FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > お参りの作法♪  

お参りの作法♪

2008 - 02/22 [Fri] - 10:09

慰霊祭に出発する前のお話しに戻ります。

「玉串(たまぐし)のお話し♪」
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(1)♪」
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)のお話し(2)♪」

と、3日連続で、玉串(たまぐし)拝礼についてお話しいたしました。
玉串は、祭典の中で用いることが殆どですので、普段、神社にお参りする際は玉串無しで普通にお参りします。
普通のお参りとは、神社御神前に額(ぬか)ずき、「2拝(はい)2拍手(はくしゅ)1拝」でお参りをすることです。
先日のTV番組「ヘキサゴン」を見ていましたら、お寺で手を叩いてお参りをしていたシーンがありましたが、通常お寺では手を併せる合掌のみ、神社では手を叩いて「2拝2拍手1拝」でお参りをします。

以前、なんで頭を下げるのですか?どうして手を叩くのですか?といった質問をいただいたことがあります。
目上の方や尊敬する人にはその方以上に頭を下げると思いますが、それは礼儀だと思います。
手を叩く作法は、喜びを表している、または尊敬している人に会ったとき手を併せる昔の習慣からきています。
「喜び」ですので、神葬祭(しんそうさい・神道でのお葬式)では「偲び手(しのびて・音をたてない柏手)」でお参りをし、日が経つにつれ御先祖様となられ神様のお位に近づかれていくことを「敬い」音をたてて手を叩いてお参りをするのだと思います。

もう一つ、鈴はいつ鳴らせばよいのですか?といった質問もいただいたことがあります。
前もお話ししたことがありますが、「2拝2拍手1拝」のお参りも、鈴を鳴らすタイミングも、こうしなければいけない!などということはありません。
1つの例として聞いていただければと思いますが、神社御神前に額ずき、感謝の真心を込めて御賽銭をお納めし、「これからお参りをさせていただきます」といった意を込めて鈴を鳴らし、「2拝2拍手1拝」でお参りを致します。

手を叩かなかったから…、鈴を最後に振ったから…、礼を多くしちゃったから…などといって、神様はお叱りになることはありません。
心を込めてお参りをしていただくことが一番ですので、作法にとらわれないでお参りいただければ結構です♪

鳥居をくぐるときは、一礼をしましょう。
鳥居は、各ご家庭の玄関と一緒ですからね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


「今日の斎場(ゆにわ)から♪」から…東町木あそび工房「こまくさ」様ギャラリー地鎮祭♪
20080221174639.jpg
この写真で分かりますでしょうか?JA上伊那Aコープの南側道路沿いです。
20080221174811.jpg
是非、上記「こまくさ」さんのホームページも覗いてみて下さいね♪

いよいよ・・・

愛車が登場しましたね(笑)

額ずきって言葉初めて聴きました・・・ちゃんとPCでも変換されるのにびっくり!!

私は最後に鈴を鳴らしていました・・・
お賽銭は多めに・・・(笑)

タッキーさんへ♪

愛車♪後部には、祭壇が要領よく積めるように棚が載せてあります。
。。。という解説がいるような写真でしたね(汗。
なにも意識せずに載せたのですが、もっとちゃんと撮れば良かったです(笑。

額ずく…確かに、普段では使わない言葉ですね (*^_^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/331-5af5b593

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード