日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > だるまの目入れは?♪  

だるまの目入れは?♪

2017 - 01/03 [Tue] - 06:23

大宮五十鈴神社では、
お正月にダルマを頒布(はんぷ)しております。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

年々、ダルマの頒布数が増えていますので
お目当てのダルマがありましたら、年内に
ご予約いただいておいた方が確実かと存じます♪

ダルマの目は、どっちから入れたらいいでしょうか?

この時期、一番多い質問がこれですが、
結論から言いますと、
向かって右(ダルマの左目)から入れます。

これは、お供え物のお話
「お供え物…右?左?♪」
のときも、
注連縄のお話
「注連縄…右?左?!」
のときも書きましたが、
日本人は「左」を上位として尊んでいるからです。

でも、向かって左(ダルマの右目)に
先に目入れをしている場合もあります。

選挙の当選祈願なんかでは、
そういう場合もあるようですので、
一概に右目に入れてはいけないということもないようですね。

しかしながら、
どっちでも良い…というわけにはいきませんので、
当社では「向かって右(ダルマさんの左目)」に
先に目を入れるようにご案内させていただいています。

その理由としましては…
神代の昔、イザナギの神様がミソギをした際
左目を洗ったときに「アマテラス(最高神…天照大御神)」
がお生まれになったと古事記に書かれています。

そのことから、日本では古来から左が上位とされていて
右目よりも先に左目を洗われたことからも
左目を先に入れるとされています。

なお、諸説ありますが
例えば「陰陽五行説」では、だるまの赤は「火」を表しており
火は南の方角を表し、物事は東で生まれ西で無くなる…
と言われていることからも
だるまを南に向けた際に東になる左目から入れるとされています。

そもそもだるまは、
達磨大師というお坊さんが、
9年間座禅修行をしているうちに、
手足が腐って無くなったとされた姿から来ているようですが、
いくら偉いお坊さんとはいえ、
腐って手足が落ちちゃったのでは縁起物にはなりませんよね(汗。

もで、後に「起きあがり小法師(こぼうし)」という
福島県会津に伝わる縁起物とイメージが重なって、
七転び八起き、倒れてもまた起きあがる…
という縁起物になったたと言われています。

だから、神社でもダルマを頒布しているところが多くあるのです。

願いを込めて左目(向かって右)に目を入れて、
願いが叶ったら右目(向かって左)を入れて下さい♪

願いが叶わなかったから目を入れない…というのではなく、
叶うように頑張るための目印にして
頑張っていただければ宜しいかと思います♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/4348-8ce88fcd

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード