FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > JC♪ > エイズ出前講座♪Ⅱ  

エイズ出前講座♪Ⅱ

2007 - 06/16 [Sat] - 11:33

14日、(社)日本青年会議所北陸信越地区長野ブロック協議会近現代史教育実践委員会「エイズ出前講座」(5月20日のブログにも書かせていただきました)に、飯田保健所へ行ってきました。
20070616112912.jpg
前回は諏訪保健所と松本保健所でしたが、その保健所の保険士さんが講師を務めていただくので、その都度お話しが違い新鮮に聞くことが出来ます。今回の保険士さんは1時間弱、質問形式で「こういった場合はHIVに感染するか?」「この人が感染していた場合、この人の危険性は?」などといった講義の仕方で、とても分かり易く(ということは、聞き手に危機感を与える)説明をいただきました。参加者の9割方が、講義前にはHIVに感染していない自信があると答えていましたが、講義後はどうだったのでしょうか?敢えて聞かなかったようですが…。

少し内容に触れますと…
「コンドームを最初から着けてSEXしているカップルと、子作りのためにコンドーム無しでSEXしている夫婦、どちらがHIVに感染しやすいか?」これは後者です。
「1人の人としかSEXをしたことが無い人は、HIV感染に関係ないですか?」あります。1人としか経験が無くても、その1人が他の人と経験があれば感染の可能性があります。もしその他の人という人が、複数の人と経験があったとしたら…、と考えると果てしなく可能性は広がります。これを性関係のネットワークというそうですが、エイズ・HIVは過去に性体験があれば、誰にでも関係のある病気と考えた方が良いでしょう。お互いの信頼の上に、検査で感染していないことを確認し、子供を作ろうとするとき以外は必ず(最初から)コンドームを使うことが、感染予防の基本だそうです。日本国内で1万件の感染報告、しかもこれは氷山の一角、これからは結婚前もしくはお付き合いする前にはエイズ検査証明書が必要、そんな時代が来てしまうのかも知れませんね。でも、これ以上エイズ・HIV感染者を増やさないためには、それくらいの取り組みが必要なのかも知れません。

今後、県内JCメンバー向けに、伊那・大町・上田でありますが、我々の目的はJCメンバーだけでなく地域の方々にもエイズ・HIVに関する基礎知識を広げるべく活動をしております。会社単位、グループ安全大会や団体の会合等で、この「エイズ出前講座」を開いていただくべく活動をしております。自分は大丈夫、そう思っていても知識だけは持っていた方が良いと思いますよ。

前回もコメントさせて戴きますが非常に考えさせられますね
本来性交渉は子孫繁栄、子作りの為にする行為
逆に避妊具を推奨するというのは、楽しむ行為を推奨という
解釈も産まれてしまいます
一筋縄にはいかない部分がありますね

安副さんへ♪

そうなんですよ!
あと最低3回はエイズ関連記事を書くと思うので小出しにしていたのですが(笑、そこなんです。小中学校の性教育・保健体育の授業や教科書に、コンドームの使用推奨文があるとのこと、確かにコンドームの使用はしなければいけないですが、使用しろということは性行為自体の推奨にもとられかねないし、性的交渉があるという前提で書くことにも問題がありますよね。的はずれのジェンダーフリー教育にも繋がってくるのでしょうけれど…(by 山谷えり子先生)。ホント、難しい問題です。子供に向けた教育は難しくても、大人への教育としては大切だと思います。複数の人と関係を持つこと自体がおかしな話しなのですけれど、そんなことを言っていたらタダの頭の固いオヤジになってしまいますね。。。(汗

す、すいません
核心に触れてしまいました?
なんてisuzu様の事ですからしっかり3回分の
ネタはお持ちでしょう
また勉強させて戴きます

安副さんへ♪

イヒ!(A化成じゃないですよ)。
神社のブログでSEXだのコンドームだのって書きにくいですけどね…(苦
一生懸命、伝えていきます♪

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/37-3114c5f3

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード