FC2ブログ

日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 氏子参拝旅行♪ > 千葉下見の旅(1日目)♪  

千葉下見の旅(1日目)♪

2008 - 05/17 [Sat] - 12:37

【15日・朝6時出発】
長野県神社庁上伊那支部、支部長・録事・会計・前支部長・旅行会社担当の5名で出発。
天候も良く、道路もすいており、都内もスムーズに抜けることが出来ました。
湾岸線から東関東道を通り、佐倉に入りました。

佐倉では、旅行のチラシには謳っていない「国立歴史民族博物館」に寄りました。

歴史博物館1 歴史博物館2

縄文時代から近世まで、大きく広い建物の中狭しと展示してありました。

歴史博物館3 歴史博物館4

こちら↑は、縄文式土器と、江戸の町の様子です。
ざっと見ただけでも1時間半はかかってしまいましたが、興味のある方はもっと長く、興味の無い方はサッと出てきてしまうでしょうし…とても興味深い博物館でしたが、やはり当日は寄らないことになりました。

成田山新勝寺へ行き、門前町で(本番と同じ場所で)昼食、お土産は「羊羹(ようかん)」が有名なようでした。
羊羹には、「伊那食品(かんてんパパ)」の羊羹が使われているんだとか…、ビックリしました♪

2時過ぎに、「鹿島神宮(かしまじんぐう)」に到着しました。

鹿島神宮1

神社の詳しい説明は、また改めて書かせていただきますね♪

「鹿島」というくらいですから、鹿が沢山いました。

鹿島神宮2

奈良は鹿で有名ですが、奈良の鹿は、鹿島から行ったといわれています。
サッカーで有名な「鹿島アントラーズ」の「アントラー」は、鹿の角という意味なんだそうですよ♪

次に、「息栖(いきす)神社」にお参りしまいた。

息栖神社1

「鹿島神宮」「香取神宮」とあわせ、「東国三社」と呼ばれている「息栖神社」。
昭和の時代に火災に遭い、今でこそコンクリート造りの神社となっていますが、2千年以上の歴史を持つ由緒あるお宮ですので、松や杉の大木が繁り神秘的な雰囲気を醸し出していました。

また、参道の手前、利根川沿いには、「忍潮井(おしおい)」と呼ばれる井戸があります。「日本三霊泉」の1つ「忍潮井」は、海水を押しのけて淡水真水が湧き出たことからそう呼ばれ、水中の鳥居(両脇の2つ)もまた幻想的でした。

息栖神社2

残念ながら、こちらも時間の都合と、バスが入りづらいことから、当日は寄ることが出来ません。

日本最東端の犬吠埼に移動し、最後はホテルです。
今回も、分宿となります。
わざわざホテルを分けるわけは、バス毎の宴会にするためです。
バスが8台になれば、最高8部屋の宴会場が必要となり、当日は他の団体さんも居られるでしょうし、出来るだけ分宿を心掛けています。

今回のホテルは、本当に海沿い(台風の日は、波がホテルにかかるそうです)の「グランドホテル磯屋」さん。

磯屋

もう一つは、高台にあり景色が広く見渡せる(屋上からは300度くらいの水平線・地平線が広がっていました)「犬吠埼京成ホテル」さん。

京成1 京成2

どちらも、宿泊する部屋、宴会場、お風呂場、脱衣所、ホテル内各施設等を見せていただきました。

色々と注文を出させていただきましたが、
あとは当日までにどれだけの人を集められるかです♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

今回は、「京成ホテル」さんに宿泊させていただきました。
料理もチェックさせていただきましたが、今と10月では季節が全く違いますから、とれるお魚も違いますし、メニューが出来たら写真を送っていただき最終チェックです。
海無し県、長野から出ていきますから、美味しいお魚が良いですよね♪

(明日に続きます♪)
こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/445-dd7cc2dc

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード