日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 六曜とは♪  

六曜とは♪

2017 - 03/16 [Thu] - 06:13

昨日の「地鎮祭の質問シリーズ」で書かせていただきましたが
今日は「六曜(ろくよう)」についてお話し致します。

☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

「六曜(ろくよう)」とは、
カレンダーに書いてあります
「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」のことをいいます。

元々「六曜」は、中国が発祥で、占いのようなものでした。

それが日本に伝わり、
その日の吉凶を判断するものとして使われるようになりました。

今では普通にカレンダーに書いてありますが、いわゆる俗信で、
どちらかというと迷信に近いものです。

「日(六曜)は関係ありますか?」
といった質問を良く受けます。

もちろん「関係ありません」と答えますが、
一度気にされると気になっちゃうものですよね…(汗。

カレンダーに書かれていますから、
仏滅より大安を選択してしまう気持ちもわかります。

「六曜」は中国で生まれたもので、
それが日本に伝来したのは、14世紀と言われています。

「大安・赤口・先勝・友引・先負・仏滅」、
「赤口」以外は名前も変わっているようですから、
ますます信用がおけないものです(苦笑。

でも、くどいようですが(笑)
カレンダーに書かれていますから気になってしまいます。

神道的には、全く関係ありませんが、
1つひとつ説明いたします。

読み方は諸説ありますが、
一般的なもので書かせていただきます。

「大安(たいあん)」は、万事に大吉。

「大いに安し」と書きますので、
「六曜」の中で最も吉の日とされます。

「だいあん」と読む説もありますが、
昔は「泰安」と書かれていましたので、
「たいあん」と読むのが正確だと思います。

「赤口(しゃっこう)」は、
祝い事には向かない日とありますが、
午の刻(午前11時頃から午後1時頃)は吉とされています。

「先勝(せんしょう)」は、
「急がば勝ち」「先んずれば即ち勝つ」と、
何事も積極的に行動することが吉とされていて
午前中は吉で、午後は良くないとされています。

「友引(ともびき)」は、友を引くと書くところから、
葬儀などでは特に避けられていますが
でも、その昔は「共引」と書き、
勝負事で何事も引分けになる日といった意味がありました。

元の中国で「留引」と書いたものを「ゆういん」と読み、
そこに「友」と「引」の字を当てはめたという説もあり、
いずれにしても元々は今のような意味はなかったようです。

「先負(さきまけ)」は、「先勝」の反対で、
「先だって行動してはいけない」「先んずれが即ち負ける」
といった意味で、何事も控え目にする日とされており、
なにをするにも平静であることが良いとされていますが、
「午前中は悪く、午後は良い」ともいいます。

「仏滅(ぶつめつ)」は、
六曜の中で最も良くない日とされていますが、
6日に1日悪い日が巡ってくるとしたら
たまったものではありません(汗。

それでも一般的には、
婚礼などの祝い事を避ける習慣があります。

この日に結婚式を挙げる人が少ないため、
「仏滅」には割引を行う結婚式場もあるくらい関係ないのです。

「物滅(ぶつめつ)」がやがて「仏滅」になったもので、
仏さまとは直接関係はありません。

元々は「空亡」「虚亡」と言っていたものを、
全てが虚しいといった意味で「物滅」と呼ぶようになり、
近年になって「仏」の字を当てたようです。

と、ここまで書いても気になってしまったら仕方ありません。

「霊柩車を見たら、親指を隠す」と同じくらいの迷信ですが
いくら迷信と分かっていても、
やってしまうのが迷信ですから無理もありません。

良くないと言われていることは、
最初から避けるのも1つの手ではあります。

一番大事なことは、
済んでしまったことにクヨクヨしないことです。

クヨクヨされないための一助となれば幸いです♪
人気ブログランキングへ
☆「人気blogランキング」応援クリックをお願いします♪☆

にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/4423-9fc5b1ea

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード