日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 紀元節の歌♪  

紀元節の歌♪

2017 - 02/12 [Sun] - 06:56

昨日のお話と関係がありますが…

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆
★☆gremz☆…カーボンオフセット★

昨日、2月11日は「建国記念の日」
昔は「紀元節」と言っていました…
という話しは昨日のブログを見ていただくとして。

戦前戦中までは、
その当時に小学校生活を送られた皆さんはご存知だと思いますが、
この「紀元節の日」には、
街の家々の軒先には日の丸の旗が掲げられ、
学校で記念式典が行われました。

そして記念式典では『紀元節の歌』が歌われたと聞いています。

『紀元節の歌』

雲に聳ゆる 高千穂の
高根おろしに草も木も
なびきふしけん 大御世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

海原なせる 埴安の
池のおもより 猶ひろき
めぐみの波に 浴みし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

天のひつぎの 高みくら
千代よろずよに 動きなき
もとい定めし そのかみを
仰ぐ今日こそ たのしけれ

空にかがやく 日のもとの
よろずの国に たぐいなき
国のみはしら たてし世を
仰ぐ今日こそ たのしけれ

(紀元節の歌 高崎正風作詩 伊沢修二作曲)

大宮五十鈴神社では、
「建国記念の日」に「建国祭」を行いますが、
そこで昔は「紀元節」と言っていたことなどをお話しし
建国祭の直会では、
総代さんと一緒に『紀元節の歌』を歌いました。

だんだんと総代さんも若くなってこられ
「紀元節の歌」を聞いたことの無い方が
ほとんどだと思います。

これからも五十鈴神社では
「建国祭」にはずっと歌い続けていきたいと思っています。

紀元節も、戦争に利用されてしまった感も否めず
戦後は無くなってしまいましたが、
戦後の日本は、敗戦によって、
日本の素晴らしい所も悪い所も一緒くたにして
無くしてしまったように思います。

日本の神話も、戦後小学校の教科書から消えてしまいました。

日本の紀元に想いを馳せ、
神話を思い古代昔々に愛着を感じることは、
国を愛する心に繋がるような気がします。

そんな意味も込め
祭典後には古事記のお話もさせていただきました。

混沌としていた日本を初めて治めた神武天皇さまのご功績と、
そして2677年という長い長い歴史の間、
現在の日本国に至るまで、
その時を生きて日本国の発展に力を注いでこられた、
先人の皆様のご労苦にも感謝し、
又あやかって、益々の国の繁栄を心よりご祈念申し上げます。

紀元節は、かつての祝祭日の中の四大節
(紀元節、四方節、天長節、明治節)の1つです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/4389-c06dd1b9

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード