日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 五十鈴神社の例祭♪ > 三国一煙火♪  

三国一煙火♪

2016 - 09/02 [Fri] - 06:56

いよいよ今月は大宮五十鈴神社の例祭が斎行されます♪
今年は暦の都合で?秋分の日が動き
9月22日が宵祭りとなります。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

ということで、例祭のことを書きたいと思いますが
大宮五十鈴神社の例祭といったら「三国一(さんごくいち)」
「三国」といって親しまれていますが、
正確には「三国一」といいます。

それは「三国一煙火」の由来が意味していますが
「三国一」の三国とは3つの国という意味で
わが国「瑞穂の国(日本)」「唐土(中国)」「天竺(インド)」
この3つの国の中で一番という意味
その昔は、地球というものが丸い形をしていて
世界がたくさんの国で出来ているなんてことも知らない
そんな時代で
世界と言ったらこの3つの国しかないと思っていたので
「三国一」つまり「世界一」
おらが祭、おらが花火は世界一!!という
氏子の皆さんの誇りが名付けた花火ということです。
三国
「三国一煙火」は、宵祭りの日の夜点火されますが
すべてが氏子の皆さんによる手作りの花火です。
仮見立
8月初旬、三国一煙火の筒となる木を伐り出す山を定め
筒に相応しい木を仮に選定する「仮見立(かりみたて)」を行い
本見立1
正式に御神木として定める「本見立(ほんみたて)」を行い
伐り出し
「山出し(伐り出し)」の神事を行い伐り倒され
三国一煙火の筒に加工されます。

三国一タガ掛け

そして迎えた当日早朝
御神前で神迎えの神事を行い筒をお祓いし
煙火店で火薬が詰められ、地元を競い(「きおい」といいます)
神社まで練り歩きます。
櫓
やがて神社まで来た「三国一煙火」は
境内に設置された櫓(やぐら)の最上部に固定され
時刻、点火された「三国一煙火」から吹き出る炎
爆音と火の粉の下を氏子衆が舞い練り歩きます。

三国1

「上穂町区」「北割耕地(一二区)」「中南割耕地(中割南割)」
3年に1度年番がめぐってきてご奉仕いただきますが
毎年、昨年に負けないように素晴らしい「三国一」をあげようと
競い合いながら素晴らしい煙火の御奉納をいただいています。

「三国一」は「初三国一」と「大三国一」の2回ありますが
よく見ていただくと、大きな火の粉の噴射が4回あり
1回目は早春の松風を表し
2回目は夏の藤、または乱れ飛ぶ蛍を演出
3回目は秋の紅葉
4回目は冬の白根、吹雪を想像させ
最後にバリバリ・・・・という音と共に最後のハネ

こちらは、最後に底抜け?してしまった年の画像ですが
それも演出かと思わせるほどに荘厳勇壮な花火
初めての方は「手筒花火」を想像してこられるようですが
その何倍もの規模に驚かれます。

くれぐれも、一張羅でのお越しはご遠慮下さい♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/4269-642a455d

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード