日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 兼務社♪ > 高鳥谷神社♪  

高鳥谷神社♪

2013 - 10/22 [Tue] - 06:35

駒ヶ根市東伊那「高鳥谷(たかずや)山」に鎮まります
「高鳥谷(たかずや)神社」

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

創立は、社伝によりますと
文明8年(1476年)9月
高鳥谷1
御祭神は、「猿田彦(さるたひこ)大神」
「天宇受売(あめのうずめ)大神」
「少彦名(すくなひこな)大神」
「大国主(おおくにぬし)大神」
高鳥谷2
東伊那の各郷々に神社がありますが
この「高鳥谷神社」は東伊那全域
昔「伊那村」と称された村の村社とされています。
高鳥谷3
その昔、高遠領主内藤駿河守の篤い信仰を受けたことからも
武運長久の神とされていたことが分かり
当神社例祭に伝わる「矢納めの儀」にも現れています。
高鳥谷4
この「矢納めの儀」については、改めて書きたいと思います。

御本殿は文政12年再建
高鳥谷4
立川和四郎富昌の作
高鳥谷7
随所に施された彫刻が、それはそれは見事です。
彫刻13
現在の御社殿(御本殿)は文政12年(1829年)建立
立川流(たてかわりゅう)といわれ
「大隅(おおすみ)流」から分派した宮彫の流派で
諏訪大社下社の「春宮」が「大隅流」
「秋宮」が「立川流」と
当時の諏訪藩主が同じ工期で競わせたといわれていますが
その「立川流」2代立川和四郎富昌が造ったのが
「高鳥谷神社」の御本殿であります。
彫刻5
立川和四郎富昌は、「高鳥谷神社」の御本殿を造ったあと
引き続き「諏訪大社」の上社本宮を手掛けたといわれています。
彫刻8
富昌は諏訪が出身地でありますので
出身地の「諏訪大社」とあって
工事(彫刻)も安く請け負ったそうでありますが
その費用が80両といわれています。
彫刻9
それに対して「高鳥谷神社」の費用が
160両と米100俵といわれていますから
「諏訪大社」に引けを取らないと言っても過言ではありません。
彫刻14
特筆すべきは保存状態?保管状態?
御本殿が建てられて間もなくして
上屋(覆い殿)が建てられたのでしょう…
彫刻7
鳥の糞もついていないくらいに綺麗な状態で
180年以上も昔の建物が建っているのは
他に例を見ないと思われます。

高鳥谷10

また「高鳥谷神社」の社叢、赤松並木は
昭和45年に市の天然記念物に指定され
赤松並木
昭和46年に県の天然記念物にへ格上げとなりました。

建物は国宝級です(言い続けよ…笑♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/3255-a186b505

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード