日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > テニアンな話し♪ > 北マリアナ諸島戦歿者慰霊祭♪  

北マリアナ諸島戦歿者慰霊祭♪

2015 - 07/04 [Sat] - 18:25

報告が遅くなりましたが、今年も先々月
平成27年度「北マリアナ諸島戦歿者慰霊祭」を
テニアン島にて行って参りました♪

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

5月17日
大宮五十鈴神社では、これまでに無い
結婚式のダブルヘッダー
午後の結婚式を終え、成田に向けて出発!
日曜日の午後ということで、相変わらずの渋滞
小仏トンネルの大渋滞を抜けたところで
高井戸で19㎞の渋滞という情報があり圏央道へ抜け
少し遠回りをして成田に入りました。

成田では、早くに着いていた仲間達が駅前で前夜祭
今年はこんな写真しか有りませんが…
001.jpg
昨年同様に成田駅前の「水産酒場『徳三丸』」で一献
今年は諏訪大社から4名の職員を派遣いただきましたが
仕事終わりで長野を出てきますので深夜着…
ホテルの部屋で皆で呑みながら一行を待ちました。

23時、諏訪組がホテルに到着し顔合わせの乾杯♪
とはいえ明日も早いので早々に切り上げて明日に備えました。
002.jpg
我々の泊まったホテルは「成田ビューホテル」
出発当日も快晴、5月には珍しく太平洋沖には台風7号が発生
奇しくも北マリアナ直撃といった情報もあり
一抹の不安はありましたが
お天気ばかりはどうしようもありません。
003.jpg
7時20分にホテルロビーへ集合し
今年はチャーターバスで空港へ移動♪
004.jpg
8時に、神奈川から参加いただくM氏が合流し出国!
ほぼ時間通りにサイパンに降り立ち
005.jpg
サイパン空港で、兵庫から参加の2人と合流♪
006.jpg
総勢18人の本年度の慰霊団が集結し
セスナでテニアン空港へと移動しました。

昨年までと大きく違ったのはセスナ機
昨年まで乗っていたのはこれ
007.jpg
今年、私は14年目にして初めての型
008.jpg
10人乗りのセスナ機は安定感も安心感も抜群でした!

009.jpg

テニアン空港では
010.jpg
昨年まで私たちの面倒を見てくれていたIさんに変わり
011.jpg
本年度よりお世話になるSさんが出迎えてくれました。
012_2015070417300824a.jpg
全員が揃ったところでダイナスティホテルへ移動
013.jpg
6時30分よりホテル内の日本料理『嵯峨野』で夕食
015.jpg
今年は、テニアンの市長さんを囲んでの夕食会が実現しました。
016.jpg
これもSさんのお力によるところが大きく
Sさんは、会った瞬間に「いいひと~」といった感じの方で
これからも心やすくメールでのやりとりが出来そう…
また、今年から海外居住の経験があるFさんが添乗してくれて
市長さんとの会話も、私たちの足りない…
いや全くない英語力をカバーして下さいました。

市長さんご夫妻が夕食会に来ていただけるということで
日本から各自持ち寄ったお土産も喜んでいただき
和やかな夕食会となりました♪

次の朝は、各自着替えてロビー集合
毎年のことですが、宿泊者はほとんど中国の方…ということで
白衣白袴の私たちは変な目で見られながら(苦笑
ロビーに荷物を預けてバスでスーサイドクリフへ移動しました。
017.jpg
台風が過ぎ去った北マリアナ諸島

019.jpg

しかしながら日本のように台風一過とはならないようで
台風の尻尾と言われる厚い雲が残り、湿気は90%
2月よりは、まだ増しとはいえ夏前の日本からすると常夏
しかもジメジメ…雲があるとはいえこんな感じ
陽射しはじりじりと私たちの肌を突き刺します。

020.jpg

そんな中、黙々と斎場を整え準備を進めるメンバーたち
風の強いスーサイドクリフにあって
縄で祭壇等を固定しなくて良かった年は
初めてだったかも知れません。

斎場が整った頃到着されたのは…
昨晩の夕食会でテニアン市長さんご夫妻にお越しいただき
021.jpg
慰霊祭のお話をする中で
市長さんは公務が多忙で出席が適わないけれど
ご夫人が参列していただけるとのことで
時間に間に合わせ参列に来ていただきました。

022.jpg

私たち奉仕員は、各々着装し整列
023.jpg
対揖の後に参進し斎場に着きました。

025.jpg

修祓
026.jpg
降神
献饌に続き戦時中、南の島独特の水不足に悩まされていたということで
028.jpg
神籬台の前に設けた献水鉢に

029.jpg

参加者全員が日本各地より持ち寄った水を献じました。
祭詞奏上
当施設の鳥居横に設置してあります碑文は
日本から当地を訪れた方が、この地で何があったのか
史実を知ってもらうために設置したものですが
祭典の中で、この碑文を朗読しています。
031.jpg
これまで、参加者の女性の内から朗読していただいていましたが
032.jpg
今年は初めての大人の男性、諏訪大社のH禰宜さんが朗読
朗々とゆっくり気持ちのこもった朗読は
涙涙…の女性と違い、また胸に来るものがありました。
033.jpg
そして、今年は終戦70年ということで
なんとか舞を奉納したい…家内に舞を教え込んで
とも考えていたのですが、そんな矢先に
034.jpg
諏訪大社より巫女さん2名を派遣いただけるという連絡があり
「浦安の舞」の御奉納をいただくべくお願いし実現
035.jpg
舞の力といいますか、お祭がグッと引き締まり

036.jpg

巫女さん等も普段以上に緊張した面持ちで
70年の祈りを捧げていただきました。

037.jpg

国歌「君が代」、「海ゆかば」の奉唱に続き玉串奉奠
038.jpg
斎主に続き、常若肇國会のK会長
039.jpg
テニアン市長夫人
040.jpg
長野県神社庁M参与
ご遺族を代表し、木曽から参加いただいた74歳のYさん
参列者を代表し、神道青年全国協議会B顧問さんに
玉串をご奉奠いただきました。
042.jpg
撤饌の後に昇神し
043.jpg
テニアン市長夫人よりご挨拶をいただき退下
044.jpg
集合写真を撮りました♪
045.jpg
今年も、昨年同様にスコールに遭わず
暑さは尋常ではありませんでしたが風も無く
そして有意義な祭典が無事に終了することが出来ました。

046.jpg

祭典後、市長さんより差し入れていただいた椰子の実ジュースは
これまでに飲んだどの椰子の実ジュースより美味しく
私たちの喉を潤してくれました♪

祭典後は、全員で片付けをスムーズに行い
迎えに来てくれたバスに乗り込み、テニアン島内戦跡巡り
10時10分には岬をあとにしました。

車内より「日の出神社跡」を見ながら
潮吹き海岸へ
047.jpg
日本軍燃料庫跡で
048.jpg
日本の清水建設の総力を垣間見ながら
049.jpg
原爆搭載ピットへ
050.jpg
昨年までと違ったのは…観光客が乗り付けたレンタカーが爆発し
051.jpg
炎上した跡があったこと(汗
052.jpg
テロとかではなく、原因不明とのことでした。
053.jpg
次は、日本海軍司令部跡
054.jpg
私は初めて中まで入りましたが…
それもそのはず、中は立ち入り禁止とのことでしたが
今は解除されたのでしょうか(汗
055.jpg
次は「日本海軍テニアン航空隊」の航空管制室
056.jpg
そしてチュルビーチ
057.jpg
星の砂と呼ばれる綺麗な砂も採取出来るこのビーチは
米軍上陸の地でもあり錆びた武器などもありました。
058.jpg
いったんホテルへ戻り、荷物を取ってテニアン空港へ
059.jpg
今年はガンちゃんレストランがクローズしたため
昼食は各自、空港やサイパンへ渡ってから
好きなものを食べてもらうことにしました。

帰りのセスナも大型
しかも来るときよりも新しい型のようでしたが
大気の状態で少し揺れはありましたね(苦笑
060.jpg
テニアン空港で、こんなに大きな飛行機を見たのは
初めてのように思いましたが
ダイナスティホテルのオーナーの自家用ジェットだそうです♪

サイパン空港に降り立ち、ホテルには2時くらいに到着
3時にならないとチェックイン出来ませんので
062.jpg
ホテル内で軽く…と思いきやしっかり昼食
061.jpg
祭典内でご遺族代表として玉串を上げていただいたYさん
「国歌を歌って涙が出た…」といって
ニューギニアで戦死されたお父様の軍歴を見せて下さいました。
063.jpg
ニューギニアは遠くて行かれないけれど
テニアンでの慰霊祭に、また来年も参加したい!
と言っていただき、とても嬉しく思いました。
064.jpg
ホテルチェックイン後は、各々思い思いに時間を過ごし
067.jpg
買い物する人、プールで遊ぶ人
068.jpg
私?は、部屋でお昼寝していました…
069.jpg
夕食は、中華「ハピネス」で直会
中華料理らしい写真は撮り忘れましたが(汗
慰霊祭を振り返り、様々なお話をし
舞が良かった!市長さんとも懇談が出来たし
テニアン島内の学校で、雅楽公演会をする…というのはどう?
または、慰霊施設で祭典をするときは神籬があるけれど
神籬を片付けてしまうと寂しいので
当初の計画通りに社殿を建立してはどうか…など
建設的な意見をたくさんお聞きすることが出来ました。
070.jpg
夕食後は、コルマール・リジャンへ移動♪
(ブログで慰霊祭の紹介もしていただきました)
リジャンのブログ♪
年に1度の、お勤め終了
楽しい夜は更けていきました。

20日は終日フリータイム♪
初めて当慰霊の旅に参加いただいた方には
通称ジャングルツアー
かなりハードでコアな島内戦跡巡りツアーをすすめていますが
74歳のYさんも進んで参加
聞けば、海外旅行も何度も行かれたり
山登りが趣味で、私たちより足腰は丈夫そうでした(汗

戦跡巡りでは、「バンザイ岬」や「ラストコマンドポスト」など
通常の島内観光でも巡る場所の他に
日本軍爆弾格納庫跡

095_201507041809110b6.jpg

トーチカや魚雷、戦車などがある日本軍発電所跡

096_20150704180913bb2.jpg

日本軍の抵抗が凄まじく米軍に「死の谷」と言わしめ

097_2015070418091370c.jpg

司令部や野戦病院が置かれ激戦化した「タポチョ山」
099_20150704180916bfb.jpg
野戦病院としても使われていた「極楽谷」

098_201507041809158d5.jpg

南雲中将、斉藤中将最後の場所とも言われている「地獄谷」
100.jpg
なども回りますが、ガイドの方が草を薙ぎ倒して進む
101.jpg
ハードな、でも普段は行くことの出来ない場所を巡ります。
102_20150704181211908.jpg
私は、レンタカーを予約してありましたので
会長とTさんと家族で島内戦跡巡り
ここのところ毎年レンタカー巡りをしていますので
いつも行くところは覚えています♪
072.jpg
まずはラストコマンドポスト
日本政府が建立した中部太平洋戦歿者の碑に鶴をお供えし拝礼
次にバンザイクリフ
073.jpg
終戦70年の今年はパラオのペリリュー島にて慰霊された両陛下
074.jpg
10年前の60年は、ここサイパンで慰霊をされました。

次にサイパンのスーサイドクリフ
075.jpg
先ほどのバンザイクリフを眼下に黙祷
次は日本名で月見島、鳥が多く生息するバードアイランド
076.jpg
日本統治下は月見の名所とされていたそうです。

昼食には少し早かったので
今年是非行きたいと思っていた「ハーマンズモダンベーカリー」
077.jpg
今年から?免税店DFSにも出店した当パン屋さん
078.jpg
DFSの人や色んな人に聞いて地図を書いてもらって
それでも行ったり来たり迷って迷って…
最終的に近くのスーパーに入って
それでも英語の出来ない私たち(笑
身振り手振りで必死に教えてくれる店員さん
お陰でなんとか辿り着きました!

行ってみれば何のことぁ~ない…
いつも空港とホテルの行き来で通っている道沿い…
店内は美味しそうなクッキーやパンがずらりと並んでいました。
079.jpg
1時を回り、お腹がすいたところでガラパンに戻り
080.jpg
「カントリーハウス」でステーキ♪
081.jpg
午後はお土産を買ってレンタカーを返して昼寝
娘は昼寝から起きて又プールに行ったそうです♪
082.jpg
この日の夕飯は、会長たっての希望で焼肉「ソウル苑」
お肉を頼むと出てくるキムチやナムルの数々
083.jpg
骨付き韓国カルビが柔らかくてお奨めですが
084.jpg
プルコギや豆腐チゲも美味しかったです♪
085.jpg
最終日は、ホテルピックアップが早朝3時45分
皆緊張して早起きし、6時過ぎのフライトに備えました。

日本時間で9時47分には成田のホテルにいましたから
早いといえば早い、勿体ないといえば勿体ない
ですが、日本に帰ってきてからも有効に時間が使えます。

帰りのホテルからサイパン空港の間
日本を出てから初めての雨…スコールが降っていましたが
バスの中ですので、私たちは1度も雨に当たらず帰国
086.jpg
日本も雨が降っていたのか、駐車場が濡れていました。
087.jpg
電車で帰る人以外、靖國神社へ移動です。
088.jpg
無事の帰国を報告すると共に、御霊安かれと祈り
089.jpg
終戦70年の特別参拝をするために受付
090.jpg
靖國神社には、今回も参加していただいたM氏の弟さんがいて
091_20150704180736ada.jpg
全員揃ったところで権宮司様のご挨拶を頂戴し昇殿参拝
玉串拝礼のあとの黙祷
092_20150704180736c6e.jpg
正直もっと時間が欲しかったくらいでしたが
093_20150704180738e59.jpg
何ともいえない気持ちが込み上げたひとときでした。

その後、遊就館までご案内いただき
094_20150704180739373.jpg
茶寮「結」で昼食、私は海軍カレーをいただきました。

昔ながらの味、日本ならではの美味しいご飯にホッとしながら
ここで参加者は解散、それぞれに帰路に着きました。

ちょうど中央道が集中工事ということで、また渋滞(苦笑
私は渋滞を避けるために下道を大回りしましたが
結果、その方が遅かったようでした(涙
帰宅後、それぞれの皆様から帰宅報告が入り無事を確認
私にとっては毎年のことですが
毎回違う皆様と旅をすることで新しい気づきもあり
とても有意義な慰霊の旅となりました。

帰宅後、初めて白衣に身を纏うとき、その身が引き締まる想い
これは私だけではないはずです…
皆がこの想いで、更に神明奉仕に邁進してくれることと思い
また来年も、多くの方と行かれるように頑張りたいと思います。

旅行の案内が欲しい方、連絡下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

こんにちは

今年も慰霊祭ありがとうございました。
いつかいつかと思ってはいるのですが、なかなか諸事情が許してくれません・・・汗

戦後70年、未だに戦争を引きずっている父ですが、以前お世話になって慰霊の旅に参加させて頂いた事で、少しは気持ちが落ち着いたのではないかと感謝しています。

タッキーさんへ♪

遅くなった報告を、早速見つけていただき有り難うございます (*^_^*)
その節は、ご両親さまに大変お世話になり有り難うございました。
私も、今でもあのときのことを思い出し、同行者にお話しすることがあります。
今年も遺族の方が同行してくれましたが、ご自分なりの祈りを捧げ、意義深い旅としていただきました。
年々日本人が少なくなっていくようで寂しい限りではありますが、出来うる限り続けていきたいと思っています (*^_^*)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/3871-79fd9dba

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード