日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 玉串(たまぐし)のお話し♪  

玉串(たまぐし)のお話し♪

2008 - 02/15 [Fri] - 09:23

玉串(たまぐし)って、聞いたことありますでしょうか?
神社にお参りするときは、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」でお参りをしますが、ご祈祷(きとう)を受けたりお祭に参列した際、正式なお参りの時は玉串を捧(ささ)げてお参りをします。

今日は、正式な作法の前に、玉串についてお話し致します。

20080214180937.jpg

玉串とは、「榊(さかき)」の小枝に「紙垂(しで)」という紙飾り?を「麻(あさ)」で縛り付けたモノのことを言います。
20080214181828.jpg
画像が小さくて、見にくいと思いますが、本当の「榊」はツバキ科ですので、ツバキのように葉っぱの表面がツルツルしています。

20080214182836.jpg
(熱田神宮境内に自生している榊)

ですが、この辺で一般的に「榊」と呼ばれている植物の正式名称は、最初の玉串の画像のように「そよご」という木を使っています。

本当の「榊」は、暖かいところでしか育たず、この辺ではちょっと微妙でして…ひとたび根が付いて冬を越してしまえば大丈夫とも言いますが、我が家では根が付いた例しがありません(涙。
この辺では、「そよご」を榊の代用品として玉串に使っていますが、この「そよご」も生息地は本州中部以南とされていますので、北の方へ行くと「竹」であったり「ヒバ」などを代用品として使っています。

「榊」は、木偏に神と書く尊い木であり、その語源は栄える木にありますので、一年を通して青々としている木(常緑樹)が代用品として使われるのだと思います。

20080215092222.jpg

明日は、玉串の捧げ方を書く…予定…です♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

以降のブログ…
玉串奉奠(ほうてん)
玉串拝礼(はいれい)

榊は神棚に飾るのに近所の花屋さんへ子どもの時よく買いに行かされました。だから榊は花屋さんに売ってるものと思ってました。それが近くの山へ行った時根のある榊を知りました。市外地から近い山なんですよ。暖かい所でしか育たないとは知りませんでした。金沢は決して暖かい所ではないのに・・・。でも子ども心に榊は神様の木でグレードの高い木というイメージでしたよ。玉ぐしの捧げ方も楽しみにしてしています。聞いても聞いてもクルクル回しているもんで・・。捧げ方はどんな時も統一なものか教えて下さい。

常緑樹が代用品に成り得るのですね。
私の住んでる街は街路樹に楠を使っていたり、湊川神社の敷地内にある木の殆どが楠だったりと、かなり楠率が高いのですが(祭られているクスノキマサシゲ公にあやかってるんでしょうけど)、楠でも榊の代わりには成るんでしょうか?…とふと思った疑問です(笑)

それにしても榊と紙垂って合わさると綺麗ですね。深い緑と優しい白って目に良さそう…じゃなくて好きな組み合わせですよ…じゃなくて(汗)やっぱり神様が降り立つところ、ですかね。
今回の癒し画像(なんだそりゃw)は自生している榊と祭壇の前にある榊です。緑、綺麗ですねー、うっとりします。

ようこさんへ♪

榊は花屋さんに売っている?!
根のある榊?!
なんか、高校生のような回答ですね(笑。
でも、確かにそうかも知れません…

玉串の捧げ方あれこれですが、捧げ方自体は変わりありませんが、拝礼の方法に違いがあります。
これは明日、お答えさせていただきますね♪

子瑜さんへ♪

癒し画像になって、何よりです♪

楠を玉串の代用に…は、私は聞いたことがありませんね~。
楠自体は、寒い地方でも生息するのでしょうか?
もし、榊や他の代用木が生息しないような土地で、楠のような常緑樹が生息しているのでしたら、それもありえるかも知れませんね♪

関西地方だったら榊は普通にありそうですよねー(私は他の代用品と榊、区別が付きませんが/汗)
榊って背が高くなる木でしたっけ?…そういや椿も鉢植えしか見たことないような気が…。どちらも低木種でしたよね?ね?

子瑜さんへ♪

ん~、低木でもないような…
鉢植えしておけば、そんなには育たないかも知れませんが、熱田神宮や伊勢神宮の参道にある榊は、低木といっても3~4メートルはあるような…。

当地でいう榊(そよご)の木も、同じくらいの高さですね。
本当の榊の方が、根付きはいいようですが(暖かいところでは)こちらの榊は、あまり根付きというか水吸いがよくありませんね…。

No title

今コメントを読み返すと私の方が高校生のような書き方でした(すみません)。神棚にあげる榊は近所の小さな花屋さんに売っていたのです。今も売っていますよ。で、大人になってから初めて山で榊の木を見たのです。それが言いたかったぁ~v-237

ようこさんへ♪Ⅱ

ふふふ (*^_^*)v

金沢で自生しているということは、この辺よりは暖かいのでしょうかね♪
比べられないのがもどかしいですが、今度yahooででも比較してみます!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/322-ec5667fe

榊採り

先週の金曜日我が社が所属している町商工会の安全祈願祭が行われました。 今年から、下っ端ですが建設部会の役員を仰せつかった私・・・雨...

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード