロイロと考えることが出来ます。ま、今回はビーバーの音に打ち消されてしまい何も残っていませんが、清掃奉仕は掃除したその場所も綺麗になりますが、無心になることで自分の心も洗われたような気持ちになりますよね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/32-325025a4

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード