日本人の心の故郷(ふるさと)神社「神道」に触れてみませんか (*^_^*)v

  五十鈴神社『宮司の社務日誌』のナビゲーター   トップページ > 神道Q&A♪ > 忌服について♪  

忌服について♪

2008 - 07/24 [Thu] - 07:46

忌服(きぶく)とは、家族や親族、近親者に不幸があった場合、家にこもって謹慎することをいいます。

先日、地鎮祭(じちんさい)に関して、これまでにあった質問を載せたい…と書きましてから、質問をまとめておりましたら、その中でも一番多かったのが、これに関係することでしたので、先にお話しさせていただきます。

忌服期間には、結婚式などのおめでたい席への参列や、神社への参拝は控えます。

また喪中に年を越す場合は、しめ縄、門松、積餅などの正月の飾りをつけたり、おせち料理を食べたり、年始回りや年賀の挨拶を控える風習がありますが、忌の期間が過ぎていれば普通にお正月を過ごしていただいてもかまいません。(お正月に魂をいただく♪ブログ参照)

「忌」は、故人のための祈りに専念する期間であり、故人のことだけを考え、外部との接触を避け、家の中にこもって一切家の外には出ない…わけでありますが、今ではなかなかそうもいかないのが現実でしょうか。

では、一般に言う「忌中(きちゅう)」と「喪中(もちゅう)」の違いはなんでしょう。

「忌中」とは、仏式の場合ですと「四十九日」の忌明けまでを指します。
神式ですと「五十日祭」の忌明けまでです。

「喪中」とは、死者を偲び、本来であれば喪服を着ている期間のことですから、故人と自分の関係で人によって異なります。

いわゆる「悲しみの深い期間」とでも言いましょうか…、仲が良かったり、世話になったり世話をしたり、関係が深ければそれだけ悲しみも深くなります。

でも、いつまでも悲しんでいては、故人も浮かばれません。

ということで、喪に服す期間は人それぞれと言って良いでしょうけれど、現在の一般通例では、前記のように1年を喪中とする場合が多いです。

正式な規程ですが、これは明治7年に定められたものです。(太政官布告)

忌中・喪中の順で書きます。

父母 50日・13カ月
夫 30日・13カ月
妻 20日・90日
兄弟姉妹 20日・90日
祖父母 30日・90日
おじ・おば 20日・90日

現在は、特別な定めはありませんが、忙しい世の中に併せ一般的な「忌」の目安としては…

配偶者死亡の場合10日間
父母死亡の場合10日間
子供死亡の場合10日間
孫死亡の場合5日間
兄弟姉妹死亡の場合5日間
祖父祖母死亡の場合5日間
配偶者の父母死亡の場合5日間
おじ・おば死亡の場合2日間

といったような日数が目安とされています。

死のケガレを忌(い)む期間
ケガレ…気枯れ…気が枯れる
つまり、通常ではない、悲しい状態のことを指します♪
☆「人気blogランキング」応援クリック願います♪☆

これを基本として、様々な質問にお答えさせていただきました。
次回から少し紹介させていただきます。

こちらも応援ポチをお願いします♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 長野情報へ

なるほど…勉強になりますわ。思いが強ければ、それだけ悲しみも深い。喪が明ける…悲しさから、恋しさに変わる時かもしれんのかなァ…

にゃん太さんへ♪

悲しさから恋しさへ…なるほどです。

御霊(みたま)さまから、神様になられると考えても良いかもですね。
本来は、お亡くなりになったらすぐに神様になるのではないと思いますが、人の心の中では、悲しみから恋しさに変わった時点で、神様になったような気がします。

服忌・服喪

最近は忌・喪が混同されていますね。
期間もおしなべて1年と思われていたり・・・。
身内が亡くなって1年経っていないからお祭りに参列できないとか、神宮大麻を受けられないとか言われる度に説明しています。
そのくせそういう人たちに限って旅行や観劇に行くんですけどね・・・。

木霊さんへ♪

そうですよね;;
神社のこと以上に、娯楽を避けるべきです。
極端に言えば、テレビを見ないとか…
笑えるようになる、これが忌明けかも知れませんね。
泣いてばかりいたり、笑えなくなってしまったのでは、故人が気の毒です…逆も然りで、悲しみの期間がないのではいけませんけど、、、

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isuzujinja.blog103.fc2.com/tb.php/584-074952c4

 | HOME | 

isuzu宮司からのお知らせ♪

「人気ブログランキング」応援のクリックを
お願いします♪



『質問受付』

随時、神道に関するご質問を受け付けております。
宮司あて、この下のメールフォーム、もしくはコメントにてご連絡下さい。


『神棚進呈♪』

以前のブログで神棚を差し上げる旨書かせていただきましたところ、ご希望の方が多いようですので継続します。
「御札の祀り方♪」(詳細♪)
ご希望の方は、メールフォームにて送付先のご住所・お名前をご連絡願います。
大宮五十鈴神社の御札と一緒に送らせていただきます。
送料は負担いたしますが、お伊勢様の御札(天照皇大神宮の御札)は、地元の神社でお受け下さい♪


『神道検索』

「玉串」「のし袋」「だるま」「テニアン」「靖國神社」…などなど、今までに書いたブログに、お求めの答えが書かれているかも知れませんので、一度検索をしてみて下さい♪
検索は、このすぐ下の「ブログ内検索フォーム」から行って下さい♪

励みになりますのでこちらも、応援をお願いします♪

にほんブログ村『神道』ランキング♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ

最新の記事

最近のコメント

データ取得中...

ブログ内検索

人気blogランキング♪

FC2アクセス数カウンター

【建設業者】及び祭典に
参列される方へ


地鎮祭などの祭典の前に…

予備知識を♪



九州「夏木さん」のホームページ
『地鎮祭をしよう♪』



一、玉串(たまぐし)
 ・玉串とは
 ・奉奠(ほうてん)
 ・拝礼(はいれい)
一、地鎮(とこしずめ)の儀
 ・鎌鍬鋤(かまくわすき)
一、お供え物
 ・種類
 ・順序
 ・中折れ紙
一、熨斗(のし)袋
 ・なんて書いたらいいの?
一、神棚(かみだな)
 ・お祀(まつ)りのし方
 ・神棚あっせん♪

お施主さんを初め、これから祭典を控えている皆様にご紹介下さい♪

グリムス♪

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近のトラックバック

リンク

カテゴリー

プロフィール

isuzuguuji

Author:isuzuguuji
長野県の南に位置する駒ヶ根市
上穂・北割1区2区・中割・南割
5区の氏神様「大宮五十鈴神社」

祭神は「天照大御神様」(伊勢)
「熱田大神様」(熱田)
「建御名方大神様」(諏訪)始め
13柱の神様が、明治に合祀。

9月23日・24日は当社例祭
中でも、宵祭(23日)に行う
「三国花火」が有名

ブログ執筆は宮司 白鳥俊明

~~~~~コメント~~~~~

「社務日誌」とありますが、神社
のことだけではなく、日々の
想いをブログに綴っています。

座右の銘
「人生は心ひとつの置きどころ」

FC2訪問者数カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード