FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 季節♪ > ひなまつり♪  

ひなまつり♪

2008 - 03/03 [Mon] - 09:24

あかりをつけましょ、ぼんぼりに~♪
お花をあげましょ、桃の花~♪
5人囃子の笛太鼓♪
今日は楽しいひな祭り♪

3月3日、今日はそう!「ひなまつり」桃の節句ですねぇ~。
5月5日は端午の節句、男の子の成長を祈る日ですが、今日は女の子の成長をお祈りする日です。
何で、5月5日はお休みなのに、3月3日は休みじゃないのでしょう?
な~んてひがんでいた女性も居たかも知れません…(苦笑。)

何でこの日が祝日じゃないのかは、あとの方で書きますね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆


3月3日は、上巳(じょうし)の節句、桃の節句や雛の節句などと呼ばれ「五節句」の1つです。
「五節句」とは…
1月7日の「人日(じんじつ)の節句」七草粥(ななくさがゆ)を食べます。
今日、3月3日の「上巳(じょうし)の節句」または「桃の節句」「雛の節句」ひなまつりです。
5月5日の「端午(たんご)の節句」子供の日です。
7月7日の「七夕(しちせき)の節句」七夕(たなばた)です。
9月9日「重陽(ちょうよう)の節句」または「菊の節句」「粟(あわ)の節句」とも言います。

この「五節句」は、それぞれの季節の節目に、身のケガレを祓う大切な行事でありました。
今日3月3日の「上巳(じょうし)の節句」には、野山に出て薬草を採り、その薬草で心身のケガレを祓ったと言い、このお祓いの行事がその後、宮中(きゅうちゅう)での紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の身についた罪やケガレを移した紙人形を川に流す「流し雛」へと発展していきました。(大祓…おおはらいの神事と同じですね)
やがて紙の雛ではなく、豪華なお雛さまを飾って宮中で盛大にお祝いするようになった行事が、宮中から武家社会へと広がり、さらに裕福な家庭や名主の家庭へと広がり、今の「ひなまつり」の原型となっていったそうです。

雛人形

「上巳(じょうし)の節句」は「桃の節句」とも言いますが、今ではこちらの方が一般的に使われていますね。
「ひなまつり」には、桃の花がつきものですが、桃は古来より邪気を祓う魔よけの木とされていました。(古事記でも、鬼達を追い払うために使われたとされ、彼の「桃太郎」物語の原点ともされています)
桃の花を飾ることで魔除けをし、女の子の末長い幸せを祈るのが桃の節句「ひなまつり」です。

さて、何で「端午の節句」は祝日なのに、「桃の節句」は祝日ではないのでしょうか?
それは、「子供の日」を設定する過程にあったようです。
「子供の日」が設定されたのは昭和になってからですが、それ以前、大正の時代より5月5日を「児童愛護デー」として活動を行っていた団体が存在したそうで(Wikipedeiaより)、祝日としての「子供の日」を設定する際の有力候補が5月5日だった…というわけだそうです。

やはり、その昔は「男女差別だ~」なんていう問題もあったようですが、
今では、男女問わず「子供の日」として定着してますね♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

不思議な雛祭り

汚れ祓いが人形を飾ること祭りになり、
その人形も、黄櫨染御袍に立纓冠。
これはまさしくお内裏様。
明治時代に近代的な紙幣を作るとき、
西洋諸国のように国王の肖像画のデザインを勧められても、
畏れ多い、として受け入れなかったのに、
女の子の健やかな成長を願って、
お内裏様を飾る祭りが続いているのはなぜなのか。
じつに不思議です。

こんばんは

五十鈴さんの地域でも、お内裏様とお雛様の位置は
今風なのですね。
京都だけが反対なのでしょうか?

神道では、女性の神様と男性の神様との
立つ(飾る?)位置関係はあるのでしょうか?

質問ばかりですみません。

男雛と女雛の位置関係

斎藤良輔『ひな人形』によりますと、
昭和になって東京では雛飾りの形式に大きな変化が生まれたとあります。
以前は向かって右が男雛だったのが、
東京では位置関係が逆になったのです。
昭和三年の即位の大礼で、天皇の高御座が中央におかれ、
皇后の位置が右のやや後ろに置かれたのを参考にしたといわれる、
というように斎藤さんは書いています。
デパートの進出が新形式を大いに推進したのだそうです。
ある旧家で、それ以前のものらしい紙製の古いお雛様を
見せてもらったことがあります。
男雛・女雛が一体化した珍しいお雛様ですが、
向かって右が男雛でした。

isuzuです♪

おとっつぁんさん♪ドラ猫さん♪
なんか、お陰様で高尚なブログみたいです(照。
千葉で行われます研修会にいくため、コメントは帰ってからとなりますが申し訳ありません。
|彡サッ!

そうそう…

昔は、毎年
「お雛様はどっちだっけ??」
と、めちゃ悩みながら飾ってたんだけど、関西は反対だと知った時、
「…じゃあ別にどっちでもアリじゃね?」
と思いましたwww(いや、それ位揉めたのよwww
が、その頃にはすでに飾らなくなってたんで意味ナシ。

余談

私は柏餅より桜餅派なので雛祭りの方が好きですwww
ひなあられも好きです。

今年は、超限定販売で、リカちゃんの雛人形が売り出されたらしいですね-。

ドラ猫さんへ♪

何の気無しに手持ちの写真を載せたのですが(汗、京都では右左が逆なんですね…。

調べてみますと、「関東地方では向かって左が男びな、右が女びな」の並べ方が多く、また「京都では男びなが右に、女雛が左」となるようで、その根拠は、かつて京都御所において、「『天子南面』天皇さまは南に面す」ということからだそうです。

東向きですと、確かに南は右側になりますね…勉強になります。

おとっつぁんさんへ♪

いつも色々と勉強させていただいており、ありがとうございます♪

男雛と女雛が一体化…見させていただきたいですね~。
一体化なのに、男雛が右側とは?益々興味があります。
娘を嫁に出した先で女児が生まれると、実家の親は大変だと言います。
あまり商業的になり、高価ゆえにこういった伝統文化が廃れてしまうことがないように守り伝えていきたいですね。

aSaちゃんへ♪

その昔って…aSaちゃんの雛人形さん?
姫ちゃんの雛人形さん?
飾られなくなったってことは…aSaちゃんかw
姫ちゃんのは、ちゃんと飾ってあげて下さいね♪

aちゃんへ♪

リカちゃん雛ですか!
これまた…商的ですね(汗。
ってことは、お内裏さん役はヤッパ…。


素朴な質問!
aSaちゃんとaちゃんって、同一人物?w

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/342-dd440cbf

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード